FC2ブログ

松村香織 17歳(9回目)の生誕祭 (2015/01/27、SKE48研究生)

SKE48劇場 研究生「SKE48 アップカミング公演~冬~」

■出演メンバー
青木詩織井田玲音名荻野利沙鎌田菜月佐々木柚香竹内彩姫松村香織山田樹奈

サポートメンバー → 後藤理沙子日高優月石田安奈荒井優希

■開演
◆M00.overture (SKE48 ver.)
◆M01.Escape
◆M02.声がかすれるくらい
◆M03.オキドキ
◆M04.Dear my teacher


■MC (自己紹介)

竹内彩姫「あの、「マツムラブ!」が1曲目じゃなくなりました(w) そして「Escape」に変更になっちゃいました」

「今日のお題は香織さんについてです」

【1列目 上手側から順に】
鎌田菜月「あっち こっち どっち なっきぃ! 方向音痴でも想いはまっすぐ。なっきぃこと鎌田菜月です」

「香織さんと言えば、ちょっと髪の毛事情が話題なんですけど、この前のアップカミング公演の際にコメントのほうでぐぐたすに頂いたものなんですけど、「なっきー最近さ、かおたんよりぶっちゃけ前髪ヤバイよね」って言われて。どうも後半曲あたりがバーコード通り越してなかったらしくて。いかんところで香織さんをリスペクトしちゃったなと反省しつつ、今日はメイクさんにお願いして一杯固めてもらったので、体力も前髪も最後までMAXでいこうと思いますので応援よろしくお願いします」

山田樹奈「ちっちゃい樹奈はどーこだ? (見っけた) じゅなっここと16歳の山田樹奈です」

「私と言えば、香織さんの弟子ってなってるじゃないですか。でも最近ちょっと悲しいことがあって。香織さんが「撮って」ってカメラ持って言ってたから「私かな」と思って振り向いたらさきぽんに頼んだんですよ(反応) これは弟子からついに外されたと思って」
松村香織「そんなことないよ、たまたま」
山田樹奈「だから今日は香織さんにも香織さんのファンの方にも、皆さんにも認めてもらえるように全力でいくのでよろしくお願いします」

竹内彩姫「あなたを彩るお姫様♪ 目指すはSKEのスイッチヒッター、15歳のさきぽんこと竹内彩姫です」

「私、Google+のほうで、私は香織さんにあるプレゼントをしますって問題を出したんですよ。何をあげたか今正解発表しちゃいますね。私は香織さんに、シフォンケーキを作ってきました(拍手) でも、私、砂糖もバターも油も全然使わずに作ったんですよ。しかも、香織さんは全然食べてないんですよ (えー) ダイエットしてるってことで。ちょっと食べてくれただけでも嬉しいんですけど。香織さんダイエットすっごい頑張ってて。ファンの方ダイエット頑張ってないって言うかもしれないんですけど(w) すっごい頑張って、いっつもワカメ持ち歩いてるんで(w) 絶対私はダイエット成功すると思います」

青木詩織「あなたの推しに? (おしりん!) 静岡県からやってきたお魚ガール、おしりんこと青木詩織です」

「私はですね、香織さんの仕事に対する姿勢がリスペクトしてて、けっこう。他の人とは違うことをやるっていうのは凄いリスペクトするところなんですけど。そしたら最近「おしりんはかおたんの後継者なの?」みたいに言われてきて。それはヤだなと思って」客w
松村香織「なんでよー」
青木詩織「やっぱずっと研究生はさすがに嫌だし、ブスとか言われるのけっこう傷つくし」客w
松村香織「おい」
青木詩織「それは嫌だなと思うんですけど、もうすぐ7期生とかドラフト生も第2回決まったので、これからもしかしたら禿げるかもしれないんで、それを少しでも食い止めるために支えていけたらいいなと思います」


【2列目 上手側から順に】
後藤理沙子「みんな~ しりとりの時間だよ。最初はしりとりのから。せーの、りさこ ゴリラ らりるれり~ん。高校2年生、17歳の後藤理沙子です」

「かおたんとは同期なんですけれども、最近ずっと一緒に公演に出ることがなくて、是非チームSの公演に出て欲しいとずっと言ってたんですよ。かおたんはいっつも「出たいよ~」って言っときながら外仕事ばっかりしてるんですよ(w) それがちょっと許せなくてですね、今日はこうやって一緒に出れたのが凄い嬉しいので、今日はかおたん愛を全開にしていきたいと思います」

松村香織「今日もあなたに!(わ~) あなたに! (わ~) 萌えをデリバリー 萌え萌えきゅーん。かおたんこと終身名誉研究生の松村香織です」声援&拍手

「ありがとうございます、ありがとう、ありがとうございます・・・。もう何度目の17かなんですけれども(w) こうやってね、また生誕祭を開いていただけるということで、今日はですね、「マツムラブ!」から始まらず「Escape」か始まるという。皆さんは意外でしたか? (意外) 期待を裏切ることができたということで、これから後のユニット曲や中盤の曲、アンコールなど、色々ね、多分皆さんが思ってないようなことが次々起こると思うと思いますので、しっかり研究生MIXのメモだけは用意しといてくださいね」

佐々木柚香「横浜代表。ふわふわ天使の笑顔を届ける、ゆっぴーこと佐々木柚香です」

「私は初めて香織さんの声を聞いた時の話なんですけど。私が6期生で入ったばかりの頃にレッスン場のドアを開けようとしたんですよ。そしたらドアの向こうから香織さんの声が聞こえたんですけど、私はもっと香織さんの声はすっごい高い声どうやって、よく色んな所で高いじゃないですか、香織さんの声は。だからそれがほんとの声だと思って(w) ドアを開けようとしたらすっごい低い声が聞こえて、えっ?これってもしかして松村さんかなと思って、みんなで「えっ?松村さんってこんなに怖い先輩なんだね、ちゃんとしなくちゃ」って言ってたんですけど、でも今となってはこれが普通の声なので」
松村香織「そう、表と裏があるからね」
佐々木柚香「メイドさんの声が凄い高いんですけど。での香織さんとはもう仲が良いと思うので・・・」

日高優月「名古屋名物 せーの、手羽先・きしめん・ひつまぶし・味噌煮込みうどん、あと? (ゆづき!) いつでもなんでも全力な16歳のチームKII、日高優月です」

「何度目の歌髪型アップカミングかということなんですけど」
松村香織「ほんとだよね。ほぼフルだよね」
日高優月「私の香織さんの勝手なイメージなんですけど、去年の生誕祭の時に、SKEってケーキがあったじゃないですか。それが、香織さんケーキじゃなくてお寿司だったんですよね」
松村香織「そう、最後ってわかってたから、そういうことしてくれてたらしい」
日高優月「私の中では最後のケーキがお寿司だったんですよ。だから、お寿司で終わったなーみたいな。いや、美味しかったんですよ、凄く。香織さんがいないうちにけっこう食べてたんですけど。香織さんお寿司のイメージしかないので、今度一緒にお寿司行きましょう」
松村香織「ご馳走するね」
日高優月「ほんとですか?」
松村香織「ちょっと豊かになったから」おー&拍手
後藤理沙子「さすが女優だわ、さすがマジすか女優」


【3列目 上手側から順に】
荻野利沙「帰ってきました!(声援) 男は度胸 女は愛嬌 荻野は? (最強!) 骨折から無事復帰しました、おぎりーこと荻野利沙です」

「香織さんって最近デジタルカメラ買ったんですよ。凄くて、それが・・・(説明) 私、誕生日なんですけど、明日。香織さん!デジタルカメラください」

石田安奈「今日も小悪魔なプレゼントをお届けしてもいいですか~? (いいです いいです いいですよ) あんにゃこと石田安奈、18歳です」

「私、前回のアンフィシアターでの研究生公演に出させていただいて、今回2回目なんですけど、私何で今回呼ばれたんだろうと思って。でも今回出れる、嬉しいと思ったんですけど、よく考えたら、1曲目に「Escape」だと思って。あれっ?「Escape」かおたん餌付いてる?と思ったんですよ」客w

「わかった。私がかおたん餌付いてるの直さなきゃいけないんだと思って。もうこれは餌付いてるの直しましたよ。どうですか?直ってました?(拍手) 良かったです」

井田玲音名「私の笑顔とこの大きな手で みなさんのハートを鷲づかみ (掴まれました!) 掴んじゃいました。今日も元気いっぱいな高校1年生 16歳の井田玲音名です」

「私は去年香織さんにお誕生日を渡したんですけど、スマートフォンをタッチできる手袋を100円ショップで買ってきたらしくて、香織さんが。でもそれじゃーあれだから、高級なやつを買いに行こうと思って、高級なやつをあげたんですよ。その時は「わー嬉しい」って言ってたのに、この間見たら、また100円ショップ?みたいな手袋してたんですよ(w) 私のあげた手袋どこ行ったんだろうみたいな。だから今年から香織さんにプレゼントを送るのはやめたいと思います」

荒井優希「マカロン・アルパカむっちゃ好き~。京都府出身 16歳の荒井優希です」

「今となっては香織さんはふわふわしてて可愛いなって思うんですけど、はじめの頃はほんとに最初に恐怖を覚えた先輩が香織さんなんですけど(w) ここに入って1年間は髪型変えちゃいけないよって教えてもらったんですよ。それで私、2月1日のお披露目からずっと自分の意思でポニーテールを続けてるんですよ。そしたら色んな人に「ポニーテールで覚えたよ」とか言ってもらえるので、ほんとに香織さんの言うこと守って良かったなと思ってます」

井田玲音名「アップカミング公演も季節の移り変わりと共に変わっていきます」


◆M05.嘆きのフィギュア (鎌田菜月山田樹奈竹内彩姫青木詩織・)
◆M06.君のc/w (後藤理沙子松村香織佐々木柚香)
◆M07.黒い天使 (・井田玲音名荻野利沙)
◆M08.パジャマドライブ (山田樹奈竹内彩姫日高優月)
◆M09.スカート、ひらり (井田玲音名石田安奈佐々木柚香青木詩織松村香織荻野利沙荒井優希)


■アップカミングチャレンジ~先輩からの指令をクリアせよ~ (VTR)

# 東海ラジオのみつ吉氏が登場 → 詳細はステージにて

# 上映後、メンバー登場

「みつ吉」コール → みつ吉登場 ※会社員ということで、顔が見えないように被り物を被って登場

メンバーたち「取っちゃえ」
松村香織 → みつ吉氏の被り物を取り、素顔公開

みつ吉「1+1は3じゃないよ!で今からゲームをやって、近日中に生放送に出演するメンバーをここで決定しちゃおうかな」
メンバーたち「イェー」拍手
後藤理沙子「仕事が欲しい」客w

『東海ラジオ2じゃないよ、3じゃないよが乱入しちゃうぜ、みんなバッキバキに盛り上がってナイスバッティングな夜にしようぜ大作戦』

番組向上委員会会長:後藤理沙子

「最近選抜メンバーが東京に染まりすぎてて。でもアップカミングに出てるみんなは名古屋に染まってるから、まだ。出よう、このチャンスを機会に」

みつ吉「東海ラジオ好きですか?皆さん」
メンバーたち「大好き!」
松村香織「CBCより好きだよ」反応
メンバーたち「ダメでしょ」

『東海ラジオ「SKE481+1は2じゃないよ!」のバトルケーキでナイスバッティングな夜にしようぜ、3じゃないよの生放送に出演できるのはどのチームじゃ』


◆セールストークバトル(即興セールストークを鍛える)

チームA:青木詩織井田玲音名鎌田菜月
チームB:佐々木柚香竹内彩姫山田樹奈

松村香織「チームBブスだ」
竹内彩姫「ビューティフルのBだよ」

チームC:荻野利沙松村香織日高優月
チームD:荒井優希石田安奈後藤理沙子


◆チームA:青いタオル
青木詩織「今日は新商品の発表に来ていただきありがとうございます。この商品なんですけど、いいところをお願いします」
鎌田菜月「やっぱりこの色ですかね。研究生のサイリウムって青って言われてるじゃないですか (おー) この色は皆さん何色ですか? (青) そうですよ、やっぱりこれ選ばなきゃね」
青木詩織「これはどんな時に使いますか?」
井田玲音名「これはね、公演で汗(かいた時に)拭けますよね」
青木詩織「あっ、凄い! 吸収性がいいですね。すげー吸い取る」
鎌田菜月「しかも今ならおしりんの汗ついてるから」
青木詩織「皆さん、買ってください」

◆チームB:ペンライト2本
佐々木柚香「これはやっぱり、箸になる(w) パパ、箸になるから買って、これ」
竹内彩姫「お兄ちゃん、これで一緒に公演行かない♪」ひゅ~
他メン「ズルイ」
山田樹奈「お姉ちゃん、私公演頑張るから、これ公演に持ってきて振ってくれない?」
他メン「ズルイ」
竹内彩姫「この公演の優しいパパ、お兄ちゃん、お姉ちゃんなら買ってくれますよね?」
客「ハーイ!」
3人で「皆さん、買ってくださいね」

松村香織「いいとこ1つも言ってないからね」
竹内彩姫「私たちは出たいからあざとくいかないと勝ち残れないんです」拍手

◆チームC:鉛筆2本
日高優月「これは鉛筆なんですけども、2B、子供が一番喜ぶ濃さですね。皆さん、子供ができた時にはこれを持たせると人生勝ち組です」
松村香織「これですね、やっぱ新年会シーズンとかあると思うんですけど、これをですね、こうやって入れて(左右の鼻の穴に1本ずつ入れる)」客w → 拍手

「こうやってやればすぐ誰でも笑えますからね。そういうのでもすぐ使える」
荻野利沙「持てないよー。はい、いくよ。(ラップ調)はい、買うなら今しかねー、鉛筆、買うなら今しかねー、鉛筆。はい、これ洗脳したよ」

後藤理沙子「向上委員会から言わせてもらうと、みんなラジオってこと忘れてない? これとかでは伝わらないんですよ」
みつ吉「これ後日放送されますからね」
後藤理沙子「モノを伝えないといけない。そういうところを私達は先輩らしくいきましょう」
石田安奈「経験してるので」

◆チームD:ニット帽(耳つき)

石田安奈「これはですね、冬に使えるニット帽ということで。今流行の猫ちゃんタイプですね」
後藤理沙子「猫ちゃんタイプです。ダサイ」
石田安奈「ダサイとか言わない(w) 今はダサかわが流行る。これ被って公演に来たら、もうみんな見てくれる」
荒井優希「うさぎにも見えるからうさぎごっこもできる」
石田安奈「どうですか?どうですか? ダサかわですか?」
後藤理沙子「ダサ可愛い。やっぱ、なんかね・・・w(w) でもこれね、オキドキで木本花音ちゃんが似たようなやつ被ってた。花音とお揃いだよ」

石田安奈「(終了後)なんでダサイって言うの!」

◆客の拍手の結果 → チームBが勝利 (佐々木柚香竹内彩姫山田樹奈)

※ちなみにチームDは拍手パラパラ

石田安奈「皆さん釣られ過ぎですよ」
松村香織「お兄ちゃんって言えばいいのかよ」客w

みつ吉「どうでしたか?みつ吉の人生初のMCは」
松村香織「ナガオカさんより全然上手いから大丈夫(拍手) 上手い上手い、素人なのに」

みつ吉「それではいつものやついきましょうかね。SKE48+東海ラジオは?」
メンバーたち「日本の元気!」

# みつ吉氏、退場

松村香織「ほんと盛り上がったね。ナガオカ×スクランブル何だったんだろうって感じ」客w
メンバーたち「ちょっと」

松村香織「研究生MIXどこで打つんだろうと思ってませんか? この次の曲で私が合図を出して「よっしゃいくぞ」と言ったら続いて言ってくださいね。メモ準備」


◆M10.Only today ※イントロにて研究生MIX発動
◆M11.片想いFinally
◆M12.バイクとサイドカー


■アンコール
有志の方(女性)「本日は1月17日に9回目の17歳を迎えた(w) かおたんこと松村香織さんの生誕祭です」客「イェー!」

「4月からSKE最年長になってしまうかおたん。30歳までに子供が欲しいと申しております。もし妊娠出産しても、引き続きSKEでクビになるまで頑張って欲しいと思います」客「イェー!」

「かおたんの炎上の歴史を語ると長くなりますので、続きはWebで、「かおたん 炎上」と入力(してみてください)」客w

「それでは本日のアンコールはかおたんコールでお願いします」


「かおたん」コール


◆EN01.強がり時計
◆EN02.チョコの奴隷


松村香織 生誕祭

荻野利沙「(噛む) 今日はここで1月17日に誕生日を迎えた松村香織さんの生誕祭を行いたいと思います! ごめんなさいね、噛んじゃったわ」

「香織さん! せ~の」
みんなで「お誕生日おめでとう!」

◆EN03.涙サプライズ

# サビ「お誕生日おめでとう!」ケーキ、花束&松村の頭にウェディングヘッドドレス


みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア かおたん ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」
松村香織 → ケーキの上をフーっと

荻野利沙「香織さん結婚するの?」客w

ある方からのお手紙 (代読:青木詩織)

青木詩織「かおたん、お誕生日おめでとう。

SKEで迎える6回目の登場かな? 私は正直かおたんがこんなにも長くSKEにいるとは思いませんでした(ざわざわ)

SKEのオーディションなら年齢制限に引っ掛からないからという理由でわざわざ埼玉から名古屋にきたかおたんがオーディションに合格した時、鼻を真っ赤にしながら1人だけ号泣していたあの日が懐かしいです。

まだ受かった段階なのに、この子よく泣くなーって。でもその涙こそがかおたんのこの活動に賭ける想いだったのかなって思う。

どんなにうまくいかないことがあっても、今日まで諦めずにやってこられた原動力の1つになったのかなって。

最初かおたんは疲れやストレスが溜まるとすぐに口に『できもの』ができてしまったりしてたよね。そんな風に決してハートも強いわけではなかったかおたんだけど、今じゃちょっとやそっとじゃ凹まない心の持ち主になったよね。

でも、コンサートのMCとかではいつも自分がうまくできたとは決して甘えることはなく、いつもしっかり反省もして、ほんとに凄いと思う。いつもリードしてくれてありがとう。

メンバーみんな一緒にいればいるほどかおたんのことを大好きになること。それはかおたんが人と接する上でウソがないからだと思います。

なんて表現したらいいのかわからないけど、いつもかおたんの中には人を傷つけない正義がある、そんなイメージ。それがかおたんが愛される理由だと思う。

それから動画を撮ってGoogle+にあげることもそう簡単なことではないよね。よくファンの方も待ってるからって頑張っちゃうことがあるし、そうやって他のメンバーと違う所で神経を削っているかおたんにどれだけの負担やプレッシャーがかかっているんだろうって、私はよく不安になります。たまには相談乗るよ。じゃないとまた禿げちゃうぞ(w)

ここまで諦めないでいてくれて本当にありがとう。だって諦めるのは誰にでもできることで、凄く簡単なことだもん。決してスタートが早くなくたって諦めないこと。いつも自分にできることは何か考え続けることで、かおたんみたいに自分のチャンスがめぐってきた時に動ける人になれるんだっていうことをこれからも示していってね。

たまには時間が出来たら一緒に女の子らしいことや人間らしいこと、一緒にしようね(ざわw)」
松村香織「人間だよ」
青木詩織「そして、次の選抜総選挙では一緒にAKB選抜も入ろう (おー) できたらSKE選抜にも入ろうね(笑)

SKEに、それから私にはつーまーが必要です。一緒に不可能を可能にしていこう。

それではまた長いって言われちゃうといけないので(w) この辺で失礼するね。

生誕委員の皆さん、私にお手紙を書かせてくださってありがとうございました。つーまーの相方のだーすーこと須田亜香里より」拍手
松村香織「ありがとう。だーすー。ありがとうございます。でも十分長かったよ」客w

荻野利沙「それでは日頃お世話になってるファンの皆さんにメッセージをお願いします」
松村香織「そうですね、本当にこんな素敵な生誕祭を開いてくださって皆さんありがとうございます」拍手

「はい、そうですね、でも色んな1年だったんですけど、舞台とか今マジすかだったりやらせていただいて。でもやっぱり何よりもこの今のアップカミング公演をやることができたのがとってもとっても私はこの1年の中で大きかった出来事だったと思います」拍手

「MCのところでもやっぱりこう、CBCさんだったり、今日みたいに東海ラジオさんだったりお仕事につながるMC企画をやらせていただいたりとか、あとは舞浜のアンフィシアターではお客さんを巻き込むMCの企画をやったり、普通の公演じゃできないことをアップカミングではやっています。

でもやっぱり何には研究生なのに何で普通のセットリストじゃなくてこういう特別なのをやってるんだろうって思う方もたくさんいらっしゃると思うんですけども、こうやってメンバーがそれぞれいて、人数も少ないんですけど、SKEにはたくさんサポートしてくださる、そして引っ張ってくださる先輩たちがいて、正規メンバーがいて、この公演が成り立っていると思います。

7期生が春から来るのかな? わかんないんですけど、きっと春ぐらいには来るでしょう。そしたらまたこの形なのか違う形なのか研究生公演に戻るのかわからないんですけど、またこうやってステージに私は立っていたいと思います。

そして、だーすーも言ってたんですけど、選抜総選挙は今回17位というほんとに素晴らしい順位を頂いて、本当に本当にありがとうございます」拍手

「正直16位を狙っていたので悔しい想いはあったんですけども、でも17位でとっても素晴らしい経験も一杯できたので、もしまた選抜総選挙があるなら私はだーすーと一緒に、そして玲奈さんやね、珠理奈さん、あとは阿弥ちゃん、それ以外も一杯のメンバーと一緒にですね、総選挙でSKE過半数取れたらいいなと (おー!) 思ってますので、私は入るだけじゃなくて、16位以内は相変わらず目指しておりますので、やっぱり選抜から見る景色は私は絶対違うと思うので、今年あったら私は選抜の景色を見たいと自分では思っています。

そしてファンの皆さん、これからも私への応援をよろしくお願いします。そして研究生のことも、頼みますよ、ほんとに(w)

ほんとに、ねぇ、やっぱどうだろうね、7期もそうだし、先輩なんなきゃいけないんだけどやっぱドラフト会議とかあって、とっても不安な部分が私達実際ありますし、説明ではチームの研究生表記にはなってるんですけども、また組閣があってすぐに昇格したりとかあるんじゃないかってちょっと心配な部分もあるんですね(ざわw)

でも、その中でもドラフト生とも協力し合って、もっともっといいSKEにしていきたいと思っていますので、これからも支えてください。よろしくお願いします」拍手

「あと、研究生の皆さん、本当に次こそ来年にはここにいないでください(w) みんな大丈夫ですか? 返事は!?」
メンバーたち「ハイ」
松村香織「大丈夫ですか? いないでね。あっ、卒業でいないでって意味じゃないよ(w) 私の生誕祭何回目?6期生は」
メンバーたち「2回目」
松村香織「もう3回目迎えないでよ、ほんと。お願いだからね。ここで勉強したことは一杯一杯将来役に立つと思うので、まだまだ、昇格してない分は先輩の、私以外の先輩のいいところを盗んでってください。本当に生誕祭を開いてくださった皆さん、ありがとうございました」拍手
メンバーたち「おめでとう」
松村香織「ありがとう。これからも箱で推してくれますか? (イェー!) SKEはまだまだ終わらないよ! (イェー!) ありがとうございます」拍手

荻野利沙「今の研究生の公演とかもあるのも全部香織さんのおかげだと思ってますし、これからは香織さん筆頭にではなく、みんながどんどん追い越していけるように頑張っていきたいと思いますので、皆さん応援よろしくお願いします」拍手

# 最後に「かおたんお誕生日おめでとう!」

石田安奈「かおたんいくつになったの?」
松村香織「何?」
石田安奈「いくつになったの?」
松村香織「えっ?」
石田安奈「いくつになったのかな?」
松村香織「何度目の17か~。内緒だよ」
石田安奈「もうきついは17」
荻野利沙「26?」
松村香織「うるさい。いってない、そこまで。9度目の17」


■MC (感想)
後藤理沙子「今日は念願のアップカミング公演のサポートメンバーに選んでもらったんですけれども、ずっと出たいって言ってたんですけど、いざレッスンが始まってみると凄い研究生の子が、見ない間に凄い成長してて、ダンスも予習してたりとか、夜遅くまで自主練してたりとか、本当に、私なんかが出ていいのかなっていう気になっちゃって。昨日は樹奈ちゃんがチームS公演にサポートで急遽出てくれたりとか」拍手

「それが1時間前とかだったから、それがほんとに正規メンバーがやれって言われてたら多分それはできてないんじゃないかなって思うし、多分今の研究生が多分SKEの中で一番勢いがあるんじゃないかなってレッスンを見て思ったので」拍手

「多分今誰が昇格してもおかしくないと思うので」
松村香織「ありがとう」反応
後藤理沙子「かおたんともやっぱり同じチームになりたいと思ってるし、やっぱり正規メンバーも危機感を持って、これからサポートに入っていくメンバーとこうやって研究生と切磋琢磨して成長していきたいなと思います。今日はありがとうございました」


◆EN04.SKE48


# 手繋ぎ挨拶 → メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:未来とは?)

松村香織「私はまだまだSKEを卒業しません! (イェー!) これからもよろしくお願いします。本当にありがとうございました。バイバーイ、あとでね」

# 公演終了 (終演後にお見送り)


SKE48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】1月27日(火) SKE48 アップカミング公演~冬~

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

dTVチャンネル