【速報版】 太田夢莉 17歳の生誕祭レポート

2016年12月8日 NMB48劇場 チームN「ここにだって天使はいる」公演 18時30分開演

161208 (2375)

◆仕切り:須藤凜々花


◆ファンの皆さんからの花束をプレゼント


加藤夕夏からのお手紙
ゆーりへ

17歳のお誕生日おめでとう。まさかゆーりにお手紙を書けると思っていなかったけど、マネージャーさんから連絡がきた時は「私でよければ」と即答しました、ハート。

まだ3期研究生の頃はホテルでよく相部屋になって、当り前のようにいつも一緒にお風呂に入ってたのがほんまに懐かしいです。

3期生で加入して、もう5年近く経ちますね。ゆーりとはチームがずっと一緒なので、色んな話もしてきました。

初期のゆーりはダンス未経験で、踊るのが苦手で、先生やマネージャーさんに注意されることも多かったよね。

そんなゆーりが今ではコンサートでソロで歌ったり、ユニットのセンターをしたり、NMBのフロントに立って、どんどんどんどん人を惹きつける魅力が出てきて、本当に成長したなーと感動しています。

去年の生誕祭でゆーりが「太陽みたいなアイドルになりたい」って言ったの覚えてるかな?」

太田夢莉「はい。黒歴史ね」
加藤夕夏「いやいやいやいや、そんなことない」

もう十分ゆーりはキラキラしていて、たくさんの人がそのゆーりの姿に元気をもらってると思うよ。

でもたまに頑張りすぎてないかなって、どんどんしっかりして、落ち着いて、周りのことを見れて、謙虚でって、17歳なのに大人び過ぎて、少し心配になる時があります。

今まで夕夏もゆーりに話を聞いてもらって楽になったこともあるし、ダンス選抜の時「かっこいい。夕夏のダンスが好き」って褒めてくれるゆーりの言葉で自信が持てたこともたくさんありました。だから小さなことでも、何でもいいので夕夏で良かったら話を聞くから、遠慮せず話してください。

好きなことに関しては目をキラキラさせて楽しそうに話すゆーりとか、組閣の時「バイバーイ!」ってめっちゃ軽く新チームBIIに行ったのに、翌日のライブのチームNの曲の時には号泣してるツンデレなゆーりとか、優しいゆーりも、努力してるゆーりも、可愛くてたまらないし、大好きです。チームは離れるけど、お互い新しいチームでもそのチームを盛り上げていこうね。

昨日はファンの皆さんのおかげで実現できた大好きな焼肉グラビアの撮影で、お腹いっぱい食べて幸せだったね。他にもお誘いがあったのに夕夏を選んでくれて本当に嬉しかったよ。(焼肉目当てなのは知ってるけど)

太田夢莉「(笑) そんなことない、そんなことない」

プライベートでもまたなるちゃんと私とゆーりの3人で焼肉行こうね。

太田夢莉「行こう」

同じチームでこうしてゆーりの誕生日を祝えるのは当分無いかも知れないから、お手紙を書けて嬉しかったです。

そして縁があるのか今日私は300回公演ということで、私事ですが

※客「おめでとう!」拍手

そんな日のゆーりの生誕祭で一緒に祝えて本当に嬉しいです。セブンティーンのゆーりに幸あれ。

本当におめでとう。夕夏より


上西恵「続いては、お手紙を預かってきたんですが、誰でしょうね。ゆーりちゃんのことが大好きな、これは言っちゃいますね。山本彩からです」おー!

山本彩からのお手紙 (代読:上西恵)
ゆーりまるへ

希望に満ちあふれた17歳の誕生日おめでとう。

今日公演には出られなくて残念やけど、嬉しいことにお手紙を書かせていただきました。

同じチームになって約2年。この2年間で一気にゆーりのことを知った気がします。

3期生として入ってきた頃、色んなメンバーに可愛がられる中、ロリに興味がなかった私は、ゆーりは違うベクトルの人間だと思い込んでいました。

でも同じチームになって時が流れ、気がつけば見事ツンデレを極めた厨二病に成長しましたね。

太田夢莉「失礼な」

闇がどうのとか、死がどうのとか

太田夢莉「言ってません!」

ぶつぶつ言っいるし

太田夢莉「言ってません。ちょっと! ウソつき。ひどいよ」
※誰か「ウソじゃないよ」

褒めると怒るし、ちょっとすり寄ると「近よんなハゲ」と(客笑)

太田夢莉「ちょっと待って、これもうちょっと・・・」

あしらわれるけど、私が公演に出ない日、「今日公演出ないんですか?」と泣き顔絵文字付きで送ってきたり。
太田夢莉「そんな遥か昔のことを」

選挙の時はホテルで寝るためだけに私の部屋に来たりと、可愛さに振り回されております。

太田夢莉「これはDVDの約束をしたんですよ。DVD見ようねって約束」
※メンバー「必死やんな」「ムキになるな」

今年みるきーが卒業発表した直後の4月のある日、私に「18歳以下の若いメンバーなどでコンサートがしたいです」とゆーりが言ってきたこと。正直ゆーりがそんなことまで考えているとは思ってなかったからビックリしたけど、メンバーやファンの方が不安で渦巻く中、しっかりと足元を見て、自分が、自分たちがどうにかしよう、どうにかしなければいけないという自覚の表れを感じられたことや、NMBへの熱意がとても嬉しかったし、「私から大人の人に言おうか?」と言うと「自分で言います」と言い出したことに責任を持つところも頼もしいなーと感心していました。

冒頭にも言ったけど、希望に満ちあふれた17歳。やりたいと思ったこと、どんどん口に出して欲しいし、これから先のつらいこと、楽しいこと、たくさん共有したいなー。

ゆーりの頼もしさやから、私の手助けは必要ないかも知れないけど、こう見えてゆーりより6年長く人間やらせてもらってるから、吐き出したいことを受け止める懐(ふところ)はある。どんな小石にでも、つまずいた時は私が支えになるよ。だから遠慮せずに頼ってね。

山本彩より


◆メンバーより色紙のプレゼント (イラスト:西澤瑠莉奈)

太田夢莉「あー! これは!」
西澤瑠莉奈「虹の作り方 意識でね」
太田夢莉「しかもこの名前の書き方」
西澤瑠莉奈「それは秘密」
太田夢莉「こりゃーいいかもしんなー。同じ名前で良かったよ」
西澤瑠莉奈「これが軽めのいつものやり取り」
太田夢莉「(色紙を受け取る)毎年ありがとうな」


17歳になったゆーりちゃんから抱負をお願い致します
太田夢莉「はい、今日は生誕祭を企画してくださった皆さん、そしてこの場で一緒にお誕生日をお祝いしてくださった皆さん、ありがとうございます」拍手

「幕が開いた瞬間、凄いレインボー、虹色の、たぶん虹の作り方とかけての虹色ですよね? 凄いキレイで本当に。でも、そうですね、どうして虹なのか凄いめっちゃ考えました、実は。でも嬉しかったです。ありがとうございます。

私は昨年この全く同じ場所で、「15歳の1年間は全く進歩のなかった1年だ」と言いました。ほんとにそれは今でもそう思いますし。

でも今年のこの16歳の1年間は今までで一番進歩があった1年だと胸を張って言うことができます」拍手

「ありがとうございます。その要点は、チームNツアーでソロ曲を任せていただいたりだとか、皆さんがさっきペンライトをしてくださったみたいに「虹の作り方」でセンターをさせていただいたりだとか、その曲でリクエストアワー1位をいただいたりだとか、あとは、そうですね、初めて選抜総選挙でランクインできたりとか、凄い皆さんのおかげでできたことがたくさんありますし、私がこの48に入って目標と自分の中で掲げていたことがほとんど叶えられた1年でした。ほんとに皆さんありがとうございます」拍手

「私はさっきその手紙でうーかと彩さんが言ってくださったみたいに、凄い人に冷たくしがちで。でもそれを受け入れてくださって、そんなゆーりが好きって言ってくださる皆さんやメンバーの方がいるからほんとにこうやって毎日活動が続けられると思いますし、ほんとにそのツンを、「なんだこいつ」って思うんじゃなくて、「それがいい」ってくださる皆さんが本当に優しいなと最近気づきました。ふふふふ(笑)

昔からこんな性格なので、今年1年やってきて、握手会とかで「そのツンがいいよ」とか、例えばチームMの梓とかもそうなんですけど、そんな私が冷たくするのに、こう好きでいてくださる皆さん、本当に優しいなと思います。ありがとうございます。

私の17歳の目標は、小学生の時に私はヲタクに目覚めたんですけど。アニメのほうです。アニメのヲタクに目覚めたんですけど、その時から実は「したい」って思っていた声優のお仕事をいただけるように頑張りたいと思います。それが17歳の一番の目標です」拍手

「ありがとうございます。例えば谷川愛梨ちゃんの舞台出演とか、アカリンの女子力でイベントやったりとか、そういう1人で大きな長期に渡るお仕事を任されるってことがなくて。だからこそ凄い視野の狭さを感じますし。だからそんな自分では17歳、すっごい1年間無駄にするなと思ったので、明確に夢をこの場でお伝えして、叶えられるように1年間頑張りたいと思います」拍手

「あとは、17歳凄いいいスタートを切れたと思ったのは、先日の日本有線大賞で」拍手

「見てくださいましたか?」拍手

「ありがとうございます。そうなんです、センターを、「僕はいない」をセンターを任せていただいて、本当に私でいいのかと、16歳まではずっとそう思うことが多かったんですけど、でも初めて17歳になってそういう大きなチャンスをいただいて。でもその時には16歳みたいにネガティブなんじゃなくて、本当に任せていただいたからには頑張ろうと前向きな気持ちですることができました。なので凄いいいスタートが切れたと思うので、まぁ人に冷たいと言われがちな太田夢莉ですが、これからもどうか皆さん親のような温かい目で見守ってくださったら嬉しいなと思います。よろしくお願いします」拍手

「ありがとうございます。新春からは新チームになるということで、しっかりチームNで学んだことを新チームで活かしていきたいと思いますので、ここにいる皆さんはもちろん新チームBII推しになってくれますよね?」

客「イェー!」

太田夢莉「新チームBII推しよろしくお願いしまーす」
メンバー「早いよー」
太田夢莉「イェーイ、獲得」

吉田朱里「とか言って寂しいねんで、あの子」
メンバー「泣いてるくせに」
吉田朱里「可愛いですね、もう」

太田夢莉「もうね、Nのね、メンバーのこういうノリほんとに調子狂うんですよね」客笑

須藤凜々花「でもね、新チームになる前にこのチームで生誕祭できて嬉しいって言ってたじゃん」
太田夢莉「それは本当にそう」拍手
須藤凜々花「最高だね」
太田夢莉「最高だね」
須藤凜々花「なんか、ゆーりちゃんって可愛いって凄い言われるじゃん、全人類から」客笑
太田夢莉「アンチも多いよ」
須藤凜々花「でも顔も可愛いし、ロリだったのも可愛いけど、凄い人間として可愛いなって思ってて。私は凄い人間として尊敬してて、素敵だなって思います」
太田夢莉「えっ? 凜々花に? ありがとう」
須藤凜々花「いつでも味方になってくれて、どんな状況でも。だから私もどんな状況でも、新チームBIIになってもずっと味方でいたいなと思います」
太田夢莉「よろしく!」


Google+より
金子剛 2016/12/08 22:31

8日(木)
チームN『ここにだって天使はいる』公演
本日は、太田夢莉 17歳の生誕祭!!




セレモニー手紙は加藤夕夏より
「17才のお誕生日おめでとう。
まだ3期研究生の頃はホテルでよく相部屋になって
当たり前のようにいつも一緒にお風呂に入ったのがほんまに懐かしいです。
3期生で加入してもう5年近く経ちます。
夢莉とはチームがずっと一緒なので色んな話もしてきたな。
初期の夢莉はダンス未経験で踊るのが苦手で
先生やマネージャーさんに注意されることも多かったよね。
そんな夢莉が今ではコンサートでソロを歌ったり、
ユニットのセンターをしたり
NMB48のフロントに立つようになって成長したなって感動しています。
去年の生誕祭で夢莉が『太陽みたいなアイドルになりたい。』
って言ったの覚えてるかな?
もう充分夢莉はキラキラしていて
沢山の人が、その夢莉の姿に元気をもらっていると思うよ。
でもたまに頑張り過ぎていないかな?って
どんどんしっかりして、落ち着いて、周りの事を見れて、謙虚で
17才なのに大人び過ぎて少し心配になる時があります。
小さい事でも何でも夕夏でよかったら話聞くから遠慮せずに話してね。
好きな事に関しては目をキラキラさせて楽しそうに話す夢莉とか
組閣の時『ばいばい。』ってめっちゃ軽く新チームBⅡに行ったに、
翌日のライブのチームNの曲の時、号泣しているツンデレな夢莉とか
優しい夢莉も、努力している夢莉も、可愛くてたまらないし大好きです。
チーム離れるけどお互い新しいチームを盛り上げていこうね。
Seventeenの夢莉に幸あれ!」



続いての手紙は山本彩より (代読:上西恵)
「希望に満ち溢れた17才の誕生日おめでとう。
同じチームになって約2年
この2年間で一気に夢莉の事を知った気がします。
3期生として入ってきた頃は色んなメンバーに可愛がられる中
ロリに興味が無かった私は夢莉は違うベクトルの人間だと思い込んでいました。
でも、同じチームになって時が流れ
気が付けば見事、ツンデレを極めた中二病に成長しましたね。
今年、みるきーが卒業発表した直後の4月のある日。
私に『18歳以下の若いメンバーなどでコンサートがしたいです。』
と夢莉が言ってきた事。
正直、夢莉がそんな事まで考えているとは思ってなかったからびっくりしたけど
メンバーやファンの方が不安で渦巻く中
しっかり足元を見て
自分が自分達がどうにかしよう
どうにかしなければいけないという
自覚の表れを感じられた事やNMB48への熱意がとても嬉しかったし
私から大人の人に言おうか?と言うと
『自分で言います。』と言い出した事に責任を持つ所も頼もしいなと感心していました。
冒頭にも言ったけど希望に満ち溢れた17才。
やりたいと思った事は どんどん口に出して欲しいし
これから先の辛い事、楽しい事沢山共有したいな。
夢莉の頼もしさやから
私の手助けは必要ないかもしれないけど
こう見えて夢莉より6年長く人間やらせてもらってるから
吐き出したい事を受け止める懐はある。
どんな小石にでも、躓いたときは私が支えになるよ。
だから遠慮せずに頼ってね。」



本人コメント
「『15才の1年は進歩がなかった1年でした。』
と去年の生誕祭で言ったのですが
『16才の1年は今までで1番進歩があった1年でした』と胸を張って言えます。
今年のリクアワでは
『虹の作り方』が1位を獲得する事ができたり
皆さんのおかげで目標と掲げていたことが叶えられた1年でした。
人に冷たくしがちだけど、そんな私を皆さんが受け入れてくれて
ツンとしている所が良いと言ってくれて、ありがたいです。
17才の目標はアニメの声優のお仕事を貰えるように頑張る事です。
目標を明確にこの場でお伝えして1年間叶えられるように頑張って行こうと思います。
そして17才になってすぐに嬉しい事がありました。
それは『日本有線大賞』でセンターを務めさせてもらった事です。
大きなチャンスを頂いて前向きな気持ちで務めさせていただきました。
これからも温かい目で見守ってください。」




歌にダンスにトークにと日々成長を続ける太田。
パフォーマンス力に磨きがかかってきましたね。
これからもその笑顔で皆さんを魅了してください。
ゆーりまる、華のセブンティーンおめでとう~!!






そして本公演では、12月28日(水)発売
16thシングル[僕以外の誰か]チームN ver.公演初披露~!!

今回は上西恵がセンターを務めました!!
チームN ver.も格好良い!!
皆様、是非チェック宜しくお願いします。


チームN「ここにだって天使はいる」公演へご来場くださった皆様、
生誕委員の皆様、誠にありがとうございました

161208kaneko01.jpg

161208kaneko02.jpg

161208kaneko03.jpg

161208kaneko04.jpg

161208kaneko05.jpg

161208kaneko06.jpg





最新商品

5月11日発売

NMB48 3 LIVE COLLECTION 2021

4月5日発売

UteenB NO.01 NO.01

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーリンク

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ