FC2ブログ

チーム8全国ツアー 旭川コンサート【率直な感想】

TOYOTA presents AKB48チーム8 全国ツアー ~47の素敵な街へ~

開催日時:2015年3月1日(日) 開場16:00/開演17:00
会場:北海道旭川市 旭川市民文化会館

【感想】 ※基本、敬称略

開演前の影アナを地元・坂口渚沙が担当。その渚沙さんへの声援が凄かった。

地元というのもあると思うが、今ツアー見た中では一番の大きさだった。地元人気は絶大なんだろうなと感じるほどだった。


overture後、地元の渚沙さんが登場すると思っていたら愛媛の高岡薫が登場し、バイオリン演奏。
あれっ?と思っていたらセンター奥の扉が開閉し、その中から渚沙さんが登場。薄暗い中、歩を進める渚沙さんの姿からは風格を感じた。とても絵になるシーンだった。

そして、バイオリンをバックに「渚のバルコニー」を独唱。何の曲か気づくのにしばし時間がかかった。

いい感じに聴き入っていたら、歌ったのはサビのみで割と早目に終わってしまい、今度は「Ladies and Gentlemen・・・」とK-1風な女性アナウンスが流れ出し、一体何が起こるんだと思っていたら「RESET」のイントロが流れはじめ、3人がオープニングのダンスを披露。そして全員登場し、本格的に1曲目がスタート。正直、展開が速くてついていけない部分もあった。

overture後から「RESET」が始まり全員が登場するまで時間は短かったけど、先が全く読めない展開の連続で、ギュッと濃縮されたようなとても濃い時間だった。1曲目が「RESET」というのも全くの予想外だった。

その後も「ツンデレ!」中に、1人ずつツンデレセリフがあったり、定番のバズーカがあったりと、コンサートでしかできないような色んな演出が織り交ぜられながら進んでいった。ほんとによく考えられたステージだなと感じさせられた。チーム8の全国ツアーが楽しいのはメンバーの頑張りだけではなく、こういった演出による点も大きいなと感じさせられた。


初日のステージでは涙するメンバーもいたが、今日は1曲目からリラックスした感じの表情で、のびのび楽しそうに踊っているメンバーが多かった。しかし、地元の渚沙さんだけは、気のせいかもしれないが、序盤はちょっと潤んでるようにも見えた。

渚沙さんを見たのは初日以来だった。新しい曲も何曲かあったけど、初日からやっている曲はだいぶ自分のものになってきた感じ。まずまず良かったと思うけど、でも劇場公演の渚沙さんを見る限り、まだまだこんなものではないと思う。これからの渚沙さんもとても楽しみである。

青森の横山結衣は早々にバテてるように見えた。知り合いの方が言うのは、体力がないのではないかと。いつもよりちょっと振りは小さめだったけど、いつもの力みがなく、肩の力が抜けた感じで逆に良く見えた。

「ヘビーローテーション」では、途中センターで歌った中野郁海が、自分のパートを歌い終えた後、少しスタンドマイクを下げてからポジションへ移動。それを見た時「ん?」と思ったが、その後、そのマイクに背の低い渚沙さんがやってきたのを見て、納得。中野さんのちょっとした優しさが妙に心に残った。


全国ツアーはユニットが毎回違うという点も楽しみの1つ。
「アイドルなんて呼ばないで」はメンバーに合わせて作ったのかわからないが、オリジナルと衣装がちょっと違っていた。

「Blue rose」は、かっこ良く一生懸命に踊っていたメンバーたちには失礼かもしれないが、こんなに心が和む「Blue rose」は初めてだと思った。


自己紹介MCは、前回の鳥取からひと言シリーズに。それまでのツアーでは定型句っぽく終わっていたので、この変更はとても良いと思う。

その後のMCは、玉入れゲームやアンコールのMCが妙に長く、曲中の熱が冷めてしまった。もうちょい短めのほうが良かったかなと思う。公演時間が長かったのは、そういったMCが長かったからだと思う。

今回、私が居た席にはサインボールは全く飛んでこなかった。これまではゲットできたり、近くに何個も飛んできたが、掠りもしなかったのは今回が初めてだった。玉入れゲームの方式が変わり、特定の場所に設置されたカゴにめがけて投げるようになった影響が大きいと思う。サインボールはあくまでおまけだけど、席による運、不運が大きくなったように感じた。

そういや何人かのメンバーが、最前で連番していた女の子たちにサインボールやら色紙を直接手渡ししていた。手渡す時のメンバーたちの表情は、なんだか妙に嬉しそうだった。その光景を見て、なんだかほっこりした。


チーム8のメンバーたちは大きな箱でコンサートするにはまだまだ足りない点は多いけど、とにかく楽しいので、そういった点は全然気にならない。

可愛くてフレッシュなだけではなく、ステージを重ねる度に成長を感じるし、渚沙さんをはじめ、この中からスターが生まれる予感がするので、楽しいだけではなくワクワクした気分にもさせてくれる。

旭川へ行く前は、1公演だしどうしようかなと迷った部分もあったけど、本当に行って良かったと思えるほど大満足なコンサートだった。

以上