FC2ブログ

【速報版】 植田碧麗 17歳の生誕祭レポート 「人の心に響くような言葉を使えるようになりたい」

2016年2月2日 NMB48劇場 チームBII「逆上がり」公演

CaNKkFRUAAAOV7d.jpg

◆仕切り:上枝恵美加

黒川葉月からのお手紙

植田碧麗「ウソついたな」
黒川葉月「ウソついてない。昨日電話したんですけど、そんな時決まってなかったんです」
井尻晏菜「ネタばらししないの、ここで」

みーれへ

みーれ、お誕生日おめでとう。

みーれへお手紙が書けることがとても嬉しいです。

みーれとは同期で、私がみーれと初めて喋ったひと言は「そのレッスン着のズボン可愛いね」でした。そこからなぜかわからないけど、めっちゃ仲良くなったよね。

そこから約5年も経って、未だにケンカや言い合いがなくて、たまに「あれ?もしかして自分だけが仲いいと思ってるだけなんかな」と悩んだこともありました。

植田碧麗「なんでやねん」客w

そんなみーれがホテルで一緒の部屋になった時、夜寝る前に「いつもはーこに冷たくしてるよな。ほんまにごめんな」って泣いて謝ってきたことがありました。

渋谷凪咲「今でも冷たいやん」客w
植田碧麗「ちょっと! 愛情やから」

その時、本当に優しくて、こんなに人のことを思ってくれているんだなと改めて思ったよ。しかしながらそのことは気にもしてなかったし、全然大丈夫です。

植田碧麗「良かった」

でも、みーれが悩んでいたことを打ち明けてくれてとても嬉しかったです。

これからももっとしんどいことや辛いこと、泣いてしまうこともたくさんあると思います。だからそんな時は1人で抱え込まず、はーこやメンバーに頼ってください。みーれは1人じゃないということをしっかり覚えといてください。みんなみーれの味方です。

こんな私を可愛いとか好きとか言ってくれてありがと。私はみーれが大好きです。

P.S. 寝ている時に大声で寝言を言うのは今年中に直しましょう(w)

はーこより

植田碧麗「ありがとう。好きやで、はーこ」ひゅ~


お母さんからのお手紙 (代読:薮下柊)
Dear 碧麗

碧麗、17歳のお誕生日おめでとう。

16歳も色んなことがあったね。色々ありすぎて書き切れないから少しだけ。

あんたんとみーれの「じゃんぐるレディOh!」終わってしもうたけど2人のコンビが面白すぎて、ママ今でも時々聴いてんねんで。何回聴いても飽きひん(笑)

最終回、声優の梶さんからのメッセージは本当2人にとって最高のプレゼントやったなー。ラジオのスタッフさん凄くいい人たちやねんって日頃から教えてくれてたけど、2人にこんなサプライズをしてくれたラジオのスタッフさん、ありがとうございます。

植田碧麗「ありがとうございます」拍手

こんな素敵な人たちに支えていただいてラジオができたこと、感謝やね。これからまた大好きなラジオができるといいね。ママも願ってるよ。

5周年ライブでは念願の日舞ができたこと。まさかコンサートの大きな舞台でたくさんの人々の前で披露できるだなんて、こんな貴重な経験ができて一生の思い出ができたね。着物姿すっごく似合ってたよ。早くDVDにならないかなー。

最近ではYNNの「きちんとつくろう」小さい頃から工作が大好きで、ワクワクさん見ながら色んな物作ってたもんね。あの頃の小さい碧麗を思い出して、YNN見ながら、感動して嬉しくて泣いてる碧麗を見て、もうママ涙々やったよ。もう胸一杯。また小さい頃の工作が入った碧麗の宝物の箱開けて、一緒に見ようね。

こうしてラジオやYNNやラジオやテレビに碧麗が出てるのすべて見るのが楽しみやし、元気に自分が出せてたら嬉しい。とにかく碧麗はもっと自信持ってよ。

メンバーとおったら「碧麗ブスやしデブやし辛い」ってよく凹んでるけど、可愛いで。大丈夫やから。

植田碧麗「親馬鹿なんですよ」
※客「可愛いよ!」「みーれ可愛いよ!」
薮下柊「ちょっと落ち着いてもらっていいですか?すみません」客w

ママ、親馬鹿やし、碧麗のことが好きすぎるから言うんじゃなくて、一歩引いて見てもほんまに大丈夫。

植田碧麗「ほんまに親馬鹿やんな!」

そのままでいいから、もっと自信持てばきっと新しい世界が見れると思うよ。

あと、いつも何でも話してくれてありがとね。碧麗の好きな物共感できたり、買い物したり、色んな所一緒に遊びに行けてママ幸せ。ついつい甘やかしてしまうけど、そこはママ直らへんから甘えれるうちはどんどん甘えてください。

最後になりましたが、素晴らしい生誕祭を開いてくださったファンの皆さん、本当にありがとうございます。いつも支えてくださってるスタッフの方々、感謝しています。可愛い可愛いメンバーの皆さん、皆大好きです。

薮下柊「イェー」拍手

碧麗を支えてくださってるすべての方々ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

碧麗大好きママより

妹からのお手紙 (代読:薮下柊)
碧麗へ

お誕生日おめでとー!

初めてNMBのコンサートを観に行った時、ステージで歌って踊っている碧麗を見て、凄く輝いていたので、その時から碧麗は私の憧れの存在になってたよ(笑)

いつもは言い合いばっかりしてて、直接では恥ずかしくて伝えられていないけど、碧麗のことは大好きだし、私のお姉ちゃんで良かったと思います。

いつも色んな場所に連れてってくれたり、服を買ってくれてありがとう。でもあと少しは家の手伝いや自分の部屋の服を片付けてくださいね。

植田碧麗「ごめんなさい」

これからも仲良くしてね。

妹より

17歳になった碧麗からファンの皆様にひと言どうぞ
植田碧麗「今日は本当に私の生誕祭を開いてくださった皆さん、劇場に来てくださった皆さん、モニター観覧をしてくださっている皆さん、DMM配信をご覧の皆さん、本当にありがとうございます」拍手

「本当に、猫耳とか横断幕とかね、団扇とかたくさんのサプライズ本当に嬉しかったです。コールもたくさんほんとに、私までほんとに届きました。ありがとうございます。

私の16歳の1年は、やっぱり「どうでもいい人仮面」とか「ニーチェ先輩」のメンバーに選んでいただいたりとか、YNNさんとか、やっぱり5周年ライブで百合劇場をさせていただいて、それで私のことを知ってくださった方も多くて、本当に嬉しかったんですけど。

色々ある中で、んーと、そうですね、私の中で凄く気持ちが変わったというか、考え方が変わった1年で。今までは結構時の流れのままに生きてるみたいな、そんな感じやったんですよ。

で、あんまり負けず嫌いっていう言葉も私的にはあんまピンときてなかったんですけど、この歳になって、やっぱりここにいる限りもっと前で歌いたいし、私を応援してくださってる皆さんにもっと喜んでいただきたいし、色んなメディアにもっと出たいし、何より私ちゃんとした夢が無かったんですけど、ここ最近ハッキリ皆さんにも言えるようになって。

ラジオがやっぱり自分の番組が欲しくって、あとは朗読劇もずっとしたいって思ってるし、演技とかそういう、私、言葉を使うことがしたくって。自分の言葉でもっと色んなことを発信していきたくって、まだまだ全然喋るのも下手くそなんですけど、もっと人の心に響くような言葉を使えるようになりたいなって思っています。

こんな私なんですけど、ほんとに皆さんがいてくださるから私は、本当にネガティブで、私のファンの方は知ってくださってると思うんですけど、本当に自分に自信が無くって。やりたいなーって思ったことも「私なんかしても」っていうマイナスな考えだったんですけど、もう私はやりたいことが見つかったので、皆さんと一緒に色んな目標をもっと叶えていけたらいいなと思っています。

17歳、こんな私ですがよろしくお願いします」拍手

上枝恵美加「言い残したことはないですか?」
植田碧麗「そうですね、また出てくるかもしれないんですけど、それはブログとかにね、じっくりまた改めて書かせていただきたいと思います」

上枝恵美加「外でね、「どうやって喋ろう、喋べれるかな」って悩んでたんですけど、全然ちゃんと喋れてるし、凄いなって」
植田碧麗「大丈夫でした?」
上枝恵美加「全然大丈夫でした。「と~」っていうのが可愛かった(w) めっちゃ可愛かったです。碧麗がネガティブっていうのは私も一緒にいて凄い伝わってるんですよ。「凄いブサイク」って自分のこと言うんですけど、ほんまに可愛いし」
植田碧麗「公演に立つ前、ほんとに辛くなっちゃうんですけど。みんなが可愛いからですよ、ほんとに。メンバーみんな可愛過ぎて」
上枝恵美加「碧麗も可愛い1人やで、ほんまに。っていうのを17歳はもっともっと自信持って、頑張っていって欲しいなと思うし、ファンの方も今日凄い温かかったので、これからも碧麗の応援をよろしくお願いします。そしてNMB48メンバー一同頑張っていきますのでこれからも応援よろしくお願いします」

門脇佳奈子「碧麗ってさ、みおりんぐらい喋るねんな」
植田碧麗「私、長かったですか?」
門脇佳奈子「ううん、勢いがみおりんに似てる」客w
植田碧麗「初めて言われた」
木下春奈「みおりん、出てきたらあかん(w) 長くなる」
渋谷凪咲「みおりんの後継者」
薮下柊「待って、みおりんまだ辞めへん」
市川美織「そうだよね。でも安心して辞めれるか。任せるよ、あと」
客「お疲れー」
市川美織「お疲れーじゃないよ(w) えー、悲しい」


Google+より
金子剛 2016/02/02 21:48

2日(火)
チームBⅡ『逆上がり』公演
本日は、 植田碧麗17歳の誕生日&生誕祭~!!

手紙は、黒川より
「みーれとは同期で、めっちゃ仲良くなったよね。
5年が経ち、いまだに喧嘩や言い合いがなくて、
たまに「もしかして自分だけが仲良いと思っているのかな」
と悩んだこともありました。
そんなみーれがホテルの相部屋で「いつもはーこに冷たくしてごめん」
って泣いて謝ってくれたことがありました。
その時、こんなに人の事を思ってくれているんだなと改めて思ったよ。
悩んでいたことを打ち明けてくれて、嬉しかったよ。
これからも辛いことたくさんあると思います。
その時は、はーこやメンバーに頼ってください。
みーれは一人じゃないという事をしっかりと覚えておいてください。
私はみーれが大好きです!
P・S 寝言を言うのは今年中に治しましょう。」と同期からの熱い手紙。

植田の家族より(代読:薮下)
最初は植田のママより
「16歳も色々なことがあったね。
「あんたんとみーれのじゃんぐるレディOh!」終わってしまったけど、
2人のコンビ面白すぎて何回聞いても飽きひん(笑)
また梶さんからのボイスメッセージは2人にとって最高のプレゼントやったな。
これからまた、大好きなラジオが出来ることをママも願っているよ。
5周年ライブでは、念願の日舞が出来たこと、
まさかコンサートの大きな舞台で、
たくさんの人々の前で披露出来て貴重な経験が出来たね。
着物姿すごく似合っていたよ。早くDVDにならないかな?
最近ではYNNの「きちんとつくろう」。
小さい頃から工作が大好きでいろいろ作っていたもんね。
小さい頃作ったものが入った碧麗の宝箱開けて一緒に観ようね。
ラジオやテレビに出てる碧麗が好きやし、もっと自分に自信持ってね。
ママが親馬鹿じゃなく、碧麗はホンマに可愛い。ホンマに!
もっと自信を持てば、明るい世界が見られると思うよ。
ついつい甘やかしてしまうけど、
ママは治らないから甘えてください。
碧麗大好き!

次に植田の妹さんより
初めてNMB48のコンサートを見に行った時、
ステージで歌って踊る碧麗はすごく輝いていたので、
その時から憧れの存在になってたよ。笑
いつもは恥ずかしくて伝えられないけど、
碧麗のことは大好きだし、お姉ちゃんで良かった。
色々連れて行ってくれたり、服を買ってくれてありがとう。
でも、少しは家の手伝いや、自分の部屋片付けてください。」
と家族からの温かい手紙。

本人コメント
「16歳の1年は[どうでもいい人仮面]」や[ニーチェ先輩]に選んで頂き、
またYNNさんや、5周年ライブで
私の事を知ってくださった方も多く嬉しかったのです。
また、私の中で考え方が変わった1年でした。
今までは時の流れのままに生きてきて、
負けず嫌いという言葉もピンと来ていませんでしたが、
ここにいる限りもっと前で歌いたいし、皆さんにもっと喜んで頂きたいです。
そして何より自分のラジオ番組や朗読劇がしたいです。
言葉を使う仕事がしたくて、
もっと人の心に響くような言葉を使えるようになりたいです。
私はネガティブで、自分に自信がなかったのですが、
自分の夢が見つかったので、
皆さんと一緒に叶えていきたいなと思います。
17歳、こんな私ですが宜しくお願いします!」
と、自分の言葉でしっかりと語っていました。

自分の夢を見つけたと、ポジティブに大きな成長を見せてくれた植田。
17歳は見つけた目標に向かって、突き進んでいってみーれ!!
誕生日おめでとー!

本日は公演にお越しくださった皆様、生誕委員の皆様、
誠にありがとうございました。

160202kaneko01.jpg

160202kaneko02.jpg





160202mire01.jpg

160202mire02.jpg

160202mire03.jpg

160202mire04.jpg

AKB48ネ申テレビSKE48 ZERO POSITIONSTU48イ申テレビなどdTVチャンネルにて配信中
dTVチャンネル