小嶋菜月「もし彼氏のお家に行って、ベットの下にちょいいやらしいものとかあったらどうしますか?」 (2014/06/24、チームA)

AKB48劇場 チームA「恋愛禁止条例」公演(女性限定公演)

■出演メンバー
チームA → 市川愛美岩田華怜片山陽加小嶋菜月田北香世子達家真姫宝中西智代梨中村麻里子西山怜那藤田奈那古畑奈和松井咲子武藤十夢森川彩香矢倉楓子
研究生 → 飯野雅

バックダンサー → 吉川七瀬小栗有以小田えりな髙橋彩音



■開演
◆M00.overture
◆M01.長い光
◆M02.スコールの間に
BD:髙橋彩音小田えりな小栗有以吉川七瀬
◆M03.JK眠り姫
◆M04.君に会うたび 恋をする


■MC (自己紹介)
片山陽加「皆さんこんばんは」
みんなで「AKB48チームAです」

# 序盤4曲紹介

片山陽加「本日は、女性限定公演イェー! 今日は黄色い声援があちこちから飛び交っておりますので、今日はみんな張り切って頑張っていきたいと思います」

本日のお題:皆さんはスポーツをやるほうですか? それとも観戦する側ですか? あと、スポーツをやるなら何をしますか?

【1列目 上手側から】
藤田奈那「17歳、なぁなこと藤田奈那です」

「私はですね、スポーツはずっとやる派で、走るのが好きなので、短距離走が好きなんですけど、でも今回に限ってはサッカーをちゃんと朝から起きて見てまして、生中継を。だから、明日も朝5時からだけど、みんな早起きして一緒に見ましょう」

松井咲子「皆さんこんばんは。あなたのドレミを奏でたい松井咲子です」

「私はですね、ほんとに生まれてこの方スポーツっていうものを全然触れずにきてしまったので、体育程度しかサッカーとかバスケットボールとかもやってなかったし、ピアノの学校に行っていたので、体育もほんとにドロケーとかをやるぐらいのクオリティの学校だったんですよ、指をケガしちゃいけないから。球技とかができないから、ギリすっごい柔らかいビックリでバレーボールとかバトミントンとかいう。あとは目の前の公園でドロケー、鬼ごっこをやるっていう体育の授業だったので、ほんとにスポーツのできる、皆さんすごいアクティブな方いらっしゃると思うんですけど、凄い尊敬するんですよ。ツアー、チームAで行かせていただいたんです、そのツアーだけでも体めっちゃ痛くて、今日バキバキなんですよ。それぐらいスポーツに慣れずにきてしまったので・・・」

達家真姫宝「チームAのまきちゃんこと達家真姫宝です」

「私はスポーツが凄く大好きなんですけど、一番好きなのが学校でドッチボールとかすることです」

片山陽加「艶女(つやおんな)と書いて、アデージョ。アデージョと呼ぶのは、あなた? あなた? それともあなた? はーちゃんこと片山陽加です」

「やっぱ嬉しいね。同性から「はーちゃん」って言われるのは。片山はですね、こう見えても意外とスポーツ好きで。ウィンタースポーツもよくやるんですけど、フィギュアじゃなかった、スケートをやったり、あと今年から始めたんですけどスノボーをやったりとか、あとあれ好きなんです、卓球。卓球が一番好きなんですよ、スポーツで。これだけウィンタースポーツじゃないんだけど。お風呂場行くと卓球って絶対あるじゃないですか、温泉とか行ったら。絶対やっちゃうもん。凄い楽しいんですよ、ピンポン・・・。新しいことも取り入れておこうと思います」

田北香世子「チームAのかよよんこと田北香世子です」

「私はあんまりスポーツを見るのもやるのも苦手だったんですけど、中学の時はバトミントン部に入っていたので、バトミントンだけなら平均よりはちょっとはできるかなってぐらいです」

小嶋菜月「19歳のなっつんこと小嶋菜月です」

「私は剣道をめっちゃ長くやってて、初段の資格を持ってるんですよ。けっこうできるんですけど。(自分が体が硬いので)体操を見るのが好きで、体操選手って女性も男性もすっごいかっこいいじゃないですか。なので私も体操ができるぐらい、宙で舞えるぐらい体を柔らかくして頑張りたいなと思っています」


【2列目 上手側から】
矢倉楓子「ワンダー(フー!) パワー(フー!) ハート(フー!) ふぅちゃんこと矢倉楓子です」

「スポーツはするのは得意ではないんですけど、応援するほうが凄く好きで。バレーボールがむっちゃ好きなんです、女子バレーがね、いっつも声がむっちゃ枯れるぐらい大声で応援してます」

中西智代梨「朝からすき焼き~ 大丈夫! スタミナ満点! 福岡県出身、19歳のちょりこと中西智代梨です」

「(声援続く)ありがとう。喋っていいかな?喋りたいな(w) みんなほんと声が可愛くて嬉しいですね。いつもが声がブサイクとかそういうわけじゃないんですけども(w) 今日は女の子限定なので、ガールズトークをしてしまいそうなぐらいはしゃいじゃってるんですけど。私はけっこうスポーツが好きなほうなんですけど、中学校の時にバレーボール部やってたんですけど、辛くてですね、5ヶ月でやめてしまったんですよ。早いじゃないですか。でもその時、正直細かったんですね。やめてしまってみて、この太もも。もうブリブリになっちゃって。なので今はどちらかと言うと応援するほうなんですけど、ちょっと痩せながら応援しようと思って。今サッカーが盛り上がってるじゃないですか。なので私も動きながらサッカーをこうやって応援して、一石二鳥的な感じで痩せながら、サッカーの応援をしたいなと思います」

市川愛美「15期生の愛美こと市川愛美です」

「私はですね、去年までやるほうが好きだったんですけど、今年急に体が年老いて、見る派になっちゃったんですよ。できそうってよく言われるんですけど」
中村麻里子「年老いたって何歳?」
市川愛美「14です」
中村麻里子「若いよ。チームAには片山さんという48がいるんだよ」
市川愛美「でも本当に全然できなくなっちゃって、みんなにも置いてかれちゃって、ほんとに最近できなくなっちゃってて、体育だけじゃ運動足りないなと思ったんでこのダンスでも全力で頑張って運動神経をよくしていきたいなと思っています」

武藤十夢「チームAの武藤十夢です」

「私はあんまりスポーツ見ないんですけど、やるのはけっこう好きで、けっこう何でも楽しいんですよ。あんまり上手くないんですね、運動神経あんまりよくないんですよ。だからスポーツは苦手だけど好きなんですね。ただ1コだけバレーボールだけがどうしても好きになれなくて。前、球技大会で同じクラスの女の子とバレーボールやる機会あったんですけど、私、補欠だったんですよ。補欠で、途中から入って2分ぐらいで交代させられたことがあって」
中西智代梨「楽しいのに勿体無い」軽くw
武藤十夢「上手くないからしょうがないんです」

岩田華怜「皆さんこんばんは。宮城県仙台市から来ました、高校1年生の華怜こと岩田華怜です」

「さっきまで上手めっちゃ騒がしかったのに今凄い静かになっちゃってどうしたんだろうね。私はね、スポーツはまぁ、お察しの通りできません (できそう) 何?クソ?」客w
メンバーたち「できそう」
岩田華怜「ごめんね。できそう?かも。でもできないんですけど、私は根っからのダンス馬鹿なんですよ。ダンスってスポーツかわかんないけど、でも私今ダンスが好き過ぎて、週2ぐらいで自分で通ってて、ダンススタジオに。毎日筋トレしてるんですよ、ダンスのキレを出すためにこうやって」
武藤十夢「お腹へこまないよねw」
岩田華怜「お腹違うの、腹筋が出てきちゃったの。それぐらいダンスが好きなので、私はスポーツは苦手だけど、ダンスはやるの凄い大好きです。以上です」


【3列目 上手側から】
西山怜那「チームAの西山怜那です」

「私は運動が大好きで、バスケもできるしバレーもできるし野球はできないんですけど、ドッチボールもできるしダンスも好きだし、まぁ、運動は好きなんですけど勉強は嫌いです」

古畑奈和「私と素敵な笑顔の交換をしませんか? (する!) チームAの古畑奈和です」

「私はずっと吹奏学部でスポーツに触れ合ったことが一切なかったんですよ。でもできるなら高校の部活でバスケットボール部のマネージャーをやりたいなと思ってたんですけど、事情によりできなくなり、洗濯物とかお世話とかしてあげられるじゃないですか。そういうの好きだから、皆さんの洗濯物とかいつかやりたいと思います」

中村麻里子「高橋チームA、二十歳の中村麻里子です」

「私はですね、スポーツもするのがもちろん好きなんですけれども、今やっぱりワールドカップということで、アディダスさんのほうからAKB48のみんなの名前が書いたユニフォームが出てるのご存知ですか? 持ってる? 中村じゃないんでしょうね、きっとね(w) この間の試合の時に着て外に出たんですよ。そしたら大阪のおばちゃんとかに「姉ちゃん負けちゃったね」とかめっちゃ声かけられたんですけど、1つ言いたかったのがここにAKB48でNAKAMURAって書いてあるのに、誰1人「中村麻里子さんですか?」って言ってくれなかったっていう。明日着るのでどこかで見かけた方は是非声をかけてください」

森川彩香「アーヤロイドは好きですか? (大好き!) はい、知ってます。私もみなさんのことが大好きです。アーヤロイドこと森川彩香です」客「昇格2周年おめでとう」

「ありがとう。そうなんですよ、昇格2周年目なんですよ、今日で(拍手) ありがとう、みんな可愛い、声が。私はほんっとにスポーツ全般ダメなんですよ、全然できなくって、50メートル走も11秒で、リレーって普通100メートルずつ走るじゃないですか。なのに私は足が遅いから「森川40メートルだけで」って言われて、必死に40メートル走って「はい」って(バトン渡して)ハァ~ってなって。あとボールも全部ダメで、ホって上げてバンってやるの全部スカってなっちゃうんですよ。ほんとにこれはダメだと思って。唯一できるのが新体操、ブリッジとか回ったりするやつ。それで私、団体なんですけど、何かの大会で6位取ったことがあって、それだけは自慢できます」

飯野雅「15期研究生の飯野雅です。みやびって呼んでください」

「私はですね、スポーツが凄く大好きで、小学生の時は13コぐらいスポーツやってて、1週間で。1週間13コの習い事してて。その中でもバレーボールとテニスが得意なので、するほうが得意です」


◆M05.黒い天使 (田北香世子小嶋菜月藤田奈那)
◆M06.ハート型ウイルス (矢倉楓子達家真姫宝松井咲子)
セリフ:矢倉楓子「絶対にありえへん。そう思っとったのに。なんやあたし、あんたのことが 好きやねん」
◆M07.恋愛禁止条例 (岩田華怜市川愛美武藤十夢)
◆M08.ツンデレ! (中西智代梨片山陽加西山怜那)
◆M09.真夏のクリスマスローズ (森川彩香古畑奈和松井咲子中村麻里子) BD:小田えりな髙橋彩音小栗有以吉川七瀬


■MC
岩田華怜藤田奈那達家真姫宝飯野雅小嶋菜月市川愛美

藤田奈那今だから言える男性の好きなところ

「雅ちゃん初めてですよね、女性限定。どうですか?」
飯野雅「いい匂いしませんか? 普段が臭いってわけじゃないんですけど」

藤田奈那「ネクタイ緩めるとか、そういうのは普通だから、そういうじゃなくて、これは私だけかもみたいな」
小嶋菜月「共感していただけたら拍手をしていただくとかどうですか?」

藤田奈那「私は、男性の泣き顔が好きです」
岩田華怜「わかる」
藤田奈那「普段すごい泣く人は嫌ですよ。スポーツとかやってて、決勝で負けて、いつも強い人が悔し泣きみたいな。そういう涙が」
岩田華怜 → ピョンピョン跳ねて喜ぶ
藤田奈那「超気持ち悪いからやめてくれない?」
岩田華怜「わかる、めっちゃ」

小嶋菜月「華怜とか凄いのありそうじゃない」
岩田華怜「そうだな~」
小嶋菜月「じゃー一番最後に訊くね」

市川愛美「私は普通に女好き説があるですけど、それは置いといて。どちらかと言うと女の子のほうが好きっていう話だけなんですけど」
岩田華怜「大丈夫か?」
市川愛美「大丈夫です、安心してください。華怜さんだけは襲わないんで大丈夫です」
岩田華怜「なんでちょっと沸いてるの?」
藤田奈那「共感の拍手」拍手
岩田華怜「私だけは襲われないから安心してね」
市川愛美「どちらかと言うと女の子のほうが好きなんで、あんまり仕草のこだわりみたいなのが無いんですけど、普通にバスケットボールのシュートを決めてる人。すっごい汗だくで、ガーンってやってる人がかっこいいなーみたいな」
小嶋菜月「脇見えると興奮しない?」
藤田奈那「そんなトーク、アイドルがして大丈夫なの?」

小嶋菜月「私はパパが、やっぱ夜になるとお髭が生えるじゃないですか、男性って。そんなパパがお髭を剃ってる姿がかっこ良くて」
藤田奈那「共感する人?。。」
小嶋菜月「髭剃り機持ってるだけで「うぉ~!」ってなんない?」
岩田華怜「あぶなっ」

達家真姫宝「私はパパみたいな人です」
藤田奈那「どんな人?」
達家真姫宝「パパは優しい人で、料理とか作ってくれる」
小嶋菜月「可愛いね。やっぱまだ子供だね」

「最後締め括ってもらいましょうか」
岩田華怜「私は、制服のブレザーのここ、背中のライン。わかります? ブレザー限定なの、しかも。ブレザーの後ろ姿とかが好き、冬服の。だから冬服に衣替えはヒャッハー!ってなる」
藤田奈那「やめて」
小嶋菜月「今日の時間考えた結果それでしたか。けっこう普通でしたよね」


◆M10.Switch
◆M11.109
◆M12.ひこうき雲


■MC
◆前半:田北香世子中西智代梨片山陽加市川愛美西山怜那古畑奈和森川彩香松井咲子中村麻里子

中村麻里子「女性限定公演ということで、ここでしかできないガールズトークなんかね、したいと思うんですよ」

中西智代梨「私なかなか共感してもらえないことがありまして。フェチってそれぞれあるじゃないですか。私唯一四角フェチなんですよ。一番好きなのがiPhone4S」客w

「みんな忘れかけてるかもしれないんですけど、あの重さといい、あの四角、形大好きで。冷蔵庫入れた時にパック・・・」
片山陽加「牛乳パック的な?」
中西智代梨「そういうのを角ピチって、あー気持ちいいってなるの。それが大好きで、ずっと四角触ってたくなる。サイコロとかもうコロッコロ コロッコロ」
# 客に訊いたところ、共感できる人がいた模様
中西智代梨「嬉しい」
中村麻里子「是非今日お友達になって帰ってください」
中西智代梨「なろうね、友達に」

森川彩香「私もフェチなんですけど、唇フェチなんですよ。今この中でいる中だとしたら智代梨の唇が。可愛いんですよ、このたこちゃんが」
中西智代梨「でも実はこれコンプレックスで、分厚いのほんと嫌だったんですよ」
森川彩香「分厚いのがいいの」
中西智代梨「そう言われてこれがもうチャームポイント」
森川彩香「男性は薄いほうが好きなんですよ」

西山怜那「私は匂いと筋肉フェチです。お風呂入る時に背中が見えるじゃないですか。それを見て、ちょっと筋肉がついてる感が好きで、通りすがった時にめっちゃいい匂い、香水とかじゃなくて、自然ないい匂いがする人が好きです。ちっちゃい時に友達の家とかに行って、風呂入ろうと思ってパって開けたら、友達のお兄ちゃんの背中を見たことがあって、素敵だなーと思って」

松井咲子「私はフェチっていうか、好きなタイプが一緒に馬鹿できる人。一緒に楽しくワイワイ面白い人が好きなんですけど、例えばこれなかなか共感してもらえないんですけど、例えば一緒にいて、(中村が)彼氏だとするでしょ? 「なんか足臭い!」って言って、それも足臭いこともワイワイだからぐらいに「オレ臭くねーよ」って言って、足を嗅がせて「臭いー」っていうのを楽しくできる人に将来出会いたい」
中西智代梨「一歩ひいた感じがあるよ」
松井咲子「秋葉原ってこんな静かになるんだね」

田北香世子「私は、色が白い人とか筋肉があんまりついてない人が好きです」
中西智代梨「それこそマシュマロボディー的な感じ? それは違うんだ」
田北香世子「あんま男らしいマッチョみたいな人は好きじゃないです。中性的な人が好きです」

中村麻里子「私は、好きなタイプで言ったら一緒にごっこ遊びをしてくれる人。私ってよく始めちゃうんですよ、急に、演技っぽいことを、私生活で。「どうしたの?それどうしたの?」とか急にやっちゃうじゃん、よく。それに「麻里子今日もいい天気だね」みたいにノってくれる人がいい」
松井咲子「劇団員、エキストラの方とか」
中村麻里子「ちょっと、そろそろ劇団四季に探しに行こうかな」

◆後半:矢倉楓子武藤十夢藤田奈那達家真姫宝岩田華怜小嶋菜月飯野雅

武藤十夢「ここではゲームをしたいと思います。題して、こんなことがあったらどうするゲーム

藤田奈那「まずお題出してください」
岩田華怜「私からいきます。実はさっきですね、さっきの衣装、私、社会の窓開いてたんですよ」反応

「前置きなんだけど、これは。ごめんなさい。女性限定公演だから許してください。やっちゃったんだけど、じゃーこのお題にしようと思って。もし好きな人といい感じのデートになった時に、相手の社会の窓が開いてたら、言うか言わないか
藤田奈那「言うにしても言い方がいろいろあるよね」
岩田華怜「そう、だからどうするか」
武藤十夢「まず言うか言わないかで手上げてみましょう。じゃー伝えない人、手上げてください」 → 武藤のみ挙手
矢倉楓子「十夢さんは言わないんですか?」
武藤十夢「言えないですよ、だって。初めてでしょ?」
藤田奈那「逆にみんな言うってこと?」
岩田華怜「私言うよ」
藤田奈那「どうやって言う?」
岩田華怜「なんか凄い、いい空気なの。めっちゃ楽しかったねって感じで(ニヤける)」
小嶋菜月「ヤバイ、妄想ハンパないね」
武藤十夢「しかも華怜が言うと気持ち悪い」
岩田華怜「手とか当たっちゃって(照れる)」
小嶋菜月「マンガの見過ぎだよ!」客w
藤田奈那「そういうのいいから早く言って」
岩田華怜「こういう時ぐらい妄想させてよ。でも、私って面白いこと大好きだから「ちょ、社会の窓開いてんだけど!」って言っちゃう」
小嶋菜月「中二病か」
藤田奈那「それさ、絶対傷つくよ」
岩田華怜「言っちゃう絶対。これだから友達止まりなんだと思う、いつも」
武藤十夢「じゃーたつまきだったらどうする?」
達家真姫宝「私だったら・・・」
藤田奈那「凄い困ってるけど」
小嶋菜月「まだ中学1年生だもんね」
達家真姫宝「普通に「開いてるよ」って。華怜さんみたいには言わない」
矢倉楓子「それか、直球に言わずに「なんかお互いトイレ行けへん?」って言ったら。「なんかちょっと休憩がてらトイレ行かへん?」みたいな言ったら気づいてくれるじゃないですか」
メンバーたち「できる女子」「凄い」拍手
矢倉楓子「やったー」
藤田奈那「みんなそれ使いましょう、もしそういうことになったら」
岩田華怜「帰ってきてもまだ開いてたらどうするの?」客w
小嶋菜月「そしたら、何も言わずに閉めてあげよう」
藤田奈那「それだったらちゃんと言ったほうが。でもトイレ行こうっていうのいいかもね」
小嶋菜月「凄いいい案でしたね」

藤田奈那「私もちょっと訊きたいのある。初めて彼氏の家に行きました。で、靴脱ぐじゃん。足めっちゃ臭かったらどうする? 自分の足が脱いだ瞬間に「あれっ? これ臭いかもしれない」ってなっちゃったらどうするか」
小嶋菜月「絶対なるわ」
藤田奈那「靴脱いだ瞬間にさ、「えっ?臭い」ってなっちゃったら「ごめん、靴履くね」とかないじゃん。だからどうやって対処する?」
矢倉楓子「自分の靴がってこと?」
藤田奈那「そう、自分の足が」
矢倉楓子「自虐ネタですね。川栄さんみたいに「めっちゃ臭いんや」みたいな感じで、「嗅いでみて」ってネタにしちゃう」
小嶋菜月「私はそれで嫌われたらもう嫌だから、ちょっとおトイレ借りて、トイレットペーパーでめっちゃ拭く」客w

「でも絶対そういう人いますよね、この中にも。夏場とか特に。みんな臭いじゃないですか」
岩田華怜「失礼でしょ」
小嶋菜月「なったことあります?逆に」
藤田奈那「(お客さん)ありますとか言わなくない?」
小嶋菜月「どうしましょうね」
藤田奈那「私だったら、窓の近くに座って、窓のほうに足向けて座って」
武藤十夢「トイレとかで消臭スプレーとか借りちゃったりとか」
小嶋菜月「頭いい。トイレ用の足にしちゃう? なるほどね。でもそれが一番いいかもしれない」
藤田奈那「じゃーそれ採用」

小嶋菜月「私は、じゃーもしですよ。もし彼氏のお家に行って、ベットの下にそういう感じのちょい『いやらしいもの』があったら、本とかね、どうしますか?」反応
岩田華怜 → 12歳、中学1年生の達家真姫宝の両耳を塞ぐ
藤田奈那 → 手で達家の目を隠す
小嶋菜月「全然全然。柔らかいやつね。全然大丈夫だけど、それをわざわざ・・・。なんか私が嫌なやつみたいになるからやめて!」
岩田華怜「やめて、そういう悪影響な話」
※ 岩田・藤田 → 達家を開放
小嶋菜月「誰でもそういう、別にみんなで見れるけどただ隠してるだけだったらどうします? 何隠してるの?って言うか一緒に見ちゃうか」客w
藤田奈那「そんなことってあるの?」
岩田華怜「どっちにしろ見るの?」
小嶋菜月「私は、「わー!いいものあるね」みたいな感じで一緒に見る。別にそんな見ちゃいけないものじゃないから全然みんな見ていいと思う」
藤田奈那「誰だよ」
岩田華怜「なんでこのアイドルらしからぬお題にしたの」
藤田奈那「そんな凄いの出てくると思わなかった」
岩田華怜「大丈夫ですか? 皆さんより私達女子力低いんじゃないかって」
小嶋菜月「ちょっとレベル低い話になっちゃいましたね。でも楽しいね」
岩田華怜「楽屋みたいだね。ということで皆さんも大事な人ができたらちゃんとこういう辞退に陥らないように、しっかり対策をしていってください」

達家真姫宝「次が最後の曲になります。あなたがあの頃大切にしていたものは何ですか?」


◆M13.あの頃のスニーカー


■アンコール


◆EN01.AKB参上!
◆EN02.ナミダの深呼吸


■MC
片山陽加「これからもAKB48そしてこのチームAもですね、もっともっと頑張って、みんなで上を目指していきたいなと思いますので、これからも応援よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

片山陽加「それでは本当に最後の曲です」


◆EN03.大声ダイヤモンド


# ご来場の御礼
# AKB48 36thシングル「ラブラドール・レトリバー」曲振り


◆EN04.ラブラドール・レトリバー


# 手繋ぎ挨拶「ありがとうございました」 → 手を振りながら捌ける (BGM:ラブラドール・レトリバー)

# 公演終了


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】6月24日(火)「恋愛禁止条例」公演 (手書きメッセージ)

公演後の感想 → 矢倉楓子岩田華怜

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]





カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ