FC2ブログ
新体感ライブ 指原莉乃 卒業コンサート 販売中 new2.gif
※2019年4月28日の(生)映像の配信視聴をご希望の方は2019年4月19日18:00までに買い求めください。
予約受付開始!
AKB48Group新聞 2019年5月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif
AKB48Group新聞 2019年5月号 セブンネット限定生写真セット new2.gif

荻野利沙 劇場最終公演 (2015/03/21、17時開演、SKE48研究生)

SKE48劇場 研究生「SKE48 アップカミング公演~冬~」

■出演メンバー
青木詩織井田玲音名荻野利沙鎌田菜月竹内彩姫松村香織山田樹奈

サポートメンバー → 磯原杏華竹内舞犬塚あさな市野成美酒井萌衣

■開演
◆M00.overture (SKE48 ver.)
◆M01.Escape
◆M02.声がかすれるくらい
◆M03.オキドキ
◆M04.Dear my teacher


■MC (自己紹介)

竹内彩姫「今日のお題は荻野さんと賭けて、最強なことについて」

【1列目 上手側から順に】
鎌田菜月「あっち こっち どっち なっきぃ!(そっち!) そっちも聞こえましたね、ありがとうございます。方向音痴でも想いはまっすぐ。なっきぃこと6期研究生の鎌田菜月です」

→ 先ほどオキドキのイントロで手に付けてたものみんな投げたんですけど、私の上に乗ってるんですよ(w) 2回目なんですよ。狙ったわけではない。コントロール力のなさは研究生最強なんじゃないかと思ってます。

山田樹奈「ちっちゃい樹奈はどーこだ? (見っけた) じゅなっここと16歳の山田樹奈です」

「私が最強だと思うのは荻野さんとの身長差だと思うんですよ」
荻野利沙 → 山田の隣へ。右腕を山田の頭に乗せる(w)
山田樹奈「でも、こうやってやられるのもこの公演が最後なんだなって思うと寂しいので、今日は荻野さんとペアになるとこもあるんですよ。そこも見て行ってください」

竹内彩姫「あなたを彩るお姫様♪ 目指すはSKEのスイッチヒッター、15歳のさきぽんこと竹内彩姫です」

→ 今最強に困っている。7期生が発表されて、私よりちっちゃい子がいたり、年齢が低い子がいたり、身長が低い子がいたり、私研究生の中で一番下だったので甘えてきたけど、それができなくなるのがすっごい困ってる。でも7期生の子に甘えられるようなお姉さんになれたらいいなと思います。

青木詩織「あなたの推しに? (おしりん!) 静岡県からやってきたお魚ガール、おしりんこと青木詩織です」

→ 私はですね、見てわかると思うんですけど、おでこの広さが最強だなと思った。
竹内彩姫「香織さんは?」
青木詩織「比べみましょうよ」
松村香織「巻き込まないでくれる?」客w → 前髪を上げる
青木詩織「でも変わんないよね」
客「増えた!」
青木詩織「そうか、高須さんでちょっと増やしたんですね」
松村香織「いやいや、植毛したみたいな言い方しないで。植毛はしてないからね」
青木詩織「じゃー同じぐらいのおでこの広さだったので最強じゃなかったんですけど、今日は顔が見やすいのでたくさん私の顔を見て行ってください」


【2列目 上手側から順に】
酒井萌衣「私の笑顔がみなさんの心に めーい中! チームEの酒井萌衣です」

→ 私は今最強にアップカミング公演楽しんでます! 今日は荻野ちゃんの卒業公演ということで、ありがたいですよ、出演させていただくなんて。
荻野利沙「こちらこそありがとうございます」

松村香織「今日もあなたに!(わ~) あなたに! (わ~) 萌えをデリバリー 萌え萌えきゅーん。かおたんこと終身名誉研究生の松村香織です」

「そうですね、荻野が卒業するのが最強に悲しいよ~(棒読み)」
竹内舞「顔笑ってる」客w
荻野利沙「どうやってコメントしましょうか、これ」
松村香織「ちゃんとしてよ」
荻野利沙「私も香織さんと離れるの寂しいよー(棒読み)」客w
松村香織「ありがとう」
荻野利沙「いつでも会えるし、だって」
松村香織「確かに。そんなのは置いといてですね(w) 悲しいことがもう1つあって。もともと高校の友達の結婚式が今日あるんですね、東京で」
荻野利沙「マジ申し訳ないじゃん、ほんとにごめん」
松村香織「式なんて半年前とかから決まってるじゃないですか。ずっとね、NG日を出してたの、今日。そしたら、あれっ?みたいな。スケジュールに案件あるみたいなのがメール来て、NG出したんですけどって送ったら「荻野の卒業公演なんで」って」
荻野利沙「マジ申し訳ないじゃん」
松村香織「全然全然」
荻野利沙「今間に合う?」
松村香織「間に合わないよね。全然いいんですけど、でも結婚式も一度キリですけど、この卒業公演も人生で一度キリだと思うので、荻野と素敵な思い出を作っていきたいと思います」

市野成美「みーんななるが好きに~? (なる!) 15歳、チームEの市野成美です」

→ 私は荻野利沙ちゃんを泣かせる最強だと思うんですよ。今日卒業公演じゃないですか。リハーサルの時から私の顔を見てなぜか・・・ (周りのメンバーが靴の異変に気づく)
松村香織「大丈夫?脱げない?玲奈さんみたいに」客w

犬塚あさな「私と一緒にお散歩に行きませんか? (行く!) 行ってよ、何でみんな×なの? 行きますよね? チームSのわんちゃんこと犬塚あさなです、わんわん」

「私の最強は、最強に利沙ちゃんのこと愛してるよ!」
荻野利沙「ありがとう」
犬塚あさな「こんな感じなんですけど、でも私のことお姉ちゃんって言ってけっこう慕ってくれてるよね?」
荻野利沙「(クールに)うん、まぁ割と(w) いいよ、やめてよ、こういう話楽屋でいいじゃん」
犬塚あさな「何それ? お姉ちゃんって言って慕ってくれて、私のことをけっこう怒ったりもするんですよ。例えば私がゴミを捨てなくて「もういい加減にして!」って言って。そうやって怒られたりもするだけど、ケンカするほど仲がいいって言うじゃないですか」
誰か「ケンカじゃない」客w
犬塚あさな「それぐらい仲良くしてて、ほんとに愛しているので、そんな愛をたくさんアピールしていきたいと思います」


【3列目 上手側から順に】
荻野利沙「男は度胸 女は愛嬌 荻野は? (最強!) おぎりーこと荻野利沙です (声援) 今静かになるのに10秒かかりました」

「最強なんで、考えていたんですけど、今のキャッチフレーズの諸説じゃないけど、何でこのキャッチフレーズに突然変更したのかっていうこと話していこうかなと思います。ちょっとためになるから。ためにならないけど、別に。

多分「制服の芽」公演ぐらいかな? 研究生でやってた。その日2回公演があったんですけど、その1回目のMCの時に「男は度胸、女は愛嬌、荻野は最強だから」みたいなことをポロっと言ったんですよ。これ良くない?と思って2回目から誰の許可も得ずに変えたんですよ。そっからなんですけど。

その言葉自体もテレビ見てた時にオカマの方が「男は度胸、女は愛嬌、オカマは最強よ」とか言い出して(w) 確かに最強だわと思って、そっから拝借しただけなんですよ。ただのパクリだよね、ごめんね。

だからけっこうこのキャッチフレーズ気に入ってて、生誕Tシャツにも書いてるんですよ。1回目販売されたやつが「はぎの」になってて、ミスプリントみたいな。私の元には「おぎの」っていうやつ届いてないんですよ。ミスプリントのやつしかなくて。だから貴重なやつが手元にあるみたいな。

みんな持ってる人?はぎのの方。おぎのの方持ってる人? 割と少ねーじゃねーかよ(w) 何でここ来たの、みんな、何? ありがとう、でも。今日はこうやってありがとうって一杯言える公演にしていきたいと思います」

竹内舞「美少女になるためマイペースに研究中。まいまいことチームSの竹内舞です」

→ こうやって今ぶりっ子してるんですけど、1回目の公演の企画MCで運試しって言って、お昼ご飯がおにぎりになるか、某有名な○○軒のひつまぶしになるかで、私、ひつまぶしが当たって運が良かった女だったんですよ。それで1回目公演が終わってよっしゃ食べるぞと思って食べたら、「おえっ、おえっ」ってなって、多分前列にいる方は私、口1回押さえたの見てません? ほんとにいけないものが出るところでした。最強にヤバイ。多分かおたんよりも餌付いてた。

井田玲音名「私の笑顔とこの大きな手で みなさんのハートを鷲づかみ (掴まれました!) 掴んじゃいました。今日も元気いっぱいな高校1年生、研究生の井田玲音名です」

→ 今、舞さんが言ったこと、同じこと言おうとした。私はおにぎりだったんですよ。でもこのおにぎりしかないから、おにぎりをひたすら食べたんですけど、そしたらお腹がヤバくて、餌付いちゃった。

磯原杏華「はっはー (はっはー) 杏華 明日か 明後日か 全力磯原いっきま~す! 18歳のチームE、きょんこと磯原杏華です」

→ 私はですね、最強に胃腸が弱い。私もさっきご飯で、餌付くっていうより、ねじりができない感じだったんですけど、「Escape」ほんと怖いよね。もしフルバージョンでやってたら、ステージ上からメンバー、エスケープしてるよね?(w)
竹内舞「うまいこと言ったね」

井田玲音名「アップカミング公演も季節の移り変わりと共に変わっていきます」


◆M05.嘆きのフィギュア (鎌田菜月山田樹奈竹内彩姫青木詩織)
◆M06.君のc/w (酒井萌衣松村香織市野成美)
◆M07.黒い天使 (鎌田菜月井田玲音名荻野利沙)
◆M08.パジャマドライブ (山田樹奈竹内彩姫市野成美)
◆M09.スカート、ひらり (荻野利沙井田玲音名松村香織青木詩織磯原杏華犬塚あさな竹内舞)


■アップカミングチャレンジ~先輩からの指令をクリアせよ~ (VTR)

# 古川愛李が登場し指令を発表

おぎりーの似顔絵で対決

# 上映後、メンバー登場


松村香織荻野利沙ちゃんが卒業ということで、荻野利沙ちゃんに似顔絵をプレゼント」

・1人1パーツ書く
・制限時間は1人10秒

井田玲音名 → 輪郭
竹内彩姫 → 髪の毛 「私、美術5ですよ」
山田樹奈 → 眉毛
市野成美 → 目 「美術1です」 → 描いた後、酒井萌衣「これは悪意を感じる」
酒井萌衣 → 鼻
磯原杏華 → 口
竹内舞 → 首から下
犬塚あさな → 風景 「富士山」
青木詩織 → 書道が得意なので、「荻野利沙ちゃんへ」という宛名
鎌田菜月 → 『3月21日卒業記念』 ※この日に書いたという印が必要なので
松村香織 → 全体のバランスを整える

荻野利沙 → イラストを受け取るも、床へ叩きつけるように投げる


◆M10.Only today
◆M11.片想いFinally
◆M12.バイクとサイドカー


■アンコール
有志の方「本日は3月31日をもちまして、SKE48をご卒業される荻野利沙さんの劇場最終公演です」イェー&拍手

「皆さん、おぎりーへの愛、爆発させてますか? (イェー!) まだまだ、爆発させれますか? (イェー!) 最高です! 劇場公演全155回、辛いこと、苦しいこと、たくさんあったと思います。でも、どんな時でも最高の笑顔で私たちに元気を与えてくれました。これまで約3年5ヶ月、私たちは荻野さんに出会い、そしてこうして応援することができ、本当に本当に幸せでした」拍手

「これから先の輝かしい未来へ、素敵な思い出をありがとう! 本日のアンコールはその感謝の気持ちを込めまして、これまでで一番最強のおぎりーコールをお願いします」拍手


「おぎりー」コール


◆EN01.強がり時計
◆EN02.チョコの奴隷


松村香織「今日はここで荻野利沙ちゃんの卒業公演ということで、卒業にピッタリなこの曲を用意してきました」


◆EN03.桜の木になろう


■MC (感想)
犬塚あさな「私はやっぱり利沙ちゃんの卒業公演ということで、生誕祭の時もこのアップカミング公演に出させていただいてて、利沙ちゃんの大切な公演にはね、毎回出させてもらってるので、ほんとに出れて嬉しいなと思ってるし、やっぱりこうやって利沙ちゃんのファンの方がたくさん集まってくれて、利沙ちゃんの応援をしてくれるっていうのは私にとっても凄く幸せなことなので、ほんとにほんとに幸せな公演に、私にとってもなりました。本当にありがとうございました」

青木詩織「3月一杯でまた研究生内から1人仲間が巣立つわけなんですけども、夢に向かう姿は同じだと思うんですけど、道は変わりますがそれぞれの道に向かって、それぞれみんなで頑張っていくので、これからも応援のほうをよろしくお願いします」拍手


◆EN04.SKE48


■MC
鎌田菜月犬塚あさな松村香織竹内彩姫竹内舞磯原杏華井田玲音名市野成美酒井萌衣

松村香織「ここでは荻野のエピソードとかを話していきたいんですけど、ここにね、同期がいるんだよね」
市野成美「はい、わたくし同期です。荻野利沙ちゃんは私のことをずっと5期の推しメンって思ってくれてて。だからその大事な大事な、そんなこと言ってくれる方がお亡くなりに」ざわざわ
松村香織「ちょっと」
メンバーたち「いるよ」
市野成美「違う、間違えた。ここに居なくなっちゃうのは悲しいし、凄い好きなんですよ、利沙ちゃんのこと。あの適当な感じ」
酒井萌衣「なるちゃんもだいぶ適当だけどね」
市野成美「寂しいですね、凄く」

磯原杏華「おぎりーってさ、心すっごい広いじゃんか。だいぶね、私が先輩だからかもしれないけど、2期生だからかもしれないけど、でもそんなことないぐらい多分、今日なるちゃんがね、おぎりーに今日が最後だからってラスクをプレゼントしてたんですよ。なのに「これ私1人で食べるのは悪いから」ってみんなに分けてくれたりとか」
竹内舞「ほとんどかおたんが食べてたやつ?」
磯原杏華「そう、それ」あー
松村香織「待って、4個」
鎌田菜月「気をつけないとまたこっち側に戻りますよ」
松村香織「大丈夫大丈夫、ちゃんと通ってるから。そんな腹出てねーから」

竹内舞「私の思う荻野ちゃんっていうのは凄い、言い方が悪く聞こえちゃうかもしれないんですけど、凄い問題児な子なのかなって思ってたんですよ」
松村香織「ちょくちょく色々あったから」
竹内舞「それで、どういう子なんだろうって実際あんまりわからなかったんですけど、でもここ最近私のアンダーで、卒業決まってるにもかかわらず、「私覚えます」って言って覚えてくれたりとか、あと私がアップカミング公演に出させてもらうようになって凄く近くだったんですね、距離が。言われたのが「舞さん、私のこと嫌いだと思ってました」って。いや、嫌いなんて思ってないよと思って、むしろそこで大好きになって、今日も「出たいです」ってお願いしてて、叶ったというか、出れたんですよ(拍手) なんでほんとにお見送りができて嬉しいですね、私も。仲良くなりましたよ、このアップカミング公演で」
松村香織「Sの、そうだよね。アンダーもだって急遽ね」
竹内舞「私が急遽体調悪くしてしまい、誰がアンダーするんだろうと思った時に」
松村香織「だって連絡のメールが来たんです、その時に。急遽竹内舞が休演になったので覚えてくれる子、大至急連絡くださいって来てて。ちょうど私が横浜いて、S出てないからさ、出たいなって思って、電話かけたんです、マネージャーさんに。20分30分後ぐらいかな。来てからちょっとお風呂とかに入ってて、朝入ってて。かけたんだけど「もうね、荻野がすぐ連絡来て」みたいな」
竹内舞「もう嬉しい」
松村香織「荻野に決まった大丈夫、みたいに言われて。そういうところもね、やっぱり、何だろうな、卒業するってなって言うのもあれだけど、いいところの部分もたくさん知って欲しかったなって」
竹内舞「ちょっと勘違いされやすい子かなと思った」

犬塚あさな「そのアンダーの話とかもね、私が急に呼び出されたから何事かなって思ったら、倉庫の中みたいな所に入らされて、利沙ちゃんにね。そしたら急に大号泣されて、アンダーに出れないのって言い出したから、凄いかわいそうっていうか、私もアンダーに出れなかった時とかたくさんあったから、自分と同じような境遇だなと思って凄い相談受けたりとかもしてたんですけど、私はね、利沙ちゃんとけっこう仲良くしてるので、一番利沙ちゃんのことをしてると思ってるんですけど、あの子すっごい乙女なんですよ」
竹内舞「実はね、かなりのね」
犬塚あさな「利沙ちゃんいないからちょっと色々話すね。利沙ちゃん、凄いお料理も上手なんですよ。で、お料理とか作って、写真とか載せて私に送ってきてくれたりするし、自分のことはまず「利沙」って呼ぶんですよ、実は」
竹内舞「そうなの?」
松村香織「最後の最後にね」
犬塚あさな「みんなの前では言わないんだけど、お家とかでは「利沙」って呼んでるの。利沙凄い乙女だし、握手会の終わった後とかはね、「ファンの人にこういうこと言われたの♪」って凄い嬉しそうな顔して話してきたりとかするの。(後ろ向いて)凄い乙女だよね?利沙ちゃん。絶対後から怒られるんですけど。そういう乙女な所があって凄い可愛いんですよ」

松村香織「そんなね、乙女な利沙ちゃんの準備ができたようなので、早速次の曲にいきたいと思います」


◆EN05.向日葵 (青木詩織荻野利沙山田樹奈)


荻野利沙 卒業セレモニー

# ウェディングベール付き花冠装着

メンバーたち「可愛い」
松村香織「利沙ちゃんモード」

# 花束贈呈

荻野利沙「利沙嬉しい (w → ひゅ~) いつもこんな感じだよね」


青木詩織からのお手紙

青木詩織「荻野さんへ

私たちが出会ったのは研究生の先輩たちがする「会いたかった」公演のレッスンを6期生全員で見学させていただいた時でした。

私はSKE48に入る前からAKB48のファンだったので、SKE48に背の高い超イケメンなメンバーがいるということを某まとめサイトなどで知っていたので」客w
荻野利沙「言っちゃうのね」
青木詩織「入る前ですよ」

「レッスン場に入ってまず目に入ったのは、その背の高い超イケメンなメンバーでした。そうです、荻野さんのことです。

隣に座っていた綾巴と「あの人めっちゃかっこいい。宮澤佐江さんに似てる。ヤバイね」なんて話してみたり、それが荻野さんとの始まりでした。

それから先輩方が何人か卒業したり、昇格したりで、研究生の人数が少なくなり、レッスンの合間のお喋りや、ホテルの同室でのお喋りで私たちの距離はどんどんと近づいていった気がします。

最近ではプライベートで一緒にお泊りもしました」反応
荻野利沙「ざわざわしたよね、今」

青木詩織「背の高い見た目と言葉の不器用さで色んな方に勘違いされがちですが、自分のことを隅から隅までさらけ出して話してくれたり、私が悩み事を相談すると「こうしたらいいんじゃない?」なんて真剣に向き合って一緒に考えてくれます。ちなみに昨日も相談に乗ってくれましたよね?」
荻野利沙「昨日はもやし食べてたよね」
青木詩織「ラーメン屋で相談乗ってくれた」

「こんないい人なのに、何でファンの方はわかってくれないんだろうと思うことばかりでした(ざわ)

普段は言えないけれど、荻野さんのそういうところや素直すぎるところも含めて私は大好きなんです。

卒業する卒業するって前からずっと言っていたけど、本当にこの日が来てしまうのが早すぎてビックリしています。

先輩後輩関係なく意見を言える人が研究生の中から居なくなってしまうのは痛いですが、私たち6期生が入った時、諦めず振り指導や注意をしてくれた荻野さんを見習って、これから入ってくる新しい仲間たちにも同じような対応をできるように頑張っていきたいと思います。

でも、大変になった時は荻野さんにカツを入れに来てもらおうかなー」
荻野利沙 → 首を横に振る
青木詩織「嫌がらないでください」

「卒業すると会う機会が少なくなりますが、お互い夢に向かって頑張って、顔を忘れない程度でその合間合間に会えたら嬉しいです。ってか、会いましょうね!」
荻野利沙「はい」

青木詩織「荻野さん、卒業おめでとうございます。大好き!」
荻野利沙「ありがとうございます」拍手


山田樹奈「今の手紙を受けてや、ファンの方への最後のメッセージをお願いします
荻野利沙「今日はこんな素敵な・・・はい、ありがとうございます!」拍手

「約3年半なんですけど、SKE48に入って。卒業発表してからよく改めて考える時間がたくさんあったので考えてたんですけど、この間の最後の、昨日一昨日? 私、最後の「Glory days」のバックダンサーでチームEさんの公演に出させていただいた時に、自分の出番が終わった後、いや始まる前に、ずっと公演を見てたんですよ。その時に「あー」と思って。踊ってるメンバーとかをずっと見てて、私はこのSKE48にほんとに入って良かったなって思いました。

やっぱりどこか、SKEの中の自分で、塞ぎ込んでる部分とか凄いたくさんあって。最初の頃なんてもう、一番最初の影アナ動画を見たんですけど、今と違うんですよね、全然。引っ込み思案で声も小さくて、もっと腹から声出せよ!って思うぐらい、自分で見てて。凄い小心者だった私がこんな態度ばかりデカくなってw でも、それでも慕ってくれる後輩とかもいて。ほんとにやってきて良かったなって心から思うことが増えました。

悩んだことも一杯あったんですけど、いつも自分の考えが正しいと信じて今までやってきたので、私が選んだこの道も、きっと10年後とかに正しかったんだなって思えるような、そんなもっともっと前向きな荻野利沙でいきたいと思います。

本当に3年半応援ありがとうございました!」拍手&ありがとう

「ありがとうございます、以上です!」

山田樹奈「私は最初の頃、荻野さんに凄い厳しく注意されたりしたこともあったんですけど、その頃があったからこそ今の自分があるんだなって今もしみじみ感じてます。ほんとにありがとうございます」
荻野利沙 → 樹奈の頭をなでる(ざわw)

山田樹奈「最後に・・・」
メンバー&客「荻野さん、卒業おめでとう!」
荻野利沙「ありがとう! どう?可愛い?」
メンバーたち「可愛い」「キレイ」
荻野利沙「利沙嬉しい」

松村香織「でもほんとにね、荻野とは私も3年半一緒で、とっても長い付き合いだったんですけど、やっぱりね、みんなも言ってたんだけど、やっぱ勘違いされることとかも多くて、私の次にけっこう炎上してることが多かったので」客w
荻野利沙「そうなんですね」
松村香織「どうなっちゃうんだろうって思う部分もあったんですけど、でもやっぱりとっても正直で、しかもとっても家族想いで、常に家族のことを考えて、それでSKEを活動してるのをみんなもとってもわかってたので、これからはね、SKEの活動がなくなる分、しっかり家族との時間を大切にして、夢に向かって頑張って欲しいと思います」
荻野利沙「ありがとうございます!」拍手

# 手繋ぎ挨拶:荻野利沙「せ~の!!」客w → メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:未来とは?)

荻野利沙「すげーな、見知った顔が一杯いるわ」

「おぎりー」コール

市野成美 → いったん捌けるもメンバーに押し出されステージへ → 両手を広げた荻野に思いっきり抱きつく(すぐに袖へ)
荻野利沙「見ました? なるちゃん、普段こういうの泣かないのにめっちゃ泣いてたからね」
市野成美「泣いてない」

荻野利沙「もう芸能界に帰ってくることは多分ないんですけど、皆さんとの過ごした時間一生忘れません! ありがとうございました」拍手

「(上手側へ)あっ、こっちのが違いわ」客w → 引き返して下手袖へ。一礼し、捌ける。

# 公演終了 (終演後にお見送り)


SKE48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】3月21日(土)17:00~ SKE48 アップカミング公演~冬~

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND