FC2ブログ
AKB48全国ツアーファイナルdTVチャンネルにて独占生配信決定! new2.gif
dTVチャンネル
12月9日:チーム4(18時30分~)、12月10日:チームB(10時~) チームK(14時~) チームA(18時~)

【速報版】 浅井裕華 13歳の生誕祭レポート

2016年11月21日 SKE48劇場 研究生「PARTYが始まるよ」公演 18時30分開演

161121 (1282)


◆仕切り:相川暖花

ある方からのお手紙 (代読:上村亜柚香)
浅井裕華

私のことを好きだと言ってくれる後輩は今までに何人かいましたが、こんなにも好きな気持ちを表現してくれたのはあなたが初めてです。 (ひゅ~)

顔を見て泣かれた時はビックリしたけど、会うたびに泣かれた時は本当に困った。

他のメンバーのほっぺを触ったり、頭をなでたり、抱っこした時なんてもう大変だったんだから(笑)

ゆうかたんにはいつかこんな後輩ができるといいね。

ゆうかたんの頑張りと成長には本当にビックリしています。1年くらい前からずっと「一緒にご飯行きたいです」って言われていたけど、その頃はまだほとんどアンダーにも出られていなかったから、研究生としての務めができていない人を先にご飯に連れて行くなんて、私はそんなに甘くないぞと思い、「全チームのアンダーに出られたらいいよ」と条件をつけました。

そしたらなんと、あっという間にやられました(笑) ※客「ひゅ~」

メンバーの間でもゆうかたんが頑張り屋さんだと口コミが広がって、いつの間にかプロ意識も高く持っているし、ステージではただ我武者羅だけではなく、表情もとっても豊かで、最近も一緒にステージを立っていて鳥肌が立ったほどSKEに必要な後輩の・・・

上村亜柚香「何て読むんだろう」客笑
相川暖花が上村の元へ行くも、メンバーに「ほのの(は)大丈夫」と言われる(客笑)
高畑結希川崎成美が上村の元へ

SKEに必要な後輩の脅威ってこんな感じなのかも、と思った瞬間でした。

「頑張っている子が好き」と私はいつもゆうかたんに言っていたけど、あっという間に私の目に映るゆうかたんは頑張っている子でした。私の負けですね。

念願の2人きりでのデートも実現したね。プリクラを撮ったり、ご飯を食べたり、楽しかったし、2人きりだからこそ話せることもたくさん話したね。

ゆうかたんは人一倍デリケートで、落ち込みやすいのでちょっぴり心配です。でもそれは悪いことではなく、その分、人の痛みもわかってあげれることだから素敵なことだと思います。これからできる後輩が自分と同じことで悩んだり壁にぶつかっていた時は手を差し伸べてあげられると思う。そうなれた時がゆうかたんのSKEでの存在が更に濃くなる時だと思います。

SKEでの日々は嬉しいことだけが全てではなくて、苦しい時間でさえも未来の自分を助けてくれるから、どんな時も失敗を忘れずに感謝の気持ちを忘れず思いっきり楽しんだらいいんだよ。

ゆうかたんの周りには私たちメンバーもいるし、頼れるスタッフさんもいるし、何よりファンの方がいるでしょ? いつもゆうかたんが一生懸命頑張ってるからみんな真剣に向き合ってくれるんだよ。だからこれからも自分が正しいと思ったことを自分の力を信じて全力でやり切ってね。

すぐに出る結果も大切だけど、頑張り続けた先で評価される人にあなたはなれると思います。困った時は言ってね。味方だよ。そのうち厳しいことも言うと思うけど、それも愛だから受け止めてね。

今回お手紙を書かせてくださった生誕委員の皆様、心から感謝しています。これからもゆうかたんをよろしく頼みます。

最後になりましたが、ゆうかたん、お誕生日と昇格おめでとう。チームEで待ってます。

チームEリーダー・須田亜香里より

1611121.png

浅井裕華 → 涙


お手紙の感想と今年の抱負をお願いします
浅井裕華「今日はこんな素敵な生誕祭を開いてくださった皆さん、本当にありがとうございます」拍手

「まず、手紙を書いてくださった須田さん、あ~(涙) 本当にもう、本当に・・・」

客「頑張れ」

浅井裕華「私、チョロイんですよ(客笑) だからすぐ、優しくされたらその子のこと好きになっちゃうんですけど、でもそんな私を、ん~、ほんとに、須田さんいつもありがとうございます」拍手

「最初は会うだけで泣いたりとか、今では凄い笑いごとになるんですけど、最近泣かなくなって、やっと大人になったなって思うんですけど。もう須田さんはSKEに入る前から知っていて、凄い我武者羅で、笑顔な人っていう印象だったので、今ここでお手紙を自分に書いてもらってるっていうことが凄い凄いことなんだなって凄く思います。

ほんとに、いつも須田さんには相談とかにも乗ってもらって。私が目が腫れてる時とかは「昨日泣いたでしょ」ってわかってくださったりとか、気づいてくださって、いつもほんとに、私、須田さんがいないと生きていけないぐらい(客笑) 本当にもう、凄い支えにもなってて。ほんとにもう、いつも感謝しています。今回お手紙誰だろうって考えた時に絶対須田さんはないだろうと思っていたんですけど、ありがとうございます」拍手

「これからも須田さんのことをずっと尊敬しています」

「今年の1年は皆さんに凄い感謝しないといけないこととか。たくさんの経験をさせていただけたりとか、ほんとに感謝しかない1年でした。

何から話そう。えっと、夏にあった美浜海遊祭の研究生で披露させていただいた「花火は終わらない」っていう曲では末永桜花ちゃんとダブルセンターをさせていただけたりとか、この公演で「Gonna Jump」とか全体曲でセンターを務めさせていただけたりだとか、握手会をたくさん完売させていただけたりとか、凄い嬉しいことばかりで、私なんかには勿体無いくらい凄い色んなことをさせていただいて。でもその時には皆さんがいなかったら、そのことが実現できなかったなって凄く思います。本当にありがとうございます」拍手

「最初の頃は自分ほんとに色んな人に迷惑しかかけてなくて。自分が一番って思ってて。でも今はそんなことなくて、自分なんか、最初の頃よりも凄いネガティブになって、何もできないと捉えたりとか、できなかったら膝叩いてジャンプしたりだとか、みんなに迷惑しかかけてなくて、今でも。なので、今年の1年は自分に少しでも自信がつくように頑張っていきたいなと思います。

あと今年の目標は、昇格させていただいてからもたくさんの公演に出ることです。私は公演が大好きで、今年もたくさんの公演に出させていただいて、研究生で初めて7公演を制覇させていただいたりとか。公演がなかったら今の自分がないくらい、ほんとに公演が大好きで。アイドルって一番笑顔が似合うし、全力でやってる姿を見るとファンの方もというか、自分もアイドルになる前は凄い全力で踊ってるアイドルを見ると凄い元気をもらえたので、自分もそんな元気を与えられるアイドルにこれからもなれるように頑張っていきたいと思います」拍手

「昨日のソロコンサートで昇格発表させていただいて。チームEに昇格させていただくことができて本当に本当に凄く嬉しいです」

客「おめでとう!」

浅井裕華「ありがとうございます。でも、このままじゃ昇格してからもずっと。昇格っていうのが私のスタート地点だと思っているので、ずっとそのスタート地点にいても意味がないと思うので、これからもどんどん前を向いて進んでいけたらいいなって思います。これからも応援よろしくお願いします」拍手

「ありがとうございます、ありがとうございます。同期は、同期だし。何言ってんの。なんだろう。んーと、自分が昇格して違うチームになっても同期は同期のままだし、私はみんなが頑張っていることを知っているので、本当にみんなの努力が報われるように、皆さんに見て・・・。なんだろう、どうしよう。ほんとにみんなが頑張っていることは凄く間近で見ていて。でもその努力が報われないこともあるんですけど、でもこのまま前を向いて進んでいけたらいいなって思います。みんなも諦めないで前を向いて、ずっと突っ走ってほしいなって思います。

8期生も入ってくるということで、ほんとにたくさんの後輩が入ってくるということで、凄いプレッシャーもあるし、追い抜かされるんじゃないかって凄い不安もあるんですけど、私には皆さんがいるので凄く安心できます。いつも支えてくださって本当にありがとうございます」拍手


※8分40秒

浅井裕華「なんだろう・・・」
相川暖花「言い残したことことはないですか?」
浅井裕華「そう言うと出てくるんですけど、でも、ないです。大丈夫です」

相川暖花「ゆうかたんはいっつも頑張ってるし、でも凄いネガティブなところもあって。でもいつもファンの方がいるからっていつも言っていて。ゆうかたんは私にとっても憧れの存在でもあります。なのでこれからも頑張ってほしいです」
浅井裕華「頑張ります」

上村亜柚香「あれですね。花束が須田さんのやつと似てますね。真ん中にバラがあって、周りに小さいお花がいっぱいあるやつ。あと花冠にもハムスターが乗ってて可愛いです」


一列礼後、捌ける直前に
浅井裕華「本日はこんな素敵な生誕祭を開いてくださって本当にありがとうございます。あと言い残したことがあるんですけど。いつも応援してくれるお母さんと家族、本当にありがとうございます。これからも応援よろしくお願いします」拍手

「皆さんも応援よろしくお願いします。ありがとうございました」




CxyMEYBUsAAhPPs.jpg

CxxPbbSUkAAPj84.jpg

CxxPeLMVEAAXe_S.jpg

CxxPhB1UoAEkd7g.jpg

CxxPjLAUAAEZ4Pd.jpg