FC2ブログ

中西優香 26歳の生誕祭 (2015/01/26、チームS)

SKE48劇場 チームS「制服の芽」公演

■出演メンバー
チームS → 東李苑犬塚あさな大矢真那北川綾巴後藤理沙子佐藤実絵子竹内舞都築里佳中西優香野口由芽二村春香松本慈子宮澤佐江宮前杏実矢方美紀
研究生 → 山田樹奈

【セットリスト&MC】

■開演
◆M00.overture (SKE48 ver.)
◆M01.恋を語る詩人になれなくて
◆M02.合格Kiss
◆M03.アンテナ
◆M04.制服の芽


■MC (自己紹介)

北川綾巴「今日のお題は中西さんについてです」

【1列目 下手側から】
矢方美紀「いくぞー! (おー!) ひー!ふー! みきてぃ!M! 大分県から屋形船でやってきました、チャレンジ精神旺盛なみきてぃこと矢方美紀です」

「にししとは同じチームになってよく買い物に行くんですけど、一緒に服を選んだりするんですよ。前もにししから「みきてぃ、これ私に似合うかな」って言って写メが送られてきて、「似合いますよ!」みたいな、「どれどれを組み合わせたらナイスですよ」みたいな、そういうのを送ったんですけど、そんな風ににししは男子の部分が強いじゃないですか。でも、乙女な部分もたくさんあるんだっていうのを今日の公演を見て皆さんに感じていただきたいなと思います」

松本慈子「あなたの瞳にチカチカ光る一番星。チームSの松本慈子です」

「中西さんとは初めて指名してもらった時に、お家、山奥なんですけど、中西さんがそこまでわざわざお家まで来てくださって。その時全然話せなくて、横にいた親がずっと中西さんと喋ってて。でも今はお互いにゴリラとかチンパンジーとか言うような仲になったので、仲良くなりました。ダンスが上手くなったのは中西さんのおかげなんで (おー&拍手) 今日は中西さんのダンスを超えれるように頑張ります」

北川綾巴「あなたに必要な材料は? (りょうは!) あなたに必要とされたいな。ちょっぴりツンデレ16歳、チームSの北川綾巴です」

「今日の髪型は中西さんプロデュースなんですよ。だから、綾巴嬉しくて、テンションアゲアゲです」

東李苑「ニックネームは? (アズマリオン!) フルネームも? (あずまりおん) 手のひらは薄いけど心は熱い。道産子パワーなまら全開。アズマリオンこと東李苑です」

「中西さんと言えばなんですけれども。こういうね、「制服の芽」公演が終わった後に、みんなマネージャーさんからいただいたDMMのDVDを見るんですよ。それで、中西さんがこの後出てくる曲とか、この「制服の芽」公演の曲の中で凄い顔をしてるものがあるんですよ。それをいつもチームのメンバー、グループのやつで、みんな中西さんの顔を馬鹿にしてるって言うんですかね」
中西優香「そうなんです」
メンバーたち「してない」「リスペクト」
中西優香「その顔が好きだったりするので、今日は中西さんに負けないぐらい凄い顔をしていきたいと思います」

竹内舞「美少女になるためマイペースに研究中。まいまいこと竹内舞です」

「今日は中西さんの日ということで、中西さんに誕生日プレゼントを買ってきたんですね。プリンスチャーミングっていう名の石けんをプレゼントしたんですけど、このプリンスチャーミングという意味は素敵なプリンス様が現れるっていう意味なんですね。なので、今後中西さんに素敵なプリンス様が現れますように」


【2列目 下手側から】
二村春香「春の香りであなたを誘っちゃいます。はるたむこと二村春香です」

「この間、中西さんと須田さんと私と美紀さんと女性のスタッフさんで食べ放題の鍋に行ったんですよ。みんなが食べ終わっても中西さんはマロニーちゃんずっと食べてて、私はずっと鶏肉をずーっと食べてたんですよ。そしたらその女性のスタッフさんに「フードファイターか!」って言われて。じゃーフードファイター目指そうかな、みたいな思いました。今日は公演ファイターになりたいと思います」

中西優香「巷で噂の男子系女子、中西優香です」声援&拍手

「ありがとうございます、ありがとうございます・・・。6年間ぐらいやってて、歴代ナンバーワンの声かもしれない」おー&拍手

「凄すぎて笑っちゃったりしちゃったんですけど。すみません。昨日一昨日かな。玲奈ちゃんが椅子に座ってて、たまたまそこにいたからこうやってハグしたんですよ。真正面からだったんですけど。そしたら「なんにもない」って言われたんですね」客w&ざわざわ

「何が無いかはちょっと私もわからないんですけど」
宮澤佐江「胸でしょ」
中西優香「佐江さん、仲間だから」客w → 拍手

「言われたんですけど、私はまだまだ成長期だと思っていますので (ひゅ~) 心も体も、今日の公演でも成長していきたいと思います。皆さん今日も一緒にテンションアゲアゲでいきましょう」

都築里佳「合言葉は~ ぴよす! ダンスに恋する19歳、永遠の中二病、りかちゅうこと都築里佳です」

「にししとは2年連続私の誕生日かその前の日みたいな感じで誕生日デートをしてくれるんですよ、里佳の誕生日に。一昨年か何かに卒業した子と3人でカラオケに行った時に、替え歌で「あなた」とか「君」って言うところを全部「里佳」に替えて歌ってくれたんですよ。「片想いFinally」で例えると「好きなんだ、里佳が好きなんだ」みたいな感じなんですけど、そんな感じで歌ってくれて、ちょっと嬉しかったけど、なんか笑えてきちゃって。なんか面白くて笑えてきちゃってちょっと申し訳ないなと思いつつも嬉しかったので、今日は皆さんと一緒ににししが大好きという気持ちを届けていきたいと思います」

野口由芽「愛知のゆめちと (夢見よー!) ゆめちにめちゃめちゃ夢中になってね。チームS 16歳の野口由芽です」

→ 中西さんは読書が好きということで、誕生日プレゼントはブックカバーにしようと思った。文庫本読むかわからなかったので「中西優香 文庫本」と検索した(w) そしたら出てきたので、文庫本カバーを買ったらさっき凄い喜んでくれた。

後藤理沙子「みんな~ しりとりの時間だよ。最初はしりとりのから。せーの、りさこ ゴリラ らりるれり~ん。高校2年生、17歳の後藤理沙子です」

「先日中西さんと映画を観に行ったんですけど、近くにいたカップリの男の方がめっちゃ中西さんのことチラチラ見てるんですよ。彼女がいるのにもかかわらずですよ。なんだこの男はって警戒していたら、ひょこひょこって来て、「あの、SKE48の中西優香さんですか?」って声をかけられてたんですよ。ちょっと私、気まずいみたいになったんですけども(w) 私も中西さんみたいに知名度が上がればいいなって思いました」

佐藤実絵子「♪チャカチャンチャンチャンチャンチャン (フッフー) ♪チャカチャンチャンチャンチャンチャン (フッフー) おちびなアイドルちびドルチャンチャン! ミニマムサイズのおちゃめガール、みえぴーこと佐藤実絵子で~す!」

「今日始まる前に二村春香ちゃんに「中西さんの生誕祭は黄色い声援が一杯ですよ」って言われて、ちょっと楽しみにしていたんですけれども、始まってみたら意外とこう(w) おー!ってなっててですね、中西にもいつの間にかちゃんと女性として認められてきたんだなと思ってですね、嬉しくなったんですけど」拍手
中西優香「失礼じゃない?」
佐藤実絵子「でも、今日はおそらく中西の彼女が1億人ぐらい見てると思うんだよねー。女の子も元気ですか!? 今日は男子も女子も全員で盛り上がっていきましょう」


【3列目 下手側から】
宮前杏実「みなさ~んのハートをひとあみ ふたあみ つなげていきたいな。17歳の宮前杏実です」

「テンションアゲアゲって言ってるじゃないですか、中西さんが。それってけっこう使いがっていいなと思ってて。締めるのに困ったらとりあえずテンションアゲアゲって言っとけばいいなと思ってて。それをこの間話したんですよ、勇気を出して。そしたら「全然あげるよ」みたいな、言ってくれて、やったーと思って。これで締めに困らない(w) なのでちょっといただこうかなっていう段階なんですけど」

大矢真那「せ~の、M・A・S・A・N・A まさな! 名古屋のスノーホワイト、大矢真那です」

「にししについてお話したいことが2つあるので、2つ聞いていただきたいんですけど。6年間一緒にいて、最近にししはやっぱり女の子じゃないんじゃないかっていう風に確信してきまして。今までにししが女じゃないネタみたいなのずっと途切れなかったじゃないですか。それはこういうことかと思って。今までも疑ってはいたんですけど、やっぱり女の子だろうなって思ってたんですよ。でもやっぱり違いました。何が違ったかっていうと、例えば、宮前かな?寒いって言ってた時、マフラーを・・・こうかけてくれたりとか、仕草がいちいち男の人みたいな感じで。女の子ではやらないだろうなっていう仕草をするんですよ。とか、メンバーを色々誘ったりしてるんですけど、その誘い方がうまいというか。世の中の男性は見習ったほうがいいなと思いました」客w

「もう1つは、私、活字の本読むのとっても苦手なんですよ。でも、SKEに入って全部で3冊読んだんですね(ざわざわ) 6年で3冊、初めて文字だけの本をちゃんと読み終えたんですよ。その中の2冊がにししがお勧めしてくれた本で。真那にはこの本がいいと思うからって言って、貸してくれたんですけど、全部ほんとにペラペラ読めちゃうぐらいにししは私のこと見てくれてるんだなと思って、いっつもいっつも冷たいにししなんですけど、ほんとはいっつも私のこと頭のどこかで考えてくれてて(w) やっぱりさすがにししだなと思いました」

犬塚あさな「私と一緒にお散歩に行きませんか? (行く!) わんちゃんこと犬塚あさなです、わんわん」

「中西さんの可愛いところが好きなんですよ。メンバーの子はあまりわかってくれないけど、ファンの人たちはきっとわかってくれてると思ってるんです。握手会の時、中西さんのファンの方も来てくださったりするんですけど、私が可愛いところが好きなのって言ったらみんな共感してくれて。メンバーじゃあんま共感してくれないから、それが嬉しくて。最近は中西さんのこと愛しすぎて、片思い歴5年目ぐらいに差し掛かるので、好き過ぎてファンの方まで好きになってきたんですよ。だから中西さんのタオルとか持ってる方がいると「ありがとう!」と思って(w) 嬉しくてしょうがなくて・・・」

山田樹奈「ちっちゃい樹奈はどーこだ? (見っけた) じゅなっここと研究生の山田樹奈です」

「今日はこういった急なカタチになってしまったんですけど、中西さんの生誕祭に出ることができてほんとに嬉しいです。中西さんにはいつもチンパンジーでもなくゴリラでもなくモンキーって馬鹿にしちゃうとこあるんですけど、でもほんとはモンキーなんて思ってなくて、普通に尊敬しています」

宮澤佐江「右手上げて! 左手上げて! せ~の 手羽先! 宮澤佐江です」

→ いい表情したにししの画像が、青くて白い鳥が飛んでるサイト(ツイッター)に、にししの決定的瞬間の画像が貼られてたらスクショしてチームSのLINEに拡大してみんなに送りつける。やりまくってた時に珠理奈が「ほんと中西かわいそう」と言っててヤバイと思って、1期生の絆崩さないぐらいにつっついていきたい。


◆M05.思い出以上 (竹内舞北川綾巴矢方美紀)
◆M06.狼とプライド (松本慈子東李苑)
◆M07.女の子の第六感 (二村春香佐藤実絵子後藤理沙子中西優香都築里佳)
◆M08.枯葉のステーション (野口由芽)
◆M09.万華鏡 (大矢真那竹内舞宮前杏実宮澤佐江犬塚あさな)


■MC
犬塚あさな宮澤佐江宮前杏実竹内舞大矢真那

お題:AKB48リクエストアワーの思い出

大矢真那「私は、西野未姫ちゃんが凄く印象に残って大好きになりました」
竹内舞「危険な香りだ。どこが良かったんですか?」
大矢真那「顔とパフォーマンス力」
宮澤佐江「Chu!Chu!Chu!見た?」
大矢真那「見れなかったんです」
宮澤佐江「ヤバイよ」
竹内舞「どうヤバイんですか?」
宮澤佐江「もう1人だけ、飛ぶ飛ぶ。若い子たちで組んでるユニットだけど、綾巴負けてた、西野未姫ちゃんにジャンプ力」
竹内舞「未姫ちゃんのパフォーマンスと、あと反応面白いですよね。えい!ってビックリすると異常に「うわ~~」ってビックリしてくれるよね」
犬塚あさな「中西さんも最近「西野未姫ちゃんが好き」ってぐぐたすとかに書いてて」
竹内舞「危険な香りがする」
大矢真那「色んなSKEのメンバーは西野未姫ちゃんの魅力にやられてましたよ」

竹内舞「私はね、穴井千尋ちゃんがね。わかる? 小動物感が凄いハンパなくて。リクエストアワー最高なお祭りですね」
宮澤佐江「あれをきっかけにメンバーと仲良くなったり知れたり、ほんとにあるじゃない」

竹内舞「あと7位にね」拍手 ※奇跡は間に合わない
宮前杏実「ほんとにカッコ良かった」
竹内舞「私、直接見れてないんですけど。中西さんも出てましたよね」拍手
宮澤佐江「珠理奈、にしし」
メンバーたち「凄いメンツ」「カッコ良かった」
宮澤佐江「嬉しかったね。卒業しちゃったから、もともと珠理奈も後から入ってきてやってくれてたし。果たして誰が務めてくれるんかなとか思ってたんだけど、にししがやってくれて。会場でももちろんだったんですけど、映画中継でも凄く盛り上がってたと、青くて白い鳥に書いてあった」客w
メンバーたち「また?」
宮前杏実「自分の名前で検索してますか?」
宮澤佐江「エゴサ大好き(w) テレビに出るとかライブの後だけエゴサ。そうじゃない時、悪口書かれてるから見たくない」
竹内舞「かっこ良く見えて、ガラスのハートだし」
宮澤佐江「今ヒビ入ってるからもうすぐ割れちゃう」


◆M10.ジェラシーのアリバイ
◆M11.Doubt!
◆M12.仲間の歌


■MC
◆前半:中西優香大矢真那宮前杏実松本慈子宮澤佐江竹内舞都築里佳佐藤実絵子

佐藤実絵子「皆さん、中西のこと愛してますか?」客「イェー!」
中西優香「ありがとうございます」
宮澤佐江「すげーな。負けたな、迫力に。今日負けたね」
佐藤実絵子「でも、ナイスゴリラでしたよ」客w
宮澤佐江「ほんと?」
中西優香「佐江さんのせいだからね、これは」
宮澤佐江「初めてやったんでしょ? 真ん中でやってから。愛の歌を歌おう!初めてだったんでしょ?」客w
中西優香「あれっ? 佐江さん、ディスってる?」
宮澤佐江「モノマネ」

大矢真那「今日はにししについて

都築里佳「公演終わりににししって、「今日誰かラーメン行かない? ご飯行かない?」とか誘ったりするんですよ。この前、ゆめちと研究生に井田玲音名ちゃんとにししと私で4人で行ったんですね。その時に、ゆめちと玲音名は同じの頼んでて、里佳とにししがまた別で3種類ラーメンがあって。みんな食べてる間に「妖怪ひと口もらい」とか「妖怪スープもらい」とか言って、ひと口ずつもらおうとしてきて」
中西優香「妖怪のせいだからしょうがない」客w
都築里佳「でもそうやって妖怪のせいにしてやってるにししがちょっと可愛いなとか思っちゃった」

宮前杏実「「1+1は2じゃないよ!」でこの間ペアだったんですよ。22日放送の聞いていただけましたか?」
一部客「いぇー」
中西優香「そこそこ?」
宮前杏実「その時に中西さんのお誕生日が近いということで、みつ吉さんからケーキを頂いたんですよ。それを持って帰ったんですよ、中西さんは。車の中で色々話してたんですよ。そしたら「バイバイ、お疲れ」みたいな感じでケーキを残して帰っちゃったんですよ」
中西優香「ほんとにね、忘れん坊さんなの。ほんとに、私はスタッフさんに食べていただけて私は嬉しい」
宮前杏実「でも私が食べました」
中西優香「あんたが食べたの? 私「どうする?」って訊かれた時に「スタッフさんに食べてください」って」
宮前杏実「宮前が食べていいって言ってたよ、みたいな」
中西優香「宮前! そうやって」
宮前杏実「そんなつもりない」
中西優香「美味しかったね? 宮前が幸せならそれでいいよ、私は」

宮澤佐江「いつどこで切ったの?」
中西優香「1つ言っていいですか? 昨日(リクアワ)昼公演出なかったんですよ。その間に表参道で」
宮澤佐江「その言い方ムカつかない?」
中西優香「あのオシャレな街、表参道で。表参道カットだから」

松本慈子「中西さんと言えば何だろうと思って考えた考えた結果、ゴリラにいきつきました」
中西優香「今日かな、755のコメントで「中西さんってリス顔じゃないですか?」って言われたから、リス顔でいくから、これから」
宮前杏実「でも今日見ましたよ。調べてたんですよ。そしたら次流行るのリス顔女子って」
中西優香「もうすぐ私の時代がくる。本当に私がリス顔であればね、流行るは」
大矢真那「でもリスがさ、にししに近づけばいいんじゃない?」客w → 拍手
中西優香「実絵子実絵子、私この子と同期だっけ?」客w
佐藤実絵子「私も同期だけど、ちょっと・・・」
中西優香「6年半やってきた、大丈夫?」
宮澤佐江「もしリスをにししの顔に近づけられたならば、もうね、凄い大金持ちになると思うよ」
佐藤実絵子「なんならノーベル賞とかもらえちゃうと思うよ」
宮澤佐江「すげーな、大矢真那

佐藤実絵子「ここからどうまとめたらいいのか本当にわからないんだけど。私は1つ言いたいことがあるんですけど、この冬に沖縄にお正月行ってきたじゃないですか。そこで5人でストラップみたいなの買ったんですけど、それ実はお守りになってて、中西優香のお守りは表現力がアップするお守りです (おー) ということで、これから3月までの間に」
中西優香「異常に表現力アップするから、期待しといてください」客w
佐藤実絵子「表現力が飛躍的にアップする中西さんもこれからも乞うご期待ということで、後半チームカモン!」

◆後半:野口由芽後藤理沙子矢方美紀二村春香北川綾巴犬塚あさな東李苑山田樹奈

矢方美紀「テンション」
みんなで「アゲアゲ!」
矢方美紀「このテンションアゲアゲはにししのキャッチフレーズじゃないですか。これをするとテンションが上がるんですよ。今日はこのメンバーで最近起こったテンションアゲアゲな話、略してアゲばなをしていきたいと思います」

北川綾巴「綾巴はチームSが大好きなので、公演をしてるだけでめっちゃテンション高いです」

東李苑「先日リクアワ期間中に中西優香さんと高柳明音さんとご飯に行ったんですよ。それで、中西さんっていっつも李苑が知らない美味しいご飯屋さんに連れてってくれて、道の世界に連れてってくれるんですね。サムギョプサルとかチヂミとか、韓国料理を食べたわけなんです。それで、ほんとに色んな話をして、ほんとになまらテンションアゲアゲなったわけですよ」

二村春香「中西さんはご飯を誘うと後輩に断られるみたいなので有名じゃないですか。でも、私は中西さんを誘いすぎてひかれる」

野口由芽「今日の公演が盛り上がってて、テンションアゲアゲ!」


◆M13.水のないプール


■アンコール
有志の方「2015年1月24日、中西優香さんめでたくお誕生日を迎えました」客「イェー!」

「先立って卒業を発表され、SKE48のメンバーとしてこのような形でお誕生日をお祝いすることは最後となりますが、中西優香さんの一生の思い出に残るような素敵な日にしたいと思います。それでは皆さん、お祝いの気持ちを込めて、アンコールは優香コールにて行いたいと思います」

「よっしゃ、アンコ~~ル テンション」客「アゲアゲ!」


「優香(ゆうか)」コール


◆EN01.楽園の階段
◆EN02.ピノキオ軍

◆EN03.12月のカンガルー


中西優香 生誕祭

大矢真那「今日は1月24日に誕生日を迎えた中西優香ちゃんの生誕祭です!」
メンバーたち「イェー」拍手

# BGM → 涙サプライズ!

メンバーたち「あれっ?」
大矢真那「花束が。花束がない。あれっ?花束がない!」
客「えー」
松井珠理奈「にししー」花束を持って登場 ※サプライズ登場

「どうぞ、お誕生日おめでとう」花束を手渡す
中西優香「ありがとう。真那の芝居、大根過ぎた」客w

「ありがとう、嬉しい、来てくれたんだ」
松井珠理奈「そう、お仕事終わって来ました。ビックリしたよ、花束見たらピンクなんだもん(w) ウソ?間違ったんじゃない?と思って」
中西優香「ほんとだよ」
松井珠理奈「可愛い」


みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア にしし(優香) ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」
中西優香 → ケーキの上をフーっと

大矢真那「ある方からお手紙が届いていますので、是非読んでください」
佐藤実絵子「トゥルル トゥットゥル~」
メンバーたち「古いよ」

◆お手紙

佐藤実絵子「にぴぴへ

26歳のお誕生日おめでとう。また歳が1つ近づいたね。

中西と初めて会った日のこと、今でもよく覚えています。お互いなんか緊張してたこととか、中西が多分クマか何かのイラストのTシャツを着ていたような気がすることとか。

あれから6年半、本当に色んなことがあったね。同じチームで過ごしたPARTY公演。そして私がKIIになり、中西がリーダーになり、そしてまさかのまた同じチームになり、今度は私が副リーダーになりました。

私ね、KII時代、チームSのこと、正直羨ましいなって何度も思ってた。でも、こうしてSに戻ってチームSがチームSというチームであるためにはたくさんの努力が必要だったんだって知りました。

そして、今までそれをずっと中西が1人で背負ってたんだってことも。

SKEにとって大切なことをずっと任せきりにしてたんだってことも。

だけど、中西がずっとチームSを守ってくれたからこそ私もこうして戻ってこれたし、チームSが特別なチームであり続けられているんだと思います。

そして、そんな私なのに、私がSに戻ってからもほんとにたくさん助けてくれて本当に本当にありがとう。

中西の凄いなって思ってるところは根気強く気持ちを伝え続けられるところ。スタッフさんやメンバーに私がうまく伝えられない時も、いつもさりげなくフォローしてくれて、伝わるまで頑張ってくれて。尊敬もしてるし、感謝の気持ちで一杯です。

私達、本当に数え切れないくらい色んな話をしてきて、その中で自然と卒業の話になって、お互いもうすぐ卒業だね。

一緒に卒業しようって決めたこと、今では物凄く自然なことに感じます。

私達は卒業に関して気持ちとか同じじゃないこともたくさんあるけど、同じこともたくさんあって。SKEが本当に大好きだから6年以上も続けてこれたこと。そして、仲間のことが大好きなこと。それだけは絶対にここに残していきたいよね。

SKEは私達にとって楽しいだけの場所じゃなかった。だけど、だからこそこの6年半、中西と一緒に戦ってこれたことは私の誇りです。

一緒に卒業しようって言ってくれて嬉しかった。あと2ヶ月だけど、私達にできることを全力でやっていこうね。

そして、卒業後もずっとずっと支え合える仲間でいよう。約束の2人飛びもしましょう。

本当にお誕生日おめでとう。佐藤実絵子より」拍手

中西優香「ありがとう」
佐藤実絵子 → 手紙を花束に差込み、そして中西に抱きつく

大矢真那「今姉さんからお手紙をもらって、こうやってファンの方が素敵な生誕祭を開いてくださって、今の気持ちとか伝えたいこととかを是非」
中西優香「一度花束を預けてもいいですか?(w) か弱いので」

「まずは、素敵な生誕祭をありがとうございます。

私は毎年というか、二十歳を過ぎてから誕生日がくるのがもう本当に嫌で。歳をとりたくないなってほんとに嫌なんですけど、こう毎年生誕祭をしていただいて、あー誕生日来て良かったなとそう思えてたので、今回今年が最後の生誕祭なので、来年から自分はどうなってしまうんだろうと、そんなことを思いながら今日過ごしたんですけど。

25歳の1年はやっぱり一番大きかったのはミュージカル、フットルースをやらせていただいたことでした。凄く私の中の世界が広がって、本当に貴重な経験をさせていただいたんですけれども。それの影響かな、わからないんですけど、凄い自分と向き合って、自分と戦って、自分のことばかりを考えるような、そんな1年でした。

その分、外に発信することもちょっと少なくなってしまっていて、ファンの方には凄い寂しい想いをさせてしまったような1年じゃないのかなーなんて思っているんですけれども、それでもこうしてまだ私についてきてくれる、こんなどうしようもない私についてきてくださる皆さんは本当に私にとってかけがえのない存在です。

そうですね。あと2ヶ月で私は卒業してしまうんですけれども、例えば今日本当に急遽出演してくれた樹奈だったり。前は「制服の芽」公演のアンダーをやるなんてっていう感じの凄い必死だったあの樹奈が今日突然、ほんと数時間前に、1時間ぐらい前かな? に、この劇場に入って突然言われたこのポジションをしっかり堂々と務めているところとか見て、こんな後輩たちが頼もしく成長していく姿を見れているのがとても嬉しいです。

残り2ヶ月ですけども、先ほど実絵子も言っていたように、私達が教えられること少ないかもしれませんが、後輩たちだったり、あとはファンの皆さんだったりに伝えていけたらいいなって思います。

凄い・・・緊張してます。

なんだろう、あと2ヶ月、正直寂しい気持ちがないと言ったらウソじゃない? わかんないんですけど、でもそれでもほんとにこの大好きなSKE人生を最後まで楽しんでいきたいと思います。どうか最後のその時まで私のことを見守っていてください。よろしくお願いします」拍手


大矢真那「皆さん今日は素敵な生誕祭を開いてくださり、そして優香コールを、心のこもった優香コールをしてくださりありがとうございました」拍手

「それでは次の曲に行く前に、にししに大きな声でもう一度おめでとうを言いましょう。せ~の」
メンバー&客「おめでとう!」
中西優香「ありがとうございます」

松井珠理奈「お邪魔しました」花束を抱えて退場

大矢真那「ではせっつ」ざわw

宮澤佐江「今日はにししの生誕祭、このメンバーで参加できたことほんとに嬉しく思います。私が多分にししと出会ったのはもう6年前だよね」
中西優香「私が研究生の頃、7年前ですね」
宮澤佐江「もうそんなか、になるんですけども、その時はやっぱりまだ研究生とメンバーって感じがしてて、なかなか殻を割って喋ることができず、こうやってSKE48に私がならせていただいて、一気に距離が縮まって、たったのまだ1年経ってないですけども、10ヶ月の間でこの中西優香っていう存在がどれだけSKE48を守ってきて、引っ張ってきた人物なんだというのを凄く感じさせてもらっています。私が何かここでにししに思うことを伝えても多分ファンの皆さんのほうがにししのことをよく知っていると思うので、私の言葉は軽く聞こえてしまうから今は言えないんですけれども、でも色んな人に48グループで出会ってきて、ファンの方からもこう愛されて、メンバーからもスタッフさんからもこう愛されてる、こんなにも愛されてる人というのはほんとに久々に出会いました。その方と今隣にいれること、学べることをたくさん学ばせていただいて、SKE48の後輩たちはきっとみえちゃん、にししからたくさんのことを学んでると思うけど、まだこの2人は2ヶ月あって、その2ヶ月でまだまだ私達やファンの皆さんに色んなことを伝えてくれたり教えてくれたりすると思います。それを見守るだけではなく、ちゃんとメンバーみんなが2人のことを盗めるように、2人の背中をしっかりと自信を持って押せるように、あとの2ヶ月素敵なチームと共に過ごしたいと思います。今日はほんとに素敵な生誕祭をありがとうございました」


◆EN04.手紙のこと


# 手紙抽選(矢方美紀) → 107番

矢方美紀「2階のインフォメーションの方に「107番です、私が当たりました」と言ってください」客w

宮澤佐江「それでは最後の挨拶、今日は主役のちしし、お願いします」ざわw
メンバーたち「ちししって言った」
宮澤佐江「にししってあだ名言えないのよ。だからにっぴって最初」
中西優香「さ行多いですよね」
宮澤佐江「バレちゃった、言えないの」

# 手繋ぎ挨拶 → メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:制服の芽)

メンバーたち「にししお誕生日、おめでとう!」

中西優香「最後までよろしくお願いします。ありがとうございました」

# 公演終了


SKE48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】1月26日(月) チームS 「制服の芽」公演

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]