坂口理子 20歳の生誕祭 (2014/07/26、17時開演、チームH)

HKT48劇場 チームH「青春ガールズ」公演

■出演メンバー
チームH → 秋吉優花井上由莉耶宇井真白上野遥梅本泉岡本尚子神志那結衣兒玉遥駒田京伽坂口理子田島芽瑠田中菜津美松岡菜摘矢吹奈子山田麻莉奈若田部遥



■開演
◆M00.overture (HKT48 ver.)
◆M01.青春ガールズ ※オレンジサイリウム
◆M02.ビーチサンダル
◆M03.君が星になるまで


■MC (自己紹介)
田島芽瑠「皆さんこんばんは! HKT48」
みんなで「チームHです」

田島芽瑠「HKT48チームH「青春ガールズ」公演が始まりました!」
メンバーたち「イェー」客、拍手

# 序盤3曲紹介

本日のお題:チームHになってもっと仲が深まったメンバー

【1列目 下手側から】
坂口理子「任せたぞ、今日は気合入れてんな! 今日でみ~んな りこぴの虜! 福岡県出身、20歳、セクシー担当になりたい (ひゅ~) りこぴこと坂口理子です」客「りこりこりこりこ りこちゃん!」

「わー! ありがとうございます。こんなに(拍手) ありがとうございます。ちょっとね、出だしからオレンジ色のサイリウムで泣かしてくれるなと(w) 感動してですね、うちわもですね、今まで見たことないような数でですね、普段はちょっとちらほらなんですが、今日はもうギラギラ輝いておりまして、いいんですよ、別にね、他にまりりとかいても全然(w) でも私だけじゃなくて皆さんメンバー平等にコールをしていただきたいなと思いますんで皆さん一緒に盛り上がっていただきたいと思います。

私のチームHになって仲良くなったメンバーは奈子なんですけど。奈子とですね、最初どう接していいかわからず、それはこんなね、歳離れてればこんなにもなりますよね。今日の朝会ったんですよ。おはよーって言って「おはようございます。誕生日おめでとうございます」って言われて。「えっ?二十歳ですよね?」って言われたんですよ。「ヤバくないですか?みたいな」ヤバイよ(w) ヤバイよ、ほんとに。だって何歳?」
矢吹奈子「今13歳」
坂口理子「ヤバくないですか? 7歳差なんですけど。怖いっすね、恐れ多いんですけど。その分ですね、こんなね、普段生活してる中で奈子みたいな年齢の子と接する機会があんまないと思うので、こういうことを考えればHKT48に入ってやっぱ良かったなっていう風に思います。今日は皆さん盛り上がっていきましょう!」

井上由莉耶「クールでデビルな黒猫系。福岡県出身、中学3年生の15歳、猫が大好きなゆりやこと井上由莉耶です」

「私が更に仲良くなったと思うメンバーはりこぴなんですけど。りこぴはチームHになっていもむChu!メンバーがちょっと減っちゃったというか、分かれちゃったせいか、楽屋でいつもネタを仕掛けてるっていうか、面白いことを思ってるんですけど、リアルにスルーされてるのをたまに見るんですよ(w) 誰も気づかれてないみたいな。そういう時、私なんかいっつもりこぴと目が合って、いっつもまたやってるって思うので、これからはりこぴを温かい目で笑ってあげようと思います」

田島芽瑠「あなたのハートを射止める♪ HKT48のセクシー担当になりたい(ポーズ、拍手) めること田島芽瑠です」

「これ(右手上げてポーズ)って恥ずかしいね、凄い」客w
坂口理子「なんだよ、毎回、2年ぐらいずっとやってるんだけど」
田島芽瑠「凄い恥ずかしいわ」
坂口理子「失礼だわ」
田島芽瑠「私がですね、仲が深まったなと思うのは、みんななんですよ、ほんとに。でも特に2期生の梅本泉くんじゃなくて」
若田部遥「男紛れてるぞ」
田島芽瑠「梅とか真白とかはるたんとか、ボスもね(w) 仲良くなったので、これからもっともっと輪になっていきたいと思います。今日ね、靴下裏返しに履いてきちゃったの(w) しかもね、お団子も取れちゃったしね、なんかもうね、フーです」

松岡菜摘「りこぴが!? (食べたーい!) りこぴが大好きななつこと松岡菜摘です」

「私が仲良くなったのはりこぴかなと思うんですけど。この間いもむChu!4人で撮ったプリクラに、りこぴのところに「なつTO」って落書きをしてくれてて。りこぴが入ってくる前から私推しだって言ってくれてて。長いよね、私のこと好きでいてくれてるの」
坂口理子「うん(照)」客w
松岡菜摘「なんかヤバイ人いるんですけど、嫌いになれないように仲良くりこぴは。りこぴって一番1期生の中にいても違和感無いんですよ。だからそれが凄く安心感があるので、でも私のほうが年下なので、これからは甘えて仲良くしていきたいと思います」

兒玉遥「今日の気分はハッピーハッピー はるるっぴー! はるっぴこと兒玉遙です」

「私も一番仲良くなったのはりこぴかなと思うんですけど (おー) 昨日一緒にりこぴとなつとちーちゃんで食事会みたいな、誕生日会みたいなのしたんですよ、ちょっとした。で、プレゼントを渡したら、もうめっちゃ喜んでくれて。りこぴの喜び方ってすっごいこっちも嬉しくなるんですよ。ほんと典型的ないいやつっているじゃないですか。あいついいやつだよなって語れる人も、その人です、りこぴは」
坂口理子「どうも、その人です」拍手
兒玉遥「ほんとにりこぴはいい人なんですよ。先輩も立ててくれるし、後輩も面倒見もいいし。いいやつだよね。だからプレゼント渡したけど私のプレゼントにそんな欲しいよとか思ってないんで」
坂口理子「いやいや、言ってるようなもんでしょ。お金貯めます」
兒玉遥「大丈夫。ほんとにもっと仲良くなれたらなと思います」


【2列目 下手側から】
秋吉優花「もうりこぴが二十歳になりました。博多に咲く優しい花になりたい、みかんが大好きなゆかちゃんこと秋吉優花です」

「私はりこぴは最初から親子みたいなものなので、チームHになってから仲良くなった人はみかんちゃんことなつみかんちゃんなんですけど。今日も同じ髪型してて。でも最初の頃は本当に嫌われていて、みかん泥棒とか言ってきたりしてたんですけど」
若田部遥「嫌いだったよね」客w
秋吉優花「うんうんじゃないよ。でも今は相思相愛なので、これからも48グループを担っていきたいと思います」

山田麻莉奈「今日も1日 たかまりり! 2.5次元のお姫様になりたい。こう見えても社会人、19歳のまりりこと山田麻莉奈です」

「私がチームHになって仲良くなったメンバーはわかちゃんだと思ってるんですけど。いっつも凄いツンデレで、私のこと嫌いって言ってくるんですよ。でもほんとは心の中で凄い大好きって言ってくれてるんじゃないかなって思ってるので、ちょっと自然と大好きだよって言われるようにこれからも仲良くしていきたいと思います」
若田部遥「大好きだよ」
山田麻莉奈「嬉しい! ありがとう。やったー、ありがとうございます」

矢吹奈子「中学1年生の13歳、坂口先輩が大好きな矢吹奈子です」

「私は、はるたんです。でも、1回一緒に寝た時に、凄い眠くて、先に寝ちゃったんですよ、お部屋に入った瞬間に。最初違うお部屋にいてね。だから、次の日起きた時に「あっ」みたいな感じになったので、今度一緒に寝る時はちゃんとゆっくり喋ってから寝たいです」

神志那結衣「あなたのハートを工事ちゅう! 今日はみ~んなに会えて うれ じーな! 福岡県出身、高校2年生の16歳、いつかシャンプーのCM狙っとるけん♪(ポーズ) じーなこと神志那結衣、AB型です」

「今の間違ってお昼公演にしてしまったんです。ちゃんとできて良かったです。私がチームHになって仲良くなったメンバーはなつみかんさんやと思います」
田中菜津美「えー?マジで?」
神志那結衣「なんか、私がまだチームに昇格してない時は、凄いクソガキキャラみたいな感じで喋り難い人なのかなと思ったっちゃけどチームHになってからはけっこう喋りかけてくださって、けっこういい人で、面白くて、けっこう最近仲いいと思うので、これからもっと仲良くなれたらいいなと思います」

駒田京伽「宮崎生まれのトロピカール娘、いろんな味を楽しんで欲しいっちゃわ。宮崎県出身、高校3年生、17歳のマンゴーとりこぴを愛してます、ぴーちゃんこと駒田京伽です」

「私もりこぴと言いたいとこなんですけど、りこぴは入った当初からずっと仲良かったので、Hに入ってからはまりりと同じくわかちゃんです。なんかちょっと似てる部分があって。あんまり前に出ないというか、目立たないというか、不思議な力を感じて」
若田部遥「人見知りだよね」
駒田京伽「そうなんです。人見知りあるあるとかも2人で話してるし、最初会った時は学級委員長みたいな感じで、凄く苦手だったんですけど、ガミガミする感じかなと思ったんですけど、喋ってみたらほんとに面白い先輩なので、これからも尊敬していきたいと思います」

若田部遥「15歳の高校1年生、わかちゃんこと若田部遥です」

「私はですね、Hになって仲良くなったのはまりりって言えって言われたんですけど、まりりともほんと仲良くなって。まりりはあまくち姫の時からずっと仲良かったから、私は、んー、ぴーちゃんですかね、やっぱり。やっぱりHになって凄い私、ぴーちゃんのこと大好きだったんですよ。クラス替えの後にぴーちゃんと同じチームになれて嬉しかったねって言ったりもしたし、あとはですね、やっぱり芽瑠とかもともとわかちゃんって呼んでくれてたんですけど、みんな「若田部さん」って呼んでたから、最近Hのみんなが「わかちゃん」って呼んでくれるのが嬉しくて、今日もなんと真白がついに「わかちゃん」って呼んでくれるようになったんですよ」拍手

「ありがとう、真白。だから、あと1人残るはちぃずだけなので」
上野遥「私もです」
矢吹奈子「奈子もでーす」
若田部遥「奈子もだっけ? いっぱいいる。みんなにわかちゃんって呼んでもらえるように頑張りたいと思います」


【3列目 下手側から】
梅本泉「それでは写真撮ります。せ~の、はい、チーズ パシャ。福岡県出身、17歳、ちぃずこと梅本泉です」客「可愛いよ」 → 照れて下を向く

「OK、OK。もういいよ、声枯れますから。盛り上がりは伝わりました、凄く」客「ちぃず!」
岡本尚子「言われてるよ、ほら、こっち向いてって」
梅本泉「新しいな。メンバーからじゃないんだ、これは。そうですね・・・(後ろを向く、w)私がチームHになって仲良くなったメンバーはですね」後ろまで行き、定位置に戻るも顔は下向いたまま

「芽瑠ちゃんなんですけど。田島芽瑠さんですね。(手で目を隠す、w)研究生時代も普通に仲良かったんですけど」
宇井真白「あのさ、ピシっと立ってくれないかな」
岡本尚子「シャキっと喋ろうぜ」
梅本泉「そうですね、はい」
田中菜津美「顔見せてよ、顔見たい」
梅本泉「これからもいろんなメンバーと仲良くしていきたいと思います」最後まで客と目を合わせず

宇井真白「I love、You love、We love 理子ちゃん! 福岡県出身 14歳、セクシー担当を奪いにいきます、ましろこと宇井真白です」

「私は梅本泉と仲良くなったと思ってるんですけど。クラス替えがあった時、私、昇格できなくて、その時もずっと一緒にホテルの部屋とかでいてくれて、一緒に泣いてくれたりとかして、凄い可愛い一面を見ることが最近できるようになってきたので。これからもよろしくお願いします」

岡本尚子「ポンポン ポポポン なおぽん! ハーイ! 福岡県出身、高校3年生、18歳のアニメとりこぴがめっちゃ大好きななおぽんこと岡本尚子です」

「私はですね、ボスなんですけど。私、でももともと先輩たちに話かけるのが人見知りで無理で、でもチームに入って先輩たちと絡めるようになって一番仲良くなったというか、お喋りする機会が増えたのボスかなって思います」
田中菜津美「嬉しい。私6番目ぐらいだけど」反応
岡本尚子「ウソ!? でもね、写真撮ってたら後ろにひょこって入ってきて一緒に撮ってくれたりとか」
田中菜津美「それは少しでも知名度上げようと思って」客w
岡本尚子「でも、たまにね、デレてくれるんですけど、基本ブス!とかね、ツンでくるんでたまにデレてもらえるようにこれから頑張りたいと思います。ボス大好きですよ」
田中菜津美「私も大好きです」
岡本尚子「やったー」

上野遥「いつでもどこでもみーんなの季節は? (りこぴ!) 中学3年生、14歳のはるたんこと上野遥です」

「私はまりりなんですけど。まりりとはホテルで一緒に寝るようになったし、まりりの影響、ちょっとアニメが好きになったりとかもしたんですけど、まりりと一緒にいると私がちょっと大人に見えてきちゃって。まりりが妹みたいなんですけど、これからはちょっとまりりもお姉ちゃんっぽくして欲しいなと思います」

田中菜津美「今日でみーんなみかんの (虜!) 福岡県出身、13歳、りこぴが大好きななつみかんこと田中菜津美です」

「私はもちろん優花ちゃんも仲良くなったんですけど、やっぱりりこぴが仲良くなったかなと思うんですけど、組閣して、やっぱ後輩たちと一緒にのグループになって喋れない子とかもたくさんいるんですけど、りこぴのあのテンションの高さに凄い救われてきて、司会とかも凄い上手でいっぱいサポートしてもらってるので、私もりこぴを凄い尊敬してるので、二十歳になる時はりこぴみたいな・・・自分らしく頑張りたいと思います」


◆M04.Blue rose (松岡菜摘兒玉遥坂口理子井上由莉耶)
◆M05.禁じられた2人 (田島芽瑠(白)・神志那結衣(ピンク))
◆M06.雨の動物園 (矢吹奈子(ゾウ)・秋吉優花(キリン)・駒田京伽(ライオン)・岡本尚子(パンダ)・若田部遥(チンパンジー)・宇井真白(シマウマ)・山田麻莉奈(ペンギン)・坂口理子(ラクダ))


■MC
田中菜津美秋吉優花矢吹奈子山田麻莉奈宇井真白

秋吉優花「りこぴにさっき青春はすぐ過ぎ去ってしまうよって言われたので、今日は青春を感じた瞬間について話していきたいと思います」

「奈子」
秋吉優花「ないです」客w
田中菜津美「幸せだね、ないっていうのは」
秋吉優花「ちょっとなめてますけども」客w
田中菜津美「厳しいね」
秋吉優花「じゃーいっつも青春ということで、よろしいですか?」
矢吹奈子「あの、青春ってでの瞬間が青春なのかわかんないんですよ」
田中菜津美「それは大人になった時に今が青春って感じる時がくるんだよ」拍手
矢吹奈子「ありがとうございます」

山田麻莉奈「私は最近、みんな夏休みに入ったから楽屋でよく宿題をしてるとこを見て、そこで、ちょっと青春感じてるなって」
秋吉優花「もう過ぎ去った人だからね」軽くw
山田麻莉奈「いつ過ぎ去ったかな、私。もう2年前ぐらいに過ぎ去ってるけど、私も宿題したいなって思うぐらい」
田中菜津美「分けよう分けよう」
宇井真白「ほんとにしたいの?宿題」
山田麻莉奈「うん」
秋吉優花「じゃーまりりって青春って何だと思いますか?」
山田麻莉奈「えっ? 勉強してることじゃない? 今ほんとに考えたら勉強してないんだよ。だから、学生のうちにね、しておけば良かったなって今思って」
秋吉優花「じゃー八の段の九九言ってみて」
山田麻莉奈「七じゃなくて八なの?」
秋吉優花「どっちでもいいけど」
山田麻莉奈「8×1が8、8×2=16、8×3=24、8×4=ごじゅう、、」反応
秋吉優花「えー」
山田麻莉奈「忘れた」
秋吉優花「みんなで勉強頑張ろうね」
山田麻莉奈「頑張る」
矢吹奈子「8×4=32だよ」拍手
田中菜津美「奈子ちゃんさすが現役だね」

宇井真白「私は教室で先生に隠れて友達とメモを渡しあったりするのがすっごい青春を感じるんです、その時。なので、早く夏休み明けて欲しいなって思ってます」
山田麻莉奈「やってたたよ」
宇井真白「何年前に?」
秋吉優花「5年前ぐらい?」客w
山田麻莉奈「そんな経ってないからね、私まだ」

田中菜津美「私はですね、学校に中学生ぐらいになると男女名字で呼び合うじゃないですか、田中みたいなことを。でもその中に1人だけ「菜津美」って呼んでくれる人がいたの (ひゅ~) えっ?今何て言った?ってなるの。凄いそういうのがキュンと。下の名前ってあんまり普段呼ばれないんで、ボスとかもう名前の原型がないみたいな感じで呼ばれるから。奈子ちゃんちょっと「おい、菜津美」って言って」
矢吹奈子「おい、菜津美」
田中菜津美「可愛い♪」
宇井真白「ちょっとガチじゃないですか、なんか」
# 松岡菜摘が上手側奥の出入り口から顔を出す
田中菜津美「あっ、なつみ。なんかほら、お客さんがそっちの菜摘のほうが凄いみたいな(w) そういうリアクションになるやん」
秋吉優花「これからもみんなで頑張っていきましょう」
田中菜津美「そうね、青春しましょう」
秋吉優花「この前ファンの人に声かけられた時に「三流芸能人のくせに」って言われたので」
田中菜津美「そうね、ロケの時に」
秋吉優花「だから一流芸能人になれるように、みんなで頑張っていきたいと思います」

矢吹奈子「こんなに可愛い私達とデートを楽しんでいただいた後は、ちょっぴり大人な南国ムードいっぱいな曲を、せ~の」
みんなで「どうぞ!」


◆M07.ふしだらな夏 (井上由莉耶岡本尚子兒玉遥神志那結衣駒田京伽坂口理子田島芽瑠松岡菜摘若田部遥)
◆M08.Don't disturb!
◆M09.Virgin love
◆M10.日付変更線


■MC
◆前半:松岡菜摘兒玉遥秋吉優花梅本泉井上由莉耶駒田京伽宇井真白岡本尚子

梅本泉「わたくし先日掃除時間にトイレのほうをね、ちょっと楽屋から離れてるんですよ。掃除してて、何か遅いなと思ったんですよ。いつもなら呼びに来てくれるんですよ、もう終わりだよって」
松岡菜摘「掃除やって反省会やるからね」
梅本泉「その時に、公演メンバー全員私のこと忘れてて。私ずっとトイレ掃除してたわけですよ。凄い悲しかったんですね」
岡本尚子「ちなみにね、「みんないるよね」って言ったらみんな「うん、16人います」って言ってたから」
松岡菜摘「疲れてたんだろうね」
梅本泉「そうですね。じゃーそうしましょう。ということで今日は悲しかった話について」

松岡菜摘「悲しかったっていうか、今の流れなんですけど、梅それで泣いたんですよ」反応&可愛い!
梅本泉 → 奥の出入り口より捌ける
松岡菜摘「帰ってきて」
梅本泉 → 定位置へ
松岡菜摘「普段泣かない子が泣くと、こっちが悪いんですけど、キュンとするんですよね。ごめん、悲しい話ないや」
岡本尚子「そう、タオルでね、涙拭いながら」
梅本泉「他の人いきましょう。ぴーちゃんじゃー話して何か」

駒田京伽「私ね、コンサートの時に曲の終わりで「チャン」ってやった時に目の前が私のうちわを持ってる方だったんですよ。だから「あっ!」と思って、あー!(手を振る)ってやったら「冨吉!」って言ってて。たぶんその人、冨吉推しだと思う」
松岡菜摘「うちわだけぴーちゃん」
駒田京伽「そう。目合わんかったし」
松岡菜摘「裏が違う人の名前の時の。裏返すの皆さん上手ですよね」
岡本尚子「あとあれもありますよね。はるかって名前が多いじゃないですか。だからはるかのタオルを使いまわしして、こうやって振ってた人とかもいました。だからはるたんだったりはるっぴさんだったりわかちゃんだったり、使いまわしで使ってた。見られてるからね、みんな」
松岡菜摘「見えるよね、凄い見えますよ」

岡本尚子「昨日のことなんだけど、昨日髪の毛屋さんに行って」
メンバーたち「どこ?」
岡本尚子「美容室のことなんですけど、髪の毛屋さんに行ったんですけど、予約がね、先に入ってて、30分ぐらい待ち時間がありますと言われて、近くの日本庭園に行ったんですよ。最近日本庭園に嵌ってて」
梅本泉「すげー渋いね」
岡本尚子「京都とか街並みが大好きだからね。で、10分ぐらいしかいなかったんですけど、癒されに行って、普通癒されて「あっ、楽しかった!」って帰るじゃないですか。たった10分行っただけなのに蚊に10箇所以上刺されて、すっげー痒いっていう。藪蚊だからね、噛まれたのが。蚊よりもちょっとめんどくさいやつ。ちょっとすっげー悲しくなった。抹茶とか美味しかったのに」
松岡菜摘「痒いって言われたら痒くなってきた。なんだろう、これ人間の心理かな」
岡本尚子「それたぶんなつさんが私のこと好きだから痒いのがこうね、伝わっちゃったっていう」客「ひゅ~」
梅本泉「それでは次は後半組です」

◆後半:上野遥山田麻莉奈神志那結衣田中菜津美田島芽瑠矢吹奈子坂口理子若田部遥 ※浴衣

メンバーたち「女将!」
坂口理子「女将でございます」

若田部遥「今日はりこぴの、女将のハッピーバースデーということで、りこぴについて話していきたいと思います」

「まず私に話させて欲しいんですけど。りこぴは自己紹介MCでも言ったみたいにもうなんか凄いいい人なんですけど、りこぴだけじゃなくて、りこぴのファンの人もいい人なんですよ」拍手
坂口理子「みんなが楽屋で話してたんですよ。りこぴのファンの人ほんといい人ばっかだよねって話してて。生誕の時って私の生誕だったら私にしかコールが大きくないという時があるらしくて、そのメンバーのみんなが私の時も大きくコールしてくれたよって言ってたんですよ。だから、あっ優しいなと思ったんですけど、はるっぴさんが「それもしかしたらさ、りこぴのファンの人、1人とかだったらどうする?」って言ってました、逆にね」
若田部遥「それはないよ。みんなね、りこぴのこと好きですよね? (声援) ほら」
坂口理子「照れっ」

田島芽瑠「私はですね、りこぴとはオーディションの頃からずっと仲良かったから」
坂口理子「忘れないよ、芽瑠のことは」
田島芽瑠「だからね、なんだろう、りこぴのことが全部好き。変なとことか特にね(軽くw) なんか、りこぴってさ、キレイなんですよね、こんな感じ(右手上げてポーズ)」
誰か「顔じゃない」
若田部遥「私じゃない、言ったの」
田島芽瑠「誰?誰?言ったの」
田中菜津美「違うよ」客w

上野遥「りこぴは私の人生の中のAランクの一番いい人、Sランクなんですよ」
坂口理子「やったー。何かもらえる?それ。なんか欲しい」
上野遥「何もない。なんだろうな、例えば楽屋でダジャレを、今日もちょっと空の空のカラメルソースとか言うんですけど」
坂口理子「ちょっとよくわからないでしょ?」
上野遥「言うじゃないですか、そういうダジャレを。そしたらりこぴが一番最初に反応してくれます、まぁ1分後とかだけど」
坂口理子「だってめっちゃ私の正面で言ってたもん」
上野遥「それはね、そうなの。だからもうSランク、私の」
坂口理子「ありがとうございます」

山田麻莉奈「私は、りったんの側に行ったら凄い幸せな気持ちになれる」客「おー」
坂口理子「嬉しい」
若田部遥「今日いいじゃん」
坂口理子「なんて日だ」
田中菜津美「面白い」
山田麻莉奈「めっちゃ好き」
若田部遥「りこぴの写真を待ち受けにしたら福がきそう」
坂口理子「皆さん聞きました? 福がきますよ。やってください、是非待ち受けに」

神志那結衣「私は、りこぴは自己紹介MCの時もそうやったんやけど、リアクションがウザったいぐらい大きい。凄いオーバーリアクションで、この前バスでちょっとだけ踵か何かがどっかに当たったらしくて。そしたらすっごくなんか、うぉー!(ジャンプ)みたいな、凄いオーバーでジャンプしてて」
田中菜津美「若干昭和っぽいよね」
神志那結衣「わかるわかる」
坂口理子「奈子がすげー苦笑いで見てくる」

若田部遥「じゃー奈子はりこぴのどこが好き?」
矢吹奈子「えっと、面白いところなんですよ。奈子も面白くなりたくて、凄い面白い人が好きなんですよ、芸人さんとか」
坂口理子「ちょっと待って待って。同業者同業者」
矢吹奈子「違う、芸人さんとかも好きだけど、いもむChu!さんみたいに凄い面白いから、なんか奈子が変なこと言ってもすぐに乗ってくれたりするから嬉しいです」
坂口理子「奈子と似てるんです、私」
若田部遥「どこが?」
坂口理子「やろうとしたこと一緒だったよね、この前。精神年齢が一緒なんだと思います」
神志那結衣「子供だよね、りこぴ」
坂口理子「いつまでもね、若々しく」
田中菜津美「でもそれが推してて飽きないよね、要素だと思います」
田島芽瑠「今日はいい日だね」
坂口理子「なんて日だ」
田中菜津美「2回目はウケないウケない」

若田部遥「こんないい感じにね、りこぴのいい話がたくさん出てきたところで最後の曲にいきたいと思います」

上野遥「次が最後の曲になります (えー) ありがとうございます。みんなで心を込めて歌います」


◆M11.僕の打ち上げ花火 ※浴衣


# 曲終了後、メンバーたち「ありがとうございました」捌ける


■アンコール
有志の方「本日は坂口理子さんの生誕祭です」客「イェー!」

「19歳の1年間はチームHの昇格・・・そして選抜総選挙60位と大躍進の年でした」拍手

「二十歳になる理子さんのこれからの1年を・・・理子さんの活躍を願いまして、アンコールは理子ちゃんコールでお願いします」客「イェー!」


「理子ちゃん」コール


◆EN01.約束よ


坂口理子 生誕祭

駒田京伽「皆さん、今日は誰の生誕祭かわかりますか? 今日7月26日に二十歳の誕生日を迎えたりこぴこと坂口理子ちゃんの生誕祭です」
メンバーたち「イェー」
坂口理子「りこぴ、お誕生日」
みんなで「おめでとう!」

# BGM → 涙サプライズ!

# ケーキ搬入&ロウソク火点け

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア りこぴ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」
坂口理子 → ロウソク火を吹き消す
メンバーたち「おめでとう」

駒田京伽「もう二十歳ですよ。どうですか?改めて」
坂口理子「どうしよう、二十歳だよ。こんなんでいいかな?」
駒田京伽「いいと思いますよ」
坂口理子「こっから早いでって誰(が言った)かな?」
駒田京伽「そんなりこぴに私やりたい企画がありまして。ちょっとボス持ってきて」客w
坂口理子「めっちゃパシるやん」

# 田中菜津美 → 鏡開き用の小さな樽と升が乗った机をステージへ

駒田京伽「二十歳ということでね、お酒が飲めるというわけで(反応) 今回はちょっとスタッフさんが用意していただけました」
坂口理子「酔って次踊れないかもしれないから」客w
駒田京伽「改めまして、本日坂口理子の生誕祭にお集まりいただき誠にありがとうございます」拍手

「それでは私がせ~のと言ったら「よいしょー」の掛け声で皆さんよろしくお願いします。1回ちょっと練習してみたいと思います。せ~の (よいしょー) ありがとうございます。その調子で本番もよろしくお願い致します」
坂口理子「気合入り過ぎでしょ」

駒田京伽「ある程度の力でカーンってしないと中身がパーって出てくる。でも大丈夫だと思う。いきますよ、せ~の」客「よいしょー!」
坂口理子 → ミニ小槌で樽のふたを割る(拍手)

「何が入ってるんだろう」
駒田京伽「早速飲みましょうよ、是非ね」
坂口理子「どういうこと?」
駒田京伽「それでは私が」 → 升にお酒をつぐ
松岡菜摘「ちょっと待って、仕事中だよね(w) いいの?」
駒田京伽「尾崎さんからはね、許可を頂いてるので」客「おー」
坂口理子「尾崎さん、心広すぎでしょ」拍手
駒田京伽「是非大人の味をね、体験してもらいたいと思います」
坂口理子「このまま飲んでいいんですか?」
誰か「グイっと」
坂口理子「人生の先輩がいっぱいいる」 → 飲む (おー)
駒田京伽「どうですか? 大人の味ですかね」
坂口理子「待って待って。えっ?」 → 更に飲む
メンバーたち「えっ?」
坂口理子「待って待って待って。言っちゃっていい? 水じゃない?
田島芽瑠「うそー」
駒田京伽「でもまぁまぁステージ上ではお酒を飲むという行為はダメなので」
坂口理子「そういうことね。じゃー(酔った振りで)うまいわ~」
駒田京伽「今回はお水になっております」
坂口理子「めっちゃうまいわ」
松岡菜摘「プハーってやつやってよ」
坂口理子「(飲む・・・)ハァ~~」客w
駒田京伽「似合いますね。ここでですね、ある人からプレゼントが届いていまして。指原莉乃様から届いております (おー) じゃー奈子ちゃんから渡してもらおうかな」
坂口理子「今日メールしました、さっき。2人でお酒飲んでロックフェスしましょうって」
矢吹奈子「じゃーん」
駒田京伽「ワンカップ大関(拍手) 日本酒でございます」
松岡菜摘「これはさ、奈子が持ってる絵は大丈夫なの?」客w
矢吹奈子「(瓶を見る) 今飲んで。○○指原」
駒田京伽「さすがにね、今は飲めないので (今飲んで) ほんとにりこぴのファンですか?あなたは。これはね、お家に帰ってから飲んでいただきたいと思います」
坂口理子「さっしーさん見てますかね、ありがとうございます」
駒田京伽「後でメールとかね、お願いします」

「今のどうでしたか?」
坂口理子「なんか二十歳らしいことができたんじゃないかなと思いますね」
駒田京伽「良かった。喜んでくれてるから私も嬉しいです。プレゼントはこれだけじゃありません。ある方からお手紙が届いております」
坂口理子「またケーキの下?」客w
田島芽瑠「定番ですね」

駒田京伽「理子へ

HKT48のオーディションに受かったのは高校3年生の夏、将来の進路を決める時期に大学への進学をせず、思いがけない未知の世界に踏み込むことに」
坂口理子 → 後ろを向く(涙?)
駒田京伽「正直、応援したいけれど、心配も凄くありました。でもチャレンジするには中途半端は嫌だという理子の強い意志を聞いて、それなら家族で応援しようと決めました。

あれから2年。小さい頃から理子のダンスパフォーマンスをビデオカメラで追いかけていた楽しみは劇場公演のDMMやテレビ出演を見ることに変わり、少し寂しさもあるけど嬉しいことです。

今回の総選挙速報では35位。6月7日には60位という素敵な順位をいただきましたね。画面に映ったスピーチをする姿に涙が止まりませんでした。

そして、押し上げていただいた方々への感謝と同時に、理子の自分で選択した道は間違ってなかったんだなと思いました。

これからもスタッフの皆様やファンの方の熱い声援や励ましのおかげで今輝く自分がいることを忘れずに感謝しましょうね。

努力を惜しまず向上心を忘れずに、人に優しく自分に厳しく、HKT48チームHの坂口理子を楽しみに応援しています。

素敵な二十歳おめでとう。

母より」拍手

坂口理子「(号泣) もう喋れない」
駒田京伽「今回はりこぴのお母様からお手紙を頂いておりました」
坂口理子「知らんかった」
駒田京伽「知らんかったね」
坂口理子「言ってくれれば良かったのに」軽くw
駒田京伽「それはサプライズにならんやん」
坂口理子「そうやね」
駒田京伽「どうですか?お母さんからの手紙」
坂口理子「ん~~、ビックリ。どうしよう、なんだろうな。普段けっこう仲いいほうなんですけど、なんか、私、思春期はあったんですけど、この話するのもあれですけど、反抗する時期とかもあったんですけど、なんだろうな、そんな周りの子が言ってるように「お母さん嫌い」とか「お父さん嫌い」とか言ったこと一度も無くて。あーもうどうしよう、帰りたい(号泣)」客w
駒田京伽「まだいようよ」
坂口理子「なんだろうな、人に悪いこと言うとたぶん自分に返ってくると思うから、私はなんかあんまり愚痴とか言いたくなくて。でもなんだろうな、HKTにいる間は普段の生活では予想もできないことが起きたりするので、やっぱりね、愚痴を言いたくなる時だってあるけど、そういう時は、まぁ、横にいるぴーちゃんだったり、いーちゃんだったり、冨吉だったり、谷だったり、いもむChu!のメンバーとか同期の2期生や、頼れる先輩とか、可愛い後輩とかと一緒に話してると辛いことも忘れられるというか、ほんとにやってて良かったなって思う瞬間がいっぱいあるから、もう学生じゃないのでお仕事という感じでやらせていただいてるので、いいところに就職できたなと(w → 拍手) 思いますね」
駒田京伽「私も1回りこぴのお家に急に泊まりに行ったことがありまして、その時はパパが「いいよいいよ、どうぞ入って」って言って、ほんとにお父さんやお母さんに似て凄く心が広くて優しいんですよ」
坂口理子「ぴーちゃんソファーの前から1回も動かんかったけどね」客w
駒田京伽「ちょっとお邪魔かなと思って」
坂口理子「トイレしか行ってない」
駒田京伽「そうそうそう。で、たまには、まぁいもむChu!のメンバーにもこういうのが悔しかったっていう時もあるけど「ごめん、やっぱ今のは空気を濁しちゃうから」って言って、自分で「楽しい話しようよ」とか言ってるりこぴを思って、やっぱり優しい人なんだなと影でずっと思ってました」
坂口理子「ありがと」
駒田京伽「ありがと(拍手) 実はですね、私もちょっとりこぴのファンの方からお願いをされてまして、お手紙の。今回書いてきたんですけど、ここではちょっと恥ずかしいので読まずに後でりこぴにお渡し (えー) だって持ってきてないもん。なので後でりこぴに読んであげたいと思います」
坂口理子「嬉しい、ありがとう」

駒田京伽「それじゃー改めて、今回生誕祭を開いてくださった皆さんにひと言お願いします
坂口理子「何から言ったらいいかわかんないんですけど、最初幕開いた瞬間から、もう私の生誕祭なんだっていう気持ちが凄く込み上げてくるようなオープニングでとても皆さん団結力があって、いいスタートが切れていて。普段は目が合わない人とかもたまにいるんですけど(w) 今日はなんか私を見てくださっていて、私のために今日来てくださったんだなって思う瞬間がいっぱいあったので凄い嬉しかったですね。

私のファンの方って凄く優しくて、なんか愉快なんですよ、ほんとに(w) さっきも「僕の打ち上げ花火」であそこら辺の立ち見の方々がこう(左右に)揺れて聴いていてくれてですね、そういうことを「一緒にやろうよ」って言った時に「ちょっとボクはいいです」みたいな人がいないのがほんとに凄いなって思って。皆さん心が広くて凄くいい方なんだろうなって思うんですけど。

まぁやっぱりHKTに入って、2年、丸々は経たないんですけど、1年以上経って、一番大きかった出来事はやっぱり総選挙という出来事があるんですけど、その前に昇格させていただいたことが凄く嬉しくて。

去年の研究生公演の時はもうほんとに我武者羅に、何をすればいいかわかんないけどやんなきゃいけないみたいな時期もあったりして、なんだろう、正直何かステージに立ってても「あー何やってんだろうな」って思う瞬間がいっぱいあって。でもそれをちゃんと頑張ってこれてるかなって思えるのはファンの皆さんがいたからだなと思いますし、

最初ですね、クラス替えが決まった時は昇格できないメンバーもいて、すっごい悲しくて、みんな頑張ってるのになんでこんな昇格できない人がいるんだろうって思って・・・あーダメだ(涙) 思ったんですけど、やっぱりそれはやっぱり、なんだろうな、甘い世界ではないんだなってことを知ったと言いますか、まぁ、皆さんも会社勤めだったらいろいろあれでしょう(軽くw) それと同じように社会は厳しいので、それを痛感したと言いますか、でも結果的にですね、2期生同期のメンバーが全員昇格して、ほんとに凄く嬉しい(拍手)

ありがとうございます。こうしてですね、今チームHとして活動できてることが凄く嬉しくて。まぁKⅣのメンバーとか離れたメンバーもいるんですけど、なんだろうな、たまに思うんですよ、なんか。研究生だけでチームが作れなかったのかなーって、私達の実力不足でチームを作れなかったのかなとか話したりするんですけど、私は全然そんなことないよって思っていて。

逆に今のチーム体制になってと言いますか、わかったこともたくさんありますし、KⅣとHで凄く比べられることが多いんですけど、私はなんだろうな、両方、いい意味で違う色があっていいなと思ったり、どっちを応援するとか自由なんですけどね、それはねw じゃなくて、なんだろうな、その両方にも好きなメンバーがいて、こっちのその自分の推しの人とまた話して繋がってみたいな。みんなで一緒に応援して行こうよっていうほうが凄く楽しくていいんじゃないかなと思っていて。

でもチームHはですね、なんだろうな、2期生のほうが多いんですよ。で、1期生さん少なくて、最初は話さない子とかもいたんですよ。先輩とうまく話さない子とか今までいたので凄く不安だったんですけど、私は「手をつなぎながら」公演とか「博多レジェンド」公演とかで出させていただいていて、かかわりが凄くあったんですけど、無いメンバーとかもいたので、凄く不安だったんですよ。

で、マネージャーさんからも「大丈夫かな」みたいなことを訊かれてて、それを私に頼られることが凄く嬉しくてですね、どうにかしないとって思ったんですけど、楽屋でよく話すようになったりとかですね、していくうちにだんだんMCとかでも笑いが出てきたりして、凄く今いいチームになっているんじゃないかなと感じるので、それは凄く嬉しいなと思います。

それとですね、まぁその次に総選挙、60位という順位でですね、凄く嬉しかったんです、本当に(拍手) ありがとうございます。総選挙をテレビで見ていたのに自分が出てって、更に圏内に入るっていうことが凄く嬉しいことで。なんだろうな、速報の時はビックリして、ほんと足が震えて、生まれたての小鹿みたいになったんですけど(w)

その時ですね、チームHになって、研究生の時は、まぁ、自分が引っ張っていかなきゃっていう気持ちがあったんですけど、チームHになって、先輩方がいるってことでついていかなきゃっていう面もあって。ポジションが下がったりした時もあったんですよ。まぁ、公演でも、端って言ったら悪いですけどあんまり目立たないようなところに、そのポジションがいらっしゃるから失礼なんですけど、その、目立たないところに行ったりとかして、でも今日は生誕祭だからということで目立つようなポジションをやらせていただいて、ほんとにスタッフさんに凄く感謝しているんですけども。

選挙で入ってから、まず「何で?」って言われることが凄く多かったのが悔しかったですね。やっぱり知名度もないし、まだまだHKT48の選抜にも入ったことがないので、そういう子が前に出てくるとやっぱり「凄いな」だけじゃなくて「何で?」っていう風になるのが当たり前だなっていうのがわかってるんですけど、なんだろうな、そういうことを考える方はもちろんいらっしゃるじゃないですか。

だけど、それ以上にファンの方が「大丈夫だよ」みたいなことを言ってくださったりして、何て言うかな、わかるかな、大丈夫かな、なんだろう、んー、「最初はあんまり好きじゃなかったけど」みたいな、「どんどん知って行くうちに好きになったよ」とか「公演で頑張ってる姿を見て推すことにしました」とか「何々ちゃんから推し変しました」とか(w) その逆もあるんですけど。

でもそういう風に言ってくださる皆さんがいることが凄いなと思って。私、皆さんが私のこと凄く好きって言ってくださる皆さんがもし私がHKTに入ってなかったら今どうやって生活、生活っていうか、どうしてたのかなとか思ったり、別のアイドルグループとかいっぱいいますけど、その中でも可愛い子いっぱいいるのに、何で私なんだろうとか思っちゃうことで、ファンの皆さんがたぶん、なんかヒートアップしちゃうんですよね、たぶん。「オレらはここにいるぜ」みたいな感じでですね、凄く自己主張の激しいファンの方になった(w) 凄く嬉しいんです、本当に。なったのかなと思うので、凄くそれは大切にしたいと思いますし、

この気持ちを忘れたら、長いですね、ごめんなさいね、この気持ちを忘れたらやっぱり人間的にダメになってしまうと思うので、ちゃんと、なんだろう、忘れずに、やっぱりこういう世界に入るとね、自分が一番とか思ってるは、まぁいないとは思うんですけど、自分はここがいいんだとか思っちゃうこともたまには必要だと思うんですけど。しゃっくりが出ちゃいました、すみません(軽くw) 思うんですけど、やっぱなんだろうな、いつまでも謙虚な気持ちを忘れずに、でも謙虚過ぎると前に出られなくなっちゃうかもしれないので、前に出る精神も忘れずにこれからも頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」拍手

兒玉遥「凄い」
坂口理子「ありがとうございます。長かったですね」
兒玉遥「なんかね、りこぴ講習会を聞いてね、凄い心が洗われた。めっちゃ心が洗われた」
坂口理子「ほんとですか?」
兒玉遥「ありがとう、りこぴ」
坂口理子「先生目指そうかな、じゃー」
駒田京伽「私とりこぴは性格が真逆なんですけど、ほんとに大親友みたいな感じで、一番頼れる存在なので、これからも私もファンの方に負けずにりこぴコールを頑張ってですね (おー) りこぴはお酒飲めますが、二日酔いして劇場に来るなど、そういう行為はせず」
坂口理子「気をつけます」
駒田京伽「健康でいてください」
坂口理子「はーい」
駒田京伽「それでは改めて、お誕生日」
みんなで「おめでとう!」
坂口理子「ありがとうございます」拍手

# ケーキ片付け

坂口理子「泣きすぎてほんとにもう」

松岡菜摘「皆さん、りこぴの生誕祭まだまだ盛り上がれますか?」客「イェー!」


◆EN02.転がる石になれ
◆EN03.HKT48 (次のMCメンバー6人除く10人)


■MC
兒玉遥坂口理子田島芽瑠井上由莉耶矢吹奈子松岡菜摘

松岡菜摘「理子ちゃんコールを皆さんがしてくれたじゃないですか。そしたらずっと裏で「今行くから待ってるよ」って」客w

兒玉遥騙されたこと、驚かされたこと

坂口理子「さっき言い忘れてたんですけど、「僕の打ち上げ花火」の最後に。用意してくださってありがとうございます、「二十歳おめでてぃーや」ありがとうございます」拍手

「端っこの方ね、わかちゃんのタオル持って持たせてすみません、ほんとに。そのうちわビックリしたんですけど、私、見ちゃったんです、指導してるところを。影アナしてて、モニター見たんですよ。そしたら、生誕委員の方が(w) そこに立って・・・見ちゃって、ちょっとMCで言うと思って。すぐネタにしたがる」
兒玉遥「でもそういう影で見えない思いが嬉しいね」
坂口理子「嬉しかったです、ありがとうございます」

田島芽瑠「私はですね、学校での話なんですけど。友達が新しくムカデのおもちゃを買ったらしくて。リアルな。それをまず学校で階段上ってる時に上から投げられて「芽瑠わかる?」って言われて「えっ?」ってなって、もうパニックになって。その次は学校で体育があったんですけど、体育で着替えてる時にポンって投げられて、背中についてワー!ってなって。最後の3つ目は雑巾を置いてる場所があるんですよ。その下に忍ばせておいてあって。気づかないじゃないですか、普通。だから普通に取って、あっ!」
兒玉遥「めっちゃ中学生っぽい」
田島芽瑠「なったので、もうムカデのおもちゃには騙されないぞって思いました」
坂口理子「ファンキーな友達やな」
田島芽瑠「そう、明るい人ばっかり。りっちゃんみたいな人ばっか」
松岡菜摘「思った私も。きっとりこぴみたいな人だろうなと思った」

松岡菜摘「私、りこぴから騙された話なんですけど。りこぴの、私がすっごい大好きなりこぴの一発ギャグがあって。それほんとにりこぴの一発芸だと思ってたんですよ。そしたら人の一発芸で。それを知らなくて、いっつも「りこぴやって!りこぴやって!」って言ってた一発芸が」
兒玉遥「何? 私知らない」客「やって」
坂口理子「そんな溜めてやるもんじゃないんですよ」
松岡菜摘「でも私凄い好きなんだよね。やって」
坂口理子「やりますよ、3・2・1」 → 「出た、パー!」
兒玉遥「なっちゃん、これ知らなかったの?」
松岡菜摘「知らなかった。チューみたいなやつ」
坂口理子「チュ~」
松岡菜摘「それw」
坂口理子「なっちゃんだけじゃないですか(笑ってるの)」
松岡菜摘「りこぴ流になってるから、ずっとりこぴのだと思ってた」
坂口理子「私、相当凄い人じゃないですか。お借りしてるだけ」
松岡菜摘「裏でね、笑わせてくれるので助かってます」

兒玉遥「こんなりこぴの一発芸も見させていただいたところで、最後の曲にいきたいと思います」客「えー」
松岡菜摘「次が本当に最後の曲になります」皆さん
坂口理子ダメよ~ ダメダメ、プンプン」客「ひゅ~」


◆EN04.シンデレラは騙されない


# ご来場の御礼

# 手繋ぎ挨拶「せ~の、せ~の」 / 客「理子ちゃんお誕生日」 → 「おめでとう!」

メンバーたち「ありがとうございました」 → 手を振りながら捌ける (BGM:青春ガールズ)

坂口理子「ありがとう、本当に最高の1日でした。警備員さんもお疲れ様です」

「ありがとうございました。Have a nice day」

# 公演終了

■公演後の影アナ
坂口理子「皆さん本当にありがとうございました!(拍手) ありがとうございます、本当に。私のうちわや応援グッズを見てですね、今日のために皆さん用意してくださって、どんだけの時間やお金がかかってるんだろうと思うと本当に嬉しくてですね、私のためにそんなことをしてくださり、そしてこんな素敵な生誕祭を開いてくださり本当にありがとうございました。これからもチームHの応援そしてHKT48の応援をよろしくお願いします(拍手) いい返事ですね。本日のご来場誠にありがとうございました。またのご来場をお待ちしておりますばい。以上、りこぴこと坂口理子でした! バイバイ」客「りこりこりこりこ りこちゃん!」


HKT48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】7月26日(土)17:00~ チームH「青春ガールズ」公演

公演後の感想 → 坂口理子駒田京伽

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]




カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ