FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月12日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif

太田奈緒「申し訳ない」 (2014/10/13、15時30分開演、AKB48チーム8) ※SKE48劇場

SKE48劇場 チーム8「PARTYが始まるよ」出張公演

■出演メンバー
吉川七瀬(千葉県)・左伴彩佳(山梨県)・藤村菜月(愛知県)・横道侑里(静岡県)・服部有菜(岐阜県)・山本亜依(三重県)・橋本陽菜(富山県)・北玲名(石川県)・近藤萌恵里(長野県)・永野芹佳(大阪府)・太田奈緒(京都府)・山田菜々美(兵庫県)・山本瑠香(和歌山県)・大西桃香(奈良県)・濱咲友菜(滋賀県)・人見古都音(岡山県)

【セットリスト&MC】

◆M00.overture
◆M01.PARTYが始まるよ
◆M02.Dear my teacher
◆M03.毒リンゴを食べさせて


■MC (自己紹介)
永野芹佳「皆さん、こんにちは!」
みんなで「AKB48チーム8です!」拍手

# 序盤3曲紹介

永野芹佳「では早速ですが、お題と一緒に自己紹介をさせてください。今回のお題はタイムマシーンがあったらいつの時代に行くかです。それでは橋本陽菜ちゃんからどうぞ」

【1列目 上手側から】
橋本陽菜「今日も1日うさぎのようにピョンピョン飛び跳ねるのは? (はる!) 今日も自慢のラビットジャンプで皆さんにハッピー&スマイルをお届けできるように頑張ります。富山県のメガネちゃん、メガネが曇っててすみません(w) はること橋本陽菜です」

「私はちょっと歴史が苦手なので昔に行って、自分の身でちゃんと体験して歴史を覚えたいなと思います。でも、タイムマシーンは私要りません。今が幸せです」拍手

太田奈緒「Everybody! (なお!) チーム8最年長19歳の京都府出身、太田奈緒です」

「私はタイムマシーンで4日前に戻りたいんですけど。ちょっと、家の玄関の前でイモムシみたいに丸まってコケちゃったんです。それで足グネって、その時の自分に「ちゃんと足元見なあかんやん」っていうのをちゃんと伝えたいなと思います」
山本瑠香「そろそろ歳や」
太田奈緒「何て? 19一応」
山本瑠香「何も言ってないです」客w

永野芹佳「背は小さいけど夢は大きく! たこ焼きやお好み焼きで有名な大阪府から来ました、永野芹佳、トヨタの名車と同じ名前の13歳です。せりかー!って呼んでください (せりか!) ありがとうございます」

「タイムマシーンがあるんやったら私は戦国時代に行って、織田信長に会いたいです」
メンバーたち「どんな人?」「行ってへん行ってへん」
永野芹佳「どんな人なんやろう」客w
誰か「何で会いたいん?」
永野芹佳「何でやろう。なんか、タイムマシーンがあったら、とりあえず戦国時代に行きたいんですね。戦国時代と言えばやっぱり織田信長かなと思って言いました」

横道侑里「チーム8の元気印! 富士山とお茶と言えば~? (静岡!) ピンポン! 静岡県から来ました、よ・こ・み・ち・ゆり! 13歳だに。名前は横道でも横道に逸れないように頑張るぞー! (おー!) よろしくお願いします」

「もしタイムマシーンがあったら、私は今が、はると同じで大好きなので、ドラえもんにタイムマシーンとどこでもドアを代えてきてもらいたいです。それで、どこでもドアでどこにでもすぐ行けるようになりたいです」

服部有菜「シュッシュッ! シュッシュッ! にんにんパッ! 岐阜県から参った忍者のゆうな参上! 岐阜県代表 中学2年生 13歳の服部有菜です」

「タイムマシーンがもしあったら私は恐竜のいた時代に行きたいです」
横道侑里「襲われちゃうよ」
服部有菜「そこは侑里に助けてもらうから大丈夫」
横道侑里「任して」
服部有菜「で、恐竜を近くで見て、触れ合って、恐竜に襲われそうになったら侑里に助けてもらいます」
横道侑里「頑張ります」客w


【2列目 上手側から】
山本瑠香「せ~の、イルカと言ったら (るか!) るかと言ったら (イルカ!) みかんと梅干の産地、和歌山県から来ました、10月10日に、じゅう、よよよよよよよよよ4歳になりました」
メンバーたち「よん!」
山本瑠香山本瑠香です」拍手&おめでとう

「ありがとうございます。私がタイムマシーンを使えるなら縄文時代に行きたいです。理由は、私達のご先祖様はどんな苦労をして過ごしてきたのかなーって気になるからです。さっき舞台裏で考えてたらこっさんとスタッフさんに「真面目か!」ってツッコまれました。今日は1日よよよよよよよよよよ よろしくね」

左伴彩佳「上かな?下かな?右かな?左かな? ん~、そこはやっぱり? (ひだりとも!) 山梨県から来ました、ひだあやこと左伴彩佳 高校1年生の16歳です」

「もし私がタイムマシーンがあったら、お母さんとお父さんが結婚する前に戻りたくて。どんな生活をしていたのかなって思って。結婚に成り立つまでどんな過程があったのかなって気になるからです」

濵咲友菜「声のするほうを注目してくださ~い! ちっちゃいけど見えてますか~? (どこ?どこ?) ここやでー! 体はちっちゃいけれど、でっかい琵琶湖のある滋賀県から来ました、菜の花のようにいっぱい笑顔を咲かせたい濵咲友菜 13歳、よろしくお願いします」

「私がタイムマシーンで行きたい時代は原始時代に行きたいです。理由は、絶対私達って原始人さんとか見れないじゃないですか。だから、原始人さんに会って、言葉を教えて欲しいです、原始人さん語。誰も知らないですよね?原始さんの言葉。知ってきたいです、私が。で、皆さんに教えたいです」

北玲名「いつかはあなたの (シンデレラ!) 石川県から来ました、18歳 高校3年生のれななこと北玲名です」

「私はタイムマシーンで白黒の時代に行って、私よく携帯依存症って言われるんですけど、テレビが白黒の時代に行って、それで、全然携帯とか無い時代に行っても生活出来るようになりたいです」

大西桃香「いきなりですが質問です。皆さんの好きな色は何ですか? (緑!etc) ん? でもでもやっぱりそこは? せ~の、桃色! 奈良県から来ました、大西桃香 高校2年生の17歳です」

「私がタイムマシーンに乗れるなら中3の頃に戻りたいです。もうちょっと勉強しときって言いたいです」

山田菜々美「それでは三三ななみん拍子! せ~の、ピッピッピッ・ピッピッピッ・ピッピッピッピッななみ! 兵庫県から来ました、山田菜々美 高校1年生の15歳です」

「タイムマシーンがあるならば、ひだあやと全く一緒なんですけど、お母さんとお父さんが出会った時代に戻りたいな。だってどういう出会いをして、どうなってこうなったのか、みたいな」
大西桃香「ママに聞いたら?」
左伴彩佳「でも絶対ウソつかれそう」
山田菜々美「そうやねんな。だからちょっと戻って、また見てみたいなーっていうのがあるね」


【3列目 上手側から】
近藤萌恵里「口から生まれたようなお喋りさん、その名も~ (もえりん!) 長野県から来ました、高校2年生 17歳のもえりんこと近藤萌恵里です」

「タイムマシーンがあったら、私は1789年に行って。最近世界史で勉強してるんですけど、1789年に行って、マリー・アントワネットさんに会って、ほんとにあの名言を言ったのかっていう謎を突き止めたいです」
メンバーたち「えっ?」「名言って?」
近藤萌恵里「パンがないならお菓子を食べればいいじゃない。。」客w → 拍手
人見古都音「知らなかった」
近藤萌恵里「でもウソだってよく言うじゃん、それ言ったの。言わない? 知らないか」
人見古都音「習ってないから」
近藤萌恵里「中学生は知らないか」客w
山本亜依「でもうち習わんかったで」
近藤萌恵里「ほんと? 。。。はい(w) ということで、今日は最後まで盛り上がって行ってください」

藤村菜月「DJなちゅ、いっきま~す! なちゅなちゅ なちゅなちゅ なちゅなちゅ (ナチュラル!) なちゅなちゅ なちゅなちゅ なちゅなちゅ (ナチュラル!) センキュー! 愛知県出身 高校2年生 17歳のなちゅこと藤村菜月です」

「私がタイムマシーンがあったら浦島太郎のいる時代に行って、カメに竜宮城に連れてってもらいたいです。海の下のほうは多分キレイなんですけど、竜宮城は更にキレイだと思うんで行ってみたいなって思います」
近藤萌恵里「カメ、間近で見たら無理」客w
藤村菜月「えっ?」
近藤萌恵里「だってカメ、リアル、なんか「うっ」って感じじゃない?」
山本亜依「可愛いで」
人見古都音「でもでもちょっと怖いよね」
近藤萌恵里「ねぇ、怖いよね」
吉川七瀬「浦島太郎ってほんとにいたの?」客w
近藤萌恵里「わかんないかな、それちょっと」
山本亜依 → 吉川に『シー』

人見古都音「みんなの瞳にひとみも (映りたい!) 岡山県から来ました、中学2年生 13歳の人見古都音です」

「私はタイムマシーンがあったら、二十歳の時に行ってみたい。はじめ、高校生にしよっかなと思ったけど、あと2年後だから楽しみを置いといて、その際に上の二十歳の何してるかなーっていうのを見たいです」
近藤萌恵里「いいね。見たいよね」
人見古都音「でも、今を思いっきり楽しみたいです」

山本亜依「亜依の愛を愛するみ~んなに愛情いっぱい届けます。チーム8のお色気担当♪ (ひゅ~) 三重県出身 19歳、あいぽんこと山本亜依です」

「うちがタイムマシーンで行きたいのは未来なんですけど。もし未来に行って自分がなりたいなって思っとる自分じゃなかったらこっち戻ってきて、またその理想の未来になれるように頑張りたいです」
近藤萌恵里「それいいね」
吉川七瀬「でもさー、人生はもう決まってるんでしょ?」客w
山本亜依「待って。そんな夢のないこと言ったらあかんで」
吉川七瀬「わかった」
山本亜依「未来は自分で切り開くものやと思います」拍手
人見古都音「名言だね」

吉川七瀬「み~んな私を ミルフィーユ! 千葉県から来ました、吉川七瀬 16歳です。ななせって呼んでください」

「私はタイムマシーンがあったら、自分の生まれた瞬間に行きたいです。生まれた瞬間って多分間近で絶対見られないじゃないですか、どうやっても。だから、見たいなー」
山本亜依「いいと思う」客w
吉川七瀬「だよね」


◆M04.スカート、ひらり (橋本陽菜永野芹佳横道侑里服部有菜太田奈緒)
◆M05.クラスメイト (北玲名大西桃香山田菜々美山本瑠香濵咲友菜)
◆M06.あなたとクリスマスイブ (人見古都音左伴彩佳)
◆M07.キスはだめよ (近藤萌恵里山本亜依藤村菜月)
◆M08.星の温度 (永野芹佳吉川七瀬横道侑里太田奈緒)


■MC
人見古都音仲のいいメンバーとのエピソード

「今日は私から話していきます。この公演の前に瑠香と行ってみたい時代の話をしていて、瑠香が縄文時代って言った瞬間に瑠香が臭そうって言って。でも縄文時代って一番人間が猿に似てる時じゃないですか。だからなんかね。瑠香みたいにね、猿に似てる」
山本瑠香「なんでやねん」
人見古都音「でもでも、瑠香も自分で思ってるやろ?」
山本瑠香「思ってるけど、でもみんなから猿、猿言われるから、あー嬉しってなるんよ」
人見古都音「でもね、いいよね」
山本瑠香「いい? いいんかな」
山田菜々美「いいと思うで。いい顔してんで」
山本瑠香「どんな顔やねん」
人見古都音「以上です」

山本瑠香「和歌山県の山本瑠香です。昨日なんですけど、もえりんとホテルの部屋が初めて一緒になったんね。それで2人でお風呂に入ってたら、いきなり部屋にれななが入ってきたんですよ。洗顔貸してって入ってきて、瑠香ともえりんで2人にお風呂に浸かってる時にれななが隣でパシャパシャ パシャパシャ洗ってて、しかも「20回ぐらい洗わなきゃいけないんだよ」って言って」
北玲名「いいらしいですよ、お肌に」
橋本陽菜「れななって色々長いよね。昨日れななに15分間でお風呂に入るって言われたのに1時間以上入ってました。私の寝る時間が短くなりました」
山田菜々美「何してんの?」
北玲名「聞いてください。そしたら、あの、携帯をしてたんですよ。そしたらはるぴょんがいないと思って、探してたんですね。遅いから先に寝ようと思って、ドライヤーを乾かして寝ようとしたら足が見えて。しかもベッドの下の横に足が見えて。そしたらはるぴょんが地べたで寝てたんですよ」
橋本陽菜「れななが遅いから眠かったの」
山田菜々美「ベッドで寝ようよ」
北玲名「ごめんなさい、そうです」

山田菜々美「兵庫県代表の山田菜々美です。私の仲いいメンバーとのエピソードは奈緒ちゃんの話なんですけど。私、奈緒ちゃんと仲良くさせてもらっているんですけど、関西メンバーだったらけっこうわかると思うんですけど、奈緒ちゃんの口癖があって。凄いみんな移ってて」
濵咲友菜「言っていい? 申し訳ない」客w
メンバーたち → w
山田菜々美「申し訳ないってすぐ言うな。それが関西メンバーめっちゃ移ってんねんな」
濵咲友菜「移ってるっていうかただ単に言いたい。真似したら「もうそれ奈緒の」って言うのがおもしろくって、余計言いたくなる」
山田菜々美「それほんま菜々も口癖なってて、ちょっと今困ってるんですけど」
大西桃香「どんな時に使うん?」
山田菜々美「何やろうな。何かもらった時に、あー申し訳ない」
メンバーたち → w
山田菜々美「このトーンが大切で、申し訳ないっていうので、やっぱ奈緒ちゃんのポイントやな。仲良くさせてもらってます」

人見古都音「じゃー最後に何かある人?」
メンバーたち「ハーイ!」
# 星の温度メンバー登場
太田奈緒「申し訳ない」客w → 拍手
メンバーたち → w

永野芹佳「大阪の永野芹佳です。仲いいエピソードは、関西で全員仲いいんですけど、咲友菜の誕生日会をホテルでやった時に、関西で桜の木になろうを歌ったんです。で、私、その曲全然知らなくて。でもわかんなくても助けてくれるだろうと思って普通に歌ってたんですよ。それを山田が録音してて、それを大西に送ったみたいで。大西がそれをみんなにね、見せびらかすんですよ。めっちゃ恥ずかしいんです」
大西桃香「ホテルとかに帰るバスで、BGMながらに流すんですよ。芹佳が笑いながら変なテンポで歌ってるんですよ」
濵咲友菜「関西メンバーがそれを笑ってたんですね。そしたら瑠香ちゃんが切り替えて、めっちゃ真剣に歌い出すんですよ。みんなが、関西メンバーみんな笑ってるのに瑠香ちゃんが「桜の~」めっちゃ真剣に歌ってたんで切り替えが凄いって思いました」
メンバーたち → w
永野芹佳「それでは次の曲を聴いてください(w) 桜の花びらたち」


◆M09.桜の花びらたち


横道侑里「私達はこれから、p先輩に負けないよう、夢に向かって一生懸命頑張りますので、皆さん応援是非してくださいね」客「はーい」拍手

「台風の中で本当に大変なのに、ほんとに集まってくださって本当にありがとうございます。それではで聴いてください。そして次が最後の曲になります (えー) ありがとうございます。それでは聴いてください。青空のそばにいて」


◆M10.青空のそばにいて


# 曲終了後「ありがとうございました」手を振りながら捌ける


■アンコール


永野芹佳「アンコールありがとうございます!」

◆EN01.AKB48
◆EN02.スカート、ひらり


横道侑里「次が本当に最後の曲になってしまいました (えー) それでは聴いてください、桜の花びらたち」


◆EN03.桜の花びらたち


# 曲終了後「ありがとうございました」手を振りながら捌ける

■VTR(チーム8の軌跡映像) BGM:47の素敵な街へ

■ダブルアンコール

客「チーム8(エイトー)」コール


永野芹佳「アンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます!」拍手

永野芹佳「それではチーム8スペシャルメドレーを聴いてください!」


◆EN04.AKB48チーム8スペシャルメドレー
(1)言い訳Maybe
(2)ポニーテールとシュシュ
(3)ラブラドール・レトリバー
(4)恋する充電プリウス ~恋するフォーチュンクッキー2~


濵咲友菜「先日発売になりましたAKB48 37枚目のニューシングル「心のプラカード」を今日このメンバーで披露したいと思います!」拍手


◆EN05.心のプラカード


横道侑里「今聴いていただいた「心のプラカード」劇場盤には、なんと私達チーム8の初のオリジナルソングが収録されています!」
メンバーたち「イェー」拍手

太田奈緒「その曲を聴いていただけますか?」客「イェー!」

山田菜々美「この曲のポイントはこの8のポーズが入っているところです。是非そこにも注目してみてください」


◆EN06.47の素敵な街へ


永野芹佳「本日は本当にありがとうございました!」
みんなで「ありがとうございました!」拍手

太田奈緒「それでは最後の挨拶をしましょう!」

# 手繋ぎ挨拶「ありがとうございました」 → 手を振りながら捌ける (BGM:47の素敵な街へ)

服部有菜橋本陽菜横道侑里「せ~の」 → 3人で大ジャンプ

# 公演終了


SKE48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】10月13日(月)15:30~ AKB48 チーム8出張公演「PARTYが始まるよ」公演

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND