FC2ブログ

河野早紀 20歳の生誕祭 (2014/06/25、チームN)

NMB48劇場 チームN「ここにだって天使はいる」公演

■出演メンバー
チームN → 太田夢莉加藤夕夏岸野里香河野早紀古賀成美小谷里歩上西恵西村愛華室加奈子山内つばさ山岸奈津美山口夕輝吉田朱里
研究生 → 石田優美西澤瑠莉奈松村芽久未

■開演
◆M00.overture (NMB48 ver.)
◆M01.青い月が見てるから
◆M02.Radio name
山内つばさ「ラジオネーム、セキタンさんからいただきました。さきぴ、誕生日おめでとう。チームNでも最高の笑顔で踊っているさきぴがです。自分にとっての天使はさきぴ! クイズ番組でもチームNでもてっぺんとったんで! 早紀ちゃん大好き!」
◆M03.ここにだって天使はいる
◆M04.カトレアの花を見る度に思い出す


■MC (自己紹介)
加藤夕夏「皆さんこんばんは!」
みんなで「NMB48チームNです」客、拍手

# 太田夢莉 序盤4曲紹介

# 2曲目「Radio name」用のお便り募集中

【1列目 下手側から】
太田夢莉「私に不利なことなんかあれへん。いつでもどんな時でも (ゆーり!) 奈良県出身、中学3年生、14歳のゆーりこと太田夢莉です」

加藤夕夏「そこの~君!君!君!君!・・・ うかうかしとったら うーかにう~っかりハート奪われんで 覚悟しときや! (フー!) 大阪府出身、高校2年生、16歳のうーかこと加藤夕夏です」

山岸奈津美「春・夏・秋・冬 どの季節が好きですか? (なつー!) 大阪府出身 19歳、なつみんこと山岸奈津美です」

西村愛華「み~んなに愛の華を届けたい。愛華パワーで レッツゴー! 京都府出身 高校2年生 16歳、あいかこと西村愛華です」

小谷里歩「みなさん、おいでやす。今日はノッたはる? (イェー!) おおきに。ほな、はんなり行きますえ。京都府出身、りぽぽこと小谷里歩、19歳です」


【2列目 下手側から】
山内つばさ「難波からちゅばっと翼を広げてどこまでもー! (Let's fly!) ちゅばさ航空へようこそ! (搭乗しま~す) 大阪府出身、中学2年生、14歳のちゅばこと山内つばさです。合言葉は? (wing to top!) 」

山口夕輝「ぴっぴー (ぴっぴー) ぴっぴー (ぴっぴー) バックするとみせかけて~ (ゆっぴー!) ゆっぴこと山口夕輝です」

上西恵「みなさんは何系が好きですか? あっさり系? こってり系? N700系? それとも上西恵? (上西恵!) 滋賀県から来ました、19歳、けいっちこと上西恵です」

室加奈子「み~んなが探してるものはあっちかな?こっちかな?どっちかな? もしかして? (むろかな!) 大阪府出身 高校3年生 17歳のむろかなこと室加奈子です」

「昨日のMCの感じでハーフツインしてるんですよ」
メンバーたち「可愛い」
岸野里香「似合ってるから次おさげしようか」客w
吉田朱里「それめっちゃ推すやん」
岸野里香「おさげ推し」
室加奈子「ハーフツインしてるのでいつもより可愛くなれるように頑張りたいと思います」

河野早紀「幸せ届ける夢先案内人、み~んなの目線の先にはいっつもさきぴ!」客、赤or白の紙を掲げる
誰か「あれちゃう?広島の」
河野早紀「あー!!」
岸野里香「ちょっと待って」
誰か「20、20」
河野早紀「ほんまじゃ。赤が2で、0」
岸野里香「野球のかと思った」
河野早紀「さきぴもカープだと思いましたね。ありがとうございます、嬉しい」拍手&おめでとう

「ありがとうございます。では、 広島県出身じゃけぇね、二十歳のさきぴこと河野早紀です」

「カープの色だと思うんですけど、なんとね、カープって交流戦でめっちゃ負けてたんですけど、さきぴの誕生日以来すっごい勝ってるんですよ (おー) だからさきぴもカープも絶好調でいきたいと思います」

石田優美「ゆうよ~ ゆっちゃうよ~ (ゆっちゃって~) 優美はみ~んなのことが大好き♪ (オレもー!) 兵庫県出身 高校1年生 15歳のゆうみんこと石田優美です。今日も1日! えいえいおー!
岸野里香「優美ちゃん身長伸びたな(岸野と同じくらい) 入ってきた時めっちゃちっちゃかったやろ」
石田優美「146センチ」
岸野里香「めっちゃ伸びましたよね」
吉田朱里「里香ちゃんより大きいんちゃう?」
岸野里香「思った」
吉田朱里「肩幅はやっぱ向こうのほうがちっちゃい」客w
岸野里香「ちょっと待って、こう映したらたぶん大丈夫」
山口夕輝「遠近法」


【3列目 下手側から】
西澤瑠莉奈「キラキラリーン。ウルトラマリン。み~んなを瑠莉色に るりり~ん! 大阪府出身 中学3年生 14歳、るりりんこと西澤瑠莉奈です。よろしくお願いしまっしょい」

吉田朱里「あかりをつけましょ みんなのハートに (イェイ! イェイ!) みんなのハートの あ・か・り を灯したい、高校3年生、17歳のアカリンこと吉田朱里です。よろしくお願いしましょい。あっ、しまっしょいか」

松村芽久未「みなさん、目ぐっと見開いて めぐ見んと怒んで。食べるの大好き! でもトマトは ダメみん。大阪府出身 18歳、4期研究生のめぐみんこと松村芽久未です。よろしくお願いしまっしょい」

古賀成美「どうなるなるなる こうなるなるなる なるなるなるなる きになる? (なる!) 大阪府出身 高校2年生 16歳のなること古賀成美です。よろしくお願いしまっしょい」

岸野里香「得意科目は体育音楽数学社会 でもやっぱり? (里香!) 兵庫県出身の岸野里香です。よろしくお願いしま、す」
メンバーたち「えー」
岸野里香「やっぱほら、自己紹介の最後やからさ。ちゃんと締めとかんとあかんかなと思いましてね、よろしくお願いします」

松村芽久未「さきぴさんが二十歳ということで。里香さん二十歳ですよね」
岸野里香「二十歳になったんですよね、私も。同い年です」
松村芽久未「環境とか心とか」
岸野里香「環境とか心。そら、あの責任は重大になってくるじゃないですか、いろいろ。そういう重みとしてはね、いろいろまぁ、自己責任でね・・・ってことは感じますよ。でもさきぴとは飲みに行こって言ってます」
西澤瑠莉奈「私も行きたい」軽くw
岸野里香「何歳や」
西澤瑠莉奈「14」
岸野里香「寝ときなさい」
吉田朱里「あともう1回ワールドカップ行われるやん。私、大人になったらやりたいことがあって。釣りはいらねーぜって言いたい。でもあれって何円から言ったらかっこいいと思う?」
岸野里香「200円。200円はかっこいいですよ。だって駄菓子屋行ったら何でも買えるやん」
西澤瑠莉奈「千円から」
岸野里香「ちょっと待って、何歳?」
西澤瑠莉奈「14です」
岸野里香「寝ときなさい」客w

松村芽久未「精一杯さきぴさんのこといっぱい見てください。そして私達のことも是非見てください」


◆M05.夢のdead body(西村愛華)
◆M06.何度も狙え!(小谷里歩石田優美山内つばさ室加奈子河野早紀)
河野早紀「皆さん、今日は全員でおバカになりますよ」
◆M07.おNEWの上履き(山岸奈津美=ピンク・加藤夕夏=黄色・太田夢莉=青)
◆M08.この世界が雪の中に埋もれる前に(山口夕輝西澤瑠莉奈岸野里香古賀成美)
◆M09.ジッパー(吉田朱里松村芽久未上西恵)


■MC
岸野里香河野早紀西村愛華古賀成美山口夕輝

西村愛華やってみたかった部活

古賀成美「私ずっとしたかったんですけど、バスケット、女子バス」
岸野里香「元々何部やったん?」
古賀成美「陸上部やったんですよ」
西村愛華「そっか、マラソン部やからか」
古賀成美「マラソン部?」
山口夕輝「一緒にグアムで走ったやん、マラソン。忘れてるやん」
古賀成美「陸上部で、女バスしたかったんですけど」
岸野里香「なんで?なんで? いろいろ教えてあげる。じゃーちょっと訊いてみて。こういうのとかどうなんですか?とか」
古賀成美「ドリブルってどうするんですか?」
メンバーたち「えっ?」
岸野里香「ボールないからできんやろ、それは」
河野早紀「ピボットやってください」
岸野里香「こうして、こうして、こうして、これやんな」
山口夕輝「その衣装でされると」
岸野里香「ピボットって片方だけ足止めて、こうやってやるやつやんな」
古賀成美「あー。あれ知ってます、私。トラベリング!って知ってます」軽くw
岸野里香「そんな愉快な感じじゃないですよ」
山口夕輝「それなんなん? 糸巻いてんの?」
岸野里香「あの、こうやってボールやるやん。持つやん。持って1・2・3って歩いたら「はい、トラベリング」で、相手ボールになんねん」
山口夕輝「これは? 糸巻いてんの?」
岸野里香「知らん」客w
山口夕輝「あんねんな、こういうサインみたいなのが」
岸野里香「あんねあんね、そういうサインが、審判のね」

「私もともと女子バスケットだったんですけど、バトミントン部に入りたかった。入りたかったっていうかバトミントン部もやってみたかったなと思ったことがあって。バトミントン部、私の中学校のバトミントン部の返事がめちゃくちゃ長いんですよ。顧問の先生が「はい、じゃー外周」みたいな。「外周10周」って言ったら「は~~~い」ほんまにこれ」
メンバーたち「長い」
岸野里香「これはバトミントン部だけやねん」
山口夕輝「あるよな、そういう長い。部活独特の」
古賀成美「私、テニス部の子が普通に「お願いします」って言うのに、「おねが~いしまーす」ほんまに。みんなね、おねが~いしまーす」
山口夕輝「私も陸上部だったんですけど、普通に応援する時「ファイト」って言うと思ったらみんな「ファイトー(↑)」って言うんです」客w

「私最初ファイトって言ってたんですけど、私マネージャーだったんですけど、やっぱ合わせていかなあかんと思って、マネージャーとして。だから前、最初の人が話したらファイトー(↑)って言ってたw」
岸野里香「ちょっとそのトーン下がる」

西村愛華「里香ちゃんとか何でもできそう」
岸野里香「私ね、何でもできますよ」客「おー」
古賀成美「じゃーギャグできますか?」
岸野里香「ちょっと待ってくださいよ(拍手) えー。ギャグはないで。ギャグは肩幅しかないもん」
古賀成美「じゃーモノマネってできますか」
岸野里香「じゃーさきぴがポケモン・・・キャラクターの、こんな黄色のモノマネできるから、里香はそれの友達のあれするわ。友達っていうかポケットモン、、」客w

「モンスターの。じゃーこれは誰でしょう。チョキチョキポイッ」
古賀成美「似てる!」
河野早紀「はい! トゲピー。あっ、言っちゃった」客w
岸野里香「じゃーさきぴあれやって」
河野早紀「ピッカチュー」
岸野里香「ほら、似てないですか? 似てますよね」客「似てる」
河野早紀「でしょ? 耳してるから余計似てるんです(ケロマツ) ケロマツじゃない、ピカチュウ、あっ」客w

「今っていろいろ言っちゃったよ、ごめんなさい」
岸野里香「これ、笑ってますけどけっこう怒られるやつ」客w
西村愛華「でもここにいる人しか聞けへんやつやで」
岸野里香「そうね、カットやから」


◆M10.初めての星(山内つばさ西澤瑠莉奈加藤夕夏上西恵吉田朱里松村芽久未石田優美)
◆M11.100年先でも(M10&小谷里歩太田夢莉山岸奈津美室加奈子)
◆M12.リボンなんて似合わない


室加奈子「次が最後の曲になります」


◆M13.ドガとバレリーナ


■アンコール

# 金子支配人登場(手にウクレレ、頭に天使の輪っか)

金子支配人「はいどうも~、ご来場皆さんありがとうございます。劇場支配人こと、もう1人の天使、キャメロンこと金子でございます。よろしくお願いします」拍手

「元気いいですね、皆さん今日 (キャメロン!) 盛り上がってますか? (イェー!) メンバーみんな輝いてますか? (イェー!) 今まぶしいですか? (イェー!) はい、ビカビカ~(客に頭のてっぺんを向ける) キャメロンフラッシュありがとうございます。キャメロンフラッシュ返し!(w)」

「今日は元気ですね、いいですね。ちょっとね、でも今日はね、寝不足ですね、皆さんね。朝起きてみました?皆さん (はーい) ユニフォーム着てる人も。残念でしたけどね。まぁ、この公演でね、元気と、届いてますかね? (届いてる) ちょっとすみません、甘噛みでね」客w

「かみセブン入れて欲しいなと思うんですけども。この公演を通じて皆さんに元気をお届けできればと思います」

「今日は河野が二十歳ということでね、もう大人ですね。もうお酒も飲めるしね。彼女はまぁ高学歴で女子大生アイドルとしてね、クイズ出たりとかね、このまま頑張って欲しいもんですけども、ボクもね、頭いいのは負けてませんよ (おー) ご覧の通りピカピカでしょ?(軽くw) ある種頭いいということでね、ボクも負けてないですよ。皆さん神対応お願いしますよ、ある種ね(w&拍手) ちょっとショッパイからね」

「あとはまぁ広島出身でね、沖田と同様でね。広島と言えばカープが今年調子いいですよね、割りとね。ボクはワールドカップで言うと推しメンはロッペン選手で、広島で言うと鉄人衣笠選手(w) 一応伝説の人なんでね。彼と同様、ボクもN公演連続出場やっていきますんでよろしくお願いします(拍手)」

# スタッフが衣装を回収 / この時間を利用してRadio nameで紹介できなかったメッセージを紹介

金子支配人「ささっちさん。さきぴお誕生日おめでとう。推しの天使は幸せ案内人。みんなの目線の先にはいつもさきぴ!ということでね、ありがとうございます」

「よしかわさん。2年ぶりのチームN公演で、2年前とは違ったNを生で見られるのが凄く嬉しいです。これから新生チームNで輝いてください」

「今日はね、河野に対するメッセージ多かったですね」

「アカリン推しのあやかさん。初のここ天公演楽しみです。キャメロンよりも激しく見てる人の心にあかりを灯してください。自分で読むの恥ずかしいね」客w

「きぴさん。今日はさきぴが主役の日。鯉に恋するカープ女子。衣装は黄色でもハートは真っ赤じゃけ。ということでね、上手いこと言っていただきまして、応援メッセージありがとうございます」拍手

「メッセージね、是非投稿していただければと思います。最後はこの曲でお別れしましょう。はいはいはいはい ♪キャメロ~ン、キャメロ~ン、みんなを照らすよキャメロ~ン。はい、ありがとうございました。すみません、失礼します」 → 捌ける


有志の方「本日は7月18日に二十歳の誕生日を迎えられたさきぴこと河野早紀さんの生誕祭です」客「イェー!」

「19歳の1年ではドキュメンタリー番組の放送、クイズ番組への出演、雑誌のグラビア選抜など、これまでにない貴重な経験をたくさんしてきました。二十歳の1年ではその経験を活かし、さらに大きく飛躍して欲しいと思います。そんな飛躍を願って、本日のアンコールはさきぴコールでお願いします」客「イェー!」


「さきぴ」コール


◆EN01.情熱ハイウェイ


■MC
◆前半:岸野里香西村愛華西澤瑠莉奈吉田朱里加藤夕夏室加奈子河野早紀山口夕輝

岸野里香聞きたい! さきぴのこと!

室加奈子「私のさきぴのことは、さきぴはね、なんかね、ちょっと変わったところがあってね。みんな知ってると思うんですけどね、ホテルとかって紙置いてあるじゃないですか。あそこに、例えばですけど、いきなり河野を100個ぐらい書いてたりとか。なんかよくわかんないんですけど、何を思ったのかその漢字練習するみたいなのをめっちゃ書いてたりとか」
岸野里香「そんなん大丈夫。だってゆっぴなんか、おまじないなしてるから」軽くw
山口夕輝「あの、ホテルってお化けおるやん。おると思うねん、夕輝は。あるやん、そういうお話。だから、知り合いの人に白魔術の白い棒を2本もらってきて、ホテルの前に立ってたら悪いお化けが入ってこられへんらしいねんけど、置いたらそこ通られへんらしいからもともと中におるやつな出られへんらしい。中にもともと待ち伏せられてたら私ずっとそのお化けと一緒に」
河野早紀「じゃー塩を持ってって塩を巻いてからそれ置きましょう」
山口夕輝「なるほどね」
岸野里香「でもね、持ってきてる時期もあったんですよね」
山口夕輝「塩は持ってるよ、でも」
岸野里香「それどうですか? さきぴはそういうことあります?」
河野早紀「さきぴは幽霊は大丈夫です」
岸野里香「おまじないとかはしたりしないの? ただただ漢字を書く?」
室加奈子「なんか書くんですよね」
河野早紀「なんで知ってるの?」
室加奈子「何か聞かれたら、さきぴは天才だからって言うみたいな。チャームポイントを聞かれたらそうやって言うみたいな」
西澤瑠莉奈?「1回も言ってないじゃないですか」
河野早紀「でもちょっと一応MCを考えるということで、ホテルでMC考えてるんです」
メンバーたち「あー」
山口夕輝「それと名前100回書くん、まったく関係ない」
河野早紀「たまに書きたくなる時もあります」
吉田朱里「自分の名前を書いたら、毎日10個やったかな、仕事成功するとか聞いたことある。会社の名前とか」
メンバーたち「書こう」
室加奈子「みんなで書こうぜ」
吉田朱里「みんなさきぴ化みたいな」
河野早紀「いいじゃん。次お願いします」客w

西澤瑠莉奈「さきぴって、年上なんですけど、1つだけ期生が下なんですよ」
岸野里香「一応後輩っていうカタチやんな」
西澤瑠莉奈「なんか申し訳ないんですけど、私タメ口で普通にさきぴに話かけたんですけど、めっちゃ優しくてね、もうだから、無駄に絡みに行きます」
河野早紀「そうですよ、だって今日なんかさきぴ座ってるのに座ってる足に足乗っけてきて」客w
西澤瑠莉奈「さきぴがこう座ってたら私がその上に足を乗せるみたいな」
河野早紀「重たかったですけど」
西澤瑠莉奈「そんなこと言わんどって」
吉田朱里「失礼や」
岸野里香「一応先輩やもんな、瑠莉奈がね」
吉田朱里「私もさきぴより年下やから、さきぴ先輩やもんな」
河野早紀「やめてください、怖い怖い怖い」
岸野里香「でもね、さきぴはね、その持ってる空気がね、もう優しい」
西澤瑠莉奈「そう、ほわほわしてる」
岸野里香「だからね、足とか乗っけちゃうんやろうな」客w

「許してあげてくれよ」
誰か「瑠莉奈だけやけどな」軽くw

◆後半:松村芽久未古賀成美小谷里歩石田優美上西恵山内つばさ太田夢莉山岸奈津美

太田夢莉もうすぐ夏休みなんですけど、みんなに何をしたいかを訊いていきたいと思います」

上西恵「私は、里歩ちゃんちょっとお腹見せてもらってもいい?チラっと。めっちゃ細いんですよ。めっちゃ細くて、私クビレがあんまりないんですよ」
メンバーたち「いやいやいや」
山内つばさ「何言ってるんですか」
上西恵「そんなにクビレはないんです。だから、里歩ちゃんみたいにクビレを使って、琵琶湖とかに見せびらかしに行きたい。凄いでしょって」
小谷里歩「小学校の時にな、クビレ体操してたらなんかクビれてん」
メンバーたち「へー」
上西恵「いいなー。頑張って夏クビレつくってきます」
小谷里歩「伝授するわ」
上西恵「あっ、ありがとう」

山内つばさ「山へ登りたい。私もともと山が好きで、山のてっぺんに登って星見たいです、夜空。海より、山」
メンバーたち「♪山へ行こう」
太田夢莉「確かにちゅばの住んでる所はちょっと都会かも」
山内つばさ「そうなんです」
太田夢莉「空とか見えないのかな」
山内つばさ「全然見えない。だから山登りたい」
太田夢莉「いいですね」
山内つばさ「1人で行くのもあれやから誰か誘って行きたい」
太田夢莉「行きましょ行きましょ」

石田優美「私はめぐと花火見に行きたい」
松村芽久未「なんでですか?」
石田優美「最近ちょっと私ね、DDなんですけど、最近ちょっとお気に入りです」
松村芽久未「最近?」
石田優美「最近 (ケイラちゃんは?) こら、うるさい」客w
太田夢莉「優美さん、あの、数ヶ月ほど前まで私のこと」
山内つばさ「私も」反応
石田優美「この2人推してたんですよ。あっ、けいっちさん推していましたよ」
太田夢莉「焦ってる」
石田優美「ごめんあの、ごめんなさい」
メンバーたち「フラれたなー」
石田優美「推してはない」
山内つばさ「えー」
太田夢莉「けっこう笑顔でひどいこと言われた」客w

「もういいです、優美さん」

古賀成美「私は、最近ホラー映画大好きなんで、夏にピッタリなホラー映画をめっちゃ鑑賞したい、1日中ずっと」
太田夢莉「しようよ。優美さんなんかほっといてしようよ」客w
石田優美「なんで私ほっとくねん。入れて入れて」
古賀成美「やりたいんです、めっちゃ。もうドキドキハラハラが今めっちゃ好きなんですよ。だから、ワッて来て欲しい」
山内つばさ「幽霊にですか?」
古賀成美「そうなんですよ、幽霊に。お化けに。誰でもいい」客w
太田夢莉「今度映画見に行く約束しましたからね、なると」
古賀成美「そうなんですよ。そう、ホラー映画なんです」
小谷里歩「ちょっと。げいにんも見に来て」
メンバーたち「おー」
古賀成美「見に行きます。げいにんも絶対見に行く」
小谷里歩「げいにんもお化け出てるから、一応」
古賀成美「じゃードキドキハラハラしながら見ます。芸人見にいきましょう、皆さん」拍手

山岸奈津美「なつは魚の掴み取りに行きたい。川あるやん。あそこでこうやってシャッて」
上西恵「野生的やな、意外と」
山岸奈津美「魚の生の匂いが好き」
メンバーたち「えー」「意外」
山岸奈津美「料理する前とか魚あったらこうやってニオイに行く」
山内つばさ「ある意味可愛いですね」
小谷里歩「可愛いくないやろ、それ」
太田夢莉「たぶん今頃けいっちさんは魚になりたいって思ってますか?」客w
上西恵「いや、なつみんが魚触った手をニオイたい
メンバーたち「わー!」超ひく
小谷里歩「どう?今の。今の怖かったけど」
古賀成美「鳥肌立った」
太田夢莉「そろそろ危ないんでこの辺にしときましょうか。みんな夏休みにできるといいですね」


◆EN02.少し苦い人生相談
◆EN03.不毛の土地を満開に…


河野早紀 生誕祭
岸野里香「さー今日は20歳を迎えたさきぴの生誕祭です!」
メンバーたち「イェー」

# BGM → 涙サプライズ!

# ケーキ搬入

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア さきぴ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」
メンバー&客「おめでとう」

山内つばさ「さきぴのファンの皆さんからこんなキレイな花束が届いております」拍手

「凄い重たいから」 → 花束贈呈
岸野里香「ピンクですよ」
河野早紀「やびゃー。ありがとうございます」拍手

上西恵「さきぴ、私がなんとお手紙を書いてきました」
河野早紀「嬉しい」

上西恵「さきぴーなっつへ。二十歳のお誕生日おめでとう。

さきぴが3期生としてNMB48に入ってきた時、まさか今こうしてさきぴにお手紙を読んでいるなんて想像もしてなかったよね。

さきぴとは地方組で、Nの中では一緒にいる時間が凄く多いと思います。しかも同い年。

私が高校生でレポートに追いこまれている時、「困っている時はお互い様ですよ」って言って、教えてくれたり、さきぴは大学にも通っていて大変なはずなのに、旧BIIの「騙されたと思って食べてみて計画」でPARTY公演をした時も、朝方まで振り起こしをしたり、新チームの新公演が始まる時も、全部自分で振り起こしをしてきて本当にビックリしました。学校も仕事もきちんと両立していてさすがだなと思います。

同じチームになってからは前より一緒に話すことも増えて、可愛いアイドルのお話をしたり、楽器や音楽のお話をしたり、そしてそして悩みを聞いてくれたり。

最初は真面目で静かそうで仲良くしてくれるかなーと思ったけど、今はお茶目な部分や不思議な部分を見せてくれたり、いろんなさきぴを知れて私は嬉しいです。

Nでの話し合いの時でも、「おー」と思うような発言をしてくれたり、この間私が本当に副キャプテンとしてどうしたらいいのかわからなくなっている時、「けいっちさんが抱えているものを私が少しでも軽くできたらいいなと思うし、力になりたいし助けていきたい」って言ってくれた時は、さきぴがそう思ってくれていたなんて正直涙が出そうなくらい嬉しかったし、本当に気持ちが軽くなったし、さきぴの言葉に助けられました。本当にありがとう。

これからももっともっとさきぴのいろんなところを知って、仲良くなれたら嬉しいです。

P.S. そういえばずっと前に「けいちゃん」って呼んでねって言ったら、すっごく可愛く「けいちゃん」って呼んでくれて嬉しかったんですが、今では「けいっちさん」に戻っていてさみぴーなっつです。一緒のチームで同い年やし、是非けいっちでも上西でも何でもいいので、気軽に呼んでくれたらうれぴーなっつです。

けいより」拍手

※途中、上西恵が『旧チームBII』を「1日(いちにち)・・・」と呼んでしまう

河野早紀「ありがとうございます。けいちゃんって呼ぶ」
上西恵「おー! よろしく」
岸野里香「けいちゃんって呼んで。上西でもいいよ」軽くw
上西恵「何でも、呼び捨てでもいいよ」
河野早紀「嬉しい」
岸野里香「ピーナッツでもいいねんで。やっぱりさきぴーなっつから入ると思ってんなー」客w
吉田朱里「でもぴーなっつ合ってて良かったな」
岸野里香「そうやで、最後が「ぴ」で良かったで」客w
上西恵「ゆっぴもゆっぴーなっつ。ほんまはピーナッツよりって書いててんけど、あんまり言い過ぎたら怒られるかなと思って」

山口夕輝「私はさきぴのお母さんからお手紙を預かってきました (お母さん頑張って) はい、頑張る」

「早紀、20歳のお誕生日おめでとう。

3度目の生誕祭だね。正直3回も生誕祭を開いてもらえるなんて思わなかった。浮き沈みの激しい厳しい世界だし、とりえのない普通の子の早紀が、この世界に飛び込んでも挫折するだけで、1年頑張れば帰ってくるのかなと思ってた。でもそんな風に思ってたママは今では恥ずかしい。ごめんね。

ママにとっては突然すぎるアイドルへの道だったけど、早紀にとっては覚悟の大きな一歩だったんだね。

最初の1年は辛くて悲しくて夜中に何度か電話してきたよね。でもママは「自分で決めたことでしょ」と冷たく突き放したこともあった。どんな想いでその夜を過ごしたかと思うと可哀想でならない。どうしてもっと優しくしてやれなかったのかと後悔したけど、その辛さの分だけ成長したんじゃないかと、言い訳みたいだけどそう信じてる。

そして、初めて早紀のステージを見た時、ダンスも歌もまったく未経験だったのに、楽しそうにキラキラの笑顔でパフォーマンスする姿に、相当努力したんだなーと涙が出た。

1人暮らし、大学との両立は本当に大変だよね。あんまり面と向かって褒めないママだけど、ひと言も愚痴を言わず頑張っている早紀は本当に偉い。凄い。毎日感心しているよ。

最近困ったことはN公演をDMM配信で見た時、一生懸命早紀を探すんだけど、なかなか見つからないこと。やっと右の端っこのほうで見つけたらすぐいなくなる。あっという間に左の端っこのほうにいたりするから、探すのが大変。なるべく映るように頑張ってね。でもこればっかりは実力だから仕方がないね。

10代最後の1年は大学合格、紅白出場、密着ドキュメント、Qさま!!の出演、そして偉大な先輩方のいらっしゃるチームNへの組閣と、本当に幸せな1年だったね。今の早紀があるのも周りのたくさんの方達のおかげ。感謝感謝だよ。

20代は楽しいこともあるけど、苦しいこともたくさんあると思う。常に感謝の気持ちを忘れず、優しく、人の心を思いやれる素敵な大人になってください。そして精一杯努力して、幸せ届ける夢先案内人になってね。パパもママもいもぴもずっと応援しているよ」

「いもぴ?」
河野早紀「妹です。さきぴといもぴです」
山口夕輝「芋けんぴみたいな感じ」軽くw
河野早紀「芋けんぴじゃないよ。いもうとぴです、いもぴです」

山口夕輝「今では大阪での1人暮らしにすっかり慣れて、広島へは滅多に帰ってこなくてなかなか会えない。何日も連絡をしてこないから心配だし寂しい。でも夜中に急に「ママに会いたくなった」とメールを送ってきたりするね。甘えたい時に甘えておいで。ママはいつでも待ってるから。

最後になりましたが、こんなに素晴らしい生誕祭を開いてくださったメンバーの皆様、スタッフの皆様、生誕委員の皆様、NMBファンの皆様本当にありがとうございます。そして私と同じように隅っこの早紀を目で追ってくださる希少なさきぴファンの皆様、本当にありがとうございます。

家族が言うのも変ですが、早紀は変わったところがあって、理解しがたい摩訶不思議なオーラを出すことがあり、「なんだこの子は」と思うかも知れませんが、どうか末永くついてきてやってください。

親元を離れ、初めての生誕祭を開いてくださった時、私は「これからは大阪の土地に育ててもらいなさい」と言いました。こんなアイドルらしくないシュールなアイドルですが、どうかこれからも河野早紀を育ててやってください。よろしくお願いします。

ママより」拍手

河野早紀「ありがとうございます」

メンバーたち「ちゅばが泣いてる」「いつものことなんですけど」
河野早紀「さきぴ泣いてないよ」客w
岸野里香「素敵なお母さん。ジーンとしましたね」

西村愛華「私は色紙書きました」
河野早紀「嬉しい、あいかてぃ。可愛いじゃん」
太田夢莉「幼稚園児の描いた絵」爆笑
西村愛華「こんな絵やけど、でも美術は4なんですよ」
河野早紀「さきぴツインテールしたっけ?」
西村愛華「あったって。あったはず。アイドルっぽい感じで。読んでください」色紙贈呈
河野早紀「嬉しい」

岸野里香今日生誕祭を迎えたさきぴから皆さんにどうぞ

河野早紀「皆さん本当に今日は素敵な生誕祭を開いてくださり、そしてDMMをご覧の皆さん、劇場のモニ観をしてくださってる皆さん、今日は本当にありがとうございました」拍手

「今日ここで喋るっていうのわかってたんですけど、あんまり何も考えられなくて、今日大学でずっと授業中考えてたんですけど、何枚もルーズリーフに書いたんですけど無しになりまして今ゼロから考えるんですが。

あの、初めてチームNでの生誕祭ということで、私はチームBIIが好きだったし、最初Nになった時は・・・(頑張れ) ほんとNの皆さんごめんなさいだけど、ちょっとBIIがいいなと思ってた時もあったんだけど、今は本当に、ごめんなさい、Nのみんなでツアーの話をしたり、こうやって公演できてることが凄く楽しいし、本当にチームNになれて良かったなって思ってます。

それで、母からの手紙もあったんですが、チームNではほんとになんか隅っこで端っこのままなので、MCとかでも、さきぴが喋っても面白くないかなって思ったりするけど、そういうアイドル性が全然ない私で、毎日キラキラした先輩アイドルの皆さんの中にいることが、自信が無かったんですが、今日皆さんがさきぴコールを凄く大きくしてくださったり、サイリウムとか皆さん全員でやってくださったりして凄く嬉しかったので、なんだか自信がつきました(拍手)

ありがとうございます。なんでこんなに泣いてるのかわかんないですけど、応援してくださってる皆さんがいることが一番嬉しいです。

これからも大学との両立も大変ですが、NMBも頑張っていきたいし、29日にはクイズ30という番組に出演しますので」客w → 拍手
メンバーたち「告知かよ」「見る」「全国放送や」
河野早紀「ゴールデンにこのさきぴが出ますので、皆さん見てください(見えるよ)

あとさきぴはラジオとゲームとアイドルが好きなアイドルとして自分を押し出しているので、欲を言えばラジオのレギュラーが欲しいです(拍手)

アイドル性がなくて、こんなことばっか言っちゃいけませんね、本当に。はい、20歳になったのでもっと自分に自信を持って、前を向いて頑張っていきたいと思います。これからもよろしくお願いします。今日はありがとうございました」拍手

「ありがとうございます、嬉しいです」
岸野里香「さきぴは本当にチームに・・・めっちゃ泣いてるやんか、ちゅば。チームにいるだけでほんとにその場が和むというか、でも話し合いした時に、やっぱりさきぴは大人でパっと意見をまとめてくれたりですね、チームNに欠かせない存在です。で、私達いろんなね、1期生2期生3期生4期生いっぱいいるんですけれども、みんなでもっともっと協力し合って成長していけたらいいなと思います。これからもさきぴと私達チームNの応援をよろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

河野早紀「実は今日ね、大学でね、後輩の子に喋りかけられて、モニ観行くんですって言われて。ありがとうございます。でも知らない子なんだけど話かけてくれることが嬉しい。ほんと頑張りますね、ありがとうございます(手を振る)」拍手

太田夢莉「早紀ちゃん泣いてメイクめっちゃ落ちてるよ」
河野早紀「ヤバイ?」
誰か「でもそういう早紀ちゃんが好き」

太田夢莉「皆さん、早紀ちゃんのことは大好きですか?」客「大好き」


◆EN04.イビサガール

吉田朱里「皆さんアンコール楽しんでいただけてますか?」客「イェー!」

◆EN05.NMB48 1stシングルカップリング曲メドレー
(1)僕が負けた夏
(2)待ってました、新学期
(3)青春のラップタイム

# ご来場の御礼

上西恵「いつもならハイタッチで皆様をお見送りさせていただくんですが、今日はそれができないので、みんなでさきぴの生誕祭ということで、さきぴの似顔絵と皆さんへ向けたメッセージを書いたものをボードに貼って、ロビーに置かせていただけてますので、お帰りの際にはそちらを見て楽しんでいただけると嬉しいです。写真撮るのもOKなんで、よろしくお願いします」

# 一抹礼(手繋ぎ挨拶)「せ~の、せ~の、イェー! ありがとうございました」 → 手を振りながら捌ける (BGM:ここにだって天使はいる)

河野早紀「本当にありがとうございました。また来てください」

# 公演終了


NMB48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】6月25日(水) チームN「ここにだって天使はいる」公演

公演後の感想 → 河野早紀など8名出演

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]