FC2ブログ
特典ブロマイド付き「新体感ライブ」1月7日発売! 予約受付開始 new2.gif

【速報版】 田島芽瑠 15歳の生誕祭レポート

2015年1月7日 HKT48劇場 チームH「最終ベルが鳴る」公演

◆進行役は駒田京伽

梅本泉に告白してもらう → すれ違いざまに「好きだよ」

渕上舞からのお手紙 (代読:坂口理子)
「芽瑠へ

15歳のお誕生日おめでとう。

HKT48に入った時、まだ12歳だったのに時間が経つのは早いなとつくづく感じます。

今日は3回目の生誕祭だね。芽瑠の生誕祭に参加できないのは今回が初めてで、不思議な感じ。だから今回はお手紙を書かせていただきました。

私が初めて芽瑠に出会ったのは2期生最終審査の時。「子役の誰かに似てる!」と初対面でよくわからないことを言われて、「何あの子?」って思いました。

合格してから夏のレッスンが始まり、一緒に汗を流す日々が続きました。

芽瑠はダンスは未経験だったけど、最初の頃から表現力、オーラがズバ抜けていて、私達は追いつこうと必死でした。

オーディションのことが新聞に掲載され、2期生ではただ1人だけ名前が知られていた芽瑠。とにかく存在感が強くて、距離を感じ、もしかしたらどこかで見えない壁を作ってしまっていたのかもしれません。ごめんなさい。

でもそんな芽瑠と距離が縮まったのは「手をつなぎながら」公演のレッスンだった気がします。

『手つなをDVDで自分で覚えてくること』2期生が初めて与えられた課題でした。初心者の私達にとって大きな大きな課題でした。レッスンが終わった後もみんなで自主練をしたね。

軽食を食べる時、みんなからパンをひと口ずつもらうことが芽瑠の習慣でした。懐かしい。

そしてある日みんなで曲で通して練習している時に、なんとなく芽瑠に近づいて声をかけたら芽瑠が泣いてしまいました。初めて見た芽瑠の涙。みんなが駆け寄って励ましあって、あの日を境に私達の何かが変わった気がします。

デビューしてからは芽瑠と行動することが増えました。一緒のユニットになることも多かったね。

ホテルではよく一緒に寝ました。昔は小さなケンカをしたことも今ではいい思い出。芽瑠以外のメンバーとケンカっぽいことはしたことないかも。

研究生公演が続き、昇格を目指していましたが、変わらない状況に対して不安を抱いていたこともありました。

そしてちょうど1年前の今頃かな? 九州ツアー初日の大分でクラス替えがありました。芽瑠はチームHで私はKⅣ。まずチームというものがピンとこなくて昇格に対する嬉しさと不安な気持ちが入り混じっていました。

芽瑠と私はホテルが相部屋だったので、美桜ちゃんをお部屋に呼んで話しました。その時は同じチームになりたかったという気持ちが強かったけど、今はクラス替えをして良かったと思います。

正直、気づかないうちにできた慣れを感じていたし、研究生のメンバーでチームを作っていたらお互いの良さを消してしまっていたのかも、と思います。

チームが別々になってから劇場で会う機会も減り、少し寂しかった。以前はお手洗いに行くだけでも「舞ちゃんついてきて」と言われたのに、チームHになってからは真白やなおぽん、梅をはじめ、色んなメンバーとワイワイ交流している芽瑠を見てなんだか嬉しくなった。親目線みたいになっちゃったけどね。

いつも明るくて笑顔にしてくれる芽瑠が大好き。私の太陽。きっとここにいる皆さんもそうだと思います。

中学生だった芽瑠も春からは高校生。私も今年高校を卒業します。人生の中でも大事な節目を迎え、お互い新しいスタートを切るね。私はもっと頼りになれるようにしっかりしたいし、悩んだ時は芽瑠に頼ろうと思います。

これからも刺激し合って高めあえる仲間でありたいな。

お誕生日おめでとう!

HKT48チームKⅣ 渕上舞より」

田島芽瑠「舞ちゃんとはね、クラス替えでチームが変わった時にも、同じ部屋だったからずっと話してて、一緒のチームになることが前提だったから、心の中で。だから「ほんとに離れちゃって、怖いね」とか話してたんですよ。舞ちゃんはレッスンの頃からずっとデビューの時とかもずっと隣にいる存在だったから居ないのが想像できなくて、今チームHで舞ちゃんが毎日を過ごすのが今でも不思議なんですけど、舞ちゃんはほんとに私の中では大きい、何だろう、隣にいて当たり前のような安心できる存在ですね」
駒田京伽「2期生みんなね、舞ちゃんはリーダーみたいな感じで凄い支えられてきて」
坂口理子「クラス替えの時に芽瑠と同じチームになった瞬間に芽瑠が駆け寄ってきてくれて、「嬉しいね」って言うかと思ったら「みんな離れ離れになっちゃって嫌だよ」って言ったんですよ。それが凄く印象的だったんですけど、舞ちゃんが言うように今では別々になっていいところが出せて良かったなって思います」
田島芽瑠「寂しいよね、でもなんか、ちょっとね。でも今はクラス替えして良かったんじゃないかなって思うから、舞ちゃんとはまたゆっくり話したいな、ご飯にでも行くね。ありがとうって伝えたいです」

生誕祭を開いてくださった皆さんにひと言お願いします
田島芽瑠「今日はですね、こんなに素敵な生誕祭を開いてくださって本当にありがとうございます」拍手

「初恋泥棒の時の、私の衣装なんですかね?この青と白。合ってますか?合ってない?」
客「合ってるよ」
田島芽瑠「ありがとうございます。その衣装のペンライトとか、めるザウルスとか一杯本当に嬉しいです。ありがとうございます。

この14歳の年の2014年は苦しいこともあったし、嬉しいこともあった1年だったんですけど、今でも話してたように、九州ツアーではチームHに昇格することができて、そして総選挙では38位という順位にランクインすることができて本当に嬉しかったです。ありがとうございます」拍手

「このチームHに昇格したのは凄く嬉しかったんですけど、ずっと2期生の同じメンバーとずっとやってきて、そのメンバーが隣にいなくなるのは想像もできなくて。1期生さんがずっと積み上げてきたチームHに加入するっていうのは本当に不安でたまらなくて、どうなるんだろうってずっと考えてたんですけど、でも今ではね、こうして一緒に公演とかやってきて、このチームHの良さが本当にどんどんわかってきて、このチームが大好きになりました。

その頃には私の立場っていうか、私の置かれている状況も変わっていて、ちょっと悔しい想いをすることも多かったんですけど、こう皆さんにね、あんまりいい報告ができることが少なくなって、新曲のプロモーションのお仕事にもあんまり呼ばれることが無くなってきてて(涙) 本当に皆さんにはね、申し訳ないなって思う時期もあって。

ずっと真っ暗な闇の中に私が1人ポツンといるような感じがして。どうしたらいいんだろうって。私はこのまま何をしていくのかなってずっと自信が持てなくて。でもそんな時に皆さんが私の心に光をくださったから、応援してくださって、どんな時でも変わらずに私のことを支えてくださったから私はもう一歩頑張ろうって、立ち止まらずに頑張ろうって思うことができました。

今年の2015年の目標は『次のステップへ』なんですけど、もう高校生にもなるし、新しい私を見ていただけるように頑張らなきゃなと思うのと、総選挙は去年アンダーガールズを目標にしていて、そのアンダーガールズの目標を達成することができなくて本当にちょっと悔しかったので、今年はその目標を達成できたらいいなと思います。

そして、あまり私はこういうことを言うタイプじゃないんですけど、私は立ち位置の0番も諦めていないので、今年は皆さんにもっと認めていただける存在になって、そしてみんなにも認められて大きい存在になって戻りたいなと思うので、その為にも頑張りたいなと思います。

HKT48は去年紅白にも出場して、どんどん大きくなっていってるので、その力に、このHKT48が育つ力に私もなれたらいいなと思うので、今年も私、田島芽瑠の応援をよろしくお願いします。本当に今日はありがとうございました」拍手

◆客席をバックに記念撮影

◆手繋ぎ挨拶後、捌ける直前に
田島芽瑠「ほんとにほんとに素敵な生誕祭をありがとうございました。皆さんのことが大好きです。ありがとうございました」


Google+より
田島芽瑠 2015/01/07 21:48

今日は今年初の劇場公演、
私の生誕祭を開いて頂きました(≧∇≦)
ありがとうございます。


私の大好きがいっぱい詰まった素敵なフラワースタンド、
自己紹介でのフランスとめるザウルスの旗、
初恋泥棒での青と白のサイリウム、
支えでのフランス国旗カラーの赤白青のサイリウム、
大きなめるコール、うちわやTシャツ
時間が止まればいいのにっていうくらい幸せでした♡


皆さんの温かい応援にジーンときました。
心もポカポカです。



私がステージに立つ姿を喜んでくれる方がいるから
私はここにいるんだって改めて思いました。



普段あまり感情を出せないので、
今日のスピーチで上手く伝えられたか心配だけど、
私の素直な気持ちです。



そして。。。
司会をしてくれたぴーちゃん
ぴーちゃんからのちょっとまったーにはびっくりしましたΣ(*゚Д゚ノ)ノ
とても素敵な司会をありがとう♡
すっごく嬉しかった\(^o^)/
ちょっぴりドキドキでした笑



梅との茶番(梅が恥ずかしがるのであえて触れないことにします笑)


そしてそして。。。
お手紙を書いてくれた舞ちゃん。
最初のあっなんか子役に似てるーって言って話しかけてくれたというところで
あっ、舞ちゃんだ♡って確信しました\(^o^)/
最近チームが別々になって話す機会も減っちゃって寂しいって思ってるのは私も一緒だよ。
レッスンの頃とか色んな思い出がかかれていて本当に感激しました。
舞ちゃんだいすき!
ありがとう♡



いつも応援して下さる皆さん、
準備して下さった生誕委員の皆さん、
劇場で配信で観てくださった皆さん、
いつも支えて下さるスタッフさん、
そして、切磋琢磨しながらライバルだけど大切な仲間のメンバー、
みんなみんなありがとうございます。

めるルンルン♪

150107meru001.jpg

当記事へのリンク

dTVチャンネル