SKEはそんなんじゃね、のし上がれないよ (2014/07/15、チームE)

SKE48劇場 チームE「手をつなぎながら」公演

■出演メンバー
チームE → 磯原杏華市野成美梅本まどか大脇有紗加藤るみ木本花音小石公美子小林亜実斉藤真木子酒井萌衣佐藤すみれ柴田阿弥高寺沙菜谷真理佳福士奈央
研究生 → 竹内彩姫



■開演
◆M00.overture (SKE48 ver.)
◆M01.僕らの風
◆M02.マンゴー No.2 (タイトルコール:磯原杏華) ※1回捌けてから慌ててステージセンターへ
◆M03.手をつなぎながら
◆M04.チャイムはLOVE SONG


■MC (自己紹介)
磯原杏華「皆さんこんばんは」
みんなで「SKE48チームEです!」拍手

# 序盤4曲紹介

【1列目 下手側から】
梅本まどか「Go! Go! Let's go! Let's go! まどか!Go! Fight! Win! ナンバーワン! SKEのチアリーダー、う め も と ま ど か です」

「最近熱くなったじゃないですか。それで凄い虫が増えたと思うんですよ。それでですね、私今日の朝、公演の前に古畑奈和ちゃんと古梅の連載企画の撮影に行ったきたんですけども、その内容はまだ秘密なんですけど、ちょっと外だったんですね。ちょっと気が多いところに。でもそんなに長くいたわけじゃないんですけど、その場所でなんと蚊に5つも刺されたんですよ。微妙な反応ですね、そうなりますよね。どうやら私、蚊には好かれるみたいで、血が甘いのかなって思うんですよ。私のパフォーマンスって普段元気がいっぱい!じゃないですか。だけど今日はあまーいまどかでいきたいと思います」

木本花音「み~んなのハートで包んでちょうだい♪ 16歳の木本花音です」

「今日公演始まる前にありたんと凄いアイドルについてずっと語ってたんですよ。私達好きなアイドルさんが一緒で、そのことについて熱く語ってたんですけど、今日は私が憧れるアイドルさんに近づけるぐらい頑張ってパフォーマンスしていきたいと思います」

磯原杏華「はっはー (はっはー) 杏華 明日か 明後日か 全力磯原いっきま~す! 17歳のきょんこと磯原杏華です」

「なぜか今日私凄いテンパってるんですけど。凄い恥ずかしい姿をお見せしてしまいほんとに申し訳ございません(M2タイトルコール) やっぱり最近はお部屋にずっといて、やっぱりマンガばっかり読んでたせいかなと思うので、今日はそのマンガで訛った体をここでビシっと決めて、全力磯原ってこれなんだって皆さんに思っていただけるようなパフォーマンスをしていきたいです」

加藤るみ「るんるん (るみるみ) まるまる (るみるみ) いつでも (るみるみ) 岐阜県出身 19歳、加藤るみです」

「今日はですね、私、花音と同じで憧れてるアイドルの方がいるんですけど、そのアイドルは凄いセクシーなんですよ。なので、今日はこういう感じで(ウォーキング披露) いきたいと思います。今日は(梅本を真似て)元気いっぱい頑張ります」

市野成美「みーんななるが好きに~? (なる!) 中学3年生 15歳、市野成美です」

「今日は初出演の竹内彩姫ちゃんと小林亜実さんと可愛い3人でちょっとツインテールをしたんですよ。で、さっき裏で谷真理佳ちゃんと斉藤真木子さんに「今日は可愛い3人組でツインテールしたの」みたいなこと言ったら「1人可愛いけどさー、2人は」とか言われて、「いや、おかしいでしょ」ってなったので今日は誰よりも可愛くパフォーマンスしていきたいと思います」


【2列目 下手側から】
斉藤真木子「大阪から来ました斉藤真木子です」

柴田阿弥ちゃんに誕生日プレゼントもらったんですよ (おー) トイレットペーパーだったんですけど。それで、マジ後輩からトイレットペーパーかとか思ったんですよ、ほんとは。だけど、ちゃんと入浴剤ついてて。この子は出来る子だなと思って、さすがいろいろのし上がってきた子だなーと思いました(w) 今日はそんな阿弥ちゃんに釣られながらも私も一生懸命頑張っていきたいと思います」

柴田阿弥「チャームポイントは大きな瞳。みなさんを目からビームでドキドキさせちゃいます。チームEの柴田阿弥です」

「さっき「手をつなぎながら」の時に凄いビックリしたんですけど、どんちゃんが目からビームをやってきたんですよ、目が合った時に、こっそり。わっビックリしたんですけど凄く嬉しくて。他にも最近るみさんとかが腕からビームとか使ってきたり、小石ちゃんも「お尻からビーム」とか使ってきたり、若干ネタにされてる感じはするんですけれども、ツイッターの件といい、ネタにされて知られて好きになってもらえばいいかなと最近思っていますので、今日ものし上がりたいと思います」

小石公美子「あなたも今日で小石ちゃんに恋しちゃう。セクシーエイティーンの小石公美子です」

「私は1人暮らしをしてるんですけど、3ヶ月ほど冷蔵庫にニンジンを置きっ放しにしたんですね。大丈夫です、怖がらなくて。そっからニンジンのヘタの部分からもやしが生えてきて」
斉藤真木子「もやしじゃないでしょ」
小石公美子「これほんとで写真も撮ったんですけど、そしてもやしの先端に黄色いお花がパって咲いてたんですよ。ほんとですって、信じてください。谷様はお部屋が汚いっていうイメージがあるじゃないですか。私もちょっとお部屋が汚いっていうイメージがあったかもしれないんですけど、このニンジンの件でキレイ好きとわかったので (えー) 皆さん応援してくださいね」
谷真理佳「谷巻き込むなよ」

高寺沙菜「三万光年の彼方からあなたに笑顔を送ります。京都府出身 中学3年生 14歳、さーなんこと高寺沙菜です」

「私はちょっと谷真理佳さんの話をするんですけど」
谷真理佳「後輩からのモテキきたー! どうぞ、ごめんなさい」
高寺沙菜「この間の公演で真理佳さんが笑うとほうれい線が出るみたいな話をちょっと小耳に挟んだんですね」
谷真理佳「だって、まとめられてた」軽くw
酒井萌衣「言わなくていいから」
高寺沙菜「でも、すっごい私、共感出来るなと思って聞いたんですよ。私も凄いみんなに「笑うとほうれい線出来るよね」ってよく言われるんですね。でも今日はそんなこと関係なしに皆さんもほうれい線が出来るぐらい笑顔にさせちゃいます」
谷真理佳高寺沙菜しょうかってまとめられようね。。。」シーン

大脇有紗「みなさんとクローバーが大好きな妄想少女、自称美人の大脇こと15歳の大脇有紗です」

「今日はですね、この髪型、酒井萌衣さんと同じ髪型なんですよ。ついでに福士奈央ちゃんもちょっと巻いてはないんですけど。ついでじゃないよね。最近ちょっと酒井萌衣さんと同じ髪型するの流行ってるんですけど、私、公演で巻いたのが今日初めてなんですよ。この髪型凄く佐藤すみれさんが可愛いよってずっと言ってくれて」
佐藤すみれ「めっちゃ可愛い」
大脇有紗「嬉しくて。今日はなのでこの巻き髪がストレートになっちゃうくらいたくさん汗かいていきたいと思います」

竹内彩姫「あなたを彩るお姫様♪ 目指すはSKEのスイッチヒッター、14歳のさきぽんこと研究生の竹内彩姫です」

「今日私はチームEさんの公演に初めて出演させていただいてます」拍手
メンバーたち「おめでとう」
竹内彩姫「それで、急遽ということで凄い緊張してるんですけど、凄い優しいチームEさんのメンバーさんがいるおかげで私はだいぶ緊張が溶けてきたのでいつもの我武者羅さを出していきたいと思います」

# 2列目捌け際
谷真理佳「いいよいいよ、いつでも先輩頼ってね(w) なんか怖がってないか?」


【3列目 下手側から】
谷真理佳「福岡県出身 18歳、いつでも! 谷のうちわがある、ありがとう。どこでも! ありがとう。阿弥さんファンがいっぱいだ。みんなを笑顔にさせちゃいます。チャームポイントはヘリウム声~の真理佳こと谷真理佳です」

「あのですね、谷真理佳が今日話すことは名古屋に来て、やっぱり博多から名古屋に移籍しましてね、よく博多のメンバーから言われるようになった言葉なんですけど。名古屋に来て谷真理佳は最近美人になったよねって (おー) そう、凄く言われるんですよ。だからやっぱり博多のメンバーってすっごく可愛い子が多いじゃないですか。だからちょっとそれまで」
酒井萌衣「ちょっと待って、それはSKEのメンバーが、むしろチームEのメンバーが可愛いくないと」
谷真理佳「違う違う、そういうことじゃない (あー) 計算通りに声が出るー(軽くw) じゃないよ。もちろん届いてます。だからやっぱりみんなで」
酒井萌衣「焦っとるやん、お前」
谷真理佳「だからこれからみんなで顔のレベルをね、上げていきたいなと思います。ツイッターとかに絶対書くなよ」

酒井萌衣「私の笑顔がみなさんの心に めーい中! 16歳の酒井萌衣です」

「私はこの間、谷とチームSの中西優香さんと東李苑ちゃんと一緒に帰ってて、4人で。そしたらちょっと男の人が寄ってきて「ちょっと遊ばない?」みたいな感じの、キタ!ナンパ!ってなって、中西さんがやっぱり経験済みなのかわかんないんですけどさっそうと逃げて行くんですよね。それにうちらはついて行ってたら、中西さんなんと下着屋さんに入りまして、逃げるために。男の人は入りにくいじゃないですか。入った瞬間「ヤバイ、この下着可愛い♪」って言い出して」客w

「男子系女子なのか女子系男子なのか一瞬わからなくなりました。なので今日はですね、皆さんに1人ずつのキャラをしっかりとわかっていただけるような公演になればなと思います」

小林亜実「クッキングタ~イム♪ 小麦粉 砂糖に卵にバター、最後に感謝の気持ちを込めて、せ~の、おいしくなーれ♪ (いただきまーす!) 召し上がれ。みなさんにこあみケーキをお届けしたいな。こあみこと小林亜実です」

「今日凄いビックリしたんですけど、「僕らの風」で振り向いたら、水色と白のサイリウムが凄くて。今日は阿弥ちゃんの生誕祭なのかなって思って。ほんとに阿弥ちゃんファン尽くしで、コールとかも凄いなと思って。あのー、私、こあやっていう、なんかあるんですよ。こあみと阿弥ちゃんでこあやっていうのがあるんですけど、知ってますか? この阿弥ちゃん推しの方は半分こあみ推しでもあると思うんですね。だから今日は多分このあときっとこあみコールがたくさん聞こえると思うので楽しみにしています」

佐藤すみれ「埼玉県から来ました。誰もが恋するお人形、すーめろこと佐藤すみれです」

「あのですね、私最近ファンの方から凄い問い合わせがあって。乃木坂46に移籍したんですか?っていうこととか、兼任したんですよね?っていうことを凄いあって。なんでだろうと思ったら、乃木坂のほうに大和里菜ちゃんっていう、どうやら私にそっくりな子がいるというのを聞いて、実は昨日音楽番組で一緒だったので写真を撮ってもらったんですね。そしたらいつも以上にツイッターのリツイートとお気に入りが伸びて、凄いビックリしました。今日はですね、そんな似てる方も全国にいらっしゃると思うんですけど、私らしさをこの名古屋で出せていけたらいいなと思いますので、皆さんよろしくお願いします」

福士奈央「どんどん!(どんどん!) 残り物には福がある、栃木県から福を運んできた15歳、どんちゃんこと福士奈央です」

「いつも思ってることがあって。尊敬する先輩はもちろん松井珠理奈さんなんですけど。その次に密かに尊敬してる先輩がいて。チームEにいるんですよ」客「おー」
谷真理佳「誰なの?」
酒井萌衣「あんたではないです、多分」
福士奈央加藤るみさんなんですけど」
谷真理佳「なんで?なんで?なんで?」
福士奈央「るみさんは魚のお仕事が凄い・・・」
酒井萌衣「釣りとかね」
福士奈央「すみません。多いじゃないですか、それが凄いなーと思って。表紙とかにもなってて、凄い私は尊敬してます」
谷真理佳「どんちゃん? 谷はお客さんを釣ってるよ」
小林亜実「釣れてないよ」
福士奈央「釣れてないそうです。そんなわけで今日はるみさんのことをバッチリガン見していきたいと思うのでよろしくお願いします」


◆M05.Glory days (市野成美木本花音加藤るみ)&BD
◆M06.この胸のバーコード (大脇有紗梅本まどか磯原杏華)
◆M07.ウィンブルドンへ連れて行って (小石公美子(黄)・柴田阿弥(ピンク)・高寺沙菜(青))
◆M08.雨のピアニスト (谷真理佳小林亜実斉藤真木子)
◆M09.チョコの行方 (酒井萌衣佐藤すみれ福士奈央梅本まどか)


■MC
酒井萌衣佐藤すみれ福士奈央梅本まどか

梅本まどか「最近熱いですね、熱い、熱い、アチャー、アチャーと思ったことについて」

酒井萌衣「さっきどんちゃんが「私、珠理奈さん推しなんですよ」って言って、待て待て待てってなって、メンバーでトップのファンは私なんで、珠理奈さん推しは。これは前から、4年もですよ。皆さんだったら推し増しとかあるじゃないですか。私無いですから、そういうの」
佐藤すみれ「単推し、神推しみたいな」
福士奈央「私それ話そうと思ってた・・・ちょっと違う話します。私、最近アチャーやっちまったなって思ったことがあって。私は熊崎晴香さんを目標にしてるんですけれども」
酒井萌衣「なんかさ、いろいろ多くない?」
福士奈央「ごめんなさい」
梅本まどか「気が多いのはみんな一緒だから大丈夫」
佐藤すみれ「みんなDDの心持ってるから大丈夫大丈夫」
福士奈央「私そうやってDDってよく言われるんですけれども、DDの、どんちゃんっていうどんどんの意味がDDだみたいなことをよく言われるんですけど、それは一切関係ないので覚えてください」
佐藤すみれ「完全に振りじゃん」

梅本まどか「この間めいめいとグループトークを2人でしてたんですよ。会話が無くなったんで、スタンプで返したんですね。スタンプっていろんな表情があるからそれで会話が出来ると思ってるんですよ、私。思いません?皆さん。いっぱい頑張って選んで返してたら返ってこなくなって。ちょっとあんまりスタンプよりも文字のほうが良かったのかなと思って、ちょっとアチャーって凹んじゃった」
酒井萌衣「いや、なんか救いようないなと思って」客w
梅本まどか「なんで?」
酒井萌衣「既読スルーしちゃったんですよね。これに返すもんないなと思って既読スルーしちゃった。満足しちゃった、もう」
梅本まどか「満足しないので返せばいい?」
酒井萌衣「うっうん」
佐藤すみれ「スタンプはね、どっかで終わらせなきゃね」
酒井萌衣「永遠に続くので」

佐藤すみれ「私はしょう油とソースの見分けがつかなくて」
メンバーたち「えー」
佐藤すみれ「違う違う。味はわかりますよ。ただ見た目であんまわかんないじゃないですか。NHKの食堂でいっつも間違えてかけるっていうのがてっぱんです」
梅本まどか「それだいぶ味変わりません?」
佐藤すみれ「ヤバイよ。だから鉄火丼とかにソースかけちゃうから」反応
メンバーたち「えー」
佐藤すみれ「でもほんとに食べるしかないから食べますけど、でもアチャーっていう」


◆M10.Innocence
◆M11.ロマンスロケット
◆M12.恋の傾向と対策


■MC
◆前半:小林亜実加藤るみ佐藤すみれ斉藤真木子福士奈央高寺沙菜柴田阿弥酒井萌衣

小林亜実「よくギャップはいいみたいなこと聞きません? だから今日はこんなギャップがあったよとか、そういうのをみんなに訊いてみたいと思います」

酒井萌衣「私は、すーさんなんですけど」
佐藤すみれ「絶対ヤバイやつだわ」
酒井萌衣「AKBさんにいる時から「絶対この方は真面目な方だろうな」と思って見てたんです」
佐藤すみれ「真面目だって~」
酒井萌衣「案外裏ではイェーみたいな感じなんですよ。ふざけやすい、ノリがいい」
佐藤すみれ「マジでギャップの話しか出てこないぐらいギャップの話で出てくるから、昔から」
加藤るみ「ノリがいいよね」
佐藤すみれ「じゃーもっと真面目に静かにするね」
斉藤真木子「SKEはそんなんじゃね、のし上がれないよ」客w
佐藤すみれ「そうだった」
メンバーたち「もっとグイグイ行かなきゃ」

高寺沙菜「私は、どんちゃんなんですけど。みんな入ったばっかりの時からこういうキャラだと思ってます?」
柴田阿弥「どんちゃんはちょっと静かな、すぐ泣いちゃうみたいなイメージ」
高寺沙菜「最近MCでどんどんうるさいじゃないですか。私が初めて会ったのドラフト会議の時なんですけど、その時にカメラをする人をやってて、その時めっちゃ静かだったんですよ」
柴田阿弥「撮る人をやってたんだね」
高寺沙菜「その時に(控えめに)「あの、いい?撮って」みたいな、めっちゃ声がちっちゃかったのに、今こんなどんどんうるさいんですけど」
小林亜実「成長したってことだよ」
斉藤真木子「楽しみだね、これからもっともっと凄くなっていくんでしょうね」

柴田阿弥「昨日発見したんですよ。昨日ね、大阪で写真会をやってたの。そしたらね、光があったから凄い虫が寄ってきちゃってて、夜だったから。ブンブンしてて。でね、私は大阪だからね、あまり見たことないファンの方がいっぱいだったから「あっ、アピールしなきゃ」と思ってずっと前向いてたんだけど、珠理奈さんがね、「はぁー虫!」みたいな凄い怖がってて可愛くて。なんかほら、珠理奈さんってけっこう「SKE行くよ!」みたいな(引っ張って行くところ)あるんですね。凄い可愛かったので、私も今度虫見かけたら怖がる」客w
加藤るみ「それはもう計算してるからダメ」
酒井萌衣「すーさん、こうやってのし上がって行くんですよ」
佐藤すみれ「確かに私にはないかもしれないですね」
斉藤真木子「この辺とかそれにやられたわけでしょ?(w) わかってるわかってる」

斉藤真木子「ファンの人ってめっちゃギャップあると思う」
佐藤すみれ「確かにある」
斉藤真木子「その顔で「えっ?」みたいな・・・違う違う」客「えー!」
メンバーたち「失礼だよ」「大丈夫?」「それはダメだろ」
斉藤真木子「違う違う、そうじゃない。顔否定とかじゃなくて、えっ?その顔でゆっこ推し?みたいな、めっちゃギャップある人いない?」
佐藤すみれ「凄い敵にまわしたかと思ったよ、今」
斉藤真木子「この人、えっ? このレーン誰なんだろう? えっ?みたいな」
佐藤すみれ「顔的に、推しに似るって言うしね」
斉藤真木子「あと握手並んでる時はこうやってる(大人しい)けど、推しの前きたらめっちゃテンション上がる人とかいるじゃん。わかります? やっぱそんだけアイドルって凄い存在なんだなとか思ったり、曲始まった途端めっちゃ騒ぎだす人とかいるじゃん。すっごいギャップだなって思う」

◆後半:竹内彩姫市野成美小石公美子梅本まどか木本花音大脇有紗磯原杏華谷真理佳

梅本まどか「最近流行りのある言葉あるじゃないですか。もしかしてだけどって言葉が流行ってると思うの。でも日常でけっこう「もしかしてだけど」って思うことあるじゃないですか。だからその自分が思ってることについて話していこうかなと思うんですけど」

谷真理佳「ハイ!」
梅本まどか「さきぽん何かありますか?」客w
竹内彩姫「ありがとうございます」
谷真理佳「みんな新しいものが好きだなー」
竹内彩姫「私はチームEさんはちっちゃい子が大好きなロリコンの人がいるかなーと思って」
谷真理佳「意外に毒吐くね。可愛い顔して毒吐くね」
竹内彩姫「私、谷さんが多分ロリコンだと思うんですよ」
谷真理佳「私がロリってこと?」
磯原杏華「あなたがロリコンなんじゃないの?」
谷真理佳「違う、私がロリでしょ?」
木本花音「あなたはロリではない」
梅本まどか「谷じゃないよ」
谷真理佳「えーじゃねーよ」
竹内彩姫「あと斉藤真木子さんもさっき曲が終わってからほっぺに3回くらいチューされたんですよ」
メンバーたち「えー?」
磯原杏華「真木子が?」
竹内彩姫「前のSさんの「RESET」公演の時にもチューされたんですよ」
谷真理佳「だってよ、なるさん」
市野成美「私ね、されたことないよ」
メンバーたち「あれっ?」
竹内彩姫「だから多いのかなって」
梅本まどか「玲奈さんもいるしね」
メンバーたち「あー」
梅本まどか「多いかもしれない。それは間違ってないかもしれないね」
谷真理佳「でも待って。玲奈さんの推し誰だと思う? 谷だわ」
磯原杏華「それ引きずんのやめようよ」
梅本まどか「昔はそうだったかもしれない。今はどうかわからない」
谷真理佳「この前の公演で言ってたじゃん、谷のこと好きって」
梅本まどか「ごめん、覚えてないわ」

大脇有紗「有紗はよくメンバーの人とか友達とかに「白いね」って言われるんですけど、最近思ったのは花音さんとか谷に白さ負けてんじゃないかと思って」
谷真理佳「ちょっと1つ言っていいですか? ここ(足)蚊に刺されてる」軽くw
大脇有紗「ちょっと待って」
谷真理佳「白いから目立つの」
木本花音「並んで」

# 大脇有紗谷真理佳が並ぶ。隣に市野成美も一緒に並ぶもすぐに定位置に戻される。

大脇有紗「絶対負けてる。私、とりえがなくなります」
磯原杏華谷真理佳が暴走してるんでちょっといいですか?もう」客「バイバイ」
谷真理佳「バイバイじゃねーよ。ここ握手会じゃないんだよ」客w
梅本まどか「大丈夫、ありたんはね、白くて美人なのはありたんしかいないから」
大脇有紗「ありがとうございます。まぁまぁまぁそんな褒めないでください」
木本花音「出た出た。こっち側(客席)誰も言ってなかった」軽くw

磯原杏華「私はですね、谷真理佳は」
谷真理佳「やっぱ最近モテキじゃない?私」
磯原杏華「私のことを嫌いなんですよ」客「えー」
谷真理佳「(慌てる) 好きだよ」
磯原杏華「聞いてください。多分私達ホテルで2週間ぐらい一緒にいたこともあったんですよ。その期間中にやっぱ名古屋戻ったら遊びに行こうねって約束を凄いたくさんしたんですけど、「昨日谷オフで寝てたんですよ」とか言うくせに私のこと誘ってくれないの」
谷真理佳「待って待って、私の考えではきょんさんは売れっ子だし総選挙も入ってるし、だから仕事があるじゃん」軽くw
磯原杏華「違うじゃん」
谷真理佳「私は毎日名古屋でフリータイムでした(w) 笑うな!」
磯原杏華「それ好きね」
谷真理佳「同情するなら票をくれ」爆笑 → ひゅ~&拍手
メンバーたち → w
磯原杏華谷真理佳、来年1位なんじゃない?」
谷真理佳「さっしーさんとまゆゆ抜かせる? てか初めてこんな劇場でウケた」
梅本まどか「これもしかしてだけど凄いこと、ミラクルが起きたよ」
谷真理佳「やったー! じゃー最後にいい? 私よく阿弥さんに似てるって言われるんですよ」
梅本まどか「それはないそれはない」
木本花音「ほらほら、前列にいる阿弥ちゃんファン「全然違う」って言ってるから」
梅本まどか「待って待って、言いたいんだって、何か」
市野成美「そう、私あるの」
市野成美小石公美子「ワン ツー ワン ツー スリー フォー」
市野成美「もしかしてだけど・・・」
メンバーたち「えー」
市野成美「せ~の、もしかしてだけどー」
小石公美子「もしかしてだけどー」
市野成美「もしかしてだけどー」
小石公美子「もしかしてだけどー」
市野成美小石公美子って私のこと愛してるんじゃないのー?」
小石公美子「ちょいちょいちょい。待て待て待て」
市野成美小石公美子「あ ちょいちょいちょい あ 待て待て待て」
市野成美「って言いながら私のこと好きでしょ?」
小石公美子「いや、好きなんですけど成美さんは?」
市野成美「私も実は」
市野成美小石公美子「イェス フォーリンラブ」拍手
梅本まどか「さきぽん、どうだった?これ見て」
竹内彩姫「なんか、かわいそうですね」客w
梅本まどか「間違いないですね」
谷真理佳「さきぽん、あんな先輩になっちゃダメだよ」
竹内彩姫「はーい」
梅本まどか「いや、お前が言うなし」

木本花音「こんな風におかしい方もたくさんいるんですけども、これからもチームEのことを応援してくださったら嬉しいなと思います。それでは次が最後の曲です (えー、今きたばっかり) ありがとうございます」
谷真理佳「お前、前からいただろ」軽くw

市野成美「こうやって私達のことを応援してくださる皆さんがいることで私達はこの劇場で堂々と歌うことができています。そんな大切な皆さんに気持ちを込めて歌います」


◆M13.大好き


# 曲終了後、メンバーたち「ありがとうございました」捌ける


■アンコール


◆EN01.ロープの友情
◆EN02.火曜日の夜、水曜日の朝


■2分半VTR

『E公演の裏側 ~大人な魅力を出そう~』

# レッスン場の鏡の前にて市野成美がセクシーポーズ(投げキッスなど)

木本花音「おっ、なる。どうしたの?」
市野成美「なんかね、今私ね、SKEの中でセクシー路線で行こうと思ってるの。だから鏡見てセクシーなポーズ練習してたの」
木本花音「セクシーね・・・何歳?」
市野成美「今ね、15」
木本花音「15か。まぁわかるよ。私も色気出てきたの15辺り(軽くw) もうちょっと上ぐらいだったかな? わかるよ、わかるわかる、大丈夫わかるから。わかる。セクシーね。たださ、セクシーってそんな簡単に行くもんじゃないんだよね。そこがセクシーの魅力でもあるんだけど」
市野成美「顔ムカつく」
木本花音「まぁね、わかるよ、わかる。凄くわかる。わかるけども、難しいよね、セクシーっていうのは。わかるわかる。そうだなー、私は17になるからな」
市野成美「17?」
木本花音「17になるからさ、8月で」
市野成美「どこ見れば、色気・・・」
木本花音「仕方ない、いいよ、教えてあげる特別に。ポージング」
市野成美「マジ?」
木本花音「こんなん教えるのなるだけだからね。行くよ、まず1本目(ポーズ) ポンと。2本行くよ(ポーズ) クっと。3本目(ポーズ)」
市野成美「あっ、真木子さん!」 → 急に駆け出しレッスン場のドアを開け、外へ
木本花音 → ポーズしたまま

# 上映終了 → 全員登場

■MC
柴田阿弥「今日の2分半映像はのんさん、なるちゃんセクシーになったかなー」
木本花音「んー、そうだな、私の足元にも及ばないかな」軽くw
市野成美「マジ?」
木本花音「まぁ、そうだね」
梅本まどか「なるちゃんにはね、もうちょっと勉強していただいて、頑張って、ファイツ!だよ」

「メンバーみんな大人になりたいなって思うこともたくさんあります。でもまだまだ子供らしい無邪気な姿を皆さんに見せたいなっていう時もあります。みんなこの公演やいろんなSKEの曲でいろんな表現をする時にどうしたらこう上手く伝えれるかな、この曲のこんないいところがあるのに、皆さんにどうやったらこの歌の素晴らしさや私達の気持ち届くかな、そんな風にいつも悩んでいます。でも、悩んで悩んで、時には凄く行き詰ることもあるんですけど、そんな時いつも皆さんが差し伸べてくださる優しい手があるこそ私達はこうしてステージの上に立って、パフォーマンスをすることができています。そんな皆さんに感謝の気持ちを込めて最後の曲歌わせてください」


◆EN03.遠くにいても


# ご来場の御礼

# 手繋ぎ挨拶「せ~の(はい!) せ~の(はい!) せ~の(はい!) ありがとうございました」

メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:手をつなぎながら)

# 公演終了


SKE48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】7月15日(火) チームE 「手をつなぎながら」公演

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]




カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ