FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月23日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット

【速報版】 石田優美 17歳の生誕祭レポート

2015年10月26日 NMB48劇場 チームN「ここにだって天使はいる」公演

151026kaneko002.jpg

◆仕切り:古賀成美

渡辺美優紀からのお手紙 (代読:吉田朱里)
「ゆうみんへ

17歳のお誕生日おめでとう。

優美ちゃんと仲良くなったのは、ちゃぷちゃぷツアーの時に「わるきー」のバックダンサーをしてくれた時からです。

私は「わるきー」の時のバックダンサーはいつもスタッフさんに「実力のある子でお願いします」と言っていました。その中にいたのが優美ちゃんでした。

その時、優美ちゃんは凄く悩んでいましたね。これから先、ここにいてどんな未来があるのかとても不安そうにしていました。どうしたら選抜に入れるのか、私に相談しに来てくれましたね。

その時、優美ちゃんは私から見て、このまま続けられるのかな、もしかしたら諦めて辞めちゃうんじゃないかなと心配になるくらいでした。

だけど、私はまだ幼い優美ちゃんに「何かで飛びぬけてないと選抜には入れない。誰よりも一番ダンスが上手くなって目立ってやる!くらいの気持ちじゃないと選抜には入れないんじゃない?」と、とても厳しいことを言ってしまったと思います。

もちろん頑張って欲しくて、本音で強く言ってしまったけど、正直、私が何と言おうと、何も言わなかったとしても、すべては優美ちゃん自分自身でどう考えて、どう行動するかなんだろうなーと思っていたので、あとは優美ちゃんに任せました。

すると私も気づかないうちにスタッフさんやメンバー、ファンの皆さんから「石田優美=ダンスが上手い」というものが出来上がっていたのです。めっちゃ嬉しかったし、優美ちゃん自身がコツコツと頑張ってきた証拠だと思いました。

それだけでなく、NMB48の13枚目シングル、ダンス選抜曲「Must be now」の選抜メンバーの発表の時、「石田優美」の文字がありました。見た瞬間、鳥肌が立ちました。

弱音も吐かずにずっと努力し続けてきた優美ちゃんが、自分でつかんだものです。誰かに認められることや、選抜に入ることは、自分でつかみにいくものだと気づかされました。私は優美ちゃんからそんな大切なことを、改めて教えてもらいました。

今の優美ちゃんは堂々としていて、とってもかっこいいです。これからも優美ちゃんらしく、一歩ずつ着実に進んでいってね。

バックダンサーをしてくれていた優美ちゃんは、もうNMBを支える1人です。NMBのダンスのかっこ良さをもっとたくさんの人に伝えていってね。これからもよろしく。

渡辺美優紀」拍手

石田優美「ありがとうございます、嬉しい」

ママからのお手紙 (代読:西澤瑠莉奈)
「こんばんは。ゆうみんママです。

生誕委員の皆様をはじめ、いつも応援してくださってる皆様、スタッフの皆様、メンバーの皆様、今年も娘のために素敵なお祝いをしてくださり本当にありがとうございます。

毎年娘にお手紙を書かせていただいていますが、今年は主にファンの皆様にお手紙を書いてきました。少しだけNMBに入る前の娘との思い出話をさせてください。

実は私は娘が小学5年生の時に「アイドルになりたい」と言い出すよりずっと前に、秋元先生の写真付きでAKB48 1期生メンバー募集の広告を新聞で見つけてました。

その記事に何か感じるものがあったのか、娘に受けさせたいと思いましたが、当時娘はまだ応募資格に満たない低学年だったので諦めました。

それから色々なことが経て、今ではNMBのメンバーとして活動させていただいているので、思い返せば娘は48グループの一メンバーになる運命だったのではないかと勝手ながら思ってます。

NMB加入前、ある有名ダンサーのダンスオーディションで最終審査まで残ったけど、最後の最後で落ちてしまい、帰る時、たこ焼き屋さんに寄りました。

食べてる間、2人ともずっと無言でした。突然携帯にメールが届いたので開いてみると目の前にいる娘からでした。

「ママ、合格できなくてごめんね」子犬の泣き顔の絵文字付きでした。

目の前にいるのに何でメールなん?って思ったけど、娘なりに精一杯の謝罪だったのでしょう。その時のことを今でも鮮明に覚えています。

もう気づいていると思いますが、私は娘に凄く厳しかったです。満足いかなければ娘を怒鳴り、叱りつけ、何度も何度も泣かせてきました。

でも、娘は悔し涙を流しながらもしっかりついてきてくれました。その結果、読者モデルや某アーティストのバックダンサーや、ブランド服のイメージダンサーやファッションショーのモデル等に選ばれましたが、すべてを捨てNMB48に入りましたがなかなか昇格もできず、時々泣いている娘を見ると「これで良かったのかなー」と思うこともありました。

思い返せばアイドルは娘の夢だったけど、ママである私の気持ちに応えようと、ずっと頑張って来たのかも知れません。いつまで経ってもママ大好きで親離れしない子やなと思っていましたが、もしかしたら逆に私の方が子離れできてない上に、娘にプレッシャーを与えすぎてたのかも。そう思うと凄く申し訳なく感じます。ごめんね優ちゃん。

娘が17歳になった今、少し子離れする時が来たのかも知れません。だから私の思いを今日ここで、娘を応援してくださる皆様に託します。

娘は選抜に選ばれたものの、握手会の部数がなかなか増えず悩んでいます。娘のこれからの成長には皆様のお力も必要です。まだまだ不器用で未熟な娘ですが、10代の貴重な青春をNMBに注いでいます。どうぞこれからも娘を見守ってください。背中を押して支えてあげてください。どうかどうかこれからも娘のことをよろしくお願い致します。

そして優ちゃん、改めて選抜入りおめでとう。今回選抜に選ばれたことで逆に今まで以上にプレッシャーや悩みを抱えて色々考えているんじゃないかな。優ちゃんは自分に自信がないんだと思います。でももっと自信も持っていいと思うよ。

「ダンス力なんていらんねん」っていう意見もあるかも知れませんが、ただ上手だけじゃなくて人を惹きつけるダンスパフォーマンス力を持っている優ちゃんは凄いと思います。実際にそのパフォーマンスを見て応援してくださるようになった方もたくさんいますし、ママは研究生コンサートで見た優ちゃんの「最後のカタルシス」のパフォーマンスは鳥肌が立ったくらい感動したよ。

「私にはダンスしかないから」ではなくて「私のダンスが一番やねん!」と大きな自信を持って、その自信を次につなげていって欲しいです。

でもね、選抜に選ばれたことを努力が報われたではなく、チャンスが回ってきたと思って欲しいです。

もちろんそれなりの努力が認められたから頂いたチャンスだと思うけど、努力が報われたとだけ思ってしまうと、そこで成長が立ち止まるような気がします。これからも悩み、傷つき、壁にぶつかると思うけど、感謝を忘れず新しい感動と成長をファンの皆様に届けて欲しいです。

4年間頑張ってきたんだから悩みながらでもいいから、これからも頑張ろう。優ちゃんはできるはずや! 絶対できる! ファンの方と一緒に17歳を素敵な1年にしてください。改めて17歳のお誕生日おめでとう。

最後にスタッフとメンバーの皆様、そしてダンスの先生方、いつも娘がお世話になっております。皆様が娘に良くしてくださっているお話を聞いております。まだまだ考え方が単純で、自分の思っていることや気持ちを上手く言葉に表せない不器用な娘ですが、成長するために必要な厳しさと感謝の気持ちを忘れないための優しさで、これからもご指導ください。いつも娘をそばで支えてくださり本当にありがとうございます。

皆様、本日は娘の為に素敵なお時間を本当にありがとうございました。

ゆうみんママより」拍手

17歳になった優美ちゃんからファンの皆様にひと言どうぞ
石田優美「今日はお手紙を書かせていただきます、書いてきました。ん? 読ませていただきますや」

「今日お越しの皆さん、DMM配信をご覧の皆さん、モニター観覧をしてくださってる皆さん、今日はほんとに素晴らしい生誕祭を開いていただき本当にありがとうございます」拍手

「16歳では皆さんに選抜に選ばれたという一番嬉しいご報告ができました。ありがとうございます。

選抜に選ばれてから今までできないこと、音楽番組に出たり、ロケにも呼ばれたり、お仕事も増えてきて、凄い嬉しい反面、不安と焦りが出てきています。

一回限りにならないかとか・・・(涙) なかなか知名度が上がれへんとか思うと怖くなってきました。実際私は握手会の部数が増えていません。「やっぱりダンス曲だから選ばれたんだよ」って思われるのが悔しいです。

選抜に入ってからママがもっと厳しくなってきました。思ったようにうまくいかなくて、自分が嫌になって部屋で泣いたこともありました。

でも選抜発表された時、一番にママにご報告した後、頭の中には今まで応援してくださった皆さんの顔や、握手会の様子を思い出しました。

多分たくさんの人が石田優美が選抜に選ばれることなんて無いって思ってたと思います。正直、私も思っていました。

でも私を応援してくださる皆さんだけは信じてくれました。だから私の心が折れないように、握手会にも来てくださり、ブログなどのコメントや励ましのお手紙を書いてくださりました。

だから今回の選抜は皆さんが私をずっと支えてくださったからこその選抜だと思います。

私のことをたくさんの人に知ってもらおうと皆さんがツイッターで「私のブログを読んでください」って書いてくださってることも知っています。

この生誕祭も生誕委員の皆さんが劇場前でずっと立って、たくさんの方々からメッセージを集めてくださっているのも知っています。多分「ゆうみんの喜ぶ顔が見たい」その想いだけでたくさんの方が動いて、この生誕祭を開いてくださったと思います。

今まで全然選抜とかに選ばれず、たくさんの方が私のために悔しい涙を流してくださいました。選抜発表の時、やっと嬉しい涙を流せることができました。

私は応援してくださる皆さんの喜ぶ顔がもっと見たいです。嬉しい涙が見たいです。そのために私がもっと頑張らなくちゃいけないと思いました。

どう頑張るか悩む時がありますが、17歳は今まで遠慮していた自分じゃなくて、失敗してもチャレンジしていく自分でいたいと思います。

皆さん今まで支えてくださり本当にありがとうございます。これからも私と一緒にアイドル人生を歩んでください。

ゆうよ~ ゆっちゃうよ~ (ゆっちゃって~) 優美は皆さんのことが本当に心から、、心から大好きです! (オレもー!) ありがとうございました」拍手

石田優美「ごめんなさい、噛んじゃった」

古賀成美「後ろから見てて、なんかゆうみんが凄く大きくなったなって(涙) 涙が出てきて」
石田優美「泣かんどいて」
岸野里香「一緒にな、一緒の期生でな、やってきたもんな」
古賀成美「そう、一緒の期生でずっとやってきて、研究生からずっと一緒やって。だから嬉しくて」
石田優美「ちょっと待って、黒い涙出てきてんで」客w
古賀成美「ごめんなさい、なんか黒い涙出てきちゃってるけど」
石田安奈「ありがとう」
古賀成美「でもね、ゆうみんが17歳で選抜に・・・」ざわ

西澤瑠莉奈 → 涙

山口夕輝「こっちにも凄い、もらい泣きが凄い」

古賀成美「なんか、選抜に選ばれて、17歳波に乗ってるので、これからもずっと、チャンスを掴んで、私も応援してるので」
石田優美「ありがとう」
古賀成美「これからも頑張ってね、優美ちゃん」
石田優美「頑張る」

岸野里香「まさかの司会者が泣くっていう」
山口夕輝「誰よりも泣いてる」

Google+より
金子剛 2015/10/26 22:43

26日(月)
チームN『ここにだって天使はいる』公演
本日は、石田優美17歳の生誕祭~!!

手紙は、渡辺より(代読:吉田)
「優美ちゃんと出会ったのは、
ちゃぷちゃぷツアーの[わるきー]の
バックダンサーをしてくれた時ですね。
その時は、幼く、NMB48を続けられるのか、心配でした。
どうしたら、選抜に入れるのか、
私に相談してくれましたね。
まだ幼い、優美ちゃんに、
「選抜に入るなら、誰よりも目立ってやろうと思わないと無理だ」
とかなり厳しいことも言いました。
私がどう思っても、
結局どう行動するのかは、優美ちゃん次第。
すると、スタッフさん、メンバー、ファンの皆さんから、
石田優美=ダンスが上手いというものが出来上がっていました。
コツコツと頑張ってきた証拠です。
13thシングルの選抜に、
優美ちゃんの名前があったとき、
私は鳥肌が立ちました。
チャンスは自分で掴むものと優美ちゃんから教えて貰いました。
今は、もうNMB48を支える一人です。
これからも、一緒に頑張っていきましょう!」
と先輩からの熱い手紙。

次に、石田ママより(代読:西澤)
「小学5年生でNMB48のオーディションを受けたい
と言ってくる前に、
私が新聞の記事で見つけた
AKB48のオーディションがあったが、
娘は低学年で受けることが出来ませんでした。
今では、NMB48の一員として頑張っていて、
48グループに入る運命だったのかなと思います。
私は厳しく、怒鳴り、
娘を泣かせてきました。
でも娘は、悔し涙を流しながらもついてきてくれました。
ママの気持ちに答えようとしてくれました。
私は娘も17才になり、
子離れする時が来たのかなと思います。
娘はまだまだ未熟ですが、
どうぞ見守ってあげてください。
改めて、選抜入りおめでとう。
人を惹き付けるダンス力持っているので、
自分に自信を持ってね。
努力が報われたと、そこで止まらずに、
感謝を忘れず、上を目指して頑張ってください!」
といつも支えてきた、ママからの心温まる手紙。

最後に、本人より
「まず、13thシングルの選抜に選ばれて
皆さんに嬉しい報告が出来て良かったです。
選抜に入ったことで、不安や焦りがでて
部屋で泣いたこともありました。
そんな時、応援してくれる皆さんの顔が出てきました。
私を応援してくれて、信じてくれて、
支えてくださっている皆さんがいたからこその選抜入り。
本当にありがとうございます。
これからも皆さんの喜んだ顔や、嬉し涙を見たいので
何度くじけても、チャレンジしていきます。
私と一緒にアイドル人生を歩んでください!!」と、しっかり自分の言葉で話していました。

キレキレのダンスで、NMB48 13thシングル[Must be now]に選抜された石田。
華のセブンティーンもファンの方を大切に、
そして“大好き”になってもらえるように頑張っていって下さい。

おめでと~!!(みなさんも、ゆっちゃって~)


本日公演にお越しくださった皆様、生誕委員の皆様、
誠にありがとうございました。

151026kaneko001.jpg

151026kaneko002.jpg



石田優美 2015/10/26 23:58

今日は、一年に一度の生誕祭を
開いて下さりありがとうございました!



皆さんからの愛が伝わってきて
とても嬉しかったです(^^)

メンバーの皆も大好き!


17歳は、目標を達成する事と
遠慮な自分を捨てて失敗してもチャレンジしていきます!

これからも一緒に突き進んで下さい!


本当に最高な日になりました!
ありがとうございます。



そして、みるきーさんお手紙
ありがとうございます😢

先程お礼のmailしたよ💕

151026yumin001.jpg

151026yumin002.jpg

151026kaneko003.jpg

151026kaneko004.jpg




teamN 石田優美【16歳最後】 (NMB48公式ブログ)













AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND