「博多レジェンド」公演千秋楽&現チームHラスト公演 (2014/04/17、チームH)

HKT48劇場 HKT48 チームH「博多レジェンド」公演 110回目

中西智代梨 HKT48として最後の公演

18時30分開演 / 20時30分終演

■出演メンバー
チームH → 穴井千尋植木南央多田愛佳熊沢世莉奈兒玉遥指原莉乃下野由貴田中菜津美中西智代梨松岡菜摘宮脇咲良村重杏奈本村碧唯森保まどか若田部遥
研究生 → 今田美奈



■休演
休演なし / チームH 15名フルメンバー

16人目のポジション → 今田美奈


■開演前の陰アナ
熊沢世莉奈「皆さん盛り上がる準備できてますか?」客、拍手

「今日で博多レジェンドいよいよ見納めになります。これからはチームH、チームKⅣそれぞれに分かれてしまいますが、今日は私たちの集大成をみなさん、目と体と心に焼き付けていきましょう。私たちの最終章の幕が開きます。みんなで楽しんでいきましょう。以上、今日17歳になりました、せりーぬこと熊沢世莉奈でした」


■開演前 ※幕は閉じた状態
穴井千尋「チームH千秋楽いくぞ!」
メンバーたち「おー!」

■開演
◆M00.overture (HKT48 ver.)
◆M01.HKT48
◆M02.君のことが好きやけん ※「君のことが好きだから」博多弁バージョン
◆M03.ボーイフレンドの作り方
兒玉遥「恋は智代梨だと思います」
松岡菜摘「チームH最高!」
◆M04.初恋バタフライ


■MC (自己紹介)
兒玉遥「皆さんこんばんは HKT48」
みんなで「チームHです」客、拍手

兒玉遥「私たちHKT48チームH「博多レジェンド」公演 千秋楽が始まりました!」客「イェー!」
メンバーたち「どうしたの?どうしたの?」
植木南央
兒玉遥「南央大丈夫?」
松岡菜摘「ちょっとずれてない?タイミング」客w
指原莉乃「ちなみにどこで来たの?」
植木南央智代梨と目が合ったから
兒玉遥「最後まで長いですからね」
指原莉乃「これから智代梨と目合う度にみんな泣いてたらヤバイよ」
中西智代梨
メンバーたち「えー!」
多田愛佳「智代梨が泣いたらみんな泣いちゃうよ」
指原莉乃泣いたらブスになるよ」客w

「最後にしよう、最後にしよう」

兒玉遥「1曲目はHKT48・君のことが好きやけん・ボーイフレンドの作り方・初恋バタフライ、4曲続けて聴いていただきましたが、皆さん、千秋楽盛り上がってますか?」客「イェー!」

「ありがとうございます。メンバー一同もですね、いつも以上にすっごいモリモリ気合が入ってるので、最後まで楽しんでいきましょう」

「そして今日のお題は博多レジェンドでの思い出について話してきたいと思います」

【1列目 下手側から】
穴井千尋「HKT48チームHキャプテンのちひろんこと穴井千尋です」

「思い出はもうなんかあり過ぎてというか、全部が思い出なので決め切れなかったんですけど、私はたぶん今日が一番の思い出になるんじゃないかと思ってますので、今日皆さんにとっても私たちにとっても最高の思い出にしたいなと思ってます。今日このメンバーで立つのは最後になるし、あと智代梨と立つのも最後になるので今日は智代梨らしく最後はバカ笑いをして、泣かずにバカ笑いをして皆さんと一緒に楽しく千秋楽を終われればいいなと思います」

本村碧唯「福岡を信号で表すけん、皆さんも一緒に言ってみてください。お願いします。赤は明太子、黄色はとんこつラーメン、青はやっぱり? あおい! ありがとうございます。福岡県出身、16歳のあおいたんこと本村碧唯です」

「私はですね、思い出、んーっと、はるっぴのポジション、センターのポジションを初めてやらさせてもらったのが「博多レジェンド」公演で、凄くいい経験をさせてもらったなと思って、成長できた公演だなと思います。でもなんか、はるっぴのポジションをやる時にさしこちゃんがいなくて、いつも。一緒にやったことが無いので1回ぐらい一緒にやりたかったなと思います」
指原莉乃「じゃー今度お家でやろっか」客w

「お家か公園かどっかで」
本村碧唯「はい、OKです」

兒玉遥「今日の気分はハッピーハッピー はるるっぴー! HKT48チームH、はるっぴこと兒玉遙です」

「私の「博多レジェンド」公演での思い出は、これは「博多レジェンド」公演じゃないかもしれないんですけど、この劇場で曲を披露するのって「手をつなぎながら」とか「博多レジェンド」公演とかしてるんですけど、自分たちの曲がいつかこのステージでしたいなと思ってて。だから「初恋バタフライ」の自分たちのオリジナル曲ができた時はすっごい嬉しくて、やっと博多の皆さんに自分たちの曲を披露できたって気持ちで凄い嬉しかったのを覚えています。その嬉しい気持ちをこれからも忘れず、劇場に立ち続けたいと思います。なんか真面目になっちゃう」客w

「こんな感じでいいですかね?」

宮脇咲良「あなたも あなたも みーんなの心に さくら咲け! ありがとうございます。鹿児島県出身、宮脇咲良、16歳です」

「私の「博多レジェンド」公演の思い出は、まだこのレジェンド公演が始まる前に手つなの千秋楽だったのかな。その時に「レジェンド公演をします」っていうのを発表した時に、ファンの皆さんが名前が今までにない公演名で、オリジナル公演だと間違って、すっごい喜んでたのが凄く思い出で、なんかちょっと申し訳なかったんですけども、でもこの公演もいろいろレジェンドが起きたなと思っていて。特に私的には植木南央ちゃんがちょっと違う方向に」客w

進んで行ったのがレジェンドだったかなって」
植木南央「全然。行くべき方向に進んでおります」客w
宮脇咲良「なので今日はチームHらしく最高に楽しい公演にしたいと思います」

植木南央「み~んなを笑顔にしちゃうけん。片っぽえくぼがチャームポイントの16歳、なおこと植木南央です」

「ありがとうえき。あの、南央の「博多レジェンド」公演での思い出は、「博多レジェンド」公演は今日を含めて108回あってるんですけど、南央はそのうち108回全部出てるんですよ」客、おー&拍手
メンバーたち「凄い」
植木南央「1人だけ出てて。最初は素直に喜んでいいものか」
指原莉乃「いいでしょ」
植木南央「だけど、なんかこれをぐぐたすに書いた時に、皆さんが凄い、凄いねーって言ってくれて、書いてくれて、それで改めて南央らしくレジェンドを起こせたんじゃないかなって思います。これも思い出の1つなんですけど、靴を間違えて出てきて、足が凄い涼しかったこととか凄く覚えてるので、次の公演でもたくさん思い出を作っていけるようにがんばりまっちょしたいと思います。今日は1日おねげーするっす」
指原莉乃「2コ目のやつはあんま必要なかったですよね」客w


【2列目 下手側から】
熊沢世莉奈「HKT48のおしゃれ番長になりたい、せりーぬこと熊沢世梨奈です」客、声援&拍手
メンバーたち「おめでとう」
熊沢世莉奈「ありがとうございます」
メンバーたち「お誕生日おめでとう
熊沢世莉奈セブンティーンになりました」客「ひゅ~」
多田愛佳「17歳になったの?」
松岡菜摘「7歳じゃない?」客w
熊沢世莉奈「違います! ちゃんと10付けてください。私の「博多レジェンド」公演での思い出は、今日を思い出にしたいなと思ってるんですけど、今日はお祝い事が2つも重なってるじゃないですか。私の誕生日と、あと千秋楽はお祝いしてもいいやつですか?」
指原莉乃「いいよいいよ」
熊沢世莉奈「じゃーお祝い事が2つもあるので、今日はこれを自分へのプレゼントにしたいなと思います。皆さん一緒に盛り上がっていきましょう。それでは皆さん一緒に言ってください。今日は1日がんばー! (りーぬ!) ありがとうございます。よろしくお願いします」

若田部遥「15歳の高校1年生、わかちゃんこと若田部遥です」

「私、「博多レジェンド」公演の思い出はですね、やっぱりいっぱいあるんですけども、一番に思い浮かんでしまったのが、初日の本番前にゲネプロっていう本番通りのリハーサルをするんですよ、関係者の方とか親とか呼んで、やるんですけど、その時に「初恋バタフライ」という曲で、客席にいたあおいのお父さんが歌いながら踊ってたのが」客w
指原莉乃「あったあったあった。そこら辺にいたよね(客席指差す)」
若田部遥「そう、あそこら辺にいた」
指原莉乃「覚えてるわ」
若田部遥「ほんとに、あれしか記憶に残ってなくて」客w

「あれから1年と1ヶ月ほど経つんですけども、覚えてるってことはもうあおいのお父さんはレジェンドだなーと思いました」

指原莉乃「大分県出身、さっしーこと指原莉乃です」

「その時に村重の妹に向かって「村重の妹も楽しんでいくよ!」って言ったら普通に無視されたっていう」客w
村重杏奈「そうそうそう、ありましたよね」
指原莉乃「そういうのもあるし、博多レジェンドほんとは「脳内パラダイス」公演だったとか」客、反応

「そう、「脳内パラダイス」公演をやる予定だったんですけど、でも秋元さんに誰かがその話を「いいですか?」っていう相談をしたら「ウェイティング(公演)みたいに自分たちでセットリスト組んだほうがいいんじゃない?」って言われて、で、そのままやってたんですけど、「タイトルはウェイティングじゃなくてもっといい名前あるんじゃない?」って言ったら、1分ぐらいで「博多レジェンド」って返信がきて、「あっ、やっつけかな」と思ったという思い出が」客w

「誰か来たの? 奈子? 奈子ちゃーん、盛り上がってくれる?」
矢吹奈子「うん」客w ※センター7列目後方のブースより
指原莉乃「明日からね、智代梨がAKB48様のチームA様の超選抜様ということで、気遣って生きていきたいと思います」

松岡菜摘「ホルモンが~~~~~ (食べたーい!) 一番いい(w) ホルモンが大好きななつこと松岡菜摘です」

「何が思い出かなと思って考えたら、一番最初に浮かんだのが、この衣装なんですけど、舞ちゃん、さっしーのポジションでずっと出てた舞ちゃんがこれを後ろ前に着て出たことがあって「ボーイフレンドの作り方」で後ろ向いてみんなにこうやってやる(指差し)するじゃないですか。そのために着たのかってぐらいここ(背中)にボタンがあって、それ今思い出しましたね」
指原莉乃「いろんなハプニングあるんだね」
松岡菜摘「そう、舞ちゃんらしくていいなって今思ったんですけど、でも私は1回咲良のポジションで出させていただいた時に、ここに乗って、バンビで回ったんですよ。それは凄いアイドルらしいなと、「あっ、私アイドルだな」って回ってる時に、そこで初めて実感して。みなぞう、回りたいって言ってて」
今田美奈まだ回ってない。2年以上いるのに」
指原莉乃「私が言うのもあれだけど、あんま似合わないと思う」客w
今田美奈「いやいや、やめてください」
指原莉乃「いつか回ろう」
松岡菜摘「みんなの夢ですからね。回れたのは凄くいい思い出になったかなと思います。今までの「博多レジェンド」公演以上に今日は思い出に残る公演にしたいと思います。皆さん協力してください」

多田愛佳「埼玉県から来ました、らぶたんこと多田愛佳です」

「私はですね、この間のこの間の公演の時に誰も私のファンの人がいなかったことが」客w
指原莉乃「いるよ」
多田愛佳「今日みたいに私のパーカー着てくれてたり、あとうちわ持ってくださってるのが一番らぶたん推しだよっていうのがわかりやすいじゃないですか。でも身につけてる人も持ってる人もいなくて。ハイタッチしてて、「あっ、私のファンの人だ!ありがとう!」って言うんですけど、いなくて、「ありがとう」と言えなかった」
指原莉乃「みんな急いでTシャツにらぶたんって書いてもらっていいかな」客w

「今書こう」
多田愛佳「だから、「シアターの女神」公演ではそういうのがないように、劇場スタッフさんに「私のファンの人を優先的に入れてください」って言おうかなと作戦を練っています」

田中菜津美「福岡県出身、なつみかんこと田中菜津美です」

「私はですね、自分じゃないんですけど、DMMカット数が第1位です」
指原莉乃「じゃーカットされた内容の1コ言ってみて、今」
田中菜津美「えっと、あの、飛行機の中になっちゃんから買ってもらった冷凍みかんを置いてきた
指原莉乃「それでカットされたの?」
田中菜津美アイドルとしてダメですって」
指原莉乃「それ絶対佐藤和也でしょ?」客w&拍手 ※前支配人
松岡菜摘「DMMじゃなくて私のプライドの問題だよね」
田中菜津美「そう、なっちゃんから買ってもらって。寝てたんですよ、なっちゃんが。だから、気づいてないんだろうなと思って」
松岡菜摘「この人のが通路に近いほうだったんですよ。ってことは私、通るじゃないですか、そこ」
指原莉乃「すげーしょうもないけどね」
田中菜津美「ドゥーンって入れていったんですけど、気づいてたみたいで、カットされて。一番ひどい時は最後の「よろしくお願いします」のみだった」客w
中西智代梨「ほんとに?」
多田愛佳「名前も無いの?」
田中菜津美「その、名前も無いです。結局お前誰だよっていう感じで捌けちゃったんです。いつの間にかいなくなって」
中西智代梨「全然喋らない人じゃないか」
指原莉乃「治しましょうね、そういうのね」
田中菜津美「皆さんがいるおかげで言えると思うので、これからも気をつけてはいきたいと思います」


【3列目 下手側から】
森保まどか「あなたの心を惑わせたい、博多のミステリアスガール、16歳のまどかこと森保まどかです」

「私が印象に残ってるのはですね、このセットリストなんですけど。これ全部自分たちで考えたセットリストなんですよね。さっしーとかのアドバイスを受けながらスタッフさんだちと話し合って決めたんですけど、やっぱりみんな納得いくまで凄く話し合わなきゃいけなくて、とても大変で、みんな泣きながら話し合った時とかあったのを思い出します。そんなセットリストも皆さんに楽しんでいただけたらいいなと思っています」

今田美奈「福岡を盛り上げるのは? いまだー! みんなのアイドル♪ (ひゅ~) ありがとうございます。福岡県出身、17歳のみなぞうこと今田美奈です」

「私の「博多レジェンド」公演の思い出は、今日こうして出演できたことに、ブログを見た時にほんとに嬉しくて。もし出れなかったらそこのブースで見ようと思ってたんですけど、凄い出れたことも嬉しくて。一番「博多レジェンド」公演はアンダーとして出させていただいたんですけど、一番自分が素でいれた場所でもあったなと今更ながらちょっと、改めて思うことができたので、これからはチームKⅣになるので、今までの経験をこれからも活かして頑張りたいと思います」

村重杏奈「フスィェミ プリヴィェトゥ ヤー ヴァス オーチン オーチン リュブリュー。ロシアとのハーフのあーにゃこと村重杏奈です」

「私の思い出はですね、さっきまどかが言ったように、泣きながらみんなで相談したっていうのがあったんですけど、それ私と智代梨なんですけど、泣きながら2人でケンカしたんですよ」
中西智代梨「意見が違ったんだよね」
村重杏奈私と智代梨がケンカするってほんとに珍しいんですけど、MCと次の曲に出る。たぶんわかんないと思うんですけど、ユニットのMCを取るか、日替わりで出れるポジションのセンターを取るかっていうので」
下野由貴「私、必死に仲直りさせようとしてた、2人を」
村重杏奈「村重と智代梨の意見が凄い食い違って、2人で超泣きながら大ゲンカしたんですよ。だからそんなね、それで智代梨と2人で泣きながらケンカして、できた今の友情っていうのもあると思うので、凄いこのレジェンド公演では智代梨と村重の友情が深まったんじゃないかなと思って、凄い今泣きそうになっちゃったんですけど、でもそんな智代梨も明日からAKBのね、超選抜様になるので」客w
中西智代梨「何言ってるの、やめて、そういう」
村重杏奈「なのでですね、泣きながら智代梨に文句言うことは出来ないと思うんですけども、智代梨にね、頑張って欲しいなと思います」

中西智代梨「朝からすき焼き~ 大丈夫! スタミナ満点! 福岡県出身、18歳のちょりこと中西智代梨です」

「ほんとに思い出って言ってもいろいろあり過ぎて。杏奈がね、言ったことももちろんなんですけども。一番はですね、ほんとしょうもないんですけど、衣装が今ここ(肩回り)にゴムが付いてるじゃないですか。最初はゴムが付いてなかったんですけど、ボタンがきつくて、もうHKT48のこれやるじゃないですか(拳突き上げ)、もうブチブチ言って」客、軽くw

「今日も見事に全部外れてるんですけど」
村重杏奈「締まんないってこと?」
中西智代梨「そう、だからゴムを付けてもらって」
村重杏奈「じゃー太ったんだ、この公演で」客w
中西智代梨「違う、最初からきつくて。だから、今日は絶対外さないようにしようと思ったのに、もうね、一発目からもうね、取れちゃって」
村重杏奈「つまり太ったわけだ」
中西智代梨「太ったとかじゃなくて、ほんとにね、これは恥ずかしかったので、今日はね、最後になるんですけども、こんなちょっとしょうもないお話をしちゃったんですけど、これからはもっともっと凄い、最後にHKTとして最高のレジェンドを作っていきたいなと思います」

下野由貴「意地悪なんてしないもん、みんなにあま~い (しなもん!) 福岡県出身、16歳のしなもんこと下野由貴です」

「私の思い出はですね、この自己紹介MCなんですけど。智代梨の次なんですよね。智代梨っておもしろいし、凄いじゃないですか、いろいろ。だからほんといつもこの次にMC言うのがほんとに実はほんとに嫌だったんですよ。プレッシャーがかかっちゃって、実は嫌で。でも今思うと、一番最後にできるし、ずっと智代梨の隣だったので、いろんな思い出ができたし、実は『手つな』の頃はそんなに智代梨と喋ったこともあんま無かった」
中西智代梨「そう、あんま喋らなかったもんね」
下野由貴「そう、だけどこのレジェンドでいろんなメンバーとの思い出ができたので、これからみんなバラバラになってしまうんですが、これからもずっと仲良くしていけたらいいなと思います。皆さん今日は千秋楽です。一緒に盛り上がっていきましょう! いいですか?」客「イェー!」

中西智代梨「HKTポーリーエイト(w) 「博多レジェンド」公演 以上のメンバーでお送り致します。ここからは様々なユニットの登場です。まずはこのユニットから」客、拍手


◆M05.ガラスの I LOVE YOU (宮脇咲良植木南央本村碧唯兒玉遥)
◆M06.制服レジスタンス (熊沢世莉奈指原莉乃田中菜津美)
◆M07.ハート型ウイルス (穴井千尋多田愛佳若田部遥)
◆M08.禁じられた2人 (森保まどか(白)・松岡菜摘(ピンク))
◆M09.天国野郎 (村重杏奈(ニッカポッカ)・今田美奈(看護婦)・中西智代梨(メイド)・下野由貴(セーラー服))
(BD:本村碧唯(ランドセル)・田中菜津美(チャイナドレス)・植木南央(黄色つなぎ)・穴井千尋(テニス)・熊沢世莉奈(巫女)・若田部遥(婦人警官))

中西智代梨「皆さんに、1つだけ、報告があります。私、AKB48の・・・超選抜になりました。こんな私は?」
みんなで「天国野郎!」


■MC
今田美奈中西智代梨村重杏奈下野由貴

下野由貴「千秋楽ということですから、このメンバーでMC出来るのも最後なんですよね。だから、今日は今だからこそ話せるこの天国野郎MCのエピソード。暴露でもいいですし、裏話みたいなものをしてみようかなと思います」

今田美奈天国野郎の衣装ってたくさんパターンがあって、工事の人とかセーラー服とかメイドとかいろいろあるんですけど、ほんとにたくさんあるんですけど、争奪戦が激しい。好きなの選んでいいんですけど、たまにバックダンサーのほうが豪華だったりするんですよね」
中西智代梨「先に取られちゃったりするからね」
下野由貴「最初ら辺はちーちゃんのナースに全部取られてた感じが」
村重杏奈「あおいたんの幼稚園生。つい最近だったり秋吉ちゃんのおばちゃん」
中西智代梨「あれ取られたね」
下野由貴「衣装の取り合い、私、智代梨とセーラー服をかけて戦ってた」
中西智代梨「いっつも早いの」
下野由貴「早い者勝ちなんですよね、取るのが。だからもう誰にも取られたくなくてガって」
今田美奈「みんな取ったら絶対放さないよね」
中西智代梨「(セーラー服)着易いのよね」
下野由貴「早着替えし易い」
中西智代梨「これけっこうちょっとかかるのよ」
今田美奈「でも似合ってるよ」
中西智代梨「ほんと?」客w
村重杏奈「何照れてんの」

下野由貴「智代梨と村重が最近カップルじゃないかっていうぐらいラブラブになってる」
中西智代梨「村重が凄いくるの、こっちに」
村重杏奈「なんで?」
中西智代梨「ほんとは、私出てくる時、私こっから出てくるんですよ、ほんとはここで、こういう風にして、またこっち来るんですけど、村重が(お尻振りながら)「一緒に出たい~」とか言って」客w

「音響さんにいいですか?って言ったら「まぁええんちゃう?」みたいになって、こっから村重と私が一緒に出るようになった、つい最近」
下野由貴「さっきも楽屋で、智代梨とたまたまお昼ご飯同じ料理を食べてたらしくて、違う場所にいても。それでめっちゃ喜んでるんですよ。カップルかって」
今田美奈「レジェンド公演始まってから仲良くなった? 手つなの時、あんまりそんなめっちゃ仲いい印象は無かった。ライバルって感じ、バラエティ班の」
下野由貴「いつの間にかライバルからカップルになった」
村重杏奈「だってさ、普通に考えて、こんな顔と付き合える?」客w
中西智代梨 → 村重をポンと
下野由貴「ちょっとやめろ。最後だからって何言ってんだ」
中西智代梨「照れ隠ししやがって」

下野由貴「今日はですね、レジェンド公演最後、千秋楽ということで、今だから言える話をしてみたんですが、チームが離れてしまってもこれからもずっとこのメンバーの絆というものを残していけたらいいなと思います」

中西智代梨「HKTポーリーエイト(軽くw)「博多レジェンド」公演まだまだ続きます。続いての曲はバンビたちが早速大空へ飛び立つ曲です、どうぞ!」


◆M10.制服のバンビ (兒玉遥指原莉乃宮脇咲良)
◆M11.遠距離ポスター (多田愛佳熊沢世莉奈穴井千尋若田部遥松岡菜摘本村碧唯森保まどか)
◆M12.Two years later
◆M13.回遊魚のキャパシティ
◆M14.シャムネコ
◆M15.大声ダイヤモンド


■MC
◆前半:多田愛佳穴井千尋松岡菜摘兒玉遥中西智代梨熊沢世莉奈植木南央下野由貴

穴井千尋「今回はですね、智代梨の話を。今まで思い出たくさんあると思うので」

植木南央「思い出というよりずっと気になっとったことを最後に解決したいなと思って。智代梨ってけっこうご飯が出てくると彩りを気にするんですね。色が茶色とかばっかりだったりムラムラするらしくて」
下野由貴「どういうこと?」
中西智代梨「三色欲しくて。茶色のものあってもいいし、でもオレンジと緑とか、赤系を」
穴井千尋「野菜とかね」
中西智代梨「そう、そういうのを入れて欲しいなー」
松岡菜摘「それムズムズじゃない?」
兒玉遥「智代梨頭が弱いからね」
松岡菜摘「(智代梨が)怒ってる怒ってる」
中西智代梨「みんなに「勉強したほうがいいんじゃない?」って言われるの、よく国語とかの。だから、漢字検定が取れるようになればなーって。まず5級から」
植木南央「ユーキャン頑張って」

松岡菜摘「いい話しよう」
多田愛佳「いい話かわかんないけど、私、智代梨と2人っきりでご飯行ったことが1回だけあって。やっぱみんなでいると、村重とかのせいでけっこうふざけちゃったりするじゃん。でも、2人っきりになると静かだし、けっこう真面目なんだよねと思って、2人で遊んだ時につまんないなーって思った」客w
中西智代梨「えっ!? でもそれはちゃんと理由があって、愛ちゃんと喋る時はカウンターでね、食べてて、人がいるのよ。なのにさ、「美味しいよ!愛ちゃん!」とか言ったらさ」客w

「ちょっとキモイじゃん。それは、できないなと思って」
多田愛佳「でも、これからAKBに行って、東京に住むわけなので、これからまた私も東京にいることがけっこう多いから、遊びにまた行けたらいいなって」
穴井千尋「みんなで行こう」
松岡菜摘「じゃー智代梨以外でいこう」客w
中西智代梨「おかしい。私の家なんで」

兒玉遥「これを聞いたらみんな智代梨って凄いなと思うんですけど。前、あるあるYYテレビっていうやつで、智代梨と2人でバラエティ番組っぽいやつなんですけど、地元の・・・(滑舌悪)」客w
メンバーたち「何て? もう1回」
兒玉遥「地元のそういう番組に出させていただいて。そういう時に、智代梨がたぶん、凄いやりたいことあったんでしょうけど、あんまり上手くできなかった時に、終わってから、幕裏で1人で涙をポロポロ流してたんですね。初期の頃ね、けっこう。その姿を見て、智代梨って凄いなって思いました」
下野由貴「私もそういう話あるよ。HEY!HEY!HEY!って番組で村重がけっこう凄いグイグイ行けてて、けっこう番組もね」
兒玉遥「椅子取りゲームのやつね」
下野由貴「そうそうそう、けっこう番組でいっぱい映ってて、それが悔しかったのか、番組収録終わって、行った時に、尾崎さんと2人きりで真剣に話してて」客w
多田愛佳「私、言われたもん、尾崎さんに「この後、中西とさ、話し合うんだよね」っていう。「そうなんですね」って」
下野由貴「私も智代梨に話かけようと思ったら「ちょっとごめんなさい、尾崎さんと2人で話したい」って言われて」
中西智代梨「その時ほんとにヤバくて、もう私ダメだってすっごい思ってたから、尾崎さんに話聞いてもらおうと思って、その時は凄かったね」
下野由貴「真面目なんだよね」
兒玉遥「でもそんな智代梨が、ねぇ、東京に行くんですよ。凄いですよ、これは」
多田愛佳「どうすんの?こじはるさんの前とかでさ」
兒玉遥「シミュレーションしよう、シミュレーション」客、軽くw
中西智代梨「何言ってるの? 出来るわけないじゃん。こじはるさんいないんだからさ」

松岡菜摘「いい話したかった。最初に、私、人見知りだったから全然メンバーに人見知りしちゃって馴染めない時があって、入ったばっかの時に。智代梨ってやっぱみんなの円の中心にいるんですよ、絶対。だからこの人に話かけたらみんなと仲良くなれるのかなと思って、智代梨に「一緒にお弁当食べていい?」って言ったら「いいよ、おいで」って言って、場所を空けてくれたのが、たぶん私の心が開いたきっかけなんだなって」客、拍手
穴井千尋「めっちゃいい話や」
松岡菜摘「私、さくらんぼ食べれないんですよ。お弁当に入ってて。それを食べてくれたのが一番覚えてる」
中西智代梨「一番最初」
松岡菜摘「3年ぐらい前なのに」
多田愛佳「AKBに行っても私たちは心配ないです」
穴井千尋「智代梨はそのままAKBに行っても頑張ってください」
中西智代梨「頑張ります。またね、さくらんぼ食べてって言ったら食べれるようにね、お腹も空けときます。ちょっと変な空気」客w
穴井千尋「しんみりせず、明るく次に行きましょうかね」

# 「イェー」後半組入場 / メンバーチェンジ

◆後半:宮脇咲良今田美奈若田部遥田中菜津美森保まどか指原莉乃本村碧唯村重杏奈

田中菜津美この「博多レジェンド」公演を通して成長したなと思うところ

「じゃー」
村重杏奈「ハーイ!」
田中菜津美「村重」
村重杏奈「村重はMCとかで暴走するのが収まってきたなって。だから凄い成長したなって思います」
指原莉乃「でも確かに、これはオイオイっていうとこかもしれないけど、確かに手つなの時に「ヤバイこいつ」と思ったもん。こいつヤバイと思ったけど、その時に比べたら全然良くなってる」
村重杏奈「だから凄い、暴走するの止まって、成長したなって思う」
本村碧唯「治ったから一番目に当ててもらえるようになったね」
指原莉乃「そうだね。前までほんとリアル無視されてたもんね」
村重杏奈「そう、リアル無視です。絶対見えてるでしょ?って」客w
若田部遥「だってあれじゃん。村重当てたらずーっと話すから終わんない」
指原莉乃「昔は全員の話に入ってきてたよ」
田中菜津美「そう、割り込んでくるの」
若田部遥「村重はね!みたいな」
村重杏奈「そう、だから凄い他の推しの方から批判されてましたね」客w
指原莉乃「大人になったね」
村重杏奈「大人になりました、高1になったし」

若田部遥「自分で言うのもなんなんですけど、歌が上手になったと思います」
田中菜津美「全部裏声で歌ってるよね、わかちゃん」
若田部遥「違うよ」
田中菜津美「地声が出ないんですよ、意外と」
指原莉乃「ボイトレの効果とかもあって」
若田部遥「ボイトレの効果とかもあって、オーディションの映像がちょこっと出たことあって」
田中菜津美「Everyday、カチューシャめっちゃヘタクソなんです」客w
若田部遥「ほんとひどい」
田中菜津美「カチュ~シャ~って」
若田部遥「違う。♪カチューシャーって歌ってたのが」
指原莉乃「子供っぽかったんだ」
若田部遥「出ちゃって、ほんとに私、音痴っていうイメージだと思うんですけど、そんなに音痴じゃなかったよっていうことを言いたかった」客、拍手
指原莉乃「成長だね」

今田美奈「私、このレジェンド公演で成長したことは、私はあんまりチームHの公演に出てなかったんですけど、その間にみんな美人になったから、私も負けずに美人になろうと思って、凄い頑張ってた。なつみかんは特に大人びたかなと思って」
メンバーたち「確かに」
指原莉乃「前、これも手つなの時だけどさ、手つなの時さ、けっこうヤバかったよね」
田中菜津美「あんなんでよくみんなの前に立てたなと思いますもん」
指原莉乃「一番最初の、ヤバイよね」
本村碧唯「真っ黒、真っ黒」
村重杏奈「白くなったよね、ボス」
指原莉乃「マジで気をつけてるっしょ」
田中菜津美「気をつけてる。オフが多いんで、外に出ることが無いですね。ロケが入らないんで」
指原莉乃「でもなつみかん、私、成長したと思うことあるよ。やっぱダンス」
田中菜津美「えっ!?ウソ? 嬉しい」
指原莉乃「やっぱこれからチームSでしょ? 兼任でしょ? JYURI-JYURI BABYとかゴリゴリだから」
田中菜津美JYURI-JYURI BABYを踊る (客、拍手)
指原莉乃 → w
メンバーたち「細い」
指原莉乃「しかもさ、「制服の芽」だよね? そしたらやっぱ「思い出以上」に期待しちゃうよね」
田中菜津美「♪思い出以上~ (踊る)」客w
指原莉乃「ヤバイよ。珠理奈にすっごいしごかれると思うよ」客w

「すっげー怒られると思う」
田中菜津美ヒョロヒョロベイビーに」客w

本村碧唯「私はね、泣かなくなりましたよ」
田中菜津美「ほんと、最近見てないよね」
指原莉乃「えっ? 泣いてなかったっけ? 演技で泣いてたじゃん、おでかけ。まだ見てないか」
田中菜津美「大丈夫自己紹介で言ってた。コントロール出来るようになったって」
指原莉乃涙はコントロールできないが名言じゃないの?」
本村碧唯「そう、あのね、思ったより我慢出来るようになったの」
指原莉乃「そうなの?」
本村碧唯「凄くない?」
指原莉乃「目が強い」客、軽くw
若田部遥「こうやってMCで喋れるようにもなったよね」
田中菜津美「まったく喋れなかったのに」
村重杏奈「前、1回も喋んない時とかあったもんね」
指原莉乃「今やもうアンコール後にファンをおちょくって」客w
本村碧唯あそこ大好き!
メンバーたち「可愛い」

田中菜津美「今日はですね、成長したことについて話したんですけど、今日で私たちは「博多レジェンド」公演千秋楽になってしまうんですけど、これからも成長はまだまだ続いていけたらいいなと思います」

宮脇咲良「ということで、次が本当に最後の曲になります。チームHはこうやってバラバラになってしまいますが、お互いに「未来の扉」をどんどん開いていけたらいいなと思います」


◆M16.未来の扉


# 曲終了後、メンバーたち「ありがとうございました」手を振りながら捌ける


■アンコール
有志の方「昨年3月1日から始まったHKT48チームH「博多レジェンド」公演が本日4月17日で千秋楽を迎えました」客、拍手

「この1年間行われた「博多レジェンド」公演で、その名のごとく伝説を残すことができたと思います」客、拍手

「これから別々のチームになっても、更に活躍してくれることを願いまして、本日のアンコールは出演メンバー16名のメンバーコールおよび、チームHコールでお願いします」客「イェー!」

「HKT48チームH「博多レジェンド」公演千秋楽 アンコールいくぞー!」

ちひろ(穴井千尋) → なお(植木南央) → あいか(多田愛佳) → せりな(熊沢世莉奈) → はるか(兒玉遥) → さしはら(指原莉乃) → ゆき(下野由貴) → なつみ(田中菜津美) → ちより(中西智代梨) → なつみ(松岡菜摘) → さくら(宮脇咲良) → あんな(村重杏奈) → あおい(本村碧唯) → まどか(森保まどか) → はるか(若田部遥) → みな(今田美奈)

その後「チームH」コール


◆M17.会いたかった ※ショートバージョン(サビのみ)


中西智代梨「アンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

中西智代梨「皆さん、まだまだありますけど、盛り上がる準備できとるばい?」客「イェー!」

「もっともっと、できとるばい?」客「イェー!」
松岡菜摘「どういう意味?」

中西智代梨「ありがとうございます」
指原莉乃「それさ、やったらこじはるさんに凄い白い目で見られるよ」客w

「気をつけてよ」
中西智代梨「HKT48のオリジナル曲を2曲続けて聴いていただきたいと思います」


◆M18.スキ!スキ!スキップ!
◆M19.メロンジュース


宮脇咲良「ではここで続いてもう1曲聴いていただきたいと思います」


◆M20.桜、みんなで食べた


宮脇咲良「桜、みんなで食べたをチームHバージョンで聴いていただきました」

穴井千尋「本日をもって、「博多レジェンド」公演は今日で千秋楽を迎えます。

ここまで来る時にですね、チームHは1人1人凄く個性の強いメンバーが多いので、最初は凄く「このチーム大丈夫なのかな」と何度か心配したこともあったり、あと仲が良すぎるっていうのも凄く言われてたので、このまま馴れ合いでいいのかなと凄く不安になったり心配することもありました。

でも、一緒にステージを踏んでいるうちにですね、みんなこの公演で、このチームの中で自分が一番輝ける場所はどこなのかっていうのを凄く必死にもがきながら探している姿を見て、普段みんなあまり思ったことを口に出すほうではないんですけども、私はその姿を見て、「あー頑張ってるんだな」と凄く私も力をもらったし、私も負けてられないなと思える、そんなチームでした。

私はこのチームに入って一緒にみんなと頑張ることができて、凄く幸せだし、何よりこのチームHが私は大好きです。なのでメンバーにも凄くありがとうという感謝の言葉をとっても伝えたいなと私は思います。

これからはそれぞれ、このメンバーと一緒に同じステージに立つことはこれで最後になりますが、これからはみんなそれぞれ新しいチームでまた新しいスタートを切ります。最初の一歩はとても誰もが不安なんですけども、新しいチームに行ってもみんなまた新しい魅力に気づいて、それを最大限に発揮できるように、そしてその新しいチームが今以上の自分を輝かせる場所になればいいなと思っています。

みんなバラバラにはなりますが、これからも変わらず困った時には支え合い、そして時にはライバルとしてみんな一緒に成長できるように頑張っていきたいなと思います。まだまだ未熟ですが、これからも私たちの応援をよろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

穴井千尋「それじゃーAKBに移籍する智代梨からも最後に挨拶をお願いします」

中西智代梨「このHKT劇場は私が初めて立った場所で、凄く学ぶことや成長できる場所でした。

でもこのステージにこのメンバーともう立てなくなるって思うと凄く悲しいですし、まだ実感が正直沸いてないです。

でもAKBに行くことは凄いチャンスだと思うし、慣れてる場所よりも新しい環境でのほうが強い刺激も受けると思いますし、でもその分苦しいことや悲しいことも多いと思います。

でもその時はメンバーに相談したりして、一緒に乗り越えていきたいなと思います。

そのことすべて合わせて私の人生だと思うので、1つ1つの感情を大切にして、頑張りたいなと思います。

今まで支えてくださった劇場スタッフの皆さん、メンバー、そしてファンの皆さん、本当にありがとうございました」客、拍手&頑張れ

「ありがとうございます。そして、HKTとAKB48中西智代梨の応援もよろしくお願いします」客、拍手

穴井千尋「智代梨はいつも楽屋でもいろんなお仕事の現場にいた時も常に現場を明るくさせてくれる、凄いムードメーカー的な、凄い頼もしい存在だったので、正直実感は無いけど、もうAKBに移籍してしまうんだとか、あーもう一緒にステージ立てないんだと思うとちょっとほんとに寂しいですけど、これからも智代梨らしく口いっぱい大きく開けて笑って
中西智代梨「はい」
穴井千尋「そのままの智代梨でAKBに行っても頑張ってきて欲しいなと思います。ということで最後に気持ちを込めて、智代梨を送り出したいと思います」


◆M21.今 君を想う


中西智代梨「ありがとうございました・・・えっ?まだ?」客w
メンバーたち → w
指原莉乃「終わんない。みんな続くに続けないでしょ。智代梨らしいですけど、今の。こんな悲しい気持ちのまま捌けられないよ」
多田愛佳「おもしろいね、最初から最後まで」

本村碧唯「それじゃー(涙)」
松岡菜摘「泣かないとか言ってたよね」
多田愛佳「大泣きだよ」
本村碧唯「(涙の)コントロール難しいね」客w
指原莉乃「そのポーズ何?」客w

本村碧唯「それじゃー、次が本当に本当に本当に本当に本当に最後の曲になります」客「え~」

「あおいもヤだよ(号泣)」
指原莉乃「こんな鼻水顔で入るの?」客w

「ズルルーって」
松岡菜摘「あおちゃん頑張って」
本村碧唯「もう1曲しない?」
指原莉乃「そうだね」
本村碧唯「でもダメなんだよねー。そう、だから皆さん・・・」
田中菜津美 → JYURI-JYURI BABYを踊る
指原莉乃「JYURI-JYURI BABYはやりません」客、軽くw
本村碧唯「だから皆さん、最後の曲も笑顔で一緒に盛り上がってくれますか?」客「イェー!」


◆M22.白いシャツ


兒玉遥「本日はご来場いただきまして、ありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# 兒玉遥 ハイタッチ案内

「それでは最後のご挨拶をしましょう」

# 手繋ぎ挨拶(掛け声:兒玉遥)「せ~の(バック)、せ~の(前進)」
田中菜津美「チームH最高!」客w
指原莉乃「それファンの人がいっつも失敗するやつじゃん」
田中菜津美「誰も言ってくれなかったから1人ぐらい」
多田愛佳「みんなで言おう」
指原莉乃「せーの」
みんなで「チームHおめでとう!」 → お辞儀 (客、拍手)

# メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:桜、みんなで食べた)

# デベソにて村重杏奈宮脇咲良中西智代梨の頭に桜の花びらを降らす

メンバーたち「智代梨!」
# 若田部遥より中西智代梨へ花束贈呈 (客、拍手)
中西智代梨「ありがとう。えっ?何?これ」
指原莉乃「最後にみんなで智代梨のこと胴上げしよう」
# メンバーたち一斉に中西智代梨の周りへ
松岡菜摘「落としたらごめんね」
メンバーたち「上がる?」
指原莉乃「待って待ってごめん、重いからやめよう、無理だ」客w
松岡菜摘「自分で飛んでもらおう」
メンバーたち「せーの、ワッショイ! ワッショイ! ワッショイ!」
中西智代梨 → ワッショイ!の掛け声に合わせ、3回ジャンプ

指原莉乃「ありがとうございました! 立ち見のみんなも見えてますよ、ありがとう」

村重杏奈中西智代梨「めんたいこ!」客、拍手
村重杏奈「バイバイ」
中西智代梨「ありがとう」

# 公演終了


■ハイタッチお見送り (ロビーにて)

ハイタッチ終了後、最後に宮脇咲良中西智代梨村重杏奈が残り、一発ギャグ「陽水」披露

HKT48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】4月17日(木) 「博多レジェンド」千秋楽公演

公演後の感想 → メンバー全員

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]




カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

2021年カレンダー

11月14日発売

北原里英 カレンダー 2021

10月17日発売

市川美織 カレンダー 2021

10月17日発売

多田愛佳 カレンダー 2021

11月21日発売
平嶋夏海 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

11月7日発売

柴田阿弥 カレンダー 2021

11月7日発売

後藤楽々 カレンダー 2021

10月17日発売
江藤彩也香 カレンダー 2021
※サンプル画像はリンク先をご覧ください

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ