FC2ブログ
STU48 3rdシングル 7月31日発売 予約受付開始 new2.gif
Amazon 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
タワレコ 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
セブンネット 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
楽天ブックス 初回限定盤 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
指原莉乃卒業コンサート Blu-ray&DVD 予約受付開始
Amazon SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
タワレコ SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
楽天ブックス SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
セブンネット SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD BOX / DVD
DMM new2.gif SPECIAL Blu-ray BOX / SPECIAL DVD-BOX / DVD

中田ちさと 24歳の生誕祭 (2014/10/22、チームA)

AKB48劇場 チームA「恋愛禁止条例」公演

■出演メンバー
チームA → 市川愛美岩田華怜川栄李奈小嶋菜月高橋みなみ田北香世子達家真姫宝中田ちさと中西智代梨中村麻里子西山怜那前田亜美松井咲子宮脇咲良武藤十夢森川彩香

バックダンサー → 吉川七瀬小栗有以小田えりな高橋彩音

【セットリスト&MC】

■影アナ
宮脇咲良「皆さん、こんばんは。盛り上がる準備はできてますか? (イェー!) 今日は誰の生誕祭ですか?」客「ちぃちゃん!」

「智代梨どうしたの?」
中西智代梨「今日は皆さん、中田ちさとさんの生誕祭です。せいえんに(盛大に)盛り上がっていきましょう! よろしくお願いします」
宮脇咲良「皆さん、盛り上がっていきましょう。宮脇咲良でした」


■開演
◆M00.overture
◆M01.長い光
◆M02.スコールの間に
BD:高橋彩音小田えりな小栗有以吉川七瀬
◆M03.JK眠り姫
◆M04.君に会うたび 恋をする


■MC (自己紹介)
高橋みなみ「皆さんこんばんは」
みんなで「AKB48チームAです」

# 序盤4曲紹介

本日のお題:皆さんが思う大人の女性の魅力は何ですか?

【1列目 上手側から】
市川愛美「15期生の愛美こと市川愛美です」

「大人と言ったら小嶋陽菜さんじゃないですか。小嶋陽菜さんはエロエロフェロモンが凄いんですよ」
高橋みなみ「すみません、愛美さん。(中田さんの)視線が気になるんですよね。あれを」
中田ちさと「私はどうですか?」
市川愛美「ちぃさんは甘い女の子じゃないですか。まだ私にはそのイメージが強いですよ。大人の魅力と言ったらそんなエロエロなフェロモンじゃないのかなと思います」

宮脇咲良「あなたも あなたも みーんなの心に さくら咲け! 鹿児島県出身、宮脇咲良 16歳です」

「私は今日初めてチームAの公演一緒にちぃさんと」※9月10日に1度あるが、その時は咲良が一部出演。2人ともフル出演で一緒に出演するのは初めて。
中田ちさと「そうなんですよ」
宮脇咲良「同じポジションだったので一緒に出るのが初めてで、凄く楽しみなんですけど」
中田ちさと「ちょっとね、咲良ちゃんのポジションに行きそうになるの」客w
宮脇咲良「でもちぃさんは余裕があるじゃないですか、常に。何が起きてもちぃさんだけちゃんと余裕があって、落ち着いてそうなので」
中田ちさと「やだー、嬉しい」客w
高橋みなみ「ブーッ」
宮脇咲良「私もいつか、私もこうやって大人の女性になったらちぃさんのような余裕のある女性になりたいなと思います」

達家真姫宝「チームAのまきちゃんこと達家真姫宝です」

「私はまだ子供でわからないんで、大人のメンバーに教えてもらおうと思って、たかみなさんとかちぃさんとか咲子さんとかに大人の魅力を」
高橋みなみ「たつまきから見てババァを言ってる」客w
中田ちさと「ほんとですよ」
達家真姫宝「教えてもらいたいと思います」

高橋みなみ「燃える闘魂、燃える髪の毛、たかみなこと高橋みなみです」

「奇遇ですよ。さくらたんと全く同じこと思ってて。やっぱ女性っていうのはね、余裕なんですよ、大人の女性っていうのは。全てを許す許容範囲。もうね、「帰れ」とか言わないんですよ、大人の女性は(w) 「喋りたいならカフェ行け」とか言わないんですよ。そんな時代もあったよね、ちぃちゃんね」
中田ちさと「あったよ。もう言わないんだもん、みなみちゃん」
高橋みなみ「言わないよね。そこを経ると何でもね、(おばあさん口調)「どうしたの? 大変やな。頑張ろうか。みんなやるよ」みたいなね、どんどん余裕が出てきたなっていうのは思いますね。これからも大人の余裕でちぃさん、頑張りましょう。咲子さん、頑張りましょう」客w
松井咲子「彼女のおじいさんが喋ってるみたい」

田北香世子「チームAのかよよんこと田北香世子です」

「私が思う大人の魅力はですね、ちぃさんの声とか喋り方が凄い大人っぽくて素敵だなってずっと思ってたんですよ」
中田ちさとやだ~嬉しい」客w
田北香世子「吐息みたいな」
中田ちさと「吐息混じりみたいなね
田北香世子「自分も可愛いけど」
中田ちさと「吐息混じり得意」
田北香世子「そういう喋り方が凄い大人の魅力だなって思うので、でも私はまだやんなくていいかなって思うんですけど、5年後ぐらい」
中田ちさと「二十歳超えたらね」
田北香世子「そしたらちぃさんみたいな大人の魅力を出せる女性になりたいです」

小嶋菜月「19歳のなっつんこと小嶋菜月です」

「私が思う大人の魅力は下着なんですけど。やっぱり見えないところでオシャレをしてるのって本物の大人の女性だなと思って。ちぃさんが私の誕生日プレゼントにとってもセクシーな下着をプレゼントしてくださったんですよ。それもほんとに、何これ?えっ? 糸?みたいな」
中田ちさと「レースでね、薄くて」
小嶋菜月「素晴らしい下着をもらったので、そんないいセンスのあるちぃさんはやっぱり大人だなって、大人の魅力と言ったら中田さんかなと思いました」


【2列目 上手側から】
森川彩香「アーヤロイドは好きですか? (大好き!) はい、知ってます。私もみなさんのことが大好きです。アーヤロイドこと森川彩香です」

「私の大人の魅力と言ったら指先がキレイな人なんですよ。手先というか、手つきが、モノ持ったりする時、すっごいキレイな人だと「わー、大人、すっごいキレイ」って思って。この中だとちぃさんと咲子さんなんですよ。だから、手ばっかり見てしまいます」
松井咲子「顔も見て」客w

中西智代梨「朝からすき焼き~ 大丈夫! スタミナ満点! 福岡県出身 19歳のちょりこと中西智代梨です」

「今日はね、皆さん「ちぃさんちぃさん」って言って、私も昔「ちぃちゃん」って言われてたから、私が呼ばれてるかのような気持ちでいるんですけども、私は大人の魅力はやっぱり、ちさとさんはやっぱり声、さっきも「え~、やだ~」こういう吐息の声、普通に喋っててもほんとに、あー大人だなって思うんです」
中村麻里子「智代梨もよくやってるじゃん」
中西智代梨「やってるんですけど、それは笑いになっちゃって、中田さんのように自然にならなくて」
中村麻里子「智代梨いいかな? エイッ(指先で智代梨にタッチ)」
中西智代梨「あ~(軽くw) 裏でこういう大人のフェロモンを出せるようにやってるんですけど、まだまだなので、頑張ってちさとさんに近づけるように頑張りたいと思います」

川栄李奈「19歳の川栄李奈です」

「大人の女性はやっぱスタイルだと思うんですね。私は割りとちんちくりん体系って言われるんですけど(軽くw) 笑わないで笑わないで。私、ちぃさんを、まずはじめに会った時にめっちゃ細いなって思ったんですよ。それで覚えたんです、ちぃさんのこと。細い、胸がない人みたいな(w) 細いペチャパイの先輩って覚えたんですよ。それでちぃさんのこと覚えたの。でも身長もそんなに高くないんですよね。なのにこんなにスタイルがいいから、やっぱり女性はスタイルがいいかなと思うので、ちぃさんみたいに胸のあるスタイルになりたいなと思います」

武藤十夢「チームAの武藤十夢です」

「大人の女性の魅力っていうのはいい匂いのする女性がいい大人だなって思うんですけど、チームAで言うとちぃちゃんとたかみなさん」
中田ちさと「ほんとに?」
武藤十夢「通りすがりざまって言うんですか? ふわって。たかみなさん、凄い自分の中で意外だったんですけど」
中田ちさと「だってみなみちゃんって男なんだよ、実は」
武藤十夢「えっ? そうなんですか?」
川栄李奈「信じちゃうから」
武藤十夢「いい匂いするので、かいでみてください。今日はちぃちゃんのリクエストで大人っぽい髪型にしてみたので、今日は大人の魅力を出せるように頑張りたいと思います」

岩田華怜「皆さんこんばんは。宮城県仙台市から来ました、16歳の華怜こと岩田華怜です」

「私はやっぱり包容力とか、ちょっと出ましたけど安心感だなって凄い思うんですよ。私、実はちぃちゃんのことちぃちゃんって呼んでるんですけど、私どんなに仲いい先輩にも敬語崩せないんですよ。最近やっとあーやさんにもタメ口になってきて、でもあーやさんって呼んじゃうし、あとはSKEの佐藤すみれぐらいしか。すーちゃんのことはすーちゃんって呼べるんです、めちゃくちゃ仲良くて。でも他はちぃちゃんだけなんです。私がこうやってちぃちゃんってニックネームみたいに呼べるさんってなのに。だからやっぱそういう特別な安心感みたいな感じがあるんだろうなって」
中田ちさとえー華怜、嬉しい、ありがとう。嬉しい、後で抱きつく」軽くw
岩田華怜「ちぃちゃんにどんどん大人の魅力を教えていってもらおうと思います」


【3列目 上手側から】
西山怜那「中学2年生のにっすぃーこと西山怜那です」

「私が思う大人の女性はママなんですけど。ママって手がキレイで足も長くて細いんですよ。しかも許してくれるんです、何やってもw」客w
松井咲子「待って。面白いところどこも無かったんだけど」
西山怜那「包容力とかレストランに行ったら気がついたら会計済ませちゃってる感じ?」

前田亜美「19歳のあーみんこと前田亜美です」

「19歳でまだギリギリ10代なんですけど、けっこう年上に見られるというか、さっきもさくらたんに「えっ?19歳なんですか? 23歳だと思いました」って言われて。20代に見られることが多いんですけど、私が思う大人の魅力というか、ちぃちゃんはけっこうダボっとした服を着てて。レッスン着だったりとか、上ダボっとして下短いみたいな。足全部出てるしパンツ見えるんじゃないかってぐらい。いつもそうで、フェロモンというか、出してるから、そういうのが大人なんだなと思っていつも学んでるんですけど」
中田ちさと「そういうのが大好きで、今日怜那ちゃんにも「見えてますよ」って」

中村麻里子「高橋チームAの中村麻里子です。今日初めて劇場に来たよという方? 今日少ない。やっぱちぃちゃんの生誕祭は古い方が多いんですね」客w
中田ちさと「長く応援してくださる方が多いです」
中村麻里子「ちぃちゃんからは誕生日に素敵な下着をいただきまして」
中田ちさと「だいたい後輩に下着あげるんです」
中村麻里子「テーな感じの下着をいただきまして。そんなちぃさんはどんな、やっぱり鉛筆の拾い方からセクシーなんですよ。NOTTVの「あんた、誰?」で、そこで毎回ちぃちゃんはペンを落とすと凄いセクシーに、あ~みたいな感じで拾うっていうのがあるんですね。今日はそれが見たいんですけれども」
メンバーたち「ペンがある!」
中田ちさとあっ、ほんとだ (しゃがむ) あっ・・・取れない。あと少しなのに」拍手
松井咲子「何やってんの? しっかりしてよ、もう」
中田ちさと「恥ずかしい、ほんとに」
松井咲子「まだ7時ぐらいだよ」
中村麻里子「続きが気になる方は是非NOTTVの「あんた、誰?」のちぃちゃんの出る回を見てください」

中田ちさと「若さだけがアイドルじゃない (そうだ!) 大人の魅力で勝負します。ちぃちゃんこと中田ちさとです」声援&拍手

「みんなが凄い気をつけてくれたのか、私の名前をけっこう出してくれたんですけど、そうですね、私の中では私って言いたいんですけど、一応にゃんにゃんが目標なんですね。私はチームAに入って、女性らしさが出てるにゃんにゃんだなと思って。一番にゃんにゃんの女性らしさを感じるのがやっぱり私にはないここ(胸)なんですね(w) これを実は一昨日のツアーで、にゃんにゃんの胸を触ったんですね。私の目標が2つあって。1つはにゃんにゃんの(胸を)触りたいっていうのが目標で。それが一昨日叶ったんですよ。私の大人としての目標あともう1つがみなみちゃんと2人っきりでお風呂に入るっていうことなんですね。それがまだ叶ってなくって、一向に入ってくれそうな気配はないんですけど、私はそれを達成するまでは卒業できないっていうことを言ってるので (おー) もうね、年内に叶えられるんだったら叶えたいなと思うので、叶った時は是非皆さんに報告するので楽しみに待っててください」

松井咲子「皆さんこんばんは。あなたのドレミを奏でたい松井咲子です」

「私の思う女性の魅力はですね、なんてことないことをとてもセクシーに言える、そんな女性が凄く魅力的だなと思うんですけど、そんなことが得意な方がたまたま隣にいるんですよ。ちょっとせっかくAKB劇場ですし、秋葉原っていう単語をちょっとセクシーに言ってもらっていいですか? じゃないと今日頑張れないよね。お願いします!」
中田ちさとこの場所は、あきはばら~」ひゅ~
松井咲子「ごちそうさまでした」


◆M05.黒い天使 (田北香世子小嶋菜月市川愛美)
◆M06.ハート型ウイルス (森川彩香達家真姫宝宮脇咲良)
セリフ:宮脇咲良「絶対にありえない。そう思ってたけど、なんだか私 あなたのことが 好きっちゃん♪」
◆M07.恋愛禁止条例 (岩田華怜川栄李奈武藤十夢)
◆M08.ツンデレ! (中西智代梨高橋みなみ西山怜那)
◆M09.真夏のクリスマスローズ (中田ちさと前田亜美松井咲子中村麻里子)
BD:小田えりな高橋彩音小栗有以吉川七瀬


■MC
岩田華怜市川愛美達家真姫宝小嶋菜月宮脇咲良川栄李奈

小嶋菜月「きんちょう報告・・・近況報告

宮脇咲良「私は川栄さんが出演される『ごめんね青春!』を毎週見てるんですけど、2話で川栄さんがみんなでね、同じ学校の人たちと川岸に座ってるシーンがあって。ずっと見てたんですよ、可愛いなーと思って。川栄さんだけ足がついてなくて」客w
川栄李奈「あれは、あえてなの。あえて凄く深く座って。やっぱさ、引き立て役って必要じゃん。だから、私はそういう引き立て役になりたいからわざと深く座ったの」
達家真姫宝「足が短いだけじゃないんですか?」
川栄李奈「凄いクソガキがいますよ」
小嶋菜月「もう1回訊いてみて」
達家真姫宝「足が短いから届かない」
川栄李奈「それもあります。8割それです」

小嶋菜月「私もごめんね青春!見てたんですけど、この間、りっちゃんが笑わない役なのに、ニコって笑うシーンあったの皆さん見ましたか? あの時に不覚にも、いつも一緒にいるはずなのに、ちょっとドキって。りっちゃんが笑った!みたいな、キュンってしちゃったんですけど、皆さんしませんでした?」
客「。。した」
川栄李奈「なんか遅くない?反応(w) ほんとにした?」
小嶋菜月「それが凄い可愛くて」
川栄李奈「皆さん是非見てください」拍手
小嶋菜月「足の長さにも注目して見てください」
川栄李奈「そこは大丈夫です」

達家真姫宝「多分知らない方もいると思うんですけど、私は10月19日で13歳になりました」拍手
川栄李奈「自分で言っちゃうところが凄い」
宮脇咲良「でもなこみくと同い年って思うと大人っぽい」
川栄李奈「誰かプレゼントはもらった?チームAの人から」
達家真姫宝「まだもらってない」
小嶋菜月「誕生日の日と次の日、チームA全員に「誕生日プレゼントください。先輩誕生日プレゼント。これが欲しいんです」って欲しいモノまでみんなにねだるんです、楽屋で。でもまだ誰にももらえてないんだよね」
達家真姫宝「もらってないから、明日待ってます」
小嶋菜月「まきちゃんは華怜先輩のことが大好きみたいなので、可愛いく言えば」
岩田華怜「今静かにしてたのに」
達家真姫宝「華怜さん、プレゼントください」
岩田華怜「何がいい?」
達家真姫宝「何でもいいから明日まで」
小嶋菜月 → 達家に耳打ち
達家真姫宝「明日までにお城をください」
岩田華怜「非現実的過ぎて」
客「青葉城!」
岩田華怜「青葉城はあげれません(w) 青葉城は現地にも跡しかないので無理です。じゃーわかりました。明日まきちゃんのために萩の月をあげます」おー (※CM出演中)
達家真姫宝「嬉しい」
岩田華怜「皆さんも萩の月食べてくださいね」

市川愛美「宣伝入った後に申し訳ないんですけど」客w
岩田華怜「そう言われると私が申し訳ない」
市川愛美「どうでもいいと思うんですけど、私、マンガ所持冊が400冊超えたんですよ。華怜さんは何冊ぐらいありますか?」
岩田華怜「私、500」
市川愛美「あとちょっとだ。これお母さんに内緒にしてて。オンデマ思ってたらバレて、多分帰ったら怒られるんですけど」
宮脇咲良「どこに?」
市川愛美「ベッドの下です。押し込んで。多分バレてるんですけど。ちょくちょく何冊か無くなってて、えっ?と思ったらお母さんの枕元にあるんですよ」
岩田華怜「読んでるやん」


◆M10.Switch
◆M11.109
◆M12.ひこうき雲


■MC
◆前半:田北香世子中西智代梨川栄李奈高橋みなみ西山怜那前田亜美松井咲子中田ちさと中村麻里子

中村麻里子「意外と謎多い大人の女性、中田ちさとさんに色んなことを訊いちゃおう

中田ちさと「謎多くないよ」
中村麻里子「7年いて、まだわかんないことが多くないですか?」
松井咲子「一番謎なメンバーな気がする」
高橋みなみ「ざっくり言うと変態っていうことだけはわかる」客w

中西智代梨「ハイ! 何カップですか?」反応
高橋みなみ「お前何を訊いてんだ」
中西智代梨「一緒にいて、ほんとに正確なカップがわかんないんですよ」
高橋みなみ「ブーッ! 別に知らなくていいだろう。ウィキペディア読め、ウィキペディア」客w
中田ちさと「書いてないでしょ」
中村麻里子「Aマイナスぐらいですか?」
中田ちさと「コラコラ」
中村麻里子「実際のところどうですか?」
中田ちさと「逆に智代梨は?」
中西智代梨「私はもちろんZカップ。。」
高橋みなみ「ちょいすべり。中田さんの胸は夢が一杯詰まってるということで(拍手) 知りたい方は中田ちさとの握手会に来てください」
中田ちさと「なんでー」

西山怜那「私、よく老けてるって言われるんですけど、どうやったら若く見えますか?」
高橋みなみ「それ訊く? 訊く相手間違えてねー? 若作りの仕方だよね」
中田ちさと「けっこうね、大人になってくるメンバー多いじゃないですか。若く入ってるメンバーこそどんどん変わってくるんだけど、多分私17歳の年で入ったんですよ」
高橋みなみ「その時あったんですね」
中田ちさと「片山には卒業公演で「ちぃちゃんは昔は可愛かった」って言われた時、昔の写真調べてどこが変わったのかけっこう響いちゃってね、心に。でもみなみちゃんは逆に今のほうが若いと思うんですよ。にっすぃーもそのパターンだと思う」
高橋みなみ「でも確かに顔が老けてる子っていうのは実は大人になると童顔の可能性が高くて。年が落ち着いて、私14で入ったけど、その時25と間違われてました。1期生オーディションの時に麻里子様がね、一緒の10人ぐらいの組で受けてたんですよ。なんだけど、私、黒いトレンチみたいなの着て、白のファー巻いてて、金パ(金髪)だったのよ。麻里子様はずっと私より年上やと思っていたっていう。そういうパターンあるよね」
前田亜美「大人になったら追いつく」
中田ちさと「そうそう、自然に任せとけばいいの」

中村麻里子「けっこうみんなに下着をプレゼントしてるじゃないですか。だから実際のところ本人はどうなのかなっていうのが凄い気になるんですよ」
中田ちさと「私、みんなのあれが好きなんですよ。みんなのことを凄い、人間観察が好きで、この子はこういう性格だなとか、こう思ってるんだろうなっていうのを凄くわかる自信があるの。だから、こういうのを着て欲しいなっていうのがあるから、逆に自分のことはわからないから」
高橋みなみ「あれじゃん。下着ってさ、多分オンデマでカットされちゃうんだけども、ピーチジョンとかね、あるじゃないの。ちさとさん今日何のブランドですか?」
中村麻里子「小嶋さんをリスペクトしてるんだったら」
中田ちさと「憧れのにゃんにゃんのピーチジョンでございます。ただ、小嶋さんが着てるデザインをあえて同じものを着ても、同じようには見えない」客w
高橋みなみ「それはそうね」
中田ちさと「持ってるものが違いますから」
前田亜美「個人差がありますからね」
中田ちさと「そうですよ。私ももっともっと大人を目指したいなって。小嶋さんがいるから、目標があるから」
高橋みなみ「私はね、密かに中田さんのいつもBlue roseで金の水着を着てくれないかなって」
メンバー&客「あー」
中村麻里子「着て欲しい」
メンバーたち「見たい」
中田ちさと「めーたんにも「あとは任せたわよ」って言われて」
高橋みなみ「別になんだったら葉っぱでもいいよ」

◆後半:武藤十夢森川彩香市川愛美達家真姫宝岩田華怜宮脇咲良小嶋菜月

武藤十夢「先日行われた岡山のツアーについて

森川彩香「ホテルでのことなんですけど。なっつんと華怜と同じ部屋だったんですね。私がお風呂入ってて。したらゴソゴソやってるんです、外で。出たら誰もいないんですよ、部屋に。上半身全裸で待ってたんですよ」軽くw
岩田華怜「アイドルアイドル」
森川彩香「裸でちょっと待ってたんですね。したらたくさん入ってきて、中に。ちぃさんがきて、「やだ~、裸だ~」って言って」客w
小嶋菜月「ちょっと似てる」
森川彩香「ちぃさんが私の胸をこうやって揉むの。「やだー、あーや、生おっぱい見れたー」とか言ってきて。だからなっつんとか連れてきたんですよ、みんな。5人ぐらいいたんですよ。私みんなに裸見られたんですよ」
岩田華怜「それ言ったら私なんて隠し撮りされましたからね、なっつんさんに。私がお風呂入ってたら、すっごい隙間からうまーく見えないようにさ、撮って、ちぃちゃんに送ってた」
小嶋菜月「でもうまーくお尻も何もかも見えずにシャワーを浴びてるこういういい感じの華怜が撮れたんで、これはちぃさんに送らなきゃと思って、送ったら、見事にちぃさんだちが何の部屋にね、遊びに」
森川彩香「呼んだのなっつんでしょ?」
小嶋菜月「咲良ちゃんがそのことに関して」
宮脇咲良「智代梨と同じ部屋で、向かいがちぃさんの部屋だったんですよ。そしたら、めっちゃうるさくて。私、次の日5時50分ぐらいに起きなきゃいけなくて。寝なきゃと思ったらめっちゃ盛り上がってて」
小嶋菜月「私達がうるさくし過ぎて」
岩田華怜「女子高みたいでしたね」
小嶋菜月「でも凄い楽しかったよね」

小嶋菜月「ツアーの前日ってやっぱツアーのことで頭が一杯で、寝る時もツアーのことしか考えられなくなっちゃうんですよ。夢にツアーが出てきて。私踊ってるんですけど、早着替えが間に合わなくて、ユニットに出る。なぜか夢の中で私、下着姿でユニットを踊ってるんですよ。ファンの人がめっちゃ写メ撮ってて(反応) なっつん下着だよ、フーとかじゃなくて、えっ?あいつ下着だよ、ヤバくない?みたいな、記念撮影をしてて、起きて、凄いビックリしちゃって、当日のユニットではそんなこともなく、無事早着替えもできたんですけど。あるあるだよね、AKBって。ツアーのことを考え過ぎて夢にも出てきちゃうよっていう」

市川愛美「ツアーでメロンジュースを踊ったんですよ。私と古畑さんと十夢さんとかがすっごい頭振ってたんですよ。飛んでくんじゃないかぐらい。そしたら、踊り終わった後に、私、メロンジュースの記憶がなくて。私、今何を踊ってたんだと思って。周りにいた人に「私、今何を踊ってました?」って訊いちゃったんですよ。「メロンジュースだよ、大丈夫?」って言われました。ほんとに記憶が無くなっちゃってて、軽い脳震盪(のうしんとう)だなって」
宮脇咲良「HKTよりみんな振ってます。私たち、こう手だけなので、HKTほぼ。みんな怖いぐらい振ってて、ビックリしちゃう」
市川愛美「十夢さんとずっと一緒にやってたんです」
武藤十夢「愛美ちゃんには負けたくないと思って」
市川愛美「私も十夢さんには負けたくないと思って、2人でずっとぶん回してたんですよ」

小嶋菜月「次また26日に富山でツアーがあるということで、何の曲をやるのか、メロンジュースをやるのか、皆さんお楽しみにしといてください」

達家真姫宝「次が最後の曲になります (えー!) あなたがあの頃大切にしていたものは何ですか?」


◆M13.あの頃のスニーカー


■アンコール
有志の方「本日は10月8日に24歳の誕生日を迎えた中田ちさとさんの生誕祭です!」客「イェー!」

「24歳の1年は、今年病気で長期離脱した分を補って有り余るような活躍を見せてくれることと信じ、私達ファン一同、今まで以上にちぃちゃんのことを見守り、応援していきたいと思います」イェー&拍手

「本日のアンコールは、また1つお姉さんとなり、大人の魅力全開なちぃちゃんの24歳を祝し、盛大なちぃちゃんコールでお願いします!」客「イェー!」


「ちぃちゃん」コール


◆EN01.AKB参上!
◆EN02.ナミダの深呼吸


■MC
高橋みなみ「先日、岡山にチームAとしてツアーに行ってまいりました。全国ツアーも再開して、今年急ピッチでね、皆さんのもとに行こうということでございます。

6月に1回目のツアーをさせていただいたんですけども、その時から凄くチームAの雰囲気が変わったなっていう風に感じました。それはやっぱり、東京ドームのコンサートだったり、色んなことを経て、みんなの仲が凄くより一層よくなったなっていう風に感じましたし、それがやっぱりステージに出てくるんじゃないかなっていう風に感じています。

劇場の公演は16人がMAXです。でもチームAのメンバーはもっとたくさんいます。ツアーはみんなでね、同じステージに立てるので、それがとても刺激的で、とても楽しみです。次は富山公演ということで、ちょっとね、お仕事がある子は出れなかったりするんですけれども、川栄が富山のツアーには参戦ということでですね、みんなで一生懸命頑張っていきたいと・・・」拍手

「ありがとうございます。頑張っていきたいなと思いますし、映画館の中継も入るということなので、是非ですね、行けないよって方も是非その場所で、映画館で同じ時間で生のライブを感じて欲しいなと思います。

今日皆さんに会えたこの生のライブもね、一瞬一瞬大切にみんなと楽しい思い出になれればいいなという風に思っています。皆さんこれからもどうぞ応援をよろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」拍手

高橋みなみ「それでは次が最後の曲です (えー) まぁまぁ」客w

「皆さん一緒に声を出して盛り上がっていきましょう (ポキポキッ) 大丈夫ですか? パチパチ大丈夫?(w) それ待つ感じなんで、私」客w

「なんか凄くカラフルね。めっちゃ可愛い。皆さん、可愛いです」


◆EN03.大声ダイヤモンド ※サイリウム(8色ランダム)&紙扇子『好き』


高橋みなみ「すげー」
メンバーたち「好きがいっぱい」
高橋みなみ「愛が凄い」

# ご来場の御礼&曲振り

◆EN04.心のプラカード


中田ちさと 生誕祭

# お見送り案内

# 手繋ぎ挨拶「せ~の、せ~の」
松井咲子「ちょっと待った! 今日は10月8日にお誕生日を迎えた中田ちさとちゃんの生誕祭です!」
メンバーたち「イェー」拍手
松井咲子「ちぃちゃん、お誕生日」
メンバー&客「おめでとう!」

# BGM → 涙サプライズ!

# ケーキ搬入&ロウソク火点け

松井咲子「ちぃちゃん、このケーセキ、、ケーキとロウソクが混じっちゃった」

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア ちぃちゃん ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」
中田ちさと → ロウソク火を吹き消す(4フー) → 直後に特効発射(拍手)

客 → 紙扇子
松井咲子「凄いですよ、Happy birthdayって」

松井咲子「ちぃちゃん、何歳になりましたか?」
中田ちさと「えーとですね、干支がくるりと回って24歳」

松井咲子「とある方からお手紙が」

「ちぃちゃんへ

24歳のお誕生日おめでとう。

ちぃちゃんとはチームが別々になって最近は会う回数が減っちゃったね。

しばらく休んでいたけど、劇場にも復帰して、久しぶりに会ったちぃちゃんはキラキラした笑顔で「今人生で一番楽しい」って言ってたよね。私が生きているうちにちぃちゃんの口からその言葉が聞けて満足です(w)

研究生オーディションの時、既にアイドルオーラが出ていて、ふんわりしてて、「絶対受かる、あの子。可愛いなー」っていうのが私の第一印象でした。だからチームAになって、ちぃちゃんと同じチームになれたこと、本当に嬉しかったんだ。

その後のチームKでも一緒。ちぃちゃん本人は河西智美ちゃんを尊敬して、大好きだって言っていたけど、めーたんポジションのおしめしは誰にも真似できないちぃちゃんのおしめしで、天下一品でした。

でもKでは激しいダンスが多くなって、ちぃちゃんに色々な負担がきたよね。楽屋にいる時、辛そうにしているちぃちゃんを見て、「無理しないでね」って声をかけることしかできませんでした。

でもステージに立つその姿はプロでした。後ろを向いている時も一瞬も辛そうな顔を見たことが無いし、ステージに立って気を抜いているちぃちゃんを私は一度も見たことがありません。細い体で一生懸命踊って、出来ない振り付けは先輩後輩問わず出来る人に訊いて、何度も練習している姿、メンバーやスタッフさんはちぃちゃんの頑張りを近くで見ています。

メンバーからいじられていたりしてるけれども、ちぃちゃんの物腰柔らかい人柄があってこそのやり取りなんだと改めて思うよ。これからも目を細めてニコ~っと笑うちぃちゃんを見せてください。そしてたくさんの後輩たちの良きお母さんでいてください。

最後になりましたが、1つだけお願いがあります。もう少し大きな声で喋っていただけると嬉しいです(w) 長く一緒にいるのでちぃちゃんの口の動きを見て何て言っているかわかるようになりましたが。

そして私は普段ちぃちゃんと呼んでいないのですが、私の普段の呼び方だとオンデマをカットされる場合があるので表向きの呼び方にさせていただきました。

改めてちぃちゃんおめでとう。お互い人生楽しく生きましょう。

AKB48チームB 倉持明日香

松井咲子「同期の明日香ちゃんからお手紙でしたけど」
中田ちさと「ちぃちゃんへっていう言葉で明日香だと思わなかったんで」
松井咲子「そうだね、普段は人には言えないような呼び方で呼ばれてるもんね」
中田ちさと「そうですね。嬉しいです」
松井咲子「どうですか?明日香ちゃんからお手紙でしたけど」
中田ちさと「明日香はね、私、研究生の頃から同期なのに「明日香みたいになりたい」ってずっと言ってて。それは今でも変わらないんですけど、同期だけど、ほんとしっかりしてて、やっぱりキャプテンで今、他のチームで頑張ってるのを見ると、大家もね、まさかの副キャプテンというポジションで(w) 同期がね、そうやってれいにゃんも難波のほうに移籍して、同期がみんなそうやって頑張ってるので、私も頑張んなきゃなって、みんなの頑張りを見てて思うので、そうですね、明日香っていい言葉並べるなー」軽くw

松井咲子「24歳という素敵な女性になりましたけど、この1年そして24歳になった1年どういう1年にしたいですか?
中田ちさと「あっという間に24歳になったなっていう感覚があるんですけど、まぁ、私は研究生の頃からチームAの公演にずっと出て、で、チームAに昇格して、ずっとチームAで育ってきたので、私の中でチームKに異動したことは凄く大きくて、明日香も手紙に書いてくれてたんですけど、色々と新しい挑戦というか、して、得たものは大きかったんですけど、それで色んな経験を経てまたチームAに戻ってくることができた時に、やっぱり私の中でチームAっていう場所が凄く大好きで。やっぱみなみちゃんの背中を見て私はずっと育ってきたので、やっぱりみなみちゃんがいると私の中で凄く安心するんですね」
高橋みなみ「ありがとう、ちぃちゃん。今日もさりげなく髪型を真似されるというね」軽くw
中田ちさと「気づきました? 私、お揃いにしたんです、勝手に」
高橋みなみ「ありがとうございます」
中田ちさと「ほんとになんか、いつの間にかこのAでは1期生のみなみちゃんとにゃんにゃんの次に先輩になってて、研究生として一番下で入った私が今こういう立ち位置にいるっていうのが、あっという間で、今はやっぱり自分の成長とかもそうなんですけど、自分の立ち位置というか、やっぱたくさん後輩が入ってきて、もっともっと後輩ともっと色んな接して、いいとこをもっと引き出していきたいとか、チームにとって、やっぱりチームAにちぃちゃんがいて良かったというか、支えになってるとか思われるようなポジションにやっぱりなっていきたいなって、チームに貢献するというか」
高橋みなみ「もうなってるで。もうなってるよ」
中田ちさと「ありがとう」
高橋みなみ「助かってます、いつも」
中田ちさと「もっともっとこのチームをいいチームにしていきたいなって素直にほんとにこのチームに来て思ったので、もっともっとみんなとこれからいいチームにしていくのが私の今の目標で。あとは、とにかく今を楽しみことを忘れないようにしたいなと思ってて。今日の生誕祭もそうですけど、やっぱりこの1回1回って二度と同じことは無いし、今を楽しまなきゃ、やっぱ先の目標とかも大事だと思うんですけど、今楽しまないと先には進めない気がするので、やっぱり毎日毎日1つ1つのことを楽しんで、これから頑張っていきたいなと思います」

松井咲子「今日こんな素敵な生誕祭、色々うちわを振ってくれたりとか、キレイなペンライト振ってくれたりちぃちゃんコールしてくれた皆さんに何かメッセージをお願いします
中田ちさと「今年も素敵な生誕祭を開いていただいて本当にありがとうございます。私のファンの皆さんほんとに優しくて、凄い私のことを考えてくれてて、きっとずっとずっと今日の生誕祭の為にも凄く色々考えて準備してくださってるんだなっていうのがほんとに伝わってきて、凄くいつも支えてもらってて、ほんとに感謝の気持ちで一杯です。

アンコールの時もカラフルなペンライトを振ってもらった時に凄く嬉しくて、「キレイだね」ってまきちゃんと言ってて。まきちゃんも「可愛いペンライト」って言ってて「まきちゃんも可愛いよ」って言ったら、(自分で)「まきちゃんのほうが可愛い」って言ってて(w) そういう後輩とのやり取りも凄く私の中で癒されるというか、やっぱお母さんみたいなポジションって思われてて。やっぱファンの方は最初「そんなんでいいの?ちぃちゃん」みたいなところがあったと思うんですけど、今こういう歳になって、そういうなんか、みんなに、何て言うんだろうな」
高橋みなみ「お母さんやけど、皆さんにとってはアイドルやで」
中田ちさと「そうなんですよね。メンバーのお母さんでもありつつ、24歳になっても昔と変わらないねって言われるぐらい、自分自身ももっとキラキラして頑張りたいです。

ほんとに皆さんは知ってると思うんですけど私は劇場が大好きなので、またこうやってこの劇場にきて、お休みしてたことはあったんですけど、戻ってきて、こうやってファンの皆さんとお祝いしてもらえることが凄く幸せに思ってます。これからもこんな私ですけど、まだまだここで頑張っていきたいので、応援よろしくお願いします。今日はありがとうございました」拍手

松井咲子「ほんとにね、ちぃちゃんがいると凄くおだやかな気持ちになれるというか、みんなが安心して」
高橋みなみ「助かってる。今日公演前にな、裏に服を着替えを用意しに行ったらな、多分ちぃちゃんの生誕委員の皆さんだと思うんだけど、物凄い掛け声が聞こえて。「いくぞ!やるぞ!」みたいな、多分皆さんやってらっしゃいましたよね。相当聞こえてきて、「あー、ちぃちゃんのファンの人は優しいな」っていう風に思ったし、ほんとに戻ってきてくれて良かったなって思いました」
中田ちさと「ありがとうございます、もう(拍手) このチームだったから早く戻りたいって思えたので、ほんとにこのチームのメンバーが大好きです」拍手
松井咲子「私達も大好きです」

前田亜美「ちぃちゃん戻ってきて良かった。私、唯一(チームが)一緒なんです。私が一番のお母さんだと思ってる」
中田ちさと「ありがとう。もうね、嬉しくてね(しみじみ)」客w
高橋みなみ「大丈夫ですか?」
中田ちさと「幸せ者だ、ほんと。もう、はぁ~」
松井咲子「より素敵な女性になってください」
中田ちさと「頑張ります」

松井咲子「最後に言い残したことはないですか?」
高橋みなみ「最後に言い残したことはない、遺言みたいになっちゃった」客w
中田ちさと「あとは明日香がずっと言ってた通り、声を大きく今年はいきたいと思うので。最後の挨拶、私は、いつも実は「せ~の」マイクで言ってたんですけど、地声で」
高橋みなみ「地声で行こう」
松井咲子「大きな声でいきますか?」
中田ちさと「届くかな、後ろまで」 → 「せ~の(小)」客w
高橋みなみ「ウソでしょ? お腹からね。イケるから、ちぃちゃん。ちぃちゃん、変な話してる時のほうが声デカイから」客w

# 手繋ぎ挨拶:中田ちさと「せ~の! せ~の!」 / 客「ちぃちゃん!」

メンバーたち「ありがとうございました」BGM:心のプラカード

# 公演終了


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】10月22日(水)「恋愛禁止条例」公演 中田ちさと 生誕祭 (手書きメッセージ)

公演後の感想 → 松井咲子中田ちさと

中田ちさと「今日「真夏のクリスマスローズ」ができたんですけど、やっぱり6年前にやってた時もクリスマスローズをやってて、私の代表曲だと思ってるので。今オリジナルメンバーが私しかいないので、真夏のクリスマスローズ。だからこの曲をもっとたくさんの人に知ってもらいたいなっていうのもあるし、またこの今の公演で歌えたのも嬉しかったし、生誕祭の時に歌えたのはやっぱ嬉しかったですね。咲子さんと一緒に歌えたのも嬉しかった」

「もうね、幸せでした、ほんと。なかなかね、歳を取るってイメージがね、できちゃってんですよ、誕生日と言えば。だけどやっぱ劇場での誕生日のね、お祝いっていうのは特別ですよ、やっぱり。何歳になったってね、嬉しいです、ほんとに」

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

SKE48 25thシングル 7月24日発売
Amazon 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
セブンネット 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
楽天ブックス 初回限定盤Type-A / Type-B / Type-C / Type-D
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND