渕上舞 18歳の生誕祭 (2014/09/30、チームKⅣ)

HKT48劇場 チームKⅣ「シアターの女神」公演

■出演メンバー
チームKⅣ → 伊藤来笑今田美奈岩花詩乃植木南央多田愛佳岡田栞奈草場愛熊沢世莉奈後藤泉下野由貴田中優香冨吉明日香朝長美桜渕上舞宮脇咲良本村碧唯

前座ガール → 外薗葉月



【セットリスト&MC】

■開演前
外薗葉月「前座ガールの外薗葉月です。公演が始まる前に1曲歌わせてください」

◆M00.ロマンスかくれんぼ (前座ガール)


■開演
◆M00.overture (HKT48 ver.)
◆M01.勇気のハンマー
◆M02.隕石の確率
◆M03.愛のストリッパー
◆M04.シアターの女神


■MC (自己紹介)
宮脇咲良「皆さんこんばんは HKT48」
みんなで「チームKⅣです」客、拍手

# 序盤4曲紹介

宮脇咲良「誰の生誕祭ですか? (舞ちゃん!) ありがとうございます。最後まで舞ちゃんへの熱い想いを忘れずに盛り上がっていきましょう」拍手

本日のお題:お母さんから怒られたこと

【1列目 下手側から】
多田愛佳「埼玉県から来ました、らぶたんこと多田愛佳です」

「私がお母さんに怒られたことはですね、まだ実家に住んでいる時なんですけど、冬とか秋とかになると黒いタイツを履くじゃないですか。それをいっつもママが、私がいっつも裏返しに脱いでしまうんですけど、洗うのは表面で洗いたいらしくて、なのでいっつも「何で裏返しに脱ぐの!」って怒られてました。でも1人暮らししてその大変さがわかったので今は直りましたっていうお話でした」

田中優香「優香の香りは優しい香り。アニメとたぬきが大好きな14歳の舞ちゃん、舞ちゃんじゃない」客w
下野由貴「いつから舞ちゃんになったの?」
田中優香「間違えました、ごめんなさい。ゆうたんこと田中優香です」

「ビックリした。舞ちゃんのこと考え過ぎて、ずっと舞ちゃん舞ちゃん言ってました。私の怒られたことは1回だけぐぐたすに天使みたいになりたいって書いたことがあるんですけど、天使過ぎる橋本環奈さんがいるじゃないですか、アイドルには。だからママにそんな子になれるわけないよって言って、凄い複雑な気持ちになりました」

宮脇咲良「あなたも あなたも みーんなの心に さくら咲け! 鹿児島県出身、宮脇咲良、16歳です」

「私のお母さんはそんなに怒らないんですけど、私が唯一すっごい怒られたなって覚えてるのは幼稚園生の時に、何かを思って卵をふ化させようと電子レンジでチンした時はさすがに怒られました。皆さん爆発するんで気をつけてください」

朝長美桜「笑うと目の形がポカポカ陽気になります、みおこと朝長美桜です」

「私が最近怒られたことなんですけど、ママと一緒に最近ずっと一緒に寝てるんですけど、私の寝相が悪過ぎて、ママの頭をちょっとキックしてしまって、それでさすがにママに怒られたので、気をつけたいと思います」

冨吉明日香「明日はあすかの風が吹く。宮崎の元気と笑顔をてげ届けるために 今日もトミヨシレボリューション!(ポーズ) あすかこと冨吉明日香です」

「私が怒られたことはですね、昔ローラー靴がちょっと流行っていて。ローラー靴って言ってもたくさんあれがついたやつじゃなくて、スニーカーに見えて意外とローラーついてんだぜ、みたいなやつが欲しくて、高くて買ってもらえなかったんですよ。でも試着だけをしたんですよ。そして、そのまま逃げようとした」反応
多田愛佳「最悪だ」
冨吉明日香「でも私、運動音痴なんで死ぬほど遅くて2秒で捕まりました」


【2列目 下手側から】
熊沢世莉奈「HKT48のおしゃれ番長と舞ちゃんのような人になりたい、せりーぬこと熊沢世梨奈です」

「私がお母さんに怒られたことは、ちっちゃい頃の話なんですけど、ちっちゃい頃、私凄いイタズラっ子だったんですよ。三輪車の後ろにちょっとカゴがあったんですけど、そこにいっつも砂をたくさん詰め込んでたんですね。そのままスーパーの中に入って、砂の道とか言って、スーパーの中に砂をこぼしてたのはね、さすがにそれは怒られました。今日は1日がんばー! (りーぬ!)」

今田美奈「福岡を盛り上げるのは? いまだー! み~んなのアイドル♪ (ひゅ~) 福岡県出身 17歳のみなぞうこと今田美奈です」

「私がお母さんに怒られたことはですね、お家のお庭にタイムカプセルを埋めようと思ってめっちゃ掘ったら水道管みたいなやつ出てきたんですよ、パイプみたいな。それでお母さんがその次の日にお庭をお手入れするって言って見たらすっごい穴開いてたらしくて、その時に一番怒られました」

渕上舞「今日のお天気は私にお任せ! あなたの心をいつもポカポカ陽気にします♪ 高校3年生の18歳になりました、舞ちゃんこと渕上舞です」声援&拍手

「ありがとうございます、ありがとうございます・・・。私は怒られたことと言うよりも今まで秘密にしてたことなんですけど。実は中学生の時に全教研に自習に行くってウソついて、友達と花火大会行きました。でも全教研の授業はサボったことありません」

本村碧唯「福岡を信号で表すけん、みなさんも一緒に言ってみてください。お願いします。赤は明太子、黄色はとんこつラーメン、青はやっぱり? あおい! 福岡県出身 17歳のあおいたんこと本村碧唯です」

「私はですね、朝が苦手で、いつもお母さんに起こしてもらってるんですけど、いつもお母さんが起こし始めて1時間後に起きるらしいんですよ、私。何でもっと早く起こしてくれないの?っていっつも怒って、逆に「あんたが起きないからでしょ」って怒られて、朝大ゲンカするんですよ。それで、学校に行く出る時間遅れて、結果送ってもらって仲直りするっていういつもの流れです」

草場愛「愛と書いてまなみやけん。覚えてくれたらまなみの愛をプレゼント♪ (ありがとう!) どういたしまして。福岡県出身 18歳のまなみんこと草場愛です」

「私は小さい頃にママと一緒にお買い物行ってた時の話なんですけど、はぐれないようにずっとママを追いかけてるつもりが知らない人を追いかけてたみたいで、レジのところに並んでる時に「ママ」って話しかけたら全然知らない人が立ってて、その場で凄い大泣きをして、家に帰って「知らない人について行っちゃダメって言ったでしょ」って凄い怒られたんですけど、私的にママについて行ってたので、ちょっと罪悪感が無くて、怒られて、はいって素直に聞いたんですけど、知らない人について行かないように気をつけたいと思います」

下野由貴「昔のキャッチフレーズをするので覚えてる方いたらお願いします (おー) 意地悪なんてしないもん 舞ちゃんにあま~い (しなもん!) 福岡県出身 16歳のしなもんこと下野由貴です」
渕上舞「確かに甘いですね、ほんとにいつも」
下野由貴「舞ちゃんには甘いです、ほんとに。私は昔、小学生の時に学校に行きたくないってお母さんに言ったことがあるんですけど、その理由が朝やってる星座占いで12位だったからっていう理由で。意外とこういう可愛いエピソードがあります」


【3列目 下手側から】
岩花詩乃「みんなのハートのしのっちオン♪ 福岡県出身 中学3年生の14歳、ワンちゃんが大好きなしのこと岩花詩乃です」

「私はですね、怒られたことはたくさんあるんですけど、何の理由で怒られたかあんま覚えてないんですよ。でも今私反抗期でちょっと反抗しちゃうので、いい子になれるように頑張ります」

後藤泉「溢れる笑顔は泉のように。福岡県出身 17歳 高校2年生のいーちゃんこと後藤泉です」

「私がちょっと下野さんと被るんですけど、星座占いじゃなくて、普通に小学校に行きたくないっていうのを凄く言ってたらしくて、毎朝泣いて「行け行け」って怒られてたんですけど、こうやって高校2年生になって、1人で朝行けるようになりました。お父さんお母さん、私はこんなに大きくなったよ」客w

岡田栞奈「(グルグル回りながら)ま~い~ちゃ~ん~に、幸せを届ける 青い鳥になりたい。どこにおってもあなたのところに飛んでくけん。福岡県出身 17歳、おかぱんこと岡田栞奈です」

「私がお母さんに怒られたことは、小学校の時の話なんですけど、お母さんの大事なお気に入りのお皿が割れてたらしくて。私普通に友達ん家に遊びに行ったんですけど、お母さんがそれを私が逃げてしまったって思って私を犯人扱いして、私、家の前に30分間立たされてたんですよ。なので、その後犯人がお兄ちゃんってわかって、無実は証明されたんですけど、そのね、凍える冬の中に30分間立たされてた恨みはまだあります。(マイクなしで)今日は1日よろしくお願いします!」

伊藤来笑「カムスマイル♪ カムスマイル♪ ライライラー! 愛媛県出身 15歳、今日もみ~んなにカムスマイル♪ らいらこと伊藤来笑です」

「小さい時ってダメって言われるものほどしたくなっちゃうじゃないですか。私はママに服にかけるアイロンを熱いから絶対触っちゃダメだよって何回も言われて、ずっとダメだよって見張られてたんですけど、ママが目を放した隙にアツアツになったアイロンにジュッて手をつけちゃって、大火傷をしたんですけど、泣いちゃったら負けだと思って負けず嫌いの私、泣けなくて、怒られても全然泣けなくて、熱くないもんってずっと言ってたんですけど、あの時、泣いてたらもっと可愛げがあったのかなって思うので、今でも可愛げがあんまりないので今日は舞ちゃんみたいに可愛さもかっこ良さも出せるように頑張りたいと思います」

植木南央「み~んなを笑顔にしちゃうけん。片っぽえくぼがチャームポイントの17歳、なおこと植木南央です」

「ありがとうえき、ありがとうえき。あの、南央がママに怒られたことは、最近はあんまり無くて、ママも南央も大人なので、あんまり怒られたりすることはないんですけど、覚えてるのは幼稚園の時にピアノを習ってたんですけど、そのピアノの先生が説明してる時にいつも寝てたらしいんですよ。だからそれをいっつもママに怒られてました。でも、最近はお互い大人なので」軽くw
後藤泉「デジャブですか? 聞きました聞きました」
植木南央「あんまりね、怒られないようになりました。今日は1日おねげーするっす」


◆M05.初恋よ こんにちは (田中優香朝長美桜冨吉明日香)
◆M06.嵐の夜には (今田美奈下野由貴多田愛佳草場愛)
◆M07.キャンディー (熊沢世莉奈宮脇咲良本村碧唯)
◆M08.ロッカールームボーイ (岩花詩乃後藤泉植木南央岡田栞奈伊藤来笑)
◆M09.夜風の仕業 (渕上舞)


■MC
宮脇咲良本村碧唯朝長美桜植木南央

宮脇咲良舞ちゃんとしたいこと。舞ちゃんって優しいからね、どこでもついて行ってくれると思うけど」

本村碧唯「一杯美味しいもん食べに行きたい。舞ちゃんってよく食べるイメージあるから、全部美味しく食べてくれそう」
宮脇咲良「舞ちゃんって凄いよね。舞ちゃんになりたいの、私ほんとに」
朝長美桜「人良過ぎる」
本村碧唯「わかる」
宮脇咲良「ほんとにいい人だよね」
植木南央「みんなが認めるほどね、優しくて」
宮脇咲良「欠点がないよね」
本村碧唯「だって優しいし、可愛いし、おっぱいあるし」客w → ひゅ~
宮脇咲良「あおい、それ楽屋のやつだからね」
植木南央「楽屋のやつだからもおかしい」
本村碧唯「ズルイよね、ほんとに。頭いいし」
宮脇咲良「頭もいいじゃん」
本村碧唯「歌も上手いし」
朝長美桜「寝起きのほう、それが出来ないっていうのがありますよね」
本村碧唯「何言っても起きない。地震あったら大変だと思う」
朝長美桜「多分死ぬよね」
宮脇咲良「ほんとに起きない」
本村碧唯「なんか笑えないほど起きない」
植木南央「寝てる時に、目を引っ張ってみても1回白目になって、スって寝るんですよ。凄いよね。相当眠たいんだろうね、いつも」

朝長美桜「舞ちゃんと家具屋さんに行こうってずっとお話してたから。家具が2人とも好きで、そういう所に、イ○ヤみたいな所に行きたいなと思って」

植木南央「南央もけっこう仲良しで、一緒にご飯食べに行こうって1年前ぐらいからずっと言ってるんですけど」
本村碧唯「それほんとに仲良しなの?」
植木南央「仲良しなんやけど、まだ行けてないけん、2人で。お題から外れてもいい? 舞ちゃんファンさんのことを推しまいさんって言うでしょ?舞ちゃん。。」
本村碧唯「そうでもないみたいだよ」
植木南央「あれっ? 南央が考えたんだよ。言わない?」
本村碧唯「合ってる? 合ってた。あんま気に入ってないみたいだよ」
植木南央「ごめんなさいね」
本村碧唯「そんだけ? 南央が考えたよっていうやつ?」
植木南央「そう」

宮脇咲良「じゃーここで、そんな舞ちゃんに登場していただきましょう」

# 渕上舞 → ステージへ(センターへ)

渕上舞「何話してたの?」
宮脇咲良「舞ちゃん、歌ってましたね、夜風の仕業」
渕上舞「緊張しました」
宮脇咲良「どうでしたか?ファンの皆さん」拍手&最高
渕上舞「ありがとうございます。まだまだなんです」
宮脇咲良「緊張した?」
渕上舞「緊張しちゃって。ユニットの間にお腹空いちゃって、緊張して。だからクッキー1枚食べました」
本村碧唯「やっぱなんか凄いね」
宮脇咲良「マイペースだね、ほんとに」
渕上舞「なんか緊張したらお腹空いちゃうみたい」
朝長美桜「空かないけどね」ざわw
渕上舞「美桜ちゃんから怒られちゃった」
朝長美桜「怒ったっけ? 忘れた」

宮脇咲良「今舞ちゃんとしたいことって話したんですけど、私、舞ちゃんの誕生日の時に美桜と秋吉ちゃんと美久と私で、ボスもいたね」
植木南央「南央も居たよ(w) いつ呼ばれるかなーって」
本村碧唯「影うすっ」
宮脇咲良「みんなで、舞ちゃんの誕生日もうすぐ迫ってるって、プレゼントとかが」
渕上舞「パジャマドライブの前日だったから」
宮脇咲良「できなかったんで、自動販売機に柿ピー売ってるじゃないですか(軽くw) あれを10個ぐらい買ってタワーにしようって言ったんですけど、意外と高くて。300・・・舞ちゃんに言うのもあれなんですけど」
渕上舞「高いんですね」
宮脇咲良「3つしか買えなくて」
渕上舞「それ大好きなんですよ」
宮脇咲良「部屋の前に3つ置いて、トントンってして、逃げた」客w
本村碧唯「逃げるの?」
宮脇咲良「何これーって1人で言ってた」
渕上舞「そう、ドッキリかなと思ったらみんながその後ワーって出てきて、おめでとうって言ってくれたから凄い嬉しかったです」拍手
メンバーたち「良かった良かった」
渕上舞「最高の誕生日でした」
宮脇咲良「今日も最高の生誕祭になるように皆さんまだまだ盛り上がっていけますか?」客「イェー!」


◆M10.100メートルコンビニ
◆M11.好き 好き 好き
◆M12.サヨナラのカナシバリ


■MC
◆前半:今田美奈草場愛熊沢世莉奈渕上舞宮脇咲良冨吉明日香田中優香岩花詩乃

冨吉明日香「今日は舞ちゃんの生誕祭ということなので、舞ちゃんとのエピソードについて話していきたいと思うんですけど」

岩花詩乃「私はですね、この前、舞ちゃんのお家にお泊りに行ったんですけど、1つのお布団に2人で寝たんですよ。それで舞ちゃんが寝相が悪いっていうのは知ってたんですけど、でも舞ちゃんが、私夜中起きたんですよ、なんか違和感感じて。そしたら舞ちゃんからめっちゃ抱き疲れてて。それとか舞ちゃんからめっちゃお腹蹴られたりとか、めっちゃ色々あって凄く大変でした」
渕上舞「意識ありませんでした、すみませんでした」
冨吉明日香「舞ちゃんが寝てる時のハプニングのエピソードってけっこう多いよね。私も1回だけホテルで舞ちゃんと一緒に寝たことがあるんだけど、私は起きてて、舞ちゃんが先に寝ちゃったんですよ。そしたら、「あ~、あ~」って言いながらいきなり脱ぎ始めて、上、裸になったんですよ。私どうしていいかわからなくてソーっと毛布をかけてあげて」
渕上舞「だから朝起きた時には元通りになってたんだ」
冨吉明日香「そうそう、ビックリした」
草場愛「この間もね、舞には言ってないんだけど、握手会の裏で舞が寝てて、私、横で寝てたんですよ。目開けてたんだけど。そしたら、寝てるのにいきなり笑い出して。でも起きてるのかなと思ってて。私が話してたから、凄い笑ってたからそれで起きてるんだと思って「舞」って聞いたら「ふふふー」とか言って」
今田美奈「こわーい」
渕上舞「何の夢見てたんだけど」
草場愛「そう、だからめっちゃ気になってて」
渕上舞「覚えてないです」
冨吉明日香「そして、全然起きないよね」
今田美奈「この間ホテル一緒で、アラームずっと鳴ってたんですけどコケコッコー、ワンワンワンワンとかずっと鳴ってたんですけど(w) 1回も起きない」
渕上舞「最近いい、目覚ましアプリ見つけて。音が凄い爆音が鳴って、携帯を開いて。いつもだったらすぐパって消しちゃうんですよ。だけど、迷路して、音が止まるってやつなんですけど、最近その迷路テクって来ちゃって、4秒ぐらいで終わるんですよ。だからちょっといい対処法があれば」
宮脇咲良「カモネギックスで私起きますよ。チャーンチャーンチャーンチャンで。ほんとに起きて。あれが自分の中で体に染み付いてるからコンサートとかで聴くと「あっ、起きなきゃ」って思う」客w
冨吉明日香「私、水夫です。トゥトゥッ、トゥールットゥルットゥー」
メンバーたち → w
渕上舞「やっぱりみんな48グループなんだね」

田中優香「私は舞ちゃんと、またホテルのことなんですけど、舞ちゃんと泊まったことはないんですけど、一緒に泊まろうって言う話をしたことがあって。その時に舞ちゃんが一緒にお風呂入ろうって言ってくれたんですけど、お風呂狭いからちょっと無理だなと思って」
冨吉明日香「それはね、体目当てですよね」
渕上舞「違います」
宮脇咲良「○○ちゃんのねーお風呂ってねー」
メンバーたち「ちょっと」客w
今田美奈「咲良!」
宮脇咲良「凄いでしょ?」
冨吉明日香「わかりますよ。確かに凄い」
渕上舞「この間美桜ちゃんと入った、2人で」
宮脇咲良「グラビア見ながら入ったんでしょ?美桜の」
渕上舞「美桜ちゃんのグラビアのショット見せてもらいながら一緒に入った」
メンバーたち「何それ?」「何してんの?」
渕上舞「この間これ撮ったんだけどキレイじゃないって言われて、キレイだねって話してたけど、上がって考えたら、私ヤバイことしてたなと思って」
冨吉明日香「凄い怪しい関係に聞こえてるよ、今」
渕上舞「でもそれで、仲良しになってきました、美桜ちゃんと」
冨吉明日香「けっこうお風呂にメンバーと入るのも抵抗ないの?」
渕上舞「抵抗ない。芽瑠ちゃんとかとも入る」
宮脇咲良「大浴場とかみんな行った時も普通にね、一緒に入りました」
冨吉明日香「じゃー今度一緒にお願いします」客w
草場愛「やめとけ」
田中優香「大丈夫って」軽くw

◆後半:後藤泉伊藤来笑岡田栞奈朝長美桜本村碧唯植木南央下野由貴多田愛佳

後藤泉「ちょっと美桜ちゃん、オフショット見せてよ」
朝長美桜「やだー」

後藤泉地球最後の日がもし訪れたら何をするか

下野由貴「私はですね、最近宝塚歌劇さんに嵌ってるんですよ。だからやっぱり最後は好きな所で死にたいじゃないですか。宝塚大劇場を眺めながら死にたいです」
多田愛佳「素敵」
下野由貴「素敵でしょ?」
後藤泉「それ以外言うことなかったんですか?」
下野由貴「ごめん、最近頭にそれしかなくて」
後藤泉「2ヶ月ぐらい宝塚さんの話しかしてないですからね」
下野由貴「しかも今日はチーム宝塚である咲良がいるということで、楽屋で凄い盛り上がってました」
後藤泉「もうちょっと静かにしていただいて」
下野由貴「ごめんなさい」
本村碧唯「あのさ、やってるところ見ながら死ぬの?」
下野由貴「もう眺めてていい、外観だけでも十分です。若干ひかれた」

朝長美桜「私は、草原のアフリカに行って、ハンモック吊るして、寝る。そしてそのままサヨウナラーって。携帯とかも捨てて、パジャマでゆっくりと死にたい」
後藤泉「日本じゃなくていいんだ」
朝長美桜「別にどうでもよろしい」
伊藤来笑「草原がいいってことだよね」
朝長美桜「そう」
下野由貴「美桜、草原好きだよね」
朝長美桜「大好きなんですよ。連れてってください」
後藤泉「下野さんと一緒に行ったら宝塚歌劇団の目の前に連れて行かれますから」
朝長美桜「嫌だ」軽くw

植木南央「南央はちょっと頭良くて」
後藤泉「それを言う人は大抵馬鹿です」
植木南央「地球がもし明日なくなるとしたら、火星に行きます。で、火星で生き延びます」
後藤泉「木星とかじゃダメなんですか?」
植木南央「パパに訊いたら、地球の次は火星がいいんだって言ってた」
後藤泉「素敵な遺伝をお持ちですね。お父さんもそういう方なんですね」
植木南央「そうなんです」
多田愛佳「家族みんなそうだよね」
植木南央「うん」
後藤泉「夢見る植木家ですね」

伊藤来笑「私は好きなだけ食べたいんですけど、HKTにいたらやっぱり太りたくないし、太っちゃダメって思ってるから、一応食事制限したりダイエットをしてたりするんですけど、もう最後の日になったらラーメン食べ終わったらそのスープにご飯を入れてとか、ご飯の上に唐揚げと・・・」
後藤泉「気にせずにね」
伊藤来笑「そう。禁断のメニュー、ケーキワンホールとかをやってみたい」
多田愛佳「いいなー」
伊藤来笑「共感できるでしょ?」
多田愛佳「夢だねー」
後藤泉「やってみたいね、確かに」
下野由貴「待って、ほんとにやりたくなってきた、どうしよう」
後藤泉「やめてください。それなら宝塚さんでお願いします」
下野由貴「そうします」


◆M13.潮風の招待状


■アンコール
有志の方「本日は渕上舞ちゃんの生誕祭です」客「イェー!」

「初めてこのステージに立った「PARTYが始まるよ」公演初日から2周年となるこの節目の日に生誕祭を迎えることができることは彼女にとって一番心に残る生誕祭になるはずです」拍手

「17歳の1年で経験した昇格、選抜をはじめとする様々な出来事を糧に、18歳の1年では更に上のステージへ舞い上がり、夢に一歩でも近づいてくれると思います」拍手

「これからも努力し、夢のお天気キャスターになるという花を咲かせあげられるように、背中を押してあげられるように、本日のアンコールは盛大な舞ちゃんコールでお願いします」客「イェー!」

「それでは舞ちゃんコールいってまいります!」


「舞ちゃん」コール


◆EN01.オネストマン
◆EN02.チームKⅣ推し


■MC (感想)
後藤泉「もちろん今日は舞ちゃんの生誕祭ということで、凄い舞ちゃんうちわがたくさんあるんですけど、嬉しいですね、ありがとうございます。みんなだって1枚1枚違うんですよ。凄い面白くて。ちょっと私のうちわも何枚かあったんですけど、そこの方がですね、ひたすらいーちゃんうちわと舞ちゃんうちわをクリクリ裏返したりしてるんですよ」客w
メンバーたち「凄い!」「スライド式」「頭いい」
後藤泉「頭いいけどね、まぁまぁまぁまぁ、今日は舞ちゃんのお祭りなのでね、そこは甘く見てあげようかなと思いましたね」

多田愛佳「凄く楽しい舞ちゃんの生誕祭になって、それでですね、ここで私達、HKT48の4thシングル「控えめI love you !」のカップリングに収録されてるあの曲をここで披露させていただきたいと思います」おー&拍手


◆EN03.夏の前 ※チームKⅣ初のオリジナル曲
◆EN04.控えめI love you ! ※HKT48 4thシングル


渕上舞 生誕祭

多田愛佳「皆さんの応援のおかげでなんと4thシングルの「控えめI love you !」がオリコン・ウィークリーチャートで1位をいただくことになりました!」拍手
メンバーたち「ありがとうございます」
多田愛佳「これからもどんどんどんどん前進して、HKT48を盛り上げていきたいなと思います。これからも応援どうぞよろしくお願い致します」
みんなで「よろしくお願いします」拍手

本村碧唯「それでは次が本当に最後の曲になります」客「えー」
今田美奈「ダメー! ちょっと待って。皆さん今日は誰の生誕祭かわかりますか? (舞ちゃん!) 正解。今日はですね、9月21日に誕生日を迎えた渕上舞ちゃんの生誕祭です」
メンバーたち「イェー」拍手
今田美奈「舞ちゃん、お誕生日」
みんなで「おめでとう!」

# BGM → 涙サプライズ!

# ケーキ搬入&ロウソク火点け

岡田栞奈が火点けやろうとするも
多田愛佳「やりますよ。骨折しちゃうから」チャッカマンを受け取り、多田が火点け(&今田美奈)

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア 舞ちゃん ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」
渕上舞 → ロウソク火を吹き消す

今田美奈「今日は舞ちゃんの生誕祭ということで、どうですか?迎えてみて」
渕上舞「誕生日は9月21日だったんですけど、やっぱり生誕祭は私にとって2回目なんですけど、やっぱり生誕祭を迎えてやっと18歳になれたなって気持ちになれます」拍手

「ありがとうございます」
今田美奈「さて、そんな舞ちゃんにプレゼントがあります。南央持ってきて」
植木南央 → いったん捌け、すぐにステージへ
今田美奈「何?何?」
植木南央「高級枕です」拍手

※箱に『TEMPUR』の文字

植木南央「舞ちゃんはほんとにどこでもよく寝るから、ロッカーとかにも顔突っ込んで寝たりするから、それじゃ首痛めたりするけん、この美しいお方が寝てらっしゃる高級枕で」
渕上舞「ありがとうございます、嬉しい」
今田美奈「高級です」
後藤泉「高級に食いつかないで、そんなに」
下野由貴「久々にお金かかってる感じするね」
今田美奈「めっちゃ高いよ、これ」
植木南央「何でマネージャーさん値札つけてるん」客w
渕上舞「嬉しいです。これを楽屋に置いて、楽屋で眠たい時はロッカーじゃなくてこの上で寝ます」
今田美奈「是非首痛めないように」
渕上舞「はい、ありがとうございます」

今田美奈「そしてもう1つプレゼントがあります。ある方からお手紙をもらってるので、愛ちゃんお願いします」

多田愛佳「舞ちゃんへ

お誕生日おめでこぽん

舞ちゃんに初めてお手紙書きます。

舞ちゃん、東京に連泊した時、一杯一緒に寝てくれてありがとう。舞ちゃんはいつも優しくて、包容力があって、私のお姉ちゃんみたいな存在です。

HKT48の4thシングル選抜の発表された日も一緒に寝てくれたよね。

私はあの日、選抜に落ちたことが凄く受け止められなくて、悲しくて、悔しくて、頭が真っ白になって、舞ちゃんの前では泣かないようにしようって思っていたけど、振り返ったら、舞ちゃんが号泣していて、私も涙が溢れてきました。

静かな部屋で2人で話したことは今でも強く心に残っているよ。

選抜に復帰するのは簡単なことじゃないけど、またあのステージに笑顔で立ちたい。今度は悔し涙じゃなくて嬉し涙を一緒に流したいです。

舞ちゃん大好き。改めて、お誕生日おめでとう。

秋吉優花」拍手

渕上舞「優花ちゃん、ビックリしました。でも優花ちゃんとはけっこう東京とかにホテルで過ごす時は一緒に寝たりするんですけど、選抜発表があった日も、ずーっと東京ドームのリハーサルで東京に居た時だったので、日頃から一緒に寝てたんですけど、その日もたまたま一緒に寝ることになってて、それで、発表されるとは思ってなくて、発表された後、ホテルの部屋に帰って、なんか優花ちゃんがけっこう私に気を遣ってくれてるのか、いつも笑顔にしてくれるんですよ。だからホテルに帰った瞬間、優花ちゃんが「舞ちゃん、生誕祭いつだっけ?」って言われて。その時は8月だったんですけど、「9月だよ」って言ったら「じゃーその時なんか、お手紙書いたりしようかな」って笑いながら言ってくれて、それを聞いて涙が溢れてきちゃって。でもほんとに、ほんとにそのお手紙を書いてくれると思ってなかったので、凄い嬉しかったです」拍手

今田美奈「そして、今日は美桜もお手紙書いてくれてます。仲良しだからね、2人は」

朝長美桜「舞ちゃんへ

18歳のお誕生日おめでとう。

舞ちゃんは私にとってとっても大切な、2期生のみんなにとってもきっとお母さんみたいな存在です。

レッスンの頃からずっと一緒にいるから、舞ちゃんが隣にいるととっても安心します。

舞ちゃんは本当に優しくて、どんなに忙しい時も、眠い時も、私が困っていたらダンスや立ち位置、歌を教えてくれて、一緒にとても確認してくれます。

いつも人のことばかりで、自分のことを後回しにして、みんなを助けてくれる舞ちゃん。あまり弱音を吐かないから大丈夫かな?と心配になります。

私じゃ頼りないと思うけど、舞ちゃんの力になれるような存在になりたいです。だから舞ちゃん、是非私のことを頼りにしてください。

また一緒にプールに行きましょう。

本当におめでとう。」拍手

渕上舞「ありがとうございます」

今田美奈「今日は美桜からも書きたいということで」
渕上舞「ありがとう」
今田美奈「2人は仲良しなので、どうですか?」
渕上舞「でも美桜ちゃんとは普段いっつも一緒にいるんですけど、さっきの話になるんですけど、選抜が発表されて、優花ちゃんと同じ部屋に2人で話してたらトントンって音が聞こえて、ドアを開けたらそこには美桜ちゃんが立ってて。美桜ちゃんも色々不安なこととかもあるはずなのに私のことを気にかけてくれて、わざわざお部屋まで来てくれたので、私は凄い美桜ちゃんのことを頼りにしてます」
朝長美桜「ありがとうございます」
渕上舞「ほんとだよ」

今田美奈「メンバーにもたくさん愛されてる舞ちゃんなんですけど、最後に生誕祭を開いてくださった皆さんにひと言お願いします
渕上舞「今日は私の為に生誕祭を開いてくださって本当にありがとうございました」拍手

「17歳の1年は、私を一番大きく変えたのはチームKⅣに昇格させていただいたことなんですけど。それまではずっとHKT48の研究生としてステージに立たせて頂いてて、いざチームができるってなって、正規メンバーになるって思ったら、KⅣは先輩方も一杯いて、同期も一杯いて、この中で私は輝くことはできるかなって不安もあったんですけど、私はチームKⅣになって、自分が変わることが少しずつできてるんじゃないかなって思います。

KⅣのメンバーって凄いあったかいんですよ。それで、あったかくもあり、厳しくしてくれて。私が、反省会の時とか、私のダンスが間違ってたりとかしたらい凄いみんな指摘してくれて、笑いながら優しく指摘してくれて。今まであんまり人に指摘されることがなかったんですけど、KⅣになって、みんなが直したほうがいいなって思う所は「こうしたほうがいいよ」って凄い教えてくれるので、私はもうみんなが家族みたいな存在で。

17歳の中で個人的に一番嬉しかったことは、通っていた全教研さんのCMに出演させていただいたことなんですけど、まさか自分が通っていた塾のCMに出演させていただけるとは思ってなくて。やっぱり何かのご縁があると思うんですけど、そのCMとか、他の活動はもちろん、たくさんのステージに出演させていただけたのは皆さんのおかげです。ありがとうございます」拍手

「さっきも言ったんですけど、私は9月24日の発売された4thシングルの選抜には選ばれませんでした。その時、ちょっと前から、いつだろう、入った頃からもし選抜に自分が選ばれないことがあったらどういう気持ちになるんだろうって思って。自分は何かできるかなと思って凄い不安だったんですけど、でもいざ選抜発表で名前を呼ばれなかった時は頭の中が真っ白になったけど、心の中は凄い悔しさで一杯で。

いつも応援してくださる皆さんのことを考えると皆さんが悲しい顔をするんじゃないかなって凄い心配になったんですけど、握手会でたくさんエールをくださったり、ぐぐたすやお手紙で「会えないけど遠くで応援してるからね」っていっつもメッセージを送ってくださる方がいたりして、私は本当に皆さんに支えられてるんだなって実感します。

あと、選抜が発表されて、皆さんに発表されるまでの時間が一番辛かったんですけど、それでもKⅣのメンバーとかが、美桜ちゃんがお部屋に来てくれたり、その発表があった次の日はあおいちゃんが何気なくお買い物に誘ってくれたりとか、みんなに気を遣ってもらっていて、凄い優しいメンバーに囲まれて幸せだなって改めて思いました。

私は、絶対に選抜に復帰したいっていう気持ちはあるんですけど、焦るんじゃなくて、ちょっとずつでも実力を積み重ねて「イケる!」って思った時に選抜に選んでいただけるんじゃないかなって思うので、これからも皆さんと一緒に1つずつ、小さな課題から取り組んで頑張っていこうと思います。

私は18歳の年は、高校はもう卒業するのでお仕事の幅も増えますし、色んなね、活動もできると思うので、18歳は高校を卒業するのでHKTにもっともっと専念できると思うので自分の壁を壊して、勇気のハンマーのように自分の勇気のハンマーを持って、目の前の壁を打ち壊していきたいと思います。皆さん、18歳の私の応援もよろしくお願いします。今日は本当に素敵な生誕祭をありがとうございました」拍手

今田美奈「みんなで一緒に最後に・・・舞ちゃんお誕生日」
メンバー&客「おめでとう!」
渕上舞「ありがとうございました」

今田美奈「枕の値段は後から訊いてください、スタッフさんに。けっこう高い」
冨吉明日香「いいな。私ペヤングだったのに」客w

本村碧唯「次が本当に最後の曲になります」客「えー」
渕上舞「ダメー!」ひゅ~


◆EN05.僕たちの紙飛行機


# ご来場の御礼&「控えめI love you !」MV上映案内

# 手繋ぎ挨拶:渕上舞「せ~の、せ~の」 / 客「舞ちゃん、お誕生日」 → 「おめでとう!」

メンバーたち「ありがとうございました」 → 手を振りながら捌ける (BGM:シアターの女神)

渕上舞「最高の生誕祭をありがとうございました。皆さん大好きです。ありがとうございました」

# 公演終了

■公演後の影アナ
渕上舞「皆さん、今日は本当にありがとうございました!(拍手) ありがとうございます。今日は凄い素敵な生誕祭を開いていただけて本当に18歳最高のスタートを切れたと思います。これからも皆さんと一歩一歩歩んでいきたいと思います。皆さんのことが大好きです。本日のご来場誠にありがとうございました。またのご来場をお待ちしております。以上、HKT48渕上舞でした。ありがとうございました」


HKT48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】9月30日(火) チームKIV「シアターの女神」公演

公演後の感想 → 朝長美桜渕上舞

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]




カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ