FC2ブログ

【速報版】 村瀬紗英 19歳の生誕祭レポート

2016年4月4日 NMB48劇場 チームM「RESET」公演 18時30分開演

160405.png

◆仕切り:沖田彩華

矢倉楓子からのお手紙 (代読:三田麻央)
紗英ちゃんへ

紗英ちゃん、19歳のお誕生日おめでとう。

時が経つのは本当に早くて、そして私が紗英ちゃんと出会ってからも、もう5年の月日が経ちました。

5年、改めて振り返ってみると、もうそんな前になるんだなってビックリ。

そして5年目にして初めてこんな真面目にお手紙を書きます。

せっかくやからね、ここで紗英ちゃんに初めて会った時のことをお話ししたいなと思います。

紗英ちゃんは、あの時のこと覚えてるかな? 私が紗英ちゃんに初めて会ったのは、NMB48 2期生オーディションです。

私も極度の人見知りで、みんながざわざわしている中、ぽつんと劇場の椅子に座っていると、隣の元気な女の子が話しかけてくれて、「オーディションなのにこんな風に話しかけてきてくれるなんて」とビックリしたのを覚えています。

その元気な女の子が紗英ちゃんではなく(笑) その元気な女の子の横に座っていたのが紗英ちゃんでした。

私と女の子と紗英ちゃんで、3人で面接まで待ち時間に話したりして。実はね、その時からこの子むっちゃ可愛いなーって紗英ちゃんのこと思ってて、「絶対あの子NMBだ」って。

そしたら3次審査で偶然隣の番号になって嬉しかった。一杯話してみたいなーって思って。だから人見知りだけど勇気を振り絞って声をかけました。何て話しかけたかは記憶が曖昧やけど、とにかく勇気を振り絞って。

でも紗英ちゃん一言ぐらい話したら、その後ずーっと音楽聴いてて、うっそーん!

村瀬紗英「恥ずかしかってんのかな」

うっそーん!って(笑)

今では私がしょうもないことしてもイジって「ハハッ」って笑ってくれる紗英ちゃんやけど、その時の紗英ちゃんの第一印象はクールなイメージやってん。

それから2人ともなんとかオーディションに合格して、レッスンが始まって。レッスンの時も2人レッスン場の右端の柱で鏡が見えないような場所にいたりして。

ダンスが苦手で何回も「もうレッスン行くの嫌や」って思ったけど、頑張っている紗英ちゃんがいたから私も頑張ろうって気合いが入りました。

でさ、レッスンが始まってすぐくらいやったかなー? 紗英ちゃんが風邪をひいて何日かレッスンを休んだ日あったやん。

三田麻央、笑ってしまい読めず(w)

あの時むちゃむちゃ寂しくて心配して、何日か経って、やっと風邪が治って、紗英ちゃんレッスン場キター!って思ってたら、紗英ちゃんむちゃむちゃ肌黒くなっててさ(w)

で、「どうしたん?」ってビックリして訊いたら紗英ちゃんは「カーテン締めずにずっと窓際で寝てたから日が当たって焼けた」って(w)

えー?ってむっちゃビックリして、その日から寝る時は必ずカーテンしてから寝てたのに、少し前に何とその話は嘘やって聞いて。もう何年間もずっとその話信じてたやんかー。

この5年でそんなこともあったけど、今では紗英ちゃんは出会った頃の印象とはいい意味で全く違ってるねん。自分をしっかり持っていて、心が強くて、メンバーやチームのことにも熱い思いを持ってたり、素敵なところがたくさん見えてきて。そんな紗英ちゃんを見て更に大好きになって、それから尊敬もしてます。

紗英ちゃんも、嫌いっていう人は絶対いないって言い切れるぐらいみんなから愛されてる紗英ちゃん。でもたまに心配になるんよ。紗英ちゃんは強いから弱音を吐いたりしないから。

でも悩んだり落ち込んだりしない人なんていないと思うねん。時にはチームMのみんなや私も紗英ちゃんの力になりたいって思うし、何かあったら話してね。

それから、私は紗英ちゃんの笑顔がめちゃめちゃ好きやねん。だからいつも気持ち悪い動きしたり、顔したりしちゃってたまーに本気で引かれるけど、紗英ちゃんが「ハハハッ」って笑ってくれるのがほんまに嬉しいねん。

これからもずっとずっと紗英ちゃんに笑ってて欲しい。ずっとずっと笑わせられるよう、私も新しいの考えなきゃなー。

最後に、紗英ちゃん改めてお誕生日おめでとう。

来年はお互い二十歳。紗英ちゃんのラストティーンが笑顔で一杯の素敵な1年になりますように。

紗英ちゃんが大大大好きな楓子より

村瀬紗英「ありがとう。可愛い、楓子。会いたい」
木下百花「わかったわ。異常なくらいあの子日焼け気にするやん。どこいてもね、ほんとに。タクシーの中でも傘さそうとしたりするんですよ。君か! 犯人は」
村瀬紗英「そうねん。ウソっていうのも実はその日修学旅行に行っててん。オーディションに入ったばっかりやからみんなに修学旅行行ってくるっていうのもちょっとあれやんか。だから大人の人と相談してちょっと」
三田麻央「でもそのウソが窓際ずっとおったからっておかしいやん」客w
木下百花「やっぱここのセンスですよ、紗英ちゃん」
村瀬紗英「ほんまに真っ黒になって帰ってきたんですよ。もうバレてる子にはバレてたんですけど楓子は信じてくれててん、ずっと。最近まで」

従姉妹のれいなさんからのお手紙 (代読:石塚朱莉)
紗英へ

19歳のお誕生日おめでとう。

今年もこんな素敵な生誕祭を開いていただいて、紗英は本当に幸せ者だと思います。

家族というより友達のような紗英にお手紙を書くのは少し恥ずかしいけれど、紗英を見ていて感じたことを思うままに書いていこうと思います。

振り返れば小さい頃からずっと一緒にいたなと思います。一緒におばあちゃん家に泊まったり、時には本気でケンカしたり、2人で出かけてプリクラを撮ったり、楽しい思い出ばかりです。

NMB48に入ってから会う機会が減って少し寂しいです。毎年一緒に見ていた紅白歌合戦にあなたが出ているのをとても不思議に感じています。

でもいつも仕事にひたむきで、ファンの皆様1人1人からのコメントを毎日逃さずに読んでいるあなたを見ると、村瀬紗英の一ファンとして嬉しく思います。

引っ込み思案で人見知りの性格だった紗英が、こんな素敵な場所で素敵なファンの皆様と素敵な空間を作っているなんて5年前のあなたに言っても絶対信じないと思います。

それはひとえに今日まで支えてくださったファンの皆様、メンバーの皆様、関係者の皆様のおかげだと感じています。紗英の周りには温かい人たちがたくさんいます。あなたは自分の弱いところを人に見せるのは嫌がるけれど、時にはその小さな背中に背負った大きい物をキャパオーバーになる前に吐き出してもいいと思います。不安やプレッシャーに押しつぶされそうな時は誰かを頼ってもいいと思います。私達はみんなあなたの味方です。

これまでの18年間を振り返ってどうですか? 10代の最後の1年、悔いのないように思いっきり楽しんで欲しいなと思います。

最後になりましたが、いつも村瀬紗英を支えてくださっている皆様、こんな素敵な生誕祭を開催してくださった生誕委員の皆様に心より御礼を申し上げます。19歳の1年も、その先もずっとずっと紗英を温かく見守ってくれたらなと思います。本当にありがとうございました。そしておめでとう。

れいなより

村瀬紗英「ありがとうございます。年下なんですよ。2個下なんですけどめっちゃしっかりしてる」
木下百花「えっ? 何歳?」
村瀬紗英「今、高3? 17?」
木下百花「17からキャパオーバーっていう」


◆メンバーより色紙のプレゼント (イラスト:三田麻央)

160405 (1)


ファンの皆様にひと言
村瀬紗英「今日は本当に5回目の生誕祭で、凄く素敵な生誕祭を用意してくださって、本当にありがとうございます」拍手

「私は今回の14枚目の選抜メンバーにも選んでいただくことができて。今までは選抜メンバーに選ばれることが目標やったけど、こうして選抜として活動させていただく機会が増えていってる中で、なかなか自分のポジションから前に行けることができずに凄くもどかしくて。きっと応援してくださっている皆さんも多分一緒の気持ちだと思うんですけど、そんなもどかしい気持ちを凄く伝えたいんですけど、不器用でなかなか言葉にするのが難しくて。

今まで生きてきた中でもそうやって自分に嫌気が差して、後悔してきたことがたくさんあります。なので、今日は19歳になったので、私が達成したい目標を皆さんに聞いてもらいたいと思います。

私は個人的に凄くファッション関係のお仕事をもっとたくさんしていきたくて。インスタグラムとかもっとこれから色々試行錯誤して、発信していける場所を探して、ファッション好きをアピールしていったり、ムラセンスをもっと。ちょっと笑ってる(w) ムラセンスをもっとたくさんの人に知ってもらって、いずれは専属雑誌のモデルのお仕事がもらえるように頑張りたいです。

そして、先日立候補させていただいた選抜総選挙に今年こそはランクインしたいと思っています。今までランクインしたことが無くて。総選挙の後はたくさん悩んだりして。今年も立候補する時にその時の気持ちが蘇って来て、心が折れそうになったこともあるんですけど、でも総選挙って凄く皆さんからの愛を感じれると思うし、自分の可能性も知れる機会だと思うので、なんといっても今年は負けたくないので、頑張りたいと思っています。

でも私はNMB48の一員として、NMB48のシングルの握手会もこれからも変わらず頑張っていきたいと思っています。

あとそれから、単推しをもっと増やしていけるように(w) 頑張りたいと思っています。なので皆さん、これからね、皆さんのハートをギュッと掴んで離さないので、逃げないでくださいね!」
客「はーい!」
村瀬紗英「ほんまかな? ほんまですか?」
客「はーい!」
村瀬紗英「ありがとうございます。これからも私は応援してくださる皆さんがいる限り、走り続けたいと思うので、自分を見失わずにこれからも頑張っていきたいと思います。本当に皆さん大好きです。そして、メンバーも」
メンバーたち「わー! 紗英ちゃん」
村瀬紗英「メンバーも凄くいつもお世話になってて。ほんとは皆大好きです」
メンバーたち「わー!」ひゅ~&拍手
村瀬紗英「恥かしくて顔見られへん。こんな私ですがこれからも応援よろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました」拍手

160404 (931)

沖田彩華「素晴らしくハッピーな気持ちになりました。ありがとうございます。ほんとに紗英ちゃんは努力の塊の人というか、ギターも凄い極めてたり、ファッションのこともそうですけども、凄くね、器用にいつもこなして。私たちも紗英ちゃんのことを凄くお手本にしているんですけども、やっぱりね、強がりなところもありますので、皆さん私たちと共に一緒に紗英ちゃんのとかを支えていただけたらいいなと思っています」

木下百花「あと言いたいことあんねん。うちのお姉ちゃんの彼氏も推してるから。紗英ちゃんはみんなに好かれてるよ」

一抹礼後、捌ける直前

160405 (2)


Google+より
金子剛 2016/04/04 22:13

4日(月)
チームM『RESET』公演
本日は、村瀬紗英19歳の生誕祭~!!

手紙は矢倉より (代読:三田)
「紗英ちゃんと出会ってもう5年。初めて会ったのはNMB48 2期生オーディションの時。
私は人見知りで、元気な女の子が話し掛けてきてそれが紗英ちゃん、ではなくその子の隣りの席が紗英ちゃんでした。
その時から可愛いと思っていました。3次審査で隣りの番号になって嬉しかった。
私から勇気をふりしぼって声を掛けたのに、一言程話してからすぐ音楽を聴きはじめて“嘘!?”って思いました。
無事に合格して2期生のレッスンが始まった頃、紗英ちゃんが風邪で何日か休んでた事があったね。寂しかったよ。
久しぶりに紗英ちゃんが来たら、肌が真っ黒になっていて“窓際でカーテン閉めずに寝てたから、肌焼けてん”て言ってて
信じていたのに、嘘やってんな。信じてたわ…。
皆から愛されている紗英ちゃん。時には、チームMや皆に頼ってね。
紗英ちゃんの笑顔が好き。紗英ちゃんがずっと笑っていてくれるように、私も新しい面白い事考えなきゃ―。」と矢倉らしいエピソードが聞けた手紙。

続いての手紙は
村瀬の従兄弟(れいなさん)より (代読:石塚)
「19歳の誕生日おめでとう。手紙を書くのは少し恥ずかしいけれど、紗英を見ていて感じたことを書きます。
小さい頃からずっと一緒に居たね。お祖母ちゃんの家に泊まったり、時には本気で喧嘩をしたり。
紗英がNMB48に入ってからは会う機会が減って寂しいです。毎年一緒に見ていた紅白歌合戦に紗英が出ているのも不思議な感じがします。
引っ込み思案で人見知りの性格だった紗英が、こんな素敵な場所でファンの皆様と、素敵な空間を作っているなんて、5年前は信じられなかったと思います。
自分の弱い所を見せるのを嫌がるけれど、私達は皆、あなたの味方です。
10代最後の1年。悔いの無いように思いっきり楽しんで欲しいなと思います。」



本人コメント
「NMB48の14枚目シングルの選抜に選んでいただいて、最近はこの場所から更に前に行けないもどかしい気持ちです。
そんな気持ちも不器用で言葉に出来なくて、皆さんに伝えられず後悔してきたこともありました。
今日は19歳になったので目標をしっかり伝えたいと思います!
・ファッション関係の仕事をしたい(“ムラセンス”を多くの人に知って欲しい)
・選抜総選挙に今年こそランクインしたい
・単推しを増やしたい!
これからも走り続けたいので、応援宜しくお願いします。
そして、いつもお世話になっているメンバー。大好きです!」
と、しっかり目標を言葉にして伝えています。


ツアーではギターの腕前を披露し、独自の“ムラセンス“を発掘。
メンバー皆から好かれ、愛されている村瀬。
ラスト十代楽しんでください!!
誕生日おめでとう!!


本日は劇場へご来場くださった皆様、生誕委員の皆様、
誠にありがとうございました。


リベンジ東!!
ブレブレですいませんでした。

160404kaneko01.jpg

160404kaneko02.jpg

160404kaneko03.jpg










CfM0ITPUAAAgSE4.jpg

AKB48ネ申テレビSKE48 ZERO POSITIONSTU48イ申テレビなどdTVチャンネルにて配信中
dTVチャンネル