FC2ブログ
新体感ライブ 指原莉乃 卒業コンサート 販売中 new2.gif
※2019年4月28日の(生)映像の配信視聴をご希望の方は2019年4月19日18:00までに買い求めください。
予約受付開始!
AKB48Group新聞 2019年5月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif
AKB48Group新聞 2019年5月号 セブンネット限定生写真セット new2.gif

森川彩香は毎公演後、誰よりも早く楽屋を掃除する (2014/07/19、チームA)

AKB48劇場 チームA「恋愛禁止条例」公演

■出演メンバー
チームA → 市川愛美岩田華怜小嶋菜月島崎遥香高橋みなみ田北香世子達家真姫宝中田ちさと中西智代梨中村麻里子西山怜那藤田奈那前田亜美松井咲子武藤十夢森川彩香

バックダンサー → 吉川七瀬小栗有以小田えりな高橋彩音

■開演
◆M00.overture
◆M01.長い光
◆M02.スコールの間に
BD:高橋彩音小田えりな小栗有以吉川七瀬
◆M03.JK眠り姫
◆M04.君に会うたび 恋をする


■MC (自己紹介)
島崎遥香「皆さんこんばんは」
みんなで「AKB48チームAです」

# 序盤4曲紹介

島崎遥香「本日のトークは、何だっけな?」軽くw
メンバーたち「瞬間移動」
島崎遥香「そうだ。瞬間移動できるとしたら、どんな時にどこに行きたいかです」

【1列目 上手側から】
藤田奈那「チームAの17歳、なぁなこと藤田奈那です」

「私が瞬間移動できるとしたら、私、前から思ってたことがありまして。公演をそっち側で見てみたいんですよ。だから、公演中に真ん中ら辺に瞬間移動して、いい席で公演を見たいです。私、AKBに入る前からAKBの公演が見てみたかったんですよ、ずっと。見たことがないので客席に座って見てみたいなと思います」

中田ちさと「若さだけがアイドルじゃない、大人の魅力で勝負します。ちぃちゃんこと中田ちさとです」

「私はみなみちゃんのお家のお風呂に行きたいと思います」軽くw
高橋みなみ「勘弁してもらっていいですか?」
中田ちさと「みなみちゃんがほんとなかなか一緒にお風呂にメンバーと入らないので」
高橋みなみ「おかしいでんですよ、この人ね、今日もね、円陣の時もね、ずっと隣にいるメンバーの胸を触るっていうね」
中田ちさと「そうなんです。でもいろんなメンバーの触ったりとかいろいろするんですけど、最終的には全部みなみちゃんに行くっていうのが最終的な目標なので」
高橋みなみ「おかしいでしょ。私の裸見るまでやめられねーとか言ってよくわかんないこと言うんですよ。何を目標に」
中田ちさと「そうなんですよ。いい1個の目標ができたなと思うので、みなみちゃんと一緒にお風呂入るまではAKBを卒業しないで頑張りたいと思います」拍手

島崎遥香島崎遥香です、よろしくお願いします」

「ちょっと、何も考えてなかった。どうしよう」
高橋みなみ「ウソやん。何かないの?どっか行きたいとことか」
島崎遥香「ないんですよね」軽くw
高橋みなみ「だって今日から三連休ですからね」
中村麻里子「あれ行きたいって言ってなかった?大阪に新しくできた」
島崎遥香「あー、でも言えないから」
高橋みなみ「さすがオンデマのことを考えるっていうね」
島崎遥香「どうしよっかな。何がいいと思いますか?」
高橋みなみ「ぱるるの行きたい所を考える会?」
島崎遥香「時間かかりそうなので終わります」客w

高橋みなみ「燃える闘魂、燃える髪の毛、たかみなこと高橋みなみです」

「皆さん三連休楽しんでますか? そうですね、私はライブ始まる前の秋元さん楽屋。一瞬ポンって飛べるならサプライズを知ることが出来るっていうね。そこなんですよね。あの突然のキラーパス、開演前にたぶん決まってると思うんで、ポンって言って、なるほどこれなのか、ポンって戻って、心の準備をしたいっていうのはありますよね。ぱるるめっちゃ笑ってるやん。なんで笑ってるん」
島崎遥香「たかみなさんだけお客さん静かだったなと思って」客w
高橋みなみ「たぶん聞く態勢に入ってくれたよ。たぶんね、聞く態勢入ってくれたの、そやそや、そう捉えるで」
中田ちさと「いい感じの空気を」
高橋みなみ「この空気のままかよにパスするから」
中田ちさと「私ね、ずーっとそこだったの、ポジションが。大変だったの。だから頑張って」軽くw
田北香世子「わかります。いつも思ってました」
高橋みなみ「いつも思ってた? マジか。大丈夫、いけるから。これも試練やから」

田北香世子「チームAのかよよんこと田北香世子です」

「私はですね、さっき話してて、今度まきちゃんのお家に遊びに行きたいなって言ったんですよ。まきちゃんは私の家に来たことあるんですけど、私は行ったことなくて、で、まきちゃん家に行きたいなって言うといつも「まきん家ダメ」って言われるので、勝手に瞬間移動して、まきちゃん家に行きたいなって思います」
岩田華怜「まきちゃん、私は?」
達家真姫宝「どうぞ」
田北香世子「ズルイ」
岩田華怜「イェー」
田北香世子「負けました」
中村麻里子「小さい争いだな、そこ2人」

小嶋菜月「19歳のなっつんこと小嶋菜月です」

「私もさっきぱるるさんと話してて。ここ前にぱるるさんから洋服を頂けるっていう、おさがりの話をしてて、メールでも「どんな洋服着る?」ってきたんですよ。これはもらえると思ったんですけど、それから2、3ヶ月経った今でももらえてないんですよね。なので瞬間移動してぱるるさん家のクローゼットに行って、勝手にオシャレな洋服を」
高橋みなみ「泥棒やないか」
小嶋菜月「違います、レンタルレンタル。1日着て自分に似合わないなと思ったらまたぱるるさん家に瞬間移動して返すという、そういうぱるるさん家のクローゼットレンタルを瞬間移動でやりたいなと思います」


【2列目 上手側から】
西山怜那「中学2年生のれなりんこと西山怜那です」

「私は先輩方の家に瞬間移動して、荒らして」軽くw
岩田華怜「何の目的?」
西山怜那「荒らすといいことありそうじじゃないですか」
メンバーたち「ないよ
西山怜那「でも私の家、自分片付けるの嫌いなんで、片付けないで出しとくと1年前になくしてたモノが見つかる時があるから、それで、散らかすといいことがあるっていう・・・。じゃーメンバーさんの家の布団の中に入って、メンバーさんが入って行った時にワーってなるのを楽しみたいなと思います」

中西智代梨「朝からすき焼き~ 大丈夫! スタミナ満点! 福岡県出身、19歳のちょりこと中西智代梨です」

「私あの、あんまり日本から出たことがないので、瞬間移動が使えるならちょっと「凱旋門」って言ったらすぐ凱旋門に着いたりとか、パリのね。知ってます?」客w
中村麻里子「そこまで皆さん馬鹿じゃないから」
中西智代梨「ちょっとシーンとしちゃったからあれっ?と思って。それとかいろいろ行ってみたいんですけど、それが出来るなら挑戦したいことがあって。日本でしかギャグとかしないじゃないですか、一発芸とか。でも日本でウケないのでも、外でやったら大ウケとかよくあるじゃないですか。だから、パリの凱旋門で一発芸して、もしね、シケてしまったらすぐ「ロンドン!」って言ってロンドンに移動したら、ちょっと心の傷は癒されるんじゃないかなと思うので、いろんな所で芸をして、一番ウケる所でいろいろ芸を磨いていきたいなと思います」

市川愛美「15期生の愛美こと市川愛美です」

「私はですね、長距離が苦手で、マラソン大会毎年中学校でやるんですけど、それ嫌なので、スタートした瞬間にゴール地点に瞬間移動したいなと思います」

武藤十夢「チームAの武藤十夢です」

「私もプライベートで海外とかに行ったことがなくて。今同期のひらりーがアメリカで凄いエンジョイしてるみたいなので、もし瞬間移動が使えたらこの公演終わりにアメリカに行っていろいろ案内してもらいたいです」

岩田華怜「皆さんこんばんは。宮城県仙台市から来ました、高校1年生の華怜こと岩田華怜です」

「私はずーっとやりたかったことがあるんですよ。それは、こうやって普通に喋ってるじゃないですか。喋ってて、こうね、フってその瞬間に相手の後ろに瞬間移動するんですよ。それで、「フっ、残像だよ」って言いたい」軽くw
メンバーたち「中二病」
岩田華怜「だから例えばだけど、ちょっとお母さんとかと口ゲンカとかしてて、お母さんってなんか凄い頭きちゃうと、もうワー!ってなっちゃうからそのピークに達した時にフって後ろに移動して「母さん、残像だよ」」
松井咲子「それ「馬鹿なことやってんじゃないよ!」って余計怒られる」
岩田華怜「それできたら楽しいなって思うので。何でもないです」客w


【3列目 上手側から】
達家真姫宝「チームAのまきちゃんこと達家真姫宝です」

「私は麻里子さんなんですけど。麻里子さんって思ったより凄いオシャレなんですよ」軽くw
中村麻里子「思ったよりっていう、ちょっと残念な・・・」
達家真姫宝「オシャレなんですよ。洋服とかもオシャレなんで、お家に行って、洋服をいっぱい取ってきたいな」
中村麻里子「小嶋さんよりオシャレって言ってくれたら凄い嬉しいな」
達家真姫宝「小嶋さんよりオシャレ!」一部客「ひゅ~」
中村麻里子「ちょっとしかなかったから(w) やっぱり小嶋さんには負けるみたいなんで。でもね、おさがりあげれるようにオシャレ極めるね」
前田亜美「麻里子ちゃん持ってる服は可愛いけど本人が着るとちょっとみたいな」軽くw
達家真姫宝「麻里子さん可愛い服いっぱい持ってるんで、今度おさがりもらえたら嬉しいです」

前田亜美「19歳のあーみんこと前田亜美です」

「コンビニの自動ドアあるじゃないですか。あれって、やっぱ前行くと開くんですけども、瞬間移動でちょっとチャッチャッチャッと遊んでみたいというか、開かないように目の前に行きたい、そういう遊びをしたいと思ったんですけど、ちょっと分かり難いので・・・。涼しい所に瞬間移動してまた街に出歩きたいなと思いました」

中村麻里子「高橋チームA、二十歳の中村麻里子です」

「瞬間移動ができたら、やっぱ今って何事においても話題性がね、大事だと思うんですよ。ヤフートップに載るとか、それがすごい大事だと思うんですけど、私一度も載ったことがなくて、トピックス的なのに。だいたい9期が載っても島崎遥香だ、横山由依だ、「ら」なんですよ、私って(失笑) ありがとうございます、コソコソ笑ってくれて。だから今年は火星に瞬間移動したら、これは人類の凄い話になるじゃないですかってことで、中村麻里子って出たらいいな、なんてそんな軽い妄想を日々寝る前にしている毎日です。今年の夏にはヤフートップニュースに載れるように頑張りたいと思います」

森川彩香「アーヤロイドは好きですか? (大好き!) はい、知ってます。私もみなさんのことが大好きです。アーヤロイドこと森川彩香です」

「私は水族館が大好きで、ジンベエザメ、平たいサメいるじゃないですか。あれを見たいんですよ」
前田亜美「似てない? 強めだけど優しい顔してる」
森川彩香「ジンベエザメ本当に好きで、沖縄のちゅら海水族館に2、3匹いるじゃないですか。で、1回も見たことがないので、大阪の海遊館では見たことあるんですけど、ちゅら海水族館に是非瞬間移動して、そのジンベエザメが入ってる水槽に私も入って、戯れたいです」

松井咲子「皆さんこんばんは。あなたのドレミを奏でたい松井咲子です」

「私はですね、AKB48を知ったのが中学3年生の頃に深夜のAKB、昔の1期生とかがCMとかちょっとしたドラマとかに出てた記憶があるんですよ。テレビ電話のCMとかに出てたのを見て、好きになって、掃除の時間が終わった後に体育館で友達と踊ってたりしてたんですね、桜の花びらたちを。なので、その中学3年生に戻って、シューンって移動するともう1人の私と今の私がいるんですけど、今そうやって踊ってるけど、2年後にはひょんなことからAKBに入れて、そのさらに6年後、つまり現在、今その時推しメンだったこじはるさんと一緒にチームで活動してるよっていうのをコッソリ教えてあげたいなと思いました。そんなメルヘンなお話です」


◆M05.黒い天使 (田北香世子小嶋菜月藤田奈那)
◆M06.ハート型ウイルス (西山怜那島崎遥香中田ちさと)
セリフ:西山怜那「絶対にありえない。そう思ってたけど、なんだか私 あなたのことが 好きみった」※青森県出身
◆M07.恋愛禁止条例 (岩田華怜武藤十夢市川愛美)
◆M08.ツンデレ! (中西智代梨高橋みなみ達家真姫宝)
◆M09.真夏のクリスマスローズ (森川彩香前田亜美松井咲子中村麻里子) BD:小田えりな高橋彩音小栗有以吉川七瀬


■MC
岩田華怜藤田奈那島崎遥香小嶋菜月中田ちさと市川愛美

藤田奈那自分が他のメンバーの見習いたいところ

小嶋菜月「私はこの岩田華怜さんなんですけど。よく聞いててね。ほんとに華怜ってMCとかめっちゃ喋るけど、凄いすべるんですよ(軽くw) あんまりみんなからして面白くないなっていう話は華怜はしちゃうから、凄いすべってて。そのすべってもめげずに頑張ろうと挑戦する姿、見習いたい」
岩田華怜「ごめんなさい、あなたに言われたくない」
藤田奈那「私、逆になっつんのことを尊敬してるんですけど。まったく今のお言葉お返しします。なっつんはけっこう面白いこと言ってるんじゃなくて声張ってるだけなんですよ」客w → 拍手

「声張ったらいけるだろうみたいな」
中田ちさと「とりあえず勢いで」
小嶋菜月「勢いでいけば笑ってくれるから、声を張ればいいかな」
藤田奈那「そのメンタルは凄いなって」
中田ちさと「それもなかなかできないもんね」
小嶋菜月「そうそうそう、だから見習って」

「ぱるるさんもあって。ぱるるさんってやっぱりMCのお題とかあっても「わかんな~~い」って」
岩田華怜「馬鹿にしてるでしょ」
小嶋菜月「馬鹿にしてない馬鹿にしてない」
藤田奈那「悪意がある」
小嶋菜月「わかんな~~いって言っててもお客さんめっちゃ笑ってくれるじゃん。だから私もこれからそうやって言えば笑ってくれるかなと思って」
岩田華怜「いやいやいや。違いますから」
小嶋菜月「じゃーぱるるさん何かありますか?見習いたいところ」
島崎遥香「わかんない」客w → 拍手
小嶋菜月「ほら、なんで笑うの? ちょっとズルイよ」
中田ちさと「それはぱるるのキャラだもん」
小嶋菜月「そっか。なるほどね」
中田ちさと「なっつんは勢いがね、なっつんらしいから」
藤田奈那「そういう人も大事ですから」

市川愛美「私はですね、奈那さんなんですけど。今ユニットで黒い天使を踊ってたんですけど、凄いダンスが上手なんですよ」
藤田奈那「ちょっと待って。ぱるるさんが馬鹿にしてくる。なんで笑うんですか?」
島崎遥香「だって黒いもん」客w
藤田奈那「そこ?」
市川愛美「黒い天使で踊ってて。バレエを習ってたらしいんですけど凄いキビキビしたダンスができて、バレエっぽくないわけじゃないダンスも凄い出来るから凄い尊敬してるんです」
岩田華怜「真面目かよ」
藤田奈那「ダンスだったら愛美ちゃんも凄くない? キレッキレだよね」
市川愛美「でもそれ以上に凄い憧れるんですよ」
岩田華怜「ありがとう」
藤田奈那「違う」

岩田華怜「私もちょっと真面目なんですけど。真面目な上にここのメンバーじゃないんですけど。これだけは言いたいの、みんなに伝えたいの。あーやさんが公演終わった後、誰よりも早くずーっと掃除してる。それを是非知って欲しくてて。お前もやれよって話なんだけど、私ももちろんやってます。急いで着替えて一緒にやってるんですけど、ほんとにこれは研究生の時からずーっとで、研究生で、私は篠田チームAでもう1回同じチームになったんですけど、その時ももう真っ先に「はやっ」ってぐらい着替えて、早く。ホウキでこうやってやって、変わってないな、あーやさんそういうところと思って」
小嶋菜月「そう、私もビックリした。髪の毛が1本落ちてて、私がいいやと思ってペってやっちゃったんですよ」
メンバーたち → 反応
小嶋菜月「髪の毛1本だからいいかなと思ったらあーやが手で拾ってゴミ箱に捨ててくれたんですよ。ほんとに心が優しくて」
中田ちさと「この間も華怜と2人で今日はあーやよりも先に着替えて掃除しようって2人で言って、そうだねって言って瞬間もうあーや着替えて掃除してるの」
小嶋菜月「尊敬するよね」
岩田華怜「なかなか出来ることじゃないから」
中田ちさと「今日は頑張ります。だから私決めたの。脱ぎ着しやすい服でくれば」
藤田奈那「掃除のためにね」
岩田華怜「みんなでね、メンバーのいいところ見習いつつ、成長していきましょう」


◆M10.Switch
◆M11.109
◆M12.ひこうき雲


■MC
◆前半:田北香世子中西智代梨高橋みなみ市川愛美達家真姫宝森川彩香前田亜美松井咲子中村麻里子

中村麻里子今の宿題について

「今中高の人?」
田北香世子市川愛美達家真姫宝が挙手
高橋みなみ「分かれよう。こっち高齢化社会」

# 社会人組が下手側へ、中高生組が上手側へ

高橋みなみ「現在中学生はどんな宿題が出てるわけ?」
達家真姫宝「まきはドリルの宿題」
メンバーたち「可愛い」
高橋みなみ「計算ドリル的な?」
達家真姫宝「そうです」
高橋みなみ「あったねー。うちらもあったよな」
メンバーたち「あります」
高橋みなみ「まだドリル世代」軽くw
松井咲子「ドリル世代みたいな言い方やめてもらっていいですか? ドリルね」
高橋みなみ「そこまでは大丈夫。じゃー高校生とかは?」
田北香世子「私、今は高3なんで宿題ないんですけど、3年生になると受験に専念みたいな。今までは私も普通に問題集が出たりとか。でも中学生の時までは自由研究とか」
高橋みなみ「あったー自由研究。私、小学生で朝顔の日誌つけるみたいなことやりましたよ」
松井咲子「それはあった?朝顔の観察日記」
市川愛美「小学校育てました、1年生の時に」
田北香世子「オクラとかも育てました」
高橋みなみ「オクラ世代じゃない」軽くw
市川愛美「プチトマトとか」
森川彩香「プチトマトありましたね」
中村麻里子「私、自由研究で進化してて酸性雨調べるとかやりましたよ」
高橋みなみ「そこ頭のいい学校なんちゃう?それ」
中村麻里子「いやいや、たかみなさんも酸性雨調べましたでしょ?」
高橋みなみ「調べねーわ」客w

中西智代梨「給食とか」
高橋みなみ「給食ってやっぱり咲子さんだとあの三角パックみたいな」
松井咲子「でも私の市内、県内はパックでした。三角ではないけど、赤い牛が描かれた四角いパック」
高橋みなみ「じゃー若い世代の子は牛乳の紙みたいな、経験してる? 瓶の取り難いやつ」
市川愛美「パックです」
高橋みなみ「ありますよね? 瓶で、なんでこいつ外し難
いんだよ、薄皮めくれてしまったぜ、みたいな(軽くw) 根本的に取れねーみたいなやつ。牛乳飲むの時間かかるんだよ、みたいな」
前田亜美「中入っちゃうやつですよね」
高橋みなみ「そうそうそう、その世代じゃないの?」
松井咲子「お母さん世代」軽くw
高橋みなみ「ウソでしょ? うちの土地おかしいの?」

前田亜美「あとあれですよね。クリスマスとかケーキ」
高橋みなみ「ケーキは出るよ。クリスマスケーキとチキンとシチューも」
市川愛美「パソコン教室ってありました?」
高橋みなみ「何?パソコン教室」客w
中村麻里子「授業でパソコンやるみたいな」
田北香世子「小学生からけっこう」
松井咲子「やってましたよ、大きいパソコンで、まだ薄型じゃない」
高橋みなみ「うちの土地、何か置かれてる?」
松井咲子「やめてくださいよ、AKB8年目ぐらいにして年齢ごまかしてましたっていうの」
前田亜美「実は38歳みたいな」
高橋みなみ「大人AKBやないか(軽くw) 違うわ」
中村麻里子「本当だったらヤフートップネタですよ、それ」

◆後半:武藤十夢西山怜那藤田奈那島崎遥香岩田華怜中田ちさと小嶋菜月

武藤十夢「世間は三連休ということで、もし三連休があったら何をしたいか

藤田奈那「気になることがあるんですけど、ぱるるさんって三連休あるんですか?」
島崎遥香「ないねー」
小嶋菜月「ちょっと待ってください。私、三連休とかけっこうあるんですけど」軽くw

「やっぱぱるるさんレベルになるとそうですよね、ないですよね」
藤田奈那「連休とかない」
小嶋菜月「そうですよね、すみません」
藤田奈那「なっつんは三連休の時、普段は何してるの?」
小嶋菜月「寝てます、家で。やっぱり干物女なんで、けっこう。家のベッドの横に食べ物とお菓子を置いて。なんならトイレとかも歩いてきてベッドに来て欲しいぐらいなんですけど。そのぐらい寝るのが大好きですね」
西山怜那「飽きないんですか?」
小嶋菜月「飽きない。だからみんなの意見を私も参考にしたいな。けっこう三連休あるし」軽くw

西山怜那「私は普段学校行く時は凄い寝坊するんですけど、休みになると凄い早く起きちゃうんで。ほんと7時に起きなきゃいけないんですよ、学校の時は。でも8時に起きちゃったりとか。でも休日になると6時とかに起きちゃって」
小嶋菜月「じゃー何したいかな?」
西山怜那「起きて、ママとおばあちゃんと怜那とご飯を作って置いといて、テレビつけて見て、食べ終わったら洗ってっていうことをずっと主婦的なことをママの代わりにやってます」
岩田華怜「家事をね」
小嶋菜月「偉いね」
西山怜那「そしたら暇なくなるじゃないですか」

武藤十夢「私、なっつんさんと一緒にプールに行きたい」
小嶋菜月「行く行く」
武藤十夢「なんか、凄いじゃん(軽くw) ちゃんと見たことないから、一緒に行ってみたい」
中田ちさと「私も行きたい。見に行きたい」
小嶋菜月「何それ? 見に行きたいってどういうことですか?」
藤田奈那「疑問なんですけど、そんな凄い人と一緒に歩いて辛くならない?」
岩田華怜「私は嫌」
中田ちさと → 小嶋の胸をタッチ
小嶋菜月「(中田が)触ってくるんですよ!」
武藤十夢「じゃー中田さんと一緒に行きます」
小嶋菜月「私も中田さんと行きたい」
中田ちさと「やめてよ、そうやっていじめないでよ(胸を隠す)」
小嶋菜月「でも楽しそうだね、みんなでプール行ったら」

「中田さんは? 三連休あります?」
中田ちさと「なっつんがずっとその話してたでしょ? 私けっこう7年間でずーっとそういうスタンスできてるから」
小嶋菜月「先輩がいた」
中田ちさと「ごめんね、ぱるるね」
島崎遥香 → 手を横に振る
中田ちさと「私はほんとに、怜那ちゃん偉いなと思って聞いてたんだけど、ほんとに家事が好きだからずっとやってるから、なっつんのそれ聞いてたら、なっつんが遊びに行ってる間に、三連休、私が三連休ずーっとなっつんの家を掃除したいなって思った」
小嶋菜月「いいんですか? けっこうホコリありますよ。ウソ、嫌い好きだからないですけど、でもやっぱお母さん的存在ですね」
中田ちさと「そうね、AKBのお母さんとしてはみんなの家に」
小嶋菜月「来てください、どんどん。でももっと楽しい何かないんですか?」

岩田華怜「私は行動力意外とあるんです。それですーちゃんと仲いいんですけど、すーちゃんも行動力ものすごくあって、普通に名古屋にいるのに「明日休みなんですよね」って言うと帰ってきちゃったりするぐらい行動力あるし、2人とも。それでもう半日とか休みとかあっても、この間もアフター6で夢の国行ったりとかするから、話してるのは3日以上の休みがあったらハワイに行こうって話してる」
中田ちさと「もう海外なんだね」
岩田華怜「行きたい。3日間も休みあることってあんまりない、あっ、ごめんなさい」
小嶋菜月「いいよ、気にしないで大丈夫」
岩田華怜「あんまりないから有効に使わなきゃ勿体無いですよ」
藤田奈那「3日で行けないよってぱるるさんが凄い真面目に言ってるけど(軽くw) マイク通さないで」
岩田華怜「でも凄い慌しくなっちゃいそうですよね」
中田ちさと「弾丸みたいにね」
岩田華怜「せっかくだったらゆっくりしたいけどね」
西山怜那「夏休み使っていけば行けるんじゃないですか?」
島崎遥香「そうだね」
岩田華怜 → w
小嶋菜月「そうだね、夏休みだもんね。今ね、皆さんも、皆さん是非夏休みハワイでも行ってきてください」
武藤十夢「旅行会社の人みたいだよ」

島崎遥香「次が最後の曲になってしまいます。あなたがあの頃大切にしていたものは何ですか?」


◆M13.あの頃のスニーカー


■アンコール


◆EN01.AKB参上!
◆EN02.ナミダの深呼吸


■MC
高橋みなみ「今日から三連休ということで、各チームは今K・B・4の順番で全国ツアーを行おうとしています。なので、東京にいるメンバーはチームAのメンバー、そして研究生ということでですね、みんなでこの劇場を一生懸命守っていきたいなという風に思います。今日は三連休というほんとに大切な時間をこの公演に割いていただき本当にありがとうございます。これからもみんなで一生懸命頑張りますので、応援のほどよろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」拍手

高橋みなみ「それでは次が最後の曲です」


◆EN03.大声ダイヤモンド


# ご来場の御礼
# AKB48 36thシングル「ラブラドール・レトリバー」曲振り


◆EN04.ラブラドール・レトリバー


# 手繋ぎ挨拶「ありがとうございました」 → 手を振りながら捌ける (BGM:ラブラドール・レトリバー)

# 公演終了


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】7月19日(土)「恋愛禁止条例」公演 (手書きメッセージ)

公演後の感想 → 森川彩香岩田華怜

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND