FC2ブログ
タワーレコード キャンペーン 開催中 new2.gif
AKBグループリクアワ2020 ランクイン記念Tシャツ 再販中

順位別 Tシャツ一覧
大島涼花 写真集 『R』 発売中 new2.gif

佐藤実絵子・中西優香 劇場最終公演 (2015/03/22、チームS)

SKE48劇場 チームS「制服の芽」公演

■出演メンバー
チームS → 東李苑犬塚あさな大矢真那北川綾巴後藤理沙子佐藤実絵子竹内舞都築里佳中西優香野口由芽二村春香松井珠理奈松本慈子宮澤佐江宮前杏実矢方美紀山内鈴蘭渡辺美優紀

※セットリスト以降に出演
松井玲奈高柳明音磯原杏華古川愛李加藤るみ松村香織山下ゆかり北原里英



【セットリスト&MC】

■開演
◆M00.overture (SKE48 ver.)
◆M01.恋を語る詩人になれなくて
◆M02.合格Kiss
◆M03.アンテナ
◆M04.制服の芽


■MC (自己紹介)

松井珠理奈「お題は、今のチームSでの思い出です」

【1列目 下手側から】
矢方美紀「いくぞー! (おー!) ひー!ふー! みきてぃ!M! 大分県から屋形船でやってきました、チャレンジ精神旺盛なみきてぃこと矢方美紀です」

「私のこの思い出はですね、みんなでストレッチをしたり、レッスンをしたり、一緒に何かを作り上げている時間が凄い私の中では特別な時間でした。やっぱりこうやって今公演に立ってるのもみんなと一緒に力を合わせて、「ここをこうやったほうがいいんじゃないか」とかみんなで言い合ったから素晴らしいものにどんどんなると思うので、本当にみんなと話し合ったり、作り上げた時間はかけがえのないものです」

北川綾巴「あなたに必要な材料は? (りょうは!) あなたに必要とされたいな。ちょっぴりツンデレ16歳、チームSの北川綾巴です」

「私は去年あった大組閣祭りなんですけど。その大組閣祭りでこのチームSに昇格できたことがとーっても嬉しかったです! 今日は中西大先輩と実絵子大先輩の背中を見てしっかり勉強していきたいと思います」

松井珠理奈「1・2・3・4 ご一緒に 6・7・8・9 珠理奈! 18歳の松井珠理奈です」

「私はですね、このチームSになって、姉さんがチームSに来てくれて、しかも劇場公演のユニットでは姉さんとにししと一緒のユニットになれたことが凄く嬉しかったです。なので、今日もですね、1曲1曲噛み締めながら、そして1秒1秒大切に歌って踊っていきたいと思います」

東李苑「ニックネームは? (アズマリオン!) フルネームも? (あずまりおん) 手のひらは薄いけど心は熱い。道産子パワーなまら全開。アズマリオンこと東李苑です」

「チームSの思い出と言えば、やっぱ一番最初に思い浮かぶのは李苑の中でご飯なんですよ。ほんとに、Sのメンバーで食べるご飯が李苑にとって凄くストレス解消で。もうSのみんなで食べるご飯はどんなものよりも何よりも美味しく感じて、凄く楽しくて、ほんとにご飯食べてる時が幸せです。ほんとにチームSのみんなとご飯食べてることがほんとに幸せなので、これからも打ち上げで全員で集まっていきたいなと思います」

山内鈴蘭「一番好きなのは? (らんらんだけ!) 私もあなただけ。らんらんこと山内鈴蘭です」

「私はこのチームSに来て人の優しさを凄く感じることができました」ざわ
宮澤佐江「ちょっと待って。今までとか色々掘り出されるかもしれないけど大丈夫?」
山内鈴蘭「そういうことじゃないんですけど、私けっこう人見知りなほうで、けっこう人の目を見て話すことが凄く実は苦手なんですけど、Sに来てそれが無くなったり、あと体調悪くて休演をしちゃった時もメンバーが凄いメールをくれてですね、優しいの。そういう優しさを感じれて、私はSKEに移籍してほんとに良かったと思っています。あとですね、キャッチフレーズで「一番好きなのはらんらんだけ」と言わせちゃったかもしれないんですけども、今日は実絵子さんと中西さんだけにしてください」


【2列目 下手側から】
二村春香「春の香りであなたを誘っちゃいます。はるたむこと二村春香です」

「私のチームSの思い出は、公演終わりの着替え場なんですけど。けっこうみんな、裸(ら)なんですよ。で、実絵子さんのは何度か見させていただいたことあるんですけど (ひゅ~) まぁ、ビッグなんですよ、色々と。私、中西さんは見たことがなくて。っていうか、あるんですかね?」
中西優香「何が?(w) それによっては回答変わってくるから」
二村春香「今日ちょっと照明させたいと思います」
中西優香「何を?」
二村春香「今日は中西さんに頑張りを見てもらえるように頑張ります」

中西優香「巷で噂の男子系女子、中西優香です (大声援) ありがとうございます、ありがとうございます。突然(涙の)スイッチ入るからね、ビックリする。公演前からメンバーみんなが泣かそうとしてくるからあれなんですけど」

「やっぱり私は「制服の芽」公演をもう4年間ぐらいだいたいやってるんですけど、やっぱりチームSが変わっていく毎に、やっぱり目が合うタイミングとか・・・ (後ろを向く) 雰囲気とかも全然違っていて、はい、やっぱりなんかチームカラーっていうの?があるんだなっていうのを凄い感じます。ごめんね、そんな楽しい、凄い面白い話はできなかったんですけど。今日もみんなとのアイコンタクト凄い楽しみながらいきたいと思います。皆さん最後の最後までテンションアゲアゲでいきましょう」

都築里佳「合言葉は~ ぴよす! ダンスに恋する19歳、永遠の中二病、りかちゅうこと都築里佳です。もうね、にししが泣くと私、泣けちゃうの」
中西優香「違うよ。私が泣く前から「恋を語る詩人になれなくて」の時点でもう泣いてたやん」
都築里佳「そうなんです、私1曲目の「恋を語る詩人になれなくて」で一番最初に目が合うのがにししなんですよ。ズルくないですか?そんなの泣いちゃうじゃん。最初からボロボロなわたくしなんですけども、やっぱり私、1分1秒がほんとに大切な思い出で、それで大組閣祭りでこのチームSが発表された時ももちろんですし、さいたまスーパーアリーナのSKEの単独のコンサートで今の「RESET」を披露させていただいた時ももちろんですし、「放課後レース」のPVの撮影だったり、「消せない炎」ももちろんだし、ツアーももちろんだし、1分1秒がほんとに大切で、何を言ったらいいかわからないんですけど、今日が今までで一番大切で、楽しくて、でも泣けちゃった日にしたいと思います」

渡辺美優紀「ミルクと美優紀を混ぜるだけ。あっという間に? (みるきー!) 奈良県出身のみるきーこと渡辺美優紀です」

「チームSでの思い出なんですけど。ほんとに1つ1つ、私にとっての初日公演だったり、さいたまスーパーアリーナでのコンサートだったり、本当に1つ1つが印象深くて、凄い思い出なんですけど、やっぱり実絵子さんや中西さんをはじめ、お姉さんのような存在の」軽くw
中西優香「お姉さんだよ」
佐藤実絵子「そこ笑うとこじゃないですよ(w) 何笑ってんの?」
渡辺美優紀「みんなとメンバーに出会えて、凄くこのチームSのメンバーにほんとに出会えて良かったなって心から思っていて。2人は今日で卒業というカタチになっちゃうんですけど、でもこれからはほんとに、凄い素敵な人に出会えたので、あのなんですかね、人として付き合っていって欲しいなと」
佐藤実絵子「人としてね」客w
渡辺美優紀「メンバーじゃなく。メンバーじゃなくなっちゃうんですけど」
中西優香「結婚式するってなったら来てくれるって約束したもんね」
渡辺美優紀「そうです」おー
中西優香「ありがとう」
佐藤実絵子「さっき約束したんだよね」
渡辺美優紀「そう、私、何よりも結婚式に行きたくて(w) なんで、結婚してください」客w
中西優香「が、頑張る」

後藤理沙子「みんな~ しりとりの時間だよ。最初はしりとりのから。せーの、りさこ ゴリラ らりるれり~ん。17歳の後藤理沙子です」

「このチームSになってですね、1期生の方が凄い集まってるじゃないですか。1期生の方はですね、裏でも凄い私たちを引っ張ってくださって。私も一応3期生なので何か出来ないかなと思って考えて、いつもやってることがあるんですけど。円陣とかの時に、みんなにけっこう「円陣はじまるよ」とかきつく言えないので、私は「あー、もうすぐ円陣かー」って言って、わざと声に出して」ざわw
中西優香「えー? 知らなかったw」
後藤理沙子「みんなに円陣の時間を知らせるっていうことをしてたんですけど」
宮澤佐江「気づかなくてごめん」
佐藤実絵子「ごめん、気づかなかった」
後藤理沙子「気づかれてなかったか。これからはですね、色んなことを言葉に出してちゃんと伝えれるような先輩になって、そして今日は実絵子さんと中西さんにありがとうを伝えていきたいと思います」

佐藤実絵子「♪チャカチャンチャンチャンチャンチャン (フッフー) ♪チャカチャンチャンチャンチャンチャン (フッフー) おちびなアイドルちびドルチャンチャン! ミニマムサイズのおちゃめガール、みえぴーこと佐藤実絵子で~す! (大声援) ありがとうございます、ありがとうございます、ありがとうございます」

「あのですね、さっきからメンバー色々とね、思い出を語ってるんですけど、大きなことたくさんありましたよ。でも、いつも小さな事件が毎公演起こってるわけですよ。それでですね、2曲目のね、「合格Kiss」という曲がさっきやったんですけども、この曲、途中でお芝居みたいなシーンもたくさんあって、勉強していてね、カンニングをしようとして、相手の子が「見ないで!」っていう演技があるんですけど、いつも私がカンニングする側で、真那が拒む側なんですけど、いつもほんとに「カンニングするなんて信じられない!」みたいな(w) 演技をしてくるんですよ。そんな真那が今日「見てくれ!」みたいな感じで(w) ノート全開の演技してきて」
大矢真那「今日ぐらいはね、カンニングしていいよっていう」
佐藤実絵子「しかも満面な笑みで「いいんだよ♪」みたいな(w) 演技をしてきて、めちゃくちゃビビったりとか、曲中も、いつもは手を触れるだけみたいな演技なのに、宮前が・・・(思いっきり肩を叩く)」客w
宮前杏実「思わず」
佐藤実絵子「みんな今日はね、卒業スペシャルか知らないんですけど、いつもよりオーバーリアクションでね、やってきているので、この後もね、楽しい公演になると思うので、是非楽しみましょう! よろしくお願いします!」


【3列目 下手側から】
宮前杏実「みなさ~んのハートをひとあみ ふたあみ つなげていきたいな。17歳の宮前杏実です」

「私、このチームSになって、もう無理だと思ったんですよ、最初は。これはあんまり深入りしないほうがいいなって」客w
宮澤佐江「ふざけんなよ」
宮前杏実「思ってたんですけど、でも、最近なんですけど」
宮澤佐江「最近? 悲しい。早く喋れよ」
宮前杏実「喋るよ。最近ほんとにいいチームなんだなって。やっぱりZERO POSITIONの時とかもそうですし、ほんとにこのチームは1人1人が仲間を想いやって、いいチームにしていこうっていう気持ちが凄い見えるチームなんだなって。他のチームもそうなんですけど、凄い思ったので。それだけなんですけど。今日の、全然話変わるんですけど、ソロダンスで実絵子さんと中西さんっぽいのを取り入れたんですけど、気づいた方いらっしゃいますか? いないですよね(w) どうしよう」
大矢真那「頑張って」
宮澤佐江「頑張れよ。吉永頑張れ」
宮前杏実「やっぱり、ほんとに2人にとってこの6年ぐらいは」
客「ぐらい?」
宮前杏実「何でこうなっちゃうんですかね、私、真剣な話をしたいんですけど、言葉のチョイスがあんまり響かないみたいで」
宮澤佐江「いいんだよ、締めちゃえば、もう。後で話せばいいんじゃない?」
宮前杏実「今日はあまりにも気合が入りすぎて喋れなかったんですけど、今日は2人にとっても2人の推しの皆様にとっても素敵で最高で、一生思い出になる1日になればいいなと思います」

大矢真那「せ~の、M・A・S・A・N・A まさな! 名古屋のスノーホワイト、大矢真那です」

「このチームSになった時に、綾巴とか李苑とか若い子とかが一杯入ってきたあるじゃないですか。姉さんとにししはパパとかママとか呼ばれだして。にししに至っては性別も違うし(w) すっごいかわいそうだなと思いながら見てたんですけど、最近ちょっと前ぐらいからほんとに2人が夫婦に見えるようになってしまって。なので今日も2人が並んでいるときっと皆様はそのうち夫婦に見えてくるでしょう」
宮澤佐江「呪いをかけたような締め方だった」
大矢真那「違います」

野口由芽「皆さん、私と一緒にお散歩に行きませんか? (行く!) ゆめちにめちゃめちゃ夢中になってね。チームS 16歳の野口由芽です」

「私はですね、去年の8月の美浜海遊祭で私と犬塚あさなさんが研究生だったんですけど、チームSに2人昇格させていただいて、その日からチームSの皆さんが出迎えてくれるオーラですかね、そっから今日までたぶん7ヶ月ぐらいなんですけど、ほんとに毎日思い出に残ってるので。それで今日休演になってしまったあさなさんもたぶん私と一緒の想いだと思うので、今日はこの私の両腕にあさなさんの気持ちも乗せて、羽ばたかせて・・・(ごにょごにょと)」

竹内舞「美少女になるためマイペースに研究中。まいまいこと竹内舞です」

「色んな話があって、私も「うんうん」って思ってたんですけど、私が考えて最初に思い出したのが、連泊の時によくね、佐藤実絵子さんと基本的に一緒になるんですよ。そうすると、だいたい10時まわってから深夜にコンコン、ピンポンって鳴ってくるんですけど、絶対必ず毎晩やってくるのが中西優香さん。片手におつまみだけ持って、「みえこ~」とか言ってくるんですけど(w) 空気的な感じで」
宮澤佐江「すんげー似てた」
竹内舞「くるんですけど、ほんとに仲が良くて。あの2人といるとですね、私、けっこう脳が足りないところとかもあるんですけど、ニュースの話とか基本知らないんですよ。「えっ? あんた知らないの?」っていう言葉から始まって、実絵子さんの」客w → 拍手
宮澤佐江「似てる似てる」
竹内舞「それマジでヤバイから、時代遅れてるからって言われてから、ニュースの一覧全部教えてくれて。中西さん2人で教えてくれて。私たぶんちょっとね、賢くなったと思うんですよ、ニュース的に。しかもあの2人と一緒にいるようになってから、ニュースを見ないわけにはいかなくなったりとかするんですよ。世間的なこと知らない、マジありえないから、みたいなそういうところがあるので、2人は凄いしっかりしてるので、ちょっと大人になったなと思っているんですけども、私もいつか中西さん、実絵子さん夫婦の結婚式に呼んでいただきたいなと思います」

宮澤佐江「右手上げて! 左手上げて! せ~の 手羽先! 宮澤佐江です」

「思い出たくさんあるんですけれども、私はやっぱり大組閣祭りでチームSって発表された後、その時に連絡先を知ってるのがほんとにSの中でいなくて。とりあえずどうしようと思って。中西優香ちゃんの連絡先だけはマネージャーさんを通して教えてもらったんですね。でも他のメンバーの連絡先をすべてマネージャーさんに訊くのは誰がいるのかもその時はわかんなかったから、Google+をちょっと利用させていただいて、「SKEのメンバーへ」たぶんそんな感じで書いたんだけど、何かあったら誰かスタッフさんから連絡先を訊いてくれるとありがたいです、みたいな。連絡待ってます、みたいな感じのを書いたらですね、大矢真那さんからしか来なかったんです」客w
宮前杏実「知らないです、それ」
宮澤佐江「あっ、これはちょっと大丈夫かなー、リーダー大丈夫かなとか思ったんですけれども、そのあと結果的にグループLINEができまして、まだ初対面してない時でも凄い賑やかにスタンプだったりが続いて、みんなと出会えて」
竹内舞「ほんとうるさいですよ、佐江さんのスタンプの数。激しいんですよ、佐江さんのスタンプの量がね」
宮澤佐江「伝わんねーよ、それ(w) すべったみたいになっちゃったじゃん(w) 今日は頑張るって決めたのにな! でも今日はほんとにファンの皆さんだけではなく、私たちにとっても大切な公演であるので、DMM見てる方も、今日見れなかった方も、たくさんの方の気持ちを考えてこのステージ大成功させたいと思います。最後までよろしくお願いします」

松本慈子「あなたの瞳にチカチカ光る一番星。チームS 15歳の松本慈子です」

「途中から出て、汗をかいてないMCが初めてで、凄くワクワクしてるんですけど」
宮澤佐江「それ日本語おかしいよ」
松本慈子「ちか、ドラフト生で、ドラフト会議でチームSに指名されて本当に良かったなと思って。本当にこのチームSが大好きです。今日は皆さんの目にこのチームSを焼き付けて帰ってください」

大矢真那「SKE48チームS「制服の芽」公演 以上のメンバーでお送りします。私達の制服の下の心の奥にはそれぞれに新しい制服の芽が生まれました。無限の可能性を持つその夢の芽たちは皆様の応援という名の光を浴びながらこのステージの上で一歩ずつ育まれていきます」


◆M05.思い出以上 (山内鈴蘭北川綾巴矢方美紀)
◆M06.狼とプライド (二村春香東李苑)
◆M07.女の子の第六感 (松井珠理奈佐藤実絵子後藤理沙子中西優香都築里佳)
◆M08.枯葉のステーション (渡辺美優紀)
◆M09.万華鏡 (大矢真那中西優香宮前杏実宮澤佐江竹内舞)


■MC
竹内舞宮澤佐江宮前杏実中西優香大矢真那

竹内舞「今日はですね、なんと中西さんが自分のポジションで出てくれたということで、嬉しいですよ」
大矢真那「フリートークしましょう」客w
中西優香「そういうのってわざわざ宣言するもの?」
大矢真那「そう、なんかお題っていうよりは、まぁみんなで語ろうよ、みたいな」

中西優香「ちょっと私、1つあるんですけどいいですか? 今日、佐藤実絵子さんが占いを見ていて。ネットのね、占いを見ていて。凄いって言われたんですよ。どうしたの?って言ったら、今日の私(実絵子)のラッキーアイテムが卒業に関する曲だったんですよ」
メンバーたち「えー?」
中西優香「凄くないですか? 凄いじゃないですか。私もやっぱり自分のラッキーアイテム気になるから「私のラッキーアイテム何?」って訊いたんですよ。そしたら、ゴミ箱でした」客w → 拍手

「なので、ちょっとなれてきました。スってやってから、万華鏡きました。だからスってやってからきました」
宮澤佐江「ゴミ箱か。そりゃー背負うわけにもいかないもんな、ラッキーアイテム」
宮前杏実「私、絶対信用しないですもん」
宮澤佐江「良いことしか信用しないタイプでしょ?」
宮前杏実 → 頷く
宮澤佐江「佐江もそう」
宮前杏実「ゴミ箱て」客w
竹内舞「めっちゃ後輩に馬鹿にされてますよ」
宮澤佐江「それ誕生日月の?」
中西優香「たぶん星座だと思うんですけど、実絵子に訊いてみてください」
宮前杏実「私座ですか?」
中西優香「私はみずがめ座です。だからここにいるみずがめ座の皆さん、ラッキーアイテムはゴミ箱です(w) おめでとうございます」
宮澤佐江「ゴミ箱でまだ良かったね。ゴミとかじゃなくて」軽くw
中西優香「でも身近にあるものだから、運がもらえるんじゃないか」
宮澤佐江「ゴミ箱持ち歩けってこと? 変な占い」軽くw

竹内舞「私が今凄い気になってるのは宮前の前髪」
宮前杏実「ちょっと待って!」
宮澤佐江「宮前、寛子やるために前髪切ったんだもんね」
宮前杏実「そうなんですよ。吉永寛子のために前髪を切ったものの、今日ちょっとふざけちゃおうと思って」
宮澤佐江「超面白くて。お母さんのさ」
宮前杏実「私、ブログをね、送ったつもりだったんです、朝。公式ブログとかアメーバブログとか。上がってなかったんです、朝。たぶんそれは忙しかったからマネージャーさんがね、送り忘れちゃったんだろうなとか、色々あったんですけど、お母さんがさっきチラっと携帯を見たら「ブログが上がっていない。今いたります」みたいな」
宮澤佐江「ザーってとにかく書いたんだよね、お母さんからのメッセージ」
宮前杏実「今のあなたの状況からするとブログとかこまめなそういうものをちゃんとやらないと、次のあなたの立ち位置は、みたいな」
宮澤佐江「バーって書いてあって、最後のほうに」
宮前杏実「最後に「気をつけてね。」で終わったんですよ。次の行見たら「元美容師から言わせてもらうと、その前髪はあなたの薄い顔には合ってないし、重たい。ほんとに気をつけて」みたいな書いてあって。1つ言わせてもらうとブログのことはまぁしょうがない、わかるんですよ。前髪はただの悪口じゃないですか、これは」
宮澤佐江「顔に関しては母親が産んだからね、宮前を」
宮前杏実「あなたの娘!」軽くw
宮澤佐江「宮前に「このメール頂いて、何て返したの?」って送ったら「え、だけでした」。あいうえおの「え」の一文字だけ」
中西優香「凄いね、一文字で返信ってね。で、どうしたの?」
宮前杏実「なんかちょっとムカついて、おりゃー!って」
中西優香「カットしちゃった? 反抗期かな?」
宮前杏実「これ反抗です」
宮澤佐江「頑張って汗かいてちゃんと戻してね」
宮前杏実「でも今日ずっとこうやって反抗していきますから」
竹内舞「前髪の方向性わかんないもんね」

宮澤佐江「真那さん大丈夫?喋ってないけど」
大矢真那「はい。あの、話振ったんで、一応」客w
宮前杏実「どこどこ?」
中西優香「フリートークスタートってやつ?」
大矢真那 → 頷く
宮澤佐江「最後は「フリートーク終了」みたいな感じで」
大矢真那「じゃーこれにて一本締め」えー!
宮澤佐江「一本締めはダメ。まだ公演続くから」
大矢真那「じゃーこれにて終了」拍手
中西優香「怖いわ、真那さん」
大矢真那「どうしよう、にしし居なくなったら。大丈夫かな」
中西優香「私もそう思ってる、今(w) 佐江さん、頼みますね」
宮澤佐江「やめてよ。頑張ろうよ、一緒に」


◆M10.ジェラシーのアリバイ
◆M11.Doubt!
◆M12.仲間の歌


■MC
◆前半:中西優香北川綾巴宮前杏実東李苑宮澤佐江竹内舞都築里佳佐藤実絵子

佐藤実絵子「3曲続けて聴いていただきましたが、皆さんからの声援全部届いてます!」

竹内舞「今日はですね、このメンバーでトークをするのもほんとに最後になってしまうんですよ。最後ということで、今日は中西さん、実絵子さんに言いたいことを言ってやろうじゃないか、何でも言いたいこと言いましょう
宮澤佐江「(後輩に)先輩とか関係ねぇしょ! じゃー綾巴、何か言ってやってよ」おー

北川綾巴「中西さん、ハッキリ言ってスカート似合わないと思います」拍手
メンバーたち「いいぞいいぞ」
中西優香「待って待って。最後の公演で溝生まれるパターンあるよ、危ないよ」
竹内舞「面白いね、綾巴。成長したわ」
中西優香「大きくなって」
竹内舞「言いたいことっていうのもあれなんですけど、感謝の気持ちだったりとか」客w
佐藤実絵子「1人目終わってからフォロー入るパターン?」
宮澤佐江「綾巴ごめんね、巻き込んじゃって」
北川綾巴「全然」
宮澤佐江「自分から言ったってことはそう思ってたんだろう」
宮前杏実「いるは、こういう先輩」客w
宮澤佐江「うるせー」
竹内舞「本当に仲いいですねー」

宮澤佐江「実絵子にないの? 李苑とかここ溜め込んでそうじゃん、ここら辺に」
東李苑「じゃー実絵子さんにお願いがあるんですけど。3月31日までに李苑にキャッチフレーズを考えて欲しいです」おー
佐藤実絵子「3月31日までにね。わかった、3月31日にパシフィコ横浜で発表というパターンでよろしいですか?」拍手
東李苑「やったー」
宮澤佐江「宿題出されちゃったね」
佐藤実絵子「こんな終わりがけに宿題出されることある? 頑張ります」
都築里佳「でもね、キャッチフレーズメーカーですから」
佐藤実絵子「数々なやつ作ってきましたからね。いいですよ、いいですよ、作りましょう」

都築里佳「訊きたいことなんですけど、2人になんですけど。何歳までに結婚する予定なのかなっていうのを (おー) 自己紹介の時に結婚式の話題が出たのでちょっと気になっちゃったんです」
宮前杏実「誰と結婚するんですか?」
中西優香「それに関しては、私も誰かなって思ってる。誰と結婚するんだろう私って思ってるよ」
宮前杏実「女の方なのか、男の方なのか」
宮澤佐江「昨日見た夢でにしぴ出てきて、彼氏できてたよ」
都築里佳「やっぱり女子なんだ」
宮澤佐江「ほんとほんと。昨日ホテルで見た夢で、1人で」
中西優香「正夢になりますように」
宮澤佐江「そう言えばと思った。頑張れ頑張れ」
竹内舞「あれですよね。29歳に結婚するって占い師の方に」
中西優香「そう、占い師の方に言われたから」
宮澤佐江「あと3年?」
中西優香「あと3年」
佐藤実絵子「可能性はあるよね」客w
都築里佳「みえちゃん、何歳までにする予定なの?」
佐藤実絵子「何か問題でも? でも、みんなむしろさ、「DOCUMENTARY of SKE」のパンフレット読んでないの? あれのインタビューにいつまでに結婚したい、あったことない?」
中西優香「あった気がする」
佐藤実絵子「あったよ。20代って書いたからね」おー
宮澤佐江「あと2年?」
佐藤実絵子「あと、1年(w) ちょっと無理がある」
宮澤佐江「無理なくないよ」
佐藤実絵子「そうだよね、世の中には電撃婚という言葉もあるからね」
竹内舞「私たちSKEは無理なことも出来ちゃったんですから」
佐藤実絵子「不可能を可能にするみたいな?」
宮澤佐江「可能に、しちゃえ」客w
佐藤実絵子「言えば言うほどみじめな気分になるけど大丈夫かな。じゃー次の質問言ってくれる?」

宮前杏実「私は、海老しんじょうを教えて欲しいです」
佐藤実絵子「あの時いた人だっけ?」
宮前杏実「そうです。あれまだ引きずってるんですよ」
佐藤実絵子「1個言っていい? 誰も今ピンときてないから。昔、中京テレビでS女って番組やっておりまして、それの料理バトルでアイドルが海老しんじょうだったんですよ。海老しんじょうを作ってくださいって言われて4チームぐらいに分かれて作ったんですけど」
宮前杏実「作ったのが、あんかけ炒めみたいな」
佐藤実絵子「海老の入った野菜炒めを作ったチームと、海老チリを作ったチームと、何かわからないものを作ったチームといたんですけど」
宮前杏実「本当はあれなんですよね」
佐藤実絵子「お椀の中に海老とかのすり身の入った。何でこんなこと今説明しなきゃあかんねん」客w
宮前杏実「未だ引きずってるんですよ、あれ」
佐藤実絵子「わかりました。じゃー今度料理教えます」
宮前杏実「やったー!」拍手
宮澤佐江「絶対学ぶ気ないよ」
宮前杏実「あるから言ってんじゃないですか」

佐藤実絵子「そんな佐江さんはないんですか?」
宮澤佐江「佐江はほんとはやめようと思ったの、この流れ面白いなと思ったから自分の話するのもほんと嫌だなと思ったんですけど。そう言えばね、2人が卒業するまでにやっておきたいって言ってたことあったんだよね。劇場の0番で李苑のキスをしたいって」
佐藤実絵子「言ってた!」
宮澤佐江「ゼロポジでやったんで、スペシャルでやっちゃったんですけど、あれ劇場なかったなと思って」おー

「(李苑に)今日しかないの、お願い、今日しかない」
東李苑「中西さんと実絵子が見たいんだったらやります」
佐藤実絵子「見たい。全然見たい」
宮澤佐江「ドラマとか見てね、学んだから、チューの仕方学んだから、ドラマとか見て。この間はちょっとヘタっぴだったから、ちゃんと角度とか学んだから」
佐藤実絵子「李苑もこれからドラマのキスシーンとか仕事くるかもしれないじゃん」
東李苑「頑張ります」
宮澤佐江「0だよ、みんな、見てよ。劇場の神ごめんね。バチ当たんないで。でも2人の前で見て欲しいんだ (ひゅ~) 行くよ・・・(李苑の唇にキス)」拍手
東李苑「ここどこ?」
宮澤佐江「劇場だよ。ありがとう!」
都築里佳「佐江ちゃんの顔の角度が研究したから」
宮澤佐江「こう入るんだね、チューってね」
佐藤実絵子「おもしろすぎ」
宮澤佐江「今日は潤ってますよ、唇が」
竹内舞「最後の最後のMCでまさか2人がキスをするとはね」
中西優香「まさかのエンディング」
宮澤佐江「これで」
佐藤実絵子「思い残すことないね」
宮澤佐江「笑顔で卒業」

竹内舞「というわけで、後半チームカモン!」

◆後半:野口由芽後藤理沙子矢方美紀二村春香松井珠理奈大矢真那渡辺美優紀山内鈴蘭

矢方美紀「後半チームは、にししとみえぴーはいないんですけど、その代わりにいない分、気持ちを伝えようということで、今まで2人に感謝の気持ちとか、今思ってたことを1人ずつ叫んで、それに対してコメントを述べていこうと思います

山内鈴蘭「実絵子さん、中西さんにひとこと言います。いつも私が問題発言をしても大人な対応をしてくれてありがとうございました!」拍手
矢方美紀「ほんとに大人ですから、2人は」
山内鈴蘭「助けられました、たくさん」

渡辺美優紀「2人はほんとに私の支えでした!(拍手) 真面目」
矢方美紀「でも実絵子さん、ほんとに美優紀ちゃん大好きですもんね。今日も嬉しくてニコニコですよ」客w

大矢真那「姉さん、にしし、元気でねー」客w&ざわざわ
松井珠理奈「ビックリしたわ。約7年間、それ?」
大矢真那「でもやっぱみんな思うじゃないですか。元気でいて欲しいなっていう。健康第一なんで」

松井珠理奈「今の気持ちを。にしし!姉さん! 無理だと思うけど、卒業ドッキリ大成功って言って!」おー&拍手
矢方美紀「ほんとね、それですよね」
松井珠理奈「言って欲しいですよね」
矢方美紀「気持ちは同じです」

二村春香「中西さんみたいな胃袋が欲しくて、実絵子さんみたいなお母さんになりたい!」拍手
矢方美紀「素晴らしいですよね」
二村春香「朝ラーメンするんです、中西さん。羨ましい」
矢方美紀「凄い麺大好きですからね。で、実絵子さんみたいな?」
二村春香「お母さんになりたい」
渡辺美優紀「実絵子さん、まだお母さんじゃないよ」
二村春香「風格出てるじゃないですか。だからなりたいなと思って」
矢方美紀「そんなお母さん的な存在ですもんね、実絵子さんは。続いて私、矢方いきますね」

矢方美紀「にぴぴ! みえぴー! 生放送が好きになったのは2人のおかげでーす!(拍手) 私はですね、ほんとにこういう色んなお仕事をさせていただいてる中で生放送っていうお仕事が凄いやっぱ自分の中で苦手だったんですよ。でもやっぱり昔から実絵子さんと中西さんはそういう生放送のお仕事って頼りになるから、いたんですよね。その時に私もけっこう一緒になることが多くて、凄い勉強になることばっかりで、今は(マイク外して)大好きです!」拍手
大矢真那「そうだね、姉さんとにししの信頼で成り立ってきた、築き上げた番組ってね、名古屋でもあるので。凄いですね」
矢方美紀「そういうのを私たちも大切にしていきたいなと思います」

後藤理沙子「中西さん!実絵子さん! あの約束覚えてますか?」
矢方美紀「何の約束?」
後藤理沙子「このチームSになってからある約束をしたんです、お二人と。その約束はですね、私が中西さんと実絵子さんと気軽におうどんとか一緒に食べに行けるような仲になりたいなっていう話をしてたら「行こうよ」って言ってくださったんですけど、お二人お忙しすぎて予定が合わなくてまだそんな仲になってないんですよ」
矢方美紀「うそ? けっこうしょっちゅう行ってるよ、私」
後藤理沙子「うそ?」客w
矢方美紀「行けるよ。明日明日」
後藤理沙子「明日ちょっと公演ですね、こっち」
大矢真那「理沙子、いいこと教えてあげる。うどんだったらね、2人おごってくれるよ」客w → 拍手
後藤理沙子「いい情報聞きました」
矢方美紀「おごってもらおう」
後藤理沙子「おごってもらいます」

野口由芽「初めて所属したこのチームSで私はほんとに(マイクなし)幸せでーす!」拍手
矢方美紀「素晴らしい。このひと言でございます」

二村春香「今だから言える感謝や気持ちを叫ばさせていただきました。自分にとって身近な存在には気持ちを伝えることはとても恥ずかしかったりするですが、皆さんも身近な存在な方がいらっしゃったら、是非気持ちをこれを機に伝えてみてください」

「私達の新しい制服の芽には今やっと芽吹いたばかりです。まだまだ未熟な私達ですが、ここからどんどん成長して、大きくてキレイな花を咲かせたいと思います」

山内鈴蘭「SKE48チームS「制服の芽」公演 次が最後の曲になります」


◆M13.水のないプール


■アンコール
有志の方「本日、最終劇場公演を迎えられます佐藤実絵子さんと中西優香さん、ご卒業おめでとうございます!」おめでとう&拍手

「SKEがここまでになったのも、お二人のSKEに対する強い想いからだと思います。このお二人の意思を残るメンバーがきっと受け継いでくれることでしょう。

本日ご来場の皆さんと、来場できない外で観られてる方と、そしてDMM、色んな場所からたくさんの方がこの大切な公演を見守っています。

そして、お二人がこれまでSKEで立派に活躍できたこと、ひとえにご家族の皆さんのご理解があり、支えがあったからだと思います。

これをすべて祈念しまして、本日のアンコールは実絵子コール、優香コールでいきたいと思います!」


「実絵子」「優香」コール

※先導「実絵子」客「実絵子」先導「優香」客「優香」


◆EN01.楽園の階段
◆EN02.ピノキオ軍


宮澤佐江「チームS「制服の芽」公演、このメンバー、このチームSで活動してちょうどもうすぐ1年が経ちますが、今日この今のこのステージをもって、中西優香ちゃんと佐藤実絵子ちゃんが最後ということになります。

色んな48グループから集まってこのできたチームS、最初からやっぱり自分たちもどうなるんだろうと思ってましたし、一番はやっぱり元々のチームSを応援していたファンの方だったり、SKEを応援してくださっていたファンの皆さんがどうなっちゃうのかなって思っていた声をよく耳にしていました。

不安もたくさんありましたけれども、こんな私がリーダーに就任していただいて、このチームSをにししとみえちゃんがしっかり両脇から固めてくれて、1人1人のメンバーにSだけではなく、他のチーム、そしてドラフト生、研究生含め、素敵な背中をこの1年ですごい見せてくれていたんだなっていうのを私は感じることができました。

このSで活動し始めてからのこの1年で、偶然かもしれないけど、Sからの卒業生が2人だけだったっていうのは素晴らしいことだったと思います。今この2人が居てくれたからこそ、今ここのステージにいるメンバーみんな、そして今いないわんちゃんやなつみかんみんながチームS最高だって胸を張って言えると思います。なので2人には感謝しています。ありがとうございます」拍手

「そして、そんなチームSをこうやって劇場に観に来てくれたり、コンサートで名前を叫んでくれたり、応援してくださってるファンの皆さんも本当にありがとうございます。これからもどんどん進化し続けるSKE48そしてチームSの応援をよろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」拍手

松井珠理奈「それでは、こうして今日この素敵な時間を皆さんと過ごせていることに感謝しながら、最後にみんなで歌いたいと思います」


◆EN03.手紙のこと


中西優香「先ほどの「手紙のこと」でも言いましたが、急に手紙が書きたくなったので書いてきちゃいました」 → 手紙抽選 → 13番

宮澤佐江「本日は本当にありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」拍手 → 手を振りながら捌ける


■ダブルアンコール
有志の方「皆さん、まだまだ実絵子コール、優香コールし足りないですよね? (おー!) 私もし足りません。なので、再度、実絵子コールと優香コールでダブルアンコールいきたいと思いますが、よろしいでしょうか?」イェー&拍手

「では、2人へのありったけの愛を込めて、ダブルアンコールいくぞー!」


「実絵子」「優香」コール


◆Ex01.鏡の中のジャンヌ・ダルク (中西優香古川愛李松村香織磯原杏華宮澤佐江)


# 曲終了後

佐藤実絵子「ガラガラガラー」
山下ゆかり「実絵子、私たち2じゃないよがあるから先に行くよ」※自分の顔の前に、入山杏奈の顔写真
佐藤実絵子「ちょっと、もうすぐ卒業なんだから待ってよ」
加藤るみ「じゃー、あと1曲だけね」※自分の顔の前に、木崎ゆりあの顔写真

# 曲開始と共に、2人、顔写真を外す

◆Ex02.昨日よりもっと好き (山下ゆかり佐藤実絵子加藤るみ)

# 間奏
山下ゆかり「ではここで、告白タイム! みえぴー、今日はこの中にとっても伝えたいことがある人がいるんだよね」
加藤るみ「もう最後なんだから、思い切って言いなよ!」
山下ゆかり「言いなよ!」
佐藤実絵子「私、佐藤実絵子は、ファンの皆さんのことが世界で一番大好き!」 → 「チームゆかり!」
3人で「幸せになろう!」

◆Ex03.Faint (中西優香後藤理沙子矢方美紀)

◆Ex04.僕らの絆 (佐藤実絵子高柳明音)


■MC
古川愛李磯原杏華松村香織山下ゆかり加藤るみ高柳明音

古川愛李「ユニット曲もね、聴いていただいたんですけども、ここではですね、このメンバーでちょっと実絵子さんと中西さんとの色んな思い出話をできたらなと思いまして」

加藤るみ「もう泣くわ!」
古川愛李「そりゃーそうだわな」
加藤るみ「ちょっと切り替えていきましょうね」

加藤るみ「私たちは実絵子さんと「昨日よりもっと好き」を歌わせていただいたんですけど」
松村香織「小芝居してた」
磯原杏華「とんだ茶番だった」
加藤るみ「あれはですね、ミュージックビデオを完全にちょっと真似させていただきまして」
松村香織「あっ、リスペクトしてるんだ」
加藤るみ「そうなんです。私たち大好きな曲なので、そこまでちょっとこだわっていこうっていう」
山下ゆかり「謎だよね。うちらが何でその曲やってんの?みたいな」軽くw
加藤るみ「しかもゆりあとあんにんちゃんのお面をこうやって」
山下ゆかり「気づきました?お面。良かった、気づいてもらえてた」
加藤るみ「ちなみに今日3人とも、パンツはお揃いです!」拍手
磯原杏華「チームゆかりだもんね」
加藤るみ「チームゆかりと言えばパンツは1つみたいなところあるんで」
山下ゆかり「そうそうそう、何があってもパンツは1つ」
加藤るみ「何があってもパンツは1つってことですよ」
高柳明音「何回言う」
古川愛李「合言葉あったもんね」
山下ゆかり「ちなみに今日のパンツはみえぴーが私たち3月誕生日だった時にプレゼントしてくれたお揃いのパンツでございます (おー) まだ新品」
加藤るみ「新品だから」
山下ゆかり「おろしたてなの」
磯原杏華「そこまで情報いらないかも、ごめん」
古川愛李「もう実絵子さん凄かったよね・・・(振り真似)」客w
山下ゆかり「最後のアイドル人生だからさ」
加藤るみ「最高に楽しかった!っていう」
山下ゆかり「人生で一番楽しかった!って言ってた、実絵子が。良かった良かった」

松村香織「それと反対に中西さんはね、かっこいい曲で」
磯原杏華「鏡の中のジャンヌ・ダルクと、Faint」
加藤るみ「このメンツもなんか」
松村香織「謎なの」
山下ゆかり「香織何でいんの?」客w
松村香織「そう、ほんと」
古川愛李「選ばれたんだよね」
松村香織「聞いて。ジャンヌで出てきたら「かお、かおたん?」みたいな(w) 「えっ?」みたいな感じでめっちゃ言ってて」
山下ゆかり「ゆかりも見た時、思ったよ」
松村香織「思ったよね?」
加藤るみ「ただ卒業コメダ撮りにきてるだけなのかと思いましたよ」
松村香織「そうそうそう。思ってて、ずっと訊きたかったんだけど訊けなくて。でもさっき直前で訊いたんですよ。中西さんに「何で私は入ってるんですか?」って。そしたらなんか「なんとなく、その曲とかじゃなくて、パってメンバーが思いついた時にかおたんがいたから」みたいな」
メンバーたち「おー」拍手
古川愛李「それ嬉しいね」
松村香織「私ほんとに、かつおさんの次に、みずき・・・あっ、みずきじゃない」客w
メンバーたち「言っちゃった」「かつおさんね」
松村香織「かつおさんの次に、にししさんのことほんとに恐れてて、ずっと。「かおたん」って言われたら・・・(震える)」
山下ゆかり「じゃー恐れてる人に選ばれた気持ちはどう?」
松村香織「いや、ほんと緊張した(w) どうしよう、みたいな」
磯原杏華「出る直前までさ、「ここ、こうだっけ?」ずっと確認してんの、ほんとに」
古川愛李「でもカッコ良かったね」

加藤るみ「あかねちんは実絵子さんと」
高柳明音「僕らの絆を歌わせてもらったんですけど」
山下ゆかり「泣くなよ」
高柳明音「今回後ろでスライドショー流させていただいた写真は私が撮ってきた写真だったんですよ。みえぴーが一昨日かな、「ちゅりカメラの写真、スライドショーで使いたいんだけど」って言ってくれて、昔からのやつをちょっと掘り出してきて、使われるかなっていう不安だったんですけど、使われて」拍手
加藤るみ「僕らの絆というね」
高柳明音「2期生がもらった曲なんですね」
古川愛李「しかも実絵子さんがね、作ってくれた作詞作曲の曲、良かったよね」

古川愛李「中西さん、あとセクシーだったね、ちょっとね」
メンバーたち「Faintね」
松村香織「そう、思った」
高柳明音「やっぱり女になりたかったんだよ」客w
山下ゆかり「いやいや、女だから」
加藤るみ「私は裏で「これぞ中西の本気!」と思いました」客w

「これぞ中西の」
メンバーたち「本気!」拍手
加藤るみ「本気を見させていただきました、ほんとに」
古川愛李「ジャンヌダルクのかっこよさからの「Faint」のセクシーさ」
磯原杏華「ギャップが凄かったね」
古川愛李「やっぱりどっちもイケルんだね」
高柳明音「愛李が言うとなんか変な感じがするからやめて」客w
古川愛李「素敵でした」

古川愛李「曲の話もありましたけど、今までの思い出とかあります? こういうことあったよっていう」

磯原杏華「私、中西さんのことダーリンとか呼んで、男性扱いしてますけども、中西さんのこと本当に好きなんですけど、ただ好きなだけじゃなくて、私、すっごい前に、もうほんとに泣き崩れるくらいほんとに落ち込んだことがあって、そんな時に中西さんが自分の経験談とかも含めて凄い励ましてくれて、やっぱそういうところが人として素敵な方なんで好きになったっていうのもあって。そんな中西さんと離れ離れになるのが凄い寂しくって、ちょっとこれからどうしようって感じなんですけど」
古川愛李「なんかさ、ほんとに彼女みたい」
松村香織「重たいよね」
磯原杏華「重い?」
メンバーたち「重いよ」
磯原杏華「そんなことないよ」
古川愛李「いや、重いよ」
磯原杏華「重いぐらいがちょうどいいですよね?」ざわ
古川愛李「う、うんみたいな」

加藤るみ「2人とも凄い思い出があり過ぎて。何って言ったら(いいか)わかんないっすね、もう。感無量。ほんとに。でも中西さんはチームSの頃からお世話になってて。中西さんが精神安定剤みたいなとこあるじゃないですか、SKEの。そういうところも支えられたし、実絵子さんには色んなこと教わったし」
古川愛李「ほんとに教わったよ。お母さんね」
高柳明音「ママとパパね」
加藤るみ「ママとパパー!(泣き真似)」客w
古川愛李「ビックリした」
山下ゆかり「ウソ泣きすんなよ」
加藤るみ「心出ちゃった」
古川愛李「そんな2人を、ちょっと用意ができたみたいなんで呼びたいと思います。ママ!パパ!」

# メンバーチェンジ / 2人登場

中西優香「呼び方呼び方」
佐藤実絵子「呼び方呼び方。その前、感動の空気だったのにー」

佐藤実絵子「ということで、皆さん、ここまで楽しんでいただけてますか?」イェー&拍手
中西優香「良かった」
佐藤実絵子「良かったです、ありがとうございます。ここでですね、そうですね、やっぱり私たちがですね、ここに確かに居たという証が作りたくて、今日この日の為だけに曲を作ってきました」おー&拍手

「作詞作曲です」
中西優香「私たちの絆はこれからもずっと変わりません。それでは聴いてください」
2人で「五色の虹」


◆Ex05.五色の虹 (佐藤実絵子中西優香松井玲奈松井珠理奈大矢真那)


■MC
中西優香「玲奈もね、駆けつけてきてくれて」
佐藤実絵子「玲奈もギリギリで駆けつけてくれて」
中西優香「ありがとう」
松井玲奈「やってきました(涙)」客w

「良かった、一緒に最後立てて」
中西優香「嬉しいです」
佐藤実絵子「というか、むしろ5人で立つにはどうしたらいいだろうかと考えた結果、5人でしか歌えない歌を作ればいいんだわ」拍手
中西優香「さすが違いますわ。しかもね、衣装さんがね、凄いの。髪飾りをちゃんといっきむちの色に」
佐藤実絵子「テーマカラーにね」
中西優香「テーマカラーあるの、私たち」
佐藤実絵子「私たちテーマカラーがあるんですよ」
中西優香「テーマカラーにしてくれてね」
大矢真那「あのポーズやろうよ」
松井珠理奈「嫌だ。あれでしょ?」
メンバーたち「覚えてないよ」
大矢真那「みんな白状だな。何で覚えてないんだよ(定位置に)」客w
松井珠理奈「やんないのかよ」
中西優香「でも最後にこうやって、最初で最後で」
佐藤実絵子「そうですね、歌えてほんとに良かった」
大矢真那「ありがとう、姉さん、素敵な歌を作ってくれて」拍手

大矢真那「じゃーそろそろみんなを呼びますかね。みんな入ってきて」
佐藤実絵子「1期生にしては雑な呼び方」

# 全員登場

# 中西優香佐藤実絵子 → ウェディングベール

中西優香「お嫁に行くみたいじゃん」
松井玲奈「優香ちゃん可愛いよ」

松井玲奈「五色の虹を姉さんが作ってくれて、みんなで歌うよって言ったじゃないですか。ずっと毎日聴いて練習してたんだけど、聴いても聴いても毎回泣いちゃうから練習にならなくて」
佐藤実絵子「ありがとう」
松井玲奈「いつもね、大サビにたどり着けないの(w) うぇ~んって言って。だから今日みんなと大サビまでたどり着けて良かったです」
佐藤実絵子「そうだね、5人の力でたどり着きました」

# 花束贈呈

松井珠理奈「そしてお花を。卒業おめでとう」 → 佐藤実絵子に花束を手渡す
松井玲奈「おめでとうございます」 → 中西優香に花束を手渡す

客席から盛大な拍手&おめでとう!の声

佐藤実絵子「凄い。女の子みたい」
中西優香「そうだよ、女の子だよ」

大矢真那「あのねあのね、今日はちょっと駆けつけれなかったあるメンバーからメッセージが届いてるんですよ。ちょっとスクリーンを」


■VTR

田中菜津美「皆さん、こんばんは。なつみかんこと田中菜津美です。今日はHKT48のコンサートで卒業公演に出られないということで、VTRを送らさせていただきます。

実絵子さんは私と14歳も年が離れているんですけど、いつも温かくしてくださって本当に大好きな存在です。

中西さんは兼任メンバーのことを凄くいつも気にしてくださって、支えてくださって、ほんとに感謝しています。

チームSがこんなに素敵なチームになったのもお二人のおかげだと思っています。卒業しても名古屋飯に連れて行ってください。バイバイ」

# 上映終了

佐藤実絵子「嬉しい」
中西優香「ありがとう、なつみちゃん」
大矢真那「ずっと来たいって言ってて。あとですね、メッセージとかこれだけじゃなくて、ちょっとお二人にそれぞれにお手紙が届いています。まずは姉さんのお手紙を読んでくれる方」

高柳明音「私からです」客w


高柳明音から佐藤実絵子へお手紙

「みえぴー、正直に言うね。本当に本当に寂しい。

みえぴーが卒業発表してから今日までがあっという間すぎて、実感がありません。

卒業するって決まってから、少しでも多くの時間を一緒に過ごしたかった。公演ももう1回一緒にしたかったねっていうのが本音。

だからね、こうやってみえぴーと最後の公演のステージに立てることがほんとに嬉しいです。

みえぴーが卒業公演で2人で歌いたいんだって連絡してくれた時、ほんとにほんとに嬉しかった。

歌う曲は2つ候補があって、みえぴーは悩んだみたいだったけど、私は「僕らの絆」をみえぴーと歌えて本当に良かったって思ってる。

みえぴーが作詞作曲をした曲、大切なメンバーが旅立つ時に書いた曲、2期生にくれた曲。

最初、私がこの曲を聴いた時はみえぴーにとって大切なメンバーの旅立ちに向けて送った時でした。涙が止まらなくて、温かくて。それから私はこの曲が大好きだったの。だから、数年後2期生が歌うことになって、その為に歌詞が追加されて、曲がアレンジされて、私たちの曲になった。

それがもう本当に嬉しくて、CDになるって決まってレコーディングをした時、みえぴーはそれを見守っててくれて、最後は歌っているうちに涙が溢れて歌えなくなっちゃったりもしたんだけど、それぐらい大好きで、大切な曲です。

でも1つ心残りだったのは『2期生で歌う』ということは、みえぴーとは一緒に歌えないってこと。でもそれをみえぴーに伝えると「大丈夫、私はハモリとしてみんなと一緒に歌ってるよ」って。だからあの曲は2期生とみえぴーの曲。だからそんな心残りだったことも今日2人で歌うことができて心に刺さってたものが取れた気がします。

みえぴーの最初の印象は1期生のステージに立つまでを追った軌跡でした。オーディションの映像では素敵な歌声で堂々と歌う金髪のみえぴー(w) 色んな意味でドキドキしました。

その映像の中には1期生が輪になって真剣な話をするシーンもあって、みえぴーがみんなに話している姿を見て心が熱くなりました。アイドルのキラキラした笑顔だけじゃない。ギラギラと燃えるようなダンス、我武者羅に汗をかきながら体一杯に踊る、それが私の最初に見た1期生の皆さんの姿でした。私はそんなSKEを見て、SKEに入りたいって思いました。

だから、みえぴーがいてくれて、中西さんがいてくれて、珠理奈さん、玲奈さん、真那さんがいてくれて、大好きな1期生の先輩方がいてくれて、私は今ここにいます。

SKEに入ってKIIができて、みえぴーがKIIにきてくれて、最初は不安だったと思うし、たくさん迷惑もかけたと思う。でもみえぴーがいてくれなかったら、あんなにもみんなに愛されたKIIにはならなかったと思う。KIIに来てくれてありがとう。KIIをたくさん愛してくれてありがとう。

みえぴーがKIIから去って行く時、寂しかったし嫌だったけど、でもSKEの最後をたくさんの1期生、同期のいるチームSで過ごすみえぴーを見ているのは嫌じゃなかったです。

大好きなみえぴー、SKE人生に悔いはありませんか? SKE人生は幸せでしたか?

みえぴーはSKEに仲間を想う気持ち、お仕事1つ1つへの姿勢、ステージに対する想い、夢を追いかけることの大切さ、たくさんのことを教えてくれました。ありがとうございました。

これからもずっと誰よりも心が若くて、パワフルで、周りを元気にできるみえぴーでいてください。いつかみえぴーの歌声と「佐藤実絵子でーす!」っていう変わらないお茶目な自己紹介がテレビや色んな所で聴けるのを楽しみにしてるね。

みえぴーには感謝をしてもしきれません。たくさんのことを教えてくれたこと、支えてくれたこと、一緒に悩んだこと、喜んだこと、泣いたこと、笑ったこと、ずっとずっと忘れません。

今までの日々を大切にしながら、私はこれからもSKE人生を歩んでいきます。

みえぴー、卒業おめでとう。

高柳明音より」拍手

※最後のほうは涙ながらに

# 手紙を受け渡し、2人抱擁


大矢真那「続いて、にししへのお手紙を読んでくれる方」
磯原杏華「はい」
中西優香「遠くない? もうちょっとこっちおいでよ(w) 何でそんな距離取るん?」


ある方から中西優香へお手紙 (代読:磯原杏華)

「西中へ

西中が卒業発表してからこの日が来るまであっという間でした。

西中との思い出は本当にたくさんあります。しかも、どれも濃厚で、まるで昨日のことのように思い出せることばかりです。

地方組の5人で一緒に住んでいて、西中が鍵を無くしたって騒いだ日のこと(軽くw)

バックダンサーとして劇場デビューした日のこと。

3回公演の連続で鉄人と言われていて、いつも元気だったけど、さすがに連続出演すぎて大変そうだったこと。

研究生公演でアンコールがもらえなかった時のこと。

野音でSKEの衣装を着ていた西中。

そして秋葉原の劇場で最後の公演をしたこと。

必死に生きていた時期を一緒に過ごした仲間だから、西中との思い出はどれも濃厚です。


西中はいつだって一生懸命で、でもどこか抜けているところがあって、そこが本当に愛おしい。でも、抜けていると思っていた西中だけど、私がSKEに兼任した時、そこに居たのはみんなから愛されて、みんなから信頼されて、みんなをまとめている西中の姿でした」

※北原本人登場

北原里英「西中はSKEに凄く必要な人間だと思う。私の兼任だって、西中が居なかったら・・・」
中西優香「ビックリした。エコーが」
北原里英「じゃー読ませていただきますね」

「私の兼任だって、西中が居なかったら多分できなかった。

こんなに大きな存在の西中がSKEを卒業するのはまだ実は信じられないけど、絶対に生で自分の目で見送りたいと思って名古屋にきました。

卒業しても地方組は永遠だし、SKEで一緒に頑張った期間も永遠だし、AKBで一緒に頑張った期間も永遠だと思ってます。

西中の人生にこれからもかかわっていきたいなーとも思っています。例え西中が嫌でも(w)

本当に卒業おめでとうございます。そして、お疲れ様でした。

これからもずっと愛しています。

北原里英より」拍手

中西優香「わざわざ来てくれたの?」
北原里英「はい」
中西優香「ありがとう」

# 2人抱擁

北原里英「おめでとう」
中西優香「ありがとう」
北原里英「突然ですが、お邪魔しますね」
中西優香北原里英です」
北原里英北原里英です。こんにちは、お久しぶりです」拍手
中西優香「ありがとう」
北原里英「いえいえ。西中が最後の公演を迎えると聞いて、はるばる、行かせてくださいと自らお願いしてやって参りました。頼まれてもいないのに来ちゃったんですけど」
中西優香「嬉しい」
北原里英「でも実はちょいちょいそこの音声さんの席で」
中西優香「見てたの?」
北原里英「はい、公演を見てました」
中西優香「そうなんだ」
北原里英「西中の「Faint」が」
中西優香「恥ずかしかった(?)でしょ?」
北原里英「気持ち悪いなって思いながら」客w
中西優香「相変わらず?」
北原里英「はい。相変わらずと思いながら見てました」
中西優香「ありがとうございます」

北原里英「凄いほんとに、実絵子さんも卒業おめでとうございます」
佐藤実絵子「ありがとうございます」
北原里英「この度は少しお邪魔させていただきます。「五色の虹」とても良かったです」客w
佐藤実絵子「ありがとうございます。誕生日一緒ですもんね」
北原里英「はい、そうです。本当に2人とも卒業おめでとうございます」
中西優香「ありがとう」
佐藤実絵子「ありがとうございます」

大矢真那「そんな2人はそれぞれお手紙をもらったわけですけど、気持ちとか、姉さんはちゅりのお手紙をもらって、書いてある内容とかどうだった?」
中西優香「えっ?そういうやつ?」
佐藤実絵子「質問に答える形式ですか?」
大矢真那「感想を言ったほうがいいかなと思って」

佐藤実絵子「生誕祭とかでね、メンバーからお手紙もらうことはあるけど、なんかそれとはやっぱり全然違いましたね。嬉しかったです」

中西優香「私は、とりあえず磯原さんが「西中へ」って言った時に「おや?」って思ったんです(w) 最初ね。途中で二重音声みたいになった時、「あっ、故障か?」ってなったんですけど、良かったです、故障じゃなかったみたいでね。わざわざはるばる駆けつけてくれて」
北原里英「直筆なんで、良かったら受け取ってください」
中西優香「ありがとうございます」


大矢真那今までの気持ちとか、ファンの方に伝えたいこととかあったら。じゃー、姉さんから」

佐藤実絵子「いつもね、それこそ生誕祭とかの時には事前になんとなーく喋ること考えてくるんですけど、今日はほんとに、その時の気持ちを伝えようと思ってあえて何にも考えずに来たんですけど。

私は本当に、小学校ぐらいの時から女性アイドルがほんとに好きで、中学とか高校の時は週末はアイドルさんのコンサートに行くのが日課で、チケットが無くてもコンサート会場に行って、なんとなーく聴こえるような、聴こえないような音漏れを聴いてですね、帰ってくるというぐらいアイドルが好きで。

でもなかなか、アイドルになることはできず、大学4年生の夏休みに最後のチャンスだと思って受けたのがこのSKE48のオーディションで、アイドルになることができました。

それから6年半の時間が経ったんですけど、ほんとに毎日自分がアイドルでいられるっていう感動の連続の毎日でした。私のグッズが作ってもらえることだったりとか、マイクを持ってステージに立てることだったりとか、ファンの皆さんからお手紙が届くことだったりとか、1つ1つが本当に感動で、嬉しくて、幸せでした。

その幸せな時間をずっと支えてくださったのはファンの皆さんです。

そうですね、アイドルっていうものをまっすぐ前から見たら華々しい結果は残せなかったかもしれないんですけど、でもファンの皆さんはたくさん私の居場所を作ってくれて、私は今胸を張ってSKE48を卒業することができます。ほんとにみんなのおかげです。

ずっとアイドルになることが夢だったので、夢が終わってしまって悲しい想いも少しはあるんですけど、でも私はこのあと頑張るって決めてるので、この地方でタレントさんとして頑張っていくんですけど、

今日も多分この地方以外の方からもたくさんのファンの方が観に来てくださっていると思うんですけど、皆さんが色んな用事で名古屋に戻ってきた時に、「佐藤実絵子って子知ってる?」って名古屋の人に訊いたら、名古屋の人みんなが「こっちでは有名だよ、知ってるに決まってるじゃん」って言ってくれるような、そこでみんながもう一度胸が張れるような、そんなタレントさんを目指して頑張っていきます。歌も歌っていきます。

これから先も皆さんにあったかい気持ちや優しい気持ちや笑顔をたくさん届けられる人でいられるように、4月からも絶対に頑張ります。

皆さん、6年半、本当に本当に数え切れないぐらい大きな愛情をありがとうございました!」拍手


中西優香「私にとって公演は凄く大きな存在で。楽しいことも、辛いことも、ほんとにどんなに辛いことがあっても公演は必ずあったし、たくさんの出会いも、たくさんの別れも公演で迎えてきました。

なんかあまりにも色んな思い出があって、あまりにも公演が日常になっていて、自分の生活からこの公演っていうものが無くなった状況がちょっと全然想像できてなくて、ちょっと怖いです。

本当に今日もこういう素敵な仲間たちと一緒に公演をやれて、こうやってたくさんの方にカメラの向こう側の皆さんにも見守られて公演ができることを凄く嬉しく思います。

私には今やりたいことがあって。私は凄く自信がなくて。それでもファンの方が「好きだよ」って言ってくれることで、その自信の無さはちょっと回復してると思うんですよ。だからそうやって言ってくれるファンの方がいるから、26歳はちょっと遅いスタートかもしれないけれど、挑戦しようって、チャレンジしてみようって思うことができました。

私は声のお仕事がしたくて、2年前からSKE48の活動をしながら声の学校に、声優さんの学校に通っていました。

自分がほんっとに実力不足なのも身に染みて感じていますし、もしかしたら全然向いてないかもしれないけど、それでも皆さんがいるから挑戦してみようって思いました。

それだけじゃなくて、ねぇ卒業後、色んなチャレンジをしていけたらいいなって思います。

何だろう、自己紹介の時はあんなにワーってなったんだけど、突然実感が無くなって」客w
佐藤実絵子「ウソでしょ?」
中西優香「話しながらね、なんかふわふわしてる。凄いふわふわしてます。だからほんとに、明日もまたこの公演に、明日も「制服の芽」公演だもんね? 明日も公演に出るんじゃないかなって。明日、ごめんね、幕開いたら居たら(w) 居たらごめんね。それぐらいの今気持ちなので、ほんとに自分でもまだ実感が沸かないんですけど、それでも公演が大好きだっていう気持ちと、メンバーが大好きだっていう気持ちと、皆さんが大好きだっていう気持ちは、もうかなりあるので、それを胸に。はい、この言葉でいいですか? ちょっと日本語が上手く喋れないんですけど。

本当に6年半、本当に本当に幸せな時間でした。ありがとうございました」拍手


佐藤実絵子「あのね、中西」
中西優香「なーに?」
佐藤実絵子「私、もう1個どうしても言いたいことがあるの (おー) 今日はなんとここで、チームS次の副リーダーを発表します!」おー!
中西優香「誰? 知らなかった。実絵子教えてよ」
佐藤実絵子「名前を呼ばれた方はセンターに出てきてください。次のチームSの新副リーダーは・・・ジャン、矢方みきてぃです」拍手

# 矢方美紀 → センターへ

佐藤実絵子「副リーダーの業務内容を言いますと、佐江さんがいない時に円陣の号令をかけたりですとか、あとは佐江さんがいない時に「仲間の歌」で「皆さんも一緒に!」とか言うことですね」
中西優香「あれっ?そうなんだ。副リーダーの業務だったんだ」
佐藤実絵子「副リーダーの業務なんで、その2つができればなんとかなりますよね?」
宮澤佐江「よろしくお願いします」
佐藤実絵子「でもほんとに、私も副リーダーになった時、自分も凄い不安だったので、副リーダーを任せるっていうのは、何て言うんだろうな、色々な複雑な気持ちもあるんだけど」
中西優香「背負わせてしまうものもね、あると思うけど」
佐藤実絵子「でもみきてぃはやっぱ本当にみんなを支えてるし、凄く努力家だし、なんかみきてぃってさ、公演のパフォーマンス凄くいいんだけどさ、なんかさ、あたかも自然にできてます、みたいな感じに見えるんだけど、それは凄く努力をして、あのパフォーマンスをね、いつもやってるってメンバーはみんな気づいてるし、みきてぃなら絶対に素晴らしい副リーダーになれるよ」
矢方美紀「はい」
中西優香「心配してないよ」
佐藤実絵子「そう、1ミリも心配してないので」軽くw
中西優香「1ミリぐらいはちょっと」
佐藤実絵子「じゃー1ミリ心配する。もし良かったらひと言お願いします」
矢方美紀「(涙) そうですね、本当に・・・」
佐藤実絵子「ビックリした?」
矢方美紀「うん、ビックリしました。あの、やっぱり今までこうやってチームS、前だったらSKEの全体もまとめてくれたり、KIIだったら実絵子さんだったり、そして今、副リーダーでもやってくださってて、本当に1人1人のメンバーを凄い、自分が思っている以上に見てくれてたり、知ってくれてたり、で、また次のその子に何ができるんだろうとか凄い考えてくれてたり。それを今度は自分が明日か。もう今日からですね、しなきゃいけなんだって思うのは凄いやっぱり責任感も感じますし、やっぱり今後のSKE48、チームSにも凄いかかわることだと思うので、やっぱりそこは改めて自分の気を引き締めて、今いるチームSのメンバーそしてSKEのメンバー全員にちゃんとこの2人がいたってことを忘れないように、ずっといるっていうことをこれからも続けて、継続していきたいなと思います。よろしくお願いします」拍手
佐藤実絵子「よろしく。頑張って」
矢方美紀「頑張ります」
中西優香「大丈夫、見守っているから」
矢方美紀「すぐメールします」
中西優香「何かあったら」

佐藤実絵子「ということで、副リーダーも決まったということで、新チームSの未来も明るいですね、中西さん」
中西優香「そうですね」
佐藤実絵子「明るいですね」
中西優香「そうですね、皆さんこれからも応援よろしくお願いします」拍手
佐藤実絵子「よろしくお願いします」
矢方美紀「よろしくお願いします」

佐藤実絵子「本当に名残惜しいんですけども、そろそろ最後の曲に行きますか」
中西優香「じゃー、花束いったん置きましょうか」
佐藤実絵子「わかりました」

# 松井珠理奈松井玲奈が、それぞれ佐藤実絵子中西優香から花束を預かり、片付ける

松井珠理奈「後ほどもらってくださいね」
佐藤実絵子「もちろんですよ」
中西優香「もちのろんです」
佐藤実絵子「もちのろんですよ」

中西優香「じゃー皆さん、所定の位置に」

佐藤実絵子「なんか本当に、これを歌たら終わってしまうんだなと思うと、ほんとに変な感じだよね、私たち」
中西優香「あの、全く実感が今ないです」
佐藤実絵子「それぐらいでも、この場所が、ほんとにそれだけこの場所が私たちの人生の一部でしたね」
中西優香「そうなの」
佐藤実絵子「でもその場所でこうして卒業公演、素敵な卒業公演をさせていただけて、今日駆けつけてくれたすべてのメンバーにね、感謝の気持ちで。みんなありがとう」
中西優香「ありがとう」拍手

佐藤実絵子「それではいきましょうか」
中西優香「ちょっとなんか、この曲終わったら終わっちゃうの?」
佐藤実絵子「終わっちゃう」
中西優香「やめとく?」客w
松井珠理奈「やめよう」
佐藤実絵子「でも、最後にね、私たちがこのステージで学んだことだとか皆さんへの想いだとか、全部を込めて、ねぇ、歌いましょうか」
中西優香「最後にもう1曲」
佐藤実絵子「それでは本当に本当に最後の曲です」
中西優香佐藤実絵子「あなたがいてくれたから」


◆Ex06.あなたがいてくれたから


# 曲終了後も拍手続き、さらに大きく

中西優香「(涙、そして一息ついてから) 皆さん、本当にありがとうございました。皆さんへの感謝の気持ちを込めて、本日お帰りの際、メンバー全員でお見送りをさせていただこうと思います。そして」
佐藤実絵子「そしてですね、先ほど歌った「五色の虹」のメッセージ入り歌詞カードを今日来てくださった方全員にお配りをしたいと思います」おー&拍手、ありがとう!

「出口のほうで配られると思いますので、皆さん忘れずにもらって、受け取って帰っていただけるととっても嬉しいです。それも含めてね、係員の指示に従ってください。よろしくお願いします」はーい

「最後の挨拶?」

# 手繋ぎ挨拶

中西優香佐藤実絵子「せ~の!」 → 一同お辞儀 → 佐藤実絵子「ありがとうございました!」

# メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:制服の芽)


佐藤実絵子「今日のことは一生忘れないね」
中西優香「忘れないし、忘れないでね」拍手

# 最後の最後にマイクなし、2人素声で「ありがとうございました!!!」

# 中西優香は上手袖へ、佐藤実絵子は下手袖へと捌ける

# 公演終了


SKE48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】3月22日(日) チームS 「制服の芽」公演

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]



yamamotosayaka_feel the night_80 山本彩、初のアナログ盤(7inchシングル) 8月26日発売
feel the night feat.Kai Takahashi(LUCKY TAPES)<完全生産限定盤>
bomb_202006_100.jpg BOMB! 2020年6月号
5月9日発売
entame20006.jpg ENTAME 2020年6・7月合併号

最新記事

AKB48グループ×「bis」レギュラーモデル最終審査進出権獲得イベント『HKT48枠』3日目ランキング (6月5日終了時点) 2020/06/06
HKT48 5期研究生、Instagram個人アカウント開設! 2020/06/05
Sproot社代表・渡辺洋行氏、NGT48ファンの皆さまへご挨拶 2020/06/05
NGT48 5thシングル「シャーベットピンク」7月22日発売決定! 2020/06/05
AKB48グループ×「bis」レギュラーモデル最終審査進出権獲得イベント『HKT48枠』2日目ランキング (6月4日終了時点) 2020/06/05
【AKB48】OUC48「おうちでHoney Harmonyユニットライブ公演」の様子 (トピックス&セットリスト) 2020/06/04
AKB48グループ×「bis」レギュラーモデル最終審査進出権獲得イベント『HKT48枠』1日目ランキング (6月3日終了時点) 2020/06/04
都築里佳がブログ更新 改めて不適切発言について謝罪 2020/06/02
NMB48、6月8日よりオンライン生誕祭実施 2020/06/01
NMB48劇場、6月8日より公演再開決定! 2020/06/01

kcタグクラウドV1.3

大段結愛(#3)古澤愛(#1)世界選抜総選挙(#431)野村奈央(#7)平手友梨奈(#8)村山ほのか(#2)BNK48(#15)高畑結希(#6)山内瑞葵(#8)尾﨑舞美(#3)太田奈緒(#22)アップカミングガールズ(#2)入山杏奈(#28)好感度爆上げ公演(#1)木本花音(#21)森田彩花(#9)菅原早記(#2)河野奈々帆(#7)立仙百佳(#1)山崎美里衣(#1)池ヶ谷千尋(#2)土生瑞穂(#1)吉川ひかり(#2)原宿駅前パーティーズ(#3)北川愛乃(#8)【AKB48(#1)川上礼奈(#14)8田中優香(#1)城恵理子(#13)運上弘菜(#14)AKB49(#9)青木莉樺(#1)野澤玲奈(#13)日高優月(#12)福井有彩(#1)岩崎萌花(#1)小川結夏(#2)石田千穂(#5)山本彩加(#9)伊藤実希(#1)日下部愛菜(#9)長坂亜利沙(#1)行天優莉奈(#12)澤田奏音(#1)澤巳咲来(#3)木本夕貴(#1)馬場彩華(#9)斉藤優里(#1)佐藤すみれ(#18)薮下楓(#7)今泉美利愛(#1)中田花奈(#2)湯浅洋(#1)奈良未遥(#9)NMB48(#761)#チーム8(#1)AKB48佐藤美波について(#1)深井ねがい(#5)天野亜美(#2)林美澪(#1)久保怜音(#12)鈴木くるみ(#5)嶋崎百萌香(#1)竹内彩姫(#13)小川紗奈(#3)室加奈子(#10)伊藤理々杏(#1)モバイル(#6)武田智加(#15)あゆたろう(#2)伊田有紀(#1)山下エミリー(#16)北川綾巴(#25)矢倉楓子(#24)張織慧(#2)木下有希子(#14)ステージファイター(#2)出口陽(#2)瓜屋茜(#1)キャッチフレーズ(#1)ガルベストン通り(#1)羽切瑠菜(#2)佐野遥(#2)梅本和泉(#3)#ユニットじゃんけん大会(#1)平野百菜(#2)森平莉子(#4)坂本りの(#2)門脇実優菜(#4)AKB48グループリクエストアワー(#20)橋本奈々未(#2)渡辺麻友(#48)迫姫華(#1)渡辺梨加(#3)濵咲友菜(#10)アキバ文書(#1)荒木実波(#1)欅坂46(#38)村井純奈(#7)栗山梨奈(#2)大盛真歩(#8)原田清花(#1)動画(#1)今吉めぐみ(#1)井上小百合(#1)横野すみれ(#3)チームBII(#3)人見古都音(#12)SKE48青春ガールズ(#12)福士奈央(#13)川崎成美(#4)横山結衣(#14)村雲颯香(#12)後藤理沙子(#9)兒玉(#1)画像(#13)ジュピ(#1)森香穂(#3)横島亜衿(#8)堀未央奈(#2)大場紗也加(#2)矢吹奈子(#31)岩崎春果(#1)誘惑のガーター(#1)松浦(#1)ハイテンション(#5)市川美織(#26)中村優香(#1)松田祐実(#8)豊永阿紀(#14)水野愛理(#11)諸橋姫向(#2)戸島花(#3)後藤陽菜乃(#1)岩本蓮加(#1)倉島杏実(#6)米谷奈々未(#1)石安伊(#9)高倉萌香(#13)尾上美月(#1)松浦夏穂(#2)赤澤萌乃(#2)MNL48(#3)川上千尋(#13)バイトAKB(#2)長谷川晴奈(#1)山本彩(#74)IZ*ONE(#4)藤本冬香(#2)0start公演(#1)紅白歌合戦(#3)てんとうむChu(#1)SGO48(#2)三秋里歩(#1)安部若菜(#7)EX大衆(#1)東李苑(#15)上見天乃(#1)8期生(#1)平松可奈子(#1)髙寺沙菜(#7)乃木坂46(#41)菅井友香(#3)しあわせを分けなさい(#1)小林蘭(#8)島田玲奈(#5)川合杏奈(#2)阪口珠美(#1)野田陽菜乃(#8)信濃宙花(#5)川又あん奈(#1)伊藤貴璃(#1)五十嵐早香(#1)髙木茉白(#1)杉山菜田里(#1)小林佳乃(#1)方伊儀まどか(#2)氣志團(#1)岩田陽菜(#4)上枝恵美加(#18)川栄李奈(#16)松井玲奈表(#1)田屋美咲(#4)回遊魚のキャパシティ(#1)御供茉白(#3)NMB48握手会(#3)工藤理子(#1)石川花音(#3)木内俐椛子(#1)大野彩乃(#1)蒲地志奈(#1)照井穂乃佳(#7)HKT48劇場(#3)田野優花(#21)勝又彩央里(#9)ぱるる選抜(#1)大谷悠妃(#6)松岡知穂(#6)橋本陽菜(#11)美浜海遊祭(#1)山田野絵(#12)「ラムネの飲み方」公演(#2)吉川七瀬(#12)SDN48(#3)薮下柊(#15)神山莉穂(#4)西満里奈(#6)山田澪花(#6)上西怜(#8)奥原妃奈子(#5)バグっていいじゃん(#2)手をつなぎながら公演(#1)石田安奈(#10)バイトル×AKB48(#1)生誕祭(#1)バイトル(#1)山下美月(#1)南羽諒(#7)小栗有以(#20)宗雪里香(#1)杉山歩南(#1)馬嘉伶(#13)尾崎世里花(#1)山内亜紀(#1)泉綾乃(#8)AKB48牧野アンナ公演(#1)小栗絵里加(#1)CGM48(#1)寺田美咲(#9)あん誰(#2)AKB48紅白歌合戦(#2)阿部叶夢(#1)白雪希明(#6)磯佳奈江(#19)佐藤杏樹(#9)後藤楽々(#12)光と影の日々(#1)カープ(#1)ネクストガールズ(#3)仲村和泉(#7)黒川葉月(#14)加藤雅美(#1)鈴木彩夏(#1)小林よしのり(#2)光宗薫(#1)齋藤梨奈(#1)井上瑠夏(#9)DIVA(#1)総選挙ポスター(#1)白井琴望(#11)中坂美祐(#4)新澤菜央(#3)西村菜那子(#10)山岸奈津美(#8)瀬戸内48(#1)MUSIC(#1)千代田唯(#2)湯本亜美(#13)井上ヨシマサ(#3)大澤藍(#9)渡辺菜月(#1)フューチャーガールズ(#3)田口玲佳(#1)ふわふわ(#4)小熊倫実(#8)清水麻璃亜(#11)佐藤夏希(#2)山崎亜美瑠(#9)STU48(#439)齋藤陽菜(#7)高山一実(#1)IxR(#1)町音葉(#8)49thシングル選抜総選挙(#27)HKT48研究生(#24)仲川遥香(#15)南波陽向(#4)清水里香(#7)矢神久美(#3)池の水選抜(#1)25歳の生誕祭(#1)川平聖(#2)チームH(#25)高橋朱里(#29)田中皓子(#4)UTB(#3)AKBラブナイト(#2)太田里織菜(#1)富永夢有(#1)森杏奈(#2)キャラアニ(#1)白石麻衣(#4)播磨七海(#4)太田夢莉(#24)川又優菜(#1)宮崎想乃(#3)ひらがなけやき(#1)竹内舞(#11)北玲名・近藤萌恵里(#1)ユニットじゃんけん大会2(#1)高須クリニック(#1)チームKII(#9)松本日向(#13)赤堀君江(#2)堀ノ内百香(#4)小泉里奈(#1)谷口愛理(#1)4期生(#1)宮﨑美希(#1)AKB48Group新聞(#2)日下このみ(#13)ひぐらしのなく頃に(#3)渥美彩羽(#5)谷口茉妃菜(#3)僕の太陽(#1)イナズマロックフェス(#1)外薗葉月(#14)浦野一美(#3)坂本愛玲菜(#19)福岡聖菜(#16)谷口めぐ(#25)NGT48研究生(#26)佐藤海里(#7)大橋真子(#2)座席表(#1)末永桜花(#9)坂口理子(#30)ドラフト3期(#6)岩本輝雄(#5)山田寿々(#7)宮前杏実(#15)原澤音妃(#4)古川愛李(#7)辻のぞみ(#2)南有梨菜(#1)立仙愛理(#4)歌田初夏(#11)赤坂美咲(#2)鬼頭桃菜(#1)三村妃乃(#3)加藤結(#1)和賀勇介(#1)平野ひかる(#8)海老沢恵美(#1)都築里佳(#13)三田麻央(#15)早坂つむぎ(#11)上谷沙弥(#1)石川咲姫(#5)長沢菜々香(#1)戸賀崎智信(#1)けやき坂46(#11)中里千波(#2)奥本陽菜(#4)佐藤実絵子(#8)木下百花(#29)地頭江音々(#14)井口栞里(#2)速報発表(#1)鳥居坂46(#1)河野早紀(#6)755(#1)木崎ゆりあ(#29)黒岩唯(#2)山邊歩夢(#10)HKT48ひまわり組(#9)チームTII(#17)AKB48単独リクエストアワー(#1)フォーチュンミュージック(#1)チームB(#19)髙橋彩香(#6)奥真奈美(#1)にゃんにゃん仮面(#6)佐藤栞(#17)西野七瀬(#9)「PARTYが始まるよ」公演(#1)夏穂(#1)BUBKA(#1)田中美帆(#1)produce48(#1)工藤陽香(#3)宮島亜弥(#11)細井孝宏(#2)高柳明音(#23)角ゆりあ(#12)佐藤七海(#15)週刊ヤングジャンプ(#1)矢作有紀奈(#10)木佐彩子(#1)生田優香(#1)栄光のラビリンス(#4)田中美久(#31)AKB48研究生(#52)中野あいみ(#1)須藤凛々花(#1)山根涼羽(#8)岡部麟(#16)村瀬紗英(#13)吉野未優(#9)前田敦子(#5)道枝咲(#5)一色嶺奈(#11)中川里菜(#1)松岡はな(#20)さやみるきー(#2)アンダーガールズ(#3)杉山愛佳(#9)僕はいない(#1)藤江桃子(#1)今村美月(#5)完売状況(#1)守屋茜(#3)坂口渚沙(#20)坂本真凛(#10)卒業発表(#1)下青木香鈴(#10)今村麻莉愛(#20)鬼頭未来(#1)チームN(#2)秋元真夏(#2)加藤智子(#10)木下涼風(#1)マジムリ学園(#1)中井りか(#39)芝智也(#1)梅山恋和(#7)上島楓(#2)小池美波(#1)チームNⅢ(#1)阿部芽唯(#8)真下華穂(#4)須藤(#1)大関千尋(#1)曽我部優芽(#4)和田愛菜(#6)石田みなみ(#4)村上和叶(#2)team8(#1)冨村架純(#1)大西桃香(#24)中西優香(#12)Maxとき315号(#1)川本紗矢(#21)外山大輔(#4)中村歩加(#16)太野彩香(#9)小田彩加々(#1)福地礼奈(#11)東由樹(#12)村中有基(#8)末永祐月(#8)貞野遥香(#2)浅井七海(#8)溝渕麻莉亜(#7)AKB48じゃんけん大会(#1)須藤凜々花(#30)中廣弥生(#1)小畑優奈(#13)渡邉歩咲(#2)高雄さやか(#1)北野日奈子(#2)ミッドナイト公演(#3)佐伯茉央(#1)8チームE(#1)山内祐奈(#11)土路生優里(#6)豆腐プロレス(#7)古森結衣(#4)稲垣香織(#11)9期生(#3)やまだまち48(#1)伊豆田莉奈(#24)高橋七実(#6)「パジャマドライブ」公演(#2)門田桃奈(#3)AKB48のあんた、誰?(#2)盛山ゆきお(#1)OUC48(#2)森保まどか(#29)BOMB(#3)イコラブ(#2)NGT48劇場(#3)塚本まり子(#12)西鉄ホール座席表(#1)AKB48グループ(#23)今村悦朗(#2)梅本(#1)高橋彩音(#5)荒野姫楓(#2)PRODUCE48(#11)AKB48グループユニットじゃんけん大会(#2)本田そら(#8)増山加弥乃(#1)宇佐美友紀(#1)牧野アンナ(#3)内海里音(#1)小越春花(#1)池田楓(#2)若月佑美(#1)ユニットじゃんけん(#1)さくさく仮面(#1)SKE48リクエストアワー(#1)江藤彩也香(#2)AKB48紅白対抗歌合戦(#4)伊藤優絵瑠(#9)8田名部生来(#2)瀧山あかね(#1)川越紗彩(#1)髙塚夏生(#6)大塚七海(#1)AKB48劇場(#6)AKB48の君、誰?(#2)小森美果(#2)横道侑里(#12)山口真帆(#35)鈴木まりや(#10)鈴木愛菜(#2)西川怜(#11)渋谷凪咲(#25)堺萌香、月足天音(#1)佐々木久美(#1)UTB+(#2)徳永羚海(#1)日出有香(#1)14期生(#2)野島樺乃(#11)加藤美南(#20)飯倉早織(#1)須田亜香里(#27)小柳有沙(#1)磯貝花音(#5)遥(#1)西井美桜(#1)小嶋乃愛(#1)入内嶋涼(#2)蔵本美結(#5)16期研究生(#11)髙橋真生(#9)西潟茉莉奈(#16)山田みずほ(#6)佐藤詩識(#7)ENTAME(#1)じゃんけん大会2016(#1)田中伊桜莉(#2)福元結(#2)矢野帆夏(#5)竹内美沙樹(#1)甲斐心愛(#5)キャバすか学園(#4)マジすか学園(#4)加藤史帆(#2)吉崎凜子(#1)若田部健一(#1)渡邉理佐(#2)古川夏凪(#5)宮﨑想乃(#7)田辺美月(#3)廣瀬なつき(#10)服部有菜(#11)TOKYO5(#1)AKB48僕の夏が始まる(#2)木下真佑(#1)桑原みずき(#2)武藤小麟(#7)今村支配人(#2)佐藤美波(#8)ホークス(#1)出口結菜(#2)福留光帆(#1)長濱ねる(#6)能條愛未(#1)ドラフト3期生(#2)森川彩香(#8)藤本美月(#1)山口夕輝(#11)竹内ななみ(#2)マイメロディ(#1)ぱちスロAKB48(#1)浅川梨奈(#1)衛藤美彩(#3)SNH48(#14)岩田華怜(#9)相川暖花(#10)Mobile(#1)NHK紅白歌合戦(#2)高野祐衣(#5)荒井優希(#10)坂道AKB(#1)宮澤佐江(#22)チームE(#5)藤崎未夢(#7)齊藤京子(#1)安藤愛璃菜(#6)秋元康(#16)齋藤飛鳥(#1)川口真実(#1)磯田さん(#1)植村梓((#1)田口愛佳(#6)しぇからしか!(#1)惣田紗莉渚(#14)溝口亜以子(#5)新谷野々花(#2)TPE48(#5)尾関梨香(#1)河西智美(#2)岩﨑萌花(#5)山本茉央(#18)菖蒲まりん(#3)梅沢美波(#1)チームA(#12)長谷川百々花(#3)高沢朋花(#1)Stefi(#1)SKEフェスティバル公演(#1)駒田京伽(#25)瀧野由美子(#13)佐藤聖羅(#4)虫かご(#1)小原春香(#2)北村真菜(#2)SKE48劇場(#6)向井葉月(#1)バーチャル高校野球(#2)柴田優衣(#8)生写真(#6)MUM48(#1)田中優香(#18)金澤有希(#1)原宿乙女(#3)フレンチ・キス(#4)水上凜巳花(#2)Gザテレビジョン(#3)久代梨奈(#16)音嶋莉沙(#4)内木志(#13)浅井裕華(#10)チームKⅣ(#21)水田詩織(#7)田原総一朗(#3)桜井玲香(#1)本間日陽(#14)後藤萌咲(#15)白井友紀乃(#2)佐藤楓(#1)塩原香凜(#1)梅澤愛優香(#1)青海ひな乃(#3)福本愛菜(#1)長友彩海(#7)友達(#1)8じゃんけん大会(#1)DiVA(#1)JKT48(#22)黒須遥香(#7)小林莉奈(#2)発表時のコメントを追記しました(#1)CHERPRANG(#1)矢作萌夏(#15)山本亜依(#10)新妻悠太(#1)本郷柚巴(#9)池ケ谷千尋(#1)山尾梨奈(#12)石田安奈・竹内舞(#1)坂川陽香(#2)西仲七海(#6)小野恵令奈(#2)長野雅(#3)矢倉楓(#1)志田愛佳(#2)AKB48総選挙ミュージアム(#1)アイカブ(#3)吉本坂46(#22)波左間美晴(#2)凛々花(#1)佐藤朱(#8)中村舞(#6)16期生(#7)永野芹佳(#12)駒谷仁美(#2)AKB48ステージファイター(#4)れなっち総選挙(#1)矢方美紀(#9)庄司なぎさ(#3)多田京加(#10)松村芽久未(#8)川嶋美晴(#2)倉野尾成美(#22)鈴木美愉(#1)小見山沙空(#1)樋渡結依(#13)加藤夕夏(#14)ステフィ(#6)3期生(#1)村上文香(#6)NGT48(#704)髙橋彩音(#5)=LOVE(#1)佐藤詩織(#1)ラブベリー(#1)西山怜那(#8)岡本彩夏(#3)千田夢乃(#1)松井咲子(#9)山本瑠香(#10)宮里莉羅(#12)兵頭葵(#3)寿々(#1)加藤るみ(#12)今泉佑唯(#3)高寺沙菜(#2)渡部愛加里(#8)中野美来(#8)柿崎芽実(#2)髙畑結希(#6)質問大募集(#1)黒沢綾佳(#2)菊地あやか(#6)佐伯美香(#5)前田美月(#9)水澤彩佳(#12)365日の紙飛行機(#1)個別握手会(#1)総選挙(#1)焼肉IWA(#3)中野麗来(#10)野々垣美希(#7)AKB48チームB(#1)大川莉央(#10)AKB48グループじゃんけん大会(#1)清水紗良(#1)成松美沙(#2)山内つばさ(#4)荒木琳袈(#1)チームM(#2)伊藤花菜(#1)村川緋杏(#19)じゃんけん(#1)下尾みう(#14)中村麗乃(#1)永野恵(#5)Chou(#3)難波鉄砲隊(#1)小木曽汐莉(#1)松本慈子(#13)篠田麻里子(#1)サクカフェ(#1)DMM(#4)榊美優(#3)冨吉明日香(#44)TIF(#1)久保史緒里(#1)森脇由衣(#1)佐藤由加理(#2)大滝友梨亜(#12)ウェイティングサークル(#1)近藤萌恵里(#7)秦佐和子(#2)AKB48サムネイル(#1)山本望叶(#9)斉藤陽菜(#1)仁藤萌乃(#2)畠山智妃(#1)高岡薫(#9)FLASHスペシャル(#2)中野郁海(#10)卒業公演(#1)上妻ほの香(#6)前田令子(#8)重ねた足跡公演(#1)清水梨央(#14)春本ゆき(#6)逆さ坂(#1)八代嘉菜(#1)石綿星南(#9)うまかっちゃん(#1)TinTlip(#1)山田杏華(#4)鈴木恋奈(#2)与田祐希(#1)外山大輔公演(#1)原宿駅前ステージ(#5)東日本大震災(#3)平田詩奈(#8)筒井莉子(#16)阿比留李帆(#7)大芝りんか(#8)選抜メンバー(#1)繁藤冬佳(#1)安田桃寧(#10)石橋颯(#2)佐藤亜海(#8)松田栞(#1)STRAWBERRYPUNCH(#2)僕以外の誰か(#1)春風亭小朝(#1)神門沙樹(#7)西鉄ホール(#1)小田彩加(#14)本田仁美(#10)小石公美子(#12)金子支配人(#2)松村美紅(#1)谷川愛梨(#10)握手会(#294)松井玲奈(#16)小川乃愛(#1)佐藤佳穂(#6)菅原りこ(#18)由良朱合(#6)『植田碧麗(#1)峯吉愛梨沙(#2)8山田菜々(#1)沢木沙耶(#1)堀詩音(#9)三島遥香(#4)市村愛里(#2)下口ひなな(#10)NMB48リクエストアワー(#1)茅野しのぶ(#1)岡田美紅(#8)左伴彩佳(#12)若林倫香(#3)鈴木優民(#2)週刊プレイボーイ(#1)濱松里緒菜(#2)石塚朱莉(#15)木﨑ゆりあ(#12)じゃんけん民(#1)選抜総選挙ミュージアム(#1)吉田朱里(#20)2期生(#1)沖侑果(#6)女鹿椰子(#1)沖田彩華(#9)中塚智実(#1)藤原あずさ(#5)中元日芽香(#1)岩田桃夏(#7)タワーレコード(#1)田北香世子(#17)高塚夏生(#2)本間麻衣(#5)若田部遥(#29)妖怪ウォッチ(#1)中野愛理(#5)じゃんけん大会(#9)梅原真子(#2)日向坂46(#6)ピンクダイヤモンド(#1)山田(#1)増田有華(#2)山田菜々(#13)小島愛子(#1)藤園麗(#5)千葉恵里(#9)大段舞依(#12)ステフィー(#1)菊地智美(#1)小池優香(#2)あおきー(#3)植村梓(#10)つば九郎(#1)達家真姫宝(#14)神志那結衣(#24)大島涼花(#10)ポケモンGO(#1)濵松里緒菜(#7)伊藤きらら(#3)小田えりな(#23)市岡愛弓(#3)NMB48劇場(#2)小林茉里奈(#6)山田樹奈(#14)原かれん(#2)生駒里奈(#5)チーム4(#17)北玲名(#8)田村菜月(#1)選抜総選挙(#43)NMB48研究生(#5)山下ゆかり(#9)坂本夏海(#8)大矢真那(#24)涙は句読点(#2)池田裕楽(#1)松本和夏(#1)川原美咲(#7)研究生(#1)井上美優(#3)安藤千伽奈(#7)岡田梨奈(#6)大竹ひとみ(#8)吉橋柚花(#7)カートグランプリ(#1)井尻晏菜(#16)前田彩佳(#9)ラブ・クレッシェンド(#1)徳光和夫(#1)中川美音(#7)渕上舞(#19)チームK(#9)尻無浜冴美(#1)溝川実来(#7)野呂佳代(#1)塩月希依音(#11)熊本日向子(#2)野村実代(#8)鎌田サラ(#1)安田叶(#5)AiKaBu(#10)AKB48牧野アンナ(#3)川村真穂(#1)對馬優菜子(#6)大園桃子(#1)宮脇咲良・須田亜香里・高柳明音・湯本亜美・込山榛香(#1)山田麻莉奈(#21)片岡成美(#11)竹本くるみ(#2)オールナイトニッポン(#1)長久玲奈(#16)鈴木優香(#2)舞木香純(#13)夏の二次会PARTY(#1)吉田彩良(#1)谷川聖(#11)古舘葵(#2)アビスパ福岡(#4)藤村菜月(#4)制服のマネキン(#1)安達玲奈(#2)石黒友月(#5)森下舞羽(#3)大谷満理奈(#3)AKB48グループドラフト会議(#34)水着サプライズ(#1)山田菜々美(#19)荻野由佳(#23)チーム8(#202)鈴木彩加(#2)最高かよ(#10)サイード横田絵玲奈(#1)SHOWROOM(#48)月足天音(#15)横山由依(#38)田中将大(#5)五十嵐麗(#2)太田彩夏(#6)寺田陽菜(#1)荒巻美咲(#29)上村亜柚香(#10)杉浦琴音(#9)向井地美音(#36)石塚美月(#1)アップトゥボーイ(#1)オンデマ司令室(#2)與儀ケイラ(#1)甘噛み姫(#2)吉田綾乃クリスティー(#1)AKB48台湾研究生(#1)福田朱里(#8)高橋みなみ(#49)岡本怜奈(#2)翼はいらない(#7)大田莉央奈(#7)AKB48リクエストアワー(#3)堺萌香(#11)原駅ステージA(#1)松原夏海(#1)高橋希良(#10)清司麗菜(#10)栗原紗英(#15)塩井日奈子(#3)飯野雅(#20)北川悠理(#2)AKB48グループセンター試験(#5)松下唯(#1)レポート(#1)三宅ゆりあ(#2)吉田華恋(#12)野口由芽(#10)AKB48選抜総選挙(#282)武井紗良(#12)I4U(#1)布谷梨琉(#2)谷口もか(#9)尾崎支配人(#10)チームS(#3)ユニットじゃんけん大会(#15)小嶋花梨(#11)織田奈那(#2)菅原茉椰(#12)ドラフト(#1)長谷川玲奈(#17)R24(#1)原駅ステージ(#1)矢野杏月(#1)谷優里(#8)植田碧麗(#13)

最新商品

5月29日発売

BIG ONE GIRLS No.57

5月23日発売

アップ トゥ ボーイ 2020年7月号

※7月号 タワレコ特典

生田絵梨花 ポストカード

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

乃木坂工事中 Blu-ray

スポンサーリンク

LIVE!! ON DEMAND






REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

スポンサーリンク

検索フォーム

RSSフィード

月別アーカイブ