林萌々香 16歳の生誕祭 (2014/09/11、チームBII)

NMB48劇場 チームBII「逆上がり」公演

■出演メンバー
チームBII → 井尻晏菜磯佳奈江市川美織植田碧麗梅田彩佳上枝恵美加川上千尋木下春奈日下このみ黒川葉月渋谷凪咲内木志林萌々香薮下柊渡辺美優紀
研究生 → 大段舞依



【セットリスト&MC】

■開演
◆M00.overture (NMB48 ver.)

寸劇

林萌々香「あ~一昨日の日本代表ほんま惜しかったわ~」
薮下柊「何それ?」
林萌々香「えっ?知らんの? まぁ簡単に言ったらサッカー界の凄い人たちが集まって、日本代表になって、それが海外のチームと戦うっていう」
薮下柊「へー」
林萌々香「特に後半戦の6分で武藤選手がゴール決めた時はほんまに興奮しましたわ」
薮下柊「へー」客w
林萌々香「何でそんな素っ気無いわけ?」
薮下柊「柊、野球のほうが好きやねん。モカちゃんほんまサッカー好きよな。この前もリハーサルの時サッカーのユニフォーム着てやってたりさ」
林萌々香「そうなんですよ。今年のワールドカップ入って、初めて見て、もうめっちゃ好きになった」

磯佳奈江「あ~~」サッカーボールと共に登場
薮下柊「タイミング良すぎやろ」客w
林萌々香「いそかな、一緒にサッカーやろう」
磯佳奈江「やりましょう。モカさんそこら辺に行って」
薮下柊「あかんで、蹴ったら。みんな避けてくださいね」客w
磯佳奈江 → 萌々香にパス
# その後、2人でパスし合うも萌々香もパスが悪く、柊の所に行ったり
林萌々香「もう返すわ(ボールを手で持って磯へ渡す)」客w

# 全員登場

上枝恵美加「公演はじまるからさ」
梅田彩佳「じゃーみんなでキックオフしよう」
木下春奈「梅ちゃん、うまいこと言うやん」客w

みんなで「汚れちまった悲しみに 今日も小雪が降りかかる・・・汚れっちまった悲しみに なすところもなく日は暮れる」 → 1曲目『掌』のイントロが流れ出す

◆M01.
◆M02.逆上がり
◆M03.否定のレクイエム
◆M04.その汗は嘘をつかない


■MC (自己紹介)
薮下柊「皆さんこんばんは」
みんなで「NMB48チームBIIです」客、拍手

# 序盤4曲紹介

【1列目 上手側から】
日下このみ「お好み焼きと このみんの どっちが好み? (このみん!) みなさん好みのこのみんになりたい、大阪府出身 18歳のこのみんこと日下このみです」

黒川葉月「はーこの箱の中身、教えたろか? (教えて!) ♪箱の中身は?はーこ! 大阪府出身 高校1年生 16歳のはーここと黒川葉月です」

木下春奈「元気満々 天真爛漫 春爛漫 でも春奈は高1 (ウーマン!) 高校1年生 16歳のはること木下春奈です」

薮下柊「み~んなの気持ちを全部没収! その代わりにしゅうの笑顔をナイッシュー! (ゴール!) 大阪府出身 高校1年生のしゅうこと薮下柊です」

梅田彩佳「福岡県出身の う~め! 梅ちゃんこと梅田彩佳です」


【2列目 上手側から】
植田碧麗「右を見れ見れ! 左をみーれ! 大根植えたら食べてみーれ♪ それでもやっぱり碧麗を~? (みーれ!) 兵庫県出身 高校1年生 15歳のみーれこと植田碧麗です」

渡辺美優紀「ミルクと美優紀を混ぜるだけ。あっという間に? (みるきー!) 奈良県出身のみるきーこと渡辺美優紀です」

内木志「内木の魂やるっきゃない! み~んなに届け 志(こころ)のこころー! 滋賀県出身 高校2年生 17歳のここちゃんこと内木志です」

林萌々香「今日は何たのモーカ? コーヒーのモーカ? みーんなの注文は? (モカ!)」
客 → フタ付きの紙コップ(?)を掲げる
メンバーたち「凄い!」
林萌々香「絶対これにコーヒー入れたら絶対美味しいと思う。ありがとうございます。京都府出身 高校1年生 16歳のモカこと林萌々香です。今日はですね、16歳になって一発目の公演です (拍手&おめでとう) ありがとうございます、ありがとうございます。それではですね、早速ね、ある私の必殺技をしてないんですよ。今のために取ってたんでいきたいと思います。それでは16歳一発目のモカパンチ!(わ~~)」
井尻晏菜 → ステージに倒れ、両足上げる
渡辺美優紀「今日のモカパンチめっちゃ強い」
林萌々香「やっぱね、パワーが溜まってたんやと思いますよ。16歳の1年もよろしくお願いします」

川上千尋「川の上でも氷の上でもちっひー ジャンプ! &ちっひー ターン!(ゆっくり3回転) 大阪府出身 高校1年生 15歳、ちっひーこと川上千尋です。皆さん合言葉はえ・が・おですよ。よろしくお願いします」

市川美織「今日も大阪バージョンいくでー! せ~の、フレッシュレモンになりたいねん♪ みおりんこと市川美織でございます。今日もよろしくお願いします」


【3列目 上手側から】
上枝恵美加「えみちの笑みであら不思議! 上から読んでも下から読んでもかみえだえみか! 大阪府出身 大学生 二十歳のえみちこと上枝恵美加です」

磯佳奈江「皆さんと一緒にアイドルのエースストライカーになる夢をかなえたい。ボールは? (友達!) 茨城県出身 大学生のかなえこと磯佳奈江です」

渋谷凪咲「東京の渋谷と言えばハチ公前。ほんじゃー、大阪の渋谷といえば? (凪沙前!) これからはずーっと凪沙前で待ち合わせやで。大阪府出身 高校3年生 18歳、なぎさこと渋谷凪咲です」

大段舞依「ちょっと待ち。私はまいち。待ってくれへんかったらまいち まいっちゃう。兵庫県出身 19歳、可愛さ2014倍のまいちこと大段舞依です」

井尻晏菜「あんあん・たんたん・あんぽんたん! でもいじるなよ (いじる!) ありがとうございます! 京都府出身 19歳、あんたんこと井尻晏菜です」

「私先ほどからね、モカちゃんモカちゃんっていうコールが聞こえてくるんですけど、何回聞いても「おばたん、おばたん」に聞こえて(w) 今日めっちゃおばたんコール多い、嬉しいと思ったらモカちゃんコールやってん。まぁそりゃそうやわなと思いましたね」
上枝恵美加「かわいそうやな」
井尻晏菜「ちょっとだけおばたんコール・・・ (おばたん) シーシー、うるさい(軽くw) あんたんコールお願いします」


# 自己紹介後
渋谷凪咲「まいちの2014倍可愛いってどういう意味なん?」
大段舞依「今年2014年じゃないですか。だからそれほど可愛いよっていう意味で、来年になったら2015倍。先輩後輩関係なく、この中やったら私が一番やし」
渋谷凪咲「あんたんさんやったら50倍ぐらい」
井尻晏菜「ひっく」


◆M05.エンドロール (日下このみ木下春奈梅田彩佳黒川葉月)
◆M06.わがままな流れ星 (市川美織薮下柊)

薮下柊「みおりんさん、今日公演前に犬夜叉っていうマンガを読んできて、みおりんさんにやりたいことがあんねん」
市川美織「何?」
薮下柊「かざあな!」
市川美織「お~、ぅお~(後ろへ)」
薮下柊「ちゃうやんか。かざあな!」
市川美織「おーバリア!」
薮下柊「違うって。かざあなっていうのは手に封じ込められんの。ちゃんと高橋留美子さん勉強してきて」客w
市川美織「えー!? みおりん今時の子だからわかんない♪」ひゅ~

◆M07.愛の色 (植田碧麗川上千尋井尻晏菜林萌々香内木志磯佳奈江)
◆M08.抱きしめられたら (大段舞依渡辺美優紀上枝恵美加)
◆M09.虫のバラード (渋谷凪咲)


■MC
日下このみ黒川葉月梅田彩佳木下春奈

梅田彩佳「最近皆さんが人に言われてちょっとビックリしたこと

# 梅田彩佳木下春奈に「落ち着いてたらノリ難い」と言われ、その後は無理してぶりっ子風にハイテンションに進行

木下春奈「こんなこと言っていいかわからないんですけど、私、リハとかレッスンとか凄い嫌いで。嫌いっていうかノらないんですよ。笑顔とかできないんですよ、リハ中に。その時の今日公演前ここでずっとリハしてて、終わった後に梅ちゃんが私に向かって「春ちゃんってさ、リハの時さ、なんかめんどくさいとかじゃなくて『無』だよね」って言われたんですよ」
梅田彩佳「そう、春ちゃん無なんですよ。めんどくさかったら顔にめんどくせーなって出るじゃないですか。春ちゃんってめんどくさいのワンランク上で、何も感じてない状況で、無なんですよ。別に?みたいな顔で全部やっちゃうから無だなと思ってるよ」
木下春奈「それがビックリしました。そんなにリハの時、表情ない?」
梅田彩佳「ないよね」
日下このみ「でもそれは一見集中してるように見えます」
木下春奈「ほんまに? 大人たちはそれに騙されると」
黒川葉月「あかん、それ言ったら」
木下春奈「でもちゃんと覚えてるからね」

黒川葉月「はーこはカリフラワーの食べ物知らなくて。だからブロッコリーみたいな色違いみたいなめっちゃ美味しいって言ったらえみちに「そんなんも知らんの?」って凄いビックリされて、私もビックリしました、それに」
木下春奈「ブロッコリーの色違いやと思ってたん?」
黒川葉月「ほんまに思ってたんですよ」
木下春奈「これなんかデキ悪いんかな、みたいな」
黒川葉月「ピーマンの」
木下春奈「赤バージョンみたいな?」
黒川葉月「そんな感じやと思ってました」
梅田彩佳「日光浴びてないバージョンのブロッコリー」
黒川葉月「そうそう、日光浴びてないバージョンみたいなね」

日下このみ「前のBIIの時に、ちょっと落ち込んだ時があったらお母さんに「大丈夫、あんた16番目に可愛いから」って言われたんですよ。16人でチームやのに最下位かい!ってなったわけですよ。この前ふ~ん(↓)ってなってたら「あんた、17番目に可愛いやろ」って。「また最下位やん、お母さん」って言って」
木下春奈「DNAやねんな。面白い」
梅田彩佳「そんなことない、私の中で一番目に可愛いよ、このみん (おー) だって私、1日の中でこのみんのこと考える時間けっこうあるから」
黒川葉月「はーこは?」
梅田彩佳「ない(w) ウソウソ、今流れ的。はーこのファンの人嫌いにならないでね、私のこと」


◆M10.フリしてマネして
◆M11.海を渡れ!
◆M12.街角のパーティー

# 曲終了後、誰か「モカパンツ」

■MC
◆前半:林萌々香大段舞依内木志薮下柊渡辺美優紀日下このみ市川美織梅田彩佳

林萌々香モカパンチをしたくなった話

薮下柊「梅ちゃんなんですけど。梅ちゃんが今日もいつもなんですけど、「チューしてくれ、チューしてくれ」って言うんですよ」
梅田彩佳「チューしてよ! 減るもんやないやんけ」
薮下柊「嫌やわ。「1回でいいから、1回でいいから」って、しつこ過ぎてモカパンチしたい」
渡辺美優紀「これって酔っ払ったらもっとひどくなりそう、めんどくさそう」
薮下柊「梅ちゃん、ハッキリ言うけどな、しつこいしめんどくさい」客w
梅田彩佳「でもいつかしたくなるように頑張って仕向ける、私も。みるきーもいつかするから待っといてね、順番だから」
渡辺美優紀「私するのはいいけどされるのはちょっと」客w
梅田彩佳「けっこう問題発言」

大段舞依「私は以前BIIさんの公演に出させてもらった時に、みるきーさんに可愛さが負けるって言ったんですけど、それの可愛さを超えないとダメなのに超えれない自分にモカパンチしたいです」
渡辺美優紀「凄いな。みんなそれ聞いてどうなん?」客w
薮下柊「みるきーさんにだけなん?負けてんの」
大段舞依「そうなんですよ」
薮下柊「このみん言ったれ!」
日下このみ「おい、おかしいんちゃうか?それ」客w
薮下柊「第二のみるきーやぞ」
日下このみ「ほんまやで、第二のみるきーも間に入れてよ」
渡辺美優紀「第二のみるきーではないよな」客w
日下このみ「本人に否定されると何も言えません」
市川美織「でもやっぱ今日はみるきーだけじゃなくてもう1人負けてると思うよ(自分をアピール)」
メンバーたち「誰やろう」
市川美織「やっぱ・・・モカパンチじゃない?」客w
林萌々香「みおりんさん上手いですね。ありがとうございます」
渡辺美優紀「なんか腕あげたな」
市川美織「ごますり、ごますり(ポーズ)」
大段舞依「モカパンチ~。。」
林萌々香「弱かったな」客w

渡辺美優紀「梅ちゃんなんですけど。別に何かあったじゃなく、今日のこのおでこ見て。めっちゃデコピンしたくなる。キレイなおでこを出してるから」
梅田彩佳「ありがとう」
薮下柊「モカパンチせっかくやししたら?」
市川美織「私もしたい」
渡辺美優紀「みおりん、私の代わりに頭突きして」
梅田彩佳 → 上手袖へ逃げる
林萌々香「戻ってきて!」
梅田彩佳「(戻る) だって、やだ。ほんとに嫌だ。お金もらっても嫌だ」客w
薮下柊「梅ちゃん、ここはやっとこう」
梅田彩佳「だってみおりん本気でくるもん。やだ、明日頭痛くなる・・・」
林萌々香「多分皆さんも見たがってるんで(拍手) やりましょう」
市川美織「梅田さんが十分お年を行ってらっしゃるということは承知の上でやらせていただくので」
渡辺美優紀「じゃー私が代わりにするわ」
梅田彩佳「やだやだ、みおりんのほうが歯止め利く。みるきーのほうが怖いわ」
渡辺美優紀「違う、私がやってもらうってこと」
梅田彩佳「それしたらあかんやろ。梅田みたいなスレ立ったら怖いもん」客w
林萌々香「梅ちゃん、やっちゃおう」
梅田彩佳「本気で優しくしてね」
市川美織「わかりました」
梅田彩佳「オンデマンドでママも見てるんだ。うち頭めっちゃ弱いんだよ。ほんとに嫌だよ、ほんとに嫌だよ」泣きそう
林萌々香「3・2・1」
市川美織 → 梅田に頭突きしようとするも避けられる → 再度「失礼します、先輩いきますよ・・・(頭突き)」
梅田彩佳「大丈夫大丈夫。バラエティの優しさありがとう」拍手
林萌々香「良かった良かった」
梅田彩佳「バラエティ的な優しさほんとにありがとう」
市川美織「公演で支障が出たら怖いんで」

◆後半:上枝恵美加植田碧麗磯佳奈江渋谷凪咲黒川葉月井尻晏菜川上千尋木下春奈

お題提供:ロケット鉛筆さん
お題:100分の1アンケート ※240人中1人

木下春奈「ストラップもらわれへんの?」客w
井尻晏菜「違う番組やからな」
上枝恵美加「ストラップは無いけど、当たった人には得があるようなことを」

川上千尋「ここ2日間阪神対巨人戦を見に行った人」
メンバーたち「4人もいる」「5人」
木下春奈「誘われてない。誘ってくれたら飛んで行きますよ、全然」

井尻晏菜「映画を見に行く時に、映画の前にある予告編でもう満足する人」
メンバーたち「せ~の」 → 「3人」
木下春奈「ウソや、見てるでしょ?2時半キッチリ。あんたん満足すんの?」
井尻晏菜「満足する。予告編がおもしろ過ぎて、あーこれ見に行こう、よし帰ろうってなる人。帰らないですよ、実際」

磯佳奈江「ちょっと恋愛系で。今日が記念日みたいな。結婚記念日とか付き合った日とか、今日が記念日っていう人」
メンバーたち「せ~の」 → 「いない」
井尻晏菜「昨日っていう声が聞こえた。あっ、違います? 失礼しました」
木下春奈「ちょっとあんたん」
井尻晏菜「ごめんって」
木下春奈「あんたんだけが恥ずかしい(んじゃなくて)向こうが恥ずかしい」客w
井尻晏菜「ごめん!って」

植田碧麗「今日むかん食べた人?」
木下春奈「最近流行のね」
植田碧麗「冷凍みかんの皮剥いてあるやつ」
上枝恵美加「めっちゃ商品名出されてわからんかった。せ~の」
客 → 反応なし
植田碧麗「こっちにおった! なぎちゃん」
渋谷凪咲「ほんまに食べた」
上枝恵美加「最初に240人の方って言ったから、こっち(メンバー)は除外されます」

黒川葉月「じゃー、今日キャリー(ガラガラ)で来た人?」
メンバーたち「せ~の」 → 「2人」
黒川葉月「いそうでいなさそうやから」
上枝恵美加「ちなみにどっかから来たんですか?遠い所?」
客「(1人目)東京」「(2人目)じゅうそう」
木下春奈「勘違いじゃなければバリバリ大阪」客w

渋谷凪咲「私これ絶対自信ある。今日私が振りを間違えたのに気づいた人?」
メンバーたち「けっこういる」
渋谷凪咲「めっちゃ気づいてた」
黒川葉月「あかんやん、それやったら」
上枝恵美加「ストップ。どこ間違えたん?」
渋谷凪咲「街角のパーティーの1列の真ん中で」
井尻晏菜「手伸ばしてた、見えた見えた」
渋谷凪咲「ごめんなさい。反省します」
上枝恵美加「見れた人はレアってことで。残念ながら当てられへんかったけども、けども、たくさんあるチームの中でね、チームBIIが一番って皆さんが思っていただけるような、そんな最強のチームを目指していきたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」拍手


◆M13.ファンレター


■アンコール
有志の方(女性)「本日は林萌々香さんの16歳の生誕祭です」拍手

「皆さん楽しもうとされてますか? (イェー!) 中学生の可愛らしいモカちゃんから高校生になり、少しずつキレイな大人の女性になっているモカちゃんを1人でも多くの方に知っていただき、モカカフェのリピーターになっていただけるよう、これからも温かく見守っていきましょう。ここからは特別メニューをご用意しました。盛り上がっていきましょう」客「イェー!」

「今日は何頼もうか。みんなの注文は?」客「モカ!」


「モカちゃん」コール


◆EN01.不義理
林萌々香「特別ムカツキック!」
◆EN02.ハンパなイケメン

# 煽り&曲振り

◆EN03.イビサガール
◆EN04.メドレー
(1)HA !
(2)三日月の背中
(3)北川謙二


林萌々香 生誕祭

上枝恵美加「皆さん、今日はモカちゃんの生誕祭です!」客「イェー!」

# BGM → 涙サプライズ!

# ケーキ搬入
メンバーたち「めっちゃ凄い」
林萌々香「凄い、本物かな」

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア モカちゃん ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」
※客 → 歌中にケーキ? 何か掲げる

メンバーたち「ケーキいっぱいある」
林萌々香「すごーい。可愛いめっちゃ」

市川美織「ファンの皆様から凄い素敵な、バルーンに入ったお花束を頂きまして。レモンの妖精みおりん天使が運んでまいります」
林萌々香「何か頭についてますよ」
市川美織「おっこってたから被ってみたんだけど」風船で作った輪っか
渡辺美優紀「それさ、モカちゃんがつけたら?」
市川美織「そっか、モカちゃんがつけるためのか」

# 花束贈呈&輪っかを頭に

渋谷凪咲「そんなモカ天使にお手紙が! なるさんからです」

「モカちゃんへ

モカ、お誕生日おめでとう。

おめでとうメール、一番って聞いた時は当たり前だ!って思ったし、凄くニヤニヤしました。11時59分にアラーム設定してたのは秘密やけど。

モカとは研究生の頃から仲良しでずーっと一緒にいるよね。成美がチームに昇格した次の日、モカは携帯片手に「なる、昇格おめでとう」って部屋に入ってきてくれた時、モカのその優しい気持ち、凄く伝わってめっちゃ嬉しかった。ありがとう。

そして、モカの昇格。モカは本当に努力家で新しいポジションを覚えるにもポジションが変わる時にも絶対ギリギリにはせず、必ず前もって練習したり、フリもすべて完璧にしているモカは本当に頑張り屋さんだなって思っています。

モカと一緒のチームになれて嬉しくてたまりませんでした。遊ぶことも、ホテルの部屋も、何をするにも2人一緒が当たり前って思ってたけど、チーム組閣でまさかのチームが離れてしまって悲しい余りにモカに抱きつきながら泣いたのを覚えています。

チームは変わってしまったけれど、ただ変わらなかったのは『なるモカの愛』かな。今でもずっと仲良しで姉妹みたいやし、2人喋ったら「漫才みたい」って言われるし、成美はモカのことを心から信頼できるし、なんでも相談できる。この関係は大人になっても、おばあちゃんになっても続く。だって最高コンビだからね。

モカのことが大好きで大好きで大好きでモカちゃんへの愛が止まらない、成美より」拍手

林萌々香「嬉しい。でもチームが違うから一緒の公演とかなかなか出れへんからちょっと寂しいんですけど、でもよくメールするし、今日もしたし」
渋谷凪咲「会ったらずっと喋ってるイメージがある」
林萌々香「そう、なる今日朝不思議な投稿したし、ぐぐたすで。まぁいいや」軽くw

黒川葉月「私はモカさんのおじいちゃんからお手紙を預からせて頂きました」

「孫・萌々香の生誕祭を行っていただき、本当にありがとうございます。

いつも萌々香の応援をしてくださっているファンの皆様、支えてくださっているスタッフの皆様、メンバーの皆様にはとても感謝しております。文面にて御礼を言わせてください。ありがとうございます。


そして、萌々香へ。

16歳のお誕生日おめでとう。もう16歳、ばぁばもじぃじも歳をとるわけですね。

小さい頃はママのお仕事の忙しい時はばぁばとお留守番していたね。ばぁばが帰る時は「ばぁばー」って泣いていた萌々香。そんな甘えん坊さんだった萌々香がNMB48に入ることになって、1人で電車も乗ったことがないのに大丈夫かな?とかいろいろ心配していたものです。

昨年は大阪城ホールでの昇格発表があり、ばぁばはママと昼に見に行かせていただいたので、発表はテレビで知りましたが、大勢の人の前で話している姿を見るとたくましくなったなーと涙しました。これも応援してくださっている皆様のおかげです。感謝の心を忘れないでくださいね。

そして萌々香がNMB48に入ったおかげでばぁばもじぃじも若い皆さんをテレビで見るようになり、エネルギーを頂いていますよ。

若さは宝です。やってみたいことは怖がらずに、失敗は恥ずかしいことではないしね。失敗をして勉強をして前に進んでください。悩んだら立ち止まって休憩すればいいしね。まだまだ人生は長いです。焦らずに自分の道をしっかりと歩いてください。

それから疲れたらじぃじ特製のぜんざいを食べに来てくださいね。

皆様、まだまだ未熟な萌々香ではございますがこれからもどうぞよろしくお願い致します。

じぃじより」拍手

林萌々香「ありがとう。まさかじいちゃんと思わへんかった」

川上千尋「私は天使のモカちゃんにメンバーから色紙を預かりました」
渋谷凪咲「これ凪咲が描いたやつ」
誰か「ウソつくな。2回目や」
林萌々香「これはあんたんが描いてくれてんな」
井尻晏菜「そうだよ」

上枝恵美加「最後に、誕生日を迎えたモカちゃんからファンの皆様にひと言どうぞ
林萌々香「今日はとっても素敵な生誕祭を開いてくださり、本当にありがとうございます」拍手

「15歳の1年で大きかった出来事はチーム昇格をしたことです。城ホールという大きいところで昇格発表があって、本当にビックリしたんですけど、でも次、昇格してすぐら辺の握手会とかで皆さんが「おめでとう」って言ってくれたり、「昇格できて本当に良かったね」とか「嬉しいよ」って言ってくださって、少しでも応援してくださっている方に恩返しができたんじゃないかなと思って、私も嬉しかったです。

そしてチームに昇格してすぐに新しいチームNのオリジナル公演が始まって、はじめて自分のポジションとかユニットとかをいただけて、凄い嬉しかったし、初めていただけた「何度も狙え!」の曲がAKBさんリクエストアワーとかNMBのリクエストアワーに入ることができて、本当に皆さんに感謝しています。ありがとうございます。

でも、初めていただけたポジションとかで凄い嬉しくって、たくさんこの公演をしたいなって思ってたんですけど、今年に入って大組閣があって、チームBIIに行くことになって、もっとNで公演したかったなって思ったし、チームBIIのメンバーとあまり喋ったことのないメンバーとかもいたから、馴染めるかが不安やったけど、でもすっごいメンバーは優しくって、楽しくって、最高なチームやなと思います。なので、私はチームBIIに入ることができて本当に良かったと思っています。

16歳の1年はですね、15歳の1年ももっとたくさんメディアに出ることやったんですけど、それは今年も変わらないんですけど、でもちゃんとした目標ができて。16歳の1年は私の将来の夢はモデルさんとか女優さんになることなので、女優さんのお仕事もそうなんですけれども、この1年はモデルさんとか雑誌のお仕事をもっとさせていただければいいなと思っています。

そして皆さんに15歳の私の1年よりも、もっと今年の16歳の1年の方が嬉しい報告ができることがたくさん増えればいいなと思っています。

ということで、今年は本当に、今年も凄い素敵な生誕祭、そしてお花とか凄いサプライズとかをいっぱいしていただけて本当に嬉しかったです。本当にありがとうございました。16歳の1年はもっと積極的にポジティブに行きたいと思いますので、16歳の私もどうぞよろしくお願いします。ありがとうございました」拍手

上枝恵美加「ほんとにしっかりしてて凄いなって思いました。これからも、今モカちゃんが自分の夢について語ってくれましたけど、それぞれ私達は夢を持っています。そしてモカちゃんさっき言ってくださったけど、チームBIIでこのメンバーでもっともっと最強なチームを目指して頑張っていきたいと思いますので、これからも皆さんNMB48そしてチームBII応援よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」拍手

# 林萌々香 → 天使の輪っかを着けたまま次の曲へ


◆EN05.To be continued.


# ご来場の御礼&ロビーにメッセージボードを配置

# 一抹礼「ありがとうございました」 → 手を振りながら捌ける (BGM:逆上がり)

林萌々香「最後にモカパンチ」
メンバー&客「わ~」

# 公演終了


NMB48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】9月11日(木) チームBII「逆上がり」公演

公演後の感想 → 木下春奈林萌々香

林萌々香「愛の色の時に白いサイリウムを振ってくださったり、自己紹介の時にマグカップみたいなのを持ってくださったり、ケーキの風船とかも生誕祭の時に振ってくださったり、仕込みが凄かった生誕祭やなと思って。昇格して初めての生誕祭やったから、凄い思い出に残る生誕祭やったなって思いました」

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]




カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ