【速報版】 岩田華怜 卒業公演レポート

2016年3月15日 AKB48劇場 チームA「M.T.に捧ぐ」 公演

Cdl6tZ6UYAAnfag.jpg

※セットリスト後

◆Ex01.夢の河 (岩田華怜田野優花武藤十夢高橋朱里平田梨奈大森美優佐々木優佳里) ※12期生
※同期の12期生メンバーが駆けつける

160315 (561)


12期生よりアルバムのプレゼント

160315 (4)

12期生1人1人から華怜にコメント ※抜粋
田野優花「華怜の存在自体が私に刺激をくれたというか」

武藤十夢「同期の中で最年少で、私が最年長なんですけど、この中で一番話の合う同期、一緒にいて落ち着く」

平田梨奈 → 涙

佐々木優佳里「華怜は昔からまっすぐなところが変わってないなと思って。そこが華怜のいいところだなって凄く思っています」

大森美優「華怜の実力を知ってるからこそ寂しいけど、華怜なら絶対外に出ても大丈夫だなっていう自信が私にもあります。でも華怜は優しすぎちゃうところがあるからそれが凄く心配です」

高橋朱里「私がキャプテンになって、華怜は凄い気使ってくれたというか、1回メッセージが来て。「一番乗り越える時、大変な時だよね」みたいな・・・」


お母さんからのお手紙 (代読:中村麻里子)
華怜へ

卒業おめでとう。

最後のステージは満足できたかな?

5年前の3月11日。12歳のあなたの運命が大きく変わりました。そして今夜、17歳のあなたはまた勇気ある大きな決断をしましたね。

5年前、大好きな故郷、東北に起こった想像を絶する大災害。そんな故郷を離れ、上京するまでの苦悩と葛藤。覚えてますか?

2012年に公開されたAKBドキュメンタリー映画の最後で華怜が朗読した親友への手紙。沿岸部に住む大親友の安否確認がわからないまま上京したあなたはご飯も喉に通らず、それでも研究生デビューに向けて必死にレッスンを続けた日々。

親友の安否確認がやっととれて、避難生活をしている体育館で再開できた時はただただ抱き合って泣きましたね。

たった2時間の再開だったけど、東京に戻ってきた華怜の目にはもう涙や迷いが無くなっていたことが昨日のことのように思い出されます。

故郷に残してきた親友や家族のために、本当に無我夢中でした。そんな時、ファンの皆さんのSNSでの励ましの言葉が何よりも心強かったです。半面、それと同じぐらい心ない書き込みもあり、何度も何度も心折れそうになったこともありましたね。あなただけに色々なことを背負わせてしまってごめんなさい。

その頃、あなたを救ってくれたアニメ「AKB0048」本宮凪沙との出会い。自分の分身のように凪沙ちゃんに希望や未来を託していたように思います。

被災地の声を伝える華怜の復興カレンダーや、「花は咲く」という素晴らしい楽曲をソロで歌わせていただけたこと。AKBだからこそたくさんの経験や出会いに恵まれ、助けられたことへの感謝も忘れないでくださいね。

中学も2回転校したり、引越しも何度も何度も繰り返して、狭いアパート暮らしで満足に自主練ができない中、床には白いばんそうこうで作った0ポジション、0.5、1。ポジション番号はどんどん増え、床はばんそうこうだらけでしたね。

AKBという日本一のアイドルグループの中で常に葛藤しながら「今のままじゃダメだ」と映画のオーディションを見つけてきて、一般枠から応募し、6ヶ月間に及ぶ長い長いオーディションにチャレンジしたり、挫けそうになっても「必ず誰か見てくれている人はいる」と信じてやってきたあなたの頑張りが次の映画出演にちゃんと繋がったこと、本当に嬉しかったね。

5年間の経験に無駄なことなんて1つもありません。どうか自信を持ってください。そして、秋元先生やスタッフさんにいつか恩返しができるように自分の夢をこれからもあなたらしく貫いてください。

今は全国のお土産No.1に選ばれる地元の銘菓「萩の月」のイメージとして、大好きなおじいちゃんおばあちゃんと過ごした栗原市のドリームアンバサダーとしてたくさんの人たちが応援してくれています。故郷、東北の復興のためにこれからも華怜ができることも精一杯やってください。

今日劇場に駆けつけてくれた岩田ファミリーの皆さん、オンデマンドで応援してくださる皆さん、遠くから応援してくれている皆さん、本当に感謝しかありません。5年間娘が頑張ってこれたのはファンの皆さん、スタッフの皆さん、メンバーの皆さん、そして故郷の皆さんのおかげです。この場をお借りして本当の岩田ファミリーから御礼を申し上げます。ありがとうございました。

そして、最後にお願いがあります。AKBを卒業してからが本当の意味での挑戦です。どうか卒業してからも華怜の更なる応援をよろしくお願い致します。

親馬鹿ですが、本当に世界一自慢の娘です。これからも一緒に泣き笑いしていきましょう。何があってもずっとずっと応援しています。

母より

160315 (726)


岩田華怜「このね、「華怜へ」の「へ」でわかりました、母だって」
中村麻里子「この「へ、チョンチョン、ハート」がお母さんなの?」
岩田華怜「そうなんです」

中村麻里子「お母さんと家族とずっと、小学生でこっちに来て二人三脚だったと思うんだけど」
岩田華怜「そうですね、今全部言われちゃったんですけど。上京してからはほんとにママと2人暮らしでずっとやってきて、今まで。家に帰って、AKBの現場であった悔しいこととかうまくいかなかったこととかをやっぱり中学の時代は母親に、反抗期ではないんですけど、あんまり話したくないなみたいな日もあったりして。そういう時にいっつもママに悔しい顔させちゃってたなって今も思いますし、あとやっぱり、去年の選抜総選挙56位に・・・51位?」
客「59位」
岩田華怜「ごめんなさい、もう頭が真っ白だ。59位に皆さんがね、ランクインさせてくださった時もほんとに母が一番喜んでくれて。本番の時は残念ながら去年もランクインできなかったんですけど、福岡から家に帰ったらお母さんがケーキ用意して待っててくれて。最後まで恩返しできなかったなって思ったんですけど、でも私の最終目標はそこではないので、これからももっともっと叶えたい夢たくさんあるし、絶対親孝行しようって思ってるので、その時は私も涙を堪えて、母も涙を堪えてたんですけど、きっと影で泣いてたんだろうなって思ったり。

ほんとにうちのお母さんってもともと、今まであんまり公言してこなかったんですけど、地元仙台でフリーアナウンサー? タレントの活動をしていまして。でも私がAKBに入ってからそういうの全部仕事を辞めて一緒についてきてくれたりして。だから喋らないと生きていけない人間なんですよ。だから私が家に帰ってもマシンガントークで「今日どうした?今日何があった?これどうだった?」ってめっちゃ聞いてくるんですけど、そういうのも「今日はいいな」と思う日もあったりして、ごめんねって凄い思います。今この手紙も詩人だしさ。やっぱりうちの母は、母が母なら子も子だなっていうか、感じました。ありがとう、ママ」拍手


■最後の曲の前に・・・
横山由依「じゃー、やっぱりファンの方から家族にも一杯支えられてきたけど、一番近くにいたメンバーと最後にあの曲を歌って・・・」
岩田華怜「ごめんなさい、その前に私から1つだけいいですか? すみません、お時間あれなのに。ほんとに皆さん今日はありがとうございました」拍手

「ほんとに、特殊な加入の仕方をして、最初若い頃は炎上もたくさんして。そんな私のことを5年間も懲りずに推し続けてくれて本当にありがとうございました。

私は卒業発表してから「今後は女優さんという夢に向かってお芝居の勉強頑張ります」という凄く具体的でない、アバウトな感じのことしか言ってこなかったんですけども、ここで改めて報告させてください。私は卒業後、ホリプロさんにお世話になることになりました

客「おー!」「おめでとう!」

岩田華怜「ありがとうございます。ありがとう。ほんとやっと安心してもらえたかな?みんなにも。もともとね、ミュージカル「ピーターパン」を観て、私はミュージカルがやりたいと思って上京してきたので、この夢に向かってきたので」
田野優花 → 涙
岩田華怜「優花、ありがとう。その夢であったミュージカル「ピーターパン」もやられているホリプロさんに、すーちゃんとも一緒で、お世話になることに決まりました。これからはね、皆さんをハラハラドキドキさせないように、いい意味でドキドキさせられるように頑張っていきたいと思うので、どうかこれからも応援してください。よろしくお願いします」拍手

160315 (2)


横山由依「凄いね」
岩田華怜「いや、ほんとに良かったです」
田野優花「卒業したらどこ行くんだろうと思って(涙)」
中村麻里子「自分で道を切り開いて行ってる華怜が凄いなと思います」
岩田華怜「ありがとうございます。良かった、言えて」

岩田華怜「本当に本当に最後の曲になりますが、今日のメンバーでこの曲を歌わせていただきたいと思います」


◆Ex02.摩天楼の距離

160315 (981)

ファンの皆さんにメッセージ
岩田華怜「私は変に頑固だったりとか、自分のスタイルを曲げないところがあったりで、握手会とかで「釣ってよ」とか言われてもね「は~い」とかやっちゃうような(w) 子でした。ほんとに可愛いくない子だったと思います。それなのにね、今日久しぶりに見る顔もいるんですけど。

でもこうして最後に私の所に戻ってきてくれたというか、観に来てくださったのは本当に嬉しいですし、結構ね、「卒業しちゃうと会えなくなっちゃうの寂しいよ」って凄い言ってもらうんですけど、卒業してからのほうが会う機会を増やせるように。握手会とか写メ会とかはわからないですけど、例えばだけどテレビでとか、雑誌でとか、たくさん皆さんの前に元気な姿をお見せできるように、ほんとに頑張っていきたいと思います。なので、これからはどんどんどんどんもっと大人になって頑張っていきたいと思います。

本当にこの5年間私を見つけてくれて、応援してくださって、ほんとにありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いします」拍手

160315 (1010)













カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ