FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月12日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif

【速報版】 岡田栞奈 卒業公演レポート

2016年3月22日 HKT48劇場 チームKⅣ「シアターの女神」公演 18時30分開演

CeJmG79UAAEOT0s_20160322232906599.jpg


ユニット5曲後に2期生メンバーでスカート、ひらりを披露


※アンコール2曲後

HKT48の活動を3年半やってきましたが、いかがでしたか?
岡田栞奈「何て言うんですかね、なんか、凄いあっという間だったんですけど、思い返したら、思い出はもうあり余るほどあって。HKT48に入ってからほんと毎日HKT48を考えなかった日がないぐらい私の中で大きな存在でした」


SKE48高柳明音からのお手紙 (代読:多田愛佳)
栞奈へ

卒業公演、盛り上がってますか?

悔いなく自分らしいパフォーマンスできてますか?

一回でもいいから栞奈がHKT48としてステージに立つ姿を見たかったなーと悔いができてます。SKE48の高柳明音です。

栞奈との思い出は急で、AKB48さんのコンサートのリハーサルの時にどこからともなくやってきて「ちゅりさんですよね!? 私も鳥好きなんです」から始まりました。

そこからはもう異常なくらい私への好きアピールがハンパじゃなくて、これだけ後輩にベタベタと「好き好き」と言われることに慣れてなかったので、結構焦ったし、正直なぜそんなになついてくれていたのかわからなかったです。あっ、今でもわからないです(w)

それまではただの鳥好きな、謎に私のことが好きな、半ば強引な子ってイメージだけだったんですが、ある時SKE48とHKT48が同じホテルに泊まることがありました。私の同室は谷真理佳だったのですが、知らぬうちに私の部屋には谷じゃなくて、栞奈がいました(w) なぜ?

完全に押しかけた日からは「半ば強引」ではなく「激しく強引な子」というイメージに昇格しました(w)

でもその日部屋で話したことはくだらないことではなく、けっこう真面目な話で、今までにない真剣な話をしていたね。

初選抜「メロンジュース」からここまでの活動や不幸な怪我、そして総選挙で初ランクイン。

ずっと一緒にいられたわけじゃないから栞奈のHKT48人生の全てを知ってあげられているわけじゃないけど、やっぱり総選挙のランクインは私も感動しました。栞奈ファン、よくやった!って思いました。あのランクインがどれだけ彼女を支えたか。

これから自分の道を自分で決めて歩き出す栞奈。まだまだ若くてちょっと心配だけど、卒業発表した日の夜中電話して、「たくさんやりたいことがあります。こういうことをしたいし、こういうことも勉強したいです」強い意思が伝わってきてちょっと安心しました。

私は「もうちょっとHKT48で頑張ってみたら?」とずっと言っていたから、やっぱり少し寂しいかな。ちゃんと栞奈のステージ姿見れてないし、一緒に立って見たかったな、とも思う。

だけどそんな私の寂しさをよそに電話を切る前に言ってきたひと言。「おばあちゃんになっても仲良くしてね」もうぶっ飛んでて遠い未来すぎて笑えました。それが栞奈なんですね。

明日からは自分の道、やりたいこと、全部やってみよう。またいつかファンと私の前に元気な姿を見せてくださいね。

これからも変わらず、卒業しても栞奈らしく頑張ってね。

SKE48 高柳明音より

160322 (538)

多田愛佳「ちゅりからのお手紙どうですか?」
岡田栞奈「凄い嬉しかったです」
多田愛佳「仲良しなの?」
岡田栞奈「そうなんです。唯一HKT48のメンバーじゃない人と仲良くなれて。神戸のコンサートもお仕事が空いてたら行きたいって言ってくれて。来れなかったんですけど、ずっと見守ってくださってて。自分は今日お母さんとかも来てなくって。ファンの人に一席でも空けたいって言って。今日はDMMで、だからお家で見守っとくねって言われて。ここにいなくてもちゃんとそばでっていうか遠いところからでも見守ってくださってる人がたくさんいるんだなって凄いありがたいです」
多田愛佳「ちゅりが観てるの?今」
岡田栞奈「お母さんたちは観てます。ちゅりさんとはこれからもずっと」
多田愛佳「おばあちゃんになってもね」
岡田栞奈「おばあちゃんになってもずっとずっと大好きな仲間です」

岡田栞奈 活動の軌跡VTR
160322 (561)

160322 (565)

160322 (582)

160322 (586)

160322 (587)

(上映後)

多田愛佳「オーディションの時は色が黒かったね」
岡田栞奈「そうなんですよね」
多田愛佳「なんか、VTR見て思い出したことも一杯あったんじゃないですか?」
岡田栞奈「ありました。やっぱり、メロンジュースで初選抜入りしたこととか、皆さんと一緒に勝ち取った総選挙の42位っていうトロフィーだったりとか、骨折して約4ヶ月の間が空いちゃってたんですけど、皆さん、帰ってきた時に笑顔で待っててくださって。凄い濃い3年間でした」



◆EN03.僕たちの紙飛行機

160322 (619)

160322 (628)


ファンの皆さんにメッセージ
岡田栞奈「今日はこんな素敵な公演にしてくださって皆さんありがとうございます。お忙しい中、来てくださった方はもちろん、ロビー観賞に来てくださった皆さん、そしてDMM配信を観てくださってる皆さん、本当にありがとうございます」拍手

「今日1曲1曲踊ってて、皆さんともう離れてしまう、もう終わりなのかなってまだまだ実感はないんですけど。でもこの3年間半で皆さんと過ごしてきて、作った思い出はこれからの人生の中でも凄い大きな財産になると思ってるので、これからHKT48岡田栞奈ではなくなりますが、岡田栞奈としてこれからもずっと前に進んでいきたいと思います。

もしまた皆さんと会える日があったとしたら、その時は今の100倍以上に成長した逞しい姿を皆さんにお見せできたらいいなと思います。本当に今日はありがとうございました」拍手

160322 (702)

多田愛佳「おかぱんは今日で卒業してしまいますが、おかぱんはHKT48にとっても、チームKⅣにとってもとてもこれから大切な存在になるんじゃないかなと思ってるメンバーだったので、こうして急な発表で卒業してしまうのは凄く悲しい気持ちではありますが、ファンの皆さん、私たちメンバーもですね、おかぱんの卒業悪いことではないので、夢に向かって頑張ってくれてるおかぱんの背中を押してあげて欲しいなと思います」


◆EN04.今 君を想う
(曲の前に)

岡田栞奈「最後の歌う曲は、皆さんに今届けたい曲です」


(間奏)

岡田栞奈「HKT48に入って本当に素敵な景色を見させていただきました。皆さんに出会えたこと、そしてかけがえのない仲間に出会えたこと、今日まで支えてくださった全ての方に感謝します。たくさんの愛をありがとうございました」拍手

160322 (730)

160322 (744)

160322 (787)


手繋ぎ挨拶&挨拶後
手繋ぎ挨拶「せ~の、せ~の」 / 客「かんな、たくさんの幸せを」 → 「ありがとう!」

160322 (797)

BGM:桜の花びらたち

チームHメンバーが登場 (2期生=神志那結衣井上由莉耶秋吉優花山田麻莉奈坂口理子宇井真白上野遥、3期生=田中美久) ※確認できた範囲

160322 (818)

160322 (819)

山田麻莉奈「かんちゃん、卒業おめでとう(号泣)」 → 花束を手渡す
岡田栞奈「ありがとうございます」

岡田栞奈「本当にありがとうございます」
メンバーたち「おめでとう」
岡田栞奈「2期生のみんなに会えたことも凄い嬉しいし、チームKⅣに入ってて本当に良かったです(涙)」拍手

「大切に飾ります」
多田愛佳「最後のステージなんで存分に味わって捌けてきてください」 → 他メン捌ける

岡田栞奈 → デベソへ行き、挨拶 「ありがとう、ありがとう、頑張ります・・・」

山田麻莉奈 → 登場し、栞奈に駆け寄り「かんちゃん、後で渡したいものがあるので受け取ってください。まだ泣かせるw ありがとう」
岡田栞奈「ありがとう」


最後の最後に
岡田栞奈「大丈夫。ほんとに今日まで支えてくださった皆さんがいての私なので、ほんとにほんとに3年間半ありがとうございました。これからも心の中で応援よろしくお願いします」拍手&声援

「世界は狭いので、絶対いつかどこかで皆さんと会えると思います。ありがとうございました!」 → 「大好きです。バイバイ」

160322 (859)

160322 (882)


Google+より
尾崎充 2016/03/22 21:33

3月22日(火)

本日のチームKⅣ「シアターの女神」公演。

岡田栞奈・・・最後の出演が終わりました。

小さな身体から、マイクを通さず大きな声で挨拶をする。
あの姿を、もう観ることは出来ない・・・。

思えば、本当にケガが多かった・・・。
その度にかけつけると照れ笑いをしながら、でも沢山の涙を浮かべていた。

休養期間中、SNS等で自分をアピールするために、左手で描く文字もとても上手になった。

とにかく、前向きに!と必死だった。
不安や焦りは”笑顔”で隠してきた。

ときには、耐えきれず自分を見失うこともあったでしょう。

しかしその分、人の痛みを知ることが出来たはず。

この先も、迷いは常につきまとうだろう。
そんな時こそ、支えてくれたファンの皆さんのことを思い出し、その独自の明るさで、その不安を吹き飛ばしてほしい!


今日もまた、深々とお客様に頭を下げた。
その姿、これからもずっとずっと・・・忘れることはないだろう。


岡田、行ってらっしゃい!


HKT48劇場支配人
尾崎充

160322ozaki01.jpg

160322ozaki02.jpg

160322ozaki03.jpg

160322ozaki04.jpg

160322ozaki05.jpg

160322ozaki06.jpg

160322ozaki07.jpg

160322ozaki08.jpg

160322ozaki09.jpg

160322ozaki10.jpg

160322ozaki11.jpg

160322ozaki12.jpg

160322ozaki13.jpg



Google+より
岡田栞奈 2016/03/22 23:42

皆さんこんばんは!






本日HKT48劇場にて、
無事に卒業公演を終えることが
できました。

美桜が残念ながらお仕事があったため
K4の2期生全員とはいかなかったですが、
今日居た2期生で、「スカート、ひらり」を
披露させて頂きました。
研究生公演から一緒に頑張ってきた2期生と
どうしてもユニットがやりたくて、
マネージャーさんにお願いして
セットリストに入れさせて頂きました!


皆さんへの私からのサプライズ演出です。笑

誰も予想しないことやりたかったから
ステージに出てきた時の皆さんの
「そうきたかー!笑」っていう顔と歓声が
とっても嬉しかったです☺️
やって良かったなって思いました!

2期生のみんなも楽しかった!
って言ってくれたから良かった!
3年ぶりに着る衣装は
自分の成長を何よりも感じました。
みんなおっきくなったんだなって。
私も今じゃコスプレですよ😂
でも最後に着れて良かったです♪

そして最後は感謝の気持ちを込めて
「今、君を想う」
をみんなで歌いました。
本当に素敵な歌詞です。
言葉の影響力って凄いんです。
私も歌に何度救われたことか。


離れていても私たちはひとつです。



このHKT48劇場から始まり、
私を成長させてくれた"公演"
最後もこのステージに立つことができて、
本当に感謝しています。


ロビーにも本当に数えきれない沢山の方が
お見送りに来てくださって、
自分がこんなにも沢山の方に応援して頂けていたこと、誇りに思います。






3月22日。


今日という日を忘れません。

ありがとうございました。

もう一回更新します!
みて下さい!

160322okapan201.jpg







HKT48公式サイトより
HKT48 2期生 チームKIV岡田栞奈よりファンの皆様へ

先日、卒業を発表させていただきました岡田栞奈が本日、最後の公演に出演いたしました。

160322okapan101.jpg

160322okapan102.jpg

160322okapan103.jpg

160322okapan104.jpg

160322okapan105.jpg


岡田栞奈より、ファンの皆様へメッセージです。



HKT48に入ってから、この3年半は私の人生の中で1番濃い時間を過ごさせて頂きました。

2期生として、チームKIVとして、今まで活動してきて経験したことは、これからの人生でも大きな財産になると思っています。
こんなに沢山の方に応援して頂けて、私は世界一の幸せ者です!

皆さんのことずっと忘れません!

一生の宝物です!

これまで支えてくださった皆さん、本当にありがとうございました。

2016年3月22日 岡田栞奈



先日発表しておりました通り、下記のスケジュールをもって
活動を終了させていただきます。

《google+》
3月22日(火) 23:59:59

《トークアプリ755》
3月22日(火) 23:59:59

《HKT48 Mail》
3月22日(火) 23:59:59

《ファンレター・プレゼント受付》
3月22日(火) 到着分まで


また握手会のキャンセル対応に関しましては下記エントリーにてご案内しております。

■HKT48 岡田栞奈 今後のAKB48大握手会 不参加と振替・返品対応について
http://ameblo.jp/hkt48/entry-12137291755.html


これまでHKT48岡田栞奈へ温かいご声援をいただき、誠にありがとうございました。

http://www.hkt48.jp/news/2016/03/016065.html



AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND