FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年8月号 7月26日発売
AKB48Group新聞 2019年8月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif
AKB48Group新聞 2019年8月号 セブンネットオリジナル生写真セット new2.gif

NMB48高野祐衣が卒業発表

2015年4月15日 NMB48劇場 チームM「RESET」公演

# 一抹礼前に

高野祐衣「ちょっと待ってな・・・(後ろを向き、ステージ奥へ → 少ししてから戻る)」

「その前に私から・・・ご報告があります。ちょっと待ってな。普通に言うつもりやってん。ちょっと待ってくださいね (後ろを向く → 前を向く)」

「私、高野祐衣はNMB48を卒業することを決めました」えー

「すみません、急に発表してしまって。私は17歳の頃にNMBのオーディションを受けて、最初の頃はMCも歌もダンスも苦手で凄くとりえが何もなくて悩んだ時期も凄くあったんですけど、劇場公演でステージに立たせていただいたり、たくさんお仕事をさせていただいて、凄くダメダメだった私も喋ることが凄く大好きになったし、選抜メンバーにも選んでいただけるまで成長して。最近は入ってなかったんですけど。

でも、私は今年で22歳になります。22歳になるんですけど、そうですね、やっぱり将来のことを凄く考えるようになって。でもNMB48の活動をさせていただいているうちに凄く自分の次の目標が決まって。したいことが決まって。私はそれが凄く嬉しくて。私はみんなに早くそれが報告したかったんですけど。喋ることが大好きになって、私はもっともっとバラエティ番組とかに出てみたいなって凄く思うようになって。芸人さんとかにもどんどんつっこんでいけるようなそんなタレントさんになりたいなと思うようになりました。

今の環境でもそれができると思うんですけど、でも、やっぱこの環境だけに甘えてちゃいけなくて、一歩外に踏み出して、今まで経験できなかったこととかも、厳しい世界だとは凄く思うんですけど、一歩外に飛び出して、それを勉強して、自分自身成長しなくちゃいけないな、前に進まなくちゃいけないなって凄く思うようになりました。やっぱりメンバーと離れたり、ファンの皆さんと握手会とか劇場公演で会えなくなったり、今凄く大事な皆さんとかスタッフさんとかと一緒にこれからお仕事とかできないのは凄く寂しいんですけど、でもやっぱりそれにいつまでも甘えてちゃいけないので、凄く厳しい世界だとほんとに思うんですけど、一歩外に出て挑戦してみようかなと思いました。

全然うまく行くとかも自信持って言えないし、不安も大きいし失敗もたくさんすると思うんですけど、でも私は頑張ってみようと思いましたので、皆さん、私は新しくしたいことが凄く決まって嬉しい気持ちなので、皆さん引き続き、もっともっと、じゃー今まで以上に応援していただけたら嬉しいなと思います。。」頑張って!&拍手

「でも、私、今すぐ卒業考えてなくて」
沖田彩華「あやばぁタイプか」
高野祐衣「すぐまぁ、考えてなくて。もうちょっと私はまだまだね、勉強したいこともたくさんあるし、まだまだ一人前じゃないので、そんな長くは居れないけど、もう少し居るので、私頑張りたいと思いますのでこれからも応援よろしくお願いします」拍手

藤江れいな「いやー、ビックリしてますよ、ゆいぽん。ゆいぽん、私ぐらい言っといてよ。ビックリした」
高野祐衣「ビックリさせようと思った」軽くw
藤江れいな「サプライズが置き過ぎてね、今皆さんも凄くビックリされてると思うんですけど、やっぱり幸せのカタチって色んなカタチがあると思うんですよ。私たちアイドルをやってる人からしたら歌って踊ってることが凄く幸せだし、夢を見つけられたっていうのもほんとに凄く幸せなことの1つだと思います。

ゆいぽんもね、こうして自分の新たな道を見つけられたっていうのも凄く素敵だなっていう風にも思いますし、やっぱり卒業した後にゆいぽんがバラエティ番組とかで活躍してくれてるのを見て、きっと私もNMBに入りたいって思ってくれる子がどんどん増えると思うんですよ。

なので、私たちもゆいぽんのことをたくさんたくさん応援したいと思いますし、バラエティにね、喋りが好きということで、別の番組でも共演できる機会がね、あるかもしれないので、その時はゆいぽんからね、たくさん私もNMBになって勉強したことも、勉強させてもらったことたくさんあるんですけど、別の番組で一緒になった時はもっともっとゆいぽん成長もっと凄いキラキラした存在になってると思うので、そういう姿を見るのも今から凄く楽しみです。皆さんも一緒にゆいぽんのことを応援しましょう」

川上礼奈 → 涙
高野祐衣「れなぴょん、ぶっさいく。怒った?ごめんな」
誰か「素うどんになってんで」
高野祐衣「普段ずっとこんなんですからね」

沖田彩華「皆さん泣いてましたけど、ほんとに悲しい別れじゃなくてね」
藤江れいな「前向きな気持ちなので」
高野祐衣「でもまだいるんですよ、私」
沖田彩華「けっこういるよね」
高野祐衣「早く決まった報告もしたかったし、総選挙も出なくて、多分心配させてしまってると思って。握手会とかでもね、凄く言われるんですよ。まだ卒業しないよね?って。
「まだしないよ」って言うのも心苦しかったのもありますし、早く言えて良かったなって」
藤江れいな「さっき言ってたように、あやちゃんみたいに半年以上ずっといるかもしれないし」
高野祐衣「3ヶ月ぐらいやで」
藤江れいな「残りの時間、一緒にチームMの一員として楽しい時間を送りたいと思いますので、引き続き皆さん本当にチームMの応援をよろしくお願いします」

Google+より
金子剛 2015/04/15 21:08

NMB48 チームM 高野祐衣 卒業に関しまして

本日4月15日(水)チームM『RESET』公演にて
チームM 高野祐衣が卒業を発表しました。
以下本人のコメントになります。
「私は、17歳の時にNMB48のオーディションを受けました。
最初の頃の私は、自分から前に出るタイプでもなく、歌もダンスもMCも苦手で
「自分の取り柄ってなんだろう」と悩んだ時期もありました。

NMB48で劇場公演のステージに立ち、沢山の経験をさせて頂いて、喋ることも大好きになりました。
いつも応援してくれるみなさんのおかげで、全然だめだめだった私も、
少しずつですが成長をする事が出来て、目標であった選抜メンバーに入ることも出来ました。

今年で、私は22歳になります。
NMB48の活動を通して新たな目標が見えました。
私は喋ることが大好きで、バラエティ番組に出て活躍をするタレントになりたいと思います。
そして、芸人さんなどにも臆する事なく、どんどんつっこんでいけるような、
一人前のタレントになりたいと思います。
今の環境でも色々な経験をする事が出来ますが、明確な夢が出来た今、
一人のタレントとして成長する為に、NMB48を卒業して新たな環境に身を置きたいと思います。

NMB48の活動では、大好きなメンバーたちと一緒にお仕事をして、大切なファンのみなさんに出会えて…。
この環境から離れてしまう事を考えると、すごく寂しくなるし、とても悩みました。
でも、私自身のためにも、厳しい環境に身を置いて頑張ってみようと思います。

私はまだまだ一人前ではありませんし、沢山失敗するかもしれません。
凄く不安もありますが、自分の可能性を信じて、新たな挑戦をしたいと思います。
こんな私ですが、これからも見守り応援して頂けると嬉しいです。

いつも応援してくださるみなさんや、メンバー、沢山の人には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
有難うございます。NMB48として残された時間を大切に、最後まで頑張りたいと思います。

高野祐衣」


NMB48 2期生として加入し、2期生の中では最年長メンバーとして、引っ張ってくれる存在。
後輩からも頼りにされるお姉さんでした。
MCでの鋭いツッコミ、お客様を巻き込んでのトークも上手く、いつも公演を盛り上げてくれました。

NMB48での経験を活かして、新たな環境で自分の夢を実現してくれることを願います。
今後も温かく見守っていただければ幸いです。
皆様、よろしくお願い致します。


【今後の活動/最終公演について】 
決定次第後日お知らせ致します。
ご理解・ご了承の程よろしくお願い致します。


NMB48 劇場支配人 金子

150415kaneko001.jpg

150415kaneko002.jpg

当記事へのリンク



AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND