FC2ブログ
SKE48 25thシングル 7月24日発売決定 予約受付開始 new2.gif
初回限定盤Type A / 初回限定盤Type B / 初回限定盤Type C / 初回限定盤Type D
AKB48Group新聞 2019年6月号 Amazonオリジナル生写真セット 5月24日発売
AKB48Group新聞 2019年6月号 セブンネットオリジナル生写真セット 5月24日発売
指原莉乃卒業コンサート Blu-ray&DVD 予約受付開始
Amazon SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
タワレコ SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
楽天ブックス SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
セブンネット SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
DMM new2.gif SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD-BOX / DVD

峯岸チームK「最終ベルが鳴る」初日公演 (2015/11/30、チームK)

Twitterより
151130akb003.jpg

AKB48劇場 チームK「最終ベルが鳴る」公演

■出演メンバー
チームK → 阿部マリア兒玉遥篠崎彩奈島田晴香高城亜樹田野優花中野郁海永尾まりや藤田奈那松井珠理奈峯岸みなみ向井地美音武藤十夢茂木忍山本彩湯本亜美

前座ガール → 久保怜音





【セットリスト&MC】

■影アナ (峯岸みなみ)

■開演前

◆前座.渚のCHERRY (久保怜音)


■開演
◆M00.overture
◆M01.マンモス
◆M02.最終ベルが鳴る
◆M03.ボーイフレンドの作り方
田野優花「恋は、峯岸チームKだと思います」
湯本亜美「恋とは、妄想だと思います」
◆M04.偉い人になりたくない


■MC(自己紹介)

お題発表:峯岸みなみ
本日のお題:本日の意気込み

【1列目 上手側から】
茂木忍「あなたのハートをもっぎもぎ。チームKのもぎちゃんこと茂木忍です」

「AKBに入ってからずっとチームKさんに憧れていて。ましてや「最終ベルが鳴る」公演なんてほんとに憧れててずっとやりたい公演だったので今回やれて凄い嬉しいんですけど、ご覧の通り体力がついてきてないので、早くチームKらしい体力を身につけたいと思います」

武藤十夢「逆から読んでもむとうとむ チームKの武藤十夢です」

「チームKに戻ってきました! (イェー!) ほんとに今日という日を私も凄く楽しみにしてたので、またみんなと一緒に新しいチームKを作っていけたらいいなと思います」

峯岸みなみ「チームKのみぃちゃんこと峯岸みなみです」

「私はこのチームのキャプテンという大役を任させていただいたんですけれども、今朝、島田副キャプテンがアップルパイを作るという抜け駆けをしましたので、私も料理の腕もろもろ頼りにしてもらえるキャプテンになれるように頑張っていきたいと思います」

山本彩「さやか ささやか さわやか (さやか!) ささっと やさしさ あざやか (さやか!) さやかこと山本彩です」

「峯岸チームKはまだ始まったばかりなんですけど、私、チームKとして久しぶりの公演で、今日凄く緊張してるんですけど。なので今日は来てくださった皆さんの視線をいただき~ マンモス!」
島田晴香「あれ?あれ?」
峯岸みなみ「最初に言って、そういうの」客w
山本彩「すみません。でもこれは今日限定ということで、目線をいただきマンモスしたいと思います」

藤田奈那「私がじゃんけん大会で大変なことをしてしまった、18歳のなぁなこと藤田奈那です」

→ このチームのメンバーが大好き。


【2列目 上手側から】
湯本亜美「高校3年生 18歳の湯本亜美です」

「やっと峯岸チームKが始動ということで、今日いるメンバーとファンの皆さんと一緒にいいスタートが切れたらいいなって思ってます」

田野優花「18歳の田野優花です」

「私この公演始まって初っ端からスカートが脱げてしまうという事件を起こしたんですけど、パンツは見えなかったです、大丈夫です。私はこの公演がほんとに大好きで。この公演をやってたオリジナルの秋元チームKがほんとに大好きなんですけれども、そんな秋元チームKを超える峯岸チームKをこの公演で作り上げていけたらいいなと思います」

松井珠理奈「1・2・3・4 ご一緒に 6・7・8・9 珠理奈! 18歳の松井珠理奈です」

「私はですね、先日兼任解除を発表させていただいて、こうしてチームKとしてこの劇場に立つのももうあと残り少ないんだなと思うとなんだか寂しいなっていう気持ちもあるんですけれども、今日は1曲1曲そして1秒1秒大切にしながらみんなと歌っていきたいと思いますので、最後まで応援よろしくお願いします」

向井地美音「17歳のみーおんこと向井地美音です」

「私はですね、1年半ぐらい前に研究生の時に実は1回この公演に出演したことがあるんですけど、ずっとね、2回目をいつかやりたいなって思ってたのがまさか1年越え越しに叶うと思わなくて。しかも緑のサイリウムを。ありがとうございます、もう感動しました、幕が開いた瞬間。なのでこの景色を一生忘れないように今日の公演楽しんでいきたいと思います」

中野郁海「鳥取県から来ました。み~んなの所に会いに (いっくみ~ん!) あなたのハートをキャッチだっちゃ。いくみんこと中野郁海 中学3年生 15歳です」

「私はAKB48を知った頃からチームKさんが大好きで、そして私の偉大な先輩の珠理奈さんと共演できるのが泣くほど嬉しいです。今日は一生懸命150・・・200%出し切って頑張ります」

篠崎彩奈なんなんでも可愛いなんってな~んだ? (あやな~ん!) あやなんこと篠崎彩奈です」

「私、ご覧の通りダンスがあまり得意でなくて。チームKって決まった時すっごい不安で、今日も凄い緊張してですね、AKBに入って本番前、緊張で泣いてしまって。そのくらい緊張しているんですけど、今日は自分らしくパフォーマンスをしたいと思うので皆さんよろしくお願いします」


【3列目 上手側から】
高城亜樹「は~い、緑茶 麦茶 烏龍茶 でもやっぱり? (あきちゃ!) 高城亜樹です」

「私はですね、この「最終ベルが鳴る」公演、6年前かそのぐらいに2、3回出たことあるんですけど、その時、踊れなくて、全曲出れなかったんですよ。なんですけど、色々組閣があり、チームA、そしてジャカルタ、チームB、チームK色んなところで活動してきたので、今日はその経験を活かして頑張りたいと思います」

兒玉遥「博多からスキスキスキスキ スキップ♪ 福岡からやってきました、はるっぴこと兒玉遥です」

「マンモス始まって、最終ベルになって、もう会場の皆さんの声援が凄い伝わってきて、「しぇからしか!」って思いました」イェー!

島田晴香「チームKの島田こと島田晴香です」

「私はですね、まさかのこの3人がご一緒に、ということで。チーム4時代からずっと一緒なんですけど、今著名人公演やってるじゃないですか。その時は「さすがにこの3人離れるだろうな」と思ったんですけど、著名人公演もまさか3人揃ってしまい、今回の峯岸チームKでもそろい、そしてMCの列も一緒というね」

阿部マリア阿部マリアと申します」

「島田さんが言ってたんですけど、私たちもうだいぶチームK歴長いし、しかも今喋る時に安心、安定の2人に挟まれてるので、そんなに緊張、そういうのはあんまりないんですけど、新しいチームでまたこの大好きな公演できるので、一生懸命頑張ります」

永尾まりや「まりやぎ拳銃ババンバン。まりやぎこと永尾まりやです」

「私はですね、意気込みと言いますか、今日のリハーサルで阿部マリアさんになぜか「やぎちゃん、今日最終ベル公演じゃなくてRESET公演やるんだよ」っていう意味がわからないウソをつかれてどうしようかなって思いました」


◆M05.リターンマッチ (武藤十夢茂木忍藤田奈那山本彩)
◆M06.初恋泥棒 (中野郁海向井地美音篠崎彩奈)
◆M07.ごめんね ジュエル (湯本亜美松井珠理奈田野優花島田晴香) ※BDなし
◆M08.おしべとめしべと夜の蝶々 (兒玉遥永尾まりや)

兒玉遥「誰かに見られたら、どうすると?」
永尾まりや「見せてあげましょ」
兒玉遥「私のこと愛しとる?」
永尾まりや「ふふ、どうかしら」
兒玉遥「ねぇ、愛しとる?」
永尾まりや「こっちへきなさい」
兒玉遥「やぎしゃん!」
永尾まりや「よしよし、いい子」

◆M09.22人姉妹の歌 (高城亜樹峯岸みなみ阿部マリア)


■MC
中野郁海島田晴香武藤十夢向井地美音松井珠理奈茂木忍

ユニットを振り返る

◆リターンマッチ

向井地美音 → 茂木&武藤ペアに嫉妬
武藤十夢「著名人公演でも2人でペア組んでて、今回も引き続き」
向井地美音「おかしくないですか?」
武藤十夢「このポジション割が決まった時に、みーおん「私、リターンマッチ覚えます」って言って」
向井地美音「ここ交換する気満々。私は茂木さんのことが凄く好きで、茂木さんと一緒にユニットをね、やったら楽しいなっていう気持ちがあって。それをまだ違うペアならいいけどまたこの2人でペアやっちゃってるんですよ」
島田晴香「軽く嫉妬心があると」
向井地美音「軽くどころじゃない。嫉妬心しかない。たぶん田野さんも怒ってますよ」
武藤十夢「凄い怒ってた。その辺で凄い睨んで」


◆初恋泥棒

中野郁海「私あんまり可愛いユニットやったことなかったので。いっつもKっぽいかっこいいやつばっかりなので、8では」
向井地美音「ここだと妹キャラ」
中野郁海「じゃー甘えていきますね、どんどん」


◆ごめんね ジュエル

島田晴香「ずっと一緒なんだよね」
松井珠理奈「そう、また一緒なんだよね」客w
他メン「言い方」
松井珠理奈「また一緒で凄い嬉しい♪ 島田と一緒にいると凄い安心するよ」

島田晴香「走る時に、ちゃんと決まったタイミングであそこに着けないの。ヤバイ、衰えてきたと思って。頑張ろうと思った」
向井地美音「でも衣装似合ってますよ、ほんとに。お腹出しが凄い似合ってる」
メンバーたち「痩せた」
島田晴香「そういうイジり慣れてないからどう返したらいいかわかんないです。ずっとデブイジりされてたから」


◆おしめし

島田晴香「可愛かったね」
向井地美音「まりやぎさん、前、妹側のほうやってましたよね。それがお姉ちゃんに」
島田晴香「(はるっぴ)博多弁使ってましたよね?」 → 「愛しとる?愛しとる?」
松井珠理奈「もういいもういい。何回も言わなくても大丈夫だよ」
島田晴香「でも博多弁って可愛いよね。セリフも見所じゃないですか。公演によって変わってくんで」


◆22人姉妹の歌

向井地美音「セリフと言えば「22人姉妹の歌」も凄いですよね」
島田晴香「(十夢は)パーリーピーポー。CMの影響でしょうね。全然パーリーピーポー感ないんですけど」
武藤十夢「ないんですよ、もともとね。でも覚えてくれるなら全然」


◆M10.Stand up
◆M11.Cool girl
◆M12.回遊魚のキャパシティ


■MC
◆前半:島田晴香兒玉遥田野優花向井地美音峯岸みなみ山本彩篠崎彩奈永尾まりや

峯岸みなみ「今日迎えるまでの間、リハーサルだったり色々ありましたけども、その中で発見したメンバーのいいところ、絡んだエピソード

兒玉遥「私、今日の公演でなんですけど、ちょっといただきマンモスしちゃったことがあるんですよ。「ボーイフレンドの作り方」っていう曲でさや姉さんのおっぱいを触らせてもらいました! 私、ずっと夢だったんです」
島田晴香「1コ前の横山チームKから言ってたよね」
峯岸みなみ「じゃーここにいる触れないかわいそうな人たちに食レポならぬパイレポ?」
兒玉遥「軽く触れただけなのに弾力感じたの、ちゃんと」
峯岸みなみ山本彩の胸を触る 「ほんとだね」
田野優花「低反発の枕触ってるみたい」
篠崎彩奈山本彩の胸を触る(触っただけ)
島田晴香「そんなに触っていいの?」
山本彩「島田さんは無理ですけど。でも曲中にそうやってスキンシップしてくれたから私も何か返したかったんですけど、その行動に戸惑いすぎて手持ちぶたさになっちゃって、行き場のない手が、みたいな」
向井地美音「はるっぴさんは衣装の上からじゃないですか。私はさっき着替え中に触った」
兒玉遥「ズルイズルイ、いいな」
向井地美音「触りましたよ」
山本彩「うし?」
向井地美音「ありすぎて意識がない。そういうこともあるんですね」
峯岸みなみ「まりやぎ興味持って(w) MCメンバーですよ」

永尾まりや「先ほど楽屋であきちゃさんのお母さんから大量のアイスが届きました」 → 変な色々のアイスをはるっぴが食べてた
兒玉遥「美味しかったですよ。普通にサーティワンの美味しい味のアイスクリームでした」

向井地美音「やぎさんなんですけど、一歩引いた感じに見えて、リハーサル中に先生から言われたことを全員分メモして、グループトークに送ってくれたんですよ(拍手) かっこいい」
永尾まりや「送ってない」
島田晴香「顔も可愛いのにそういうことされたら」
峯岸みなみ「うちらやりたいよね」

田野優花「今日実は小嶋陽菜さん来てたじゃないですか。「回遊魚のキャパシティが好き」って聞いて、まさかね、「回遊魚のキャパシティ」終わったら帰らないだろうなと思ったらもう居ない」
峯岸みなみ「ほんとだ。あのね、ほんとに「キャパシティ観に行くね」ってほんとにそう言ってて、ほんとにそれだけ観に来たのかもしれない」
田野優花「ウソかと思ったらほんとに帰っちゃった」
峯岸みなみ「だって私が4曲目のオープニング終わって楽屋に捌けてたら「何か知らない歌はじまった」ってLINEが入ってたから(w) 知らない曲でも興味持ってもらえるようにもうちょっと表現力も上げていかないといけない」

「あと私が、本番前にゲネプロっていう、同じような形で通してリハーサルをするんですけど、その時感動、やっぱチームだなって思ったのが、ゲネプロって関係者の皆様だったりとか、そんなに盛り上がらないんですよね。シーンって感じで見てて、アンコール待ってても別に誰がアンコールするわけでもないんですけど、まりやんぬが率先して「アンコールいくぞー」って言ってくれて、それで関係者の皆さんがアンコールをしてくれて、私たちリハーサルからアンコールも気持ち良くできたというね、凄くいいチームだなという風に思いました」拍手

◆後半:藤田奈那中野郁海茂木忍武藤十夢松井珠理奈高城亜樹湯本亜美阿部マリア

お題:初日を迎えるにあたってのエピソード

藤田奈那「私、珠理奈さんが好きなんですけど、珠理奈さんが色々コンサートとかが忙しくって、みんなとのリハに1回も来れなかったんですよ。今日初めて合流したのに、この素晴らしいパフォーマンス。私は感動しました。好きです」
中野郁海「私も好きです」
松井珠理奈「でも私はみんながリハをしているVとかをもらって見てたんですけど、みんなが踊れすぎててめっちゃ不安だったよ、来るまで。ほんとに」
武藤十夢「でも、始まる直前に先生に「珠理奈さんとか来てないけどどうですかね?大丈夫ですかね?」って話来たら「うん、あやなんのほうがヤバイと思うから大丈夫よ」って」客w
藤田奈那「あやなん、今日本番前、泣きましたからね。緊張するって言って泣いてましたから」
武藤十夢「可愛かった」
藤田奈那「新鮮な感じですよね」

茂木忍「いくみんがチーム8と兼任してるんですけど。チーム8に私、凄い興味があるんですよ。チーム8の子たちが凄い気になってて、1人1人のことを聞いてたら、47人分のお話の話題があるわけじゃないですか。今のところたぶん10県ぐらい制覇してお話を色々聞いたので、残り37都道府県、是非色々聞きたいなと思って。色々聞けるんですよ、ファンの方が知らないことまで聞けるので。色々話を聞くと同時にいくみんとの仲も深めていきたいなと思います」

高城亜樹 → ユニット「22人姉妹の歌」、みぃちゃんはキャプテンで紹介する感じわかるけど、確実に私とあべま、両サイドあほで固めたみたいな。
松井珠理奈「そんなことないよ」

湯本亜美「ユニット「ごめんね ジュエル」をさせていただいたんですね。研究生でバックダンサーデビューしたのがたしか「ごめんね ジュエル」のバックダンサーだったんですよ。研究生の時はまさか自分がマイクを持って歌う立場だと思わなかったんです、「ごめんね ジュエル」を。だけどここのジュエルをやってる時に、あー自分研究生でデビューしたなって思って、嬉しかった、懐かしく感じました」

武藤十夢 → リターンマッチ、本番直前のリハで椅子から落ちて、膝裏を椅子の背の部分に強打してしまった。椅子は難しいけど楽しかった。

阿部マリア → おかぱーずに「いいですよ」って、入れてくれた。
武藤十夢「言ってないですよ」
藤田奈那「アンダーですよ」
阿部マリア「いいよって言ったじゃん」
武藤十夢「お菓子パーティーはいいよって話です」


◆M13.会いに行こう


■アンコール

発動客「皆さん、今日は峯岸チームK「最終ベルが鳴る」公演初日です。盛り上げてますか? (イェー!) ありがとうございます。まだまだ公演は終わりません。最後まで全力で盛り上げていきましょう」 → 「チームK」コール


◆EN01.シャムネコ
◆EN02.メロスの道


■MC 今日の御礼の言葉、感想

向井地美音「3月に組閣発表があって、最初凄い不安しかなかったんですけど、少しずつこのチームKで活動する機会もだんだん増えてきて、そして今日ついに本格的なスタートラインに立てたということでほんとに嬉しいですし、始まる前、泣きそうだったんですよ、実は。誰にも見せないようにしてたんですけど。でもほんとに皆さんが温かく見守ってくださったおかげで無事この初日大成功で終われたんじゃないかなって思います」拍手

「このあと他のチームもどんどん新公演始まっていくと思うんですけど、その一発目に走り出したチームKということで、他のチームにも負けないような素晴らしい峯岸チームKを作っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」

峯岸みなみ「まだまだスタートラインに立ったばかりのチームKですが、皆さんの声援を受けて、そして一緒にいる時間を重ねて最高のチームにしていけたらいいなと思います。これからも峯岸チームKの応援をよろしくお願いします」


◆EN03.支え


手繋ぎ挨拶 ※BGM:最終ベルが鳴る

終演 (その後、お見送り)


■AKB48 LIVE!! ON DEMANDにて配信開始

【アーカイブ】11月30日(月) チームK 「最終ベルが鳴る」初日公演

公演後の感想 → 島田晴香峯岸みなみ

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND