FC2ブログ

高橋みなみが15期研究生2人に感謝の気持ちを伝える (2014/09/21、18時開演、チームA)

AKB48劇場 チームA「恋愛禁止条例」公演

■出演メンバー
チームA → 市川愛美片山陽加小嶋菜月高橋みなみ田北香世子達家真姫宝中西智代梨中村麻里子西山怜那藤田奈那前田亜美松井咲子武藤十夢森川彩香
研究生 → 飯野雅谷口めぐ

バックダンサー → 下口ひなな小栗有以小田えりな高橋彩音

【セットリスト&MC】

■開演
◆M00.overture
◆M01.長い光
◆M02.スコールの間に
BD:高橋彩音小田えりな小栗有以下口ひなな
◆M03.JK眠り姫
◆M04.君に会うたび 恋をする


■MC (自己紹介)
高橋みなみ「皆さんこんばんは」
みんなで「AKB48チームAです」

# 序盤4曲紹介

お題提供:セッキーさん
本日のお題:もうすぐ秋が近づいてきてますが、皆さんにとっての○○の秋を教えてください

【1列目 上手側から】
藤田奈那「チームAの17歳、なぁなこと藤田奈那です」

「読書の秋ならぬ新聞の秋です。最近、世の中のいろんなことを知りたいなって久しぶりい真面目に思いまして新聞を取り始めたんですよ。それを毎朝起きたらどんなに朝早くても読むようにしてるので」
高橋みなみ「コボちゃんだけ?」
藤田奈那「ちゃんと一面から読んでるんですけど、あんまり今まで読まなかったので知らなかったんですけど、この秋はちょっと知的な私に注目してください」

小嶋菜月「19歳のなっつんこと小嶋菜月です」

「普通の秋ではないんですね。いきますよ、秋と言えば? 小嶋菜月の秋!」一部客が拍手
高橋みなみ「あそこの一帯(下手側)すげー優しいんだけどさ。やめてください、ちょっと。調子こいちゃいますから」
小嶋菜月「やっぱり秋と言えば小嶋さんがこの間2位になったじゃないですか、じゃんけん大会。それは凄いと。こじまこも選抜に入った、おーそれも凄い。次は私の番だ!ということで」一部客が拍手
高橋みなみ「あそこ何? 家族?」
小嶋菜月「秋は小嶋菜月をもっと好きになってもらおうと思いますので、小嶋菜月に要注目です。。」

達家真姫宝「チームAのまきちゃんこと達家真姫宝です」

「まきの秋はちよちゃんの秋なんですけど。まきはHKTさんの頃からちよちゃんがずっと好きだったんで」
中西智代梨「さくちゃんが好きって」
小嶋菜月「HKTではちよちゃん知る前にさくちゃんが好きって」
達家真姫宝「両方好き」
中西智代梨「なるほど、両方好き」
達家真姫宝「秋は遊ぶ約束もしてるし、泊まりも約束してるし」
中西智代梨「記憶にないな」客w
達家真姫宝「なんで、秋に全部やりたいと思います」
中西智代梨「。。はい」客w

高橋みなみ「燃える闘魂、燃える髪の毛、たかみなこと高橋みなみです」

「私はね、読書の秋ならぬマンガの秋。家にね、30冊ぐらい溜まっちゃってるのよ、読んでないのが。大変です。私ね、マンガが教科書なんで、基本。まとめのMCとか、マンガ読んでると凄い出てくるんですよ。すっごい出てくるの。まとめなきゃいけない時、マジで土壇場になると、もうね、ここら辺がコマに見えるよ、マンガの。そういう現象が起きるのよ。次のコマで言う言葉を考えるっていう脳になってるんで、マンガ読まないともうヤバイっす」
前田亜美「じゃーマンガ読んだら総監督になれちゃうかもしれない」
高橋みなみ「マンガを3千冊以上読めばいけると思います。死ぬほど、少年マンガ、スラムダンク、ワンピースね、幽遊白書だったりとか青春モノ読んでいただけるとやっぱ名言が出てくるのかなって」拍手

「みんなね、諦めたらそこで試合終了ですよ。なんでお家に帰ったらマンガの本を読み始めたいなと思います」

田北香世子「チームAのかよよんこと田北香世子です」

「私はですね、JKの秋、女子高校生の秋にしたくてですね。私今高3で、もう女子高生が終わっちゃうんですけど」
# 高橋みなみ松井咲子が不機嫌そうな表情(ざわw)
田北香世子「周りから凄い圧がきてるんですけど」
高橋みなみ「よくこの魔のトライアングルに挟まれたな」客w ※田北の両サイドは高橋、松井で、後ろは片山

「ここ凄いよね。オセロだったら裏返ってるからね」
田北香世子「私はこんな圧にも負けず (おー) 冬になると私の学校ほとんど無いんですね、高3の冬って学校が。でも私はまだ秋は学校があるので、この秋の間はJKを満喫したいと思います」

松井咲子「皆さんこんばんは。あなたのドレミを奏でたい松井咲子です」

「私の秋はですね、これはベタですけど、ズバリ芸術の秋です。というのはですね、ほんとに私、ミュージカルを見るのが凄く好きで、この夏、秋、劇団四季さんのウィキッドを暇さえあれば見に行っていまして。今私と私の母と兄と従兄弟がド嵌りしていて、4人合計20回以上見に行って、ひどい時には週2ペースとかで見に行ってたぐらい、今の私の・・・」
高橋みなみ「暇なんですか?」客w
松井咲子「違う。お仕事の合間を縫って。忙しい合間を縫って行ってるんですよ。なので、その大好きなミュージカルも11月に千秋楽になってしまうということで、あともう少し忙しい合間を縫って行きたいなと思ってるんですけど」


【2列目 上手側から】
西山怜那「中学2年生のにっすぃーこと西山怜那です」

「私は勉強の秋です。最近真剣に受験を考えはじめまして、凄い勉強してるので、秋はもっともっと勉強してテストの点数上がる・・上がるように頑張りたいと思います」

中西智代梨「朝からすき焼き~ 大丈夫! スタミナ満点! 福岡県出身 19歳のちょりこと中西智代梨です」

「私は爪あと残す秋にしたいなと思いまして。今いろいろすべての仕事に全力でやってるんですけれども、大きく夢を持つなら今この秋、ファッションでミモレ丈っていうスカートの膝下ぐらいのここら辺のスカートが凄い流行ってるんですよ。最近ベストジーニスト賞とか、ジーンズの賞があるじゃないですか。だから私はベストモレ、、ミモレ丈賞を取れるぐらいに秋はミモレ丈に詳しくなっていきたいなと思います」

市川愛美「15期生の愛美こと市川愛美です」

「自分の秋より気になったことがありまして。西山怜那ちゃんが受験を考えてって言ってるじゃないですか。まだ中学校2年生なんですよ。私、中3の秋で一番受験考えなくちゃいけない時期なのにあんまり考えてないなと思って反省しました。私の秋は、私の学校はいろんなイベント、行事をやるんですよ。体育祭とか文化祭とかマラソン大会とかもギュッて秋に詰まってるんで、私は今年はすっごい熱い、熱狂した秋にしたいなと思っています」

武藤十夢「チームAの武藤十夢です」

「私の秋はお天気の秋ですね。私、今企画で気象予報士の試験に向けて今勉強してるんですけど、1月に試験があるので、この秋はいっぱいいっぱい勉強してお天気のことを知りたいなと思います」

片山陽加「艶女(つやおんな)と書いて、アデージョ。アデージョと呼ぶのは、あなた? あなた? それともあなた? はーちゃんこと片山陽加です」

「片山はズバリコスプレの秋にしたくてですね。やっぱり秋と言えばハロウィンが一大イベントじゃないですか。毎年やりたいやりたいと思って」
中村麻里子「片山さん今もコスプレじゃないんですか?」
片山陽加「だってJKだもん。これはコスプレじゃない。これは似合ってるって鏡に自分で言い聞かせたから、さっき」客w

「これは私に似合う衣装着てるの、今。話がずれちゃったんですけど、毎年コスプレというか仮装をしたいなと思って計画してるんですけど、いつもできずに終わってるので、今年こそは、去年キバを付けたいと思ってネットでキバを買ったんですけど、使うタイミングが一切なくて、そのままハロウィンが終わっちゃったので。去年キバが流行ってたんですよ。今年キバが流行るかわからないんですけど。八重歯みたいなやつ。可愛いじゃん、八重歯。たくさん可愛い仮装ができたらいいなと思います」


【3列目 上手側から】
谷口めぐ「15期研究生のめぐたんこと谷口めぐです」

「私が今年過ごしたい秋は睡眠の秋です。私、睡眠不足なので、最近。睡眠たくさん取りたいと思います」

前田亜美「19歳のあーみんこと前田亜美です」

「はーちゃんがさっき言ってた仮装もいいなって思ったんですけど、大阪の有名な遊園地も仮装凄いじゃないですか。だから言ってみたいなって思ったりしたんですけど、今年の秋はファッションの関係になるんですけどスニーカーの秋にしたいなと思って。私、スニーカーあんまり履いてなくて好きじゃなかったんですけど、今年凄い流行ってるし、皆さんも履いてるし、秋はそれをポイントにファッションを楽しみたいなと思いました」

中村麻里子「高橋チームAの中村麻里子です」

「チャリで来たの秋にしたいんですけど。元ネタ知ってます? 気になる方はいろんなまとめサイトで、ググっていただきたいんですけど。最近ものすごく自転車に嵌ってまして、東京で言うならば東京駅から渋谷駅までぐらいの距離を普通に自転車で往復するんですよ。けっこうほんとにガチでチャリ好きで。(山の手線で)半周しちゃうぐらいチャリマニアになってるので、二代目チャリで来たは中村麻里子が継ぎたいなと思いますので・・・」

森川彩香「アーヤロイドは好きですか? (大好き!) はい、知ってます。私もみなさんのことが大好きです。アーヤロイドこと森川彩香です」

「私はやっぱり食欲の秋なんですけど、秋ってほんとに美味しいものが多いじゃないですか。私が好きなのは栗ご飯とか、私、お肉より魚派なんで秋刀魚とかさつまいもがあるじゃないですか。私、夜ご飯とかお米を三倍ぐらい食べたりするので、それほどけっこう大食いなんですよ。なので秋はほんとに美味しいものをたっくさん食べたいと思います」

飯野雅「15期研究生の飯野雅です。みやびって呼んでください」

「私は知ってもらう秋っていうことで、まだ研究生なので皆さんに知ってもらえたら嬉しいなって思います」


◆M05.黒い天使 (田北香世子小嶋菜月藤田奈那)
◆M06.ハート型ウイルス (松井咲子達家真姫宝西山怜那)
セリフ:松井咲子「絶対にありえない。そう思ってたけのに、なんだか私 あなたのことが好きみたい」
◆M07.恋愛禁止条例 (片山陽加武藤十夢市川愛美)
◆M08.ツンデレ! (中西智代梨高橋みなみ達家真姫宝)
◆M09.真夏のクリスマスローズ (森川彩香前田亜美松井咲子中村麻里子) BD:小田えりな高橋彩音小栗有以下口ひなな


■MC
片山陽加藤田奈那達家真姫宝飯野雅谷口めぐ小嶋菜月市川愛美

藤田奈那もし1日だけなれるとしたら何になって何をしたいか。人でもいいし物でもいいし」

市川愛美「焼肉屋さんの店員さんになりたくて」
小嶋菜月「IWA行けばいいじゃん」客w
市川愛美「IWAってまかないありますかね。私、牛タンって大好きなんですよ。なんで、まかないがあったらIWA行きたいな。まかないで食べたいんですよ。端っこでもいいから、牛タン大好きなんで」

藤田奈那「焼肉屋さんの網になりたい。お肉焼く網あるじゃないですか。あれになりたい」
小嶋菜月「めっちゃ熱いよ」
藤田奈那「肉に敷かれたい、1日だけ」

谷口めぐ「私はお肉になりたいです」
藤田奈那「じゃーセットで」
谷口めぐ「お肉大好きなので」
藤田奈那「いい友達になれそう」

飯野雅「迷ったんですけど、島崎遥香さんになりたいです。選抜さんのお仕事1日体験してみたいです」
藤田奈那「その中でもぱるるさんがいいんだ」
飯野雅「憧れの先輩なんで」
藤田奈那「めぐちゃんもぱるるさん」
小嶋菜月「前、MCで泣いちゃったよね」
谷口めぐ「あれちょっと反省してます」

小嶋菜月「私も、りっちゃんになりたい。同期だし、りっちゃんの頭の中ってどんなんなってるんだろうって」
藤田奈那「でもけっこう似てる」
小嶋菜月「やめてやめて、一緒にしないで。バラエティとか出てもすぐりっちゃんって馬鹿なこと言えるじゃないですか。言えるっていうか馬鹿なんですけど。だからりっちゃんの思考回路を見てみたいなって」

達家真姫宝「まきはなっちゃんになりたいです。歌は下手なのは確かなんですよ」
小嶋菜月「誰も言ってないじゃん、それ」
達家真姫宝「歌は下手なんですけど、いろいろなキャラがあるから。例えば、何だろうな」
メンバーたち「無いじゃん」
達家真姫宝「何も考えてないところ」
小嶋菜月「今コショコショ言ってたよね、雅ちゃん」
飯野雅「違うんです。さっき迷ってたのはなっつんさんと迷ってたんです」
小嶋菜月「えー? 選抜じゃないけど」
達家真姫宝「なっちゃんになったら楽しそう」
市川愛美「毎日パラダイスみたい」軽くw
小嶋菜月「ありがとう。ちょっとだけ嬉しい」

片山陽加「私、マンタイになりたい。平べったいお魚さん、三角形。水族館とか行くと凄い気持ち良さそうに泳いで、しかも顔が可愛いのよ。点々々ってになってる棒と目と目と口みたいな。目と口じゃないんだけど、それが凄い愛くるしいから。ダイビングを去年した時に、海の中って凄いいいなと思って。だからマンタイになりたい」
小嶋菜月「確かに泳いでるだけで水族館で人気者になれるからいいですよね」


◆M10.Switch
◆M11.109
◆M12.ひこうき雲


■MC
◆前半:田北香世子中西智代梨高橋みなみ市川愛美谷口めぐ森川彩香前田亜美松井咲子中村麻里子

高橋みなみ○○の握手会。この子の所に来たらどんな子が来て、どんな会話してんのかなって気になりますでしょ? だからそれをみんな解説していこうよっていう」

「例えばだけど、私だったら、凄く相談してくれたりとか、そういう人が多いです。プラス、こういう方がいらっしゃいます。

「あー、初めてまして」
「初めまして」
「あの、初めてきました」
「あっ、ほんとですか?ありがとうございます」
武藤十夢推しです(w) ご挨拶に参りました。武藤十夢をよろしくお願いします」

ご挨拶系が多いんですよ」
前田亜美「逆に「ちょっと今からたかみなさんのとこ挨拶言ってくる」っていうのも」
メンバーたち「いる」
前田亜美「たかみなには行かなきゃみたいな」
高橋みなみ「多分キャプテンだから、ご挨拶にっていうことでいらっしゃるんですよね。凄いドキドキしますよ、だから。お互い「あっ、どうも」みたいな方もいらっしゃるんですね」

中村麻里子「私はたかみなさんを支えてくださいっていう人も多いんですけど、副キャプテンとして。最近増えたのが「ちょっとぱるるで塩対応されたんで、ぱるるのモノマネで握手してもらっていいですかね」って言うんですよ」客w
高橋みなみ「補わされてるよ」
中村麻里子「補わされてるけど、私もぱるるの塩対応でこうやってやるから、結果塩対応なんですよ」軽くw
高橋みなみ「私もぱるるとにゃんにゃんどうしたら振り向いてくれる?みたいな相談凄く多いですね。「小嶋さんは何でああいう感じなんでしょう、どうしたら振り向いてくれるんだろう、何を話せばいいんだ」「わからない」」
中村麻里子「あるあるですよね」

松井咲子「私のレーンなんですけど、何を言われるかっていうよりも、明らかに私のTシャツを着てる方より、他の、例えば○○フュームさんのTシャツとか、何クロZさんとか、何ドリングさんのTシャツを着てる方が圧倒的に多くて。あれ?ここはどこだと(w) よくなることが多いんですけど、でもみんな揃って言うのは「こうやって他のアイドルのTシャツを着るようになったのは全部咲子さんのせいです」と言われるんです。私がアイドル大好きっていうのもあって、いろいろ皆さんにお勧めとかしてるので、その影響で皆さんがコロっといっちゃう。でもそれが楽しくアイドルのお話をできるんで、私は凄く楽しいです」

中西智代梨「最近の握手会で2、3人に同じことを言われたことがあって。それが「遠めで細く(細目で)見たら松田聖子だね」って」客「えー」
高橋みなみ「1回やらせて・・・待って待って、ほんまや」
メンバーたち「細め過ぎ、細め過ぎ」「空いてない」客w
高橋みなみ「モザイクみたいな状況で見ると」
中西智代梨「めっちゃ細目で、けっこう遠目で見たら見えるねって2、3人に言われたんです、その日の握手会で。初めてで」
高橋みなみ「それは嬉しいの?」
中西智代梨「遠目で細目ってほとんど見えてないと思うんですけど、それでも似てるって言われることは凄く嬉しかったですけど」
中村麻里子「でも今ので智代梨のファンの年代がわかる」
中西智代梨「けっこうお上の方が言ってくださって」

市川愛美「私はチーム8の応援してる方たちがよく来ます。私チーム8大好きなんですけど。レッスン場見たりとか公演に3回ぐらい見学行ったりとかしてて、周りの人からもトップオタって言われるぐらいなんですよ。ほとんどの子の名前と都道府県も覚えたし。なんで、語れるんですよ、チーム8のことが好きな人と「どこどこ、何県の何々ちゃんいいよね、あそこいいよね、どこどこいいよね」みたいな。よく語れるんで、チーム8を共有したい人が私の所に来ますね」
高橋みなみ「みんないろんな人が来過ぎて自分のファンのことよくわからない」軽くw

前田亜美「逆に私のファンの人ってけっこううるさい方が多くて。私、両サイドけっこうチームAとかいるんですけど「ほんとに亜美のレーンうるさいね」みたいに言われるんですけど、まずは眉毛の会っていう会があって、それでみんなで来るからワイワイワイワイしちゃうんですけど」
高橋みなみ「それは眉毛太いんですか?」
前田亜美「全然そんなことないんですけど、ただ気遣って「ちょっと太くしてきました」みたいな言ってくるんですけど」
中西智代梨「何するんですか?眉毛の会って」
前田亜美「わかんない。IWAで焼肉食べたり」
高橋みなみ「楽しそうやな。いろんな交流が生まれるのがね、握手会ですからね」

◆後半:武藤十夢西山怜那藤田奈那達家真姫宝片山陽加小嶋菜月飯野雅

武藤十夢子供の頃、集めていたもの

武藤十夢「私は猫じゃらしを集めてました」
藤田奈那「十夢の携帯に猫じゃらしのストラップ付いてる」
武藤十夢「倉持さん家のしろみにこうやってやってるんですけど。前から猫じゃらしを集めておいて、いつか猫に会った時のために取っておこうと思って取っといたんですけど、枯れたりするとゴミになるし、たまに虫ついてたりするじゃないですか。家に持って帰ると母親凄い怒るんですよ。だから、いつの間にかやめて、新しい、買ったやつ、人口のやつに変わりました、途中で」
小嶋菜月「20年続いてるんだね」
武藤十夢「まだ19だけど」軽くw
小嶋菜月「そこ重要?」
武藤十夢「まだあと2、3ヶ月あるから」

西山怜那「ちっちゃい頃に同じキャラクターのぬいぐるみを集めてて。そのぬいぐるみを担いで、隣のおばちゃんのことが大好きで、朝6時とかめっちゃ早い時間に起きて、担いで一緒に寝ようと考えたのかわからないんですけど、他の家に行っちゃったっていうエピソードが」
小嶋菜月「集めていたものは結局何なの?」
西山怜那「ぬいぐるみ」
藤田奈那「で、隣のおばちゃん家に行って寝るっていう」

飯野雅「私はですね、カード、ゲームセンターにあるカードゲームをしてました」
武藤十夢「リズムゲームみたいなやつ?」
飯野雅「そうです。それを3、4種類ぐらいやってました」
藤田奈那「ゲームセンターのそういうリズムゲームみたいな、プロみたいな子いるよね」
武藤十夢「私の妹ね、あれいつもゲーセン行って陣取ってた。「私が使います」って言って、自分の後ろに整列させてた、ちっちゃい子を。お前誰だよっていう」

達家真姫宝「まきは海をよく行ってたんですよ、家族で。なんで石をずっと集めてる。今でも海行くと石」
藤田奈那「貝じゃなくて?」
達家真姫宝「石。海の上のほうにある石」
西山怜那「ちょっとキレイなやつだ。。。違う?」

藤田奈那「私は、泥団子。作るじゃないですか、固めて。細かい砂とかかけたらすっごい硬くなるんですよ。落としても割れないやつを、プロで私、泥団子の。だからそれを作って、持って帰って玄関に並べてましたね」
武藤十夢「ストッキングを使うとピカピカなって」

小嶋菜月「私は逆に砂団子じゃなくて、セミの抜け殻を集めて、自分の部屋の角から全部並べて、セミの抜け殻に囲まれて1回寝るっていうのをやったことがあって、ほんとに。ウソじゃなくて」
武藤十夢「気持ち悪い」
小嶋菜月「いや、それがセミの気持ちになれるんですよね、ほんとに」
藤田奈那「それ夢にセミとか出てきた?」
小嶋菜月「セミは出てこなかったけどセミの幼虫と友達になった夢マジで見たんですよ」
武藤十夢「何得なの?」
小嶋菜月「菜月得。是非今度やってみてください」
藤田奈那「絶対誰もやらない」
小嶋菜月「ショック。。。」軽くw

達家真姫宝「次が最後の曲になります。あなたがあの頃大切にしていたものは何ですか?」


◆M13.あの頃のスニーカー


■アンコール


◆EN01.AKB参上!
◆EN02.ナミダの深呼吸


■MC
高橋みなみ「今日もこうして無事にお昼、夜と2回公演を終えようとしています。今日は15期研究生のめぐと雅が助けに来てくれました。本当にね、一生懸命頑張ってくれる彼女たちを見ると私達ももっと頑張らなければいけないなっていう風に思います。雅は相当久しぶりだったよね?」
飯野雅「はい」
高橋みなみ「久しぶりだったし、めぐはもう新しいポジションだったりとか、したりとか、ほんとに一生懸命時間の無い中覚えてくれて、チームA公演も成立させてくれました。私達もこの子たちに負けないくらい一生懸命頑張っていきたいなっていう風に思いますし、彼女たちがいつか正規メンバーに上がる時に一緒にお祝いしたいなっていう風に思います。ほんとにいつも助けられてますけれども、ほんとにありがとう」拍手

「こんなにね、素晴らしい子たちがいれば未来のAKBはきっと大丈夫だと思いますので、これからも皆さん、AKB48の応援をよろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」拍手


◆EN03.大声ダイヤモンド

# ご来場の御礼&曲振り

◆EN04.心のプラカード


# 手繋ぎ挨拶「ありがとうございました」 → 手を振りながら捌ける (BGM:心のプラカード)

# 公演終了


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】9月21日(日)「恋愛禁止条例」18:00公演 (手書きメッセージ)

公演後の感想 → 松井咲子田北香世子

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

dTVチャンネルにて AKB48全国ツアー 見逃し配信中 new2.gif
dTVチャンネル
チーム4千秋楽(1/20まで)、 チームB千秋楽(1/21まで)、 チームK千秋楽(1/22まで)、 チームA千秋楽(1/23まで)