FC2ブログ

北澤早紀 18歳の生誕祭&前田美月・土保瑞希 卒業発表 (2015/06/15、AKB48チーム4)

AKB48劇場 チーム4「アイドルの夜明け」公演

■出演メンバー
チーム4 → 岩立沙穂大森美優岡田彩花岡田奈々北澤早紀小林茉里奈込山榛香佐々木優佳里佐藤妃星篠崎彩奈土保瑞希西野未姫前田美月村山彩希茂木忍
チームA → 田北香世子



【セットリスト&MC】

■開演
◆M00.overture
◆M01.アイドルの夜明け
◆M02.みなさんもご一緒に
◆M03.春一番が吹く頃
◆M04.拳の正義


■MC (自己紹介)

お題提供:サキちゃん
本日のお題:志高く皆さんが取り組んでいることは何ですか?

【1列目 上手側から】
込山榛香「今日もみんなで こみはるスマイル! あなたにあなたにこみはるスマイル届けます♪ こみはること込山榛香です」

「実は今日こみ・・・あっ、私、おでこを斜めにしてみたんです、公演で初めて。おでこ全開じゃないですか。目をこうやってやる(見開く)とおじさんみたいにここ(おでこ)にほうれい線ができるんですよ」
篠崎彩奈「ほうれい線はここ(頬)にできるシワ」
込山榛香「ここにできるシワ何て言うの?」
茂木忍「ただのシワ」
込山榛香「ただのシワができるんです、おでこに。だから目をカってやんないように、今日はおでこに志を高くしてるんですけど。皆さんなのでこみのことをよく見てください」

篠崎彩奈なんなんでも可愛いなんってな~んだ? (あやな~ん!) あやなんこと篠崎彩奈です」

「私は現代の若者って携帯を肌身離さず持ち歩いてずっと見てるじゃないですか。私もなんですけど。それを直したくて最近小説を読むのに嵌ってて。ちょっと頭良さそうじゃない? それを頑張ってます」

田北香世子「18歳のかよよんこと田北香世子です (声援) ありがとうございます、凄い。ありがとうございます」

「私は今日初めてチーム4さんの公演に出させていただいて(拍手) ありがとうございます、嬉しい。泣きそう。それで、凄い緊張してるんですけど、チーム4の皆さんはパフォーマンスがみんな元気で凄いので。チームAはけっこうお姉さんも多いので(w) それと違って皆さん元気なので、私も一番後輩なので、チーム4の先輩に負けないように今日は全力でパフォーマンスを志を高くして頑張っていきたいと思いますので皆さんよろしくお願いします」

土保瑞希「18歳の土保瑞希です」

「私は公演が凄く好きで、チーム4が凄く大好きなので今公演が少ないじゃないですか。なので今日という、誰かの凄い日じゃないですか。だからそういう1コ1コの公演を大事に志を高くしていきたいと思います」

村山彩希「真っ赤な (ゆいりんご!) チーム4のゆいりーこと村山彩希です」

「私は最近知らない漢字とかことわざとか言葉があったらまず調べて、そこで意味を初めて知って、それをちゃんとメモるっていうのに取り組んでるんですよ。だから次大学生なのでほんと勉強頑張っていこうと思います」

岩立沙穂「(ヤッホー!) まだ始まってませーん。皆さん、発声練習始めます。私に続いて言ってください (ヤッホー!) もう! はーやーい (ひゅ~) ヤッホー! (ヤッホー!) さっほー (さっほー! さっほー!) なーがーい。長いよ。さっほーこと岩立沙穂です」

「志を高くというのは、今日手元を見てもらうとネイルをしてるんですけど、実は自分でやったんですよ。やっぱりね、ネイルとかオシャレしてみたい年頃なんですけど、かかるんですよ、お金が。なので自分で買ってやったらネイル代が浮くんじゃないかなと思ったんですけど、まぁそれはマニキュア代かかりますよね。この間買ってしまったので、私、飽きっぽくて、うまくなかなかそれを使っていかない性格なんですけど、ここは志を高くネイルを、腕前を上げていこうかなと思ってます。なので楽しみにしててください」


【2列目 上手側から】
北澤早紀「夢は大きく志は高く! 高校3年生の18歳になりました、さっきーこと北澤早紀です (声援&拍手) ありがとうございます」
客「お誕生日」 → 「おめでとう!!」
北澤早紀「ありがとうございます、ありがとうございます。私は日々志は高く頑張っているつもりでいます。なので今日は皆さん一緒に楽しみましょう」

大森美優「ハ~イ、デコポン すっぽん 思い切り みゆぽん! チーム4の16歳、大森美優です。凄い、元気ですね、皆さん」

「私は早紀ちゃんのキャッチフレーズなんですけど、「志を高く」っていうやつを志を高くやってるんですけど。たぶんこの時(手を上げる時)が一番張り切ってるんですよ。今日も凄い張り切ったので良い公演になりそうです」

岡田彩花「16歳のあやかこと岡田彩花です」

「私は写真の撮り方なんですけど。髪の毛を切って、写りってやっぱ変わるんですよ、印象とか。なので、その自分の写真を撮るのを日々研究しながら良い角度を見つけております」

西野未姫「東西南北 東の逆は?(西野!) 16歳の西野未姫です」

「私はMCが、トークが上手になりたくて、そのために志を高く、出来事をメモしてるんですよ、携帯に。最近あった出来事は、北原里英ちゃんのお家で中西智代梨さんと野呂さんと4人でパーティーしたんですよ。野呂さんが餃子を焼いてくれて、超4人とも仲良くなって、真面目に語ったりもして、凄いね、これなのでたくさんね、MCのネタを野呂さんからもらいたいなって思います」

佐藤妃星「15期生のきぃちゃんこと佐藤妃星です」

「私が志を高くしてることは、自分の性格をどこにいても曲げないってことなんですけど。私はひねくれてるので、性格で。でも、あんまりない性格だと思うんですよ。だからこれからもこの性格を長所にしていきたいなと思います」


【3列目 上手側から】
前田美月「美月はどこにいるの? みんなの? (まえだ!) 前田美月です」

「意外と人って時間が空いた時に外に出てみれば小旅行的なことができちゃうんだなっていうことがわかったんですよ、最近。最近ふとちょっと遠くに行きたいなと思って、新幹線の券を買って、仙台のほうに1人で行ったんですけど、プライベートだったんですけど、普通にできちゃうんですよ、人って。だからみんなと小旅行したいなと思って。色んな人誘って、最近お仕事も無く(w) 公演とかありますけど、お休みを頂ける機会が多いので、皆さんと小旅行的なことをしたいなと思って、それを志を高くいつも思ってます」

佐々木優佳里「私のハピネス届いてますか? (届いてる!) 私はあなたを愛すのみ (ひゅ~) チーム4のゆかるんこと佐々木優佳里です」

「私は自分のGoogle+で毎週水曜日と金曜日に動画をあげてるんですけど、その動画を続けてるので、いつかはYouTubeの自分のチャンネルを作れたらいいなって。AKB48はあるじゃないですか。だからAKB48の佐々木優佳里としてチャンネルができたらいいなと思うので、たくさんの方にちゃんと見てもらえるようにちゃんとネタ考えて、面白い動画を作りたいなと思うので、皆さん是非チェックしてください」

岡田奈々「なぁちゃんこと岡田奈々です」

「今やっぱ夏じゃないですか、そろそろ。なので日焼け対策というものを物凄く志を高く頑張っておりまして。それをAKBメールだったりで言ったんですよ。そしたらファンの方から紫外線浴びてると反応するブレスレットとか、ストラップが来たんですよ。白いんですけど、それが紫外線に当たるとピンクになったりするんですよ。それをもらって、もっと志を高く日焼け止めをたくさん塗って、頑張ろうと思いました」

小林茉里奈「Everyone everyday まりなってる? (まりなってる) まりんちゃんこと小林茉里奈です」

「私はですね、ちょっと前ぐらいからお料理をさすがにそろそろできるようにならないとヤバイなと意識を持ってお料理をしたいなって脳内で思うっていうのをはじめてたんですよ。ついに進歩しまして。レシピを調べるっていう段階に入ったんですよ。まだ実行には移してないんですけど、来月ぐらいにはまた進歩するじゃないかなと思って、志を高く、現時点ではレシピを調べたいと思います」

茂木忍「あなたのハートをもっぎもぎ。もぎちゃんこと茂木忍です」

「私はですね、最近はじめた会った人とか特になんですけど、声を高く喋るっていうのをね。私、怖いんですよ、たぶん初めて会った時。(低音)「おはようございます」って言ったら怖いじゃないですか。最近意識してることやりますね。笑顔で「おはようございます!」って言うんですよ」拍手
メンバーたち「さわやか」
茂木忍「だから、今日は志を高く、声も高く頑張りたいと思います」


◆M05.残念少女 (篠崎彩奈田北香世子込山榛香)
◆M06.口移しのチョコレート (村山彩希木崎ゆりあ岩立沙穂)
◆M06.口移しのチョコレート (村山彩希土保瑞希岩立沙穂)
◆M07.片思いの対角線 (大森美優岡田彩花北澤早紀)
◆M08.天国野郎 (西野未姫小林茉里奈佐々木優佳里佐藤妃星)
BD:篠崎彩奈村山彩希土保瑞希岩立沙穂田北香世子込山榛香

佐藤妃星「私はこの今日の公演メンバーの中で最年少らしいんですよ。なのに見てください、この大人っぽい服(婦人警官)、見てください。似合ってますか?」
メンバーたち「天国野郎!」

◆M09.愛しきナターシャ (茂木忍岡田奈々前田美月)


■MC
茂木忍岡田奈々前田美月

茂木忍「今日は千葉県民の日らしいんですよ。私も千葉県民なんですけど。例えばそんな感じで祝日を何とかの日みたいなのを作るとしたら、どんな日が欲しいか」

前田美月「私はグングン背が伸びまして、今172センチ、なぜか伸びてしまったので」
茂木忍「なぁちゃん何センチ?」
岡田奈々「155ぐらい」
前田美月「ミニマムな感じなんですけど(w) この身長があるからこそ得する日が欲しくて。日付はいつでもいいんですけど、高身長の日が今日は服買うと半額だよ、みたいな」
茂木忍「高身長フェアみたいな」
前田美月「そういう日が欲しいなと思って。だから奈々みたいに低身長の人も。身長低めの方もそういう日があってもいいかなと思ってるんですけど」
茂木忍「そうなってくると私みたいに中途半端な」
前田美月「標準デーみたいな。お得になる日が欲しいなって思うんですけど」

岡田奈々「私はやっぱり自分の名前が奈々なので、毎月7のつく日はすべての商品が7割引き。奈々限定がいいな。だから7月は毎日7割引き」
茂木忍「たぶんね、流通しなくなるよ、色々。まわらなくなっちゃう、経済」
岡田奈々「7割引きで安いからこそみんながたくさん買うじゃないですか。どんどん経済的にいい感じに」
茂木忍「ナナノミックスみたいな」拍手
前田美月「うまい」

茂木忍「私は、特にないかな。ゴールデンウィークみたいな日が毎月。毎月あったら困っちゃうかな。少ないじゃないですか。もう1週間欲しい」
岡田奈々「そしたらゴールデンウィークの大切さみたいなのが薄れてくるじゃないですか」
茂木忍「なるほどね」
前田美月「凄い真面目に」
岡田奈々「毎年お仕事頑張りましょう」
茂木忍「頑張ります」


◆M10.女子高生はやめられない (じゃんけん優勝:北澤早紀) ※オールチョキで優勝
◆M11.好きと言えばよかった
◆M12.そばかすのキス


■MC
◆前半:佐藤妃星岡田彩花岡田奈々篠崎彩奈込山榛香佐々木優佳里田北香世子土保瑞希

岡田奈々「今日かよよんがチーム4公演に初出演してくれたということで、かよよんから私たちに質問、そして私たちからかよよんに質問をしてみたいなと思うんですけど」

田北香世子「みんなになんですけど。私、この3曲続けただけで凄い息切れなんですけど、みんなどうやっていつも頑張ってるんですか?」
土保瑞希「気合」
篠崎彩奈「なぁちゃんが凄いじゃん、ダンス」
岡田彩花「なぁちゃん、筋肉いっぱいあるよね」
岡田奈々「けっこう筋肉質っていうのもありつつも、ファンの皆さんを見ながらやってると自然ともってます」拍手
篠崎彩奈「お手本のような答えですね」
岡田彩花「凄い良いこと言ったけど、私「慣れ」とか言っちゃった」客w
佐々木優佳里「でもさ、こうやって息切れするほど頑張ってるってことは全力出してるってことですよね。良いことだと思う」拍手

込山榛香「こみからかよよんに質問してもいいですか? 私、自分のことを「こみ」って昔まで言ってたんですけど、島崎さんに(w) 「そろそろ自分のことをこみって言うのやめたら?」って言われたの。ダメだと思いますか?」
田北香世子「私、こみはるさんのこと大好きなんですけど」
込山榛香「そうなの」
田北香世子「私、ファンなんですけど、こみって呼んでるこみはるさんが私は好きです」
込山榛香「だよね。ほら」
田北香世子「やっぱり「私」って呼んだほうがいいって言う人もいるけど、「こみ」って呼んだほうがほうが嬉しい人もいるってことです」拍手
佐藤妃星「きぃは、こみがこみって言うの大好き」
込山榛香「きぃちゃんさ、島崎さんと仲いいじゃん。言ってきて」客w
佐藤妃星「わかった」

岡田彩花「私、かよよんとあまり話したことなくて。話そうと思っても人見知りしちゃうんですよ。それを755に言ったら、かよよんはりおりんと仲がいいから、りおりんに接してるようにすればいい、みたいなこと言われたんですよ。どうなんですか?」
岡田奈々「どうやったらかよよんと仲良くなれる?」
田北香世子「私はくるもの拒まずなので。私もそんなに自分から話しかけるタイプじゃないので、話かけに来て欲しいです」
岡田彩花「私、先輩として頑張ります」拍手

土保瑞希「今チーム4じゃないですか。かよよんはチームAさんじゃないですか。やっぱりAさんと4だったら年齢が幅が違うじゃないですか。大人と、ちょっと子供みたいなあるじゃないですか。だから、チーム4公演に今出てみて、Aさんと違いあるのかなって」
田北香世子「やっぱ賑やかですね、楽屋とか」

篠崎彩奈「このMCメンバーの中でこの人怖いなっていう人」
岡田奈々「かよよんはこのチーム4公演の中で一番後輩だから、全員先輩なわけじゃない。一番怖い先輩とかいる?」
田北香世子「あやなんさん」拍手
篠崎彩奈「瑞希、何言った?」
土保瑞希「私は、何も言ってない」
篠崎彩奈「耳打ちが。私怖いかな」
込山榛香「そりゃそうですよね、このメンバーだったら」客w
篠崎彩奈「どういう意味ですか? 仲良くしよう、じゃー」
田北香世子「仲良くしたいです」 → 篠崎と握手
篠崎彩奈「仲良くなれた」
田北香世子「仲良くなれました」

岡田奈々「みんなどんどんかよよんと仲良くしていきましょう」
メンバーたち「はーい」
岡田奈々「私もLINE交換したしね、かよよんと」

◆後半:茂木忍村山彩希北澤早紀西野未姫小林茉里奈前田美月岩立沙穂大森美優

岩立沙穂「(お題)本日の主役、北澤早紀ちゃんについて

西野未姫「あの、私は早紀ちゃんが18歳のことに凄く驚いています。私は早紀ちゃんは15歳でいるんですよ、私の中では」
前田美月「未姫ちゃん何歳だっけ?」
西野未姫「16です。だから、自己紹介MCで18歳って言って、ウソだ!って思ったんですよ。でも本当みたいらしいのでおめでとう、なんですけど、早紀ちゃんは見た目もちっちゃくて凄い可愛らしいんですけどダンスが凄い上手いんですよ。誰もが上手いって言える丁寧で綺麗で」
前田美月「正確」
北澤早紀「未姫ちゃんは違う方面で凄いじゃないですか(w) それを私は憧れてて。自分にできないことだから凄いなと思って」
大森美優「褒めてるのかけなしてるのか」
北澤早紀「褒めてます」
西野未姫「ありがたいですね、ほんとに。なのでね、早紀ちゃんのダンスもほんとにいつも見とれちゃうなってぐらい大好きなんですよ、私」

大森美優「私は、早紀ちゃんの良さがギュッと詰まったエピソードがあるんですけど (おー) 鼻むずむずしてて、今日マスク忘れちゃったって言ってたんですよ、私が。そしたら早紀ちゃんが自分のカバンを漁りだして、密封袋に入ったたくさんのマスクの中から1コ取り出してすかさず渡してきたんですよ」拍手

「まず密封袋にマスク入れてる人初めて見て。トゥルルトゥットゥルーみたいな」客w
前田美月「早紀ちゃんのバッグって何でも入ってるんですよ。爪切りとかも入ってるし、ほんと欲しいものがあったらとりあえず早紀ちゃんに言うみたいなのはありますよね」
大森美優「そう、それをすぐ出してくれる気遣いのできる」
北澤早紀「私、心配性で。マスクとか入れてるけど、自分で使うよりメンバーにあげるほうが多いんですよ」
メンバーたち「優しい」
小林茉里奈「いいお嫁さんになるよ」

茂木忍「私、ここで改めて言わせていただくんですけど、早紀ちゃんのこと好きなんですよ」おー
岩立沙穂「最近聞かなかったよ」
茂木忍「と思いきやですよ。この間ヤフオク!ドーム、福岡行ったじゃないですか。移動の飛行機が隣だったんですけど、メンバーってだいたい爆睡してるんですね。でも私と早紀ちゃんだけずーっと移動時間喋ってて。私、凄い喋っちゃうタイプなんですけど、それを嫌な顔ひとつせず、ずっと話を・・・」
大森美優かわいそう
茂木忍「えっ?」ざわw
岩立沙穂「ぽんちゃんシー」
メンバーたち「それで?」
茂木忍「なんかすみません(w) 普通だったらかわいそうな出来事なんですけど、それを嫌な顔ひとつせずニコニコ話を聞いてくれる早紀ちゃんが好きだなと思って」
西野未姫「それが早紀ちゃんだよね」

小林茉里奈「その早紀ちゃんの優しいエピソードで。私よく楽屋で暇な時に茂木ちゃんと2人で急に・・・(泣き真似)とかやって、楽屋でいかにメンバーの視聴率を取れるかっていうゲームをやってるんですよ。何人振り向くか。やってるんですけど、だんだんみんな慣れはじめて、チラって見て、スって目線を逸らすんですけど、早紀ちゃんはいっつも遠くからニコニコ見てくれるんですよ。だからね、いつも早紀ちゃんの視聴率だけ取りに行ってる」
北澤早紀「これからも面白いことお願いします」
小林茉里奈「ほんとに? 嬉しい、調子に乗って取りまくるわ、視聴率」

村山彩希「私、早紀ちゃんに勉強でよくお世話になってるんですけど、この前、家にいる時に早紀ちゃんに勉強のこと聞きたいなと思って、突然電話かけたんですよ。でもお風呂入っちゃっててその時出てくれなかったんですけど、「ごめん、お風呂入ってた」って言ってメールきた瞬間に私、電話かけちゃって。普通に考えてビチャビチャなわけじゃないですか、髪の毛とか。風邪ひいちゃうにもかかわらず、30分ぐらい電話に付き合ってくれて」
大森美優かわいそう」ざわw
前田美月「また?」
村山彩希「なんかすみません」客w
茂木忍「ほんとにいつもお世話になってます、ありがとうございます」
村山彩希「ほんとに30分以上電話するの私が初めてだったみたいで、喜んでくれて、ほんとに早紀ちゃん優しいなと思って。これからも電話かけようと思います」

# 前半チーム登場

西野未姫「こんなに優しくて心が綺麗な早紀ちゃんはもうね、これからもみんなに愛されて、このままでいて欲しいですね、早紀ちゃんね。このまま優しい早紀ちゃんでいてください」
北澤早紀「はい」


◆M13.タンポポの決心


■アンコール
有志の方「本日は6月5日に18歳の誕生日を迎えた北澤早紀ちゃんの生誕祭です」イェー&拍手

「ご当選されました皆さん、おめでとうございます」拍手

「彼女はご両親の深い愛情で子供のように純粋な心を今でもずっと持ち続け、その純粋でまっすぐな心でAKB48をひたすら愛し、そして、努力し、劇場公演に欠かすことのできない、そんな人になりました」拍手

「自分の努力で培った、指先まで、つま先まで尽くし、パフォーマンスを私たちの誰もが本当に大好きです」拍手

「そして、彼女はどんな時でも体調が理由で休むことがありません。誰にも負けない、強い責任感の彼女に必ずチャンスの順番がやってくると私たちは信じます」拍手

「彼女の大きな夢を目指す彼女が前に一歩踏み出す勇気を与えるために私たちは全力で本気でいつまでも彼女を応援します」拍手

「皆さん、本日は彼女への愛情あふれる最高のさっきーコールをお願いします」拍手

「全員で1つになるぞー」


「さっきー」コール


※暗転してからアンコール発動まで → 3分17秒
※口上開始からアンコール発動まで → 2分42秒


◆EN01.4 Stars
◆EN02.横須賀カーブ

◆EN03.アリガトウ


北澤早紀 生誕祭

岡田奈々「本日はご来場いただきありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」
岡田彩花「ちょっと待った! ストップ。今日はですね、6月5日にお誕生日を迎えた早紀ちゃんの生誕祭です」拍手

「早紀ちゃん、お誕生日」
みんなで「おめでとう」

# BGM → 涙サプライズ!

# ケーキ搬入&ロウソク火点け

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア スキー ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」
北澤早紀 → ロウソク火を吹き消す → 直後に特効発射 (ピョンピョン跳ねて喜ぶ)

北澤早紀「私、まず気になるのが最初仕切り、彩花だと思ってて、「彩花だよね?」って言ったら「違うよ」みたいな言ってきて。しかもさっき出る時に美月が「ちょっと待った、どんなタイミングで言うんだっけ?」みたいな聞いてて」客w

「ほんとに信じて美月だと思ってました」
岡田彩花「私、基本騙すんで」


ある方からのお手紙 (代読:村山彩希)

「早紀ちゃんへ

まさか私から手紙がくるとは考えてもなかったでしょう。私も不思議です。

本当に私のファンなんでしょうか。どうもチームKの小林香菜です」おー

「(ここでファンの方の拍手と驚きの声)」客w

「たくさんの拍手をありがとうございます(笑)」ひゅ~&拍手

「さて、本題に入ります。早紀ちゃんの私から見た印象はいつもニコニコしていて、真面目で、とっても気を遣う子だなと思っていました。いつからこんなに話すようになったかわからないね。それはきっと早紀ちゃんがきっかけをくれました。

私は後輩メンバーの子とそんなにお話をするタイプではありません。でも早紀ちゃんは「写真を撮ってください!」とか「小林さんの生誕祭に出れることになりました」とかLINEをくれたり、自然と話すようになったね。

チーム4の子から「小林さんは怖いから気をつけてね」(w)と忠告を受けたのにもかかわらず、こんなに仲良くしてくれることに私もビックリです。

でも私は早紀ちゃんのおかげでたくさんの後輩メンバーとコミュニケーションを取らないとって気づかされました。ありがとう。

公演が大好きって言ってくれてとっても嬉しいです。チームK公演にもたくさん出てくれて、いつもクオリティが日に日に上がっていっているのを陰でこっそり見ています。きっと裏で凄く努力しているんだろうなって感心します。

それと同時に凄く刺激を受けます。私も負けてらんないなーって。

早紀ちゃん含め後輩の子から学ぶことって本当にたくさんあります。それはみんなが本当に輝いているから。

学業と両立しながらお仕事をするのは決して楽なことじゃないと思う。私も学生の時にAKBに入っているので経験してきたけど、今のAKBは昔よりもダンスも覚えることもいっぱいあって、お仕事もたくさんあって、本当によく頑張ってるなーと思います。

これからも楽しいことばかりじゃなくて、悔しいこともたくさんあると思うけど、それを共に乗り越えていきましょう。

夢は願ってるだけじゃ叶わないと思います。自分からたくさんのチャンスを掴みにいってね。私も頑張ります。

早紀ちゃんの18歳の1年がキャッチフレーズのように「夢は大きく志は高く」により近づけますように。改めてお誕生日おめでとう。

P.S. チーム4の皆さん、私、意外に怖くないと思うので(w) これからでも仲良くなりませんか? よろしくお願いします。

AKB48横山チームK 小林香菜より」拍手

北澤早紀 → 早い段階から涙

村山彩希「ということで、早紀ちゃんが大好きな小林香菜さんからでした」
北澤早紀「ほんとに想像してなかった。なんか、ビックリ」
岡田彩花「でも最近あれなんですよね。小林香菜さんが好きとか凄い喋るようになったっていうのを聞いてたんで良かったなって思います」
茂木忍「実際仲いいの?」
北澤早紀「そうなんです。メールとか色々させてもらって」
岡田彩花「誰が「怖い」って言ったんだろうね」
メンバーたち「誰も言ってない」
北澤早紀「でもなんか言われたは言われたんですけど」


村山彩希去年の1年を振り返ってみてどうですか?
北澤早紀「去年の1年はですね、もちろん悔しいこともたくさんあって。でもなんか、自分的にはちょっと気持ちの面で成長できたのかなって思うところが幾つかあって。前は同期とか後輩の活躍を見ると凄い悔しくなって。なんだろうな、何もしたくなくなっちゃう、無気力な感じになってたんですけど、今は色んな他の同期とかが活躍してるのを見て、負けないぐらい頑張らなきゃなって思えるようになってて。

毎年誕生日って総選挙の時期で、実は凄い辛くて。全然自信ないから、あんまり誕生日を楽しめないなってAKBに入ってからはずーっと思ってたんですけど、今年は今までの中では一番自分の誕生日を楽しめたんじゃないかなって思って。もちろん自分が総選挙にランクインできないのは凄く悔しいけど、今の結果が今後もすべてを決めるわけじゃないし、また1年頑張ればもっと先に進めるんじゃないかなって思えて。

今ほんとにこんなに未熟でも、もっと努力すればもっと大人になって輝けるんじゃないかなって自分で自分を期待してる部分もあって。

去年はずっと他のチームの公演にも出たいっていうことを言ってて。最近でもないんですけど、ちょっと前からその願いが叶って、チームKさんの公演に出させていただいて、そこで色んな先輩方にも仲良くさせていただいて。小林香菜さんだったり、あと内田眞由美さんも「陰が薄い」っていうことをね、行こう公演のMCで相談したら「作戦会議しようね」とか優しく言ってくださって。だからやっぱり、私人見知りだから全然先輩に今まで話しかけることもなかなかできなかったんですけど、やっぱり話しかけると色々吸収できるところもたくさんあるんだなってわかったので、18歳はもう大人の仲間入りというか、時間帯的にはね、もう活動の期間の制限もないので、色んなお仕事をして、色んな先輩と絡んで、色んなものを吸収していけたらなって思ってます」拍手

岡田彩花18歳の年はどういう年にしたいですか?
北澤早紀「18歳は、私、17歳の1年があまりテレビ番組とかに出させていただくことがなくて。たぶん私の記憶上なんですけど一度もピンマイク付けてないんですね。この辺とかに付けるやつを。なので、18歳はもっと、劇場はもちろん大好きなんですけど、劇場以外でも、劇場で活かせる仕事とかをもっとやっていきたいなって思いますし、あと去年の1年で私の将来の夢が定まってきまして。今まではちょっとぼんやりな、女優さんみたいな、ステージに立てる人とか、そういう感じの将来の夢って言ってたんですけど、やっぱり去年1年通じて凄く劇場が凄い大好きだなってやっぱり自分でもわかったので、そういうお客さんを目の前にしてできる、そして今の活動にもつなげられるかなって思っているミュージカル女優を目指していきたいなって思ってるんですね」拍手

「ありがとうございます。それを、ファンの方にもたくさんもっとそのミュージカルになりたいことをアピールしてこって、色んなAKBでも舞台があったりしたので言われたんですけど、アピールがどうしても苦手でちょいちょいそのなんとかっていうミュージカル見ました、私もミュージカル女優になりたいなぐらいでしかアピールできていなかったので、もうちょっとアピール力をつけて、そういうミュージカル系の方に見つけて欲しいなって思ってるので、今年はそれを目標に、舞台に立つっていうことを目標にこれからも頑張っていきたいなって思ってます」拍手

岡田彩花「最後にファンの皆さんにひと言
北澤早紀「本当に今日はありがとうございました」拍手

「また今年もうちわがあって、今年もぷりんちゃんがいて。それ、なんかあれですね、犬の、あれに似てるんです」
客「さっきーが書いたやつだよ」
北澤早紀「そう!やっぱり? 犬のアルバムじゃなくて写真集があった時に私がぷりんちゃんの似顔絵みたいのを書いたんですね。似てるなーって思ってたんです、ずっと。凄い、ありがとうございます。ちょっと視力落ちちゃったから私が書いた絵だよねーと思ってずっと見てたんですけど。あと最後の紙もありましたよね?おめでとうっていう。正直こっちで話してて全然出てくる瞬間見てなくて」
客 → その紙を掲げる

150615kitazawa005_20150616120438394.jpg

岡田彩花「早紀ちゃん写ってるんじゃない?」
北澤早紀「ほんとだ! すごーい」
茂木忍「色んな早紀ちゃん」
北澤早紀「やったー、嬉しい。ありがとうございます。ほんとにそれが嬉しくて。やっぱり私、自分に自信がないから、ファンの皆さんに支えてもらおうって凄い常日頃から思ってて、頼っちゃってる部分があるんですけど、なんか、私、ぐぐたすが凄いいつも遅くて(w) すみません、日付変わっちゃってから「今日は」とか書いちゃってるんですけど、それなのに皆さんいつも起きて待ってくださってて、私がコメントしてもちゃんとそれに答えてくれて絶対眠いのに申し訳ないって思いながらやってるんですけど、ほんとにそういう面とかで、色々私に優しくしてくださってほんとにありがたいなって思ってます。

あと、去年の生誕祭でこの公演の1コ前にやってた公演のユニットの「ウィンブルドンへ連れて行って」っていう曲が好きだよって言って握手会に来てくれる人はいるけど、「対角線」見て好きになったって言ってくれる人はいないって言ったんですね。去年その生誕祭でそのことを言ったんですよ。そしたら、その生誕祭から「対角線も好きだよ」って」客w → 拍手
茂木忍「フォローが入ったのね」
北澤早紀「皆さんの優しさがね、凄い伝わってきて、ちょいちょいほんとに思ってんのかなって表情の方もいるんですけど、去年よりは対角線も、最初の頃より、1年も経ってますし、どんどん成長して、あと18歳にもなったし、最初はちょっとぎこちなく見えたけど今は大人っぽく見えるよとか、そういう私の成長を、自分じゃわからない成長とかも見つけて言ってくださって、この曲のこの部分が最近変わって凄い好きになったんだ、みたいなそういうことも言ってくださって。自分じゃ全然気づかないんですけど、そういう小さなことも見つけてくださるので、それの1つ1つが私の自信になっているんじゃないかなって思うので、本当に私は皆さんの優しさでできてるんだなって思いました。本当にいつもありがとうございます」拍手

「あと、極力ぐぐたすも早くするので(w) 眠くてもちょっと耐えれるぐらいなら是非見てください」拍手

「あとちょっと追加で言うんですけど、去年9時出の人が参加できずに最後終わっちゃったのでちょっと早口になってしまったんですけど、ちゃんと伝わってますかね?」
岡田彩花「私今年参加できたんで良かった。去年私9時出だったんで捌けちゃったんですよ」
北澤早紀「20分ぐらい喋ったらしくてね」
岩立沙穂「既にきぃちゃんは捌けた」客w
北澤早紀「えー」
村山彩希「今日はしょうがない」
北澤早紀「みんなで終わりたかったんだよね」
岡田彩花「今日7時公演」
村山彩希「人数は多いよ、去年より」
北澤早紀「良かった」拍手

「ありがとうございます。これからもよろしくお願いします」

岡田奈々「早紀ちゃん、言い残したことはないですか?」
北澤早紀「たぶん無いんですけど、あとはぐぐたす書きますので見てください」


■VTR (僕たちは戦わない)

◆EN04.僕たちは戦わない ※AKB48 40thシングル


■公演終わりに

岡田奈々「それでは早紀ちゃん、最後の挨拶をお願いします」
前田美月「ちょっと、その前に皆さんに報告したいことがあります。私、前田美月はAKB48を卒業することになりました」えー

「なんか、凄く早紀ちゃんの生誕祭の日に発表になってしまって、凄く早紀ちゃんのファンのみなさんと早紀ちゃんには凄く申し訳ないと思っているんですけれども、ここで発表させてもらうことになりました。

私はですね、3年前に14期生としてAKBに加入させていただいて、まぁ恵まれたメンバーと恵まれたスタッフさんに囲まれて楽しく活動させていただいたんですけども、私はモデルという夢をAKBの活動をさせていただいている中で見つけさせていただいて、ここのAKBというこのグループから甘えず一歩外に出て活動していきたいなと思って、この決断をさせていただきました。

まだ詳細は決まっていないのですが、このあとブログなどで発表させていただきたいと思うので、みなさん、あと少し、AKBの活動を応援よろしくお願いします」拍手&頑張れ

土保瑞希「はい、すみません。私からもご報告があります。私もAKB48を卒業することに決めました」えー

「実は今、高校を卒業して大学に行っていないんですけど、大学にもともと行きたくて、最近は資格とか自分のやりたいことをたくさん探すようになって、いったんお休みして、でも芸能界にいることが夢っていうのは変わりないので、いつかまたみなさんの前に笑顔で立てることを信じてまた新しく頑張っていきたいと思うので、ほんとに早紀ちゃんの生誕だし、早紀ちゃん本人にも早紀ちゃんのファンのみなさんにもすっごく申し訳ないことをわかってるんですけど、ほんとにこの貴重な場をお借りして言わせていただきました。

あと、いつまでかまだ決まってないので、まーさん(前田美月)と同じでブログでご報告させていただくと思うんですけど、残りの時間、応援していただけると嬉しいです」拍手

北澤早紀込山榛香 → 号泣

前田美月「2人が同時になってしまったのは、たまたま卒業の話を大人の方としてた時に、土保ちゃんも一緒に相談してるということで、私たち2人同時になってしまったんですけども、あと少しの活動をね、2人で一生懸命やっていきたいと思うので、応援よろしくお願いします」拍手

「最後の挨拶を早紀ちゃんにして欲しいなと思ったんだけど、みんなで言おうか」

# 手繋ぎ挨拶「せ~の、せ~の、ありがとうございました」BGM:僕たちは戦わない

# 公演終了 (終了後、お見送り)


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】6月15日(月) チーム4 「アイドルの夜明け」公演 北澤 早紀 生誕祭

公演後の感想 → 村山彩希北澤早紀岡田彩花

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

dTVチャンネル