FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年8月号 7月26日発売
AKB48Group新聞 2019年8月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif
AKB48Group新聞 2019年8月号 セブンネットオリジナル生写真セット new2.gif

前田美月 16歳の生誕祭 (2014/10/16、AKB48チーム4)

AKB48劇場 チーム4「アイドルの夜明け」公演

■出演メンバー
チーム4 → 大川莉央大森美優岡田彩花岡田奈々木崎ゆりあ北澤早紀小林茉里奈込山榛香佐々木優佳里篠崎彩奈西野未姫前田美月峯岸みなみ向井地美音村山彩希茂木忍

【セットリスト&MC】

■開演
◆M00.overture
◆M01.アイドルの夜明け
◆M02.みなさんもご一緒に
◆M03.春一番が吹く頃
◆M04.拳の正義


■MC (自己紹介)
向井地美音「皆さんこんばんは」
みんなで「AKB48チーム4です」

# 序盤4曲紹介

お題提供:カオチャンさん
本日のお題:みんなの『前だ』からこそメンバーに言いたいことは何ですか?

【1列目 上手側から】
込山榛香「チーム4のこみはること込山榛香です」

「私がみんなに言いたいことは、みんな腹黒い腹黒いうるさいんですよ。みんながこみが真顔になっただけで腹黒だっていうから、実はこみって腹黒なんじゃないかなと思って、腹黒診断っていうのをやってみたんですね。そしたらなんと50%だったんですよ。50%って腹黒って言わないなと思って。なのでこれから腹黒って言わないでください」

篠崎彩奈なんなんでも可愛いなんってな~んだ? (あやな~ん!) あやなんこと篠崎彩奈です」

「みんなにはもちろんなんですけど、特に前田美月に言いたいことがあって。自分が足が長いからって私の短足を馬鹿にするのやめてください」
前田美月「みんなにいじられてるからいいかなと思って。私とあやなんちゃんが立ち位置とかで隣に並ぶと鏡越しにみんなが笑ってるんですよ」軽くw
篠崎彩奈「えー!? 知らなかった」
前田美月「馬鹿にしちゃったけど、まぁ事実だよね」客w

向井地美音「16歳 高校2年生のみーおんこと向井地美音です」

「私は自分の歌声が15期のみんなに凄い馬鹿にされるんですよ。「太いよね、声が」みたいな。地味に傷つくんですよ」
岡田奈々「太いって凄いいいことだよ。聞こえやすいし」
向井地美音「先輩達ってなんて優しいんだろう(w) だから私は奈々さんとかみたいなキレイな歌声になるように頑張るので見ててください、同期のみんな」

木崎ゆりあ「いつも心に ピース! あなたの心に ゆりあピース! チーム4の木崎ゆりあです」

「ここで言わせていただきたいんですけど。私、馬鹿じゃないからね」客w
メンバーたち「馬鹿だよ」
木崎ゆりあ「さっきも「私、馬鹿じゃないんですよ」って言ったら奈々ちゃんとかが「ゆりあちゃん馬鹿じゃないよ」って」
岡田奈々「学力は低いんですけど(w) 学力以外の面で凄い頭いいから、凄い尊敬します」
峯岸みなみ「でもゆりあは、みんなから例えばツアーでやりたい曲を募集しますって、みんなから一杯曲がゆりあに送られてきて、2人で見てたんですよ。ゆりあ、曲名が読めなくて全然話が進まなくて(w) やっぱね、ダメだなと思ったよ」
木崎ゆりあ「私の立場な。一応これでも副キャプテンなんでね、これから人望集めていきたいと思います」

村山彩希「真っ赤な (ゆいりんご!) チーム4のゆいりーこと村山彩希です」

「私がみんなの前で言いたいのは、美月のことが大好きです!」ひゅ~&拍手

大森美優「ハ~イ、デコポン すっぽん 思い切り みゆぽん! チーム4の高校1年生、大森美優です」

「チーム4に限らないかもしれないんですけど、おバカが多いなと思って。例えば書き物してて、自分もいけないんですけど、漢字がわからなくて、周りに訊いても誰もわからなくて(っていう)状況がよくあって。結局スタッフさんに訊いたりとかして恥ずかしいので、まずは私が率先して、最近英会話のドリルをやろうと思って。日本語もわからないのに頑張ろうと思ってるので」


【2列目 上手側から】
北澤早紀「夢は大きく志は高く! 高校2年生のさっきーこと北澤早紀です」

「私は一応帰国子女なんですね。イギリスに住んでたんですけど、それが1歳から6歳までで、全然記憶がないんですね。メンバーも含め、握手会に来てくださる皆さんもそうなんですけど、「帰国子女って聞いたんだけど、英語喋ってくれない?」って言われた時にそれの期待に応えられないのが凄く悲しいので、ここで言っておきました」

大川莉央「チーム4のりおりんこと大川莉央です」

「私はついこの前決心したことがあるんですけど。それはゆりあちゃんをゆりあちゃんって呼ぶことを自分の中で大きい決心をしたんですよ。今日楽屋に入ってゆりあちゃんと喋る時に「今日MCでゆりあちゃんのこと言いますね」って自然な流れで言ったら凄い喜んでくれたので、これからも継続できればなと思います」
峯岸みなみ「私は?」
メンバーたち「私は?」
大川莉央「じゃーみんなそういう感じで」客w
峯岸みなみ「ゴリゴリの峯岸さんだからさ、砕けてね、そろそろ」
大川莉央「頑張ります」

西野未姫「東西南北 東の逆は?(西野!) 15歳の西野未姫です」

「声の高さを凄いメンバーに馬鹿にされて。茂木さんとか私の自己紹介の真似して「ハイ!」とか言って凄い馬鹿にしてくるんですよ(w) でもそんな高くないと思うんですよ」
メンバーたち「高いよ」

前田美月「美月はどこにいるの? みんなの? (前田!) 前田美月です」声援&拍手

「ありがとうございます、ありがとう、ありがとう・・・。メンバーに言いたいことなんですけど、今日公演前に、今日のぐぐたすとかに載せる写真を撮るじゃないですか。でもいつも他の人の生誕祭ならみんな寄ってたかって「一緒に撮ろう」って言ってたのに、今日は後輩3人と岡田彩花ちゃんしか撮ってくれなくて」
小林茉里奈「私撮ったよ」
前田美月「茉里奈さんも「あっ、そうだ」みたいな感じで撮ってくれて」
岡田奈々「公演後に撮ろうと思って」

峯岸みなみ「チーム4のみぃちゃんこと峯岸みなみです」

「全然宣伝とかじゃないんですけど、実は毎週今私、ある番組の中で企画で戦ってて、勝ったらレギュラーがっていう番組の企画をやっていて、チーム4のキャプテンっていう若干の権力を使ってみんなに「良かったら投票してね」みたいな感じでLINEをしたんですよ。みんな「了解です」多分見て無かったとしても投票しなかったとしてもみんな「了解」とか「投票しました」とか反応してくれるのに、茂木だけ、超ノーリアクションなんですよ」
茂木忍「既読はつけましたよ」客w
峯岸みなみ「それは開くだけじゃん。だからどう思ってるのかな?っていう風に思って」
茂木忍「その日は、寝ました」
峯岸みなみ「今日の深夜0時20分からよろしくお願いします」


【3列目 上手側から】
岡田彩花「15歳のあやかこと岡田彩花です」

「公演でお弁当が出るんですけど、その中で一番好きなおかずがお新香なんですね。だからみんなに「お弁当のお新香ください」って言うことを言いたいんですけど」

佐々木優佳里「私のハピネス届いてますか? (届いてる!) 私はあなたを愛すのみ。チーム4の19歳、ゆかるんこと佐々木優佳里です」

「私はですね、よく見た目とかでファンの皆さんが「幸薄そうだねー」みたいなことを言われるんですよ。だけど、私はそれをハピネスっていう言葉でなくしたくて。だから今頑張ってるんですけど。これからはそういう私を見ていただけたらいいなと思います」

岡田奈々「16歳の岡田奈々です」

「私、真面目じゃないんですよ、みんなに言いたかったんですけど (えー) 前回の公演でメンバーにスカートめくりしてるんですよ。だからスカートめくりって真面目じゃないですか。だから今日もスカートめくりしようかなと思ってるので、不真面目な・・・」
小林茉里奈「その姿勢が真面目だよね」

小林茉里奈「Everyone everyday まりなってる? (まりなってる) 18歳のまりんちゃんこと小林茉里奈です」

「メンバーというよりはファンの皆さんに言いたいことなんですけど。私最近けっこうグラビアとかをやらせていただいていてですね、それで握手会とかコメントとかで凄いファンの皆さんに「凄いまりなってたね」って言われるんですよ(w) どういうわけかわかんないんですけど、ここでハッキリさせときたくて。「まりなってる」は茉里奈に嵌ってる、略して「まりなってる」だから、私はまりならないんですよ(w) ちょっと違和感を覚える使い方をしてる方がいるなって思うので、ちゃんとしてください」

茂木忍「あなたのハートをもっぎもぎ。もぎちゃんこと茂木忍です」

「メンバーにも皆さんにも言いたいことがあるんですけど。私、キャラがキャラだから例えば楽屋とかで、みんなお年頃だからセクシーな話題になるじゃないですか。そしたら「いや、そういう話すると茂木ちゃんがテンション上がっちゃうから」って言われるんですよ。あとは握手会とかでも「この間誰々のグラビア見た?」とか言って、そういう話を言ってくるんですけど、そんなに別に飢えてるわけではないので(w) そういう変な考えを捨てていただきたいなと思います」


◆M05.残念少女 (篠崎彩奈向井地美音込山榛香)
◆M06.口移しのチョコレート (村山彩希木崎ゆりあ大森美優)
◆M07.片思いの対角線 (大川莉央西野未姫北澤早紀)
◆M08.天国野郎 (前田美月小林茉里奈佐々木優佳里峯岸みなみ)
BD:篠崎彩奈村山彩希木崎ゆりあ大森美優向井地美音込山榛香

前田美月「はーい! 16歳になりました、前田美月です! 私はね、こんなね、生誕祭でね、こんな変態キャラやるとは思ってなかったですよ。いやー、やっぱりね、皆さんのおかげなんですよ。私、可愛いよね?可愛いよね?」
メンバーたち「天国野郎!」

◆M09.愛しきナターシャ (茂木忍岡田奈々岡田彩花)


■MC
茂木忍岡田奈々岡田彩花

# 曲中に散乱した小物を拾い集める

岡田奈々最近ヤバイなと思うこと

岡田彩花「美月の誕生日会を未姫ちゃんとなぁちゃんと私でお祝いしたんですよ、美月を。それに参加したのに、私、美月の誕生日プレゼントまだあげてなくて。10月5日だっけ? 今日16だよね」
岡田奈々「私ちゃんとあげました」
岡田彩花「まだ買ってなくて。買うものは美月に聞いたんですよ、本人が欲しいもの聞いたんで、買いに行こうかなって思うんですけど・・・めんどくさい」客「えー」
岡田奈々「買おうよ」
岡田彩花「じゃー頑張りますね」

茂木忍「私はですね、多分皆さんわかると思うんですけど、鼻声がひどい。普段からけっこう鼻声なんですよ。地声がブス声なんですけど、今日ドブス声になっちゃって」

岡田奈々「私けっこう切実なヤバさかなって思うんですけど。もう高2になって、タテにも全然伸びないし、前にも伸びない。同い年に向井地美音ちゃんがいて」
茂木忍「美音はタテには伸びてないけど前には伸びてる」客w
岡田奈々「そうなんです。私はタテにも伸びなければ前にも伸びない」
茂木忍 → w
岡田奈々「ひどい。切実ですよ、けっこう」


◆M10.女子高生はやめられない (じゃんけん優勝:前田美月) ※オールチョキ
◆M11.好きと言えばよかった
◆M12.そばかすのキス


■MC
◆前半:峯岸みなみ西野未姫岡田奈々篠崎彩奈込山榛香佐々木優佳里向井地美音木崎ゆりあ

向井地美音今日の一大ニュース

西野未姫「今日の一大ニュースは1曲目でバトンを落としちゃったんですけど(w) バトンをやったことがなくて、凄いたくさん練習して、ここにアザできちゃったぐらい練習したんですよ。今日は絶対バトンは成功させるって思ってたのに、いいとこで落としちゃったんですよ」
峯岸みなみ「笑っちゃった。笑顔になった」
西野未姫「みぃちゃんが斜めに居て、吹きながら吹き出しそうで」

峯岸みなみ「人のこと笑えなくて。1曲目から一番前のセンターにいるのに、凄い間違えちゃったの、振りを。みんなにバレてて、なぁちゃんに怒られるなと思いながら(w) 人のせいにするわけじゃないんですけど、今日個性的なお客さんいて。1曲目からめっちゃ泣いてる女性がいたの。とか、その辺にジョニー・デップっぽい人がいたりしてね、気を取られちゃって。それにちゃんと勝つ集中力をつけなきゃなって改めて思いました」

篠崎彩奈「未姫ちゃんがこのポジションになって、初めてこの(前半)MC一緒になったんですよ。私は未姫が好きだから「未姫、一緒だ、嬉しい」って言ったら「あやなんちゃんのこといじめられる、やったー」って言って」
西野未姫「違う違う、あやなんちゃんはそれで喜ぶからそうしてるの」

木崎ゆりあ「日付変わって今日なんですけど、私の家でみぃちゃんとチーム4会議をしてたんですよ。たまにするんだよね」
峯岸みなみ「3、4時間やってたよね」
木崎ゆりあ「けっこう超時間やるんですけど、グダってきて、みぃちゃんもダランってしてたんだけど、急に「トイレ貸してください」を「便器貸してください」って言って(w) 二十歳超えると便器って言うのかなって」
峯岸みなみ「違う違う。誤解してるようなんですけど、私は携帯の充電がしたくて「電気貸してください」って言ったんですよ」
木崎ゆりあ「失礼しました」

岡田奈々「今日久しぶりに髪型を変えてみまして。2つ結びをやってみて、この2つ結びで「愛しきナターシャ」やるのどうなのかと思ったんですけど、前田美月ちゃんからの要望でやってみまして。どうですか?」
客「可愛い!」
岡田奈々「そうです、その言葉が聞きたかったんです」

佐々木優佳里「今なんですけど。この私の見た目、変えたんですよ、今日」
客「分け目が違う」
佐々木優佳里「メンバーより先にファンの方が。分け目がちょっと違う。ほんのちっちゃいことなんですけど、言いたかっただけです」
木崎ゆりあ「ファンは凄いね」

込山榛香「ちょっと自慢っぽくなっちゃうんですけど。朝、大大大好きな入山杏奈さんのぐぐたすを見てたんですよ。そしたらQ&Aをやってたんですね。2コこみはるについて答えてくれてて。すっごくそれが一大ニュースでした」
峯岸みなみ「何て?」
込山榛香「こみはるのこと好きですか?って、好きっていう返事」
峯岸みなみ「それ、嫌いって言えないよ」客w
込山榛香「超キャプテン嫌だー」客w
峯岸みなみ「可愛い」
メンバーたち「もう1コは?」
込山榛香「こみはるどう思いますか?で、可愛い小動物みたいって」
峯岸みなみ「だって可愛いくないって言えない」客w
メンバーたち「最低」
峯岸みなみ「ごめんね、こみちゃん」
込山榛香「ほんとに思ってそうだから」
峯岸みなみ「思ってると思うよ」

向井地美音前田美月さんについてなんですけど。足が長いじゃないですか、見た目の通り。4曲目の「拳の正義」って曲でここら辺までの特攻服を着るんですよ。美月さん見たら膝丈なんですよ。スカートかいと思って。自分の足見たらくるぶしだったんですよ。辛かったです」

◆後半:茂木忍村山彩希北澤早紀前田美月小林茉里奈岡田彩花大森美優大川莉央

村山彩希美月について

大川莉央「私は前まで研究生だったので、このチーム4に昇格させていただいてから、一番最初のチーム4の仕事のPVの撮影があったんですね。その時に踊りの立ち位置がずっと前田さんの隣で、その日から、前田さん凄いフレンドリーで、話かけてくれるので、仲良くなって。全国ツアーでもけっこう立ち位置が隣なことが多いんですよ。それで、そこでもレッスンの時とか一緒に話してくださって、面白くて明るくていつも大好きです、ありがとうございます」拍手

村山彩希「チームBさんの「パジャマドライブ」公演にチーム4から私と美月が助っ人に入った時に、私はすっごい人見知りなんですよ。美月はBなんじゃないかなってぐらいのフレンドリーさで、たなみんさんとすぐ仲良くなって、凄いいじられてるんですよ。ゴボウみたいとかカニみたいとか(w) 私はそのフレンドリー最近が凄い羨ましくて。私、1人ぼっちだったんですよ、ずっと。美月はそれ気にかけてくれてて、優しいってずっと思ってました」
前田美月「人見知りって言葉が私の辞書には無いぐらいのフレンドリーさなんですよ。だからすぐ仲良くなれちゃって、色々。小嶋さんのアドレスを知ってますね。一緒に前、話させていただいたことがあったり」

北澤早紀「美月って自分の言った言葉を大切にしてないというか」
茂木忍「責任持たないタイプ?」
北澤早紀「そうなんですよ。私、今年誕生日プレゼントあげたんですけど・・・(1年前に、来年の誕生日プレゼントこれがいいって言われたのを覚えてて、1年間覚えててそれを渡したのに)そんなこと言ったっけ?って言われて」
メンバーたち「えー」
北澤早紀「それはショックだったんですけど、確かに欲しかったって言ったのは覚えてるって言ったので」
前田美月「パズルを頂いたんですけど、もらった日に早紀ちゃん家で全部完成させて、解体してまた家に持って帰りました。早紀ちゃんありがとう、嬉しかった」

小林茉里奈「今日の話なんですけど、ユニットの天国野郎を一緒にやってて、今日美月ちゃん生誕だから、美月ちゃんに「何がいい?」って言ったんですよ、着る衣装。そしたら「あっ、スカートでお願いします」って。「えっ?何で?」って言ったら「私、酔っ払いをやって、スカートめくりをするので皆さんスカートを穿いてください」って。めっちゃ楽屋でみんなにすっごい言いまくってて。そんな酔っ払いがやりたかったんだと思って。でもめっちゃ似合うんですよ」
前田美月「酔っ払い何回かやらせていただいたんですけど、今日史上最強にめくれました。あと1人だったんですよ、美音ちゃん。だから次こそは全員めくって、キャラ出していきたいなと思います」
小林茉里奈「茂木に引き続く」
茂木忍「いや、私意外とスカートめくりとかしないですよ」

茂木忍「美月はどこまで伸びるのか、背が。今何センチ?」
前田美月「172です」
茂木忍「その時点で凄いじゃん。今まだ成長してる?」
前田美月「そうです。最近測ってないんですけど、衣装さんからとか「伸びたんじゃない?」とか言われて。やっぱり私凄いよく寝るんですよ。寝たら伸びます。伸びたいですか?」
茂木忍「いや、別に(w) どこまで伸びたいの?」
前田美月「175とか。だからもうちょっと寝たいなと思います」軽くw

岡田彩花「美月と2人でディズニーランドに行ったことあるんですよ。後輩の中で2人で出かけるっていうことがなくて。美月が初めてだったんですけど、全然つまらなくならないんですよ。1日楽しくて。だから後輩で、2人で出かけるのは美月がいいと思うんですよ」
前田美月「実はあの日めっちゃくちゃ眠くて・・・」

大森美優「美月は私のパワースポットなんですよ。美月に会うと、私もうちょっと頑張って生きようって思うんですよ。元気の出る魅力を持ってると思う」

前田美月「みんなこんなに一杯私のことで1本のMCが成立するなんて、ほんとに嬉しいです」

「いろいろ悩んだり迷ったり失敗することもありますけど、皆さんとこの劇場で出会えて私達は本当にたくさんの勇気を頂きました。頂いた勇気を持って、私達は前に進みたいと思います」


◆M13.タンポポの決心


■アンコール
有志の方「今日は10月5日に16歳のお誕生日を迎えた前田美月さんの生誕祭です」客「イェー!」

「美月は屈託のない優しい笑顔と他人の喜びを自分のことのように喜んであげられる優しさで、ボクたちファンや同期、同じチームのメンバーをたくさん笑顔にしてくれました。15歳の1年は「アイドルの夜明け」公演の初日メンバーに選ばれることができず、なかなか公演に出ることができなかったり、個別握手会が1部制になってしまったりと悔しい思いをたくさんした1年でした。しかし16歳の1年は悔しい思いをたくさんした分以上にたくさんの笑顔をボクたちに届けてくれることを願い、また、モデルになるという大きな夢への一歩を踏み出し、少しでも夢に近づけることを願い、本日のアンコールは盛大な美月コールでお願いします」客「イェー!」


「美月」コール


◆EN01.4 Stars
◆EN02.横須賀カーブ


木崎ゆりあ「皆さんのおかげで私達も凄く楽しい時間を過ごすことができました。この感謝の気持ちを込めて最後にもう1曲歌わせてください」


◆EN03.アリガトウ

# ご来場の御礼&曲振り

◆EN04.心のプラカード


前田美月 生誕祭

峯岸みなみ「この後、私達が皆様をお見送りしたいと思いますので、係員の指示があるまで客席にてお待ちください。それでは挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶「せ~の、せ~の」
西野未姫「ちょっと待った! 今日は10月5日に16歳のお誕生日を迎えた前田美月ちゃんの生誕祭です! 美月、お誕生日」
みんなで「おめでとう」

# BGM → 涙サプライズ!

# ケーキ搬入&ロウソク火点け

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア 美月 ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」
前田美月 → ロウソク火を吹き消す → 直後に特効発射(拍手)

西野未姫「あれっ? こんな所に手紙がありました」

「美月へ

16歳のお誕生日おめでとう。

美月と出会ってからもうかれこれ約2年半が経ったね。最初のオーディションで見た時「ほそっ!」って思って、凄くスタイルが良くて、目が大きくて、モデルさんみたいだなって思ったよ。

初めてAKBに受かって見学に行った時、2人で待ち合わせして行ったのに、電車を乗り間違えて、マネージャーさんに凄く怒られて、「お前ら1週間ももたねーぞ」って言われたのが今でも忘れられない思い出の1つです。

美月との思い出はたくさんあるなー。今は一番の仲良しだけど、初期は色々あったね。初期の頃は、まさかこんなに美月と仲良くなるなんて思ってなかった。入った時は凄く仲が悪くて、よく言い合いをして、ちょっと喋っただけでケンカになっちゃっていたね。

美月が敬語使ってないとか、14期でバスの中では喋らないとか、今ではありえないルールがあって、だけど美月はけっこうお喋りだったから、みんなが怒って1人になっちゃうことも多かったよね。その時は本当にごめんね。

そんなことも色々あったけど時間が経つにつれていつの間にか「遊びに行く?」って言ったら必ず美月を誘うぐらい仲良しになっていたね。

美月の夢はモデルさんだから、よく「今AKBでいるのは夢への遠回りなんじゃないか」って悩んでいるけど、そんなことないんじゃないかなって私は思うよ。私も先が不安になることはあるけど、絶対このAKBでの活動は自分にとってプラスになってると思うから、これからお互い夢に近づく為に頑張ろうね。

美月は自分のことより人のことを先に考えてくれる本当に優しいところを私は尊敬しています。てんとうむChu!ができた時も自分のことかのように喜んでくれたね。ありがとう。

自分も負けてられないってカブトムChu!を使ったり、毎月雑誌をたくさん買って、流行の服を着たり、流行のメイクを調べて夢のモデルさんになる為に努力しているのを私は知っているよ。モデルさんへの道への一歩前進だと思う。

今回の選抜発表のことで私が帰りに泣いちゃって、落ち込んでいた時、美月が励ましてくれて、美月の言葉で私は元気づけられて、もっと頑張らなくちゃって思ったよ。ありがとう。

いつも私は美月に助けられてばっかりで、美月が悩んでいる時にいい言葉をかけられなくてごめんね。美月の力になれるくらい大人になるね。

美月は私にとってかけがえのない大切な存在で、真似したいけど真似できない良いところがたくさんあって、私にとっての美月のような存在に私もなりたいな。

そして、いつも私がお菓子を食べないって言ったのに、食べようとすると「未姫ちゃんデブだよ!」って言ってくれるのに、私はいつも「今食べないと後悔する」って言って反抗してごめんなさい。これから気をつけます。

最後に約束させてください。美月が将来モデルさんになったらファッションショーに招待してね。

美月、大大大だーい好き!

チーム4 西野未姫より」拍手

西野未姫「私からのお手紙だったんですけど、どうでしたか?」
前田美月「めっちゃ泣いた」
西野未姫「嬉しい」
前田美月「未姫ちゃんだとは思ってなかったっていうのはウソだけど(w) でも凄くいい内容だったし、未姫ちゃんと一緒に同期として仲良くなれて、一杯ご飯とかにね、お鍋とか野菜食べに行ったりして、凄い楽しいし、これからも一緒にいてください」
西野未姫「はい、います。そしてですね、今日はなんとサプライズでスペシャルゲストがきています」客「おー」

# 橋本耀内山奈月が登場 (2人とも私服にパーティーメガネ、スマイルの風船)

内山奈月「美月も変な格好にしますから」
前田美月「ウソ? 知らなかったよ」
内山奈月「これ自腹で買ってきたんだよ」客w

西野未姫「同じ非公式ユニットのカブトムChu!の」
内山奈月「非公式ってわざわざ言わなくてもいいのに」
前田美月「同期として」
西野未姫「カブトムChu!のメンバーが来てくれたんですけど、なっきーひと言ありますか?」
内山奈月前田美月のことが本当に大好きなんですよ」
前田美月「ありがとう」
内山奈月「いい話しますね。前田美月ってどんな時も我武者羅に踊ってる姿が印象的で、でもチームBになって前田美月が隣から居なくなっちゃったから、なかなか今まで通り我武者羅に踊っていいのかな?って悩んだ時があったんですよ。今年の夏、前田美月が名言を言ってくれて (おー) 頑張らないほうがかっこ悪いよ。頑張ってる姿が一番かっこいいんだよって前田美月が言ってくれたんですよ、私に、リハーサルの時に(拍手) やっぱり美月は素敵だなって思ったし、我武者羅なカブトムChu!がね、前田美月を筆頭にどんどんどんどんグイグイこれからもいけたらいいなと思って」

西野未姫「耀からはありますか?」
橋本耀「美月とずっと初期からうるさいメンバーとして仲良くやってきて、色々、4の時とか研究生の時とか色々あって、ケンカ気味になっちゃったりとか」
前田美月「何回もあったね」
橋本耀「言い合いとか色々あったんですけど、色々あり過ぎてわからないんですけど、とにかく美月が大好きです!」拍手
前田美月「嬉しい、ありがとう。そうですね、こんなね、素敵なカブトムChu!の14期も、凄いつけたしみたいになっちゃったけど、14期の同期として、14期としてせっかくAKBの活動をさせていただいてることが本当に幸せなので、もう、ありがとう、私も大好きだよ。

それでね、カブトムChu!も色々ね、これから活動しなきゃいけないんですよ (おー) 裏でちょっと色々なんかこうね、なってるかもしれないし、なってないかもしれないんですけど」
内山奈月「動き始めてるんだよね、私達最近」
前田美月「だからその辺の詳細はまだ私達のほうからまだちょっと言えないのですが、まだちょっとにわかしておくんですけど」
内山奈月「めっちゃ自分たちでやってるんです」
前田美月「自分たちから「こういうのやりたいです」って言って、やらせていただいてるので、やらせていただける予定なので」
内山奈月「できるかわかんないんだけど、手探りでどんどん」
橋本耀「こちょこちょ」
前田美月「そう、やってるから、色々ね、企画が始まるかもしれないし、始まらないかもしれないので、ちょっとね、楽しみにしててください」
内山奈月「いい報告が出来るようにね」
前田美月「頑張りましょう。カブトムChu!これからだよ」
内山奈月「これからだよ」
岡田奈々「てんとうむChu!も負けてられないね」

西野未姫「ということで美月は今年1年を振り返ってどんな1年でしたか?
前田美月「そうですね、ひと言で言うと凄い悔いの残る1年だったかなと思います。凄い、嬉しいこともあったんですよ。前のチーム4の時に清純フィロソフィーという曲を皆さんのおかげでリクエストアワーで1位という順位で歌わせていただいたことや、そうですね、今この現状公演をこのチーム4のメンバーと一緒にできてることとか、ドキュメンタリー映画にほんのちょっぴりだけ映させてもらったこととか、凄い嬉しいことも多かったのですが、ハッキリ言うと悔しいことのほうが多くて。

「アイドルの夜明け」公演の初日メンバーに選ばれなくて、とっても悔しくて、泣き疲れちゃうぐらい泣いちゃったこととかもあったんですけど、でも、こう私の為に生誕祭を開いていただいたり、それも凄く嬉しいですし、あとはまりりの卒業公演とかに最初から出ることができなかったりしたりして、物凄く悔しいこととか、公演って凄く大事じゃないですか。だからそれに出るのが少なくなってしまうっていうのはめちゃくちゃ悔しくて、だから一杯ポジションを覚えて、一杯出れるようにこれからも一杯努力していきたいなと思って。

あともう1個めちゃくちゃ悔しいことがあって。同期の西野未姫ちゃんと岡田奈々ちゃんが選抜に選ばれなくて。2人は遠くから見たら最初から恵まれてるかもしれないけど、めちゃくちゃ努力して、努力を惜しまず頑張ってきたメンバーだから、もっと頑張って(w) 次は絶対選抜に入って欲しいです(涙)」
岡田奈々「もっと自分のこと言いなよ」客w
前田美月「だから、頑張ってるの見てきてるから、一緒に頑張っていけたらなと思っています」
岡田奈々西野未姫「ありがとう」
前田美月「嬉しい気持ちや悔しい気持ち、色んな気持ちを体験させていただいた15歳だったので、凄いでも、悔いの残る1年だったかなと思います」

西野未姫今年の16歳の1年はどんな1年にしたいですか?
前田美月「去年はモデルとして一歩前に進みたいと言ったのですが、全然何もできなくて。だから、今年こそは身長も伸びたし、だから、モデルとしての夢も掴み取れるように一杯、AKBに居るっていうことだけで凄く周りにチャンスが一杯あると思うので、一杯こうね、頑張って、夢へ近づけたらいいなと思ってます。

あとは、そうですね、この公演に、今日の公演も1ヶ月ぶりぐらいになってしまって、たくさんこのチーム4のメンバーが凄く大好きなので、一杯このメンバーと一緒に公演に出たいなって思うし、

この前チームBさんの公演に出させていただいて、凄く学んだことがあったので、また出たいです、大人の方々(w) と思ってるので、「RESET」公演とかもやったこと無いけど、頑張って覚えてやるし、

あと「恋愛禁止条例」公演も1回しかやったことないけど、頑張って思い出すし(w)

チーム8の公演も頑張って覚えるし(w&拍手)

だから凄い一杯もっと努力をして頑張って這い上がっていきたいなと思っています」

西野未姫今日生誕祭を開いてくれたファンの人にひと言お願いします
前田美月「そうですね、私が今ここに立てているのは皆さんのおかげだと思っています。ほんとにありがとうございます。いつも握手会に来てくださったり、握手会には来れないけどオンデマでいつも見てるよとか、お手紙とか、ぐぐたすのコメントとかで言ってくださって、やっぱり、アイドルってファンの人がいないと成り立たないから、皆さんにはほんとに感謝しているし、これからも一緒にこう、色んな、私にとっても凄い辛いこととかあるかもしれないけど、ファンの皆さんがいればどんなことでも乗り越えられると思ってるので、これからも皆さん、頑張ってついてきてくださいっていうのも、そんな言える立場じゃないからあれだけど、これからも皆さんと手を繋いで一歩一歩進んでいけたらなと思っているので、今日は本当に素敵な生誕祭を開いていただいて、ほんとにありがとうございました。めちゃくちゃ楽しかったです」拍手

西野未姫「言い残したことはないですか?」
前田美月「そうですね、無いです」

# 手繋ぎ挨拶(掛け声:前田美月)「せ~の、せ~の」 → 「ありがとうございました」BGM:心のプラカード

# 公演終了


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】10月16日(木)「アイドルの夜明け」公演 前田美月 生誕祭

公演後の感想 → 前田美月岡田奈々

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND