【速報版】 渡辺美優紀 22歳の生誕祭レポート

2015年9月20日 NMB48劇場 チームBII「逆上がり」公演

岸野里香からのお手紙 (代読:木下春奈)
木下春奈「美優紀へ

美優紀 ハッピーバースデー!

「美優紀って呼ぶわ」って昨日言ったので、美優紀呼びでいくわ(笑)

美優紀ももう22歳か。1つ年上っていう実感が全然ない美優紀は女の子でも照れちゃうほど可愛いし、小悪魔です。いつも可愛いなーと思いながら癒されてるよ。

『可愛い』って中には色々詰まっていて、美優紀の『可愛い』は顔が可愛いとか、ルックスが良いとか、まぁそれはもちろんなんやけど、里香が感じてる『可愛い』は本当に素直で清い心を持ってるところやと思う。

本当に仲いい子にしか出さない部分を私には出してくれてるんではないかと思ってます。一緒に楽しい時はめっちゃ嬉しそうにするし、でも嫌いなものは嫌いって言うし、その時の気分で全然違う。

お互い一人っ子やからそういうところ、似てる部分あるよな。まぁ、なかなかワガママで小悪魔な感じやけど、みるきーっていう人種がある感じかな。それが可愛い(笑)

でも、いつでも仲間思いなのは変わらなくて、私に仕事が決まった時、本当に毎回喜んでくれる。

あとは美優紀の考えを聞いて、なるほどなと思わされることが多い。選抜が決まった時もそう。選抜に入ることによって露出が増えて、見てくれる人も増える。今がどうじゃなくて、これからやろってさりげない言葉で頑張ろうと思えたり。まぁ、まだまだ一杯あるんやけど、美優紀の名言は心に秘めとくわ(笑)

そんな美優紀は直感で生きてる私に対して意外に冷静な気がする。やから美優紀といると教えてもらうことも多いし、なんかそんな意味ではやっぱ1つ年上なだけあるなと思ってます。はしゃいでる時は確実に私より子供ですけどね(笑)

でもいっつも頼ってばっかやから里香にも頼ってな、ほんまに。

里香には予想できひん悩みとか中にはあるかもしれへんけど、話は聞けるし、助言もできる。やから何でも話してな。

それに、意外と気にしいやからな、美優紀は。あと、ここまできてあれやねんけど、美優紀呼び気持ち悪いからやめるわ(笑)」客w
渡辺美優紀「確かに」

木下春奈「22歳もめっちゃ楽しもう。色んな所、旅行行こう。焼肉部入部までちょっと待ってな。

みるきー大好きやで。今年はユニバのホラーナイト行きましょう。まゆも東京から引っ張ってこよう。楽しみにしてる、里香より」拍手

渡辺美優紀からのお手紙 (代読:梅田彩佳)
「美優紀へ

22歳のお誕生日おめでとう。

早いものでもう5度目の生誕祭なんですね。今年も劇場でファンの皆さんにお祝いしてもらえるみゆの姿を見れることができて本当に私は幸せ者です。

17歳で芸能界に入って、この5年のみゆを見てきて本当に凄い場所にみゆはいるんだなと思うことばかりです。体力だけではなくて、精神的にも強くないといれない場所だから。

ただ、この1年ちょっとのみゆを見てると良い意味で気を張らずにどのお仕事も本当に楽しんでいるように思います。

去年のじゃんけん大会で優勝し、ソロデビューが決まって、NMBでのお仕事、AKBでのお仕事に加え、ソロでのお仕事ということで、体調面や精神面など大丈夫かな、なんて勝手に心配していたんですが、そんなのどこ吹く風といった感じでみゆ自身は本当にどのお仕事も楽しそうでした。

ソロイベントのみるきーランドでは、たくさんの企画、アイデアを出して、採用される度に「ファンの人たち喜んでくれるかな、楽しんでくれるかな」って嬉しそうに話してくれたみゆのキラキラした笑顔が今でもお母さんの中で鮮明に覚えています。またいつかみるきーランドできるといいね。

そんなソロでの活動も一段落して、家に帰ってくることも増えた4月、8歳の時からずっとずっとみゆのそばにいたらむちゃんが天国へ。本当にみゆが帰ってくるのを待っていたかのように、みゆの腕の中で眠るように旅立って行きました。

次の日には写メ会で、東京へ前乗りだったので、15分後には家を出ないといけなくて、家を出る時「大丈夫? 今回だけは休ませてもらう?」と思わず言ってしまいましたが、みゆは目に一杯涙を溜めて、「遠くから来てくれる人や、その日しか来れない人、楽しみにしてくれる人がいるのに、私のワガママでは中止にはできへん。大丈夫」と言って東京へ行きました。

でも、新幹線での2時間半、ずっと泣いてたみたいで、誰かわからないくらい顔が腫れ、目は開かない状態だったと後からスタッフの方に聞きました。どんなに辛いことがあってもそんな姿を見せることなんてできないから、当たり前に笑顔でいけないと(笑顔でいないと)いけないんだとあの時、改めてみゆの強さを目の当たりにしました。

そんな出来事を乗り越え、すぐに総選挙です。今年は現地で見させてもらいましたが、アンダーガールズ発表の途中ぐらいから泣きじゃくってるみゆを見ていて、今年の総選挙に賭ける想いを知っていたので、私まで体の震えが止まらなくなって、心臓の音が聞こえるくらいドキドキしていました。

でも、今までの最高順位でファンの皆さんがみゆを選抜に戻してくれました。現場での声援、みゆの笑顔、しっかり焼きつけました。応援してくださるファンの皆様、本当にありがとうございました。

美優紀、これからもたくさんの嬉しいこと、辛いこと、色んなことがあると思いますが、初心を忘れず、どんな時でも応援してくれるファンの皆さん、みゆをサポートしてくれるスタッフの皆さん、苦楽を共にできるメンバーの皆様と一緒に一歩ずつ進んでください。

そしてBIIのメンバーからもっとシングル選抜や選挙にランクインさせたいってよく言ってますが、みゆにできるサポートをしてあげてくださいね。

そして、これは私のワガママですが、みゆが二十歳を過ぎて大人になってきてる写真集も見てみたいので、第二弾発売できるように頑張ろうね。

長くなりましたが、毎年お忙しい中、みゆのために生誕祭を開いてくださる実行委員の皆様、応援してくれるファンの皆様、スタッフの皆様、メンバーの皆様、本日は素敵な生誕祭をありがとうございました。これからも渡辺美優紀をよろしくお願いします。

P.S. 遅くなったけど、じゃんけん大会ベスト16おめでとう。22歳、しっかり地に足つけて素敵な女性になってね。

母より」

みるきーからファンの皆さんにひと言お願いします
渡辺美優紀「今日は本当に観に来てくださった皆さん、いつも応援してくださってる皆さん、こうして生誕祭を企画して実行してくださった皆さん、メンバーのみんな、そしてスタッフの皆さん、本当にありがとうございます」拍手

「こうして笑顔で5回目の、NMBに入ってから5回目の生誕祭を迎えて、本当にあっという間で。でもこうして笑顔でいれるっていうことは本当に皆さんに支えられてここまで来れたっていうことに凄く皆さんに感謝しています。本当にありがとうございます。

今年の21歳の年は、ほんとにお母さんの手紙にもあったように凄く皆さんの笑顔がたくさん見れて、色んなことがあったんですけど、ソロデビューができたり、凄く楽しいことも一杯できて。どんな時も皆さんの笑顔が見れたので、それでいつも凄くパワーになっています。

なんか、里香ちゃんの手紙もお母さんの手紙も意外と感動してしまって動揺してるんですけど、落ち着いて言わせてください。

今年は私はアイドルの枠を超えた活動をしてみたくて。もっともっと自分の視野を広げて、色んな世界に飛び出して、そしてNMB48のみんなの道を切り開けるような存在になりたいと思います。

そして、今年の夢は、今年というか目標なんですけど、アイドルとしてのソロコンサートをしたくて。やっぱり自分が一番お仕事をしていて楽しいことはライブで、やっぱり皆さんとライブ中に盛り上がったり、やっぱアイドルが好きで、こうアイドルを目指してここに立てているので、自分の好きなそのコンサートを超アイドルでやってみたいなと思っています。皆さん応援してください」拍手

「ありがとうございます。本当に自分自身も新たなチャレンジをして、どんどんどんどん恐れずに色んなことに挑戦していきたいと思います。そして、NMB48をもっともっと色んな層のファンの方に応援してもらえるように、そして色んな道を切り開いて、メンバーも色んな、そうですね、例えば、やっぱ・・・何ですかね、やっぱ何でもないです」客w

「色んな、今までにないお仕事をして、そういう道を切り開いていけるといいなと思います。今年も22歳、全力で頑張りますので応援よろしくお願いします。もっともっと楽しい1年にしますのでついてきてください。頑張ります。ありがとうございました」拍手

一抹礼後、捌ける直前に
渡辺美優紀「これからもっともっと素敵な魅力的な、そして名前のように美しく優しい女性になれるようにがんばって自分磨きを日々磨いていきたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします」


Google+より
金子剛 2015/09/20 19:56

20日(日)
チームBⅡ『逆上がり』公演
本日は、渡辺美優紀22歳の生誕祭~!!

手紙は、チームN岸野より(代読:春奈)
「美優紀ももう22歳かー。
美優紀は女の子も照れちゃうくらいかわいいと思う。
里香が可愛いと思ってるところは、
素直で清い心があるところやと思う。
一緒に楽しい時はめっちゃ嬉しそうにするし、
でも嫌いなものは嫌いって言う、
わがままで小悪魔な感じが、“みるきー”っていう人種がいる感じ(笑)
あと、美優紀の考えは,
「なるほどな」と思わされることが多い。
美優紀の意見は、
直感で生きている私に対して、冷静で勉強になる。
だから、美優紀といると教えて貰うことも多いし、
年上だなって思う。
でも、はしゃぐときは、誰よりも子供だけどね(笑)
いっつも頼ってばかりだから、たまには頼ってな。
里香には、予想も出来ない悩みがあるかもしれないけど、
聞くことは出来るからね。
22歳も、めっちゃ楽しもう!旅行行こう!
今年はUSJのホラーナイト行きましょう!」と心を許せる存在からの絆を感じる手紙。


次に、渡辺母より(代読:梅田)
「早いもので、5度目の生誕祭なのですね。
17歳で芸能界に入って、
体力的、精神的に強くないといれない芸能界ですが、
この1年ちょっとの美優紀をみてると、
本当に仕事を楽しんでいると思います。
去年のじゃんけん大会で優勝し、
NMB48、AKB48の仕事に加え、
ソロのお仕事で、体調の事を勝手に心配していましたが、
そんな心配、どこ吹く風で仕事楽しんでいました。
ソロイベント“ミルキーランド”の企画は本当に楽しそうで、
キラキラしていた。
今年、ラム(愛犬)が天国へ行き、泣きながらの東京移動、
「大丈夫?」と声を掛けた時も
遠くから来てくれる人がいるのに、
「私のわがままで中止には出来ない」と乗りこえた。
そして、その後の総選挙にかける思いが違い、
アンダーガールズ発表あたりから大号泣。
今までで一番の最高順位で
ファンの皆さんが戻してくれました。
これからも嬉しい事、辛い事があると思いますが、
初心を忘れずに一歩ずつ歩んでください。
勝手ですが、そろそろ大人になったみゆきの写真集第2弾もみたいな。」と母子の仲の良さを感じる手紙。


最後に、本人より
「笑顔で5回目の生誕祭を迎えられ、
皆さんに支えられここまでこれた事に感謝。
21才は皆さんの笑顔が沢山見れた1年でした。
今年はアイドルの枠を超えた活動をしていきたい。
視野を広げ色んな正解に飛び出しNMBの道を開く存在になりたい。
目標はソロコンサート。
活動を通し一番楽しい事はライブ、
アイドルが好きでここに立てている。
自分自身にチャレンジし、何事も恐れず挑戦したい。
NMB48をもっと色んな層の方に知ってもらい、
色んな道を、今までにない仕事をして切り開き、
楽しい1年にしますのでついてきてください。」
と、しっかり自分の言葉で話していました。

NMB48をもっと幅広い層に知ってほしいと、
頼りになる宣言をしてくれた渡辺。
今年も楽しい1年にしていってください!

おめでと~!!

本日、公演にお越しくださった皆様、生誕委員の皆様、誠にありがとうございました。

150920kaneko001.jpg

150920kaneko002.jpg

150920kaneko003.jpg

150920kaneko004.jpg




150920milky001.jpg

150920milky002.jpg



最新商品

5月11日発売

NMB48 3 LIVE COLLECTION 2021

4月5日発売

UteenB NO.01 NO.01

カレンダー

06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

スポンサーリンク

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ