FC2ブログ
IZ*ONE 1stアルバム BLOOM*IZ 2月20日発売 new2.gif
AKB48 57thシングル 初回限定盤A / 初回限定盤B / 初回限定盤C | 長久玲奈 1stミニアルバム My Own Way [ミュージックカード]
NMB48 3 LIVE COLLECTION 2019 Blu-ray Disc / DVD | HKT48 8th ANNIVERSARY Blu-ray Disc / DVD

筒井莉子 15歳の生誕祭 (2015/02/25、HKT48ひまわり組)

HKT48劇場 ひまわり組「パジャマドライブ」公演

■出演メンバー
秋吉優花宇井真白上野遥駒田京伽田中菜津美山本茉央岩花詩乃岡田栞奈田中優香渕上舞栗原紗英坂本愛玲菜筒井莉子外薗葉月山内祐奈山下エミリー

【セットリスト&MC】

■前説 1分間フリートーク (筒井莉子)

■開演
◆M00.overture (HKT48 ver.)
◆M01.初日
◆M02.必殺テレポート (じゃんけん勝者:筒井莉子)
◆M03.ご機嫌ななめなマーメード
◆M04.2人乗りの自転車


■MC (自己紹介)

渕上舞「(お題)密かにワクワクしてしまうこと

【1列目 下手側から】
秋吉優花「もうつっつんの生誕祭になりました。博多に咲く優しい花になりたい、みかんが大好きなゆかちゃんこと秋吉優花です (声援) ありがとうんしゅうみかん」

「私が密かにワクワクしていることは、つっつんの優しい歌声です。いつも公演の時に楽しみにしているので、皆さんも是非注目してみてください」

岩花詩乃「みんなのハートのしのっちオン♪ 福岡県出身 中学3年生の14歳、ワンちゃんが大好きなしのこと岩花詩乃です」

「私が密かに楽しみにしていることは、公演あとに飲むヨーグルトを飲むことです。今日も飲む予定です」

渕上舞「今日のお天気は私にお任せ! あなたの心をいつもポカポカ陽気にします♪ 高校3年生のお天気キャスターになりたい、舞ちゃんこと渕上舞です」

「学校で4時間目が終わった後のチャイムを一番楽しみにしてます。学食が凄い楽しみで、私が一番好きな学食は肉うどんと唐揚げのセットなんですけど、それをトレイで持ってってったら他の学年の生徒に二度見されちゃって、「こいつアイドルかよ」と思われてるかもしれないので、卒業までに可愛いオムライスを食べたいと思います」

山内祐奈「中学3年生 15歳の安室奈美恵さんのようなオンリーワンなアーティストになりたい、3期研究生の山内祐奈です」

「私が密かにワクワクしていることは、この「パジャマドライブ」公演の楽曲で名前を叫んだりするところがあるんですけど、それがいつもマネージャーさんから送られてきて、誰々が言うよ、みたいな。その送られてきた時に自分の名前が入ってないかなって密かにワクワクしています」

岡田栞奈「みーんなに幸せを届ける 青い鳥になりたい。どこにおってもあなたのところに飛んでくけん。福岡県出身 17歳、おかぱんこと岡田栞奈です」

「私が密かにワクワクしているのは、実は今インコブームで、私インコ飼って12年目なんですよね。だからインコの香水とかインコアイスって今出てるので、CMのオファー待ってます。(マイクを外し)ハイ、今日は1日よろしくお願いします!」


【2列目 下手側から】
宇井真白「I love、You love、We love つっつん! 福岡県出身 15歳、ましろこと宇井真白です」

「私が密かにワクワクしていることは、つっつんの生誕祭があるかないかと、司会は誰かと、どんなことをやるか凄い楽しみにしてます」

田中優香「優香の香りは武道派の香り。14歳のゆうたんこと田中優香です」

「今日ぴーちゃんと一緒に公演に出たことなんですけど、凄い久々で、楽屋でもジャンプしながらキャーとか言って飛びついたりして凄い喜んでたので、今日はこの公演でたくさんジャンプして頑張りたいと思います」

上野遥「いつでもどこでもみーんなの季節は? (つっつん!) 中学3年生の15歳、はるたんこと上野遥です」

「私が密かにワクワクしていることは、ファンの皆さんから頂けるファンレターと、正規メンバーになるとプレゼントが頂けるんですけど、公演終わりにもし誰かに届いてたら並べられているんですけど、今日も届いてるかなって凄くワクワクしています」

外薗葉月「高校1年生 16歳のソロアーティストになりたい外薗葉月です」

「私がワクワクしていることは、小さい頃からお弁当をお母さんに作ってもらう時はいつもキャラ弁を毎日作ってもらってて、でも最近はお母さんの弁当を食べる機会があんまりないので、次作ってもらう時は何の種類か凄くワクワクします」

駒田京伽「宮崎生まれのトロピカール娘、いろんな味を楽しんで欲しいっちゃわ。宮崎県出身 高校3年生 18歳のマンゴーよりも愛されたいぴーちゃんこと駒田京伽です」

「私が密かにワクワクしていることは、今、冨吉明日香と「宮崎と宮崎」っていうテレビの企画をさせていただいてるんですけど、知ってる方いますか? (はーい) 凄い。けっこう知ってるんですね、嬉しい。スタッフさんにもけっこう視聴率がいいよって言われてて、このままいけば夏に宮崎ロケができるかもしれないと言われたんですよ。けっこう今までの企画ってちょろっと台本があったんですけど、その話を聞いてから冨吉と「考えるか、うちらでネタを」と凄い真剣になってるので、皆さん是非見て、視聴率を上げて、私たち宮崎に行けるように頑張りたいと思います」

坂本愛玲菜「中学2年生 14歳のレディー・ガガさんのような歌手になりたい、3期研究生の坂本愛玲菜です」

「私が密かにワクワクしていることは、梅本泉さんのことなんですけど。梅本さんは3期生のことを名字で、しかも「さん」付けで呼んでるんですよ。「坂本さん」だったり、エミリーだったら「山下さん」、「山内さん」、「栗原さん」とかほんとに名字で呼ばれてるんですよ。でもたった1人だけ葉月が名字で呼ばれてないんですよ。いつも「葉月」って呼ばれて。それを聞いててちょっと距離を感じるというか(w) もうちょっと仲良くなりたいなって思ってます。そして今日はつっつんの生誕祭ということで、今日も1日がんばりっつん!」


【3列目 下手側から】
山本茉央「高校3年生 18歳の山本茉央です」

「紗英と2人で映画に行くことなんですけど、なぜエミリーを誘わないかというと、いつも1人で行くからもういいやってなって」
山下エミリー「違う・・・」
山本茉央「ハイ、エミリーどんまい!」

栗原紗英「高校3年生 18歳の3期研究生、栗原紗英です」

「ほんとは仲いいんです。だから私は3人でイチゴ狩りに行くことなんですけど。来笑さんにこの前誘われて、よし行こうと思ったら先に行っちゃってて、置いてけぼりなので、いつか3人で行きたいなって思います」

山下エミリー「高校1年生 16歳の山下エミリーです (可愛いよ) ありがとうございます」照れる

「私が密かにワクワクしていることは、カレーうどんを作る時に5分待つんですけど、その待ち時間が凄いワクワクしてます」

田中菜津美「福岡県出身 14歳のなつみかんこと田中菜津美です」

「私はですね、公演の今着てる衣装あるんですけど、みんな色が違って、日替わりなんですよね。黄色の日もあれば青の日もあるみたいな感じなんですけど、いっつもその色を楽しみにしてて、全くピンクがまわってこないんですよ、私のとこに」客w
山下エミリー「くるわけない」
田中菜津美「くるわけない? いやいや1回だけあったんですけど、違うって思われたのかその日から全くこなくて、いっつも緑か青しかこないので、いつかピンクがまたまわってくることを願って頑張ります」

筒井莉子「佐賀県出身、武道派アイドルになりたい、中学3年生 15歳の筒井莉子です」拍手&声援

「私が密かにワクワクしていることは、帰ってきたらお姉ちゃんが最近やたらと莉子と一緒に寝たいみたいで、家に帰ってきて今日は1人で寝てるのかな、それとも一緒に寝たいのかなって楽しみにしています」


◆M05.天使のしっぽ (秋吉優花岩花詩乃山内祐奈)
◆M06.パジャマドライブ (田中優香上野遥坂本愛玲菜)
◆M07.純情主義 (外薗葉月宇井真白駒田京伽)
◆M08.てもでもの涙 (山下エミリー渕上舞)
◆M09.鏡の中のジャンヌ・ダルク (岡田栞奈栗原紗英田中菜津美山本茉央筒井莉子) ※ピンクペンライト


■MC
栗原紗英山本茉央岡田栞奈田中菜津美筒井莉子

筒井莉子「皆さんがピンクのペンライトを出してくれた時にビックリして、めっちゃニヤけてしまったんですよ」

田中菜津美「(お題)つっつんについて

栗原紗英「私は同期で、オーディションの時からずっと一緒なんですけど。オーディションの時はあんま印象になくて」
田中菜津美「ただでさえ少ないのにね、3期生」
栗原紗英「あんま人のこと覚えてなくて。お披露目前のレッスンの時って基礎の練習を一杯するので、腹筋とか背筋とか一杯するんですけど、みんなが倒れていく中、莉子は腹筋も、武道派アイドルだからめっちゃバリバリやってるんですよ」
田中菜津美「筋トレできるの?」
筒井莉子「できます」
田中菜津美「凄いね」
栗原紗英「だから見習ってました」
田中菜津美「じゃーこの子には負けちゃうみたいな感じ?」
栗原紗英「そう、私すぐ「あ~」って落ちちゃうんですよ」
筒井莉子「紗英が一番体力なかったんで」
栗原紗英「体力なくて。だから莉子をずっと見てました」
田中菜津美「キープっていう腕立てのこっちバージョンでずっと2分ぐらい歌いながらやらせられるんですよね、あれを。でも私たちとか30秒で倒れちゃうんですけど、すげームキムキのやつは、バスケとかしてた人はずっとこうやってできてる」
岡田栞奈「腹筋割れてるの?」
筒井莉子「割れてないです」
田中菜津美「そこ興味ある?」客w
筒井莉子「でも今は割れてないけど、剣道をしてる時は少しありました」
田中菜津美秋元才加さん以来のムキムキ系アイドル」

山本茉央「初めて会った時、レッスン靴を履き替えるみたいな、家まで。それで慌ててたことと、エミリーとよくケンカしてるイメージが強い」
田中菜津美「今日もしてた」
山本茉央「だけど仲がいいんですよ」
筒井莉子「毎日ケンカしてますよ」
栗原紗英「似てるからぶつかるんですけど、お互い似てることを認めないからまたケンカになるんですよ」
山本茉央「でもけっこう一緒にいるんですよ」
田中菜津美「しょうもなくない?なんだっけ?今日。つっつんのことをエミリーがカブトムシって呼んでて」
筒井莉子「もともと紗英が悪いんです。紗英が莉子のことを「カブトムシ、あっ、間違えた、トンボ」とか言ってきて」
田中菜津美「人間からかけ離れすぎてるけど大丈夫?」
山本茉央「顔が小さすぎてね」
栗原紗英「目が大きくて、カブトムシって言ったらエミリーがずっと言ってて。そういうくだらないことでーす」
筒井莉子「いつもくだらないもんね、ケンカ」

岡田栞奈「私も佐賀と宮崎のハーフなんで」
田中菜津美「ハーフじゃないわ、純ジャパンじゃないか」
岡田栞奈「ハーフなんで、佐賀の気持ちっていうか、ちょっと通じ合うものがあるんです」
田中菜津美「佐賀あるあるみたいな?」
岡田栞奈「でもなんか、その佐賀にいる割りにはあんまりここで佐賀弁みたいな出ないなって」
田中菜津美「がばいみたいな」
筒井莉子「がばいって使うとかみんな言ってるんですけど、最近はけっこう略して「がば」とか「がい」って言うんですよ」
田中菜津美「あーなるほどね。だからこっちで言ったら「なんとかばい」とかは昔の人しか使わないってこと」
筒井莉子「がばいって使ったらちょっと古いかな~みたいな」
田中菜津美「なるほどね。がばいって使うのはもうがばいばあちゃんぐらいしかいないってことだね。「がば」とか言うんだ。凄いね」
筒井莉子「がばとかがいとか」

田中菜津美「ありますか?アピールしたいこと。別に?」
岡田栞奈 → 筒井に耳打ち
筒井莉子「えーと、みんなのことが好いとうよ」拍手
岡田栞奈「可愛い」
田中菜津美「佐賀弁」
筒井莉子「博多弁混じっちゃった」
田中菜津美「佐賀弁で、萌えセリフ言ってくれたということで、最後まで皆さんもつっつんにメロメロになって帰っていただきたいと思います」


◆M10.Two years later
◆M11.命の使い道
セリフ:駒田京伽「おじさん、死にたいと思ったことある?」
◆M12.キスして損しちゃった
坂本愛玲菜「筒井くん!」「筒井!」


■MC
外薗葉月田中優香田中菜津美秋吉優花坂本愛玲菜岩花詩乃山下エミリー筒井莉子山本茉央

田中菜津美「(お題)今言いたいこと

田中優香「田中さん。もっとお話したいなと思って」
田中菜津美「うそ? 十分絡んできてるけどね」
外薗葉月「葉月も話したい」
田中菜津美「私けっこうフレンドリーじゃない?ここまで」
田中優香「フレンドリーだけど、フレンドリーじゃないみたい」
田中菜津美「(真似て)フレンドリーじゃないみたい」客w
岩花詩乃「意味わかんない」
田中菜津美「ゆうたんとお話すると事故りそうだから怖いの」
田中優香「私と、私の真似をしてくださるじゃないですか。凄い似てないなと思って」
田中菜津美「今のけっこう似てましたよね? (真似て)フレンドリーじゃないみたい」客w
田中優香「そんな雑な喋り方してない」
田中菜津美「けっこうそうですよ」

外薗葉月「つっつんなんですけど。今日最初に1分間トークというので、なんかちょっと聞こえてきたのがヤンキーっていうなんか。どこを見てそう思ったの?」
筒井莉子「最初のオーディションの時とかにめっちゃ髪の毛の色が茶髪で」
外薗葉月「茶髪じゃないよ」
筒井莉子「こんな、(髪を)上げて。服装もヤンキーっていうか、何だろう、あれ」
外薗葉月「もうやめますやめます。自分にダメなような気がする」
筒井莉子「でも正直言って、葉月らしくていいと思う」
外薗葉月「フォロー?」
田中菜津美「珍しかったよね。そういう子が受かってきて、初めてプロフィール見て」
外薗葉月「よく言われます、珍しいねって。そんな子が受かるんだ、みたいな」
田中菜津美「けっこうビジュアルはもともと可愛かったけど、けっこうベテラン感が凄すぎて、おはようございますっていっつも言いましたもん」
外薗葉月「ありがとうございます」
田中菜津美「いえいえ」

秋吉優花「私は後輩の3期生のみんなに優花ちゃんって呼んで欲しくて」
田中菜津美「今は?」
秋吉優花「今は秋吉さんとかで。中学校でも、もう3学期なのに「秋吉さん」としか呼ばれなくて」
坂本愛玲菜「秋吉さんと同い年だからちょっと言い難い」
田中菜津美「何で? 秋吉って呼びなよ」
秋吉優花「ちょっと違う」
田中菜津美「呼べない? 優花ちゃんは」
坂本愛玲菜「呼べないです」
外薗葉月「優花さんからはじめるとかは?」
秋吉優花「私みたいなのに全然気遣わなくていいのに」
田中菜津美「あれだったら「オイ」でいいから。仲良くなりたいね」
坂本愛玲菜「はい」

岩花詩乃「遥に言いたいことがあるんですけど。私いつも遥のこと「はるか」って呼んでるんですけど、「はるたん」って呼んだら凄いキモがられるんですよ。ニックネームじゃないですか、はるたんっていうのは。でも私が呼んだら「キモイ」とか言われて。私が可愛いなと思って、「今日可愛いね」って言ったら「キモイ」とか言って。凄い私、キモイって言われるんですよ、遥から」
田中菜津美「ツンデレなのかな」
岩花詩乃「私そういう「可愛い」とか言う仲じゃないんですよ」
田中菜津美「なるほどね、仲が良すぎて」
岩花詩乃「そうなんですよ。逆に私も「しのたん」とか言われたら「はぁ?」とか言うんですよ」
田中菜津美「逆にそういうパターンなんだね」
岩花詩乃「だからね。仲良しなんですけどね」
坂本愛玲菜「つっつんもたまに人のことを「オイ荒巻、オイ坂本」とか言うよね」
田中菜津美「でもみんなのカブトムシのほうがひどいかもしれない」客w
筒井莉子「名字で言われるのマシじゃん。虫だよ、虫。カブトムシだよ」
山本茉央「カブトムシ馬鹿にしちゃいけんよ」客w
筒井莉子「してないしてない」
メンバーたち「真面目」
田中菜津美「茉央ちゃん、あなたほんと天才ね」

田中菜津美「茉央ちゃんありますか?」
山本茉央「ないです」
田中菜津美「言いたいこと」
山本茉央「でも一度だけなつみかんさんとお風呂に入ってみたいんですよ。ずっと前に約束してるけどなかなか入ってくれなくて」
岩花詩乃「なんか嫌だ」
坂本愛玲菜「楽屋でいつもそういう」
田中菜津美「そう、ウェイウェイしてる」
坂本愛玲菜「そう、してるから、あんまりギャップないのかなと思います」
田中菜津美「ギャップ?」
坂本愛玲菜「見た時の」
秋吉優花「別に見たまんまです」菜津美の胸を触る(w)
田中菜津美「見たまんまですけど、ギャップがなくていいなら別に入りましょう、今度」


◆M13.僕の桜


# 曲終了後、メンバーたち「ありがとうございました」手を振りながら捌ける


■アンコール
有志の方「本日は2月22日に15歳の誕生日を迎えた筒井莉子ちゃんの生誕祭です」客「イェー!」

「佐賀県出身、武道派アイドルという旗印のもと、突き進んできた14歳は公演への出演も増え、一歩一歩成長してきました」拍手

「誕生日を迎え、15歳になり、春からは高校生。つっつんは新たな道を歩み始めています」拍手

「夢に向かって全力で走るその姿を皆さん、お見逃しのないようよろしくお願いします」拍手

「これからも筒井莉子はますます驀進(ばくしん)します!」客「イェー!」

「本日のアンコールはつっつんコールでお願いします」


「つっつん」コール


◆M14.よっしゃーHKT!
◆M15.メロンジュース


■MC
駒田京伽今日の公演の感想を聞いていきたいと思います」

上野遥「今日はつっつんの特別な日ということで、明るい曲とか、つっつんなんで、イェー!みたいにしてたんですよ。跳ねすぎて、最初の曲の髪飾りが1個落ちちゃったんですよ。ここら辺に落ちてたんですけど、誰か踏んじゃってコケたらどうしようと思って拾いに行ったら無かったんですよ。だから誰が拾ってくれたのかなって思ったんです」
駒田京伽「ここにいます」
上野遥「ほんとに?」
駒田京伽「拾いました」
上野遥「ありがとう」拍手
駒田京伽「たまたま落ちててね、よる時に(素早く拾う) かっこ良く後ろにパーンって投げたんですよ」
上野遥「私も、誰かありがとうって思ったんですけど、後ろ見たらパネルの前にピンクのリボンがあって」
駒田京伽「ちょっと飛ばしすぎて返ってきちゃって。だから申し訳ないんですが」
上野遥「ありがたかったです」

山内祐奈「今日はつっつんの特別な日ということで、つっつんとたくさん目を合わせようと思ったんですけど、なかなか合わなくて、唯一合ったところがちょうどかっこいい曲で。こんな感じで合ったから凄く恥ずかしかったですw」
駒田京伽「3期生とかはどうですか?つっつんと目合いました?」
山下エミリー「つっつんと目合ったことないもん」
筒井莉子「正直言って、エミリーが一番目合いましたよ」
渕上舞「でもえれたんが楽屋でモニター見ながらジャンヌダルクの時にえれたんがつっつんコールしてたんですよ、1人で」
メンバーたち「可愛い」
坂本愛玲菜「つっつんの歌割じゃないとこもつっつんコールしてました」
駒田京伽「その中で「僕の桜」でボスがゆうたんコールしてましたけど」
田中菜津美「ごめんなさい、個人的な推しが出ちゃった」

岡田栞奈「私、花粉症なんですよ。鼻水とクシャミがヤバくって、さっきの中盤曲の「キスして損しちゃった」の時に・・・(途中何度か息吸いながら、歌う) ずっと鼻水出っ放しだった」
駒田京伽「この時期はほんとにきついと思う。チームHの最終ベルの「マンモス」でいっつも出るんですよ。たぶん光ってると思うんで。でもメンバーも一生懸命頑張ってるので鼻水が出てることは多めに見てください」

# 4と8がつく日にアンケート実施中、月替わりで一番リクエストが多かった曲を披露(次曲)


◆M16.ウインクは3回 ※今月のアンケートリクエスト楽曲


筒井莉子 生誕祭

駒田京伽「次が本当に最後の曲になります (えー!) ありがとうございます。次本当に最後の曲になるんですが、今日来てくださった皆さんが明日からも頑張ろうという気持ちになってくださると嬉しいです。それでは聴いてください」
山下エミリー山内祐奈「ちょい待てよ」
宇井真白「溜めすぎ」

山下エミリー「今日は何の日かわかりますか? 何の日かな?(w) 今日は先日2月22日に15歳の誕生日を迎えた筒井莉子ちゃんの生誕祭です」
メンバーたち「イェー」拍手
山下エミリー「それではみんなでおめでとう言いましょう」
メンバー&客「つっつん、お誕生日おめでとう!」

# BGM → 涙サプライズ!

# ケーキ搬入&ロウソク火点け

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア つっつん ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」
筒井莉子 → ロウソク火を吹き消す

山下エミリー「つっつんと言えばやっぱあれですよね? 自己紹介言ってみて」
筒井莉子「佐賀県出身、武道派アイドルになりたい、中学3年生 15歳の」
山下エミリー「ストップストップ。つっつんと言えば佐賀県と武道派アイドルですよね? ということで、今回は佐賀県をどれだけ愛してるかクイズをしたいと思います。正解できなかったらイタ~イ罰ゲームがあるから」

坂本愛玲菜筒井莉子の頭に『佐(ハート)賀』と書かれたハチマキを巻く

山内祐奈「これからつっつんには佐賀を愛しているならわかるであろう問題を5問答えてもらいます。そのうち3問以上答えることができたらクリア3問答えることができなかったらイタ~イ罰ゲームを受けてもらいます」

◆第1問:佐賀県と繋がっている県を全て答えてください

筒井莉子「福岡、長崎、熊本」
山内祐奈「ほんとにそれでいい?」
秋吉優花「沖縄とか繋がってるかもよ」客w

筒井莉子「福岡、長崎、熊本。熊本繋がってますよね?」
山内祐奈「ファイナルつっつん? 答えは福岡県と長崎県でした」 → 不正解


◆第2問:佐賀県の大イベント、たくさんの気球が空を舞うアジア最大級の熱気球大会と言えば何?

筒井莉子「バルーンフェスタ」 → 正解
山内祐奈「正しく言えば、佐賀インターナショナルバルーンフェスタですね」


◆第3問:佐賀県出身の芸能人と言えば江頭2:50さん。では、江頭2:50さんのお父さんの名前は江頭何?

山下エミリー「ヒント、好きな数字は?」
山内祐奈「今日何時にお昼ご飯食べた?」

筒井莉子「江頭・・・わかんない」
山内祐奈「江頭2:45さんです」 → 不正解
筒井莉子「初耳」


◆第4問:佐賀県有明海と言えば干潟を利用した球技ガタリンピックで有名ですが、その有明海に住む非公認ゆるキャラの名前は?

筒井莉子「ガタゴロウ」
山内祐奈「ファイナルつっつん?」
筒井莉子「ファイナルつっつん」
山内祐奈「正解は、有明ガタゴロウでした」 → 不正解 ※罰ゲーム決定


◆第5問:ズバリ佐賀県の人口は約何万人でしょうか?

筒井莉子「社会なんて得意じゃないよ」
山内祐奈「ヒント、福岡県の人口は約500万人です」
筒井莉子「それより少ないってことか。約3千、間違った。350万人・・・300万人。ファンの人の反応が怖いんだけど」
山内祐奈「約85万人でした」 → 不正解
筒井莉子「めっちゃ少ないじゃないですか」
田中菜津美「一生懸命生きてるんだから」


◆罰ゲーム

山下エミリー「武道派だから、気合乗り越えて、罰ゲーム受けてもらいたいと思います。これはドッキリで使用するビリビリペン。わかってもらいながら今からやってもらいたいと思います。だから気合入れて、痛くないような表情しながら」
山内祐奈「じゃーどっちがいい?」
筒井莉子「黒」
山内祐奈「普通にいつものボールペンのように。頑張って」

メンバーたち「3・2・1」
筒井莉子「痛くない。全然痛くない、ほら」
坂本愛玲菜「(ボールペンを受け取り、押す) イタッ!」客w
山内祐奈「痛くない。反応が薄いから、やっぱ反応がでかいエミリーに、1回だけ」
山下エミリー「さっきやったもん。ほんとに痛い」
メンバーたち「3・2・1」
山下エミリー「ヤー!!(飛び跳ねて痛がる)」客w&拍手
筒井莉子「全然痛くないから。はじめは怖いよ、怖くて押したら痛いって思うの。でもあれっ?って思って、拾って、押したら、あれっ?痛くねーじゃん、みたいな」

山下エミリー「佐賀の愛してるってことはあんま伝わってないと思うけど、武道派っていうことは伝わったと思うので、これからもつっつんをよろしくお願いします」拍手


ある方からのお手紙

外薗葉月「莉子へ

15歳のお誕生日おめでとう。

莉子とは3期生オーディションの最終審査の時に仲良くなったね。一緒にダンスの練習したり、莉子が佐賀県の自慢話したり、その時から佐賀県が凄く好きなんだなって今になって思います。

さて、3期生としてデビューして、もう1年と半分ぐらい経つね。研究生公演をしていた頃、やっと出演できるってなったのに出れなくなって、悔しい想いをしたのも知ってる。

あの日の前日に遅くまで2人で一緒に何回も通して練習して頑張ってたから、葉月も凄く悔しかった。

でもそれをバネにして、次の日から頑張って、初日のステージに立てた時、凄く嬉しかったね。

せっかく今研究生として頑張ってるから、色んな公演のポジションを覚えて、チームH、チームKⅣの公演にもアンダーとして一緒に出演できるようになりたいと思ってるよ。莉子はどう思ってるかな。

葉月は研究生公演の莉子の初日を思い出すと、莉子ならもっともっとできるって思う。

葉月もまだまだだから、いつでも一緒に練習するし、行き詰った時は話も聞くし、葉月ももちろん、3期のみんなも絶対同じ気持ちだよ。

最後になったけど、これからもこの劇場公演に出演できること、そして家族やメンバー、スタッフさん、何より莉子のことを応援してくださるファンの方に感謝して、一緒に色んなことを乗り越えていけたらいいなと思います。一緒に頑張ろうね。

莉子にとって笑顔の絶えない1年になりますように。

葉月より」拍手

筒井莉子「ありがとうございます」
山下エミリー「手紙の感想をお願いします」
筒井莉子「葉月は莉子にとって、お姉ちゃんみたいな、ほんとにそういう存在で。莉子はダンスが苦手だから、いつも一緒に付き添って、けっこう家に帰っても連絡とかくれたりして、本当にいつも感謝しています。ありがとう」拍手

山下エミリー「今日は素敵な生誕祭を開いてくれたファンの方にひと言お願いします
筒井莉子「今日は本当に素敵な生誕祭を開いていただき本当にありがとうございます」拍手

「私はほんとにダンスも苦手だし、あんまり公演とかにも他の人より出たりしてないんですけど、握手会とかでファンの方々が何回も来てくれて、「頑張ってね」とかそういうひと言をかけてくださって、本当に嬉しいですし、感謝しています。ありがとうございます」拍手

「今年の目標は、やっぱり昇格することも目標なんですけど、一番はもっともっと前に出て色んな方に知ってもらいたいなって思っています。。。ちょっとごめんなさい」
メンバーたち「大丈夫だよ」「頑張って」
筒井莉子「。。。なんか、けっこう3期生とか先輩方にも色々と助けてもらったりしていて、もうそろそろ自分も成長しなきゃなって思っているので、今年は、自分でも上にどんどん上がっていけるように頑張っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」拍手

山下エミリー「いいですね、生誕祭って」軽くw
外薗葉月「そうだね」
山下エミリー「私ももう1回生誕祭したいなと思ってるんですよ」

最後のもう一度
山内祐奈「つっつん、お誕生日」
メンバー&客「おめでとう!」
筒井莉子「ありがとうございます」


◆M17.白いシャツ


# 手繋ぎ挨拶:筒井莉子「せ~の、せ~の」 / 客「つっつん、お誕生日」 → 「おめでとう!」

「ありがとうございました」 → 手を振りながら捌ける (BGM:Two years later)

筒井莉子「ありがとうございました」

# 公演終了 (終演後、ロビーにてお見送り)


HKT48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】2月25日(水) ひまわり組「パジャマドライブ」公演

公演後の感想 → 栗原紗英山下エミリー筒井莉子外薗葉月山下エミリー坂本愛玲菜 ※オール3期生

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

遠征の交通手段、宿確保に…



dTVチャンネル