FC2ブログ
新体感ライブ 指原莉乃 卒業コンサート 予約受付中 new2.gif
予約受付開始!
AKB48Group新聞 2019年5月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif
AKB48Group新聞 2019年5月号 セブンネット限定生写真セット new2.gif

SKE48佐藤実絵子 28歳の生誕祭 『お手紙&生誕コメント』 (2014/06/25)

2014年6月25日 SKE48劇場 チームS「制服の芽」公演

高柳明音からのお手紙 ※サプライズで本人登場

中西優香「今日はですね、実絵子にある方からお手紙が。あれっ?手紙忘れちゃったかもしれない」
高柳明音「ちょっと中西さん!」登場 (おー!)
中西優香「ちゅり」
高柳明音「手紙置いてくってどういうことですか?」
中西優香「良かった、ちゅりが届けてくれた」
高柳明音「皆さんこんにちは。高柳明音です」拍手

「ずっと公演も見てました。皆さんのアンコールの素敵な熱い言葉も全部聞いてました。ちゃんとみえぴーに伝えますね。ということで、今回皆さんのおかげでお手紙を書かせていただくことができました、高柳明音です。読ませていただきたいと思います」

「みえぴーへ。28歳お誕生日おめでとう。

今年のみえぴーの生誕祭をチームSで行っているなんて、私からしたら不思議でしょうがないです。ずっと5年間KIIで一緒にお祝いしてきたから。

6年前の今頃、チームKIIでみえぴーの生誕祭が行われました。それが私にとっても、KIIにとっても一番最初に行われた生誕祭でした。

生誕祭ってどんなことするんだろう。ワクワクしてた。でも、同時に不安もありました。結成されたばかりのチーム。まだ仲も深まっていないメンバーにお祝いされても喜んでくれるのかなって。

でも、当日には当時の全員1期生で組まれたチームSがサプライズでKII公演に出演してくれて、一緒にみえぴーのお祝いをしました。みえぴーは同期の仲間に囲まれて泣いて喜んでた。

私達からも何かできないかなってKIIからは寄せ書きを渡しました。みえぴーは凄く驚いて喜んでくれたのを覚えています。1日でも早く私達もSKEとして、KIIの仲間として認められたいって想いも込めて書いたんだよ。まだカチカチな敬語の文章が並べられた私達からの寄せ書き、大切に持っていてくれてますか?

あれから6年。こうやって私が手紙を書かせていただける番がまわってきました。本当に嬉しかった。ファンの皆さんありがとうございます。

6年前のあの日、みえぴーが22歳。今の私と同じ(w) なんだか、そんなちょっとした偶然にも感動してしまいます。

大組閣があって、チームが離れて数ヶ月が経ちました。

最近ではコンサートの時のリハーサルや本番にしか会えなくなって、そんなみえぴーがコンサートの時にセットリストの流れの確認、注意事項の説明をメンバーみんなにする姿をよく見るようになりました。佐江さんがいる時は佐江さんが円陣をして、いない時にはみえぴーがしてくれます。

チームSのメンバーにお母さんと呼ばれ、親しまれ、歳のことでいじられて、今日は実絵子の部屋なんかもやっちゃって、楽しそうなみえぴーを見るのは嬉しい半面、遠くに感じてちょっぴり寂しかったり。

だけど、私達の心の底にずっと消えないものがある。チームが離れてもこの関係は変わらないってみえぴーが言ってくれたこと、凄く嬉しかったよ。

チームSからチームKIIへ、長い時間を経てまたSへ。新しい環境の中で新しく任された役割を背負って、大変なこと、挫けそうになること、時にはプライドがズタズタになって逃げ出したくなることもたくさんあると思う。だけど、ここまでSKE48を支えてきた大黒柱、胸を張って自分を信じてね。

みえぴーがいつも私のことを尊敬できる後輩って認めてくれているから自分に自信が持てます。私をここまで育ててくれて、支えてくれてありがとう。これからも末永くよろしくお願いします。

大好きなみえぴー、チームは離れてもいつまでも心は近くにあります。チームKIIをたくさんたくさん愛してくれて、ありがとうございました。高柳明音より」拍手


皆さんへメッセージをお願いします
佐藤実絵子「本当に今日はありがとうございます。

そうですね、27歳の1年も皆さんのおかげで、本当に充実した、いい1年になったなって思うんですけれども。

やっぱり、この1年を振り返ると、やっぱ一番大きな出来事はチームSにきて、そして副リーダーになったことだなって思います。

最初、決まった時は、なんかあんま大事(おおごと)に捉えてなくて、「あっ、そうなんだー」っていう感じだったんですけど、時間が経てば経つほど、なんというか、事の重大さに気付いて、本当に、ここ数年で一番って言っていいぐらい悩んだ時期もあったし、「私でいいのかな」って本気で考えた時期もあったんですけど、でも辛い時こそ皆さんの温かさが本当に身に染みたし、皆さんとの絆も深めることができたんじゃないかなっていうのは、凄い感じてます。

自分がなんで副リーダーになったのかなって考えた時に、自分なりにいろいろ考えたんですけど、でもやっぱ一番の理由は、なんていうか、「SKEにね、もっと恩返ししなさい」っていう意味かなって自分なりに思っていて、今まで本当にたくさんの幸せをSKEからもらっていたので、これからはSKEに少しでも恩返しできたらいいなって思いながら、今は1日1日を過ごしています。

さっきね、明音から手紙をもらったけれども、やっぱ、KIIって凄い思い入れのあるチームだったし、やっぱり、ゼロからね、作り上げてきたチームなので、凄い愛情があったんですけれども、でもやっぱ、私達もそれぞれ、覚悟をもって、新しいチームに来たんですよね。

それは本当にたぶん私だけじゃなくて、移籍や兼任のメンバーも覚悟を決めてやっぱり新しいチームに来てると思うので、私はやっぱり、ここに来たからにはこのチームで天下を取りたいなと真剣に思っています。

ということで、ちょっと私がですね、このチームでぜひやりたいことを3つ言います(おー&拍手)
これでも、あれですよ。願望なんで、実現する確率は3%ぐらいです。

まず1つ目。1つ目はAKB、SKE、NMB、HKT、できたら上海も含めてですね、全国劇場公演出張公演ツアーをしたいんですよ(おー&拍手) ねぇ、いいでしょ? 先日ね、東京でやったばっかりなんですけれども、やっぱりチームSっていうのはすべてのチームからね、メンバー来てくれてますので、なつみかんやみるきーのね、地元のファンの皆さんにも是非頑張ってる姿を見ていただきたいし、私達のことももっと全国の皆さんに知っていただきたいということでね、やっぱ公演をやるのが一番かなって思って、ちょっとこれやりたいことその1ね。

その2! チームSでテレビに出たーい!(拍手)
これは理由は無いです。テレビに出たいだけ(w)

その3が一番重要なんですけど、なんかチームSで、ファンの皆さんと楽しめるイベントをしたーい!(イェー&拍手)
これが一番したくて。これ、チームそれぞれね、KIIやEや研究生もできたらいいなと勝手に、これ、願望ね、だから願望。思ってるんですけれども、やっぱ今こういう、大事な局面、48グループだからこそ、ファンの皆さんと楽しめるライブだけじゃなくて、ゲームをやったりとか、抽選会やったりとか、全部願望なんだけど、そういう楽しめるイベントを名古屋からね、発信していきたいなと。こういうのもいいんじゃない?っていう、そう、そういうのを是非やりたいでーす!(イェー&拍手)

この3つですね。もしできたら、すげーって思ってくださいね(軽くw)

このチームで天下を取りたいって言ったんですけれども、天下を取るって言うのはやっぱ、皆さんから一番愛されるチームになることだと思うので、私もですね、あれですよ、ぶっちゃけSKE人生は後半戦ではありますよ。そりゃーね、6年やって来たんだから。そう、後半戦ではありますよ。この後半戦は、SKEとチームSに捧げていこうと思っているので (おー) 皆さん一緒にこのチームで天下を取ってくれますか? (イェー!) ありがとうございます。

これからもSKE48そしてチームSそして佐藤実絵子をよろしくお願いしまーす! ありがとうございました」拍手&声援

中西優香「3つの願望、叶えれるように頑張ろう」
佐藤実絵子「頑張ろうね。今3%ぐらいだけど」
中西優香「じゃーね、60%ぐらいまで上げていこう」
佐藤実絵子「そうだね、頑張って上げていこう」

佐藤実絵子Google+より
佐藤実絵子 2014/06/25

ありがとうございました!!


私は幸せだぁー(;ω;)(;ω;)(;ω;)

140625mieko01.jpg

当記ことへのリンク

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND