FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月12日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif

NMB48沖田彩華 19歳の生誕祭(お手紙&コメント)

Google+より
141012apon04_20141015122034a50.jpg

2014年10月12日 NMB48劇場 チームM「RESET」公演

高柳明音からのお手紙 (高野祐衣が代読)
高野祐衣「あーぽんお誕生日おめでとう。今回お手紙を書かせていただいたのは誰かあーぽん是非考えてみてね。

私があーぽんに出会ったのは2011年、3年前かな。けっこう急な話であーぽんから話しかけてくれたのがきっかけでした。「ずっと好きでした」って。多分もうこの段階で本人は誰か、私が誰だか、大体予想ついていると思いますが、まだわからない方もたくさんいると思うのでこのまま続けようと思います。

今年あーぽんのお誕生日にお手紙を書いてくださいとファンの方から依頼が来て、瞬時に思ったのは「私でいいのか」でした。素直な話、あーぽんが私を好きだと言ってくれていたのはもうちょっと前の話であって、昔はお互いのチームの話やあーぽんの相談に乗ったり、会ってはよく話していたけど、最近は同じグループとして今活動しているのにお話する機会も減ってしまって。

出会った頃のあーぽんと今のあーぽんとはかなりイメージが変わって私の中ではきっと皆さんの中でも「大人になったなー」という印象。今ではもう立派になって、大胆なグラビアなんかやっちゃって、超セクシーで、フォー! どこを見ていればいいんだ。

そういう意味じゃなくてNMBで引っ張っていく存在を支える柱のような存在なんだなーと見ていて頼もしいなって思うんだけど、私のような存在がもう必要なくなったのかなって少し寂しく思ったり。

昔の話になるけどあーぽんが研究生だった時、たくさん悔しい想いやもどかしい想いをしていた時、お話をしたことがありました。私はあーぽんのステージを見る機会はあまり多くはなかったけど、数少なくとも一緒のコンサートのリハーサルをやる時、あーぽんを見て、そのしっかりとしたキレのあるダンスに何ひとつチームメンバーに劣っていない、むしろやる気が人一倍あるパフォーマンスを見て凄く嬉しかったのを覚えています。

チームMに昇格した時、本当に本当に嬉しかった。お祝いにレッスン着をプレゼントしたのを覚えているかな? (※沖田、誰か気づいた様子)

私がNMBと兼任することになって、あーぽんの頼もしさや貫禄っていうのかな、そういうのを身近に感じることができている今、昔だったら考えられなかったけど凄く刺激をもらっています。

昔あーぽんが言ってくれた「ずっと好きでした」っていう言葉は私にたくさんの自信をくれました。本当に嬉しかったのを覚えています。だからこそ今、あーぽんが私のことをどう思っているのかちょっと気になるところです」
沖田彩華「大好きです」
高野祐衣「ちょっと寂しがってます、実は。

今、私は先輩でありながらNMBではあーぽんの方が大先輩なので、これからは私があーぽんを頼ることがあるかもしれません。その時はよろしくね。

初めにも書いたように最近ではあまりあーぽんとかかわりが減ってしまって寂しかったのでファンの方からいい機会を頂けたと感謝しています。

改めてあーぽん19歳のお誕生日おめでとう。ってまだ19歳だったのかー。なんなんだろうその色気は(謎)

それでは最後にこのお手紙を書かせていただいたのは、もちろんあーぽんわかってくれたよね?」
沖田彩華「わかった!」
高野祐衣「正解はNMB48チームBII、そしてSKE48チームKIIのちゅりこと高柳明音でした」拍手

沖田彩華「ちゅりさん! ありがとうございます。そう、この間ね、お話して、リハーサルの時に。その時もちゅりさんが一杯お話しようよ!って声かけてくれて凄い嬉しかったので、まさかの。この後メールしときますね。ちゅりさん、ありがとうございます」拍手

従兄弟のななみちゃんからのお手紙
「あーちゃんへ

お誕生日おめでとう。

あーちゃんがNMBで頑張っている姿を見ていつも凄いなと思っているよ。

あーちゃんが出てるテレビは何回もビデオに録って見てるよ。凄く可愛いよ。

最近はなかなか会ってないから寂しいなー。広島に帰ってきた時は会いに行くね。その時けん玉教えて欲しいな。

これからもあーちゃんのこと応援するからね。

ななみより」

沖田彩華「あー! 小学校4年生の従兄弟です」
メンバーたち「可愛い」
木下百花「しかも小4やのに手紙センスめっちゃいい」

お父さんからのお手紙
「彩華へ

彩華 お誕生日おめでとう。今年はパパが手紙を書かせてもらいます。

彩華が大阪に行って4年が経ったね。大阪での生活はどうですか? パパが見ている限り、大阪にすっかり馴染んでいるんじゃないかと思います。

毎年この季節になると4年前のことを思い出します。オーディションを受けることを決め、NMB48に合格するまでの1ヶ月半、歌の練習をするのに何度もカラオケに行ったね。こんな機会がないと彩華と2人でカラオケに行くこともなかったなーって思います。

家ではAKB48のDVDを見ながらダンスレッスンを毎日していたよね。その時の彩華は希望に満ちあふれていて、とてもいい顔をしていたよ。今の彩華を見ていると当時と同じようないい顔をしているような気がします。何か自分の中で目標や希望が明確に見えているのかな。

19歳の1年は今まで通り一歩一歩前へ進み、自分の夢を自分の手で掴んでね。

1年後、「最高の1年になりました」と報告できるように頑張ってね。応援しているよ。

そして最後になりますが、本日生誕祭を開いていただき本当にありがとうございます。生誕委員の皆様、NMB48関係者、メンバー、沖田彩華を応援してくださる皆様、いつも彩華がお世話になっており、感謝いたしております。これからも彩華は前へ前へ進んで行くと思います。温かく見守っていただくと嬉しいです。

そして皆様が良い1年になることを願っております。本日は本当にありがとうございました。

パパより」

◆色紙贈呈

石塚朱莉「メンバーから色紙のプレゼントです。まだ書いてない方、枠が余ってるので早めに書いてください」
木下百花「私書いたで、今回」
三田麻央「ちなみにその絵は紗良ちゃん」
沖田彩華「紗良ちゃん、ありがとう!」
木下百花「うちのとこ見て」
沖田彩華「皆さん、見てください(軽くw) おっぱいの絵が描いてあって、「でかい」って書いてある」客w
木下百花「ちゃんと矢印ででかいって書いてるから」客w
沖田彩華「見た見た。ありがとうございます」

19歳になったあ~ぽんからひと言どうぞ
沖田彩華「今日は来てくださった皆さん、そしてDMM配信、モニター観覧を見てくださっている皆さん、本当に本当にありがとうございます」拍手

「そうですね、この間9日で4周年を迎えまして、NMBに入って。色んな経験をさせていただいて色んなことを学ばせていただいて。でもその中でも18歳の1年というのが自分の中で凄く凄く大きくて、ずっとしたかったチームMのツアーもやらせていただいたり、今のチームになってもツアーをさせていただいたり、そして何が一番大きかったって本当に副キャプテンにならせていただいたことが一番大きくて、自分の中で凄く凄く変わったなと思うことがたくさんたくさんあります。

このチームのために何かをしたいっていう想いも凄くありますし、もっともっと色んな人から頼られる1人の女性として素敵な人になりたいなという想いも強くあります。

そして昨日握手会があったんですけども、もう凄い人の、何て言うんでしょう、凄いファンの皆さんがいっぱいいっぱい来てくれて今までに見たことのないぐらい凄い並んでくださっていて。1年前ではありえなかったなって思って、凄く凄く嬉しかったんですけども、やっぱりまだまだ昨日はね、1部しかなくて凄く悔しいので、今年中には4部になるように (おー) なりたいな。大きいこと言っちゃったんですけども(笑)

握手会が本当に大好きで、皆さんとお話する機会も、今はもうハイタッチとかも中止となってしまっているので、握手会とかでしかお話しする機会がないので本当に握手会を皆さんと楽しみたいなという想いで今は一杯です。

そしてこうして劇場公演で「あーぽんのパフォーマンス好きだよ」と言ってくださる方が一杯いるので、もっともっとパフォーマンスにも磨きをかけて、皆さんがずっと目で追って見てくれるような、そんな存在になれたらいいなと思います。

そして昨日ブログで書いたんですけども、まだね、ブログでは書かないと言って、生誕祭で目標を言いますと言ったので、今年1年の目標を言いたいと思います。今年は選抜に入りたいです(拍手&声援)

1期生だからとか次世代が来てるとか色々言われてますけども、まだまだ、まだまだ色んな経験不足とかかもしれないんですけども、自分なりに頑張って今年こそは選抜に入って、20歳の生誕祭の時には皆さんに笑顔で話せたらいいなと思っています。

そして、もちろんこのチームのことも本当に本当に大好きなので、またチームMでツアーができるようになりたいなと思っています。

これからも19歳になった私、凄いダサいTシャツを皆さん着てくださってて。色んな方にね、Tシャツダサいとか着るの恥ずかしいとか言われたんですけども、それでもこうやって着てくださる方がいるので、私は本当に皆さんのことを、皆さんに出会えて良かったなという気持ちで一杯です。

今年はもっともっとたくさんの人に出会えるように、もっともっと色んな方に私のことを知っていただけるようにこの1年精一杯努力していきたいと思います。今年も1年よろしくお願いします。ありがとうございました」拍手

◆公演の感想(ラストソング前)
沖田彩華「今日はね、サイリウムめっちゃキレイやったり、うちわも皆さん一緒に振ってくださったり、凄い凄い盛り上がりで、もうほんとにほんとに最高の思い出になりました。そしてMのみんなも最高!ほんとに」
メンバーたち「イェー」拍手
木下百花「なんか今日朝凄いみんなテンション低かったやんか。やのにみんなテンション高いな」
高野祐衣「溜めとってん」
沖田彩華「それは皆さんのおかげですからね、ほんとに。もう皆さんほんとにありがとうございます(拍手) 最高です、ありがとうございました」

山田菜々「あ~ぽんはですね、いつも凄くほんとにまとめてくれたりとか、ダンスの振りを合わせる時でも率先してカウントをリズムを取ってやってくれるんですよ。ほんとに、ほんまにあ~ぽんには感謝しきれないぐらい感謝してる」
沖田彩華「ありがとう」
山田菜々「ほんとにそう、だからさ、みんなチームM・・・(泣きそう)」客w&ざわざわ
メンバーたち「どうしたん?」
木下百花「(客に)誰や?泣かしたん?」客w
山田菜々「なんか、凄い改めて、みんなで一緒にお祝いできて良かったなと思って」
沖田彩華「ありがとう」
山田菜々「凄い感極まる生誕祭でした」拍手

◆一抹礼後
沖田彩華「センキュー!」捌ける
木下百花「おいおいおい、わかってたんやろ?わかってたんやろ? そんなキラキラなティアラつけやがって」
沖田彩華「(再登場)なんですか?」
木下百花「今年の目標さ、もう1個作ろうよ」客「おー」
沖田彩華「何?」
木下百花「さっきさ、触った感じさ、し・・・」
沖田彩華「何?何? マイク放して言いなさい、あなた」
木下百花 → 沖田に耳打ち
沖田彩華「w この人、しぼんだとか言ってたんだけど」客w
木下百花「だから、今年19歳の目標はZ目指そう」
沖田彩華「アホか」
木下百花「じゃーZになったら沖田・Z・彩華にしよう」
沖田彩華「わかりました」
木下百花「じゃー、沖田・Z・彩華でした!」
沖田彩華「ありがとうございました。バイバイ、またね」

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND