FC2ブログ

【速報版】 本田仁美・清水麻璃亜・大西桃香 合同生誕祭レポート

2015年10月12日 AKB48劇場 チーム8「会いたかった」公演 11時30分開演

本田仁美(14歳)・清水麻璃亜(18歳)・大西桃香(18歳) 合同生誕祭

151012 (585)

◆仕切り:近藤萌恵里

今年はどんな年にしたいですか?
大西桃香「今年はあと2ヶ月なんですけれども(ざわ) 違うかった?
近藤萌恵里「18歳、今年」
大西桃香「あーなるほど。今年の1年は凄い成長できてたって自分では思ってます。こうして合宿もして、「会いたかった」公演の選抜にも選んでいただいて、凄い今まで頑張ってきて、ほんまに良かったなって思います。やから、ママとかにも迷惑ばっかかけてたけど、今年はもう高校生じゃなくなるから、やからもう大人やから、ママにもお兄ちゃんにも迷惑かけへんし、メンバーにも絶対「朝起きるん」とか頼りにせんようにするし、もちろんファンの皆さんにももっと、もっと楽しんでいただけるように、今凄い自分の中での神対応を凄い頑張って考えているので是非お楽しみにしといてください」拍手

清水麻璃亜「私は小学校の時からアイドルになりたいって思い始めて、中学生の時にたくさんオーディションを受けるようになって、で、諦めないで追いかけたら今こうして憧れの劇場のステージで皆さんに生誕祭をしていただけています。やったー!」拍手

「それだけでも幸せなことなんですけど、でもやっぱり夢ってどんどん大きくなるし、目標もたくさんできました。たくさんあるんですけど、1つは、もっとバラエティのお仕事がしたいとか、です。

私はAKBが凄くファンとして大好きだったのに、今はメンバーとしてAKBを大好きでいられてることが凄く幸せだなって思うんですけど、その中でもやっぱりチーム8はほんとに大好きだから、18歳の年は私も大人メンバーの仲間入りとして、もっとチーム8を支えられるような存在になって、大好きなチーム8をもっともっとたくさんの方に好きになってもらえるように・・・力になれるような存在になりたいなって思います」

本田仁美「2人が凄い良いこと言うからどうしようかなって思って。私はもともとチーム8に入る前は夢がなかったんですけど、でもなんか、なんて言うかな、アイドルとかもあんまり知らなかったし、歌うこともあんまり得意じゃなかったけど、メンバーや皆さんが。何て言うのかな、わかんないけど」
客「頑張れ」
本田仁美「なんか、こんな普通のことしか言えない私に皆さんが応援してくれて、本当に13歳の1年は幸せな1年でした。なので、14歳もこんな私を応援してくれたら嬉しいです。ありがとうございます」

お母さんとお父さんにひと言
大西桃香「ちょっと恥ずかしいですね。えっと、ママ、お兄ちゃん。ミルちゃん、チョロちゃん、トラちゃん。猫の名前です。いつもお世話になってます。凄いほんまに感謝してて、ずっとメンバーにもお兄ちゃんとかママのこととかもたまに自慢してて、ほんまに誇りに思ってます。ネコのトイレの掃除も頑張ってするんで、ちょっと、家では甘えさせてください。よろしくお願いします」

清水麻璃亜「今日はママとパパを呼びたかったんですけど、私のママとパパは本当に優しいので「まりのファンの方に少しでも多く入ってもらいたい」って言って、今日はオンデマンドで見てくれています(涙)」
客「ありがとう」拍手
清水麻璃亜「ママ!パパ!(手を振る) いつも寂しい思いさせてごめんなさい。でも寂しいのはお互い様だし(w) 帰ったら会いたかった分をいつも言えなくて、逆になんか不機嫌になっちゃってごめんなさい。今日は笑顔で帰ります。いつもありがとう」拍手

本田仁美「私は家では凄い反抗期で、毎日お母さんとお父さんとケンカしてて。で、お父さんとかたまにひぃのせいで寝込んじゃったりして。それでいつも迷惑かけてて、家でもひどいことを言ってるつもりはないけど、これからはもっと親孝行したいと思います」拍手

「いつもありがとう」

素敵な生誕祭を開いてくれたファンの皆さんへ感謝の気持ちをお願いします
大西桃香「(涙) ほんまにずっとこの公演、生誕祭が不安やって。凄いほんま楽しみにしてたけど、3人で生誕祭ってなって凄い嬉しかったけど、でもうちのファンの人来るかわからへんと思って。コールとかもなかったらどうしようって思って。1週間ぐらい前から凄い不安やって。でも一杯大きいコールとかしてくれたし、ほんまにうちチーム8でいっちゃん普通のそこら辺にいそうな女の子やのに、ほんまにこんなに応援してくれてほんま嬉しいし。やから、これからもほんまに上だけ目指して頑張るので、良かったら見ていてください。よろしくお願いします」

清水麻璃亜「皆さん今日は本当にありがとうございます。あっ、いつもありがとうございます。

私のファンの皆さんは、握手会とかライブとか終わった後に、メンバーとかスタッフさんに「麻璃亜のファンの方って楽しい方とか変わってる方多いよね」って言われます(w) でも実はそれがけっこう嬉しくて。そういう面白くて楽しくてちょっと変わったファンの方がいるから、その方たちにほんと会いたくて、握手会とかライブとか楽しみだし、楽しめることができます。

私はけっこう自分に自信がなかったり、自分のことも嫌になっちゃいそうになる時もあるんですけど、そんな私を応援してくださる皆さんがいることがほんとに自慢です。そういう皆さんをこれからも大切にしたいって思うし、私のファンの方だけじゃなくて、チーム8のファンの方ってほんとに良い人だらけだなって思ってて。私たちが全国に会いに行くはずなのに、一緒に会いに行って(ざわw) くださったり、あと自分の地元に来るのを楽しみに待ってくださったりするファンの方も合わせてのチーム8だと思ってます。だから、これからも一緒にチーム8を作っていってください」
客「はーい」
清水麻璃亜「あっ、そうだ。私のファンの方の皆さん、チーム8は可愛くって若い子たくさんいるんですけど、推し変はしないでください! 大好きです」

本田仁美「えっと、なんか麻璃亜みたいに上手に話せないし、凄い私今嬉しいんですけど、表に出せないんですけど。どうしようかな」
清水麻璃亜「嬉しいよね」
本田仁美「はい。なんか、この前、栃木ツアーとかあって、栃木って田舎ですけどたくさんの方が来てくれてほんとに嬉しかったし、こうやって感情を表に出せないんですけど、凄く今嬉しいです。これからも、まだまだですけど成長していく姿を見ていって欲しいと思います。ありがとうございます」拍手

生誕祭後に、チーム8全国ツアー群馬県公演 開催決定発表!
清水麻璃亜(群馬県代表)「だから「あん誰」のスタッフさんいたんだ」

近藤萌恵里「どんなツアーにしたいですか?」
清水麻璃亜「めちゃくちゃ、一番盛り上がれるようなツアーにしたいです」



151012akb801.jpg

151012akb802.jpg

151012akb803.jpg