FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月23日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット

荒巻美咲 Y字バランス披露 (2014/08/02、17時開演、チームKⅣ)

HKT48劇場 チームKⅣ「シアターの女神」公演

■出演メンバー
チームKⅣ → 伊藤来笑今田美奈岩花詩乃植木南央草場愛熊沢世莉奈後藤泉下野由貴田中優香冨吉明日香深川舞子
研究生 → 荒巻美咲栗原紗英坂本愛玲菜山内祐奈山下エミリー

前座ガール → 筒井莉子

■開演前
筒井莉子「前座ガールの筒井莉子です。公演が始まる前に1曲歌わせてください」

◆M00.ロマンスかくれんぼ (前座ガール)


■開演
◆M00.overture (HKT48 ver.)
◆M01.勇気のハンマー
◆M02.隕石の確率
◆M03.愛のストリッパー
◆M04.シアターの女神


■MC (自己紹介)
熊沢世莉奈「皆さんこんばんは HKT48」
みんなで「チームKⅣです」客、拍手

# 序盤4曲紹介

本日のお題:素朴な疑問


【1列目 下手側から】
植木南央「み~んなを笑顔にしちゃうけん。片っぽえくぼがチャームポイントの16歳、なおこと植木南央です」

「あのー、南央の素朴な疑問はなぜ南央は生きてるんだろうかっていうことなんですけど(軽くw) よく、周りのみんな、この生きてる皆さんがコンピューターで、ロボットで、もしかしたら神様から御支援を受けさせられてるんじゃないかなとか自分でいろいろ考えちゃうんですけど」
後藤泉「何言ってるんですか?」客w
植木南央「わからん? みんなが作られた人間で、それで自分がどれだけ困難を乗り越えていけるのか試されてるんじゃないかなと思う時があるんですけど、それを考える度に命の大切さを考えるので(w) これからもこの1つの命大切にしてがんばりまっちょしていきたいと思います。今日は1日おねげーするっす」

田中優香「優香の香りは優しい香り。アニメとたぬきが大好きな14歳、KⅣ最年少のゆうたんこと田中優香です」

「私の素朴な疑問は3期生の皆さんがあんまり話かけて、何できてくれないんだろうなっていうことなんですけど。そう、怖いかわかんないけど。怖いのかな?」
荒巻美咲「怖くないですよ」
田中優香「何か言わせてる感が凄いので(w) じゃー私のいらなくなった服とかを同い年のみるんちゃんとか愛玲菜ちゃんとかに上げて好感度を上げたいと思います」客w

熊沢世莉奈「HKT48のおしゃれ番長になりたい、せりーぬこと熊沢世梨奈です」

「私の素朴な疑問はみんな急いでる時にいそいそするって言いませんか?」
メンバーたち「言わない」
熊沢世莉奈「なんで? いそいそするって言うやんか」
植木南央「言わんよ」
熊沢世莉奈「合ってるよね?いそいそするって言うよね」
後藤泉「もう言う言う言う」
下野由貴「世莉奈がそう言うから言うよ」
熊沢世莉奈「ありがとう。じゃー今度からみんな忙しい時は「あーいそいそしとうね」って言ってくれる? (はーい) なんか変なことになっちゃったね、素朴な疑問なのに」

深川舞子「みなさんの前にも笑顔と幸せが まいこむ! 福岡県出身 15歳 中学3年生のまいこむこと深川舞子です」

「私はなぜか単語とか言葉があるのかっていうのが気になるんですけど。だって、言葉とか単語なかったら今私達は握手会とかで喋れないわけですよ。とか、どうやって喋ってたのかなって凄く気になるので、今の時代で良かったなと思います」

冨吉明日香「明日はあすかの風が吹く。宮崎の元気と笑顔をてげ届けるために 今日もトミヨシレボリューション!(ポーズ) あすかこと冨吉明日香です」

「すみません何か陽気な髪型でごめんなさい(ツインテール)」客w

「素朴な疑問はですね、お昼公演でのことなんですけど、ちょっとお昼公演ではつっこめなかったんですけど、お昼公演の向こうの端っこのほうに谷真理佳っていううちわを持ってる方がいらっしゃったんですよ」客w
後藤泉「いたいたいた」
冨吉明日香「あのーいないんですよ、いろいろありまして、SKEさんのほうに行っていて、今は無き」
下野由貴「いるからちゃんと」
冨吉明日香「どういう気持ちで持ってたんやろうなってことが凄く気になって。何?いる?もしかして。わー!谷のうちわの人いた」
後藤泉「下野さんの裏ですけどね」
冨吉明日香「下野さんメインということで、気を遣っていただいて。凄い、どういう気持ちなんやろう、この人はと思って、凄い気になってしまって、とても涙が出そうでした」

# 1列目捌け際
後藤泉「なんで今日冨吉のうちわあるんだろう、じゃー」
冨吉明日香「やめてよ」


【2列目 下手側から】
伊藤来笑「カムスマイル♪ カムスマイル♪ ライライラー! 愛媛県出身 15歳、今日もみ~んなにカムスマイル♪ らいらこと伊藤来笑です」

「私の素朴な疑問は、皆さん楽しんでますか?っていうことです (イェー!) ありがとうございます。なんでかって言うとですね、凄い楽しんでくださってたら嬉しいんですけど、アイコンタクトを取ろうと思った時に凄い恥ずかしいのかわかんないけど目を反らされたり、なんか「あっ」ってされるですよ。だから、楽しんでくださってるのかなっていう疑問と、あと立ち見の皆さんは見えてますか?っていう疑問です。見えてますか?(反応) 良かったです。私も来笑のタオル見つけました、ありがとうございます。なのでここにいる300人の皆さんを今日は楽しかったと思ってもらえるように頑張りたいと思います」

今田美奈「福岡を盛り上げるのは? いまだー! み~んなのアイドル♪ (ひゅ~) 福岡県出身 17歳のみなぞうこと今田美奈です」

「私の素朴な疑問はですね、なんでファンの皆さんはペンライトを振ってるのかなと思って。光るやつ? いっそのこと割り箸とかでもいいんじゃないですか?(w) やっぱりさ、目立ちたいじゃん。やっぱこうやって300人もいたら自分の推しの人に気づいて欲しいじゃないですか」
後藤泉「えー? じゃー私も目立ちたいから持っていいですか?」客w
今田美奈「いっそのことさ、ペンライトとかじゃなく爪楊枝とか。逆にそういうのも楽しいんじゃないかなと思うので是非やってみてくださいっていうのはおかしいけど、いろいろ楽しんでいただけたらなと思います」

坂本愛玲菜「中学2年生 13歳のレディー・ガガさんのような歌手になりたい、3期研究生の坂本愛玲菜です」

「私の素朴な疑問はチームHさんの駒田京伽さんのニックネームがなぜぴーちゃんなのかっていうことなんですけど。実は私が飼っているインコの名前もぴーちゃんって言って被ってるんですよ。だからGoogle+とかに名前を載せるだけで駒田京伽さんのこと?とかいろいろ書かれてしまうので、紛らわしいなと思ったんですよ(w) だから、ニックネームを変えていただけないかなと思っています」客w&拍手
後藤泉「よく言った! ナイス」

荒巻美咲「中学2年生 13歳、オードリー・ヘプバーンさんのような女優になりたい、3期研究生の荒巻美咲です」

「私の素朴な疑問は皆さんが多分思っていると思うんですけど、私のニックネームはみるんって言うんですけど、名前は美咲って言って、全然違うようなニックネームなんですけど、今日理由を知ってもらいたいので言ってもいいですか?」
後藤泉「いや、ダメ (えー!) ごめんなさい、ごめんなさい」
下野由貴「今全員いーちゃんの敵だからね」
後藤泉「どうぞ、聞きたい私も」
荒巻美咲「いぇーい」
メンバーたち「可愛い」
荒巻美咲「私はマカロンが大好きで、美咲の「み」を取ってみるんにして、マカロンと響きが似ているからみるんにしました。覚えてください。そして、マカロンみたいにみんなに甘いみるんになりたいです」
下野由貴「何か聞いたことある」
深川舞子?「釣り師だね、意外と」
下野由貴「いっそのことあげる」

下野由貴「福岡県出身 16歳のしなもんこと下野由貴です」

「私はですね、昔思ってた疑問なんですけど、中学校の時に。なんで下野は学校の後輩からなめられるのかっていう素朴な疑問なんですけど」
後藤泉「そんなね、別にうちら後輩だけどね、なめてないっすよ(下野の肩に手を置く)」
下野由貴「なめとるわ」
後藤泉「態度に出ちゃいました、ごめんなさい」
下野由貴「中3の時に、私が中1の時は中3の人って凄い怖かったんですよ。それなのに私、中学校の時、廊下歩いてたら中1の子から「あっ、下野だ」って言われて。せめて「さん」付けろやって思ったんですけど、まぁそうですね、そのオーラの出し方を今日はみなぞうから学びたいなと思います」客w

後藤泉「溢れる笑顔は泉のように。福岡県出身 16歳 高校2年生のいーちゃんこと後藤泉です」

「ごめんなさいね、ちょっとみるんちゃん見るちいじめたくなっちゃうんですよね、可愛過ぎて。私の素朴な疑問はこの自己紹介なんですけど。今日は1日よろしくお願いしますって言うとみんな「イェー」って言うじゃないですか。何それ?」客w
下野由貴「確かに。私も思うっちゃん」
後藤泉「私もつい言っちゃうけど、よろしくお願いしますって言ってイェーっておかしくないですか?ふと。だって「よろしくお願いします」って言われたら「よろしくお願いします」なるよね」
今田美奈「確かに」
後藤泉「でも、今日は1日よろしくお願いしますって言って、よろしくお願いしますっていうのもちょっと変じゃないですか。なので、ちょっとイェーイでもないし、でもそうやって習ってきたしと思って」
下野由貴「伝統だから、あれ」
後藤泉「素朴な疑問なんですけど、なんかいい回答がある方はこちらまでお待ちしております」


【3列目 下手側から】
岩花詩乃「みんなのハートのしのっちオン♪ 福岡県出身 中学3年生の14歳、ワンちゃんが大好きなしのこと岩花詩乃です」

「私はですね、エミリーのことなんですけど。エミリーってなんか楽屋では「うぇ~い」とか言ってくるんですけど、それあんま公演に出さないんですよ。だからそれ何でだろうなって凄い疑問なんですけど」
山下エミリー「ステージに立つと緊張しちゃうからです」
岩花詩乃「そうなの? ならもっと3期の良さを引き出せるようにMC頑張ります」

山下エミリー「高校1年生 15歳の3期研究生、山下エミリーです」

「私は紗英ちゃんなんですけど。いつもメイク時間に前髪だけに凄い時間かけてて、こう踊ってる時絶対崩れるのに、何でそこまでかけるの?」
栗原紗英「えー何でだろうね」
山下エミリー「早く準備してよ」
山内祐奈「何このやり取り」
栗原紗英「はい」
山下エミリー「とりあえず早くしてね」
栗原紗英「はい」

栗原紗英「高校3年生 18歳の3期研究生、栗原紗英です」

「私はチームKⅣの皆さんが何でその頭の回転が凄く速くて、今日のMCのお題、素朴な疑問っていうのも楽屋でずっといろんな人が「これも疑問だよね」ってずっと飛び交ってたので、名前でそんな私、頭の回転早くないから、なんでそんなに・・・わかんない」

山内祐奈「中学3年生 15歳の安室奈美恵さんのようなオンリーワンなアーティストになりたい、3期研究生の山内祐奈です」

「私はですね、何で自分はよくコケるのかっていうところに、思ってて。しかも何かモノがあったりしてそこでコケるならわかるんですけど、何もないところでコケて、で、1人で「またコケた」ってちょっとつぶやいて。そしたら周りの人が「えっ?何言ってるの?この人」ってそんな目で見られちゃうから、コケなくなるような方法があったら皆さんこちらまでお願いします」軽くw

草場愛「愛と書いてまなみやけん。覚えてくれたらまなみの愛をプレゼント♪ (ありがとう!) どういたしまして。福岡県出身 18歳のまなみんこと草場愛です」

「私の疑問はですね、世界中にどうして日本語以外の言葉があるのかっていうことなんですけど。だって、全世界が日本語だったら英語とか勉強しないでいいじゃないですか。私、日本人だから英語喋れないから、ちょっと全世界の皆さんに日本語を覚えていただきたいなと思います」


◆M05.初恋よ こんにちは (田中優香熊沢世莉奈植木南央)
◆M06.嵐の夜には (今田美奈下野由貴深川舞子伊藤来笑)
◆M07.キャンディー (冨吉明日香植木南央後藤泉)
◆M08.ロッカールームボーイ (岩花詩乃田中優香草場愛下野由貴今田美奈)
◆M09.夜風の仕業 (熊沢世莉奈)


■MC
下野由貴深川舞子植木南央今田美奈

下野由貴「なんと全員1期生というわけで、気になる後輩メンバーについて話してみようかなと思いますが、誰かいる人? (誰も手上げず) おっと」客w
植木南央「居過ぎてわかんないみたいなやつ」
今田美奈「でも私とまいこむは研究生公演してたじゃないですか。だからみんなね、仲いいし、2期生は特にね。3期生のことはまだあんまり知らない子もいるんだけど。だってみるんちゃんが自己紹介でめっちゃ喋ってたじゃん。1期生の前だったらあんなに喋んないんですよ」
深川舞子「そうですよ、ほんとに」
今田美奈「イェイとかレアですよ、ほんとに。楽屋に戻って「イェイとか言うんだね」って言ったら「全然言いますよ」えっ?」
植木南央「みるんちゃん喋った瞬間みなぞうが小声で「えっ?喋った」って」客w
深川舞子「それは喋りますよ」
今田美奈「喋んないから、私の前で」
下野由貴「私もビックリした。もうちょっと殻を破って欲しいなと。怖いのかな、うちらのこと」
植木南央「南央話かけたらほころんでくれるもん」
今田美奈「それは愛想笑いですよ」
植木南央「違う」
下野由貴「確かにみるんちゃんが喋るのは珍しいなと思った」
今田美奈「3期生は誰が好き?」
下野由貴「気になる子というか、今日前座ガールズに出てたつっつんなんですけど。あのね、私のこと唯一推しメンって言ってくれるよ」
深川舞子「ちょっと待って。私のことも前、推しメンって言ってた。そしてまーちゃんも言ってた」
下野由貴「まどかと若田部と下野が好きっていう。まいこむは聞いたこと無かった」
今田美奈「まどかを推してるのはわかるけどしなもんはちょっと意味わからん」
植木南央「なんかしなもんが好きって言うからもしかして南央もと思って訊いてみたら(手振りながら)「南央さんは違います」って」客w
深川舞子「凄いストレートに言われちゃったね」
植木南央「何が違うんだろうな」
下野由貴「確かに同じ系統っちゃ系統だよね」
今田美奈「でも次にもし4期生が入ってきたら、次こそは「私、今田美奈ちゃんが推しメンなんです」って言われたい。だって3年もいるんだよ。今まで1人もいないんだ」
下野由貴「○○先輩に憧れて入ってきました、みたいなこと言われてみたいよね」
今田美奈「咲良とかどんな気持ちなんやろうなっていっつも思ってるわ」ざわw
下野由貴「言われまくってんじゃん、もう」
今田美奈「(慣れた手つきで)ありがとう、ありがとうみたいなね」
下野由貴「いつも言われてますみたいな感じね。言われたいね」

植木南央「南央は、ちょっと後輩感が薄いかもしれんけど、冨吉」
下野由貴「薄いね」
今田美奈「とっても薄い」
植木南央「冨吉は、なんかかわいそう、南央が言うことじゃないけど(w) 南央がほんとに言えることじゃないんですけど、ガスが止まったり」
今田美奈「不運だよね」
植木南央「喋り方とか」
下野由貴「喋り方かわいそうってどういうこと?」
植木南央「なんか面白いこと言おうとした時に「あんのー」みたいな。喋り方変わるやん」
今田美奈「宮崎感抜けないよね、あの人」
下野由貴「下野が言うのもなんだけど田舎感が抜けない」
今田美奈「それが魅力でもあるからね、地方組としては」

深川舞子「私ね、意外に葉月ちゃんがちょっと気になった。なんかさ、ファッションがちょっと奇抜だけど」
植木南央「ちょっとじゃない、超奇抜じゃん」
熊沢世莉奈「りーぬでもあんなの着ないからね」
深川舞子「でもなんかね、3期生のりーぬみたいな」
下野由貴「わかるわかる。ダンスも上手いじゃん」
深川舞子「歌も上手いし」
植木南央「あの、歌い方にちょっと特徴があって、葉月ちゃんが。エミリーが裏でHKTの倖田來未さんって言ってた」
今田美奈「上手いよね」
植木南央「上手くてこぶしが効いてるみたいな」

今田美奈「私はね、3期生の推しメンは、でも最近そのみるんちゃんも、みるんちゃん私のことそんな気になってないかもしれないけど個人的に私が一方的に気になってて」
下野由貴「みなぞうってさ、あんまり後輩に推しメンとか作らないでしょ」
今田美奈「そうなの。でも愛玲菜ちゃんは好きなの。みんな好きなんだけど、愛玲菜ちゃんなんか好みな顔」
下野由貴「私、愛玲菜ちゃんに向かって「君は売れる」って言ったことある」
今田美奈「何様?」
下野由貴「かなり上から言ったけど、でもそんな感じがする」
植木南央「南央にも言って」
下野由貴「南央には言えないです」客w
植木南央「なんで?」
下野由貴「だって根拠がないもん」
植木南央「言うだけでも」
下野由貴「いつかね」


◆M10.100メートルコンビニ
◆M11.好き 好き 好き
◆M12.サヨナラのカナシバリ


■MC
◆前半:山内祐奈草場愛熊沢世莉奈今田美奈坂本愛玲菜冨吉明日香伊藤来笑岩花詩乃

冨吉明日香実は○○なんです

坂本愛玲菜「実は食いしん坊なんです」
メンバーたち「えー」
坂本愛玲菜「よく細いねーとか食べてる?って言われてるんですけど、ほんとはほんとに凄いぐらい食べてるんです。だから言われたらちょっと怒っちゃいます」
冨吉明日香「でもほんとに細いですよね」
坂本愛玲菜「食べてるんです」
冨吉明日香「3日に1回なんじゃないかなって、食事」
今田美奈「生まれたてのヤギみたいな」
冨吉明日香「私、今隣にいるのが心苦しいですもん。公開処刑ってやつですね(軽くw) ありがとう、否定してくれて」
坂本愛玲菜「はい、食べてます」
冨吉明日香「食べてください」
坂本愛玲菜「食べてます」

草場愛「私は実はバラエティ班になりたいんです」客「えー」
冨吉明日香「やめときな」
草場愛「なんか、面白くなりたい」
伊藤来笑「バラエティ班になったらツインテールするのも苦しくなるんだよ」
冨吉明日香 → ちょっとイラっとした表情(w) ※髪型ツインテール
伊藤来笑「だから今まなたんがやってるハーフツインもできなくなっちゃうよ」
草場愛「それはヤだ。やっぱやめとく」
冨吉明日香「おい、私の立場は? 考えて。もっと凄いのしとうけん、今日」
草場愛「でも今日面白くはなりたい。バラエティ班にはならなくても面白くなりたい」
冨吉明日香「でも愛ちゃんみたいに可愛い人がバラエティ班になっちゃうとこっちどうしようもないんだわ」
草場愛「ありがとう、可愛いって言ってくれて」
冨吉明日香「そっちで受け取ってくれるのね。ポジティブで良かったわ」

熊沢世莉奈「私は小学校の頃かな、卵焼きの作文で優勝したことある。おじいちゃんの卵焼きの作文を書いたの」
草場愛「それって何について書け、みたいなやつですか?」
熊沢世莉奈「そう」
草場愛「卵焼きについて書けって」
熊沢世莉奈「書いたの」
今田美奈「卵焼きがお題なの?」
熊沢世莉奈「ううん、違うよ。自由」
冨吉明日香「自由で卵焼きを選んだんですか」
熊沢世莉奈「なんで? 悪い?」
伊藤来笑「どんなこと書いたんですか?」
熊沢世莉奈「おじいちゃんの卵焼きはしょう油で食べるの。だから、おじいちゃんは今はいないんだけど、だからそういう意味で書いたの。思い出に残る味でした、みたいな。そしたら優勝したの。すごくない?」拍手

「ありがとうございます」
伊藤来笑「題名聞いた時は馬鹿にしたけど、今聞いていいなって思いました」
熊沢世莉奈「馬鹿にしたの? 絶対優勝できないだろ?」
冨吉明日香「審査員が相当卵焼き好きなんだと思う」軽くw

山内祐奈「私はですね、泣き虫で凄くお調子者・・・」
草場愛「泣き虫はわかる」
山内祐奈「なんでですか?」
草場愛「いつも泣いてる気がする」
山内祐奈「泣いてない」
草場愛「凄い私に寄ってきてくれるんですよ、草場先輩!って」
今田美奈「いいな」客w
草場愛「ありがとうございます」
冨吉明日香「心の底からの「いいな」じゃないですか、それ。やめてくださいよ」
草場愛「私、今田さん好きですよ」
今田美奈「サンキューベリマッチ」
草場愛「で、来るんだけど、その時いつも泣いてる気がする。バイバーイって言って泣いてる気がする」
冨吉明日香「泣き虫でおっちょこちょいなの?」
草場愛「お調子者ね」
山内祐奈「テンションが上がると意味わかんない行動を取り出して、その後失敗するっていう」
冨吉明日香「ごめんね、それはどんどん谷に近づいて行くよ(w) 危ないそれは。気をつけて」
山内祐奈「はい、気をつけます」

冨吉明日香「今日は実は○○なんですというお話をしてきたんですけど、そうですね、人生いろいろありますけども、自分の内面もさらけ出していけたらいいなって思うんですよ・・・うん、素敵」

◆後半:山下エミリー下野由貴栗原紗英荒巻美咲田中優香植木南央深川舞子後藤泉

下野由貴「締めヘタクソか」
後藤泉「非常にやり難いね。後半組はですね、生まれ変わったらなりたいメンバーについて話していきたいと思います」

栗原紗英「私はチームHの坂口理子さんなんですけど」
後藤泉「同じジャンルだよ、私。ダメかな?」
下野由貴「なんでいーちゃんじゃなくてりこぴなん?」
栗原紗英「まず私、MCが苦手なので、MCが凄い上手っていうのと、初対面の人にも人見知りせずガツガツ行けるところが凄いなって思います」
後藤泉「やっぱりちょっと人見知りなところもある」
下野由貴「あるよね、いーちゃんね」
後藤泉「勉強になります。確かにね、りこぴ優しいもんね。二十歳とは思えないテンションですけども。引っ張ってもらったエピソードとかある? そう、私達が研究生だった頃に紗英ちゃんとりこぴが同じポジションだったよね、「脳内パラダイス」公演で。でも、凄いりこぴね、焦ってたよ。紗英ちゃんって凄い一生懸命真面目にやるんですよ。なので「あっ、ヤバイ。これ絶対初日紗英ちゃん出る。めっちゃヤバイ」凄いいじけてた」客w
下野由貴「りこぴそんなこと言うんだね」
後藤泉「ほんと焦ってたんですけどね、良かったですね、無事に。でもMCはりこぴはちょっとやめたほうがいいかな、勉強は」
栗原紗英「じゃーセクシー担当だけでも」客「おー」
下野由貴「でもほんとになりそう、セクシー担当」
後藤泉「じゃー栗原紗英、乞うご期待ということで」

山下エミリー「同期の荒巻美咲ちゃんになりたい。美咲ちゃんってやっぱちやほやされたり、ロリ目指してないのにロリって言われるのって羨ましいじゃないですか。私そういうの真逆なんですよ。だから」
田中優香「ネガティブだよね、ほんとに」
山下エミリー「そうなんです」
田中優香「でもビジュアルは凄いいいと思う」
後藤泉「そう、キレイなんだよね、エミリーって」
田中優香「ロリ頑張ればいーちゃんより」
後藤泉「なんで私のほう見て言うのかな。まだ諦めないで。入ったばっかりじゃん」
田中優香「美咲ちゃんこそロリ目指してないんですか?」
荒巻美咲「目指してないです」
後藤泉「はい、ムカつく」客w
メンバーたち「いーちゃん落ち着いて」
後藤泉「いやいやいや、3期生もね、可愛いじゃないですか」
田中優香「じゃーエミリーちゃんをチヤホヤしましょう」
後藤泉「エミリーちゃんチヤホヤしましょうね、これから」

田中優香「私はいーちゃんに何か言いたくて。私、高いツインテール似合わないってよくママとかに」
下野由貴「ケンカ売ってるやん、いーちゃんに」客w
田中優香「いやいや、それもそれで失礼ですよ」
田中優香「ママとかに言われるから、でもいーちゃんは意外と凄い似合ってて」
今田美奈「意外とだってよ」
田中優香「だから、私もいーちゃんになってツインテールが似合う女の子になりたいなと思います」
後藤泉「ありがとうございます。けっこう馬鹿にされてる感じですけど」客w
田中優香「ほんとに可愛いなーって思ってる、ツインテール」
後藤泉「嫌なこともありますよ、そりゃ。、じゃー、逆に南央さん」
メンバーたち「逆に?」
後藤泉「ちょっと言葉に困った。南央さん」
植木南央「南央がなりたいのは秋元康先生です」
後藤泉「すみません、夢は大きくって言ったんですけどなりたいメンバーって言ったんですよ」
植木南央「メンバーみたいなものかなと思って。才能に満ち溢れてるじゃないですか。だから南央もそんな曲作ったりとか作詞したりとかそういう才能があればやってみたいなと思います」
後藤泉「私実は南央さんの歌知ってるんだ、1曲。あの名曲があるじゃないですか」
植木南央「もうここで歌っちゃわせようとかしてるの?」客w → 拍手
後藤泉「イェー。これでね、最後ビシっと締めましょう」
植木南央「せ~の ♪ありがとうえき、パクパクモヤっとおねげーするっす」拍手
下野由貴「そんなに知名度ないかもしれない、この中で」
植木南央「ピシっと締まった」
後藤泉「はい、ボンバーモヤっとしたところで、今日は生まれ変わったらなりたいメンバーについて話してきたんですけれども、1人1人個性があるので、そこを伸ばしていきたいなと思います。私達は他のメンバーに生まれ変わることはできないんですけれども、皆さんの気になるメンバーになることは出来ます (おー、うまい) うまい、ありがとうございます。なので今日の公演を見て1人でも気になって好きになってというメンバーが増えて行ったら嬉しいなと思います。次が最後の曲になります。感謝の気持ちを込めて歌います」


◆M13.潮風の招待状


■アンコール


◆EN01.オネストマン
◆EN02.チームKⅣ推し


■MC (質問大会)

後藤泉「今からはですね、この劇場に入る前に皆さんに書いていただいた質問にお答えしていきたいと思います」

# 質問用紙が張り出されたホワイトボードをステージへ

後藤泉「トミーさん。凄い、ひと言、腹へってますか?
メンバーたち「減った」「いーちゃん」
後藤泉「さっき曲中にも言ったんですけど、腹減ったーです。公演はやっぱりお腹空きますよね」
今田美奈「ちなみにお昼ご飯はハヤシライスでした」
後藤泉「美味しかった」

植木南央「ちょっと南央言いたい。シンシバさん。この前、友達に「冨吉可愛いですよね」って言ったら「冨吉に可愛いっていうのは営業妨害だと思う」って言われました」客w
冨吉明日香「違うよ」
植木南央これについてどう思いますか?
冨吉明日香「全然妨害じゃないんですけど。むしろウェルカムなんですけどね」
植木南央「ちなみに冨吉推しではありません」
冨吉明日香「なんだよ」
後藤泉「どんどん妨害してもらってね」
冨吉明日香「やめてください」

後藤泉「川栄さん推しのユウタさん。この前、弟のテストの結果を覗いたら英語がなんと100点満点中9点でした
メンバーたち「えー」
後藤泉兄として何を教えればいいですか?
下野由貴「私もっと上行ったことあるわ」
後藤泉「下回ったってことですか?」
下野由貴「数学が100点満点中7点だった。意外でしょ?」
後藤泉「ドン引き。何を教えればいい?」
今田美奈「スピードランニング」
メンバーたち「あー」「ガチな答え」
冨吉明日香「あれじゃない? シーハーヘーハーみたいなやつ。アイ・ミー・マイン」
草場愛「わかんないくせに言うなよ」客w
後藤泉「I my me mineね」
草場愛「とりあえず勉強を教えればいいんじゃない?」
後藤泉「最終的に「日本だから別によくない?」とか言う人いるよね」
草場愛「ごめん、私や。自己紹介で言った。めっちゃ言ってた、ごめん」
後藤泉「今国際社会だから、今すぐ教えてあげて。一桁って厳しいね」

後藤泉「南の島の来笑推しさん。3期生へ。3期生の中で○○なら私が一番と思うものを教えてください。ある人?」
# 2人挙手
後藤泉「上げろや(軽くw) 流れ的に上げろや。じゃーみるんちゃんは?」
荒巻美咲「私は一番体が柔らかいと思います」
メンバーたち「おー」
伊藤来笑「なんかやってたよね、総選挙のPRみたいな」

荒巻美咲 → Y字バランスを披露(拍手)

メンバーたち「凄い」
後藤泉「素敵な特技をお持ちじゃないですか」
田中優香「こっちで冨吉さんがやってみたけど全然できてなかった」
後藤泉「明日香ちゃん、今みるんちゃんの時間だからね、待つことも大事。凄いですね、それね、たぶん伸ばして行ったらいいと思いますよ」

「じゃーエミリーありますか?」
山下エミリー「私は、やっぱりギターが一番上手いと思います」
メンバーたち「かっこいい」「聴きたいね」
山下エミリー「じゃーGoogle+で」拍手
下野由貴「一応1期生にも穴井千尋さんという方がいるんだけど」
冨吉明日香「懐かしい」
伊藤来笑「最近聞かないですよね」

後藤泉「大分のおじさんさん。いーちゃんへ。四推しだと思うくらい愛してます。どういうこと?」
伊藤来笑「イチ推しでも二推しでも三推しでもなくて四推しってことじゃなくて?」
今田美奈「四推しぐらいがちょうどいいってこと?」
後藤泉「。。あーありがとうございます!」客w
下野由貴「四番目でも推してくれるんだからありがたいですよ」
今田美奈「イチ推し聞いときたい。芽瑠ちゃん?」
後藤泉「今東京のほうにいるんですよ、ごめんなさいね」客w

植木南央「りょうちゃんさん。KⅣに入ってメンバーの印象が変わったことはありますか? 例えばみなぞうが意外と優しかったとか」
今田美奈「や・さ・し・い」
後藤泉「例えがリアル」
下野由貴「確かにさ、みなぞうに関しては角が取れた感じするよね。丸まった感じあるよね」
後藤泉「詩乃ちゃんとか何かない?」
岩花詩乃「えー? KⅣメンバーで? でも、みんなそんな変わんない」軽くw
草場愛「とりあえず下野さんが後輩にめっちゃおごらせるっていうことはわかりました」
下野由貴「あーじゃないよ」
今田美奈「かっこ悪いな、それは」
下野由貴「ちょっと金欠なだけだよ」
伊藤来笑「それさっきも言ってましたよね、午前中の公演でも」
下野由貴「私、最近MCでお金の話しかしてないからね」

後藤泉「これ皆さんに決めてもらおうかな。デジタル太郎さん。ゆうたんTシャツだけどね、いーちゃんと紗英ちゃんだって。メンバーから見てどっちが美人ですか? 先日友人と激論をかわすも、結論が出ず、モヤっとしています
下野由貴「紗英ちゃんでしょ」
後藤泉「これはさ、メンバーと言わずさ、今日のお客さんからしたらどっち」
冨吉明日香「勇気あるね、凄いね」
後藤泉「結果わかってんじゃん。コールだけで言うと紗英ちゃんのほうが大きかったですけども、私のほうが美人だと思う人、拍手」拍手
植木南央「いっぱい聞こえるよ」
下野由貴「けっこういるよ」
後藤泉「ありがとう、みんな愛してるよ」
伊藤来笑「してない人いますよ」
後藤泉「そりゃーそうですよ。紗英ちゃんのほうが美人だと思う人?」拍手
草場愛「いい勝負じゃない?」
後藤泉「これさ、普通紗英ちゃんのほうが多いパターンやん。嬉しいですね」
植木南央「それが正直な気持ちですよ」
後藤泉「スタンプもこない訳を考えなさいってね」
冨吉明日香「マニアックなとこ謳うなよ」
後藤泉「チームH、既読スルーで出しといてくださいね。ということで今日は皆さんの質問に答えてきたんですけれども、これからも皆さんと楽しめるような公演を作っていけたらいいなと思います。これからもチームKⅣとHKT48の応援をよろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

植木南央「次が本当に最後の曲になってしまいます (えー!) コメ~ (えー!) マメ~。はい、ダメです、もうダメです」
下野由貴「締まんないから」


◆EN03.僕たちの紙飛行機


# ご来場の御礼

# 手繋ぎ挨拶「ありがとうございました」 → 手を振りながら捌ける (BGM:シアターの女神)

# 公演終了

■公演後の影アナ
熊沢世莉奈「皆さん楽しんでいただけましたか? (イェー!) ありがとうございます。自己紹介ではちょっとテンパちゃって変な子って思われちゃったかもしれないんですけど、日本語ちゃんと勉強しときますので心配なさらずに。本日のご来場誠にありがとうございました。またのご来場お待ちしてます。以上、せりーぬこと熊沢世莉奈でした」


HKT48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】8月2日(土)17:00~ チームKIV「シアターの女神」公演

公演後の感想 → 後藤泉植木南央冨吉明日香

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND