FC2ブログ

【速報版】 大矢真那 25歳の生誕祭レポート

2015年11月7日 SKE48劇場 チームS「制服の芽」公演 (17時開演)

◆仕切り:宮前杏実

松井珠理奈からのお手紙
「真那へ

お誕生日おめでとう。

こうしてまた一緒にお祝いできて、良かった。

真那とは7年の付き合いだから、ほんとに何でも話せる家族みたいな存在です。

1期生が気づいたらもう2人になっちゃったから寂しいけど、真那が30歳までいてくれるみたいだから大丈夫です。しかもこの間「40歳まで伸ばそうかな」と言っておりました(声援&拍手 → ひゅ~) 楽しみにしてます。

私はですね、真那しか友達がいないの?って言われるくらいお買い物する時も、ご飯を食べる時も常に一緒にいるので、一緒にいて当たり前に感じちゃうけど、これからもずっとそばにいてね」
大矢真那「わかった」
松井珠理奈「これが私の今一番伝えたいことです。そしてお互い頑張って友達作ろうね(w) あとは、普段伝えてるからもう大丈夫かな」
大矢真那「えー?」
客「えー」
大矢真那「ウソでしょ?」
松井珠理奈「だって、伝えすぎてるじゃん、いつも。だから、まだまだね、これからSKEとして一緒に頑張りましょう」拍手
大矢真那「はい、頑張りましょう」
松井珠理奈「というわけで、本当にいつもありがとう。そしておめでとう。自撮り棒じゃなくてじゅりぼうより」イェー&拍手

大矢真那「ほんとにさ、手抜きじゃない?」客w
松井珠理奈「違う違う。ちゃんと平凡な便箋に青いインクで書いたからさ」おー&拍手
大矢真那「二通目かな?珠理奈からの手紙は。ありがとう」

ファンの皆さんにメッセージ
大矢真那「今年もこんなに素晴らしい生誕祭を開いていただき、本当にありがとうございます」拍手

「毎年ちょっと、入るファンの方々のプレッシャーになってるんじゃないかなとか思う部分もあるんですけど、握手会で他のファンの方が「生誕祭、真那ちゃんの生誕祭みたいにできるように頑張るね」とか「真那ちゃんの生誕を目標にしてます」とかそういうことを言っていただけて。でもそれは私というよりはファンの方々がやってくださってることで、ほんとになんかそれって凄いことだし、幸せに思ってます。

私は普段、あんまりすぐに言葉でものを言ったりするのが得意なタイプではないので、考えて考えてブログとかも書いてるし、K'zStationを見てる方はたぶんわかると思うんですけど、普通に喋っちゃうとあんな感じで(w) 頭で整理ができずにものを発してしまうので。でもそれは7年間こんな調子の私なのに、その7年のうちに私を好きになってくださった方にはほんとに感謝しかないです。

今年の総選挙も、とってもとっても嬉しかったです。20位と3万21票っていう数字は、私にとって本当に宝物になったし、多くの方が1人1人の方が私をきっと支えたいって思ってくださったからあの結果につながったと思うと、やっぱり私はその応援に応えていきたいなって思ってます。

世間では「20位」を微妙と言われたことは(w) ほんとに悔しかったし、悲しかったです。私はそんな風に思ったことは1回もないし、ほんとに誇りに思ってるので。でもAKBの選抜の16人が、その16人がすべてだって言われたら、それは、んー、そこを目標にやっぱりしていかなきゃいけないのかなとも思いました。

今年は浴衣のお仕事を1人でさせていただいたり、あとはさっきも言ったK'zStationという番組のMCをさせていただいたり、あとは名古屋市のリニモ開通の動画をさせていただいたりとか、ありがたいお仕事も増えて。いつでも見られるので是非それは見て欲しいなって思ってます」
客「はーい!」

大矢真那「あと、どうやったらこの嬉しさとありがたさは伝わるんでしょうか・・・(涙)」
客「伝わってるよ!」拍手
大矢真那「(涙) ほんとに嬉しい。嬉しいんですけど、あんまり感情を表に出すのが得意じゃないから心配なんです、伝わってるかなって」
客「伝わってるよ!」
大矢真那「今まで皆さんの応援がどれだけ私の力になってきたことでしょうかっていうぐらい、ほんとに1人でも欠けちゃダメだったんです、ファンの方。今まで出会ったファンの方すべて。欠けてたら今の私はいなかったんだと思う。別に、どっか行ったファンの人戻ってきてとか(w) そういうこと言ってるわけじゃなくて(ざわw) その方たちも、私の「この今の私の一部です」ということです」拍手

「だからと言って、どっか行くっていうのは(w) なしです」
客「行かないよ!」
大矢真那「でも、握手は行ってもいいですけど(w) 他のところに。

あとは、今出会ってくれたチームSのみんなのことを話したいなと思って。同期が、もう珠理奈と2人になって、で、あんまり後輩とも自分から喋ることが苦手だった私ですが、2年経ち、今こうして後輩たちからも「真那さん一緒に写真撮ってください」とか、その当たり前であろうひと言を言ってもらえるのって凄い嬉しいんですよ。だから、今こうやってみんなが「おめでとう」って言ってくれたり、トークで私のお話をみんながしてくれたことは実はほんとに毎回DMMをもらって、巻き戻して何度も見るぐらい生誕祭は楽しみなんです。25歳になって、ほんとにこんな先輩でごめんなさい」客w
客「そんなことないよ!」
大矢真那「絶対背中で語れるような人じゃないなって思ってるし、みんな私のどこ見てるんだろうと思って(w) それでも私は今こうしてこのメンバーでここに立てていることは凄く、凄く幸せで嬉しいです。みんなありがとう」拍手

「まだまだ言いたいことはほんとには一杯あるんですよ。いいのかな?喋ってても。AKB48から来てくだって佐江さんだって、私と同い年で、一度は上海に行くって言っているその背中を見て、凄い先輩だなって。佐江さんのことはほんとにもうSKEができた時から、円陣の時にSKEとAKBをこう手でつないでつなげてくださった先輩なので、凄くその姿勢とかを見習ってきて。その佐江さんの背中を今間近で見てることができるのはチームSのメンバーの特権というか、他のチームではあんまりできないことなので、佐江さんの背中をしっかり見て、同じ年ですが、佐江さんもちょっと同じように抜けてるかなとか(w) 大丈夫かなって思うところがあるんですけど、それはほんとにでも心強いです。

あと珠理奈が兼任を解除して、SKEに戻ってきてくれたのは私自身も凄く嬉しかったんですけど、ファンの皆様はそれぞれはどう思ってるのかなとか、SKEにいて考えることはほんとにほんとに一杯あります。25歳という年を迎えて、四捨五入したら30歳。30歳って、凄い年じゃないですか」
客「そんなことないよ!」
大矢真那「そんなことないですか? 私が16歳の時は18歳とかのアイドルを見て、「いや、アイドルは14まででしょう」とか(w) 言ってた自分がほんとに信じられなくて。過去の自分に言ってあげたいなって思ってます。

今日は1つちょっと悔いが残ったのは、いつも会うたんびに「お前のどこがいいんだろうな」って言ってくる湯浅支配人が今日来てないことが」
客「えー!!!」
大矢真那「お仕事で来れなかったんですけど、でも、この盛り上がりを湯浅さんはまだたぶん見てなくて。だから、この公演のDVDをすぐに湯浅さんに送ってくださいと言っておきます」拍手

「ありがとうございます。本当に本当にありがとうございます。私はいつも「ありがとうございます」の中に、その文字のすべてに私の気持ちを乗せて、届きますようにって毎晩毎晩それも祈りながらブログに書いて、ファンの皆さんにそれが届いてるよって跳ね返ってくるお返事とか、そういうの、総選挙とか握手会とかもそうなんですけど、あとはゲームとかも強いじゃないですか(w) そういうので返ってきてるのを見て、私はもっと頑張らなきゃいけないって思って、もっともっとSKEをちゃんと土台からしっかり支えて、1期生は少なくなってしまって、宮前もさっき自己紹介で言ってたけどアンナ先生のSKEの。ここは笑うとこじゃないです。SKEのレッスンを積んできた1期生なので、その私たちにしかできないことはまだまだあると思うので、私たちはそこを頑張るし、私自身もちゃんと先輩(後輩)から「真那さんみたいになりたい」って0.1%ぐらい思ってもらえるような先輩になれたらいいなと思います。

こんな全然変わらなくて、のびしろもよくわかんない私を本当に支えてくれて、いつもありがとうございます」拍手

「やっぱり、私のファンの方々は私の誇りです! あっ、ほこりってホコリじゃないですよ(w) 自慢です」拍手

「今日来られなかった画面の前の皆さ~ん! モニターの所で観ている皆さ~ん、本当にありがとうございました! 幸せです」声援&拍手

※11分27秒

大矢真那「ごめんなさい、一杯喋っちゃいました」
松井珠理奈「やっぱ手紙短くて良かった」

宮澤佐江より大矢真那についてコメント
宮澤佐江「ほんとに真那のファンの方の応援がほんとに凄くて、楽屋で、みんな楽屋に1曲ずつ終わって戻ったあとも「凄いね、凄いね」って毎回今日は言ってました。真那も今凄い色んなことを話してくれましたけれども、こういう風に素晴らしい生誕祭を開いてくれるのは私じゃなくてファンの皆さんがやってくれていることだと最初の今、話で言ってくれてましたが、今真那の話を全部聞いてみると、やっぱり真那が日々ファンの皆さんのことを考えて、ファンの皆様に愛を届けているからそのお返しをこうやってファンの皆さんが真那に与えているんだなというのを本当に同じメンバーとしてステージの上で感じられていることを凄く幸せに思います。

7年、8年目に突入して、これからもどんどんアイドルを続けていくと思うけれど、着々と自分のやりたいことだったり、叶え!って思っていた願いが叶っていっている真那の背中を見て、SKE48の後輩は「真那みたいになりたい」とか「真那さんいいな」と思ってる後輩はたくさんいると思います。

48グループ何百人もいる中で大矢真那って存在は本当に1人しかいないんだなって、このキャラはほんと大矢真那しかないんだなって私は思います。それを作り上げられている真那はほんとに凄いし、近くにいることをほんとにありがたいなと思います。これからもSKE48を引っ張っていく存在であってください。引き続きSKE48の応援皆さんよろしくお願いします」

手繋ぎ挨拶後、捌ける直前に
大矢真那「ほんとにほんとに・・・どうしよう。でも言いたいことはたくさんちゃんと言えました。今日この会場に来られなかった方も、来てくださった方も、こんなにこんなに幸せなお誕生日を。今日をお誕生日にしたいなーっていうぐらい幸せな11月7日の2回目の公演を本当にありがとうございます。ここにいる皆さんと、そしてやっぱり来られなかったよっていう皆さんの気持ちが終結したこの栄になったと思います。本当に本当にありがとうございました」拍手&大声援

「まさな」大コール

大矢真那「(捌けかけるも) 出てきちゃう。ストップ! 出たくなっちゃうので。ありがとう、本当にありがとうございました。これからも応援よろしくお願いしま~す!」














151107masana101.jpg

151107masana102.jpg

151107masana103.jpg

151107masana104.jpg




151107masana001.jpg

151107masana002.jpg

151107masana003.jpg

151107masana004.jpg

151107masana005.jpg

151107masana006.jpg























dTVチャンネルにて AKB48全国ツアー 見逃し配信中 new2.gif
dTVチャンネル
チーム4千秋楽(1/20まで)、 チームB千秋楽(1/21まで)、 チームK千秋楽(1/22まで)、 チームA千秋楽(1/23まで)