FC2ブログ
特典ブロマイド付き「新体感ライブ」1月7日発売! 予約受付開始 new2.gif

【速報版】 後藤理沙子 18歳の生誕祭レポート

2015年6月18日 SKE48劇場 チームS「制服の芽」公演

◆進行役は松本慈子

お母さんからのお手紙 (代読:矢方美紀)

「理沙子へ

18歳おめでとう。

本日生誕祭を企画してくださいましたファンの皆様、そしてスタッフとメンバーの皆さん、ありがとうございます。

本来は理沙子にお祝いの手紙を書くのでしょうが、理沙子のことをもっと知っていただきたいと思い、SKEに入る前の理沙子を書かせていただきます。

生まれた時からしっかりした顔をしていたので、外で声をかけてくださる人は「本当にハンサムだね」ピンクの服を着てますけど、とツッコミを入れたくなりましたが「ありがとうございます」と返しておりました。

幼稚園に入った頃「モデルさんになりたい」と言い、一応モデル事務所に入れたのですが、兄の影響でよくお笑いライブに出かけていました。

なので小学校2年生の時、突然「お母さん、私、M-1に出るのでよろしく」とノートにネタを書き始めました。モデルの夢が「芸人さんになりたい」と夢が変わった日でもあります。

簡単に芸人さんになれるわけもなく、「毎日友達と遊ぶ時間がないので習い事をすべて辞めます」と言った時はビックリしました。

理沙子は「友達がいない」といつも言っていますが、たくさんの友達が「りさちゃん、りさちゃん」と言ってくれていて、元気に飛び回っておりました。

そんな中、「SKEのオーディションを受けます。お母さん、SKEのオーディション受けるので、よろしく」

2期オーディションは残念ながら落ちてしまいました。

3期募集でSKEに入ることができました。ここから皆さんの知っている理沙子です。総選挙の時は多くの方が理沙子のために票を入れてくださいまして、本当にありがとうございます。

握手会で塩と自分自身で言っていますが、「今日どうだった?」と訊くと「面白かった」と返ってきますし、「めちゃんこ面白い人きた。疲れが吹っ飛んだ!」って言った時もあります。

態度が大きくて、生意気ですが、温かく見守っていただけましたら嬉しいです。

最後に。理沙子に小学校の遠足の時、グループを決めるので女の子は前もって相談し合ってるって聞いたので「誰とお弁当を食べるのか?」と訊いたら、私が言ったの覚えてる? その時、理沙子が「そんなことしたらグループに入れない子ができる」ってハッキリ私に言ったよね。私はその時、誰と一緒でも楽しむよって、この時の会話がずーっと私の心に響いてます。大好きだよ。

SKEに入る前、「お母さん、格闘技習いに行ってきますのでよろしく」ってビックリさせる、そんな理沙子も大好きだよ。

本日は手紙を書かせていただき本当にありがとうございました。

母より」


ファンの皆さんにメッセージ

後藤理沙子「今日はこんなにも素敵な生誕祭を開いてくださって本当にありがとうございます」拍手

「まずは、17歳の生誕祭もこのチームSで開いてくださって、18歳の生誕祭はもしかしたら違うチームなんじゃないかなってちょっと不安に思ってた部分もあったんですけれども、ちゃんとこのチームSで開いてくださって、ってか、このチームSでお誕生日を迎えれて本当に幸せです。

この1年は、そうですね、私の身の回りにいつもいてくれた人たちがみんな夢に向かって歩き出して。んー、私も正直アイドルになりたくてアイドルになったものの、うまく、そうですね、うまく理想のアイドルにはなかなかなれずに、みんなが夢に向かって歩いて行くのを見て、「私、SKEに居ていいのかな」って凄い悩んだ部分もあって。

そんな時に、もう卒業してしまった先輩なんですけれども、「理沙子はこれからだよ」って言ってくださって、その言葉で私はもう一度頑張ろうと思いました。

そして、公演でセンターをさせていただいて、その時にファンの方に言われた言葉で凄い覚えている言葉があります。常に前に立っているメンバーを応援しているファンの方は味わえない感動をボクたちは味わえているんだよって。普段3列目の端っこで踊っているメンバーが・・・(涙)

踊っているメンバーがちょっとでも前に出たら凄い感動するし、応援してて良かったなって思えるって言ってくださって。

私は普段そんな前に出る部分はないんですけれども、だからファンの方は私のことを応援してくださってて楽しいのかなって凄い悩んでたので、その言葉で救われました。

そして、目標にしてた選抜総選挙、52位という素晴らしい順位を頂けました。

でも、私は52位に相応しくない実力ですし、本当にファンの方が支えてくださったからあそこまで行けました。なので、次は私の力で前に出たいと思います。

目標とかはちょっと今年は決めずにSKEを頑張ろうと思っていて。決めない理由は、決めてしまったらそこで満足しちゃうのかなって思ったからです。

なのでこの1年皆さんに恩返しをしつつ、もう自分で限界を決めずにできる限り上を目指して頑張っていきたいと思います。

SKEはまだまだこれからだと思うので、私も3期生で今6年目なんですけど、今自分にできることを探して、ちゃんとSKEのために頑張っていけたらなと思います。

これからも応援よろしくお願いします。ありがとうございました」拍手


チームSリーダー・宮澤佐江より

宮澤佐江「今、理沙子の言葉を聞いて、今ここのステージにいるメンバーみんなの心に響いた言葉もあったと思うし、ファンの皆さんの心に響いた言葉のたくさんあると思います。

選抜総選挙で理沙子52位だったんだっけね?今年。「相応しくない」と言いましたけど、相応しくないなんて人はいません、順位に。

順位をくれたのはファンの皆さん。だから頂けた順位を思い切り楽しめばいいと私は思います。

今年の総選挙で理沙子は6回目の参加になったのかな? 初めて選挙に入ることができました。

私は理沙子の歴史をファンの皆さんほど知ってるわけではありませんが、速報をチームSの公演で聞いた時、理沙子の名前があがった時の一番盛り上がったこの劇場、そして喜ぶ理沙子の顔。そして当日もステージで、あのステージでアナウンサーさんに名前を呼ばれたりする理沙子、そして喜ぶファンの皆さんの歓声や声援は凄く焼きついています。

理沙子がこうして今SKE48で活躍する姿は私たちメンバー、特に後輩に凄く素敵な刺激になっていると思います。もちろん私にも凄く刺激になっています。

たくさん悔しい想いをしてるメンバーもいるかもしれませんが、それでも這い上がっていくぞという気持ちがあるのがSKE48だと私は思います。メンバーはメンバーを支え合って、SKE48はファンの皆さんが支えてくれたらこれからも嬉しいなと思います。

これからも後藤理沙子、チームS、そしてSKE48の応援をよろしく皆さんお願いします」


手繋ぎ挨拶後、捌ける直前に

後藤理沙子「やっぱりごりチルのテーマは下克上なので、皆さん、上を向いて歩いていきましょう!」


dTVチャンネル