FC2ブログ

後藤真由子 劇場最終公演 (2014/07/29、SKE48研究生)

SKE48劇場 研究生「SKE48 アップカミング公演~夏~」

■出演メンバー
青木詩織井田玲音名犬塚あさな荻野利沙鎌田菜月後藤真由子佐々木柚香竹内彩姫野口由芽松村香織山田樹奈

■開演
◆M00.overture (SKE48 ver.)
◆M01.マツムラブ! (全員)
◆M02.少女は真夏に何をする? (青木詩織井田玲音名犬塚あさな鎌田菜月後藤真由子佐々木柚香竹内彩姫野口由芽)
◆M03.オキドキ (全員)


■MC (自己紹介)
松村香織「皆さん、こんばんは」
みんなで「SKE48研究生です」拍手

# 序盤3曲紹介

松村香織「皆さん、まぁたんコールしましたか? (イェー!) この調子で後半バテないようにお願いします」

「この公演は普通の公演より5人少ない11人で公演してますので、所々曲が短く感じたりとかあると思うんですけども、このメンバーのパフォーマンスでカバーしていきたいと思います。そして今日のお題は後藤真由子ちゃんが最後ということで、まぁたんについてです」拍手

【1列目 上手側から順に】
井田玲音名「私の笑顔とこの大きな手で みなさんのハートを鷲づかみ。掴んじゃいました。今日も元気いっぱいな高校1年生 15歳の井田玲音名です」

後藤真由子ちゃんが卒業発表した日のGoogle+のコメントの500コメを私がちょっと奪っちゃったんですけど(w) それをほんとに今日謝りたいなと思って、ファンの皆さんにごめんなさい、ほんとに。でも今日の公演では皆さんのハートを奪っちゃいたいと思います」

野口由芽「愛知のゆめちと (夢見よー!) ゆめちにめちゃめちゃ夢中になってね。6期研究生、16歳の野口由芽です」

「私は昨日まぁたんとパンケーキ屋さんにデートに行ったんですよ。それで帰り道の時に外を歩いていたら男子高校生10人ぐらいの集団に声をかけられまして(反応) 何かと思うじゃないですか。「写真撮ってください」って言われたんですよ。で、私達てっきり「バレた」って思ったんです。ずっと「バレた」みたいな表情しながら歩こうと思ったんですよ、すみませんって言って。でも、一緒に撮ってって意味じゃなくて、景色とその集団を一緒に撮って欲しいって意味だったんですよ。まぁたんがそれに気づいて撮ってあげたんですよ、「はい、チーズ」って2、3枚ぐらい。撮ってあげた後に過ぎ去るじゃないですか、私達。そしたら「ありがとうございます」って言ってくれて、凄いいい人たちで。私は振り返って「あー」みたいな感じで言ったんですけど、まぁたん寝違えてたんで(ちょっとしか振り返れず)」客w

「首が・・・みたいな感じで」
後藤真由子「その通り」
野口由芽「向こうとした瞬間「あっ」って言って、めっちゃビックリしましたということで、今日は首が痛くなるくらい激しく踊っていきたいと思います」

鎌田菜月「あっち こっち どっち なっきぃ! 方向音痴でも想いはまっすぐ。なっきぃこと鎌田菜月です」

「今日この公演でツインテールしているメンバーが2人いて、それが後藤真由子ちゃんと竹内彩姫ちゃんなんですよ。可愛いじゃないですか。私も可愛いって思ったんですよ。ふと思い出したのが、私あるラジオの時にですね、2つ結びをして、それを普通にGoogle+の投稿に載せたら香織さんに後日「若作りしてんじゃねーよ」みたいなこと言われて(w) あれっ?ちょっと私とまぁたん同い年なはずなんだけどなと思いつつ (可愛かったよ) あっ、可愛かったですか? 需要があると思った」
松村香織「お世辞」客w
鎌田菜月「でもまだ同い年だし、女子高生なんでツインテールギリギリいけないかなってちょっと悪あがきを (大丈夫) 今日は優しい人が多いですけど、そんなね、優しいことしても何も出ないよ。ということで今日の公演ではまぁたんのツインテールやさきぽんのツインテールに負けないぐらい可愛く動いていこうと思います」

荻野利沙「男は度胸 女は愛嬌 荻野は? (最強!) おぎりーこと荻野利沙です」

「おいで、まぁたん。荻野利沙のまぁたん質問大会!(拍手) 好きな食べ物は何ですか?」
後藤真由子「アイス」
荻野利沙「好きな色はなんですか?」
後藤真由子「ピンク」
荻野利沙「憧れの先輩は誰ですか?」
後藤真由子「香織さん」拍手
松村香織「イェー!」
荻野利沙「憧れの先輩は誰ですか?」
後藤真由子「香織さん」
松村香織「イェー!」
荻野利沙「じゃーね、大好きな人は誰ですか?」
後藤真由子「ぷん・・・」反応
松村香織「荻野それ触れちゃダメだから」
荻野利沙「もう戻っていいです、ごめんね。ことごとくフラれるわけですけど、まぁたんとはですね、ホテルで同室になった時に凄い仲が深まったよね」
後藤真由子「そうですね」
荻野利沙「ほんとに思ってんのか」
後藤真由子「ほんとに楽しかったですよね、あれ」
荻野利沙「おしりんとまぁたんと同じ部屋になって凄い仲が深まったんですよね」
青木詩織「ええっ」客w
荻野利沙「お前ら後で覚えとけよ(w) 今日は皆さんに荻野利沙、まぁたんの次でいいんで「大好きだよ」って言ってもらえるようなパフォーマンスをしていきたいと思います」


【2列目 上手側から順に】
青木詩織「あなたの推しに? (おしりん!) 静岡県からやってきたお魚ガール、おしりんこと青木詩織です」
メンバーたち → おしりんポーズ返し
青木詩織「なんで? いつもいつもやる。ちょっと。普通にMC話させてください。まぁたんなんですけど、お揃いのレッスン着を持ってまして。まぁたんが私にプレゼントしてくれたお尻のマークが書いてあるTシャツなんですけども。そのTシャツをですね、昨日の夜一緒に着ようって言って、だから「明日着てきてね、レッスン着で着てきてね」って言ったんですけど、そしたらレッスン場に着いたら他の研究生の子がまぁたんのファンの方が作ってくれたオレンジのTシャツを着て、まぁたん今日最後だからこのTシャツみんな着てこようねって約束したもんねって話してて、ヤバイと思って。まぁたん違うの着てくる約束しちゃったよと思って、ちょっとなかなか言い出せなかったんだけど、着てきた子ごめんね」
山田樹奈「ちょっと私、約束されてないんですけど」客「えー」
青木詩織「そういうこと言うと、関係性が疑われるから、そういうのはやめとこう」
山田樹奈「でもみんな私がまぁたん大好きなこと知ってるから大丈夫!(拍手) ごめんね、入ってって」
青木詩織「そんな感じなんですけど、仲ほんとにいいんで。こういうこと言うとね」
松村香織「ほんとにやめて。落ち着いたからさ、その話ね。やめて、もう」
青木詩織「あの、今日はその研究生の仲の良さをいっぱい出していこうと思います」

松村香織「今日もあなたに!(わ~) あなたに! (わ~) 萌えをデリバリー 萌え萌えきゅーん。かおたんこと終身名誉研究生の松村香織です」

「そうですね、まぁたんと言えば話すことはいっぱいあるんですけど、私、今日の公演を見て、凄く気になったのがまぁたんの生誕Tって「おもい」って書いてるやつ?」
後藤真由子「はい」
松村香織「あれ自分で作ったやつ?」
後藤真由子「そうです」
松村香織「ファンの人じゃなくて」
後藤真由子「あっ、そうです」
松村香織「ちらちら見えるんですよ。着てる人いますか? 少なくない?ちょっと(w) ウソでしょ? ごめん、まぁたん」
後藤真由子 → 『シー』客「あ~」
松村香織「違う、私の目合った人がみんな「おもいおもい」って着てたから、ごめんね、あんまいなかったw みんな着てきてよ!ちょっと! そんなことは置いといてですね、今日はそのTシャツに書いてあるように重みのある公演をしていきたいと思います」

佐々木柚香「横浜代表。ふわふわ天使の笑顔を届ける、ゆっぴーこと佐々木柚香です」

「私は前の前の研究生公演で「会いたかった」公演をやっていたんですけど、その時に涙の湘南っていうユニットを私とまぁたんはやらさせていただいたんですけど、その時に毎回必ず目が合うところがあって、そこが凄い、公演の中で一番の思い出です。他に思い出が頑張って探したんですけど(w) でも絶対あるはずなんですけどちょっと思いつかなかったのでこのことを話しました」


【3列目 上手側から順に】
後藤真由子「あなたのハートにおじゃまし? (まぁたん!) まぁたんこと後藤真由子です」声援大
メンバーたち「まぁたん!」
後藤真由子「このキャッチフレーズももうやることはないんだなと思うと悲しいですよね。実は今日最後なんですけど、私、昨日寝違えてしまったんですよ。ほんとに動かなかったんですけど、ここまで動くようになったんですよ (おー! 拍手) 接骨院のおかげで。ありがとうございます。そして今日久しぶりの円陣をやったんですよ。それは山田樹奈ちゃんと日高優月ちゃんと3人で作っていた円陣だったんですけど、「制服の芽」時代に3人でやっていたんですね。でも(日高が)昇格しちゃって、2人しか残っていない、この時点でやることが無くなったんだよね。で、それでさっき、やろうよって言ってやったらすっごい気合が入るんですよ、あれ。だから、あれって良かったのかなと思って、ちょっと披露したいです」おー&拍手
山田樹奈「お前できんのか!?」
後藤真由子「うちら次第や!」
山田樹奈「せ~の」
2人で「やったるで!」拍手
後藤真由子「っていうのをやっていました」
山田樹奈「本番でやると凄い気合入ったね」
後藤真由子「ということで今日は気合を入れてきたんで最後までこの気合が切れないように頑張っていきたいと思います」

山田樹奈「ちっちゃい樹奈はどーこだ? (見っけた) まぁたんが大好きなじゅなっここと山田樹奈です」

「まぁたんとは出会って2年目ぐらいになるんですけど、つい半年ぐらいまではまぁたん好き過ぎて人見知りしてて、喋るの凄い恥ずかしかったんですよ。でも今はこんなに仲良しになって、まぁたん行かないでっていう気持ちなんですけど、この公演ではまぁたんと隣同士になったり、シンメのとことかがたくさんあるのでそこに注目していってくれたら嬉しいです」

竹内彩姫「あなたを彩るお姫様♪ 目指すはSKEのスイッチヒッター、14歳のさきぽんこと竹内彩姫です」

「私、皆さんに報告したい、、、ことがあるんですよ。まぁたんに次のグラビアの陽P選抜は6期生だとさきぽんだよって言われたんですよ」おー&拍手
後藤真由子「期待してます」
竹内彩姫「そう、だから、私はまだ卒業しないじゃないですか。だからまぁたんのこの意思を持って、いつかそんな仕事もできればいいなと思ってます」
後藤真由子「来年ね、きっと増えるよ」
竹内彩姫「頑張ります、高校生だもんね」
後藤真由子「高校生になったら見れますよー」客「おー」
竹内彩姫「でも今日は髪型も一緒で似てるじゃないですか。体型も何気にちょっと似てるので、皆さん私達を見間違えないようによろしくお願いします」

犬塚あさな「私と一緒にお散歩に行きませんか? (行く!) 20歳のわんちゃんこと犬塚あさなです、わんわん」

「私はですね、まぁたんとは独特の挨拶の仕方があるんで、ちょっとやってみたいと思うんですけどいいですか?」
後藤真由子「あれね」
犬塚あさな「いくよ、せ~の、イェー」後藤と胸タッチ
後藤真由子 → 終わった後、グッドポーズ
犬塚あさな「こんな感じで私達やっていて、「パイさつ」って呼んでるんですけど」客w
竹内彩姫「うちらこれ見て良かったのかな?」
山田樹奈「ダメだと思う」
犬塚あさな「こんな感じで毎回やってるのは見たことないのかな?」
竹内彩姫「あの、見ないようにしてます」
山田樹奈「見なかったことにしてます」
犬塚あさな「そんな感じでですね、毎回パイさつをしていたんですけれども、私達はですね、そんな挨拶にも取り入れるぐらいダイナマイトボディーが売りなわけなので、今日はそんなダイナマイトボディーをたくさん出してセクシーに頑張っていきたいと思います」

「この公演はまだまだ始まったばかりです。そしてこの夏もまだ始まったばかりです。この公演を通して私達と夏を感じましょう」


◆M04.渚のCHERRY (黄色=野口由芽、青=荻野利沙鎌田菜月井田玲音名)
◆M05.わがままな流れ星 (青木詩織松村香織)
# エンディング
松村香織「ねぇ、おしりん、私ね、ヒッチハイク行ってたから凄い寂しかったでしょ?」
青木詩織「えっ?全然気づかなかった」
松村香織「えっ?ウソ? マジかよ」

◆M06.心の端のソファー (佐々木柚香竹内彩姫井田玲音名)
◆M07.涙の湘南 (後藤真由子山田樹奈犬塚あさな鎌田菜月荻野利沙)
# イントロにて客「あなたのハートにお邪魔しまぁたん 後藤真由子!」コール


■アップカミングチャレンジ~先輩からの指令をクリアせよ~ (VTR)

木下有希子「どうも~。あれっ?」
# もう1人、ひょっとこのお面を被ったメンバーが登場
木下有希子「w 自己紹介させてください。SKE48チームKIIのゆっここと木下有希子こと」
宮前杏実「ひょっとこ、宮前です」※一瞬外して顔を見せる
木下有希子「何でそれ被ってんの? というわけで、今アップカミング公演中ということでですね、ファンの皆さん盛り上がってますか? わーもう凄いですね、めちゃくちゃ盛り上がってる。是非楽しんでください」
宮前杏実 → お面を頭上へ
木下有希子「まぁ、アップカミング公演ということで、皆さんアップカミングっていう意味はもちろんおわかりですよね?」
宮前杏実「そりゃーね、アップカミングよ、だって。何言ってんすか、ア!(奇声)」
木下有希子「w ちゃった持って。今のつっこみどころ満載。今の音は何? そんなに自信満々に言うんだったら宮前ちょっと答えてみてよ」
宮前杏実「まぁ、アップをカミングするみたいな感じで。上にカモン、上がる、来る、うぇー」
木下有希子「久しぶりに会ったんですけども、あなたは相変わらずですね」
宮前杏実「そうっすね」
木下有希子「はい、ということで、アップカミングチャレンジということでですね、メンバーのみんなには強くたくましいアイドルになってもらうために毎回異なるメンバーから指令を出したいと思います。皆さんクリア目指して頑張ってください。というわけで今回は私達からの指令です。みんな覚悟しといてね。じゃー宮前その指令をね、ちょっと今体で表現してみて」
宮前杏実 → (再びお面被る)何かジェスチャー
木下有希子「ありがとうございます。全然面白くなかったです。アイドルはね、運も必要だからさ」
宮前杏実「はい、必要です」
木下有希子「今回はメンバーみんなに運試しのくじを引いてもらいたいと思います。それではみんな頑張ってね」

『ちょっと待った!』

『グダグダなトーク!』

『ひ弱な体!』

『この企画! もう見てられません!』

『そこで! あの男が動く!』

# 今村支配人・BUBKA M氏・BUBKA N氏

今村支配人「ということでね、何かのいい方法はないかなと、お2人にご相談したいと思っているんですがいかがでしょうか」
BUBKA N氏「なんですかね、まだみんなの一生懸命さが足りない気がするんですね」
今村支配人「まぁまぁそうですよね。んーということはですね、こうメンバーが一生懸命になるようなこと、それはですね、やっぱり人間ご褒美があるとですね・・・」

『ご褒美!?』

今村支配人「また頑張っちゃうんじゃないかと思うんですよ。例えば、表紙とかですね」

『表紙!?』

BUBKA N氏「表紙ですか」
今村支配人「あとは何か、まぁアップカミングの特集を」

『特集!?』

今村支配人「特集を組んでいただくとか、そんなようなことがもしできたらですね、メンバーが相当喜ぶし、頑張るんじゃないかと思うんですけどいかがですか?」
BUBKA M氏「そうですね、SKE盛り上げるために、やっぱりアップカミング公演盛り上がんないといけないんで」
BUBKA N氏「やっちゃいますか」
BUBKA M氏「やっちゃう勢いですけどね」

『さあご褒美目指して』

『奮起せよ!』

# 上映後、メンバー登場

松村香織「ということで、今映像にもあったようにですね、もし今後クリアが続けばBUBKAさんからのお仕事が頂けます!」
メンバーたち「イェー」拍手
松村香織「今村さん仕事しますね、やっと」ざわざわ
荻野利沙「やっとですよ、ほんと」
松村香織「皆さん叩かないでね、もうね。ということでですよ、ゆっことかも言ってたんですけど、やっぱり運も必要なんですよ、アイドルたるもの。やっぱりこの間のですね、魚へんの事件がありまして、ちょっとあれでやっぱり無理矢理勝った風な感じにさせたので、ちょっと上の人とかも怒ってて」
荻野利沙「そう見えても仕方ない」
松村香織「だから今回このね、何もできない運になったんですが、ちなみにルールなんですけど、これ(細い長い棒)が10本中この白が出たらここでアウトです」
メンバーたち「香織さん運悪くない?」
松村香織「ちなみに私一発目から引いちゃった」
メンバーたち「ウソでしょ?」
荻野利沙「さっきも一発目白だったし」
松村香織「この赤が出たらセーフ。それで当たったやつは戻していいです。なのでほんとに10分の1の確率でですね、ちなみにスタッフさんがやったところ10回成功した人はいません」
メンバーたち「絶対無理だよ」「終わった」
松村香織「ねぇ、気持ちから負けるとさ、仕事もらえないよ。まぁたんはいいけどさ、もう」客w
荻野利沙「お前ここで白出したら終わりだぞ(w) 頼むぞ」
松村香織「だってね、特集だったり表紙っていう話がきてるじゃないですか。研究生で表紙なんて飾れないよ、BUBKA以外は」客w&拍手
メンバーたち「どういうことですか?」「失礼ですよ」
松村香織「だからやっぱりここは皆さん、絶対に赤を引いてください」
メンバーたち「はい」

# 下手側から

◆1人目:後藤真由子 → 赤(セーフ)

◆2人目:荻野利沙「任しといてよ」 → 赤(セーフ)

松村香織「彩姫、水着のためよ」
竹内彩姫「でも香織さんに本番前背中叩いてもらったんですよ」

◆3人目:竹内彩姫 → 赤(セーフ)

◆4人目:佐々木柚香 → 赤(セーフ)

青木詩織「ヤバイです。ここら辺のプレッシャーハンパないです、ほんとに」

◆5人目:野口由芽 → 赤(セーフ)

松村香織「ねぇ、先輩(w) 後輩が繋いできたものをここで閉ざしてはいけません」

◆6人目:犬塚あさな → 赤(セーフ)

松村香織「おしりん白引きそうな気がするんだよなー」

◆7人目:青木詩織 → 赤(セーフ)

松村香織「玲音名、気持ちをひと言」
井田玲音名「帰りたい」客w

◆8人目:井田玲音名 → 赤(セーフ)

◆9人目:鎌田菜月 → 赤(セーフ)

山田樹奈「今ちょっと正直なっきーに白引いて欲しいと思っちゃいました」客w
後藤真由子「やめてよ」
松村香織「樹奈で最後?」

◆10人目:山田樹奈 → 赤(セーフ)

荻野利沙「やーべー」
松村香織「あの、すみません。私も引かなきゃいけないんです」
メンバーたち「えー!」客「えー!」
荻野利沙「マジで香織さんにかかってるから」

◆11人目:松村香織 → 赤(セーフ) ※全員終了 → ミッションクリア

メンバーたち → 歓喜
松村香織「やったじゃん。イェー!」
鎌田菜月「BUBKAさんと今村さん信じていいですよね、これ。表紙か特集」
松村香織「だってさ、これどこでも流れちゃってるから、ウソはつけないですよねー」拍手

「でもやっぱり、表紙をよろしくお願いします!」
メンバーたち「お願いします」拍手
松村香織「なので皆さんBUBKAのアンケートがあったらSKEの研究生、表紙お願いします。いっぱい送りつけてください」客「はーい」

「でもね、まだまだこれで4勝目ということなので、もしかしたらこの後、次の公演でも勝ち進まなければご褒美もらえないかもしれないので、そこは皆さん、8月1日か、次の公演。頑張っていきましょう!」拍手

野口由芽「残すところこの公演もあと2曲となってしまいました (えー! そこをなんとか) そこをなんとか、むり~」客w


◆M08.ごめんね、SUMMER (全員)
◆M09.花火は終わらない (青木詩織犬塚あさな荻野利沙佐々木柚香竹内彩姫野口由芽松村香織山田樹奈) ※サビで全員に


# 曲終了後、メンバーたち「ありがとうございました」捌ける


■アンコール
有志の方「本日は後藤真由子さんのSKE48としての最後の公演です」客「イェー!」

「1年半前、オタクだった1人の後藤真由子という少女がSKE48に入り1つの夢を叶えました(拍手) SKE48に加入してからの1年半はアイドルとしての活動に一生懸命取り組み、ステージでキラキラ輝いてきました(拍手) 真由子さんはキャッチフレーズ通り、多くの人のハートにお邪魔しまぁたんしてきたと思います (イェー!)

そんな少女が次の新しい夢に向かって歩き出そうとしています。真由子さんが輝く未来へお邪魔しまぁたん出来るように、本日のアンコールは真由子コールでお願いしまぁたん」客「イェー!」


「真由子」コール


◆EN01.寡黙な月 (井田玲音名犬塚あさな後藤真由子佐々木柚香竹内彩姫野口由芽松村香織山田樹奈)
◆EN02.パレオはエメラルド (全員)

竹内彩姫「皆さん、まぁたんコールしてますか!?」客「イェー!」

◆EN03.不器用太陽 (全員) ※初研究生バージョン


■MC (感想)
松村香織「皆さん、いい感じに太陽っぽくなってましたか? (イェー!) でもね、ちょうど衣装がオレンジなので、曲にとても似合ってたし、しかも初披露ということで皆さんラッキー! (イェー!) ということで今日の公演の感想を青木詩織ちゃんに聞きたいと思います」

青木詩織「今日は前回の12日の公演からちょっと日にちが空いてしまったんですけども、昨日とか今日とか集合する前に自主的にみんなで集まって練習をして、その成果が出たのか、みんなと今日目が合うことが凄い多かったし、皆さんの声やサイリウムでとても楽しい公演になりました。

この1回公演を見ただけじゃやっぱおしりんの良さってなかなかわかんないんですよ(w) 他の人観てる時もあるじゃないですか、やっぱ、私以外を。だから今度もう1回、もう1回と言わずもう2、3回ぐらい、もっとね、たくさん劇場に私たちの姿を観に来ていただけたらいいなと思います。今日は本当にありがとうございました」拍手

松村香織「まぁほんとにこのメンバーでやる公演もこの日が最後になりますし、また次の公演からどんな形になるかも私達はわかりませんが、このいただいたアップカミング公演~夏~を素敵なものにして、皆さんをどんどんどんどん研究生の虜にしちゃいたいと思います。それでは皆さん、まぁたんへの愛、もっともっと叫べますか? (イェー!) もっと声出せますか? (イェー!) それじゃ曲行くぞ!」


◆EN04.SKE48 (全員)


■MC
荻野利沙野口由芽竹内彩姫松村香織佐々木柚香山田樹奈犬塚あさな井田玲音名鎌田菜月

松村香織「ということでですね、特別MCということで、今日限りの、フー!」
メンバーたち「イェー」
松村香織「はい、皆さん落ち着きください。それでですね、今まで途中のMCって企画MCだったんで、このアップカミング公演の見所だったりとか、後半の曲のエピソードだったりとか話せる場面がなかったんですよ。なのでそれを今日は聞いていきたいと思います」

鎌田菜月「私が言いたいところは「ごめんね、SUMMER」の曲中にあるんですけど、ちょっとそっち行きますね。ゆめちと耳をそばだてるシーンがあって、ゆめちが何かいっつも喋るんですけど内容が「かまねぇ!」とか「かまバア!」とか(w) ひどい時だったら、本番じゃなくてリハーサルなんですけど「お腹減った!」とか言うんですよ」

# 再現:野口由芽「かまバア~」客w

松村香織「あそこね、こしょこしょするところがあるので」
鎌田菜月「いっつもこしょこしょじゃなくて怒鳴ってきます」

犬塚あさな「私はですね、少女は真夏に何をする?っていう曲中に私とまぁたんがチューしなきゃいけない振りがあるんですよ (ひゅ~) それでほんとはほっぺにすればいいんですけど、今日は最後ということで (えー) 口にしました(反応)」
野口由芽「それはさっきおしりんが歌ってて、私達が上にいて、下でしゃがんでて、あさなさんとまぁたんがいるんですよ。今日リハの時か本番かわかんないんですけど、まぁたんのキャーみたいな声が聞こえたんですよ(w) 何があったのかなと思って」
犬塚あさな「叫ばれちゃったんですけど、最後の最後にね、唇を奪うことができました」
松村香織「いやいやいや、まぁたんのファーストキスだったらどうするの? ダメだよ」
鎌田菜月「あさなさんと今キスすればまぁたんと間接チューしたことになりますよ」
松村香織「いらないいらない」
山田樹奈「なんかなっきーが言うこと気持ち悪い」客w
松村香織「樹奈ごめんね、もう。あのね、あの人は腐ったおばさんって言うんだよ」軽くw
鎌田菜月「香織さんも一緒ですよね」
松村香織「うるさいよ。BL興味ないわ、私は」ざわw

井田玲音名「今おしりんいないから言うんですけど、さっき、パレオはエメラルドの曲の時におしりんがちょいちょい間違えるところがあるんですよ」客w
荻野利沙「あいつ何回目だ?」
井田玲音名「移動を間違えるところがあるんですよ、たまに。2Aに行く前の動作なんですけど」客w
松村香織「専門的な用語になると」
井田玲音名「2番に行く前に移動し忘れちゃって、私を見て凄い顔してくるんですよ(w) で、さっきも凄い顔してきて、でも私に言われてもどうしようもないから」
松村香織「でも4回目だからね、公演も。まだ間違えてるってちょっと後で」
犬塚あさな「これは後からですね」
松村香織「はい、反省会で締めておきます」
荻野利沙「怖い怖い」

竹内彩姫「私は最後のSKE48っていう曲で皆さんと近いじゃないですか。汗飛んでませんか?」
誰か「あんまり飛んでないよ」
松村香織「これさ、飛んだって言わなきゃいけないみたいな」
竹内彩姫「じゃー今度からまた飛ばしましょう」
松村香織「凄いね、サービス精神いいね」
竹内彩姫「ハッ!(腕を前方へ)ってやるから」
鎌田菜月「彩姫、それじゃー手汗だよ」
メンバーたち「あー」
荻野利沙「あさなさん、キャラ危ぶまれてるね」
犬塚あさな「私はマジで今日も何回か飛ばしてるから」
山田樹奈「手汗と言えば私もちょっと、今本番は凄いかくんですけど、不器用太陽ってこういう振りじゃないですか(手のひらを客席に見せる)」
犬塚あさな「そう、凄い恥ずかしかった、今日も」
山田樹奈「本番は私も手汗凄くて、普段はここまで飛ばないんですけど」
犬塚あさな「だから私、恥ずかしいから・・・ってやってるよ」
荻野利沙「拭くな拭くな」
山田樹奈「でもこれはちょっとほんとに恥ずかしい」
松村香織「衣装さんが怒るからやめて」
荻野利沙「3列目の人まではこれからレインコート被ってきてください」

野口由芽「1曲目のマツムラブ!なんですけれども、感想の時にサイン入りのプレゼントを投げているんですよ。1回目と2回目と3回目の時はちょっと軽すぎて飛距離がここら辺(ステージ手前付近)に落ちたんですよ。みんなここら辺に落ちたんですよ。でも今日はちょっと改良されまして、それが。後ろのほうまで届いたよって人どれぐらいいます?」
メンバーたち「凄い」「めっちゃいる」
野口由芽「今までここだったんですよ」
松村香織「でもさ、あっち側(上手側)全然飛んでないよ」
犬塚あさな「これからちゃんと向こうのほうまで飛ばせるように」
野口由芽「立ち見まで目指して」
松村香織「だってね、今日の目標は立ち見まで飛ばすっていう」
野口由芽「そしたら座ってくれてるお客さんたち今(ボー)みたいになってるんで」軽くw
松村香織「大丈夫ですよ。前のほうもちゃんとサービスしますから」客w
野口由芽「汗を」
松村香織「前は汗で、後ろは景品」客w

「そんなね、エピソードがあったわけなんですけども、あったわけなんですけども、なんとあの2人が (おー) ある曲を披露してくれるみたいです。それではどうぞ」


◆EN05.となりのバナナ (後藤真由子青木詩織)

# 間奏
後藤真由子「ねぇ、おしりん、やっとやれたよ」
青木詩織「何が?」
後藤真由子「2人でユニットやるの、夢だったじゃん」
青木詩織「確かに。今まで「涙の湘南」「恋のPLAN」「万華鏡」いろいろ一緒にユニットやったけど、2人きりでは初めてだもんね。もうやり残したことはないですか?」
後藤真由子「強いて言うなら、きもたべでやりたかったな」※きもたべ後藤真由子矢野杏月青木詩織の3人ユニット

# エンディング
青木詩織きもたべもとうとう1人になっちゃったな」
後藤真由子「何言ってんの? きもたべは永遠に3人でしょ?」客「イェー!」
青木詩織「まぁたん!(後藤に抱きつく) ちょっマジやめてよ」


青木詩織 卒業セレモニー

松村香織「となりのバナナをやっていただいた2人です!」拍手&声援
メンバーたち「イェー」
松村香織「この曲を選んだ理由だったりとかありますか?」
後藤真由子「(青木に)ある?」客w
青木詩織「歌詞が凄い、私達に合ってるな、みたいに思って」
後藤真由子「そうそうそう」
青木詩織「そうしたよね」
松村香織「歌割はおしりん絶対間違ってたと思うよ。だってボリュームが全然違う」軽くw
青木詩織「そうですか? 着痩せしてるタイプですけど」客w → ひゅ~&拍手

松村香織「まぁたんは大好きなおしりんとのユニットどうでしたか?」
後藤真由子「それはほんとに夢でしたね」おー&拍手

野口由芽「まぁたんお花」花束贈呈
後藤真由子「あっ、可愛い」
山田樹奈「こっちも。アルバム?」
後藤真由子「ちょっと進化した」軽くw
山田樹奈「前までは色紙だったんですけど。卒業おめでとう」アルバム贈呈
後藤真由子「ありがとう。超嬉しい」拍手 → 後藤の頭に花冠
メンバーたち「可愛い」
後藤真由子「ありがとうございます」

松村香織「あとね、この新聞の中に何かなかった?まぁたん」
後藤真由子「そう・・・(新聞開く → 中に手紙)」客「おー」
松村香織「ちょっと何かあるってことで、読んでもいいですか?皆さん」拍手

「気づいてた?」
後藤真由子「何か開いた瞬間にえっ?と思って。これミスしたのかなと思って(軽くw) おしりんが持つのかなと思ったんですよ、こっちを」
青木詩織「おしりん持つんじゃないの?おしりん持つんじゃないの?ってめっちゃ言ってきて」
後藤真由子「大丈夫かなと思って」
松村香織「じゃー早速読みたいと思います」拍手

「まぁたんへ

まぁたん、卒業おめでとう。

本当はね、おめでとうって言葉なんて言いたくはありません。でも私の想像以上にまぁたんが悩んで決めたことだから、私はこれからのまぁたんを応援します。

卒業しちゃうなんて今でも考えられません。まぁたんのことは6期生の中でもすぐに覚えました。入って間もない6期生が円になって反省会をしている時に1人だけ怖いオーラが出ていました(w) 意見をしっかり言っている姿を見て「おーー!」ってなりました。

まぁたんとちゃんと絡むようになったのはいつからだっけ? 公演のMCで一緒に話す機会が増えてからだっけ? まぁたんはつっこんでくれたり、いろいろしてくれたから凄く助かりました。ありがとう。

あと、わんちゃんと一緒にダイエット部なんかも一緒にやってたよね。今でも一応やっているつもりです(w)

陽P選抜に選ばれたり、ダイエット部3人抽選に当たったりで、まぁたんのダイナマイトボディが世の中に知ってもらえて凄く嬉しかったです。

出口陽さんも期待の新人だと言っていました。卒業することを伝えたら「また一緒にお風呂に入ろう」と言っていましたよ(w)

研究生のセクシー担当のまぁたんがいなくなってしまうということで、ここは私がしっかり引き継ぎたいと思います(えー) なので胸を分けてください!(w)

あっ、ちなみにですね、足が短いちんちくりんにも分けてあげてください(軽くw) 置き土産ってことで。

そんなことは置いといて、まぁたんから5月の終りぐらいに超々々長文メールが来て読んだら心がとても痛くなりました。でもきちんと気持ちを伝えてくれてありがとう。嬉しかったよ。

私のことを「大好き」だとか「信じてます」ってメールの中にあって、凄く凄く嬉しかったです。あと、そのメールの中にはまぁたんが卒業した後の研究生のことまで考えてくれていて、とても成長したんだと感じました。

ダンスが苦手で最初は大人しかったまぁたんがここまで成長していてホッとしています。

これから先、まだまだ人生は長いから戻りたくなったらいつでも帰ってきてね。今ならSKEの7期生っていうオーディションがお勧めだよ(w) それとも再びオタ活に戻るのかな~?

卒業祝いも兼ねてご馳走するのでご飯に行きましょう。どうしても焼肉を克服させたいの・・・って、もうしつこいかな?

SKEの経験は楽しいことより辛いことの方が多かったかもしれません。だけど普通の学生じゃ経験できないことばっかりだったと思うから、この経験を活かして、これからステップアップしていってね。

私はずっとずっとまぁたんの味方です。困った時は気軽に私や6期生みんなに連絡してください。

まぁたん、大好き!

松村香織より」

後藤真由子「ありがとうございます」

犬塚あさな「それでは最後にまぁたんからファンの方へメッセージをお願いします
後藤真由子「今日はこんな素晴らしい機会を設けていただいて、ほんとにありがとうございました」拍手

「本当は言いたいことがたくさんあったんですよ。なんか辛かったこととか、納得のいかなかったこととか、ちょっと腹が立ったこととか、ここで言ってやろうかなとか思ってたんですけど、香織さんみたいに別に「炎上キャラ」を狙ってる訳じゃないし、何よりもこのSKE48にはたくさん優しい先輩方がいて、で、私がそういうことを言ってしまうと、そのSKEを大切に今も活動している先輩方とかメンバーのみんなに迷惑をかけちゃうんじゃないかなって思いました。だから私が今日ここで言いたかったことは、胸に仕舞っておきたいと思います。

本当に凄く辛かったけど、ほんとに先輩とかメンバーが優しくて、それが何よりも悲しいです。会えなくなっちゃう、会えなくなる訳じゃないのに、何かもう舞台に立てないんだなって思うと、悲しくて毎日毎日夜1人で泣いてました。

でも、笑顔でみんながお送り出してくれるということで、この一ヶ月は凄く前向きに頑張ってこれたんじゃないかなって思います。

つい先日の最後のE公演のバックダンサーの時も、たくさんの先輩方が「ありがとう」って言ってくれたり、こうやって手紙を書いてくださる先輩もいて、さっき楽屋のホワイトボードには、先輩からのメッセージも書いてあって、こんなに素晴らしいグループは本当に無いんじゃないかなって思います。

なので、私はSKEを卒業してしまいますが、最後まで、私がいなくなってもSKEのことを応援してくださると嬉しいなと思います。

そして私は明日から普通に、普通の女の子に戻りますが、自分の新しく決めた道に向かって頑張っていくので、辞めてからも私のことを応援してくださると嬉しいです。

ほんとに、1年半でしたが、凄く濃くて本当に貴重な1年半でした。

本当にありがとうございました」拍手

犬塚あさな「まぁたんは本当に一緒に頑張ってきた仲間なので、やっぱり卒業というものは寂しいなと思うところもあるんですけど、明るい卒業でもあるので、笑顔で、ねぇ、笑顔で背中を押してあげたいなと思います。じゃー皆さんで卒業おめでとうと言いましょう、せ~の」
メンバー&客「卒業おめでとう!」
後藤真由子「ありがとうございました」拍手

松村香織「それでは、ほんとにほんとに最後の挨拶をファンの皆さんにしたいと思います」

# 手繋ぎ挨拶「せ~の、せ~の」 → お辞儀「ありがとうございました」
松村香織「せ~の」
みんなで「まぁたん、卒業おめでとう!」
後藤真由子「ありがとう、みんなありがとう」

メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:未来とは?)

後藤真由子「本当にSKEだったことは後悔してないので、本当に楽しかったです。ありがとうございました」

# 公演終了


SKE48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】7月29日(火) SKE48 アップカミング公演~夏~

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

遠征の交通手段、宿確保に…
dTVチャンネル