FC2ブログ

自分の譲れないこだわり (2014/09/28、15時開演、AKB48チーム8)

AKB48劇場 チーム8「PARTYが始まるよ」公演

■出演メンバー
横山結衣(青森県)・谷川聖(秋田県)・佐藤七海(岩手県)・早坂つむぎ(山形県)・舞木香純(福島県)・本田仁美(栃木県)・清水麻璃亜(群馬県)・高橋彩音(埼玉県)・吉川七瀬(千葉県)・小栗有以(東京都)・小田えりな(神奈川県)・佐藤栞(新潟県)・左伴彩佳(山梨県)・永野芹佳(大阪府)・濱松里緒菜(徳島県)・吉野未優(大分県)

【セットリスト&MC】

◆M00.overture
◆M01.PARTYが始まるよ
◆M02.Dear my teacher
◆M03.毒リンゴを食べさせて


■MC (自己紹介)
永野芹佳「皆さん、こんにちは!」
みんなで「AKB48チーム8です!」拍手

# 序盤3曲紹介

永野芹佳「今回のお題は・・・」反応
メンバーたち「失敗談」
永野芹佳恥ずかしい失敗談です」客w

【1列目 上手側から】
小田えりな「今日も楽しくえりえりおー!で頑張ります。神奈川県から来ました、小田えりなです」

「私の失敗談はこの公演の初日の時に自分の名前を言い忘れたことです。キャッチフレーズは言ったのに自分の名前言わなくて、名前何?って聞こえたんですけど、「あれっ?自分名前言ったよな。あれ? あっ、言ってねー」と思って(w) 「あれ?やべー」と思って、それが失敗談です」

舞木香純「福島県から来ました、体育会系ピーチ姫と言えば? (かすみん!) かすみんこと舞木香純 高校2年生 17歳です」

「私の恥ずかしい失敗談は東京から地元に帰る時に寝過ごしちゃったんですよ。駅員さんが起こしにくるまでずっと爆睡してて、駅員さんに起こしてもらって、寝ぼけながらホームに行って、そこのホームはいっつも通ってるとこなんですけども、訳分かんなくなっちゃって、パニクっちゃって、どうしようかと思って、とりあえずお母さんに連絡したんですけど、それ夜で、真っ暗で、隣にコンビニもあって、コンビニも真っ暗で、見えちゃった気がして、自分には、幽霊とか。凄く怖くなっちゃって、17歳にして大泣きしてしまったことです」

永野芹佳「背は小さいけど夢は大きく! たこ焼きやお好み焼きで有名な大阪府から来ました、永野芹佳、トヨタの名車と同じ名前の13歳です。せりかー!って呼んでください (せりか!) ありがとうございます」

「恥ずかしい失敗談は、お出かけするのにすっごいヒールの高い靴を履いてたんですよ。めっちゃノリノリで歩いてたら、足をグネってしまって、そのグネった瞬間の知らない周りの人に見られてしまったんですよ。で、笑われたことが私の失敗談です」

本田仁美「栃木と言えば? (日光!) ニコニコ笑顔のひぃちゃんこと本田仁美です。イチゴのようにフレッシュな12歳です」

「私の失敗談は、小学生の時の話なんですけど、お母さんと一緒にデパートに行ってたんですね。そしたらお母さんとはぐれちゃって、お店の人に呼び出ししてもらうことになったんですけど、その呼び出しをしてる準備をしてもらってる時にふと横を見たら、すぐお母さんがいて、そのまま帰ったら、帰りのエスカレーターで呼び出しされちゃって、服の特徴とか色々言われちゃったんで、エスカレーターに乗ってる他の人にめっちゃ笑われちゃいました。今日は芹佳と有以ちゃんと同じ髪型(お団子)なんで、注目してください」

早坂つむぎ「山形県から来ました、つっちゃんこと早坂つむぎ 中学1年生 13歳です」

「私の恥ずかしい失敗談は、すんごいちっちゃい保育園の頃なんですけど、夏で髪が伸びててお母さんにそろそろ切んなきゃねって言われて、お母さんがどっか行ってる間に自分で切ればお母さんの手間が省けるなって思って切っちゃったんですよ。そしたら髪が男の子以上に短くなっちゃったことです」


【2列目 上手側から】
吉野未優「温泉県と言えば? (大分県!) 大分県から来たけん、「み」に「ゆ」が2つ、「ん」が付いてみゆゆんこと吉野未優 13歳です。未来に向かって優しくなりたい、未来の未に優しいと書いて『みゆ』って読みます」

「私の失敗談は、もうだいぶ前、6年生ぐらいかな、に、自分で料理が得意なんで料理作ったんですけど、失敗しちゃって、でもそれを隠して友達に食べてもらったら、友達がめっちゃ喜んで食べてくれたんですよ。で、それを未だに黙ってます」

左伴彩佳「上かな?下かな?右かな?左かな? ん~、そこはやっぱり? (ひだりとも!) 山梨県から来ました、左伴彩佳 高校1年生の16歳です。ひだあやって呼んでください」

「私の失敗談は1人で下を向いて携帯をいじってて歩いていたら、前に電柱があって、普通に歩いてたら電柱があることを気づかないでそのままガンって衝突してしまったんですよ。でもそこがすっごい大通りで、車とか人がたくさんいて、パって見たら、周りの人が全員私のことを指して、めっちゃ笑っていました。で、その近くが家だったので走って駆け込んで逃げました」

谷川聖「人生谷あり川あり (聖あり!) あなたもあなたもあなたも聖のこと飽きたなんて言わせないぞ。秋田県から来ました、ひじりんこと谷川聖 13歳です」

「私の失敗談は、朝に仕事が終わって新幹線に乗ってて、降りた時にキャリーバッグを前に置いたんですよ、ホームのところに。それで自分が降りようとしたらキャリーバッグがホームのこの間あるじゃないですか、狭いところに。あそこに嵌っちゃって、それを助けたら自分の足入っちゃったんですよ。で、抜けなくなって。でもキャリーバッグ前に置いてたからこんな状態で、凄い踏ん張ったんですけど、後ろにななみんがいて、「聖!聖!聖!」とかって言って。でも今ここにいるので大丈夫でした」

小栗有以「みんなのハートを (取っちゃう取っちゃう) 東京のゆいゆいこと小栗有以です」

「私の失敗談は前回の劇場公演の時に、「47の素敵な街へ」で都道府県を言う時に、ここに来て、有以が運転をするんですけど、運転に集中し過ぎちゃって、東京って言えなかったんですよ。1人だけ東京って言えなくてごめんなさい (大丈夫) ありがとうございます。なので、今日は大きい声で元気に東京を言います」

佐藤七海「一度見?二度見? 七海でしょ! 岩手県からやって来ました、佐藤七海 14歳です。ななみんって呼んでください」

「私がした恥ずかしい話は総選挙の時のコンサートのリハーサルの時に「ポニーテールとシュシュ」のリハーサルをしてたんですけど、思いっきりすんごい音を立てて転んでしまって、で、色んな人に笑われて恥ずかしかったんですけど、香純ちゃんが助けてくれて良かったです」

横山結衣「わぁ、こったになまっちゅうばって、AKBだんず、たんげがんばるんはんで、応援してけ! 青森県から来ました、横山結衣 13歳です。なまっても? アイドル! よこちゃんって呼んでください」

「私がした恥ずかしい失敗談、それは、この前、家族で出かけた時に車で通った時に、市役所だったんですよ。それで、私、県1つずつに国会議事堂あると思ってて(w) で、その市役所見て、私がお母さんとかその家族に「あっ、これが青森の市役所ね」って言ったら妹に「あんた馬鹿じゃないの?」って言われました。すっごい恥ずかしかったです」


【3列目 上手側から】
佐藤栞「新潟から来たエクボ流星群、あなたの一番星になりたい、しおりんこと佐藤栞です」

「私の失敗談は3、4さんの時なんですけど、おばあちゃんが化粧してる時にビューラーを使ってるのを見て、留守の間に私がビューラーをやってみたいなっていう衝動に駆られてやったんですけど、それがハサミで、まつ毛を全部両方切っちゃって、はい、無くなっちゃったんですよ。今はもうバッチリなんですけど。なくなっちゃって、今となってはビューラーとハサミを間違えたことがすっごく恥ずかしいです」

高橋彩音「聞いて聞いて。鐘の音? 鈴の音? (彩音!) 埼玉県から来ました、高橋彩音 16歳の高校2年生です」

「私がしてしまった失敗談は、小学校の頃に遡るんですけど、私ここぞっていう大事な時によく転んでしまって、小学校の卒業式の時に賞状をもらいに行く時に階段上ってる時にズベって、上ってたら」
清水麻璃亜「まったく同じ」
高橋彩音「ほんと? イェー (清水とハイタッチ) 仲間がいて良かったです。あと、ほんとに申し訳ないのが、昨日の公演の時に転んでしまって、コケっとかじゃなくて気づいたら地べたに座ってたんですね。だから、今日は絶対転ばないように頑張ります」

濱松里緒菜「Hello, everyone.I'm Riona from Tokushima.Please let me introduce my self in Japanese. それでは日本語で自己紹介をさせてください。浜松と言えば静岡県の浜松市やけど、徳島の濵松と言えば? (里緒菜!) 歌とダンスが大好きで、英会話が得意な濱松里緒菜 19歳です」

「私の恥ずかしい失敗談は、ある時、母と一緒にショッピングモールにお買い物をしに行ったんですよ。で、週末だったので、たくさんの人で賑わっていたんですけれども、私はウィンドウショッピングでキョロキョロしていたら、隣にいたはずの母がいなくて。で、まぁちょっと歩いてて、奥のほうに母がいたので、そっちのほうで「マァ~ン」って呼びかけながら母のほうに駆け寄ったんですけど、そこで振り向かせようとして肩をポンポンってしたら、なんと、全く別人で。でもすぐにすみませんって言って、でもその方は凄く優しい方で「大丈夫ですよ」って言ってくださったので良かったんですけれども、でもその時着ていた服も似ていて、髪型もそっくり、お母さんと。で、後ろ姿もお母さんそのものでした。でも本当に恥ずかしかったです。これからはお母さんを間違えないように大事にしていきます。I love you! mom」

清水麻璃亜「君は羊ですか? (いいえ、馬です) 君と羊と馬と書いて群馬県から来ました、16歳の清水麻璃亜です」

「私の失敗談なんですけど、私、失敗が多くて失敗談たくさんあるんですけど、さっき何にしようかなって考えてて、なんか、友達と高校から駅まで歩いてて友達が変な顔してきたから「その顔見てみなよ」って言って、車があったから車の窓って写るじゃん。だから窓で2人でその顔してたら、中、人いて、窓開けられて「えっ?」ってやられて、それほんとに恥ずかしくて、で、2人でダッシュして駅まで帰ったのが凄い恥ずかしかったです。今日のこの公演が16歳としての公演で最後の公演なので、一番最高のパフォーマンスができるように頑張ります」

吉川七瀬「み~んな私を ミルフィーユ! 千葉県から来ました、吉川七瀬 16歳です。ななせって呼んでください」

「私の失敗談は中学生の時に国語のテストで清少納言っていう、その答えを出す問題が出てきて、「あっ、これ絶対わかる」と思って自信満々に書いたんですよ。で、後日テストが返ってきたら罰がついてたんで、えっ?と思ってよく見たら「せいしょうなっとう」って書いてあって、自分でも本当にビックリしちゃって、国語の先生にすんごい笑われて、とても恥ずかしかったです」


◆M04.スカート、ひらり (小田えりな永野芹佳本田仁美早坂つむぎ舞木香純)
◆M05.クラスメイト (小栗有以佐藤七海横山結衣吉野未優谷川聖)
◆M06.あなたとクリスマスイブ (濱松里緒菜左伴彩佳)
◆M07.キスはだめよ (佐藤栞清水麻璃亜高橋彩音)
◆M08.星の温度 (永野芹佳吉川七瀬本田仁美舞木香純)


■MC
濱松里緒菜自分の譲れないこだわり

左伴彩佳「山梨県の左伴彩佳です。私の譲れないこだわりはポテトサラダにソースをかけて食べることです (えー) かけないですか?」
メンバーたち「かける」「超美味しい」「コロッケにならない?」
左伴彩佳「コロッケは衣があるから」
清水麻璃亜「でもコロッケ系の味になんない?」
誰か「ちょっと違う」
左伴彩佳「でも食べてみてください。絶対美味しいです」

吉野未優「大分県の吉野未優です。私が譲れないことは、えっと、身だしなみとかです。私、髪をいじくるのが好きなんですよ」
濱松里緒菜「例えば?」
吉野未優「イベントとかでポニーテールとかするじゃないですか。私、自分でしないと気に食わないんですよ」
濱松里緒菜「ポイントがあるんですか?」
吉野未優「嫌がらせとかじゃなくて、やってもらいたいのはやまやまなんですけど、グチャってなっちゃうのが嫌じゃないですか。違うところで几帳面かな」
濱松里緒菜「そういうところもいいと思いますよ」軽くw
吉野未優「ありがとうございます」

佐藤栞「新潟県の佐藤栞です。私の譲れないこだわりは、ちょっとひだあやの食べ物系に被っちゃうんですけど、エビフライに必ず醤油をかけて食べることです」
濱松里緒菜「どういう味するの?」
佐藤栞「普通に美味しいよ」
清水麻璃亜「タルタルソースじゃないの?」
誰か「刺身的な?」
佐藤栞「そうそう、エビに魚介類だから」
横山結衣「エビに、生身に醤油かける雰囲気でエビフライに醤油的な?」
佐藤栞「なんか、フライに染みこむ醤油がすっごい美味しいよ」
濱松里緒菜「フライド寿司みたいな?」
清水麻璃亜「何それ?」
濱松里緒菜「今作りました」

濱松里緒菜「じゃー最後にある人?」
メンバーたち「ハーイ!」
# 星の温度メンバー登場

本田仁美「栃木県の本田仁美です。私は字を書く時に必ず左手に定規を持って書きます。漢字とかも定規使って書きます。いつもじゃないんですけど、数学の時間とかは定規であてながら書いてます」
濱松里緒菜「素晴らしい」
誰か「大変じゃない?」
本田仁美「クセかな? 慣れちゃって」
清水麻璃亜「定規あてるとどうなるん?」
本田仁美「キレイになる」
清水麻璃亜「定規で書くんじゃなくて、定規で列合わせるってこと?」
本田仁美「そう」
メンバーたち「あー」
清水麻璃亜「ねぇ、文字書くと思ったね」(笑)
本田仁美「それもやってるよ」
メンバーたち「えっ?」「カックカクじゃん」
本田仁美「今度やってみて、麻璃亜」
清水麻璃亜「やってみるね。お手紙書く、それで」
本田仁美「ありがとう」

永野芹佳「みんなそれぞれ譲れないこだわりあるんですね」客w → 拍手

「ちなみに私の譲れないこだわりは、最近ゴマに嵌ってるんですよ。納豆にゴマをかけないと最近嫌なんです。美味しいです」
濱松里緒菜「じゃー常にマイゴマ持ってるんですか?」
永野芹佳「そう、多分。なんか、ゴマってこぼれたら拾い難いやん。だから持ち歩けないやん」
濱松里緒菜「そ、そうやな」
永野芹佳「やから、家に大切に保管してる」客w
濱松里緒菜「そっか、それもいいと思う」
永野芹佳「それでは次の曲を聴いてください(w) 桜の花びらたち」


◆M09.桜の花びらたち


本田仁美「私達は先輩方に負けないように夢に向かって一生懸命頑張っていきますので、皆さん是非応援してください。次の曲が最後の曲になります (えー) 聴いてください、青空のそばにいて」


◆M10.青空のそばにいて


# 曲終了後「ありがとうございました」手を振りながら捌ける


■アンコール
モップ隊登場 ※下手袖から登場し、下手~上手~下手とステージを1往復 / 客「モップ」コール


永野芹佳「アンコールありがとうございます!」

◆EN01.AKB48
◆EN02.スカート、ひらり


本田仁美「次が本当に最後の曲になります (えー) それでは聴いてください、桜の花びらたち」


◆EN03.桜の花びらたち


# 曲終了後「ありがとうございました」手を振りながら捌ける

■VTR(チーム8の軌跡映像) BGM:47の素敵な街へ

■ダブルアンコール

客「チームエイトー!」コール


永野芹佳「アンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」拍手

永野芹佳「それではここでチーム8スペシャルメドレーを聴いてください」

◆EN04.AKB48チーム8スペシャルメドレー
(1)言い訳Maybe
(2)ポニーテールとシュシュ
(3)ラブラドール・レトリバー
(4)恋する充電プリウス ~恋するフォーチュンクッキー2~


谷川聖「現在発売中のAKB48 37枚目のニューシングル「心のプラカード」を本日のメンバーで披露したいと思います」拍手


◆EN05.心のプラカード


本田仁美「今聴いていただいた「心のプラカード」の劇場盤には私達チーム8初のオリジナルソングも収録されています」
メンバーたち「イェー」拍手

舞木香純「それではその曲を歌わせていただいてもいいですか?」客「イェー!」

横山結衣「この曲には8ポーズも入っているので、そういうところにも注目して聴いてください」


◆EN06.47の素敵な街へ


永野芹佳「本日は本当にありがとうございました!」
みんなで「ありがとうございました!」拍手

舞木香純「それでは最後にみんなで挨拶をしましょう!」

# 手繋ぎ挨拶「せ~の、せ~の、ありがとうございました」 → 手を振りながら捌ける (BGM:47の素敵な街へ)

清水麻璃亜濱松里緒菜小田えりな → 組体操の扇を披露&その後、立ち上がってから3人で一緒に何か言って、指差しポーズを決める

清水麻璃亜「16歳バイバイ」

# 公演終了


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】9月28日(日)チーム8「PARTYが始まるよ」15:00公演

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]