FC2ブログ

2016年1月4日、HKT48チームKⅣ公演レポート 『2016年初公演』

HKT48劇場 チームKⅣ「シアターの女神」公演

160104.png

■出演メンバー
チームKⅣ → 伊藤来笑今田美奈岩花詩乃植木南央岡田栞奈熊沢世莉奈下野由貴田中優香冨吉明日香朝長美桜深川舞子渕上舞村重杏奈本村碧唯森保まどか
研究生 → 山内祐奈

前座ガール → 今村麻莉愛


【セットリスト&MC】

■開演前

◆前座.ロマンスかくれんぼ (前座ガール=今村麻莉愛)


■開演
◆M00.overture (HKT48 ver.)
◆M01.勇気のハンマー
◆M02.隕石の確率
◆M03.愛のストリッパー
◆M04.シアターの女神


■MC (自己紹介)

渕上舞「2016年が始まりました! 今日は新年一発目の公演ということで、普段なかなか都合がつかなくて公演に来られない方や、リアルタイムでDMMを見られないという方も見てくださってると思うので、私たちの全力のパフォーマンスでいいスタートを切れたらいいなと思います」

「今日はですね、新年一発目ということで、1人ずつ書き初めを披露したいと思います。今年の抱負を文字に表したので、まずは副々キャプテンの南央ちゃんからお願いします」

【1列目 下手側から】
植木南央「み~んなを笑顔にしちゃうけん。片っぽえくぼがチャームポイントの18歳、なおこと植木南央です」

「ありがとうございます・・・ありがとうえき(w) ヤバイ。あのですね、私の書き初めはですね、こちらです。唯一無二なんですけど。2016年はですね、やっぱ唯一無二な、HKTの中でも代わりのいない存在になりたいなって思うんですけど、どうですか?」拍手
村重杏奈「村重の中では唯一無二」
植木南央「じゃーもう十分かなーw」
村重杏奈「十分」
植木南央「んー、でも、やっぱりまだ村重の中では嬉しいんですけど、HKTの中でも唯一無二になれるように今年も頑張ります。2016年もよろしくおねげーするっす」

田中優香「優香の香りは優しい香り。応援してくれないと化かしちゃうぞ♪ 15歳のゆうたんこと田中優香です」

「私はうきなんですけど。申年(さるどし)なので、ウキウキ・キャッキャと楽しく過ごしていけたらなと思います」

朝長美桜「笑うと目の形がカシューナッツになります、みおこと朝長美桜です」

「私は、ジャーン。カシューナッツの目を描いたんですけれども。そうですね、2016年も皆さんに一杯カシューナッツをウェーって投げていきたいなって思います。そして、『め』ということで、植物の芽みたいな感じでどんどんどんどん大きくなれるように、め、頑張りたいと思います」

渕上舞「今日のお天気は私にお任せ! あなたの心をいつもポカポカ陽気にします♪ 19歳のお天気キャスターになりたい、舞ちゃんこと渕上舞です」

「私の書き初めはですね、ジャーン、不眠不休なんですけど。私は寝ることが本当に好きなんですけど、2016年は寝る時間をちょっと削って、自分の夢に向かって勉強とか、あと今年はなんと二十歳になる年なんですよ。だからもっともっとちゃんとした成人になれるように勉強したいなと思います」

深川舞子「みなさんの前にも笑顔と幸せが まいこむ! 福岡県出身 16歳 高校1年生のまいこむこと深川舞子です」

「私はですね、ジャーン、有限実行です。ちょっとね、バランスは悪いんですけど。口で言うだけではなく本当に実現するように頑張りたいなと思います」


【2列目 下手側から】
熊沢世莉奈「HKT48のおしゃれ番長になりたい、せりーぬこと熊沢世梨奈です」

「私の今年の漢字はなんですけど。今年は色んなことに挑戦したいなという思いと、あと色んな私を皆さんに見ていただけたらいいなという思いでこの漢字にしたんですけど、あと1つはやっぱり今年はもう19歳になるので、もっと色気を出していきたいなと思います。今日は1日がんばー! (りーぬ!)」

今田美奈「福岡を盛り上げるのは? いまだー! 間違った。2016年を盛り上げるのは? いまだー! み~んなのアイドル、福岡県出身、あっ、すみません」
村重杏奈「みなぞう起きてる?」
今田美奈「み~んなのアイドル♪ (ひゅ~) 福岡県出身 18歳の今田美奈です」

「私の字は負けないのけなんですけど。負けるわけじゃなくて、今年はですね、4期生もオーディションが始まったので後輩の勢いに負けない、ロリメンバーに負けない、自分の不安の気持ちとか、色んな気持ちにプレッシャーに負けないとか、そういう自分に今年は勝っていきたいなと思うので、皆さん、2016年もよろしくお願いします」

村重杏奈「フスィェミ プリヴィェトゥ ヤー ヴァス オーチン オーチン リュブリュー。ロシアとのハーフのあーにゃこと村重杏奈です」

「村重はですね、ジャーン! 七転び八起きなんですけどね。私結構転ぶことが多いんですよ。何でこんなざわざわしてるんですか?」
伊藤来笑「そういう意味じゃないよって」
村重杏奈「ちょっと待って待って。私、転ぶことが多いから。あっ、違います、道でコケるとかじゃなくて、普通に人生の中でつまずくことが多くて(w) だから、まぁ7回は転んでないかもしれないんですけど、これからもしかしたら転ぶこともあるかもしれないので、転んでも8回起き上がるぞという気持ちで頑張りしげしたいと思います。皆さん、明けましておめでとうございます!」

本村碧唯「赤は明太子、黄色はとんこつラーメン、青はやっぱり? あおい! 福岡県出身 18歳のあおいたんこと本村碧唯です」

「私は、うです。1年の中で一杯笑うことがあると幸せだと思うこともその分増えると思うし、幸せだと思うことが一杯あると1年充実してたなと思えると思うので、一杯笑いましょう」

岩花詩乃「福岡県出身 15歳のしのこと岩花詩乃です」

「私の書いたのは、優しいのなんですけど。私よく口が悪いって言われるんですよ。なので2016年、みんなに優しくできたらいいなと思います」

下野由貴「福岡県出身 17歳のしなもんこと下野由貴です」

「私はですね、貯金のっていう字なんですけど。色々教えてもらったこととか学んだこととか発信しつつ心に溜めて行ってですね、もちろんお金も貯めていきたいなと思います」


【3列目 下手側から】
森保まどか「百花繚乱 純真可憐 色んな音色を響かせて、み~んなのマドンナになりたい18歳、森保まどかです」

「超久しぶりの公演だからめっちゃ忘れてたんです、今。凄い安心したんですけど。私はですね、今年はわるですね。変じゃなくて変わるって意味なんですけど。髪型を、高校を卒業できる予定なので髪型をですね、パーマかけたり髪色を変えたりしてみたいんですよ。そういう面でも変わってみたいし、この間、むかーしのクオカードを見つけてですね、メンバーと一緒に映ってるやつを見つけたら、私一番顔が変わってなくて、それでちょっと焦っちゃったんですよ。全然可愛いくなってないと思ったんで、どんどんこれから可愛く変わっていいなと思っています。期待しててください」

山内祐奈「高校1年生 16歳の3期研究生、山内祐奈です」

「私は、選抜って字なんですけど。選抜に入れるように自分をしっかりアピールしたいと思います」

岡田栞奈「みーんなに幸せを届ける 青い鳥になりたい。どこにおってもあなたのところに飛んでくけん。福岡県出身 18歳、おかぱんこと岡田栞奈です」

「私はですね、健康第一なんですけど。私、HKT48に入ってから365日連続健康だったことがまだ1回もないので、まずはね、健康にまさる宝なし? 健康が何でも第一だと思うので、まずは1年間健康に過ごしたいと思います。(マイクなしで)今日は1日よろしくお願いします」

冨吉明日香「明日はあすかの風が吹く。宮崎の元気と笑顔をてげ届けるために 今日もトミヨシレボリューション!(ポーズ) あすかこと冨吉明日香です」

「私のは、ジャジャーン、冨村架純なんですけれども。去年は有村架純さんをボッコボコにしたのが私とか言われたので、今年はもっと綺麗になって、冨村架純になれるように頑張りたいなと思います。そのうちにね、朝ドラに出てるかもしれないので、是非見てください」

伊藤来笑「カムスマイル♪ カムスマイル♪ ライライラー! 愛媛県出身 17歳、今日もみ~んなにカムスマイル♪ らいらこと伊藤来笑です」

「私は、めるっていう字なんですけど、明日香とは違ってちゃんと真面目な意味があって。HKT48を全国の方とか世界の方に広めて知ってもらうっていうのもですし、あとは後輩が入ってくるので心の広い女性になれるように頑張りたいと思います」


◆M05.初恋よ こんにちは (田中優香朝長美桜深川舞子)
◆M06.嵐の夜には (今田美奈下野由貴渕上舞岩花詩乃)
◆M07.キャンディー (熊沢世莉奈本村碧唯村重杏奈)
◆M08.ロッカールームボーイ (冨吉明日香伊藤来笑植木南央岡田栞奈今田美奈)
◆M09.夜風の仕業 (森保まどか)


■MC
下野由貴熊沢世莉奈本村碧唯村重杏奈

下野由貴「いやー2016年になりましたね」
村重杏奈「きちゃったよ」
下野由貴「というわけで、今日はみんな年越しの瞬間は何をしていたのかなという話を。気になるところですけど」

村重杏奈「村重は地元・山口に帰ってたんですけど。お寺に行ったの」
本村碧唯「瞬間、お寺にいたの?」
村重杏奈「そう。そういう儀式ないっけ?」
本村碧唯「初詣」
村重杏奈「そう、初詣」
下野由貴「お寺?」
本村碧唯「神社じゃなくて」
村重杏奈「お寺だよ。鐘鳴らしたんですよ」
下野由貴「除夜の鐘? 凄い」
村重杏奈「今日なんか凄いざわざわしますね」客w
下野由貴「村重が喋ってるからだと思うんですけど」
村重杏奈「やっぱ地元に帰ると芸能人扱いが凄くて。「えっ?村重!?」みたいな感じなの」
下野由貴「久々に会ったりするからね」
本村碧唯「そこでも村重なの?」
村重杏奈「そこは杏奈。で、地元に、結構規模が小さいとこに住んでるから結構町の人みんな顔見知りみたいな感じなの。だから「えっ?マジで? やっぱそこは芸能人が鳴らさなきゃ」とか言われて、そこで鳴らしたの」
下野由貴「どうでした?芸能人の扱いをされて」
村重杏奈「いやー、もうね、すっごい気持ち良かったんですけど、でも、1週間休みがあったわけですよ。だから自分芸能人っていうの途中で忘れてて。芸能人ってわけでもないんですけど、今はもう」
下野由貴「いやいや、芸能人ですよ」
村重杏奈「みんなが「あーもう芸能人だね。忙しいんでしょ?」とか言ってくるからさ。でも1週間休みあるなんて言えないじゃん」
メンバーたち → w
村重杏奈「だから「忙しいっすね」みたいな感じで」
下野由貴「じゃー瞬間は鐘を鳴らしたと」
村重杏奈「鳴らしました」

下野由貴「あおいちゃんは?」
本村碧唯「あおいちゃんはお家にいて、美桜ちゃんが紅白出てたじゃないですか」
村重杏奈「そうなの?」
熊沢世莉奈「今更?」
下野由貴「えっ?出てたじゃん」
本村碧唯「見てない?」
下野由貴「兼任メンバーはね。一杯映ってた」
村重杏奈「あの、48グループが出てた時間帯は村重見てなかった。出てたんだ」
下野由貴「おっせぇ」
本村碧唯「ホテルで1人だという話があって、それは悲しいねってなって、美桜となっちゃんと3人で電話をしながらカウントダウンしておめでとうしました」
村重杏奈「仲いいね」
本村碧唯「なんか仲良しなんです。自由人の集まりみたいな感じ」
下野由貴「なっちゃんが仕切るのかな?そういうのって」
本村碧唯「いや、そんな」
下野由貴「誰が仕切るの?」
村重杏奈「あの3人はね、仕切れないと思うの」客w
下野由貴「仕切るとかじゃないんだろうね」
村重杏奈「みんな結構自由人」
本村碧唯「咄嗟に「あっ、どこどこ行きたい」ってなったらみんなで「行こう」ってなって。そういう感じ。計画性なくて、咄嗟に誰かが出てきたものについていくみたいな感じで」
村重杏奈「マジか」
本村碧唯「それで電話して。だから一番最初に喋ったの、美桜となっちゃんです。家族より先に喋りました。家にいるのに家族より先に電話で喋りました」

熊沢世莉奈「私も家にいて、家族と一緒にカウントダウンしたんですけど、ペンライト、皆さんが持ってるペンライトを博多座と明治座の時にもらったんですよ、色んな色を。その時のペンライトをみんなで持って「わー! 10、9」とか言いながらすげーはしゃいでた」
下野由貴「楽しそう」
本村碧唯「ハッピー野郎な家族だね」
熊沢世莉奈「そう、めっちゃハッピーな家族。みんな結構ノリが良くて」
本村碧唯「しかもちっちゃいのいるじゃん」
熊沢世莉奈「そう、2歳と6歳の弟がいて、ペンライトを振りながら」
下野由貴「12時まで起きてたの?」
熊沢世莉奈「うん」
村重杏奈「寝てたの?逆に」
下野由貴「私は起きてるよ、そりゃー」
熊沢世莉奈「私、はしゃぎすぎちゃって、ハッピーニューイヤー!って言うじゃん、みんな。ハッピーバースデー!って言っちゃった。年越した時のひと言がハッピーバースデー」
村重杏奈「まぁまぁ、新しい年の生まれた日みたいな」
下野由貴「何フォローしようとしてるの」
熊沢世莉奈「フォローになってないよ」

下野由貴「下野はですね、755をしつつ、あと若田部となぜかLINEしつつ。11時ぐらいからずっとLINEをしてて。普通に会話、ほんとに。普通の会話をしてて、12時なって「あっ、なった。おめでとう」みたいな」
メンバーたち「えー」
村重杏奈「熟年夫婦よね」
下野由貴「違うよ。でもあんま騒ぐとかじゃなくて、12時になったら、家族いるから「おめでとうございます」って言って」
村重杏奈「家族めっちゃ素っ気ないじゃん」
下野由貴「一番はしゃいでたのお母さんかな」
村重杏奈「下野のお母さん結構元気いいよね」
下野由貴「そう、誰よりも乙女なんですよ。すっごいメルヘン、私のお母さん。何でこの人から私生まれたんだろうってぐらいメルヘンなんですよね」
村重杏奈「逆に下野にメルヘンの要素1個もなくない?」
下野由貴「分けて欲しいぐらいですね。現実見すぎちゃってね」


◆M10.100メートルコンビニ
◆M11.好き 好き 好き
◆M12.サヨナラのカナシバリ


■MC
◆前半:山内祐奈熊沢世莉奈森保まどか今田美奈渕上舞冨吉明日香田中優香岩花詩乃

冨吉明日香「本題に入る前にですね、なんと今日から誕生日の当日にこの劇場公演に来てくださった方にハッピーバースデーのバッジをプレゼントすることになったんですよ。ちなみに今日それつけてるよって方いますか?」
メンバーたち「いた!」
冨吉明日香「おめでとうございます。そうなんです、こんなことが始まりまして。そのバッジをつけている方を見かけたら他のお客様もおめでとうと言ってあげてください」

「本題に入りたいなと思います。今日はですね、お正月お休みがあったと思うんですけれども、何をしていたのか聞いていきたいなと思います」

渕上舞「私はですね、今年初めて朝から初売りに行ったんですよ。いつもは10時からしか開かないのに、初売りは9時から開くので7時に起きて、天神まで行って.開店前シャッター閉まってたんですけどそこに待ってたんですよ。私、おかぱんと行ったんですけど、それぞれ一番欲しいものがあるお店に行くために私は1人で並んでたんですけど、いざ開いて、お目当ての商品見たんですよ。よし、これゲットするぞと思ってチラって値札見たら、まさかのセール除外品で」
他メン「えー!」
渕上舞「だから早起きした意味なかったんですけど。でも開く前から待ってたのに何も買わずに出て行くのは恥ずかしいから第二希望と第三希望だったやつをちょちょっと」
今田美奈「ちゃんとそこまで決めて行ったのは凄い」
渕上舞「年末のうちに全部下見しておきました」
他メン「凄い」
冨吉明日香「初売り行きました?皆さん」
岩花詩乃「舞ちゃんと遭遇した」
渕上舞「普通に栞奈と歩いてたら「あっ、真白と詩乃だ。ヤッホー」みたいな感じでね。福岡狭いですからね」
冨吉明日香「みんな天神に」

田中優香「私は初売りとかそういう人が多いのが凄い苦手だったので、ずっと親戚と過ごしてたんですけど、ずっと会ってなかった親戚と会ったんですけど、顔を忘れられていて。お姉ちゃん誰だっけ?って言われてしまったので」
岩花詩乃「ちっちゃい子なの?」
田中優香「そう。私もその子の年齢よく覚えてないんだけど」
岩花詩乃「お互い様じゃん」
田中優香「忘れられてて。一応アイドルだったのに凄い悲しい気持ちになったので」
冨吉明日香「小さい子もだけど、結構おばあちゃん系の人たちも忘れませんか? 私も三兄弟なんですけど、お父さんのほうのおばあちゃんのところに帰ったんですけど、誰1人名前覚えてくれてなくて。「誰かわからんけどお年玉、はいはいはい」みたいな」
メンバーたち → w
冨吉明日香「全然誰かわからないままお年玉もらいました」

山内祐奈「私は、していたことじゃなくて考えていたことなんですけど。1月1日ってお年玉がもらえるじゃないですか。だからまずお年玉もらう前にどのぐらいもらうかっていう計算をして、その後、もらった後はどうやって使うか、どうやって貯金するかっていう計算をしてました」
冨吉明日香「嫌な子。うそー?」
山内祐奈「ほんとです」
冨吉明日香「結構頂きました?」
山内祐奈「頂きました」
冨吉明日香「じゃー今日の公演の後はティファニーのね、おごりで行きましょう、夜ご飯」
山内祐奈「やだやだ」
今田美奈「逆に私は高校卒業したから昨年で最後だったんですよ、お年玉が。だから今年もらえなくて、おばあちゃん家行っても何もなかったんですけど、とりあえずカニを一杯食べときました。海鮮食べましたね、ずっと」
田中優香「お年玉って高校生までなんですか?」
今田美奈「私はそうですよ。皆さんもそうだと思うんですけど」
冨吉明日香「働きだしたらとかじゃない?」
田中優香「大学生に入ったら学生だからもらえるみたいな」
冨吉明日香「何でそんな真剣なの?」
今田美奈「めっちゃお金に執着するやん」
冨吉明日香「そんなに必死なゆうたん久しぶりに見たんだけど」
今田美奈「お金になるとそんな喋るんだね。初めて見た」
岩花詩乃「お金で釣られる」
田中優香 → 手を振って否定

岩花詩乃「私はですね、29と30にハウステンボスに家族で行ったんですよ。イルミネーションと、あとそこでバンジージャンプができるって書いてたからそれを目当てに行ったのに2時間待ちで。結局バンジージャンプできなくて、それが凄い心残りです」
冨吉明日香「したかったの?」
岩花詩乃「するつもりで行ったの、バンジージャンプしたくて。だからイルミネーション全然見てない。ずっと携帯イジってた」
冨吉明日香「やめて! 嫌ですね、今時の子っていうのは。感動したいですよね、イルミネーションで」
岩花詩乃「わー!綺麗だ、とは言ったけど、私はバンジージャンプが良かった」

冨吉明日香「ということで今日はお正月休みの出来事について話してきたんですけれども、皆さん、お正月満喫できましたか? (はーい) 良かったです。明日からは仕事ですね。現実を見て頑張りましょう」

◆後半:伊藤来笑村重杏奈岡田栞奈朝長美桜本村碧唯植木南央下野由貴深川舞子

村重杏奈「皆さん!明けましておめでとうございます!」

下野由貴「後半ではですね・・・」
植木南央 → 下野にマイク差し出す
下野由貴「大丈夫です、マイク足りてます。シーンだって」
植木南央「初すべりです」
下野由貴「おめでとうございます」拍手
他メン「おめでとう」
下野由貴「めでたいですね」
植木南央「めでたい」

※仕切り:下野由貴
お題:今年やってみたいこと

伊藤来笑「やってみたいというか、気をつけなきゃいけないことなんですけど。新年早々、年が明けた瞬間、携帯水没させたんですよ。しかも、おみくじ大吉だったんですよ。なのに、新年そこでつまずいちゃったから」
下野由貴「大吉出すのに全部運使っちゃったんじゃない?」
伊藤来笑「そう、だから本当に怖くて、気をつけないといけないなと思ってるんですけど」
村重杏奈「大丈夫。七転びでも八起きって言葉があるから」
伊藤来笑「それ、村重さんに言われると怖い」
村重杏奈「何で?何で? 何でシーンってなるんですか」客w
伊藤来笑「言葉に説得力がない。ほんとに大丈夫ですかね」
村重杏奈「大丈夫だよ、そんな携帯ぐらい」
下野由貴「軽いな」
伊藤来笑「気をつけます」

植木南央「南央はですね、去年が厄年で、18、今年が後厄なんですよ。だから早く終わって欲しいです、2016年」客w
下野由貴「あおいも同い年だから気をつけなきゃ」
本村碧唯「やっと抜けたと思ったのに」
深川舞子「それっていけないことなの?」
村重杏奈「まいこみーや、今年厄年? 17歳だよね」
深川舞子「今16」
伊藤来笑「私たちが厄年」
村重杏奈「うぇー、マジ?」客w
下野由貴「そうだそうだ、私と来笑と村重と美桜も。わー厄年多いね」
村重杏奈「でも厄年ってお金で解決すればいいらしいよ。そういうことじゃなくて、お金で解決できることは後回しにしなくても。ケチらずにとにかく出せばいい」
伊藤来笑「ということは下野さんも後輩にどんどんおごっていけばいいよっていう」
下野由貴「やだやだ。やだじゃないけど。せっかく自己紹介MCで貯金って言ったじゃん」
植木南央「しかも本当に、誰にも言ってないんですけど、おみくじ凶だったんですよ」
他メン「えー!」
植木南央「これを写真に撮るのもあんまよくないかなと思ってぐぐたすにもメールにも書かずに、ただただ1人で抱え込んでたんですけど(w) でもよく自分で考えた結果、凶とかあんまり出らんやつを引いた私って運がいいんじゃないかなと考えたので」
本村碧唯「年明けの今が一番下なだけであって、1年で上げていけばいいんだよ」
下野由貴「だから来笑気をつけとけ」
村重杏奈「村重さ、大吉引いたんだけどさ、どんどんこうなって(下がって)行くってこと?」
植木南央「今、大吉なの?逆に」
村重杏奈「別に大吉でもない(w) 今結構平凡な人生」
伊藤来笑「何出したんですか?」
村重杏奈「大吉」
植木南央「何引いてもポジティブに考えれる」
下野由貴「気持ち次第ってことでね」

朝長美桜「私は日記とか手帳を始めたいなって思うんですけど。昨年やったんです、手帳。でも3ヶ月で終わっちゃったから。だから今年は1年やりたいなと思うんですけど」
下野由貴「今続いてます?」
朝長美桜「まだ買ってない」客w
深川舞子「そこから始めましょう」
朝長美桜「とりあえず買いに行こうと思って」
下野由貴「また来年の公演でね、結果発表ということで」
朝長美桜「発表します」
下野由貴「楽しみにしてます」

村重杏奈「村重もですね、さっき言ったんですけど、今年厄年って言われて、マジでへこんでるんですよ、結構。だからどうしたらいいと思う?」
下野由貴「丸投げ?」
村重杏奈「お金で解決できることはするとか言ってもさ、やっぱ怖いものは怖いじゃないですか、厄年とか言われちゃったらさ。結構アングリッピ。アングリッピじゃない」
植木南央「めっちゃ懐かしい」
本村碧唯「はるっぴのだよね」
村重杏奈「アングリー」
下野由貴「何が言いたいの?」
村重杏奈「落ち込んだ1年になっちゃうじゃん、何をしても。ちょっとでも嫌なこととか落ち込んだことがあったら「あー厄年」ってなっちゃうじゃん。だから、それから抜け出したいなって思う」
朝長美桜本村碧唯「気にしないのがいい」客w
深川舞子「ハモってるよ」
村重杏奈「逆に去年厄年で何かあった?」
本村碧唯「厄年とかあんま気にしなかった。お母さんがお守りと御札をもらってきて。ちっちゃいのを。お財布に入れて持ち歩くとか何とも思わなかったです。私は強いんだ!と思ったら大丈夫」
村重杏奈「わかった、じゃー私は強いんだって思うね、何があっても」
下野由貴「大丈夫ですか?村重さん。解決できました?」
村重杏奈「はい」

下野由貴「今日はですね、今年やりたいことを話してみたんですけど、やりたいこと、メンバーがやりたいこともやりつつ、皆さんが見たいHKT48を見せられるような1年にしていきたいなと思います」


◆M13.潮風の招待状


■アンコール

「チームKⅣ」コール


◆EN01.オネストマン
◆EN02.チームKⅣ推し


■MC
※仕切り:植木南央
今日の公演の感想

渕上舞「今日はですね、実は美桜ちゃんと一緒にお団子をしたんですよ。鏡餅をイメージして。私はみかんが乗ってるつもりで」
朝長美桜「私はお餅」
渕上舞「だからお揃いの髪型をして結構気合入ってたんですけど、どうでしたか?(拍手) 良かったです。ありがとうございます。でもですね、今日はですね、KⅣ推しで猿のモノマネとかみんなでやって、お正月ならではのことがたくさんできたので皆さんにも楽しんでいただけたかなと思うので、凄い楽しかったです、ありがとうございます」
村重杏奈 → 何か動物の仕草
本村碧唯「それゴリラや」
村重杏奈「チンパンジー」
植木南央「猿でもないんだ」

森保まどか「私はですね、本当にめっちゃ久しぶりで。なんかシアターの女神、100日以上出てなかったらしいんですよ。だけど本当に覚えてて良かったなと思うんですけど」
村重杏奈「いや、あの、見てましたよ、テレビ」
森保まどか「ありがとうございます」
村重杏奈「ピアノ見てました」
森保まどか「そうなんですよ。でもほんとに皆さんといい新年の、1年のスタートが切れたんじゃないかなと思います。ありがとうございました」
植木南央「アルバムも楽しみですね」
森保まどか「お楽しみに」拍手

本村碧唯「それでは次が本当に最後の曲になりません (ざわ) 騙されたなー」

「何する?」
村重杏奈「UZA、UZA・・・」
下野由貴 → マジで踊る
植木南央「美桜が無理みたい」
朝長美桜「すみません」
村重杏奈「今日結構ざわざわするね」


◆EN03.夢見るチームKIV


本村碧唯「次が本当に最後の曲になります (えー!) ダメー (えー!) ダメー (えー!) ダメー! (えー) ダメ (はい) おー! いい子。それ続けましょ」


◆EN04.僕たちの紙飛行機


植木南央「2016年また新しい1年が始まりましたが、私たちHKT48は応援してくださる皆さんがいる限り、去年よりももっと上へ、もっともっと上へ、上へ、もっと上へ、どんどん上へ2015年よりも飛躍する1年にしたいと思います。これからもHKT48そしてチームKⅣの応援よろしくお願いします」

# 手繋ぎ挨拶「せ~の、せ~の、ありがとうございました」 → 手を振りながら捌ける (BGM:シアターの女神)

村重杏奈「皆さん、明けましておめでとうございます!」

# 公演終了 (終演後、ロビーにてお見送り)


HKT48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】1月4日(月) チームKIV「シアターの女神」公演

公演後の感想 → 全員

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]