FC2ブログ
特典ブロマイド付き「新体感ライブ」1月7日発売! 予約受付開始 new2.gif

野澤玲奈 16歳の生誕祭 (2014/05/09、チームB)

AKB48劇場 チームB「パジャマドライブ」公演

野澤玲奈横島亜衿 初日

■出演メンバー
伊豆田莉奈内山奈月大島涼花大和田南那小笠原茉由川本紗矢倉持明日香高城亜樹高橋朱里竹内美宥野澤玲奈橋本耀平田梨奈福岡聖菜横島亜衿渡辺麻友

■開演
◆M00.overture
◆M01.初日
◆M02.必殺テレポート
◆M03.ご機嫌ななめなマーメード
◆M04.2人乗りの自転車


■MC (自己紹介)
渡辺麻友「みなさん、こんばんは!」
みんなで「AKB48チームBです」客、拍手

# 序盤4曲紹介

本日のお題:チームBメンバーの真似をしたいなと思うところがあったら教えてください

【1列目 上手側から】
川本紗矢「AKB48チームB、15歳のさややこと川本紗矢です」

「私がチームBメンバーで真似したいなと思うのは高橋朱里さんなんですけど、MCとかめっちゃ上手で面白いじゃないですか。ほんとに普段も面白いなと思うんですけど」
高橋朱里「雑なだけだから、MC」
川本紗矢「でも凄い真面目なところもあったり、可愛いし、真似したいなと思います」

内山奈月「いつも笑顔だ (なっきー) 今日も笑顔だ (なっきー) あなたをハッピーにしたい、内山奈月です」

「私は野澤玲奈ちゃんを真似したいんですけど (おー) その反応待ってました。ジャカルタに住んでたり、オーストラリアに住んでたり、インドだったりタイだったりものすごいいろんな所に」
高橋朱里「インド住んでない」
野澤玲奈「インドネシア=ジャカルタなんですけど」
内山奈月「気にしないでください(w) それで更にいろんな言葉が喋れるんですよ。ジャカルタ語とか英語とかフランス語とか日本語とかすっごいペラペラで、そんなすごい玲奈ちゃんに誕生日なので持ち上げてみました(w) 私も玲奈ちゃんみたいな帰国子女になりたいです」

渡辺麻友「み~んなの目線をいただき~まゆゆ~。二十歳のまゆゆこと渡辺麻友です」

「私はですね、キャプテンのもっちぃです。ほんとにもっちぃの美しい黒髪のキューティクルがね、ほんとにもう、今日は三つ編みでわかり辛いんですけど、いっつもストレートで下ろしてる時にキューティクルが凄い美しいわけですよ。皆さん真似したいですよね? もう男性も真似したくなっちゃうぐらいのそのキューティクルをチームB大事にしていこうと思います」

大和田南那「倉持チームBの14歳、なーにゃこと大和田南那です」

「私はひらりーさんなんですけど。英語が喋れないのでペラペラな英語に憧れているんですよ。だからそこの能力が奪えたらなって思います」

伊豆田莉奈「ウソだけど伊豆から来ました。埼玉県出身の伊豆田莉奈です」

「私はまーちゅん。私凄いNMB48が好きで、NMBのパフォーマンスが凄い好きなんですよ。やっぱパフォーマンスはもちろん、まーちゅんと言ったら面白さじゃないですか。まーちゅんと一緒にMCやりたいなってずっと思ってたんですよ。それがこのチームBで叶えられると思うんですよ、同じチームだから。だからまーちゅんのその良さをたくさん引き出していけたらいいなと思います」
小笠原茉由「私、別にMC大丈夫です」客、軽くw
伊豆田莉奈「そんなこと言っても楽屋で仲いいんですよ」


【2列目 上手側から】
平田梨奈「あなたのハートにひらひら舞い降りちゃうぞ♪ ひらひらひらで、ひらり~♪ 倉持チームB、15歳のひらりーこと平田梨奈です」

「私は渡辺麻友さんなんですけれども。麻友さんってやっぱパフォーマンスをしていても、普通に座ってても立っててもアイドルオーラというオーラが見えるんですね」
小笠原茉由「ありがとう」客w
メンバーたち「あれっ?」「まゆ違い」
平田梨奈「私、渡辺麻友さん・・・。オーラが凄い見えてくるんですよ。私もいつかアイドルオーラが。いつか私も輝けられたらなって思います」

横島亜衿「倉持チームB、中学3年生 14歳、横島亜衿です」

「私が真似したい人はまーちゅんさんで。まーちゅんさんモノマネが上手いじゃないですか。だから、そういうとこをどんどんネタを盗んでいきたいなと思います」
福岡聖菜「そんなに上手くないモノマネだ」
横島亜衿「じゃー麻友さんのモノマネします。まーちゅんさんじゃないです(w)」 → 「みーんなの目線をいただき 麻友~。。」
メンバーたち「イェー」客、拍手

高橋朱里「皆さんこんにちは。16歳の高橋朱里です」

「私は野澤玲奈ちゃんなんですけど。私、はじめのざを見た時に、チームKとAで前、話したことが無くて。のざの第一印象って凄いサバサバしてるのかと思って。けっこう強めな感じかと思ってたんですよ。「一緒にお菓子食べようよ」って誘っても「いや、私ベジタリアンなんで」って言われちゃうような、そんな感じのイメージだったんですよ。けど話してみたら「こんにちは~」みたいな。すっごいギャップで、ギャップ萌えですよね。凄いキュートなのざにギャップ萌えしたんで、私もこのギャップがあったらなと思いました」

大島涼花「高校1年生 15歳の大島涼花です」

「私は大和田南那ちゃんなんですけど。あの人めっちゃ適当なんですよ。私も適当なんですけど真面目なんで、まぁいいやと思ってても「どうしよう」って考えちゃったりするから、そのなーにゃの凄い適当さを真似したいなと思います」

竹内美宥「皆さんこんばんは。18歳の竹内美宥です」

「私はですね、なっきーなんですよ。なっきーは同い年なんですね、こう見えても。なっきー飛んでっちゃう感じじゃないですか。それが私には足りないので、なっきーから学んで、頑張りたいなと思います」


【3列目 上手側から】
高城亜樹「は~い、緑茶 麦茶 烏龍茶 でもやっぱり? (あきちゃ!) 高城亜樹です」

「やっぱチームBって若い子多いんで、若い子はみんな真似したいんですよ。最近本気でアンチエージングとか目覚めまして、基礎化粧品、全部シワ気にしてる人用みたいな感じにして。それはなんだかだからな。決めました。まーちゅん。まーちゅんいつも笑ってるじゃん」
小笠原茉由「かっこいい時もありますよ」
高城亜樹「真顔して」
小笠原茉由 → 真顔(客w)
高城亜樹「笑ってるって。私、笑ってるように見えてるから。私、真顔になると握手会とか「眠いでしょ?」って言われるタイプだからその笑顔が欲しい」
小笠原茉由「笑顔は、あげません。頑張ってください」

福岡聖菜「中学2年生 13歳のせいちゃんこと福岡聖菜です」

「私が真似したいのは、ひらりーさんなんですけど。英語を喋れるのを真似したいんですけど、やっぱり先輩と凄く仲がいいんですね。渡辺麻友さんとか凄くいっぱい話してるところを見たりするので、ちょっとずつでもグイグイいけたらなーと思います」

倉持明日香「皆さんこんばんは。もっちぃこと倉持明日香です」

「私はですね、せいちゃん」
福岡聖菜「どこが?」
倉持明日香「自己紹介して、今もあきちゃが言ったように自己紹介してるだけであきちゃが隣で「せいちゃんせいちゃん」って言ってたり、どこが?って言っただけで可愛いって私も言われたいなと思って」
メンバーたち「可愛い」
倉持明日香「もう大丈夫。私、たぶん自己紹介しただけで可愛いって言われたことたぶんAKB入って1回も無いので、そんな人生を送りたかったなと今ふと思いました」

野澤玲奈「玲奈恥ずかしくってみんなのこと見れない。でもみんなちゃんと玲奈のこと見てね。16歳になりました、野澤玲奈です」客、声援&拍手

「私はなっきーなんですけど、なっきーは凄い勉強ができて、教えてくれるんですよね。だからなっきーみたいになりたいけど、やっぱり私は言ったらすぐ私の言ってること意味わかる人になりたいんですよ。私が喋るとわかんないって言われちゃうんですよね、あんまり。だからみんなにすぐ言ってることわかってもらえるようになりたい」
小笠原茉由「今も全然わからない」客w
野澤玲奈「私が喋ったらすぐに理解してもらいたいんですよ」
小笠原茉由「頑張ってください」客w
野澤玲奈「頑張るんで、頑張って、はい」客w

小笠原茉由「なんば発小笠原特急! みなさんを夢の世界へお連れしまーちゅん (乗車しまーす) 二十歳のまーちゅんこと小笠原茉由です」

「私、涼花なんですけど。あんなに1回クソっぷりを出してみたいなと思ってるので今日はいっぱいはっちゃけてたいと思います」

橋本耀「高校2年生の橋本耀です」

「私はなっきーなんですけど、私、すぐ人に流されやすいタイプなんですけど、なっきーは誰かに「その髪型すっごい似合わないよ」って言われてもなっきーは絶対に変えないんですよ。だからそんな強い意志が持てるようになりたいなって思います」

倉持明日香「本日は以上のメンバーでお送りします。新生チームBの勢いを感じてください」


◆M05.天使のしっぽ (川本紗矢大和田南那内山奈月)
◆M06.パジャマドライブ (大島涼花伊豆田莉奈横島亜衿)
◆M07.純情主義 (高橋朱里平田梨奈竹内美宥) ※BDなし
◆M08.てもでもの涙 (渡辺麻友福岡聖菜)
◆M09.鏡の中のジャンヌ・ダルク (倉持明日香小笠原茉由野澤玲奈橋本耀高城亜樹)


■MC
小笠原茉由橋本耀倉持明日香高城亜樹野澤玲奈

倉持明日香「今日はのざが初日です」
野澤玲奈「はい、初日です」客、拍手
高城亜樹「初日って意味はわかってるよね」
野澤玲奈「はじめの曲」
倉持明日香「最初の曲は初日って曲だけど、のざがこの公演出るのが初めて」
野澤玲奈「そうです、私初めての日です」
倉持明日香「このかっこいい曲やってるの見たことないけど」
野澤玲奈「ジャカルタいた時、パジャマドライブで、もともと「天使のしっぽ」やらせていただいてたんですよ。当時13歳だったんです」
高城亜樹「今もそんな歳取ってないでしょ」
野澤玲奈「もう年寄りです、16歳です」客w
メンバーたち「いやいやいや」
高城亜樹「倉持さんに失礼だよ」
倉持明日香「あんま変わんないから。どう?ジャンヌダルクやってみて」
野澤玲奈「実はジャカルタにいた時もジャンヌダルクを何回かやらせていただいたんですけど、最初の頃はあんまりできなくて、お客さんがちょっとクスってしちゃった時もあったんですけど、今は凄い頑張って、何回も何回もかっこ良く出来るように頑張りました」
高城亜樹「玲奈ね、日本に来てからちょっと大人っぽくしっかりした気がする」
野澤玲奈「嬉しいです!」
倉持明日香「JKTの時ののざを知ってるのはこの中であきちゃしかいない」
高城亜樹「ずーっと泣いてたイメージ。すぐ泣いちゃうイメージ」
野澤玲奈「もう泣かないですよ」
高城亜樹「泣いてないよね、Bになってから」
倉持明日香「Kの時も全然泣いてないよ」
高城亜樹「どうしたの?」
野澤玲奈「大人になった(w) だって私もう16歳、年寄りです」客w

高城亜樹「どう? 新生チームBになってから」
野澤玲奈「凄い心配だったんですよ。元チームKから2人、私で3人しかいなかったんでちょっと心配だったんですけど、皆さん優しくて、凄い楽しいです」
高城亜樹「せいちゃんと仲良くない?」
野澤玲奈「せいちゃんと仲いいんです」
高城亜樹「仲いいメンバー誰?チームBの中で」
野澤玲奈「なっきーとか、あと・・・(橋本を指差す)」客w
倉持明日香「名前わかるっしょ?」
野澤玲奈から始まる気がするんですけど」
橋本耀「うそ?」
野澤玲奈「ぴっか。橋本耀ちゃんです」客、拍手

高城亜樹「なっきーとは英語で喋ってたよね、この前」
野澤玲奈「なっきーがSpeak Englishとか言ってきたんですよ。英語で喋れるようになりたいらしくて、私がずっと英語で喋ってて、そしたらなっきーが私に数学とか勉強を教えてくれるってことになってるんですよ」
高城亜樹「B頭多い人・・・」客w
倉持明日香「ヤバイヤバイ、もう既に頭弱い人が隣にいた」
高城亜樹「間違えた、頭いい人多くない?と思ったの」
倉持明日香「この2人同じだ」
高城亜樹「(野澤に)えーって言わないでよ」

倉持明日香「のざが初日に立って、まずのざの自己紹介まーちゅんはもうツボに嵌ってましたけども」
野澤玲奈「笑わないでください」
小笠原茉由「ずっと同じトーンやもん」
高城亜樹「まーちゅん、もう出来るんじゃない?」
小笠原茉由野澤玲奈です
野澤玲奈「そんなんじゃないですよ」
小笠原茉由「習得しときます」


◆M10.Two years later
◆M11.命の使い道
セリフ:野澤玲奈「おじさん、お金持ってる?」
◆M12.キスして損しちゃった


■MC
◆前半:野澤玲奈伊豆田莉奈平田梨奈橋本耀竹内美宥大島涼花内山奈月大和田南那高城亜樹川本紗矢

高城亜樹「りょうちゃんが教えてくれたんだけど、今日ってアイスクリームの日なんでしょ?」
大島涼花「横浜の人はアイスクリームの日、給食アイス出ましたよね?。。そうでもなかったようです」
高城亜樹「私、アイスクリーム屋でバイトしたかったの。ということで今日のお題はもしもバイトが出来るとしたらどんなバイトをしてみたいか

野澤玲奈「私はケーキとかそういうの作りたいんです」
伊豆田莉奈「無理だよ、絶対」客w
平田梨奈「料理出来る?」
野澤玲奈「得意料理お湯です」
竹内美宥「でもこの間作ってくれたよね」
伊豆田莉奈「チョコのスコーンをレッスンの時に持ってきてくれたんですけど、スコーンじゃなくて生なクッキーみたいな。言っちゃ悪いけどマズかったです」客、軽くw
高城亜樹「そんなことないよ、玲奈。ちゃんと手作りの味がしたし、凄く美味しかったよ」
平田梨奈「チームBには」
伊豆田莉奈「スコーン職人がいるので」

内山奈月「私、ずっとやりたかったバイトがあるんですよ・・・剥がしさんがやってみたい」客w
高城亜樹「出来る?」
内山奈月「すっごい楽しそうじゃないですか」
大島涼花「ずっと立ってなきゃいけない、剥がさなきゃいけない、大変そうじゃない?」
内山奈月「握手会は剥がしの人との戦いだと思ってるんですよ。それが楽しいので、剥がしやってみたいなって思います」

平田梨奈「私はやっぱいつでも現実から逃亡出来る夢の国で働きたいです。たまにあるじゃないですか、現実から逃げたいみたいな。病んでません、ただ単に私は大好きなんですよ。そこで毎日いたら、人を笑顔に出来ることも出来るじゃないですか。だから自分も笑顔になれるし、お客さん来てくださる人も笑顔になるっていう、素敵だなと思って」
伊豆田莉奈「素敵だね。ひらりーからそんな言葉が出てくると思わなかった。意外と真面目だったね」

「私はショップ店員になりたい」
大島涼花「すげーウザそう」
伊豆田莉奈いらっしゃいませー、こちら新作となっております。私、ショップ行って話かけられるの凄い嫌なタイプの人間なんですけど、自分がもしやったら絶対話かけちゃうなって思うんですよ」

# 平田梨奈を客役にして実演

伊豆田莉奈「粘りそうだなと思って。粘ってモノを買わせる。だから向いてんじゃないかなと思うのでやってみたいなと思います」

大和田南那「私は倉持チームBのみんなの家に家庭訪問に行ってみたい。家庭教師」
高城亜樹「じゃー家庭教師で専攻は何にしますか?」
大和田南那「せんこう? 朱里さん家に行ってみたいです、家庭訪問で」

◆後半:横島亜衿倉持明日香福岡聖菜渡辺麻友小笠原茉由高橋朱里

高橋朱里「巻き込まれた感じでしたね」

「今日は亜衿ちゃんの初日ということで」
メンバーたち「おめでとう」拍手
横島亜衿「ありがとうございます」
高橋朱里「初日だし、ドラフト生でそんなに劇場の場数もないのにね、今日は緊張しましたか?」
横島亜衿「緊張しました。まだフル公演2回目で」
高橋朱里「初日ということで、私達とステージに立つのが初めてということで、気になることや質問とか
横島亜衿「なんで倉持さんは耳が好きなんですか?」
福岡聖菜 → 倉持の耳を触ろうとするも阻止される
高橋朱里「触られるのは嫌なんですか?」
倉持明日香「触られるのは嫌なんです。誠に身勝手ながら触るのは好きなんですけど。耳を触ってたら寝ちゃうんですけど、でもあきちゃが育てた甲斐があって、あきちゃの耳を触ってたらあきちゃも寝るようになったんです。あきちゃの耳を触り過ぎて、一時期ね、フレンチ・キスでずっといた時にマスクが取れるっていう現象が起きて。耳が柔らかくなり過ぎて、取れやすくなっちゃって、すぐ取れちゃうみたいな」
高橋朱里「倉持さんのせいでですか?」
倉持明日香「育てたんです(笑顔)」
渡辺麻友「わかったかな?」
高橋朱里「わかんないよね」
渡辺麻友「奥が深いよね」

高橋朱里「他にありますか?」
横島亜衿「あんま無いです」
高橋朱里「あのさ、亜衿ちゃんの前髪ってさ、正解かな」
横島亜衿「ドラフト生の動画とか見ていただければわかるんです、凄いいっつも前髪ここら辺で上がっちゃう」
倉持明日香「一番最初めっちゃ短かったよね」
高橋朱里「個性的なアーティストいるじゃないですか、前髪がオンザ眉毛してる。そっち系目指してるのかなって」
横島亜衿「ほんとはオンザ眉毛するつもりもまったくなく、普通にこれぐらいのパッツンがいいなって思ってるんですけど」
倉持明日香「汗かくとね、上がっちゃう」
高橋朱里「私も研究生の時、前髪、超特徴的だったんですよ。パッツン!みたいな」
渡辺麻友「変だったよね」客、軽くw

「その印象が凄い強い、昔の朱里は」
高橋朱里「だから凄い共感出来る」
小笠原茉由「麻友さんもけっこうパッツンでしたよ」
渡辺麻友「昔マジ海苔みたいな。若い子、基本海苔を。若いからたぶんわかんない」
倉持明日香「今せいちゃん海苔っぽい。海苔を経てもう一段階あるから」
高橋朱里「亜衿ちゃんの前髪にも注目してください」


◆M13.僕の桜


■アンコール
有志の方「本日は5月6日に誕生日を迎え、16歳になった野澤玲奈ちゃんの生誕祭です」客、拍手

「彼女はJKT48第1期生で、今回はAKB48においては初めての生誕祭です」客、拍手

「2011年、彼女が14歳の時、インドネシア語をまったく話せないにもかかわらず、アイドル不毛の地ジャカルタで活動を始めました。徐々に人気を博し、JKT48がCDを発売するようになってからは選抜の常連になり、有名企業のCMにも何本も出演していました。そして、ジャカルタで築いた人気や実績を持ちながら昨年からAKB48という新たなフィールドでゼロからのスタートを切りました。16歳にしてこれほどのチャレンジをしている女の子、我々は尊敬し、応援します」客、拍手

「そこで、本日のアンコールは大きな、大きな大きな玲奈ちゃんコールでお願いします」客、拍手

「それでは、これからの野澤玲奈ちゃんの飛躍を願ってアンコールいくぞー!」客「おー」


「玲奈ちゃん」コール


◆EN01.ワッショイB!
◆EN02.水夫は嵐に夢を見る


■MC (御礼と感想)
高城亜樹「今日は皆さんご来場いただきありがとうございました」客、拍手

「今日このチームBで初日を迎えたメンバーが2人いたんですよね。野澤玲奈ちゃんと横島亜衿ちゃん。こうして続々と初日を迎えるメンバーを見ると、今のチームBがもっともっと良くなってきている気がします。これからチームBまだ初日を立ってないメンバーもいるので、是非皆さんこれからのチームBを楽しみにしていてください。そしてまた遊びに来てください。今日は本当にありがとうございました」

倉持明日香「あきちゃが言ったように、今日初日を迎えたのざ、そしてえりんぎちゃんがですね(ざわ) 無事初日を迎えました! 改めて初日おめでとう!」
メンバーたち「おめでとう」客、拍手

倉持明日香「それぞれ初日を迎える日は違いますが、メンバー全員がこの初日に立てます。この初日に立って、メンバーそれぞれ初日はやっぱり特別な思いがありますし、新しいチームになって初めてこのチームBのステージに立つということは凄く意味があると思います。それぞれのメンバーにとって、自分にとって思い出のある、そして記憶に残る素敵な初日にしていきたいなと思っています。これからもいろんなメンバーの初日を是非目に焼き付けていただきたいなと思っています。これからもチームBの応援どうぞよろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手


◆EN03.白いシャツ


野澤玲奈 生誕祭
# ご来場の御礼&ハイタッチ案内

# 手繋ぎ挨拶「せ~の、せ~の」
平田梨奈「ちょっと待った!! 今日は5月6日に16歳の誕生日を迎えた野澤玲奈ちゃんの生誕祭です」客、拍手

野澤玲奈ちゃん、お誕生日」
みんなで「おめでとう」

# BGM → 涙サプライズ!

# ケーキ搬入&ロウソク火点け

みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア 玲奈ちゃん ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」 → 野澤玲奈 ロウソク火を吹き消す → 直後に特効発射(客、拍手)

平田梨奈「ある方からお手紙が来てます」

「玲奈ちゃん Happy Birthday

お誕生日おめでとう。玲奈と初めて会った時、凄く静かな子で、全然喋らなくて。でもJKT48に来た時、一番助けてくれたのは玲奈だよ。インドネシア語がわからない私の通訳とか、インドネシアの文化とか、JKT48のこととかたくさん私に支えになってくれたね。本当に感謝してるよ、ありがとう。

ケンカしたこともあるし、玲奈をほんとに妹みたいに叱ったり、ふざけたり、お泊りしたり、そんなことが私の中で凄く楽しかったし、インドネシアで頑張れた1つです。

そんな玲奈がAKB48に行ってしまって寂しくなってきたかな(笑)

玲奈、AKB48での活動はどう? 玲奈は負けず嫌いで人の前で弱音を吐かなくて、でもふとした時にちょっと子供になるかな。そして天然ちゃん。玲奈は頑張れる子だと思っています。玲奈にはこれからも怖がらずにいろいろ挑戦して欲しいな。いつでも玲奈の味方だよ。

今は離れてるけど、AKB48で頑張ってる姿をジャカルタから見てるね。素敵な1年になりますように。大好きな、大好き私の玲奈。ずっと大好き。

JKT48チームJ、遥香より」※仲川遥香

「どうでしたか?」
野澤玲奈「嬉しいです」客、軽くw
平田梨奈「涙目になってるね」
野澤玲奈「んー寂しいです。なんか、遥香さんと2人でJKTにいた時とかも、凄いいっぱいお泊り行かせていただいたり、いろいろ相談、遥香さんのとこに行ってたから、こうやってお手紙くれるのほんとに嬉しいです」
平田梨奈「日本語がちょっと・・・。間違えてたのかな」
野澤玲奈「でもひらりーさん、思ったより凄い読めてビックリしました」客w
平田梨奈「私初めてなんです、仕切り。なので気にしないでください」

「玲奈ちゃん16歳、だから9時過ぎてもお仕事ができます」
野澤玲奈「そうなんです、嬉しいです」
平田梨奈16歳の1年はどういう1年にしたいですか?
野澤玲奈「もっと、大人っぽくなりたいです」
平田梨奈「ツインテールとかやめるってことか」
野澤玲奈「わかんないです。大人っぽくなって、もっとたくさんの人に知ってもらったりとか、あともっと大人っぽくなりたいですね」客、軽くw
平田梨奈「大人っぽい以外とか何かないですか?」
野澤玲奈「楽しい1年にしたいです。楽しくて、みんなに笑顔になってもらえる1年にしたいです」
平田梨奈「例えばどういうお仕事に挑戦したいですか?」
野澤玲奈「テレビのインタビューみたいになってるんですけど(軽くw) もっとたくさん、例えば自分の特技とか、例えばいろんな言葉喋れるとことか活かしてのお仕事とかできたらいいなと思ってます」客、拍手
平田梨奈「いっぱい頑張って、たくさんお仕事出来るといいですね」
野澤玲奈「ありがとうございます。ひらりーさんはどんな1年にしたいですか?」客w
平田梨奈「今日は玲奈ちゃんの生誕祭だから」
野澤玲奈「はい、わかりました」

平田梨奈今日こうやって祝ってくれたファンの方に何かひと言ありますか?
野澤玲奈「今年がジャカルタから来てから初めての生誕祭なんですけど、さっきもアンコールとかで私の声をかけていただいてほんとに嬉しかったし、握手会とかでも凄いたくさんの人が「頑張って」とかそういう風に言っていただいて、いつも応援してくれてるのが本当に嬉しいんで、これからももっともっと頑張るので応援よろしくお願いします」客、拍手

平田梨奈「サイリウムとか最初っから青かったし、玲奈ちゃんの名前を大きく叫んでくれたファンの方もいまして」
野澤玲奈「ありがとうございます、凄い嬉しいです」
平田梨奈「とても素敵でしたね」
野澤玲奈「はい、嬉しいです、凄い」
平田梨奈「玲奈ちゃん、ほんとに16歳のお誕生日おめでとう」
メンバーたち「おめでとう」客、拍手

平田梨奈「思ったんですけど日本語できない2人を」
野澤玲奈「訂正です、私、日本語出来ます」
倉持明日香「こう見えて、まだ勘違いされてるけど、ほんとに日本人なんですよ」
野澤玲奈「信じてくれないんですよ、みんな」
高橋朱里「英語喋れないんですか?」
野澤玲奈「英語のほうが得意です。学校がずっと英語だったんで。純日本人ですよ」

# 手繋ぎ挨拶「ありがとうございました」 → 手を振りながら捌ける (BGM:Two years later)

野澤玲奈「ありがとうございました」客、拍手

# 公演終了


■ハイタッチお見送り (ロビーにて)


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】5月9日(金)「パジャマドライブ」公演 野澤玲奈 生誕祭

公演後の感想 → 野澤玲奈平田梨奈

[ 配信中の公演一覧 ]

dTVチャンネル