FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月12日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif

【速報版】 後藤理沙子19歳の生誕祭レポート

2016年6月21日 SKE48劇場 チームS「重ねた足跡」公演 18時30分開演

※アンコール2曲後 (チームS推し後)

160621 (291)

◆仕切り:矢方美紀

大矢真那からのお手紙
可愛い可愛い理沙子へ

後藤理沙子「真那さんだ」ざわw

理沙子、ハッピーバースデー。

理沙子が可愛くてたまらない真那です(w)

理沙子、お誕生日おめでとう。

小学生で入って、あっという間に大学生になったね。

理沙子との思い出はなんといっても握手会です。理沙子とペアだった時の握手会は、これからもずっと忘れないであろう、衝撃の時間でした(w)

ファンの方が入ってきて「こんにちは」と挨拶をしただけで「何?」と真顔で聞き返す理沙子。たじろぐファンの方。「頑張ってね」の応援の言葉に「ああ」の二文字(w)

そんな中、理沙子のファンの方は喜んだ顔で帰っていく(爆笑)

理沙子が途中、座ってタオルで鶴を折りだして、顔も上げず、ファンの方が数秒間それを見つめるだけというシュールな光景にも立ち会えることができました(w)

その時、私のファンの方は「理沙子ちゃんが怖い」と、まとめ出しの列が普段の倍できてたんだよ(w)

どんどん考えも行動もしっかりしだした理沙子。握手会もファンの方から「理沙子の握手会が神対応なんだけど大丈夫かな?」と相談を受けるぐらい激変したみたいで、当時の子供らしく、自由にのびのびしている理沙子も好きだった私は少し寂しくもありました。

理沙子の周りのメンバーもたくさんたくさん卒業して、気持ちの変化があったと思う。つらい時、今までそばにいた仲間がいない。くだらないことで楽しんで笑っていた光景がパっと無くなる。甘えていたお姉さんたちがいなくなることで心の整理もすぐにつかなかったと思う。

そんな経験をしてきた理沙子が今ここにいるのは、それでもまだここで頑張ろうって自分で決めたからだよね。

総選挙の出馬を決めた時も、「SKEにいる上で総選挙は大事な指標になる。けどファンの方にも負担をかけちゃう」って、優しさとSKEへの思いが入り混じった感情で出馬を泣きながら決めていました。だからその出馬に対して「総選挙だけじゃないよ」なんて軽々しい言葉、私には言えません。

その理沙子の1つ1つの決断が間違いじゃなかったって思えるような時間をSKEで過ごして欲しいと思います。

自分の悩みをなかなか人に言わなくて、理沙子は今どう思ってるんだろうとか、今きっと我慢してるなとか、見ていて心配になるから、たまにじゃなく、その都度相談してね。

理沙子のブログ、そのタイトルは小学生の頃からずば抜けて面白く、頭の回転も良くて、見た目も中身も可愛くて、優しい子で、まだまだ後藤理沙子の可能性は計り知れません。これからも理沙子の増していく輝きを楽しみにしています。

今、目の前に広がるこの光景を見て、何を感じていますか? 私はこうして理沙子のおめでとう公演に立ち会えることを幸せに思っています。それぞれの幸せを噛みしめて、これからも頑張っていこうね。

真那

大矢真那「お花がちっちゃいって言ってますよ」客w
後藤理沙子「なんか低予算だなと思って」客w
矢方美紀「愛が詰まってるよ、一輪一輪に」


手紙を受けてだったり、今の気持ちを是非皆さんに伝えてください
後藤理沙子「話すことを考えてこなかったです。何言おう。んー、きっとファンの方は総選挙の後にこうして生誕祭が行われるってけっこう前からわかってたじゃないですか。凄いプレッシャーだったと思うんですね。

でも、私はこうして総選挙の後に直接こうやって御礼を言える場をいただけて凄いありがたく思ってます。本当にありがとうございました」拍手

「はじめに、総選挙に出てビックリしたことがありました。楽屋に戻ったら感情を凄いむき出して、みんなが泣いてたんですね。

去年は52位という素敵な順位を頂けて、インタビューをされたりだとか、凄いバタバタしてて、楽屋を見ることがなかったんですけれども、今回は名前を呼ばれることもなく楽屋に戻ったんですけど、後輩の涙が凄い胸にきました。

たぶん、色んな涙があると思うんですけど。表に出る涙もあれば、表に出ずにひっそり陰で泣いてる子もいるんだなって気づきました。そんな後輩を見たら、支えたいって思いました。だから、何だろう、3期生で今までこうして活動してきたけど、後輩に何もしてあげられなかったなって気づいて。

多分きっとファンの皆さんが見たり、聞いたりすることが全てじゃなくて、メンバーは思ってる以上に裏で悔しい思いをしてたりとか、泣いてたりするんだなって思いました。

どうしよう、何話そう。

なんか、もちろん自分も前に行きたいなって気持ちもあるけど、それ以上に後輩を支えたいなって思いました。

なんて言うんだろう。今日ファンの方の顔を見て、ほんとに頭から泣きそうになりました。東京から来てくださったりとか、海外にお仕事で行ってる方の顔が見れて、そんなにも自分って愛されてるんだなって。だから、なんだろう。もう何って、みんなが大好きです!」拍手

ありがとう。ほんとに、ファンの方には、さっき真那さんのお手紙にあったように、反抗期だったりとか、生意気な態度をとったりとかしちゃったんですけども、それは反抗期だったっていうことで大目に見てください。

19歳の目標はですね、SKEに貢献できる人になりたいです」拍手

「今まで何も貢献してこれてなかったので、なんだろう、裏でのサポートとか、「理沙子さんがいるからなんか楽しいな」とか「落ち着くな」とか後輩に思ってもらえたらいいなって思います。私もそういう風に思ってた先輩たちがいっぱいいたので、周りに。モコ族とか(w) いたので、そういう風に、いるだけで落ち着くって思っていただけるような存在になりたいと思います。

何話そう。本当にファンの方には感謝してて。ずっと小学生の時からこうやってね、応援してくださっているので本当にお父さんみたいな。お父さんとお母さんみたいな感じなので凄い照れくさくなっちゃうんですけれども、でも本当に感謝してるので、皆さん、不器用な私ですけれども、これからも応援してくださったら嬉しいと思います。今日はありがとうございました」拍手


◆ラストソングの終わりにファンがサプライズ
「これからも理沙子と共に歩みます」

160621 (344)


◆<b>手繋ぎ挨拶後、捌ける直前に
本当に今日はありがとうございました。何って、ほんとに大好きー!






ClexBpkVYAAWeBW.jpg

ClexSTTUYAMtuJ2.jpg


CldievmVEAAvNbM.jpg

CldiesXUsAE7YRx.jpg

CldietOUYAEKEqG.jpg

CldieujVEAAhT-C.jpg













AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND