『二村春香 20歳の生誕祭』2016年5月16日公演【チームS】

SKE48劇場 チームS「制服の芽」公演 18時30分開演

logo_ske_s.jpg

★トピックス
二村春香 5回目の生誕祭


■出演メンバー
チームS → 東李苑犬塚あさな大矢真那北川綾巴後藤理沙子杉山愛佳竹内舞都築里佳野口由芽野島樺乃二村春香松本慈子宮前杏実矢方美紀山田樹奈
研究生 → 上村亜柚香


【セットリスト&MC】

■影アナ (大矢真那)

■開演
◆M00.overture (SKE48 ver.)
◆M01.恋を語る詩人になれなくて
◆M02.合格Kiss
◆M03.アンテナ
◆M04.制服の芽


■MC (自己紹介) ※下手側から

序盤4曲紹介:北川綾巴

【1列目】

矢方美紀 → 私はメールや電話あんまりしないけど、はるたむとはくだらないメールをやり取りする仲

二村春香「春の香りであなたを誘っちゃいます。はるたむこと二村春香です」
客 → 花
二村春香「お花畑ありがとうございます。二十歳になったということで、いけないことをしたらメディアに名前が載るそうです。それではなくてね、いいことでたくさん新聞に載れる年にしていきたいと思います。そしてですね、大矢真那さんの生誕祭は神と言われてるんですけど、SKE48では。その公演を上回れるような公演にみんなでしていきましょう!」

北川綾巴 → 以前公演のMCでナポレオンフィッシュと言われてて。
二村春香「兄に「寝顔がナポレオンフィッシュだよ」って言われたの」
北川綾巴 → ナポレオンフィッシュがテレビに出てたので写真撮って二村さんに送ったらノリよく「私その仲間だよ」って。
二村春香「たぶん親戚だわって返しました」
北川綾巴 → 二村さんはノリよくセクシー。

竹内舞 → はるちゃんはセクシーたむ

野口由芽 → 二村さんの「チキンLINE」の好きなところについて


【2列目】

山田樹奈 → 前、「二村春香さんに似てるね」と言われていた。最近、後藤楽々が私のことが好き過ぎて私に似てきた。

松本慈子 → 「合格Kiss」の間奏ではるたむさんとチューしました! はるたむさんの唇はプルンプルンでした。

都築里佳 → はるたむと同じぐらい今年のはるたむの生誕Tシャツが大好き。何でそのデザインにしたの?ってツッコミたくなるところが好き。

杉山愛佳 → はるたむさんは私のことを見たと「あいあいは私の癒し」って言ってギュッてしてくれる。

上村亜柚香

後藤理沙子「ここ3年半ぐらい、実を言うと、はるちゃんと着替え場所がお隣さんなんですよ。だからこの3年半ぐらい、この目で色んなはるちゃんを、はるちゃんの色んな所を見てきたんですよ。なのでね、この目を神の目と呼んでください」


【3列目】

宮前杏実 → 春香とは5期生で、唯一の同期 (1分40秒)

大矢真那「ちっちゃい子が3人も来てるんです。私!? 私だー、ありがとう」
宮前杏実「今日一テンション上がってますから」
大矢真那「はるちゃんが「真那さんの生誕祭を目指します」って言ってくれること凄く嬉しいので、みんな頑張ってね」

犬塚あさな → はるちゃんの生誕Tシャツに書いてある「犬で言ったら」これを見た時、私の言ってるのかなとしか思えなくて嬉しかった。

浅井裕華 → はるたんさんはアンテナでいつもハイタッチをしてくれる。

野島樺乃 → はるたんさんと顔が似てるとよく言われる。握手会で「お姉ちゃんみたいだよね」とか「ほんとの姉妹なの?」とか凄い言われる。でも2人で喋ってる時は「似てないよね」って話す。


◆M05.思い出以上 (竹内舞北川綾巴矢方美紀)
◆M06.狼とプライド (二村春香野口由芽)
◆M07.女の子の第六感 (後藤理沙子松本慈子杉山愛佳山田樹奈都築里佳)
◆M08.枯葉のステーション (野口由芽)
◆M09.万華鏡 (犬塚あさな野島樺乃宮前杏実竹内舞大矢真那)


■MC
犬塚あさな野島樺乃宮前杏実竹内舞大矢真那

お題:誘惑について

「枯葉のステーション」の終わりかけの時、メンバーたちが急いでメイク直しをしてたら大矢真那が「ネイルが乾かない」と言ってて「今やる?」と思った。

大矢真那「はるちゃんがピンクだから、どうしてもピンクにしたかったの」
宮前杏実「それ昨日の夜やってよ」客w


◆M10.ジェラシーのアリバイ
◆M11.Doubt!
◆M12.仲間の歌


■MC
◆前半:犬塚あさな大矢真那宮前杏実浅井裕華野口由芽竹内舞都築里佳野島樺乃

20歳以上と20歳未満に分かれトーク

※20歳以上 → 都築里佳犬塚あさな竹内舞大矢真那


野島樺乃 → 先輩とメールしてても使う言葉が違い、会話があんまり成り立たない。「とりまフロリダ」ってわかります?


◆後半:山田樹奈後藤理沙子矢方美紀二村春香北川綾巴杉山愛佳松本慈子上村亜柚香

二村春香「美紀さん、私のこと知ってますか?」
矢方美紀「はるたむのはるたむは知ってる」

お題:はるたむへ質問

後藤理沙子「はるたむさ、どこ中出身?」
二村春香「チェルチェルランドのユーチェル中学校」

上村亜柚香「どうしたらそんなに綺麗な体になれますか?」
矢方美紀「いつからそういう担当になったの?」
二村春香「かつていた出口陽さんという変態な先輩が「おっぱい選抜」みたいなのを作ってくださり、それに入れたことがたぶんきっかけだと思います。それからBUBKAさんとかが毎年グラビアを撮ってくださってて。去年も期待してたんですよ。3年連続あるかなって。そしたら無くて、チクショーって思ったんですけど、今100%SKE48、あれでなんと載ってるんですよ、私のグラビア。なんですけど2年ぐらい前のやつですよ。私の全盛期って2年前かな」
客「そんなことないよ!」
二村春香「今年たくさん来ること期待してます」

山田樹奈 → スプーンについて質問
二村春香「茶碗蒸しと一緒に出てくる木製のスプーンが好きです」


◆M13.水のないプール


■アンコール

発動客(女性)「本日は5月14日に二十歳の誕生日を迎えた、とにかく可愛い二村春香ちゃんの生誕祭です」イェー&拍手

「19歳の1年は山あり谷あり、『谷間あり』でしたね。初めてシングルの選抜に漏れた時、もうこのまま折れてしまうのではないかと不安になりました。でも、負けなかった。あきらめなかった。そして「チキンLINE」での選抜復帰。アイドル二村春香はまだ終わらない!終わらせない! 私たちは絶対に離れません」イェー!

「二十歳はスタートトントンビーム全開でいきましょう」イェー!

「それでは思いを込めて、昨年に、いやそれ以上に空前絶後のアンコールをお願いします」


「はるか」コール


◆EN01.楽園の階段
◆EN02.ピノキオ軍

◆EN03.チキンLINE


二村春香 生誕祭

矢方美紀「それではここで、5月14日に二十歳の誕生日を迎えました二村春香ちゃんの生誕祭を行いたいと思います」

# BGM → 涙サプライズ!

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア はるか ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」


宮前杏実からのお手紙
春香、二十歳のお誕生日おめでとう。

同期でもあり、年上の春香とは初めてダブルセンターという経験を「会いたかった」公演でさせてもらったり、公演でつらい時期に話を聞いてくれたりしてくれていたね。

春香はKII、私はE。長い研究生時代を終え、チームとして約1年、離れ離れになって、またチームSとして同じチームになれたね。

一年というブランクは意外にも大きかったのか、違うチームで違うものを得て育ったからなのか、価値観も考え方も全く違くて、友達みたいな感覚だった春香は親戚のお姉ちゃんみたいな感覚になっていました。

二村春香「血つながったじゃん。近づいてるよ」ざわw

でも、今でも話す時はなんだかドキドキしてるよ。

二村春香「ありがとうw」
宮前杏実「自分のバカさに」客w
※客「頑張れ」
宮前杏実「頑張ってこれだからね」客w

まだまだ私の中で謎に包まれているあなたのことをもっと知りたいです。それに、「チキンLINE」で選抜復帰したこと、おめでとう!(拍手)

二村春香「ありがとう」

ほんとに自分のことのように嬉しくて、お仕事が一緒だった時に思わず空気も読まずにタクシーの中で「おめでとう!」と言ってしまってごめんね。

二村春香「どうやって反応とっていいかわかんなかったです」
宮前杏実「タクシーの人には凄い見られた」
二村春香「そうだね」

握手会も挨拶に来てくださる春香のファンの皆様、「はるたむ元気?」とか「はるちゃん最近何してるの?」とか。私はマネージャーか!と答えに迷いますが、とても優しく愛の深い皆様に元気や優しさを分けて頂いています。

こうしてお手紙を書かせて頂けたことも本当に嬉しくて、昨日は隣のレーンだったのにもかかわらず、こそこそと「お手紙よろしくね」とか「何書こうかな」とかお話できたのも素敵な思い出です。ほんとにありがとう。

私は実行を望んでいる私の生誕祭。もしできるのならばいつしか変わってしまっていたけれど、安定感のある司会を春香にやってもらえたらなと思ってるよ。その時はやってくれる?

二村春香「喜んで。私でよければ」

改めて20歳のお誕生日おめでとう。春香は学業との両立でいつも大変そうですが、ほんとに凄いと思っています。

宮前杏実「私はできなかったことなので」客w
二村春香 → 笑

ファンの方と支え合いながら、もちろんチームのみんなとも、マネージャーさん、スタッフさんもちろん、信じ合いながら、支え合いながら飛躍の1年にして欲しいなと思います。

SKE48チームS・宮前杏実より


今の気持ちだったり、これからの気持ちを是非皆さんに伝えてください
二村春香「まずは素敵な生誕祭を開いてくださった皆さん、劇場やモニターやDMMをご覧になって応援してくださっている皆さん、そしてこの場で一緒にお祝いをしてくださっているメンバーの皆さん、本当にありがとうございます」拍手

「15歳でSKE48に加入して、二十歳になって、5回目の生誕祭なんですけど、こんなにたくさんの方に応援していただけて、こんなに素敵な場所に私が立てるなんて思ってもいませんでした。本当にありがとうございます」拍手

「去年は、正直つらいこともたくさんあって。やっぱり一番去年で悔いが残っているのは、総選挙の後に出たシングルの「前のめり」選抜の選抜落ちでした。今でもインタビューとかで訊かれると泣いちゃうぐらい、凄い自分の中でダークサイドっていうか、凄い暗い気持ちになってしまう部分なんですけど。

でもその後に、そんな中でも握手会とかに来てくださって、「これからだよ」とか「ボクたちがいるからね」って声をかけてくださった皆さんがいたから私はここまでこれたのかなって思います。

私ってこれからどうしようか凄く考えてしまうんですけれども、そうですね、二十歳になったので、社会的にも大人と言われる立場なので、責任感も持ちつつ、これからの自分とも真剣に今まで以上に向き合いつつ、どんどんまだまだアイドルを楽しみたいなって思っています。

今年の総選挙なんですけど、出場した理由が2つあって。1つ目は、まだまだ自分がSKEの中で立ち位置を少しでも前に行きたいなら、私は今回の選抜総選挙は自分の中で出なきゃいけないなと思いました。

SKEの中の立ち位置はとても難しいところがたくさんあるので、必ず総選挙にランクインしたからといって、変わる部分もあったり変わらない部分もあるんですけど、私にとってはランクインすることで、皆さんが去年雑誌で投票してくださったグラビアだったりとか、カレンダーの撮影だったりとか、ココイチさんの撮影に出られるチャンスが私には掴めると思ったから今回の総選挙は立候補させていただきました。

そういう1つ1つのチャンスを私とファンの皆さんと掴める位置にいるっていうのがとても嬉しいことだなと思いながらも、少し選挙はやっぱりプレッシャーだったり、不安もあります。

もう1つの理由は、去年SKE48が総選挙にランクインした人数が一番48グループの中で多くて。その1人に私がいたということが、SKE48の力に私もなれたのかなと思ったことがとても嬉しかったからです。私が出て、総選挙で頑張れることで、SKEの何か力にもなれるのかなと思ったので立候補させていただきました。

不出馬のメンバーが多い中で私が自分でどれだけの発信力を持ってチームSやSKE48のことを発信していけるかなと、まだまだわからないところもたくさんあるんですけども、皆さんの期待に応えながら私はアイドルを楽しみたいなと思いました。

今年は二十歳ということで、色んなことにチャレンジしていきたい年だなって思っています。

その中で皆さんが「あれっ?この二村春香ちょっと違うな」とか、そういう私が自分を見せる中で皆さんが私に抱いてくださっている期待に応えれないかもしれないんですけど、そういう失敗もあるよねって思っていただけるような、私自身も勉強しながらこの1年は進んでいきたいと思っていますので、そんな挑み続ける二村春香の応援をこれからもよろしくお願いします」拍手

「ありがとうございます。その中で、今私が挑戦していることがあって。挑戦の場を頂ける機会がありまして。それに向かって今準備をしているんですけれど、そのチャンスっていうのは今まで皆さんにアイア選抜だったりとか、そういうポジションを頂いたものの中でも自分で掴めたチャンスかなって思っていることです。

なので、そのことに関してはあまり触れていただきたくないんですけど、心の中で応援してくださっていたら嬉しいです。

二十歳の年も素敵な年にしたいと思いますので、皆さんこれからも応援よろしくお願いします」拍手

矢方美紀「もう言い残すことはないですか?」
二村春香「凄いしんみりなっちゃったのが」
矢方美紀「皆さん多分聞き入ってたんですよ」
二村春香「ほんとですか? 二十歳にしてもう悔いが残ってしまった(笑) 来年の生誕祭は大笑いさせたいと思います」

矢方美紀「はるちゃんはやっぱり、劇場公演でもこんな表情しとるんやみたいな時があって。よくメンバーで自分たちの映像見たりするんですよ。でも特に私はよくはるちゃんの動きだったり表情だったり凄く目がいって。見てるだけで幸せになれるっていう感じがあるんですよ。で、やっぱり今日こう来てくださった皆さんも凄い大きな声だったり、大きな笑い声だったり、で、はるちゃんが大切な話をしてる時は凄く真剣に聞いてたり。真面目な時は真面目、ふざける時はふざけるみたいな、はるちゃんと凄い似てるなと思ったので、やっぱりファンの人は推しに似るんだなって思いました。やっぱりはるちゃんも色々去年は悩んだと言ってたと思うんですが、今年は去年以上に素敵な年になることをメンバー一同願っているので、ファンの方も是非今後の二村春香ちゃん、そしてSKE48への応援をよろしくお願いします」


◆EN04.手紙のこと


# 手紙抽選(大矢真那) → 41番

大矢真那「41? もらってください。ということで41番の、あのおじさまは(w) 受付の方に当たったと、お願いします」

手繋ぎ挨拶 ※BGM:制服の芽

二村春香「今日は本当に皆さん応援してくださりありがとうございました。二十歳の年を皆さんと素敵な年にしたいと思っています。笑顔笑顔の1年にみんなでしていきましょう。よろしくお願いします。今日はほんとにありがとうございました」拍手

「はるか」コール

二村春香「ほんとにありがとうございます。皆さんのこと、私大好きですので、私の誇りですので、皆さんこれからもついてきてください。推し変中止。中止じゃないな。禁止!」

終演 (その後、お見送り)


ライブ配信アーカイブ配信はこちら!
SKE48 LIVE!! ON DEMAND



最新商品

5月11日発売

NMB48 3 LIVE COLLECTION 2021

4月5日発売

UteenB NO.01 NO.01

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサーリンク

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ