FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年8月号 7月26日発売
AKB48Group新聞 2019年8月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif
AKB48Group新聞 2019年8月号 セブンネットオリジナル生写真セット new2.gif

【速報版】 川栄李奈 20歳の生誕祭レポート

2015年2月24日 AKB48劇場 チームA「恋愛禁止条例」公演

◆進行役は小嶋菜月

横山由依からのお手紙 (代読:森川彩香)
「川栄へ

二十歳のお誕生日おめでとう。

テレビのイメージとは違って、実は物凄く人見知りで、でも仕事に対する意識は本当に高いのが川栄です。

初めてAKBの選抜のアンダーに入って、たくさんのことを覚えないといけなかった時に、我武者羅にやっている姿を見て、昔の自分を見ているようで思わず声をかけました。その頃から少しずつ距離が近くなって、気づいたら仕事の時もプライベートの時もずっと一緒にいるぐらい仲良くなったね。

仕事終わりに屋台で焼きそばとフランクフルトを買って食べたり、ご飯に行った後、1回解散したのにまた駆けつけて一緒に映画を見たり、ひたすら家で語り合ったり、川栄との思い出は数え切れないほどあります。

19歳の1年はほんとに色々なことがあった1年だったね。あの事件があって私は想像以上に川栄に支えられてて、私の中で大きな存在だったのだと改めて気づきました。会えなかった数日間、今まで川栄と過ごした日々がどれだけ自分の救いだったかを考えていました。

当たり前がこんなにも幸せなのだと気づかせてくれたのは川栄です。今の私は川栄がそこにいて笑ってくれることが最高に幸せです。ありがとう。

あんまり口にしないけど、辛いリハビリもよく頑張ってるね。その頑張りに励まされています。辛い時、私で良かったらいつでも話聞くからね。お互い文字打つの速いから画面を開いたままになってすぐ既読がつく、チャット状態になっているLINEも待ってます。

川栄の周りには素敵なご家族、たくさんのメンバー、スタッフさん、いつも応援してくれているファンの皆さんがいることも忘れないでね。

川栄とは長い付き合いになる予感がするので、ちょいちょいケンカしながらこれからも一緒に楽しい思い出一杯作ろうね。川栄に幸せが一杯訪れて、最高の二十歳になりますように。大好き!

チームKキャプテン 横山由依」拍手

二十歳ということで、どんな1年にしたいですか?
川栄李奈「去年は19歳凄い色んなことがあって。多分普通に生活してる女の子より凄い色んなことを経験して。凄く辛かったこともあったけど、凄く嬉しかったこともあって。

去年の選挙の時に速報が出て、45位で、わーもうヤバイヤバイと思って。私けっこうメンタル弱くて、「あ、もう辞めよう」と思って、お母さんに「選挙で去年より下だったら辞めるね」って言ったら、お母さんが気を遣って、お花買ってきて。あー気遣わせてるなと思ってて。

そしたら事件があって、皆さんが心配してくれて、その票で選抜に入れて。これから頑張ろうと思ったんですけど、選抜にいる自分が、握手会出てないし、人気も落ちてるし、これどうしたらいいんだろうと思って。

選抜に入りたくなくて、何回も「選抜から外してください」ってお願いしたりして。

私が選抜に今入ってるのは「コイツ事件あったから選抜かわいそうだから入れなきゃな」って思われてるのかなとか。凄いネガティブなんで」客「そんなことない!」

「私がネガティブだからいけないんですけど、そう思ってしまったりして、凄く選抜発表毎回されて自分が入ってるのに、なんか素直に喜べなくて。もっと可愛い子も人気がある子もいるから、私はその後ろで支えてたらいいなって思ったりしたんですけど」客「自信持って」

「いや、大丈夫です。どうしようと思って。でも、私を必要としてくださる方がいる限りは頑張ろうと思いました。

二十歳になって。「握手会待ってるよ」って言ってくださる方たくさんいるんですけど、握手会は多分出れないかなと思うので、何か違った形でファンの方に恩返しができたらいいなと私は思っています。

だから公演が多分皆さんと一番会える場所なので、是非皆さん、多分公演当たらないと思うんですけど、粘り強く応募してくださったら嬉しいです。ありがとうございます」拍手

「すみません、なんかすみません」

生誕祭を開いてくださったファンの方々にメッセージをお願いします
川栄李奈「なんか凄い握手会ずっと出てなかったから、ファンの人いるかなと思ってたら、握手会にずっと来てくださってた方の顔が、顔見知りの方がたくさんいて凄く嬉しいです。

ほんとに二十歳になって、自分もちゃんと大人にならなきゃいけないし、もちろん皆さんも今自分がやりたいことを、楽しいなと思ったことをやって欲しいし、なんか凄く、人という字はとか、違う違う。人は凄く温かいので何かあったら皆さんも周りの友達とか家族とかに悩みとか相談とかして、皆さんもストレスとか溜め込まないように楽しく生きて欲しいなと思います。ほんとに今日はありがとうございました。」

小嶋菜月「私たちがAKBに入ったのは15歳の時だったので、もう5年も経ったわけですけど」
川栄李奈「私、20歳の時、もう結婚すると思ってたの」
小嶋菜月「ちょっと早いけど、でもこんなにたくさんの方がりっちゃんのことを応援してくれているので、りっちゃんも皆さんも一緒に盛り上げていきましょうね」



Twitterより
150223kawaei002_2015022516110516d.jpg

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND