FC2ブログ

後藤泉 卒業公演 (2015/10/30、チームKⅣ)

Google+より
151030hkt701.jpg

HKT48劇場 チームKⅣ「シアターの女神」公演

■出演メンバー
チームKⅣ → 伊藤来笑今田美奈岩花詩乃植木南央多田愛佳岡田栞奈熊沢世莉奈後藤泉下野由貴田中優香冨吉明日香深川舞子渕上舞村重杏奈本村碧唯
研究生 → 坂本愛玲菜

森保まどかが休演となり、坂本愛玲菜が出演いたします。

※画像はamazonにリンクしています。



前座ガール → 今村麻莉愛


【セットリスト&MC】

■開演前

◆前座.ロマンスかくれんぼ (前座ガール=今村麻莉愛)


■開演
◆M00.overture (HKT48 ver.)
◆M01.勇気のハンマー
◆M02.隕石の確率
◆M03.愛のストリッパー
◆M04.シアターの女神


■MC (自己紹介)

渕上舞「今日は後藤泉の卒業公演です」
後藤泉「こっちです」客w
渕上舞「最後までいーちゃんの笑顔が溢れるような公演になったらいいなと思います」

お題発表:渕上舞
お題:いーちゃんとの思い出

【1列目 下手側から】



多田愛佳「埼玉県から来ました、らぶたんこと多田愛佳です」

「私といーちゃんの思い出はたくさんあるんですけど、最近で言うと、この間サイン会があったじゃないですか。2日連続東京でサイン会があった1日目の服が可愛かったらしくて、私が着てたやつが。なのでいーちゃんが「どこで買ったんですか?」っていうのをLINEしてきて、あー卒業も決まったからオシャレに気が回るようになったのかなって(w) 思ってどこで買ったか教えてあげました。今度、東京のブランドなので、東京に来た時に一緒に行きたいなと思ってます」




下野由貴「福岡県出身 17歳のしなもんこと下野由貴です」

「私はいーちゃんとの思い出はですね、ダイエットを頑張るLINEのグループをけっこう前に作ってまして。一時期ちゃんとやってたんですけど、そう言えばそういうのあったなと思って、さっきトークを見返してみたら、ほとんど食べ物の話しかしてなくて。お前ら真面目にやる気あるのかと思いました」




本村碧唯「福岡を信号で表すけん、みなさんも一緒に言ってみてください。お願いします。赤は明太子、黄色はとんこつラーメン、青はやっぱり? あおい! 福岡県出身 18歳のあおいたんこと本村碧唯です」

「私はいーちゃんはあおいのことを最初のほうからずっと好きだって言ってくれる唯一のメンバー。ずっと言ってくれる人はいないんです。密かに好きだって言う人いるんですけど、ずっと私にアピールしてくれるメンバーはいなかったので凄く嬉しかったんですね。だから、これからもあおいイチ推しでいてください」
後藤泉「もちろんです」
本村碧唯「やったー!」




渕上舞「今日のお天気は私にお任せ! あなたの心をいつもポカポカ陽気にします♪ 19歳のお天気キャスターになりたい、舞ちゃんこと渕上舞です」

「私のいーちゃんとの思い出はですわね(w) 私のいーちゃんとの思い出は、研究生公演の「脳内パラダイス」公演の時に「君はペガサス」というユニットを一緒にやってたたよね。4人のユニットなんですけど、私が一番チビで、ほんとに全然かっこ良くなかったんですけど、その時にいーちゃんが誰よりもかっこ良く見えてたので、今日もたくさんいーちゃんのかっこいいところを見ていきたいなと思います」




植木南央「み~んなを笑顔にしちゃうけん。片っぽえくぼがチャームポイントの18歳、なおこと植木南央です」

「ありがとうえき。南央はですはね(w) 南央はいーちゃん含め、いもむChu!との思い出なんですけど。モバイルで植木南央のほんわか座談会っていうのをやってるんですけど、それにゲストでいもむChu!が来た時に、そんなにその時は今ほど仲良くなくて、あんま話したことないぐらいの時だったんですよ。凄く不安で頑張んなきゃなと思ってたんですけど、いもむChu!が面白すぎて、私が途中からイジケて、口数が減るっていう複雑な思い出があるんですけど、いーちゃんには卒業してもほんわか座談会には出て欲しいなと (おー) 思います。今日は1日おねげーするっす」
後藤泉「前払いでお願いします」客w
植木南央「えー? お金いるの?」


【2列目 下手側から】



熊沢世莉奈「HKT48のおしゃれ番長になりたい、せりーぬこと熊沢世梨奈です」

「私は思い出というよりいーちゃんから言われて印象に残った言葉なんですけど。すっごい真顔で「もっと太れ」って言われたことなんですけど。私、いーちゃんとバイキングに行く約束をしてたんですけど、まだ行けてないんですよ。なのでいーちゃんと予定が合う日は行きたいなと思うんですけど、もっと太るにはお食事に誘ってもらわないと太らないので、たくさん誘ってください。今日は1日がんばー! (りーぬ!)」




今田美奈「福岡を盛り上げるのは? いまだー! み~んなのアイドル♪ (ひゅ~) 福岡県出身 18歳の今田美奈です」

「私のいーちゃんとの思い出はほんとにたくさんあるんですけども、そうですね、いーちゃんのクラスメイトも特徴のある声で好きだったし、「君はペガサス」も一緒にやったし、「キスはだめよ」も一緒にやったし、ほんとにやるユニットが似てて。けっこう大人っぽいユニットをい持ってきてくださるんですけど、マネージャーさんが。この間卒業前に「天使のしっぽ」をやってて「あーいいな」と(w) DMMを見ながら「わー、別に報告とかされてないけどやってんな」とか思って(w) 思ったんですけど、でも私もいつか絶対いーちゃん回ってあげるから。回るからね、私」
後藤泉「期待してます」
今田美奈「その時はいーちゃんに見に来てもらおうかなと思います」
後藤泉「是非」




岩花詩乃「福岡県出身 15歳のしのこと岩花詩乃です」

「私はですね、いーちゃんとの思い出は、研究生の時は仲悪いわけじゃないんですけど全然話さなかったんですよ。でもチームKⅣになってからビックリするぐらい仲良くなって、今では私と優香といーちゃんとトミでよくお泊り会をするようになったので、いーちゃんがやめてからもこの4人でお泊り会ができたらいいなと思います」




村重杏奈「フスィェミ プリヴィェトゥ ヤー ヴァス オーチン オーチン リュブリュー。ロシアとのハーフのあーにゃこと村重杏奈です」

「村重がいーちゃんとの思い出はですね、んー、そうそう、けっこう最近仲良くなったよね」
後藤泉 → 頷く
村重杏奈「最近って言ってもあれですよ。けっこう前から喋りはしてたけど、めっちゃ、凄い、超仲いいみたいな仲になったのはけっこう1ヶ月前ぐらいだよね」
後藤泉「そうですね」ざわざわ
村重杏奈「卒業発表してからめっちゃ仲良くなったんですけど(w) 楽屋でね、20分前ぐらいになると集まるんですよ、自然に、うるさいのが。KⅣを代表するうるさいメンバーが集まるので、私は凄いそれが幸せな時間だったんですけれども、んー、悲しげですね、卒業は。でもですね、やっぱメンバーなので会えなくなるわけじゃないので、村重もいーちゃんにたくさん遊びに連れてってもらいたいなと思います」




後藤泉「溢れる笑顔は泉のように。福岡県出身 18歳のいーちゃんこと後藤泉です (拍手&声援) ありがとうございます、ありがとうございます、ありがとうございます。はいよー、どうも。喋っていいかな? ありがとうございます」

「私のいーちゃんとの思い出は(w) そうですね、いーちゃんとは生まれて18年間ずっと一緒にいるので、これから悲しい思い出も楽しい思い出も一緒に歩んでいけたらいいなと思います」




深川舞子「みなさんの前にも笑顔と幸せが まいこむ! 福岡県出身 16歳 高校1年生のまいこむこと深川舞子です」

「私もですね、めっちゃってほどじゃないけど一杯あるんですけど。いーちゃんは絶対に誕生日を覚えててくれてて。会ったら一番におめでとうございますとか言ってくれるんですよ。だから私も来年からでもいーちゃんの誕生日になったら一番にLINEしようかなと思います」


【3列目 下手側から】



坂本愛玲菜「中学3年生 15歳の3期研究生、えれたんこと坂本愛玲菜です」

「私の後藤さんとの思い出は、公演前の円陣前に私が後藤さんに泣かされたみたいな話なんですけど。実は泣かされたんじゃなくて、みんなで集まって円陣するんですけど、そこで「行くぞー」みたいな掛け声だったんですよ。そしたら、冗談で後藤さんが「声小さいよ」ってけっこう怖めに言われたんですね。それが本気で怒ってると思って泣いてしまったんですよ、私がそれで。後藤さんにはそれで複雑な思いをさせたなと思ってるんですけど、こういう苦い話なんですけど、今日は急遽出演なんですけど、森保さんの分まで頑張って後藤さんを見送りたいと思います」




田中優香「優香の香りは優しい香り。15歳のゆうたんこと田中優香です」

「優香はですね、すっごい一杯ありすぎて、何話したらいいか全然わかんないから話さないんですけど (えー) ちょっと聞いてくださいよ。前はね、ほんとにあんまり仲良くないじゃないけど喋ったことなくて。仲良くなれないなって思ってたんですよ、ずっと。だけどチームKⅣになって一緒に「ハワイヘ行こう」のダブルセンターとかさせていただいていく時に凄く仲良くなって、今ではすっごい仲良くなってるので、ずっと仲良しでいたいなと思います」




岡田栞奈「みーんなに幸せを届ける 青い鳥になりたい。どこにおってもあなたのところに飛んでくけん。福岡県出身 18歳、おかぱんこと岡田栞奈です」

「いーちゃんとの思い出はですね、いーちゃんと2人っきりでお出かけしたのが2、3年前の研究生時代の時ぶりで、全然記憶にないんですよ。いーちゃんに訊いても「プリクラしか撮ってない」みたいな、プリクラは撮ったことはわかってるけどそこ以外何したっけ?って感じで覚えてないんですよ。なので今日の公演が1分1秒記憶に残る素敵な時間になればいいなと思ってます。(マイクなしで)今日は1日よろしくお願いします」




冨吉明日香「明日はあすかの風が吹く。宮崎の元気と笑顔をてげ届けるために 今日もトミヨシレボリューション!(ポーズ) あすかこと冨吉明日香です」

「私もですね、ゆうたんと一緒で思い出がありすぎて。私の場合はHKTにいる全ての時間がいーちゃんと一緒にいたぐらいの感じなので。そう、だからほんとに絞れないので、まとまるまであと3ヶ月ぐらい卒業を伸ばして欲しいんですけど。でも一番覚えてるのは、実はいーちゃんのパパといーちゃんのママと、いーちゃんと私で焼肉食べに行ったことがあるんですよ。そう、凄くないですか? ほんとになんか、結婚するのかな? ご挨拶するのかな?私みたいな感じだったんですけど。それぐらい仲がいいので、皆さんが心配ないように私がいーちゃんが変な男とかにつかまらないように私がしっかり見守っていきますのでご安心してください。何言ってんの?私」
メンバーたち「親?」




伊藤来笑「カムスマイル♪ カムスマイル♪ ライライラー! 愛媛県出身 16歳、今日もみ~んなにカムスマイル♪ らいらこと伊藤来笑です」

「私のいーちゃんとの思い出はですね、私もあんまり印象に残ってることがなくて。いーちゃんとは仲いいんですけど、2人で出かけたことっていうのがイマイチ覚えてなくて。だから出かけたいなって思ってたら最近ちょうどいーちゃんが私の好きなアイドルグループさんたちを好きになってくれたんですよね。「一緒にオタ活しに行きたい」とか「これはどういう曲なの?」とかお勧めの曲ワーって一杯私にオタクの先輩として最近見てくれてるので、いつかいーちゃんとオタ活一緒にできたらいいなと思います」

「もう1つですね、今日急遽休演になってしまった森保まどかさんからのメッセージが届いていて。読みたいと思います」

森保まどかです。いーちゃん最後の大事な公演に出られなくてすみません。高熱が出てしまいストップになっちゃいました。メンバーのみんな、迷惑かけて本当にごめんなさい。いーちゃん、お詫びじゃないけど今度ご飯行こうね。もちろん私のおごりで。皆さん、アイドル後藤泉の最後の姿を目に焼きつけてください。いーちゃん、最後まで楽しんでね!とのことです」


◆M05.初恋よ こんにちは (下野由貴本村碧唯植木南央)
◆M06.嵐の夜には (今田美奈岩花詩乃多田愛佳深川舞子)
◆M07.キャンディー (熊沢世莉奈後藤泉村重杏奈)
◆M08.ロッカールームボーイ (冨吉明日香田中優香渕上舞岡田栞奈伊藤来笑)
◆M09.夜風の仕業 (後藤泉)


■MC
岩花詩乃田中優香渕上舞岡田栞奈伊藤来笑 ※全員2期生

伊藤来笑「いーちゃんの夜風、初めてですよね」
田中優香「素敵だった」
渕上舞「綺麗だったね」
岩花詩乃「めっちゃ上手かったね」

伊藤来笑「ここのMCはいーちゃんについてなら何でもいいので、いーちゃんについてフリートークをしていきたいなと思います」

岡田栞奈「私はいーちゃんと初期、顔が似てる、雰囲気が似てるって言われて、2人の区別がつかないって凄い言われた」
渕上舞「2人とも凄い美形だもんね」
岡田栞奈「それでいーちゃんと、2人ってあんまり区別が・・・」
伊藤来笑「キャラがね、まだほんとに最初の時はね」
岡田栞奈「どうしたら区別つくかな?みたいな話になって、結局答えわかんなくて2人でビジュアル2トップ目指そうみたいな」
伊藤来笑「さっきからの自信は何?(w) 確かに可愛いし2人とも美人ですけど、何?」客w
田中優香「綺麗だから」
伊藤来笑「わかんないけど、でもさ」
岩花詩乃「でも今ではいーちゃんバラエティのほうに行っちゃってね、そんな感じじゃないよね」
岡田栞奈「そう、相方募集してます」
岩花詩乃「1人で頑張ってください」客w

田中優香「優香は、いーちゃんと「ハワイヘ行こう」させていただいた時に」
伊藤来笑「ダブルセンターね」
田中優香「MVを撮影してた時に、私ずっと戸惑ってて。どうしたらいいかわかんなくて。だからずーっといーちゃんにくっついてて、いーちゃんの子供みたいにくっついてて」
伊藤来笑「でもその時ぐらいにちょうど仲良くなったんでしょ?」
田中優香「いや(w) その前にチームKⅣになった時に、凄い仲良くなったんですよ。でも私、研究生の時にけっこういーちゃんにアピールしてたんですけど、好き好きとか言って。だけどいーちゃんは「イヤイヤ」みたいな感じだったんですよ。だから、今はたぶんお互い「好き好き」同士だから」
伊藤来笑「仲いいよね、めっちゃ」
岩花詩乃「私さ、研究生の頃ね、いーちゃんとあんま話さなかったの。だから話してみたいと思って、いーちゃんけっこうお菓子好きじゃん。だからけっこう、3日に1回ぐらいのペースでプリンあげてた」
伊藤来笑「餌付けじゃん」
田中優香「優香もよくチョコあげてました」
伊藤来笑「その結果どうなった? 仲良くなれたの?」
岩花詩乃「研究生の時はそうでもなかった(w) でもチームに入ってね、ほんとに仲良くなった」
田中優香「ほんとに仲良くなったよね」
岩花詩乃「だって私、研究生の時にさ、この前4人ぐらいで、研究生の時のDVD見てたんですよ。その時に「この時、詩乃ちゃんのこと嫌いだった」って言われて。私、あんなにプリンあげてたのに」客w
田中優香「今だから言えるよね。こんなに仲良くならないと早々人のこと「嫌い」とか言えないからさ」

岩花詩乃「私はですね、いーちゃん今日卒業するじゃないですか。なのにもう明日遊ぶんですよ」
田中優香「いいなー」
渕上舞「私もいーちゃんとアビスパ福岡さんの試合観に行く約束してる。アビスパの女神になってくるわ」
伊藤来笑「舞ちゃん1回ホークスの、行ったんだよね、試合に。舞ちゃんが行った時、ちょうど負けてたんですよ。できればちょっとやめて欲しいかなと思って」

伊藤来笑「それではですね、次の準備ができたみたいなので続いての曲にいきたいと思います」


◆M10.ガラスの I LOVE YOU (駒田京伽冨吉明日香坂口理子後藤泉)

※曲が始まる → 「おー!」
※終了後、メンバーたち「イェー!」


■MC
冨吉明日香後藤泉駒田京伽坂口理子

後藤泉「おい、何やってんだ、お前ら」
坂口理子「きちゃった♪」
冨吉明日香「きちゃったじゃないよ、ちょっと」
坂口理子「いーちゃんの最後に来ないわけないじゃん」ひゅ~&拍手
冨吉明日香「まさかもう一度これができる日がくるなんて」
後藤泉「2年前かな。HKT2周年の公演の時に4人でね、やったポジションと、そのまんまでやったんですけど。まず衣装入って良かったって感じですね」客w
坂口理子「本当に良かった」
冨吉明日香「今日劇場に来て一番に確認したからね」
坂口理子「私も」
後藤泉「ありがとうございます。スペシャルゲストです」拍手
坂口理子「色々ね、4人でユニットやってきましたけども、最後ということでね」
後藤泉「ほんとはね、谷も出たかったんですけど、ちょっとお忙しいのでね」
坂口理子「これが本当に最後ですから。最後最後と言いつつ色んなユニットをやってですね」客w
冨吉明日香「すみませんね、ほんとに申し訳ない」
後藤泉「でしゃばりグセがちょっとあってですね」
坂口理子「ほんとに最後なのでね」

坂口理子「ここでいーちゃんと明日香は着替えがあるので」
後藤泉「行ってきます」拍手

後藤泉「夢の時間が」

# 冨吉明日香後藤泉 → 捌ける
# 入れ替わりで先ほどの5人が登場


岩花詩乃渕上舞駒田京伽坂口理子田中優香・・岡田栞奈伊藤来笑 ※全員2期生

岩花詩乃「なんかさ、4人ともさ、それなりに歳いってんのにけっこう可愛かった」客w
駒田京伽「うるせーな」
坂口理子「うるせーよ」
伊藤来笑「しかもツインテールして」
岩花詩乃「可愛かった、可愛かった」
坂口理子「棒読みすぎでしょ」

岩花詩乃「いもむChu!ってさ、けっこう「天使のしっぽ」やったりとかさ、「てもでも」とかやったり」
伊藤来笑「おしめししてたからね」
駒田京伽「おしめしじゃない、「いもめし」ね」客w
田中優香「いもいもの涙」
岩花詩乃「いもむChu!さ、けっこうやってるのにI4U何もしたことないよ」
坂口理子「これからですよね」
岩花詩乃「これからですね。尾崎さんお願いします」拍手

渕上舞「でもさ、真理佳ってさ、まだ研究生なんでしょ? いもむChu!研究生」
坂口理子「一応研究生なんですけど」
渕上舞「いつ昇格するの?」
坂口理子「そうですね、昇格と言えどもね、いーちゃんがいなくなったんで」
伊藤来笑「新メンバーとかあるんですか?」
坂口理子「ちょっとほら、今後はさ、いもむChu!じゃなくてさ、「いもかご」に。新しく虫かごっていう次世代ユニットができたから」
駒田京伽「それはりこぴ1人で頑張っていただいて」
伊藤来笑「そんな何でもかんでも真似しなくていいんだよ」
坂口理子「自分の新しい色を出していけたらいいなと思いますけど」
田中優香「可愛いね~、理子ちゃん!」
坂口理子「ほんと? 凄い無理してるよ、今」
伊藤来笑「りこぴ、何歳?」
坂口理子「21ちゃい」
田中優香「可愛いよ」ひゅ~
坂口理子「違うの、そんなこと言ってもぴーちゃんも高校卒業してるからね」
客「可愛いよ!」
駒田京伽「ありがとう!」
坂口理子「私の時なかったよ、そういうの」客w
客「可愛いよ!」

坂口理子「凄いですね、みんなお揃いのTシャツ」
伊藤来笑「みんな今日気合入ってるもんね」
駒田京伽「愛されてますね、いーちゃんね」
坂口理子「愛されてますね。私たちこの後これ脱いでね、そこで見ようかなと思って」
駒田京伽「ちょっと見ます」
田中優香「いーちゃんコール是非よろしくお願いします」
伊藤来笑「今日もね、一杯、みんな見に来てくれてるんです、あそこから。イェー、盛り上がってる!?」

※見学メンバー「イェー!」

伊藤来笑「ありがとう」
坂口理子「女オタがたくさんいますね」
伊藤来笑「連番してるね、みんな」
渕上舞「今日もね、差し入れ一杯でね」
伊藤来笑「そしたらね、チームKⅣのみんな仲よすぎて、同じものなんですよ、食べ物」
田中優香「差し入れするものがね」
岡田栞奈「冷蔵庫にケーキ3つありますよ」
伊藤来笑「ホールでね、しかも」
田中優香「なんかね、チームKⅣの公演ってお腹だしがあるじゃないですか。いつもみんな公演前とか気をつけてるんですよ。だけどみんな「今日はいいや」とか言って」
伊藤来笑「みんなで食べたら怖くない、みたいな。「これ0カロリーだからさ」とかって思い込んでみんな食べた」
坂口理子「詩乃がアイス食べてたんですよ。アイス食べてたけど半分もらいました、私たち」
岩花詩乃「なんかさ、全部食べちゃったらさ、さすがにヤバイかなと思って。だから半分あげたの。その後にね、変なストレッチをしまして。お腹を引っ込ませるために頑張ってます」
坂口理子「偉いですよ、アイドルですからね」

伊藤来笑「何かありますか?ほかにみんな」
坂口理子「昨日もいもむChu!LINEとかで話してたんですけど、いーちゃんが「あとアイドル23時間かー」とか言って」客w
駒田京伽「今日起きて、ベッドで自撮りして送ってきたんですよ」
岩花詩乃「それ私も送られてきた」
駒田京伽「アイドル最後の自撮りがブス、みたいな」
岩花詩乃「12時ぐらいまで寝てましたからね」
伊藤来笑「今日も廊下に、マネージャーさんとかの意見で廊下にいーちゃんとの2ショットだったり、集合写真だったり、いーちゃんがいる写真を全部貼ってたんですよ。半分がいーちゃんの変顔とかなんですよ」
岩花詩乃「けっこうヤバイやつ」
伊藤来笑「載せれないやつ多いよね。メイキングカメラこれヤバイんじゃない?みたいなのが凄い多くて、さすがだなって思った」
坂口理子「変顔が貼ってあって、尾崎さんがそれを「この変顔いいなー」って(写メ)撮りながら」
駒田京伽「載せちゃうかもよ、尾崎さん」
坂口理子「これ面白いよなー、言ってた」

伊藤来笑「それではですね、いもむChu!の2人には帰ってもらって」客w
坂口理子「あっちにね」
岩花詩乃「お疲れ様でした」
伊藤来笑「ありがとう」拍手

駒田京伽坂口理子 → 捌ける

田中優香「バイバイ」
岡田栞奈「楽しんで見てね」
岩花詩乃「最後までアピールが凄い」

伊藤来笑「それでは後半戦にいきたいと思いますが、皆さん声出す準備できてますか!?」イェー!


◆M11.100メートルコンビニ
◆M12.好き 好き 好き
◆M13.サヨナラのカナシバリ


■MC
◆前半:今田美奈坂本愛玲菜熊沢世莉奈深川舞子渕上舞冨吉明日香伊藤来笑岩花詩乃

冨吉明日香「ここのMCでは、いーちゃんが明日から普通の女子高生になるということでですね、ちょうどいーちゃんもいないことですし」
伊藤来笑「悪口?」
冨吉明日香「悪口じゃないよ。いーちゃんのこれからについて勝手に予想してみようじゃないかと思います」
岩花詩乃「予想スレ?」
冨吉明日香「やめなさい。2ちゃん用語を使わないの」
岩花詩乃「すみません」

坂本愛玲菜「私は、まず女の社長さんになりそうだなと思います」
伊藤来笑「貫禄あるからそういうのわかる」
坂本愛玲菜「自分はいっつも自虐ネタとかで下げてるけど実はちゃっかり社長になって人生成功して」
メンバーたち「ちゃっかり」
冨吉明日香「いーちゃんって後輩にそんな風に思われたんだね」
岩花詩乃「けっこう上から見られてる」
坂本愛玲菜「いやいやいや」
冨吉明日香「確かに見た目はさ、ちょっと女社長感あるよね」
メンバーたち「確かに」
岩花詩乃「めっちゃ短いスカートにめっちゃ高いヒール履いてそう」
メンバーたち「わかる」
伊藤来笑「あと毛皮みたいなさ」
今田美奈「みんな妄想しすぎでしょ」
冨吉明日香「でも大丈夫。いーちゃん凄いケチなんで」

渕上舞「私はですね、卒業しても755とかでファンの方のフリしてメンバーにやじコメ打ってそう」
伊藤来笑「なんなら握手会行ってそうじゃない? あおさんとか」
岩花詩乃「ちゃっかり並んでそう」
冨吉明日香「なんかね、この前、握手会があったじゃん。で、のんちゃんに会うのが最後だったの。その時にいーちゃんが一番最後に言ったこと(手を上げて)「じゃー握手会行きますね!」って、それでお別れしていったの、のんちゃんと」
岩花詩乃「もしかしたらね、のんちゃんのレーンで会えるかもしれないじゃん」
冨吉明日香「のんちゃんの握手券売れちゃうよ、そんなことやったら」客w

伊藤来笑「いーちゃんは掃除のおばちゃんになってそうだなっていう。普段も楽屋のゴミ袋とかもいーちゃんが全部やってくれて、空き缶とかボーンって潰してるのはいーちゃんなんですよ。いーちゃんいなくなったら誰がするんだろうってなるんですけど、逆にいーちゃん今までしてたから、そのストレスはどこで発散するんだろうって考えた時に、プライベートで仕事やってそう、掃除で」
冨吉明日香「なんかさ、街でさ、偶然会ってさ、いーちゃんが掃除してたら嫌じゃない? 掃除はいいことなんだけどさ、「あっ、今、掃除の人やってんだ」みたいな。気まずいよね」
伊藤来笑「しかも目の前で全力で空き缶潰されてたらさ、ビックリするよね」
冨吉明日香「でもちょっと想像ついちゃうよね」

今田美奈「いーちゃんは結婚して三つ子産みそう」
冨吉明日香「具体的」
今田美奈「なんか、3人、しかもそれが女・男・男なの」
メンバーたち「あー」
今田美奈「で、一緒のボーダーの服とか着せて公演見にきそう」
冨吉明日香「でもほんとに、いーちゃんがもしかしたらファミリーカップル席に座ってるかもしれないんですよ。もう、なんか・・・どうしたらいい?」
メンバーたち → w
岩花詩乃「カップル席とか座ってたらヤバイよね」
冨吉明日香「そういうの私、見たくないんやけど。そういうところは知りたくないよね」
岩花詩乃「でも私さ、恋愛解禁になるわけじゃん。でも、いーちゃん、なんか「彼氏できない」って相談してきそう」
冨吉明日香「確かに理想高そうだよね」
岩花詩乃「で、誰もいい相手が見つからず一生終えそう」
伊藤来笑「それ一番ダメじゃん」
冨吉明日香「悲しい。ちょっとギックリって顔してる人いるからやめて。でもいーちゃんとは30までお互い独り身だったら一緒に暮らすっていう約束してるんです。そしたらね、エゴサをしたら「絶対2人とも独り身で結婚するよな」みたいな。えっ?独り身で結婚する?」
岩花詩乃「言葉おかしい」
冨吉明日香「独り身で・・・」
伊藤来笑「一生を終える?」
冨吉明日香「そうそうそう。やめようか、この話」客w
伊藤来笑「馬鹿なのバレちゃうからね」

深川舞子「私はですね、やっぱりぴーちゃん・・・いーちゃんは」
メンバーたち「そこ大事」
深川舞子「そこ忘れてね。いーちゃんは将来の夢がパン屋さんって言ってたから、パン屋で5時ぐらいに起きて、めっちゃ必死になってこうやって(叩きつけて)こねてそう」
伊藤来笑「いーちゃんはオーディションの何かに将来の夢、HKTのオーディション受けてるのに「パン屋さん」って書いたんですよ」
深川舞子「だから、普通の人がこねるのがこれぐらいとしたら、いーちゃんこうやって(ダイナミックに)してそう。上から突き落とす感じ」
冨吉明日香「どういうイメージなんですか? 完全にクロールなんですけど。でも好き勝手言ってきましたけども、いーちゃんには幸せになってもらいたいなと思います。続いては後半組です」


◆後半:後藤泉村重杏奈岡田栞奈本村碧唯田中優香植木南央下野由貴多田愛佳

※仕切り:下野由貴
お題:いーちゃんに訊きたいこと

本村碧唯「一番目だから、HKTで一番楽しかった思い出は?」
後藤泉「一番楽しかったのですか? そうですね、一杯あるんですけど、アンフィシアターでやった「パジャマドライブ」公演っていう。村重さん、小声で「出てない」って」客w
村重杏奈「出てない」
後藤泉「一杯楽しかったんですけど、それは凄い楽しかったですね」
植木南央「何で何で?」
後藤泉「けっこう選抜メンバーとかがたくさん出て、芽瑠ちゃんとかも出たんですけど、「鏡の中のジャンヌ・ダルク」で芽瑠ちゃん差し置いてセンターだったんですよ」
下野由貴「優越感ってやつね」
後藤泉「そうですね、なかなか味わえない気持ちで。楽しかった」

多田愛佳「私のこと好きですか?」
後藤泉「わー! 可愛い。ほんとに私、初恋ダッシュの愛ちゃんがほんとに好きで。愛ちゃんが移籍してくるってなった時、めっちゃガッツポーズですよね」
多田愛佳「怖くなかったの?」
後藤泉「全然。愛してます」
多田愛佳「嬉しい。凄く嬉しいです。なんか、写真あんまりないって」
後藤泉「そうなんです」
下野由貴「廊下に貼ってあるやつね」
後藤泉「緊張して撮れないんですよ」
多田愛佳「だから、今日一杯撮りたい」
後藤泉「撮りたいです、是非、ありがとうございます」拍手
多田愛佳「お願いします」
後藤泉「嬉しい」
多田愛佳「お見合いパーティーみたいになっちゃった」

下野由貴「その流れでゆうたん」
メンバーたち「どの流れなの?」
田中優香「ゆうたんのことを何番目に愛してますか?」
多田愛佳「なんかめんどくさいな」
村重杏奈「村重の次だよ」
多田愛佳「もっとめんどくさいやつが」
下野由貴「何で入ってきたんだ、お前」
村重杏奈「ごめんごめんごめん」
後藤泉「そうですね、じゃー2番目で」
田中優香「えー?ほんとに?」
下野由貴「一番は?」
後藤泉「そんなの言えないよね」
村重杏奈「村重、何番目ぐらい?」
後藤泉「村重さんは多分18番目ぐらい」客w
多田愛佳「リアル」
植木南央「選抜落ちじゃん」
多田愛佳「アンダーガールズだよ」
村重杏奈「マジかよ。16位にせめて入れてくれよ。ラビリンスもそのぐらいの順位」客w
後藤泉「やめてくださいよ」
下野由貴「リアルだな」
村重杏奈 → 泣きまね
下野由貴「もう楽屋でやってください。この流れ楽屋でやりましょう、あとで」
植木南央「ここぐらい選抜入りしたい」客w
多田愛佳「じゃー植木まで聞きましょう」
後藤泉「南央さん、18位タイで」
植木南央「タイ?」しゃがみ込む
村重杏奈「同類だもんね、村重と」
下野由貴「気になるメンバーは後で楽屋でね、聞いていただいて」
村重杏奈「いつも同じ。ごめん、ごめん」

岡田栞奈「私はいーちゃんの理想の男性が知りたいです。卒業すると恋愛解禁になるじゃないですか。っていうことはですよ、ここにいる皆さんもチャンスが」
後藤泉「ないないない」
メンバーたち「いーちゃん」
下野由貴「いーちゃん、ウソでも「ある」って言っとけ」
村重杏奈「最前に座ってるチェックのシャツの人が(指鳴らして)チェッ、あ~」爆笑
後藤泉「ごめんなさいね。理想の男性ですか? ファッション部門でいいですか? ファッション部門は黒いジャケットの中にパーカーを着てる人。わかります?」
多田愛佳「若い人がいいんだ、じゃー」
本村碧唯「ちょっと可愛い感じ?」
後藤泉「まぁ、そうですね、ファッション部門で言えば」
村重杏奈「高校のブレザーの下に灰色のパーカー」
後藤泉「そう、最高。高校までもう終わっちゃうんでね」
村重杏奈「だから「おはよう」じゃなくて「はよっ」って言う人でしょ?」客w
下野由貴「こまけー」
後藤泉「それはちょっとわからないんですけど」
下野由貴「マンガの読みすぎだわ」
後藤泉「妄想が膨らみますね」

植木南央「ぶっちゃけ、今だから言える苦手な1期生」ざわざわ
本村碧唯「だったでもいい」
下野由貴「だったにしようよ、怖いじゃん」
後藤泉「これほんとに初めて言うんですけど、ぶっちゃけていいですか?」
本村碧唯「いいよ」
後藤泉「苦手だった先輩は、あおいさんです」
メンバーたち「えー!?」「何で?」「好きじゃん」
後藤泉「今となってはその時の自分ほんとに殴りたいぐらいなんですけど、なんかね、あおいさんって凄い昔から2期生に凄い人気で、明日香とか詩乃ちゃんとかがモバイルをあおいさんに設定してて、待ち受け画面とかもあおいさんにしてたらしいんですけど、その時「えっ?何であおいさんなの?」って思って」
メンバーたち「えー!?」
下野由貴「いーちゃんこわっ」
本村碧唯「怖い怖い怖い」
後藤泉「HKTに詳しくなくて。ほんとにさや姉さんが好きだったんですよ。HKT全然わかんなくて、あおいさんが待ち受けにいて、「あっ、この人が好きなんだ」ってみんな思ってたんですけど」
下野由貴「怖かったとかじゃなくて?」
後藤泉「怖かったとかじゃなくて、なんか、えっ?って思って」
下野由貴「何でこの人、人気なんだろうって思ってたってこと?」
後藤泉「って思ってたんですけど。思ってたんですよ。思ってたんですけど、入ってわかりましたね、やっぱ人気あるなって。優しいしね」
下野由貴「最後にぶっちゃけたね」客w
後藤泉「いや、もう申し訳ないですけど、今となっては一番好きですから。すっごいぶっちゃけましたね、最後に。お騒がせしました」
多田愛佳「楽しかったよ」

下野由貴「というわけで、今日はですね、いーちゃんに訊きたいことを話してみました。これから離れたとしても、ずっと仲間なので何かあった時はお互い力になりたいなと思います」


◆M14.潮風の招待状


■アンコール

有志の方「感謝状

10月1日、ファンにとって、スタッフにとって、そしてメンバー全員にとって忘れられない人がいました。いーちゃんこと後藤泉さんの卒業発表。本日10月30日は後藤泉さんの最後の劇場公演です。

HKT48として初めての公演に出演できず、1stシングルのカップリングにも選ばれず、握手会に1人しか来ない日もありました。

しかし、どんなに辛い状況でも、あの素晴らしい笑顔を絶やすことはありませんでした。

HKT48としての1225日、500回以上出演した劇場公演、あなたの人生の中ではほんの数ページかもしれません。しかし、その数ページはこれからの人生でも忘れることのない大切なページになることは間違いありません。

誰も見ていない所で人一倍努力をしていたことを我々ファンは知っています。どんなパフォーマンスにも手を抜かなかったあなたは間違いなくHKT48劇場に舞い降りたシアターの女神です。

そんなあなたを応援できたことは私たちファンの誇りです。誰よりもファンを愛し、スタッフを愛し、メンバーを思い、このHKT48劇場を愛してくれたことに自信を持ってください。今まさに飛び立とうとしている彼女を、泣いている顔ではなく、皆さんの溢れる笑顔で背中を押してあげましょう。

3年間のありがとうと、大空へ向かっていってらっしゃいの気持ちを込めて、いーちゃんコールいくぞー!」


「いーちゃん」コール


◆EN01.オネストマン
◆EN02.チームKⅣ推し

「あなたは今日でいーちゃん推し、ほらチームKⅣ」後藤泉「腹減った~」


■MC
※仕切り:多田愛佳
今日の公演の感想

伊藤来笑「私はですね、未だにほんとに今も全然いーちゃんの卒業っていうのが実感なくて。今日も「明日になったら来そうだね」って今さっきもみんなで楽屋で話してたぐらいで。だから1コ1コ踏みしめながらやってたんですけど「チームKⅣ推し」でいーちゃんが凄い変顔してて」
岩花詩乃「しのっちオンのところで「オン!」ってするところでいーちゃんに変顔やってもらったんですよ」
伊藤来笑「そしたら想像を遥かに超えた変顔してて」
後藤泉「最後だからファン減ってもいいかなと思ってやって。ごめんなさい、ほんとに。さらけ出しちゃいました」
伊藤来笑「凄い楽しかったです。最後までいーちゃんらしくて凄い楽しかったです」

岩花詩乃「私はですね、今日私、いーちゃんとずっと仲いいから最初から泣いちゃうかなと思ったんですけど、頑張って涙をこらえてここまできたので、最後まで泣かないように気をつけようと思います」
多田愛佳泣いたら退場なんでしょ?今日」
後藤泉「そうですね、強制退場です」
岩花詩乃「強制退場にならないように」
本村碧唯「ちょっと難しいかも」ざわ
多田愛佳「でもあおいまだ泣いてないでしょ?」
本村碧唯「まだ泣いてない」
多田愛佳「だから大丈夫だよね。成長しましたね」
本村碧唯「そうなんです、頑張ってます」客w
伊藤来笑「軽いな、なんか」

渕上舞「私は「勇気のハンマー」から涙が溢れちゃって」
メンバーたち「退場」
後藤泉「出口あちらになります」
多田愛佳「ギリギリこぼれてないもんね」
渕上舞「そうなんです、ずっとここら辺に溜まってたんですけど、でも今日ですね、手のひらに「Eちゃん」って書いてたんですよ。DMM観てくださってる方わかると思うんですけど、「隕石の確率」でいっつも見せるところがあって、今日は「Eちゃん」って書きたいなと思ったんですけど。ほんとに滲まなくてですね、水性で書いたんですけど」
後藤泉「ちょっと滲んでますよ」客w
伊藤来笑「盛ったでしょ?今」
渕上舞「ちょっと滲んでるんですけど、最後まで消えないで、ずっと手のひらで握り締めておこうと思います」

多田愛佳「いーちゃんはメンバーみんなに愛され、凄くHKT48でももちろん、そしてチームKⅣにも偉大な存在。本人はあんまり偉大な存在って気づいてくれてないんですけど」
後藤泉「けっこう気づいてます」客w
多田愛佳「気づいてた?」
後藤泉「最近気づきました」
多田愛佳「なのでこれからも後藤泉とそしてチームKⅣそしてHKT48の応援をよろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」拍手


本村碧唯「次が最後の曲になります」
客「えー!」「来たばっかり」
本村碧唯「来たばっかりはウソだね。まだやりたいですか?みんな」
客「やりたい」「20曲」
本村碧唯「20曲?」
多田愛佳「12時回っちゃう」
本村碧唯「出れなくなっちゃうからちょっとだけやっちゃいます?」
多田愛佳「やりましょう、いーちゃんのあの歌」
メンバーたち「どこ行く?」
村重杏奈「ロシア、ロシア」
多田愛佳「西新がいい」客w
メンバーたち「近い」
後藤泉「今日店長来てくださってますから、ごぼう丼のね」


◆EN03.ハワイヘ行こう
※センター:後藤泉田中優香


多田愛佳「ラストハワイでしたけど、同じセンターを務めたゆうたんどうでしたか?」
田中優香「この曲は凄く、いーちゃんとの絆が深まった曲なので、いーちゃんとこれからできなくなるのは寂しいでけど、今日ずーっといーちゃんを見ながら踊ってましたので、すみません、ファンの方。もう目に焼き付けたのでこれからもだからと」

多田愛佳「今日いーちゃんは卒業してしまいますが、3年間HKT48として活動してみていかがでしたか?
後藤泉「そうですね、アイドルに自分がなるなんてほんとに思ってもなかったし、ほんとに自分とは関係ない世界の人だと思ってたし、卒業するって言った時に友達とかが連絡くれたんですけど、「こんなに続くと思ってなかった」って言われたぐらいほんとに何も続かない人だったので、こんだけ熱くなれるものがあって、凄い充実した人生を送れたので、この3年間を無駄にしないように今後の人生に活かしていきたいと思います」拍手

多田愛佳「実はですね、今日はある方からメッセージが届いておりまして。今日来れなかったSKEの谷から。では代読させていただきます」

谷真理佳からのメッセージ (代読:多田愛佳)

多田愛佳「いーちゃんへ

今私はDMM生配信を観てます。カメラに笑顔で手を振ってください、そしてレスください」

後藤泉 → 変顔(w)

多田愛佳「レスくれてありがとう(w) 画面越しでも思いは伝わってきてるよ。

いーちゃんは泣き虫だけど一緒にいると頼もしくて安心する存在でした。そんな存在のいーちゃんと一緒にステージに立ちたかったなーと、私の思いがDMM配信を観ながら溢れています。だけど二度と会えないっていうわけではないので、今度帰ってきた時、ご飯行きましょうね。いーちゃん、出会ってくれてありがとう。

いもむChu!研究生、谷真理佳

P.S. そろそろ昇格してもいいですか?」客w

「とのメッセージを頂きました」

後藤泉「ありがとうございます。真理佳~」
多田愛佳「どうですか?」
後藤泉「いや、ほんとは、「ガラスの I LOVE YOU」を4人でやったんですけど、真理佳も含めて5人で「片思いの卒業式」をしたいっていうのを言ってたんですけど、やっぱり真理佳はもうSKEさんに移籍したので、ここで足を引っ張ってはいけないなーと思って、話し合った末、「ガラスの I LOVE YOU」になったんですけど、一緒に歌いたかったなーっていうのがほんとの願いなので、いつかカラオケに行きたいと思います」客w
多田愛佳「ご飯も一緒に行きたいと言ってたので、是非行ってください」

「なんと、まだありまして。このいーちゃんが3年間HKT48を頑張ってきてくれた軌跡のVTRを作ってみたのでみんなで一緒に見たいと思います」拍手

「みんな、これ泣くところだから泣いちゃダメだよ、退場しちゃうから」
後藤泉「お客さんいなくなっちゃうよ」客w


■VTR

2015年10月1日

一人の少女が


後藤泉「HKT48を卒業します」えー


新たな夢に向かって歩き出すことを決意した


BGM:草原の奇跡

※卒業発表後、呆然とするメンバーたち、涙するメンバーたち


◆オーディション

後藤泉、14歳です」

後藤泉「やめてー!! やだー!」


◆お披露目

「はい、福岡県出身 14歳、後藤泉です。将来の夢は国立競技場でコンサートをすることです」


◆研究生公演

※円陣

今田美奈「研究生公演「PARTYが始まるよ」いくぞー!」
メンバーたち「おー!」

ユニット「キスはだめよ」「君はペガサス」など


◆クラス替え

指原莉乃「新クラスを発表します」「後藤泉、チームKⅣ」

後藤泉「ファンの方に喜んでもらえるだけじゃなくて、ちゃんと感謝の気持ちをどんどん伝えて、KⅣが熱いねって言われるようになりたいし」


◆チームKⅣ

※円陣

多田愛佳「自分が一番可愛いか!」
みんなで「可愛い!」
多田愛佳「みんなの女神、チーム」
みんなで「KⅣ!」


◆総選挙速報発表、ハワイヘ行こうPV撮影

後藤泉「自分が悔しい思いをすることでファンの方とか家族が苦しんでる姿を見るほうが私には苦しくて。でもそんな中で「12秒」のカップリングの「ハワイヘ行こう」でセンターに選んでいただいて、ようやく嬉しい報告ができました」


◆コンサート、公演、いもむChu!、最後の握手会などなど


3年間

たくさん泣いた…

だけど…

たくさん笑った

そして、かけがえのない仲間が出来た


いーちゃんに出会えたことに、ありがとう

# VTR終了

客「ありがとう!」


多田愛佳VTR見てみて、いーちゃん
後藤泉「いやーちょっとブスだ、写真が、予想以上に」
多田愛佳「ほんと? 可愛かったけど」
後藤泉「そうですね、3年間を振り凄く返ると、最初っから低いスタートだからのでなかなか上に行くことはできなかったんですけど、こうして色んな思い出がほんとに昨日のことのようによみがえって、全部「あーあの時だ、あの時だ」って凄い思い出したので、もう忘れることはできないので、忘れたいと思っても忘れることはできないし、忘れたいと思わないので、これからもみんなと仲良くまた新たな思い出を作っていけたらいいなと思います」」

多田愛佳「これからHKT48を卒業したら、HKT48の一番のファンになってもらえるように私たちもたくさん頑張っていきたいなと思います。それじゃー最後の曲はあおいちゃん、いーちゃん?」
本村碧唯「いーちゃんでいこう」
多田愛佳「あおいちゃん退場だもんね、だってね」客w
本村碧唯「まだ片っぽだけだから」
多田愛佳「じゃーセーフということにしときます。いーちゃんお願いしてもいいですか?」
後藤泉「ハイ、それでは最後の曲聴いてください。僕たちの紙飛行機」


◆EN04.僕たちの紙飛行機

※紙飛行機が入った箱は後藤泉仕様


多田愛佳「それではいーちゃん、3年間応援してくれたファンの皆さんに向けてメッセージをお願いします
後藤泉「3年間応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました」拍手

「今日はですね、真理佳も含めてDMM配信を観てる皆さんも、来れなかった皆さんも、ロビーに来てくださった皆さんも。ロビーは凄い人がたくさん来てくださってるみたいで、ほんとに感謝の気持ちで一杯です。

この1ヶ月、凄い、発表して早かったんですけど、「やり残したことない」とか凄いかっこつけて言っちゃったんですけど、色々1ヶ月間やってみて、「初恋泥棒」だったり「おしめし」だったり、やり残したことがたくさんあったなーって凄い思ったし、

あとは研究生が昇格するところもちゃんと見届けたかったっていうのもあるんですけど、これからは違う場所でイチファンとして応援していきたなと思いますし、これからますますHKTが発展していくように私も応援して、私も私なりに頑張っていきたいなと思います。

またどこかで絶対に、その辺ふらふらしてるので、私は。会えると思うので、そう落ち込まずに。そうですね、あと「いーちゃんが卒業するからオタ卒する」っていう人がほんとに一杯いたんですけど、ほんとにこれからHKTをまだまだ応援して欲しいなと思うので、そんな寂しいこと言わずに一緒にオタ同士頑張っていきましょう。

ということで、これからもまたどこかで会えると思うのでよろしくお願いします」拍手

多田愛佳「まぁ、今日本当の公演はね、紙飛行機という曲で終わりなんですけど、今日はいーちゃんの卒業公演ということで、もう1曲だけみんなと笑顔で卒業できるように、みんなで笑顔で歌いたいなと思います。では曲紹介いーちゃんお願いします」
後藤泉「ハイ、それでは次が本当に最後の曲になります。聴いてください、約束よ」


◆EN05.約束よ

※間奏にて
後藤泉「今日まで出会ってくださった皆さん、本当にありがとうございました! HKTサイコー!」

# 大サビにて「いーちゃん」大コール


多田愛佳「笑顔でって言ったのに泣いちゃいましたね。皆さん本日はご来場誠にありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」拍手

多田愛佳「この後は感謝の気持ちを込めまして、皆様をロビーにてお見送りしたいと思います。係りの方の指示があるまですばらくその場でお待ちください。それではいーちゃん」
後藤泉「はい」
多田愛佳「言い残したことことはないですか?」
後藤泉「。。ないです」客w
多田愛佳「じゃー気持ち良く卒業できますね」
後藤泉「ハイ」
多田愛佳「じゃー最後の、本当に最後の挨拶お願いします」

# 手繋ぎ挨拶(掛け声:後藤泉)

「せ~の、せ~の」 / 客「いーちゃん夢に向かって」 → 「いってらっしゃい!」

「ありがとうございました」 → 手を振りながら捌ける (BGM:桜の花びらたち)


# 同期の駒田京伽坂口理子再登場朝長美桜登場

後藤泉「わー、朝長先輩だ! 何やってんの」
朝長美桜「お仕事終わったから」
後藤泉「可愛い服着てんね」
朝長美桜「おめでとう、いーちゃん」
後藤泉「ありがとう」
朝長美桜「公演出たかったよ」
後藤泉「ありがとう、嬉しい」

坂口理子「これね、みんなからメッセージもらってね、アルバム作ったの」
後藤泉「可愛い、私」
坂口理子「帰ったらゆっくり見て」
後藤泉「ありがとう。あっ、チキン南蛮の写真ある」

坂口理子「そしてぴーちゃんから」
駒田京伽「はい、では、3年間ずっと、ほんとにお疲れ様でした。これからも大好きです」花束贈呈
後藤泉「ありがとう。イェー」
多田愛佳「いーちゃんとハグしたい、ハグしよう」 → 「いーちゃん!」ハグ

「はい、次の人」客w

本村碧唯後藤泉にハグ / 後藤泉「可愛い。持って帰りたい」

植木南央がハグ / 後藤泉「あー、南央さん」

下野由貴が勢いよくハグ / 後藤泉「痛い、下野さん」

渕上舞がハグ / 後藤泉「舞ちゃん、サッカー頑張って見にいこうね」

岡田栞奈がハグ / 後藤泉「ありがとう、ケーキ、今日」

伊藤来笑がハグ 「一緒にオタ活しようね」 / 後藤泉「オタ活しようね。鞘師さんやめるじゃん。もうどうしてくれ・・・」

熊沢世莉奈がハグ / 後藤泉「可愛いね、今日も」

深川舞子がハグ 「いーちゃん(涙)」 / 後藤泉「パン頑張ってこねますね」

後藤泉がハグ / 後藤泉

村重杏奈がハグ(号泣) / 後藤泉「いーちゃん悲しげって。ありがとうございます」

坂本愛玲菜がハグ / 後藤泉「頑張れよ。細いな」

田中優香がハグ / 後藤泉「お~~、弾力が凄い」客w

岩花詩乃がハグ / 後藤泉「じゃーまた明日な」

冨吉明日香坂口理子駒田京伽がハグ / 後藤泉「怖い、逃げる。ありがとう」

多田愛佳「いーちゃん卒業おめでとう」
みんなで「おめでとう」
後藤泉「ありがとう」
多田愛佳「じゃー私たちは捌けましょう」

※下手袖に駒田京伽坂口理子冨吉明日香。他のメンバーは捌ける

後藤泉「(デベソへ)ありがとうございます、ありがとうございます、ありがとう・・・。あらー、チビっ子もね、ありがとうね。ありがとうございました。真理佳観てるの? 真理佳、頑張れよ」


後藤泉「最後にやりたかったことをやろうかな。これからもHKTのこと、応援してくれるかな?」
客「いいとも!」
後藤泉「これやりたかったんですよね、ずっと。またどこかで会いましょう、バイバイ、ありがとう」手を振りながら、笑顔で下手袖へ捌ける

# 公演終了 (終演後、ロビーにてお見送り)


HKT48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】10月30日(金) チームKIV「シアターの女神」公演 後藤 泉 卒業公演

公演後の感想 → 16歳未満の除く全員

後藤泉「公演終わりました!」
メンバーたち「イェー」拍手
多田愛佳「あっという間に終わっちゃいました」
伊藤来笑「愛ちゃん泣いてましたね、めっちゃ」
多田愛佳「仕切りなんで絶対泣かないようにしようって思ってたんですけど、やっぱり「約束よ」でまんまと泣いてしまいました」
後藤泉「みんな退場だ」
多田愛佳「いーちゃんどうだった?卒業公演終わったけど」
後藤泉「そうですね、ようやく実感が沸いてきたんですけど、公演自体は凄い楽しくて、泣かないようにしようと思ってたんですけど、最後ら辺にちょっとうるっときちゃいました、アハハハ」
多田愛佳「明日は何するの?」
後藤泉「明日は詩乃ちゃんと髪切り行きます」
村重杏奈「村重の紹介だよね」
後藤泉「そうです、村重さんの」
多田愛佳「どうでもいいけど」

多田愛佳「冨吉さん、まだ泣いてません?」
冨吉明日香「もう私、楽屋でひと言も喋んなくなりますよ(真顔)」
多田愛佳「大丈夫だよ」
後藤泉「みんなでテレビ電話しましょう」
村重杏奈「。。ハハハハハ」
植木南央「寂しさでおかしくなってます」
後藤泉「最後まで「悲しげ」とか言ってくるんですもん」
多田愛佳「友達作ろう、みんなでね」
伊藤来笑「観に来てね」
多田愛佳「これからも夢見るチームKⅣよろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします!」
多田愛佳「おめでとう、いーちゃん」
メンバーたち「おめでとう」「大好き」


◆アンコール口上の原文 (※委員の方が送ってくださいました)

感謝状

貴方はどんなに辛い状況でも笑顔を絶やすことはありませんでした。そして、その笑顔が一番輝いていたのは劇場公演でした。

2014年には48グループ全体で劇場最多出演を果たし、どんなことにも手を抜かなかった。貴方は間違いなくHKT48劇場に舞い降りたシアターの女神です。

最後まで選抜メンバーに選ばれることはありませんでしたが、誰も見ていない所で人一倍努力をしていた事、我々ファンは知っています。

そんな貴方が私達の「誇り」でした。

貴方に出逢えたことを私達は本当に感謝しています。

3年間自分の事よりも、メンバーを思い、ファンを思い、劇場とHKT48の事を愛し続けたとこを「自信」に持ってください。

3年間本当に「ありがとうございました」


HKT48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND