FC2ブログ
新体感ライブ 指原莉乃 卒業コンサート 予約受付中 new2.gif
予約受付開始!
AKB48Group新聞 2019年5月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif
AKB48Group新聞 2019年5月号 セブンネット限定生写真セット new2.gif

【速報版】 上西恵 21歳の生誕祭レポート 「もう甘えることはできない」

2016年4月5日 NMB48劇場 チームN「ここにだって天使はいる」公演 18時30分開演

160405kaneko01.jpg

◆仕切り:吉田朱里

◆ファンの皆さんより花束のプレゼント
160405 (3)

上西恵「わぁ、ひまわりや! 可愛い。Nカラー」


◆メンバーより色紙のプレゼント
160405 (4)

西仲七海「絵はゆずが描いて、七海はハートとか描きました」
上西恵「めっちゃ上手やん」
本郷柚巴「初めて人の絵をこんなに真剣に描きました」
上西恵「やったー。初めてゲット」


西村愛華からのお手紙
恵ちゃんへ

お誕生日おめでとう。初めて生誕祭の手紙を書くので、文章になってないけど最後までよろしくお願いします。

恵ちゃんはいつも周りを見てくれてます。

西村愛華「なんか涙が出てきた・・・(涙)」
上西恵「可愛いなぁ」
岸野里香「リアルで嫌や」

私が昇格したばかりの時、真っ先に話しかけてくれました。凄く嬉しかったよ。緊張して「けいっちさん」って呼んでいたけど、いつの間にか「恵ちゃん」って呼ぶぐらい仲良くなってたね。

恵ちゃんは面倒見がいいし、先輩と後輩の間を繋げてくれました。私がチームNをもっともっと好きになったのは、恵ちゃんが居てくれたから。恵ちゃんと同じチームで活動できて本当に良かったです。

西村愛華 → 涙
※客「頑張れ!」

恵ちゃんは公演が終わると、次の公演までにDMMでアーカイブを見て、揃ってないところや良かったところをいつも教えてくれます。彩さんが休演の時はまとめてくれるし、本当頼りになる先輩です。

あと反省会の時も仕切ってくれて、紙にまとめてくれます。

副キャプテン大変なのにそんな素振りを全く見せない。私が今後悔していることは、もっと恵ちゃんを助けられるぐらいしっかりした人になれば良かったなということです。本当に尊敬しています。

でもあまり溜め込みすぎないようにね。いつでも話聞くよ、私でよければ。

そしていつも可愛がってくれてありがとう。嫌じゃない?って聞いてくれるけど全然嫌じゃないし、むしろ嬉しいよ。

この間は恵ちゃんの家にお泊りして、ご飯までご馳走になりました。ありがとう。次は是非私の家に来てください。そしてもっと語りましょう。

最後にひと言。恵ちゃんが大大大大大好きだー! 私が卒業しても遊んでね。あと、恵ちゃんペロペロ

※客「おー!」

愛華より

160405 (5)

上西恵「ありがと、あいかたん。嬉しい」
西村愛華「なんか、書いてない付箋が入ってる。誰が恵ちゃんペロペロって書いたんやろう」客w
他メン「愛華じゃなかったの?」
西村愛華「愛華じゃないんですよ」
須藤凜々花「ちかぽよさん?」
吉田朱里「普通にひくわ」
岸野里香「やめて、ちかぽよのことそうやって言わんといて」客w

西澤瑠莉奈「恵ちゃんはペロペロせんでええの?」客w
西村愛華「大丈夫です」
上西恵「じゃーあとで一緒にな」客w
他メン「気持ち悪い」


須藤凜々花からのお手紙
恵へ

まさか親族としてお手紙を書かせていただけるなんて。どうも娘の凜々花です。

上西恵「わー! りりかー」
須藤凜々花「親族として依頼を受けました、娘の凜々花です」

私はけいっち先輩のことを勝手にもう家族だと思っています。だからこそ普段の振る舞いで、もし失礼があったとしたら、それはごめんなさい。

私はもうけいっち先輩の裸を見ても何も思わないですし(w) ホテルで相部屋になっても緊張しなくなりました。

でもその分、大切な存在として力になりたいなーという気持ちは日に日に強まっています。

私はけいっち先輩の力になれるならば何でもしたいと思っています。一切の躊躇も邪念もありません。それはけいっち先輩が私にそうしてくださったからです。私の人生において一番の恩人です。これはこれから先もずっと揺るぎません。

こんなに優しくて美しい人がいるなんて、奇跡です。想いが溢れすぎてもうこれ以上何も言えません。感謝してもしきれないです。

でもこれだけは伝えたいです。けいっち先輩には味方がたくさんいること。1人ではないんだということです。

私のファンの人たちもみんなけいっち先輩を神だと思っています。NMBメンバー全員、そしてスタッフさん全員の誕生日を覚えている、愛に溢れたけいっち先輩をみんなみんな大好きです。

私には見えます! 将来けいっち先輩が大女優になって、たくさんの人とご飯に囲まれている姿が(w) そしてその横で微笑むうどん先輩(w&拍手)

西澤瑠莉奈「マネージャーさんかな?」

けいっち先輩のおかげで今日も生きていられます。この生誕祭を見ている人も、きっとそんな方が一杯いると思います。やっぱりけいっち先輩がNo.1です。どうか自信を持って自分の道を突き進んでください。邪魔するやつがいたら全力でぶっ潰します。けいっち先輩の選んだ道ならば、それはきっと正しいです。全力で応援します。

そして最後に。今年はどんどんわがままを言ってくださいませ。みー!

凜々花より


ママからのお手紙 (代読:吉田朱里)
恵へ

お誕生日おめでとう。

NMB48に入って6回目の生誕祭だね。毎回こんな素敵な生誕祭を開いてもらえる恵は凄くファンの皆さんに愛されているんだね。お母さんも凄く嬉しい。

お母さんと弟と妹と恵で4人暮らしの上西家。なかなかお母さんはお仕事でお家に居れなくて。でも恵は姉妹の面倒を見ながら、自分のことも、家のお手伝いもしてくれていたね。学校の先生にも褒められることしかなく、本当にお母さんは助かっていたよ。

NMB48に入ってからは家族と離れ離れ、1人で大阪へ。寂しいけれど恵が頑張っている姿を見て、お母さんも頑張ろうと思えます。

難波7から外れてしまった時、選抜のポジションが下がってしまった時、最初は泣きながら電話をかけてくることもあったね。最近は無くて、本当に強くなったなーって思う。

今回の総選挙は辞退っていう大きな決断をしたね。滋賀に帰ってくるたびに総選挙のことを話していたね。

ファンの方が頑張ってくれるのに、せっかくいい順位で入れてくれるのにって、ずっと悩んでいたね。

立候補受け付けが始まった時も、すぐメールをしてきてくれたね。あの時は怒ってしまってごめんね。

お母さんも恵の名前が呼ばれて、ステージに立つのが見たいって気持ちがありました。ファンの方も一緒。けど、そんなお母さんやファンのみんなの気持ち、恵が一番痛いぐらいしっかり理解していたよね。

涙流しちゃうくらい真剣に考えて、しっかりみんなの気持ちを理解した上での答え。間違いなんかじゃないと思う。

恵がその答えを選んだことに後悔しないようにこの1年過ごして欲しい。それがお母さんの願いかな。ファンの人達もきっとそうじゃないかな。いつでも恵の味方だから。

最後に。いつも応援してくださるファンの皆さん、生誕委員の皆さん、素敵な生誕祭をありがとうございました。

そしてスタッフさん、メンバーの皆さんもいつも恵を支えてくださり、本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

お母さんより


ファンの皆さんにひと言どうぞ
上西恵「二十歳は本当にいいことだらけの年で。やっぱり大きいことで言うと、写真集とか総選挙とか。ほんとに2つともファンの方無しでは得られなかったものやし。

写真集とかやったら755のウォッチ数対決でみんな寝る時間を削ってまでウォッチしてくれたりとか、みんなに呼びかけてくれたりとか、ほんと大変だったと思うんですよ、私以上に。でもほんま皆さんのおかげで出せた写真集やからこそ、これからもずっとずっと大切にしていきたいと思っている本やし。

あと総選挙は一昨年の58位から36位っていう、20位以上もランクアップしたり、票数も1万票近く伸びたりして本当に嬉しかったし。それこそほんとに皆さん無しではなかったものやから、皆さんには常に感謝してもしきれないぐらい、ありがとうの気持ちで一杯なんですけど。

でも1つ謝りたいことがあって。総選挙の結果を私はどこにも繋げられなくて。正直その後の選抜とかに、やっぱりちょっとでも反映されるかなっていう期待があったんですよ、どこかで。でも、やっぱり選抜も落ちちゃったりとか、せめてカップリングでって思ったけどそれも無理で。だから凄く悔しかったけど、でもそれって結局は自分に何もないせいなんですよね。

なんか、ほんとに人より・・・。だからずっとずっと悩んでたのは、あんまり自分が選抜に入っている理由を考えた時に出てこなくて何も。自分に何があるかとかが。

トークがみんなよりずば抜けてるわけでもないし、歌やダンスがずば抜けてるわけでもないし、握手会の人気が一番あるわけでもないし。でもそんな中、私が選抜にいてもいいやって思わせてくれてたのは総選挙の結果で。やっぱり総選挙に入れてるからとか、熱い皆さんがいるからってそういう理由、それがあったからこそ「あっ、選抜にいてもいいんや」ってずっと思えてたんですよ。

でも、ほんとそれにずっとずっと甘えちゃってて。その結果だけに。

よく考えたらやっぱり何も無いなって思ったから、今年はそれに甘えたくなくて辞退を選ばせていただきました。

やっぱり悲しむ方がいるっていうのも絶対いるっていうのも凄いわかってたし、NMB48のことを考えたら出たほうが良かったのもほんとにわかってて。

でも、悲しむ人がいるからっていう理由で出るなら、ちゃんと皆さんに本音をぶつけたいなって思ったし。NMB48のことも考えたいけど、それやったらちゃんと実力とか人気付けてから出たいなって思って。

んー。ほんとに色んな人から「何で出えへんかったん?」って言われて。この答えがダメやったんかなって・・・(涙)

ずっと悩んだりもしてたんですけど、やっぱりこの答えが間違ってないって思わせてくれたんはファンの人が「どんな答えを選んでも恵ちゃんを応援するよ」って言ってくれたから、この答えを選ぶことができたし。

でも、この答えを出したからにはほんと去年以上に頑張らないといけないから、もう甘えることはできないから。だから本当に、頑張るのは当たり前やけど、必死で死ぬ気で頑張っていきたいと思います。

だからまずは大きい目標で言うと、今握手会が4部制なんですけど、それを5部制にしたいなと思ってて。あと1部なんで。

あとは、今回沖縄国際映画祭に出品する『愛MY』っていう映画や、AKBさんとテレビ朝日さんの企画のドラマにも、短いネットとかな?多分。そのドラマにも出させていただくことが決まってて。やっとずっとやりたいって言ってたお芝居がたくさんできているので、その2つで満足せずにもう2つ以上、今年お芝居のお仕事ができたらなって思っています。

だから皆さん、一緒にその夢を追いかけてくださると嬉しいです。

ほんとに今日は皆さんやチームNや磯ちゃんとか、みんなに祝ってもらうことができて嬉しかったです。これからもよろしくお願いします」拍手

160405 (6)

吉田朱里「ほんとに恵ちゃんの、この素晴らしい性格だからこそこうやって総選挙のこととかも凄い悩んでるのも見てたから、絶対にこの答えを後悔しないように今年一年ね、みんなで頑張っていきたいし、本当にチームNは恵ちゃんが居なかったら絶対にこんないいチームになってなかったと思うくらい恵ちゃんの支えられてきたチームなので、これからもたくさんたくさん上を目指してみんなで頑張っていきましょう」

吉田朱里「珍しいね、泣いて」
上西恵「ほんとに。何年ぶりやろう」

一抹礼後、捌ける直前に
上西恵「やっぱり恵ちゃんが」
客「No.1!」
上西恵「ありがとう。私も大好きです」


Google+より
金子剛 2016/04/05 23:13

5日(火)
チームN『ここにだって天使はいる』公演
本日は、上西恵21歳の生誕祭~!!

手紙は西村より
「お誕生日おめでとう。私がチームNに昇格してすぐ、声を掛けてくれました。前は、“けいっちさん”だったのに“恵ちゃん”と呼べる程仲良くなれて嬉しいです。
先輩、後輩の間を繋げてくれたのも恵ちゃんでした。本当に同じチームで活動できて良かったです。
公演が終わると、DMMの映像をチェックしたり反省会も仕切ってくれます。
私の後悔は、大変な素振りを見せない恵ちゃんを助けられなかったことです。溜めこまないで、私を頼ってください。
お泊りにさせてくれてありがとう。今度は私の家に泊まりに来てください。恵ちゃんぺろぺろ」

続いての手紙は須藤より
「娘の凜々花です。親族として手紙を依頼されました。もはや家族と思っています。恵っち先輩の裸を見ても何も思いません。
恵っち先輩の大切な存在、力となりたい。躊躇も邪念もありません。人生で一番の恩人です。こんなに優しくて、美しい人は奇跡です。
もう、思いが溢れすぎて何も言えない。恵っち先輩は1人ではありません。皆味方です。
愛に溢れた恵っちさんが大好きです。私には見えます。大女優になって沢山の人とご飯を食べている景色が!その横で微笑むうどん先輩(川上礼奈)。やっぱり恵っち先輩が1番です!」

最後に手紙、上西母より(代読:吉田)
「NMB48に入って、6回目の生誕祭。毎年素敵な生誕祭を開いて頂けて、恵は幸せ者ですね。
母・弟・妹・恵の4人暮らしの上西家。小さい頃から、お手伝いをしてくれて助かっていました。
NMB48に加入し、1人で大阪で暮らすことになり、よく泣いて電話もしてきていたね。今はそんな電話は一切なく、強くなったと思います。
総選挙辞退。滋賀に帰って来るたびに悩んでいたね。立候補が始まってメールしてきたね。あの時は怒ってごめんね。恵の名前が呼ばれてスピーチしている姿を今年も見たかったから。
でも、ファンの気持ちを一番理解していたのは恵で、恵がその答えを選んだことに後悔しないようにね。」

本人コメント
「20歳は良い事だらけでした。写真集発売や総選挙ランクイン、ファンの皆さん無しでは無理でした。本当に皆さんのおかげです。
1つ謝りたい事があって、総選挙の結果を仕事に繋げられなかったことです。その後の選抜に反映されず悔しかったが、それは自分に何も無いからでした。
選抜でいられる安心感は、総選挙にランクインしているからと甘えていました。よく考えたら、自分には何も無かった。だから今年は辞退しました。
この答えが間違ってなかったと思わせてくれたのもファンの皆さんの言葉のおかげです。今年は必死で頑張りたい。
握手会は5部制にしたい!もっとお芝居の仕事をしたい!私と一緒に夢を追いかけていただけたら嬉しいです。」と、
珍しく涙を見せ本音でファンの方へ思いを伝えていました。


チームNに欠かせない存在の上西。
生誕Tシャツで埋め尽くされた客席を見てみなさんの愛を感じました。
お芝居の仕事も決まっており、女優 上西恵にも期待!!
や恵N1!!(やっぱり上西恵が№1)
おめでとう!!
P.S ペロペロもほどほどに・・・!?

(略)

本日は劇場へお越しくださった皆様、生誕委員の皆様、
誠にありがとうございました。

160405kaneko01.jpg

160405kaneko02.jpg


上西恵 2016/04/06 0:56

本当に本当に幸せでした。。。
皆さんの愛が良い意味で痛いくらいに伝わってきました。。。

私は幸せものです。
皆さんの存在が何よりもの自信で伝わります。

自信ないって思われがちだけど、
全部にない訳ではなく、持っていいところはきっちりもってます!!笑

動画、、、急いでたので、適当に思えるかもしれませんが、一つ一つに本当感動してるんです😢うれしいたけ

無理やり繋ぎ合せたけど、そこは見逃してね❤️

160405jonishi01.gif




























AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND