FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月23日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット

梅本まどか 応援チアを2バージョン披露 (2014/07/23、チームE)

SKE48劇場 チームE「手をつなぎながら」公演

■出演メンバー
磯原杏華市野成美岩永亞美梅本まどか大脇有紗加藤るみ木本花音小石公美子小林亜実斉藤真木子酒井萌衣佐藤すみれ柴田阿弥須田亜香里福士奈央松井玲奈

■開演
◆M00.overture (SKE48 ver.)
◆M01.僕らの風
◆M02.マンゴー No.2 (タイトルコール:梅本まどか)
◆M03.手をつなぎながら
◆M04.チャイムはLOVE SONG


■MC (自己紹介)
松井玲奈「皆さんこんばんは」
みんなで「SKE48チームEです!」拍手

松井玲奈「始まりましたSKE48チームE、ボクの・・・違う(w) ボクの大好きな公演、「手をつなぎながら」公演がはじまりました」拍手

# 序盤4曲紹介

【1列目 下手側から】
磯原杏華「はっはー (はっはー) 杏華 明日か 明後日か 全力磯原いっきま~す! 17歳のきょんこと磯原杏華です」

「私はですね、このショートパンツを穿いてるかどうかをすっごいわかんなくなっちゃって、出てる途中に。最初チャッチャッチャって振り向いた瞬間に「あれ?これスカスカするぞ」って凄いヒヤヒヤしながらスカート脱いだんですけど穿いてました。良かったです、ほんとに」

木本花音「み~んなのハートで包んでちょうだい パク~♪ 16歳の木本花音です」

「今見ていただいた通り、キャッチフレーズに新しく「パク~」が加わりましたので、皆さんこれからもパク~な花音をよろしくお願いします」

松井玲奈「12時まで魔法は解けない、ガラスの靴は脱ぎません。SKEのかすみ草、松井玲奈です」

「私はですね、最近チームSの北川綾巴ちゃんと東李苑ちゃんにデレデレなんですよ。昨日も2人を横に従えて、綾巴がチューしてくれたりとか、李苑がツンデレしてくれたりとか凄いハーレムだったんですね、言うなれば。だったんですけどその時のんさんが後ろにいて「私もいますよ」って言ったんですよ、眉毛をハの字にして。超可愛いじゃないですか。よくよく考えてみれば、入ってきた時、のんちゃん大好きだったなと思って」
木本花音「今は?」
松井玲奈「やっぱり大好きだなって思ったんです、そのひと言で。推し変あるなと思って」
木本花音「そのひと言で?」
松井玲奈「違うよ。いつも可愛いって言ってるじゃん」
木本花音「ほんとですか? ありがとうございます」
松井玲奈「でですね、綾巴はチューしてくれるんです、ほっぺに。李苑もあともう少しでしてくれるのかなって思ってるんで、のんちゃんもしてくれるかなと思ってるんですよね(ほっぺに手を当ててアピール → ほっぺを差し出す) 思ってるんですよね」
木本花音「目つぶってください」 → 玲奈のほっぺにチュー (ひゅ~)
松井玲奈「やったー! 皆さんの声援と今のチューで頑張ります」

加藤るみ「るんるん (るみるみ) まるまる (るみるみ) いつでも (るみるみ) 岐阜県出身 19歳、加藤るみです」

「私、岐阜県出身なんですけど、今まで岐阜県内で「加藤るみさんですよね?」みたいな感じで気づかれることがあまり少なくて。ちょろちょろあったんですけど。少なくて。この前、本屋さんに行ったら「あっ、加藤るみさんですよね!?」みたいな感じで凄い気づいてくれて、おっきたーと思って。「なまなましてますね」って言われて。えっ?なまなましてますね。多分私の憶測では「生で見ると可愛いですね」っていうのを早口になり過ぎて、「な、なまなましてますね」っていうのに聴こえてしまったんですけど、今度会えた時には生で見ると可愛いって言ってもらえるように頑張りたいと思います」

市野成美「みーんななるが好きに~? (なる!) 中学3年生 15歳、市野成美です」

「本番前の話なんですけど、松井玲奈さんが私の所にやってきて、「なるちゃん、今日もたくさん怒ってね」って言ってきたんですよ。何で怒らなきゃいけないんだろうと思ったら「私、けっこう怒られるの好きなの」みたいなの言ってきて。この人はどうしたんだってちょっと思ったんですけど、今日は玲奈さんの間違いもしっかり見つけたいと思います」


【2列目 下手側から】
斉藤真木子「大阪から来ました、二十歳の斉藤真木子です」

「私は二十歳になってからは絶対ハーフツインはしないって決めてたんですよ。なのに今日することになっちゃって。決心を6月末ぐらいにしたんですね。したはずなのに、こんな早くしちゃうなんて思ってなくて、でも意外と似合ってるよとかいう声がポロポロ聴こえてくるので、やって良かったなって思うんですけど、今日は実は前より髪の色を3トーンぐらい落としたんですね。だから年齢的にもフレッシュに見えるかなと思いながら今日は公演していきたいと思います」

柴田阿弥「チャームポイントは大きな瞳。みなさんを目からビームでドキドキさせちゃいます。チームEの柴田阿弥です」

「今日私、ラーメン屋さんに行きまして。どうしてもラーメンが食べたくなって1人で行ってきて、ふとメニューを見たら「替え玉あります」って書いてあったので、多分人生初の替え玉をしたんですよ、私。それで、今日また一歩大人の階段上ったと思って嬉しくなったんですけども、今日の公演では阿弥ちゃんの代わりはいないなと思ってもらえる公演にしたいです」

小石公美子「あなたも今日で小石ちゃんに恋しちゃう。セクシーエイティーンの小石公美子です」

「私は最近きょん様から「君、栗きんとん顔だね」って言われたんですね。あとじゃがいもに似たすーじゃがさんからも「じゃがいもだね」って言われたんですね」
佐藤すみれ「今日けっこう出してるしジャガってるよ」
小石公美子「ちょいちょいちょい! 誰がじゃがいもや!。。(煽る)」ひゅ~
誰か「力技」
小石公美子「ってことで、ニンジン顔になりたいなって思います」

岩永亞美「SKEのちびっ子 元気っ子。つぅちゃんこと岩永亞美です」

「玲奈さんのMC聞いてたら、ちょっとつぅおこなんですけど。前まで「つぅちゃん可愛いね」とか言ってくれたのに、最近はやっぱ新しいものに行っちゃって。でもつぅには愛李さんっていう本命の人がいるので、私は今日愛李さんにもこの元気が届くように頑張りたいと思います」

大脇有紗「みなさんとクローバーが大好きな妄想少女、自称美人の大脇こと15歳の大脇有紗です」

「私も今日この髪型にしたんですけど。みんなしてるんですけど、この髪型をセットしてる時に斉藤真木子さんとか酒井萌衣さんとかも一緒にいたんですけど、その時にこの髪型をして更に下で結ぶのがけっこう私の幼稚園ぐらいの時に流行ったんですけど」
柴田阿弥「じゃー何のためにこの上は結んでるの?」
大脇有紗「その話をしてたんですよ。でも私めっちゃしてたんですよ、その髪型を。恥ずかしくなっちゃって、1人で。端っこで「してたな」と思いながら話を聞いてたんですけど、今日はそんな子供なところも見せていけたらいいなと思います」

須田亜香里「勇気凛々あかりんりん みんなも一緒に! あかりんりん! あかりんこと須田亜香里です」

「私今日レッスンの時に履くレッスンシューズと合わせるくるぶしソックスを忘れてしまったんですよ。仕方ないからそのまま今日は履いちゃおうと思って素足でスニーカーを履いたんです。そしたらその私を見て、小石公美子ちゃんが「私とお揃いですね。私も靴下履いてません」って言ってきたんですよ。だから今日だけ忘れたのか、それともいつも履いてないのかどっち?って訊いたら濁されたんですよ。どっちもなんですか?」
小石公美子「年中履いてません」
須田亜香里「小石さん臭そう」
小石公美子「ちょいちょい待て」
須田亜香里「待ちません。今日みんな見ましたか? 全員ハーフツインなんですよ (可愛い) 可愛いでしょ? さすがは私がリーダーやってるチームですね」


【3列目 下手側から】
福士奈央「どんどん!(どんどん!) 残り物には福がある、栃木県から福を運んできた15歳、どんちゃんこと福士奈央です」

「今日ハーフツインをしてるんですけど、私いっつも公演ではポニーテールをしてるんですけど、これ下ろしてるじゃないですか、髪の毛を。ものすごく熱いんですね。それも今日初めてなんです、髪の毛下ろすのも。玲奈さんと今日初めて同じ公演をやるんですけど、初めてなんですけど。だから今日は初めてのことがいっぱいということで、でも初心の気持ちもちょっと思い出しながら今日この公演・・・だいぶ思い出しながらこの公演をやっていきたいと思います」

酒井萌衣「私の笑顔がみなさんの心に めーい中! 16歳の酒井萌衣です」

「私はいつも前のチームEからですね、ダンスがかっこいいとかイケメンですねとか言われてきたんですけど、SKEに入って4年経って初めて今日この髪型したんですよ。めっちゃ恥ずかしくて。リハーサルの時からフードを被って隠してたんですけど、こあみとかが後ろからパって取られて、エヘヘみたいな感じで隠して。なので今日はかっこいいイメージじゃなく可愛いイメージにチェンジできるように頑張りたいなと思います」

小林亜実「クッキングタ~イム♪ 小麦粉 砂糖に卵にバター、最後に感謝の気持ちを込めて、せ~の、おいしくなーれ♪ (いただきまーす!) 召し上がれ。みなさんにこあみケーキをお届けしたいな。こあみこと小林亜実です」

「今日のお昼ご飯を須田亜香里さんと一緒に食べたんですね。ハンバーグ屋さんに行って、包み焼きのハンバーグを頼んで2人で食べたんですけど、赤ちゃんはホイルの隅々までほじくって、全部を食べるんですよ。ほんとにこんなちっちゃいお肉とかも見逃さずに「あっ、見つけた!」って言って全部食べるんですよ。凄いキレイに食べるなと思って、そこを見習って今日は隅々まで見ていきたいと思います」

佐藤すみれ「埼玉県から来ました。誰もが恋するお人形、すーめろこと佐藤すみれです」

「最近玲奈ちゃんに毎日のように「すーちゃん可愛いね」って言われるんですね。それでさっきあったように李苑ちゃんとか綾巴とかいろんな子可愛がってるみたいなんですけど、私もSKEではある意味新しいので、もしかしたら玲奈ちゃんは私に流れてくる可能性もあるのかな、なんて思いながら毎日過ごしています」

梅本まどか「Go! Go! Let's go! Let's go! まどか!Go! Fight! Win! ナンバーワン! SKEのチアリーダー、う め も と ま ど か です」

「私22歳になってから初めて・・・じゃないか。22歳になって大人になるってこの前の公演で宣言したんですよ、生誕祭やって。なのになぜここにきてこの髪型をしたと思って。ほんとに初めて、こんなソワソワした公演は。珍しいんですけどってことは置いといて。私、宮澤佐江さんに凄い私のチアを気に入っていただけてるんですよ。で、見る度に「あー私大好きなんだよね」って言ってもらえるんですけど」
メンバーたち「見たい」
梅本まどか「この髪型で?」 → 「ダダンダダンダンダン! ダダンダダンダンダン! ダダンダダンダンダン! Let's go!チームE! オーオーオー・・・Let's go!チームE ナンバーワン!」ひゅ~&拍手
酒井萌衣「これ凄いよね」
梅本まどか「1コ言っていい? さっきまで恥ずかしかったけど、自分応援したからちょっと元気になってきたわ」
酒井萌衣「もう1個あるやん。お願い、今日はほんとに応援されたい」
梅本まどか「じゃーみんなが土下座したらいいよい」
# 3列目メンバー4人 → 土下座 (ひゅ~&拍手)
梅本まどか「しょうがないな。じゃー真ん中でやるね」 → 「ダン!ダン!ダン! オレッ!オレッ!オレッ!オレッ! オレ~~! さー行きましょう! (さー行きましょう!) さー行きましょう! (さー行きましょう!) チームEは (チームEは) 最強だぞ! (最強だぞ!) オレッ!オレッ!オレッ!オレッ! オレ~~! みんなも一緒にオレッ!オレッ!オレッ!オレッ! オレ~~! もっと! オレッ!オレッ!オレッ!オレッ! オレ~~! Go! Fight! Win! ナンバーワン!」ひゅ~&拍手


◆M05.Glory days (市野成美木本花音加藤るみ)&BD
◆M06.この胸のバーコード (大脇有紗松井玲奈磯原杏華)
◆M07.ウィンブルドンへ連れて行って (小石公美子(黄)・柴田阿弥(ピンク)・岩永亞美(青))
◆M08.雨のピアニスト (小林亜実須田亜香里斉藤真木子)
◆M09.チョコの行方 (酒井萌衣佐藤すみれ福士奈央梅本まどか)


■MC
酒井萌衣佐藤すみれ福士奈央梅本まどか

梅本まどか「みんなハーフツインということでちょっと可愛い髪型をしてるじゃないですか。だから最近可愛いなーと思ったこととかたくさんあると思うんですけど」

福士奈央「こあみさんのことなんですけど。こあみさんが何のタイミングかわかんないんですけど「ふふふ、美味しそう」って言ったんですよ(軽くw) っていうのを私聞いて。私そういうのが好きなんですよね。こあみさん可愛い顔してそんなこと言うんだ、可愛いなーって思って、で、私もほんとにそれが好きなんです、こあみさんが」
梅本まどか「ちょっとどんちゃんがホラー好きってことでいいのかな?」
佐藤すみれ「ほんとに可愛かったの?」
福士奈央「ほんとに可愛かったです」
梅本まどか「今の真似だったらちょっと怖いよ」
福士奈央「全然全然」
佐藤すみれ「ちょっと変わり者だね」

酒井萌衣「なるのことなんですけど。なると喋ってたら「今日の授業中ずっと萌衣さんのこと考えてたんですよね」って言ってて。じゃーその証拠ないの?みたいな感じで。そしたら授業中のノートを家に帰って写真撮って、「萌衣さん好き、萌衣さんに会いたい、萌衣さん萌衣さん」って書いてあって」
メンバーたち「えー!?」
酒井萌衣「えー?と思って。しかも似顔絵も書いてあって。今日Google+に載せようと思うので是非皆さん見てくださいね」
佐藤すみれ「だんだん怖い話になってきたね」軽くw
酒井萌衣「その上にはちゃんと社会の勉強してあったので」

梅本まどか「この前名古屋グランパスの豊田スタジアムに行ってきたんですよ。その時に、ちょうど座る席が濡れてたんですね。私、自分のタオルで拭いて座ってたらちっちゃい男の子が5、6人走って、タタタタタって、前のほうに座ろうとしたんですよ。みんなタオル持ってなくて、どうしようみたいな。この大事なユニフォームっていうか着るやつで拭くかどうしようか凄い悩んでたんで、タオルいる?って訊いたんですよ。そしたらなんか、ちょっと恥ずかしいんだろうね。小学生ぐらいの男の子だったから(首を横に振る)みたいな感じでめっちゃソッポ向いてたんだけど、隣にいた男の子がジーっと見てたの、そのタオルを。だからその子にちょっと経ってから「いる?」って訊いたら「ありがとう」って言って、拭いてて。最初に「いい」って言った男の子も後から「んー」とか言ってもらって拭いて、最後にありがとうって言って渡してくれたのも可愛くって可愛くってもう」
佐藤すみれ「ちっちゃい子可愛いよね」

佐藤すみれ「私はこんな梅ちゃんがさっきあんな感じでいろいろ披露しましたけど、裏でめちゃくちゃ恥ずかしがってる姿がやっぱり可愛いなって思って着替えてましたよ」
梅本まどか「応援が恥ずかしかったわけじゃなくてこの髪型が恥ずかしいんですよね」
佐藤すみれ「そっちなんだ。その組み合わせが恥ずかしいってことだよね。踊りと髪の毛の」
梅本まどか「あの応援のおかげでだいぶ自信つきましたから大丈夫です」


◆M10.Innocence
◆M11.ロマンスロケット
◆M12.恋の傾向と対策


■MC
◆前半:小林亜実須田亜香里佐藤すみれ斉藤真木子磯原杏華岩永亞美柴田阿弥酒井萌衣

岩永亞美「いきなりなんですけど、つぅ、ファンの方の笑顔が大好きなんですよ。これはほんとね。握手会とかでよくそういう笑顔が見られることが凄く嬉しいんですよ。で、私、逆に自分が好きな人にしたいことを今日話したいなと思って」

「つぅはやっぱり甘やかしちゃダメなんですよ。誰でもね。玲奈さんもするんですけど。なのでダメなことはビシっとおこしていきたいと思います」
メンバーたち「例えば?」
柴田阿弥「今日仕事とか行きたくないよー」
岩永亞美「そんななまけものだとつぅおこだよ」
柴田阿弥「可愛い♪ 行ってきます!」

須田亜香里「亜香里は好きな人のことをギューってしたいです。だから握手会とかでもファンの方の手をギューってするんですよ」
柴田阿弥「おっとこあみどうした?」
須田亜香里小林亜実をギューっと
小林亜実「羨ましいだろー。。」
柴田阿弥「そうでもない?」客w

小林亜実「こあみは好きな人にクッキングタイムしてあげたいなと思います」
酒井萌衣「詳しく」
小林亜実「ご飯を作ってあげたいなってこと」
斉藤真木子「逆に何の意味があるの。得意料理は?」
小林亜実「ハンバーグ! 食べたい人?」
メンバー&客「はーい!」
メンバーたち「いっぱいいる」「みんな食べたいよね」

佐藤すみれ「私は、じゃー好きな人の前だったらハーフツインテールをしたいです」客「おー」
メンバーたち「おー」
佐藤すみれ「したいじゃん。最近封印してたところあったからさ、だから好きな人の前だけでしたいなって」
須田亜香里「すみれさん今日久しぶりにやったじゃないですか。始まる前からさっきのセリフをずーっと言いたくて仕方がなかったんですよね」
佐藤すみれ「そう、好きな人の前でハーフツインしたいなって言いたかったんですよ」
須田亜香里「ドヤ顔で言えてましたよ」

柴田阿弥「いろいろしてあげたいとか言うじゃん。逆に、何をしてくれるんですか?っていう」
小林亜実「えっ?見返り?」
柴田阿弥「何したらいいかわからないから。だから私のことを好きだと仮定するじゃないですか、ここにいる皆さんが。グっと押し殺して仮定するじゃないですか。何してくれますか?」
小林亜実「阿弥ちゃんのためにしたいことを考えてくれてるだけで、もうそれでいいでしょ」
柴田阿弥「えっ?」
斉藤真木子「阿弥ちゃんのこと考えてる、費やしてる時間が」
柴田阿弥「わかった。じゃーそれでいいや。私も好きな人のこと考えるわ」

酒井萌衣「私は言っても得しないけど、誰も。よしよしってしてあげたいな。奥の人聞いてないんですけど、さっきから」客w

◆後半:加藤るみ市野成美小石公美子梅本まどか木本花音大脇有紗松井玲奈福士奈央

加藤るみ異性に言われたら嬉しい言葉について考えたいんですけど、今日はですね、ファンの皆さんが実際にその言葉を言ってもらいます。で、私が審査員なので誰の言葉が一番キュンキュンしたか。私の場合だったら、キュンとするのは「もう、プンプンすんなよ」とか言われたらキュンキュンするなーみたいな。だから練習で・・・せ~の、3・2・1」
客「もう、プンプンすんなよ」
加藤るみ「揃うねー」

木本花音「私はね、オレのほうが好きだよって言われたらキュンキュンする」
松井玲奈「軽い演出つけていいすか? 花音が「好き」って言ったらそれを言うっていう」
メンバーたち「あー」
加藤るみ「花音ちゃんのキュンキュンする言葉まで」
メンバーたち「3・2・1」
木本花音「好き?」
客「オレのほうが好きだよ」
木本花音「あざーす!」
加藤るみ「キュン1かな」
メンバーたち「これで1?」
加藤るみ「MAX5だから」
木本花音「にしても低いよ」

加藤るみ「じゃー玲奈ちゃん」
松井玲奈「私あげてないよ」拍手
メンバーたち「るみさんどこ見てるの?」
松井玲奈「今ので1だったからさ、ちょっと作戦練り直さなきゃと思ったのに。私の両サイド、どんちゃんと有紗が手上げてた」

福士奈央「揃えば私はキュンとするんですけど。いきますね。東京特許ときゃ、、許可局って言ってください」
誰か「キュンとするの?それほんとに」
福士奈央「私がちょっと満足します」
メンバーたち「3・2・1」
客「東京特許許可局」
市野成美「言えてない人いっぱいいるけど」
加藤るみ「キュン、マイナス8」
メンバーたち「あー」
加藤るみ「冷え切ってる心を誰か温めて欲しい」

市野成美「今から言うので覚えてください」
市野成美小石公美子「おはなるちゃん!(ポーズ) からのスモールストーン大遠投 フー!」
市野成美「と、皆さんできれば」
誰か「レベル高いなー」
小石公美子「思い切り」
市野成美「恥を捨てて」
小石公美子「私達にバーンとぶつけてください」
松井玲奈「ざわついてるけど大丈夫ですか? もう1回見ときましょう。皆さん手もやりましょうね、一応」
市野成美小石公美子「おはなるちゃん!(ポーズ) からのスモールストーン大遠投 フー!。。」
木本花音「シーなってるやん」
加藤るみ「胸が苦しい」
市野成美小石公美子「3・2・1」
客「おはなるちゃん! からのスモールストーン大遠投 フー!」
市野成美「意外に揃った」
小石公美子「いけた!」
市野成美「どうですか?るみさん」
加藤るみ「マイナス100です」
市野成美小石公美子「(激しく振りしながら)なんでだろう、なんでだろう」
メンバーたち「やめようやめよう」
松井玲奈「もうマイナスプロモーションにしかならないから。可愛くいて、お願いだから」

加藤るみ「じゃー最後に心温めてくれる人?」
梅本まどか「ハーイ! これ私言われたら相当キュンキュンします」
木本花音「昭和なの来るか」
梅本まどか「あのね、まどかっていい女だな」
木本花音「見事な昭和でした」
梅本まどか「ダメですか?」
加藤るみ「じゃー言ってもらいます?」
梅本まどか「微妙ならいいです、他の方に」
加藤るみ「これはわかんない。みんなが本気出したら」
松井玲奈「本気トーンでお願いします」
メンバーたち「3・2・1」
客「まどかっていい女だな」
市野成美「けっこうみんな心こもってなかったですよ」
加藤るみ「次回に期待しまーす!」

加藤るみ「こんな感じでね、キュンキュンすることもありますけど、やっぱり私達が一番キュンキュンするのは皆さんからの声援だと思うので、これからも応援よろしくお願いします」

梅本まどか「ちょっと変なことをしても笑ったり温かい声援を送ってくださる皆さんがほんとに優しくていつも感謝しています。そんな皆さんに感謝の気持ちを込めて最後に聴いてください」


◆M13.大好き


# 曲終了後、メンバーたち「ありがとうございました」捌ける


■アンコール


◆EN01.ロープの友情
◆EN02.火曜日の夜、水曜日の朝


■2分半VTR

『E公演の裏側 ~須田のイメージビデオ挑戦~』

須田亜香里「超絶可愛い? (アカリン!) 亜香里と言えば元気、明るい、笑顔とか、それ以外何かあるっけ?」
小石公美子「亜香里さんどうしました? 亜香里さんが悩んでたんでね、私、後輩がちょっと悩み解決しちゃおうかなと思いました」
須田亜香里「いい後輩。あのね、亜香里、亜香里と言えば元気、明るい、笑顔とかがやっぱり挙がってくると思うんだけど、やっぱりそれだけじゃ飽きられると思うの・・・」

# 小石公美子がカメラマンとなって、須田亜香里のセクシーポーズを撮影




# 上映終了 → 全員登場

■MC
柴田阿弥「今日の2分半映像ですが、小石ちゃん、亜香里さんセクシーだった?」
小石公美子「私のセクシーにはまだまだでした」
柴田阿弥「黙りなさい」
須田亜香里「小石さん、何か言った?」
小石公美子「何も言っておりません」軽くw

# SKE48 15thシングル「不器用太陽」曲振り


◆EN03.不器用太陽


須田亜香里「皆さんと私達の間にはいつもたくさんの愛で溢れています。挫けそうになった時、辛いことがあった時、そんな時でも前を向いていられるのは皆さんと私達の気持ちが前にあるからです。これからも皆さんと一緒に歩んで行けるように私達もたくさんたくさん輝いていきたいと思います。それでは次が本当に最後の曲になります」


◆EN04.遠くにいても


# ご来場の御礼

# 手繋ぎ挨拶「せ~の(はい!) せ~の(はい!) せ~の(はい!) ありがとうございました」

メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:手をつなぎながら)

# 公演終了

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND