【速報版】 石田安奈 19歳の生誕祭レポート

2015年5月26日 SKE48劇場 チームKII「ラムネの飲み方」公演

150526anya001.jpg



◆進行役は内山命

松村香織からのお手紙
「あんちゃんへ

1日早いけどお誕生日おめでとう。

あんちゃんにお手紙を書く日がこうやってくるなんてビックリです。

私がSKEに入った時は中学1年生ぐらいだったかな。お豆ちゃんって感じで、まさにゃが今とは違って「あんにゃ、あんにゃ」ってベッタリだったことを覚えています。

いつの間にか身長もスラっとして、陽さんの標的になるぐらい色んな所が成長して、いつの間にか色気のあるお姉さんになっていました。ナイスバディーって言葉が今のあんちゃんにはピッタリだと思っています。是非この体型をずっとキープしていてください。

あんちゃんと話したりするようになってから、あんちゃんの凄いところをたくさん見つけました。仲良くなる前まで、私の中のあんちゃんのイメージはお仕事はもちろん、色んな来たことに対してソツなく器用にこなすイメージでした。

何でもできちゃうからあんまり苦戦したりしないイメージ。こういう印象がとっても強かったんだけど、全然違っていました。

ナゴヤドームでドラムをやることになった時は家で練習できるドラムセットを買って、ずっとお家で練習していたり、「孤独なバレリーナ」のプリマドンナをやることになった時は、今まででも十分できるのに個人的にバレエ教室に行って、レッスンをしていたり、自分に対してとても厳しくて、努力家であることを知りました。

あと、アップカミング公演で「Escape」を披露すると決まった時、真木子と2人でつきっきりで研究生の面倒を見てくれました。

何回教えても、何十回教えてもなかなかできない私やおしりんに嫌な顔ひとつせず、夜遅くまで付き合ってくれたこと、本当に忘れません。

アンフィシアターで「Escape」を披露した後、あんちゃんが泣きながら感想を話してくれて、凄く嬉しかったです。

後輩に教えたりすることが苦手だって言っていたけど、後輩との距離を縮められたのはこれがきっかけだったかな? あの時のこと、本当に感謝しています。ありがとう。

KIIでのあんちゃんの立場は昔に比べてこれからどんどん指導していく側、引っ張っていく側に変わってきていると思います。今では意見もたくさん言ってくれるし、チームが良くなる為に色んなことを考えて、提案をしてくれてありがとう。

次の愛媛のツアーでもあんちゃんが考えてくれたとあることが形となってファンの皆さんに見てもらえること、私は凄く楽しみにしています。皆さんもお楽しみに。

最後に、今回の総選挙で速報に入ったこと、とってもとっても嬉しかったです。あんちゃん自身が一番嬉しかったよね? そして、ずーっと悩んでいたよね? 運営からの期待と、ファンの皆さんからの評価が伴わなくて、どうしたらファンの方から評価してもらえるのか、自分のことを認めてもらえるのか、ずっとずっと苦しんでいたと思います。

でもこうやって今形になって表れているのはあんちゃんが投げ出さずに、諦めずにきちんと頑張ってきたからだと思います。6月6日あのステージに一緒に立てることを信じています。

10代最後の1年は悔いのない素敵な年にしてください。

お誕生日おめでとう。

松村香織より」

ファンの皆さんへメッセージ
石田安奈「今日はこんな素敵な生誕祭を開いてくださって本当にありがとうございます」拍手

「まず皆さんに1つ報告したいことがあるんですけど。去年から私、皆さんに「あること勉強してるんだ」とか「頑張ってるんです」っていうのをブログとかで書いたと思うんですけど、先日ですね、免許をやっと取ることができました」拍手

「ありがとうございます。きっかけはピンクのクラウンを見てからなんですよ。あれを見て一目惚れして、私も免許が欲しいと思って、去年からほんとに、半年ぐらい、ギリギリだったんですけど、受かることができて。しかも一発合格できたんですよ」拍手

「なので、ほんとにこれは凄い皆さんに報告したかったことなんですけど。

あと、そうですね、私はSKEに入ってもう7年目に入るんですけど。SKE48として入った頃は、やっぱりみんなの妹って言われるポジションだったんですけど、もうこう7年も経つと、年齢も上がるにつれて後輩も増えて、今では優月が言ったようにお姉ちゃんみたいって言われる立場に今はなったんだなーって思うと、やっぱり今以上にもっとしっかりしなきゃなーって思う部分もまだまだたくさんあるんですけど。

私は、ずっと皆さんにもブログとかでお伝えしてるように、今年の目標、この7年間かけての目標がずっと1つ変わらずあって。それは総選挙にランクインすることなんですけど(涙)

7年前は1回速報でランクインさせていただいたんですけど、本番ランクインすることができなくて、凄い悔しいのもあったんですけど、でもこんな私に投票してくださって、速報に入れてくれたんだって思うと凄い嬉しいことだなって思ってたんです。

でも毎年毎年、この6年7年やってくうちに、入りたいって気持ちはあるけど、伝えるのが私はほんとに苦手で。どうやったら伝わるかなーって思っても、なかなか形となって返ってこなかったんですけど、今年は皆さんのおかげで38位に速報ランクインさせていただいて、ほんとに嬉しくて。

その時、皆さんがコメントしてくださったGoogleや、卒業したあいりんのお母さんや、あいりんから電話がかかってきて、「おめでとう」って言ってくれて、それを気づいたんですけど。凄い嬉しい半面、また本番呼ばれないんじゃないかとか、もしこんなに私の為に時間を割いたり、色んな面での、入りもしなきゃいけない中で、結果が出なかったらどうしようって凄く不安で。

私が「目標順位は25位です」っていうことを言ったんですけど、やっぱり本当は順位じゃなくて、ランクインして、私は形にしたいと思ってるんですけど。目標は高く持ってたほうが私の中では少し気持ちが紛れると言いますか、それを目指していればもしかしたら入るかもしれないっていう可能性に。25位は無理じゃないかもしれないですけど、やっぱり可能性はわかんないので、目標を高くしたんですけど。

メンバーやファンの方も凄い「おめでとう」って言ってくれるんですけど、やっぱり自己満ではランクインを終わらせたくなくて、その結果がちゃんとついてきたからにはファンの皆さんや、今のSKEに恩返しをしたいって凄く思っていて。

そんな私にできることはやっぱり、もう先輩にもなって、1期2期生も減っていって、教える立場の人が正直今、スタッフさんや周りのメンバーでも減っているほうなんです。だから、私が次は教えなきゃいけない立場の人間になってきたんだなって凄く実感するにつれて。

でもアイドルとしての結果を出せてないんです、私まだ。だからパフォーマンスの面だったり、公演だったりダンスのことは言えても、アイドル全体としての私には結果がないので、大きなことは言えないなっていう、自分の中であったんです。だから、ずっとメンバーの後ろで陰ながら見守ることしかできなくて、少ししかアドバイスするぐらいしかできなくて。

私の中で凄いポリシーがあったんです。その結果がないのに言える立場じゃないんだなって。だから私はランクインして、今のSKEをもっともっと良くして、もっと貢献したいなって。

ダンスは、ファンの方が凄く認めてくださったり、コンテストに出させていただいたり、去年は、したんですけど、上手いだけじゃ、この公演だったりとか、パフォーマンスが良いからファンの方からの評価が良いっていうわけじゃないんだよっていうことを私は後輩に、今は背中でしか伝えれないですけど、いつかは気持ちを伝えていきたいなと思ってるので、今年こそは、去年一昨年と違ってもっともっと貪欲にいきたいなと思ってます。

なので、この6月6日、ファンの方も「一緒に笑おうね」って、「一緒に泣こうね」って言ってくれてるので、ファンの方も信じて、私自身もあと2週間できることは何だろうって考えながら頑張るので、ヤフオク!ドームで皆さんと笑顔で笑えたらなって思ってます。

私がこれからSKEに伝えたいことはまだまだありますし、後輩に伝えていきたいことはあるんですけど、私がSKEに入って「ごめんね、SUMMER」の選抜になった時に握手会があったんですよ。でもその時の握手会は、ほんとに入ったばかりで、7人のメンバーで東京に来て握手をしたんですけど、私のレーンは1時間で5人ぐらいしか来なかったんです。ほとんど人が来なくて。

その時は中学生だったんで、凄い、悔しいというか、何で来ないんだろうって、何で来てくれないんだろうって気持ちで一杯だったんですけど。凄い悔しいというか、悲しかったです。

でも今思うと、きっと他のメンバーにも体験できなかったことだとプラスに考えているので、その時の自分があったから今の私があると考えているので、もっともっとプラスに、この今のSKEがあるのは、この私が居たからだよっていう風にも言ってもらえるような、そんな大きな存在にもなりたいと思っているので、これからも皆さん、19歳、10代最後ですけど見守っていただけたらなって思います。ほんとに今日はありがとうございました」拍手

大場美奈「今日こうして安奈の生誕祭を開いてくださった皆さん、そしてここに来て一緒にお祝いしてくださった皆さん、本当にありがとうございます。ほんとに、安奈はとっても笑顔が印象的で、皆さんもきっと知ってると思いますが、いつでもどんな時でもニコニコしています。その笑顔がきっと今のチームKIIの雰囲気が凄く明るくなった1つの理由なんじゃないかなって凄く思います。そのチームKIIの雰囲気が皆さんに伝わるように、この公演を通して伝えること、そしてパフォーマンスや色んなことをどんどんどんどん成長していけるよう頑張っていきたいなと思います」

手繋ぎ挨拶後、捌ける直前に
石田安奈「今年こそは石田安奈という花を咲かせてみせます!」




Google+より
石田安奈 2015/05/26 22:37

今日は私のために
生誕祭をひらいてくださって本当にありがとうございました〜!!!

本当に今年の生誕祭こんなにも泣いてこんなにもすごく熱い気持ちになれるなんて…(´•̥ ω •̥* )♡

本当に本当に皆さん、ありがとうございます!

みーんなの事が大好き(ノ∀\*)キャ

この自由の女神…
お気に入り〜!!!笑♡

150526anya001.jpg

150526anya002.jpg

150526anya003.jpg

当記事へのリンク

最新商品

5月11日発売

NMB48 3 LIVE COLLECTION 2021

4月5日発売

UteenB NO.01 NO.01

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサーリンク

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ