FC2ブログ

山本彩&渡辺美優紀『パナソニック株式会社 エコソリューションズ社』CMに抜擢 (2014/03/16、14時開演、チームN)

NMB48劇場 NMB48チームN「ここにだって天使はいる」公演 12回目

■出演メンバー
チームN → 市川美織小笠原茉由門脇佳奈子岸野里香木下春奈古賀成美小谷里歩近藤里奈上西恵白間美瑠西村愛華林萌々香山口夕輝山本彩吉田朱里渡辺美優紀

■開演
◆M00.overture (NMB48 ver.)
◆M01.青い月が見てるから
◆M02.Radio name
吉田朱里「さー、今日の担当はアカリンこと吉田朱里です。ペンネーム、アドルさんからいただきました。ここ天初の2回公演、体力的に大変やけど、アクセル全開で飛ばしていこう。バイクだけに?」
メンバーたち「ブンブン!」
吉田朱里「今日も盛り上がっていきましょう!」
◆M03.ここにだって天使はいる
◆M04.カトレアの花を見る度に思い出す


■MC (自己紹介)
山本彩「みなさんこんにちは」
みんなで「NMB48チームNです」客、拍手

山本彩「今日は初めての2回公演ということでですね、お昼公演に来てくださった皆さん、盛り上がってくれてますか?」客「イェー!」

# 小谷里歩 序盤4曲紹介

# 吉田朱里 2曲目「Radio name」用のお便り募集中

【1列目 下手側から】
門脇佳奈子「激甘スマイルと甘辛ダンスがギューッと詰まったかなきち定食を召し上がれ (いただきまーす) ありがとうございます。NMBのガチの釣り師、かなきちこと門脇佳奈子です」

「今日の公演前にみんなと約1時間弱話し合えたので、ちょっと今日は喋り過ぎたぐらいなので、そうね、そうね」
山口夕輝「なんでおねぇがいるの?」
山本彩「ゆっぴすべったな、これ」客w
門脇佳奈子「だから1時間弱ぐらい喋ったので、今日は心が1つのパフォーマンスを見ていただけるんじゃないかなと思います」

小笠原茉由「なんば発小笠原特急! みなさんを夢の世界へお連れしまーちゅん (乗車しまーす) ありがとうございます。19歳のまーちゅんこと小笠原茉由です」

「皆さん、3時のおやつは今からですか? まだ食べてないですか? じゃー私が今からマジックで出すから、手元注目ですよ。せーの、クリームパン(握り拳)」
山本彩「すべったな、これまーちゅん。本日凄いぞ、これ」
木下春奈「まーちゅん、その流れで春奈に持ってこんどいて」客w

「ちゃんと処理して」
小笠原茉由「じゃー皆さんいっぱい食べてください」

木下春奈「元気満々 天真爛漫 春爛漫 でも春奈は中3 (ウーマン!) ありがとうございます。中学3年生、15歳のはること木下春奈です」

「パンは出ないんですけど、私、昨日4ヶ月ぶりにブログを更新して。そう、今年初ブログを」
岸野里香「おもろい記事書いたんやろうな、それ」
木下春奈「いや、めっちゃ普通の記事書いたよ」
岸野里香「マジかよ」
山本彩「冒頭の文何て書いたん?」
木下春奈「明けましておめでとうございます」客w
岸野里香「遅い」
木下春奈「なので今日からまた頑張って書こうと思うので是非見てください」

山本彩「さやか ささやか さわやか (さやか!) ささっと やさしさ あざやか (さやか!) のさやかこと大阪府出身、二十歳の山本彩です」

「私はここ(アゴ)にクロワッサンが付いてるんで、それはそれでいいんですけども。それは味わっていただいて、かつですね、左足が今にもずっとつれそうなんですね、今日の朝から」
岸野里香「クロワッサンちゃう?」客、軽くw
山本彩「どういうことよ。もし本番中に「あいつ足つってんじゃねー?」とか思っても無視しといていただいたらいいので、、」
木下春奈「ちょっとクロワッサン邪魔なんちゃう?」客w

「喋れてないで」
山本彩「ちょっと今日デカイ」客w

小谷里歩「みなさん、おいでやす。今日はノッたはる? (イェー!) おおきに。ほな、はんなり行きますえ。京都府出身、りぽぽこと小谷里歩、19歳です」

「私は最近新しい言葉を90コぐらい覚えたのでノリノリです」


【2列目 下手側から】
白間美瑠「ねぇねぇ、ねぇねぇ、みるの?みないの?どっちかな? (みる!) みるも、みーんなのことを みるみる。そして、今日は凄い心の中がピョンピョンしてて、めっちゃニヤニヤしてしまうんですけど、ニヤニヤを皆さんに移したいと思います。ではでは今日もいーっぱい汗かいて (みるみる!) 大阪出身、16歳、みるるんこと白間美瑠です。よろしくお願いします」

山口夕輝「ぴっぴー (ぴっぴー) ぴっぴー (ぴっぴー) バックするとみせかけて~ (ゆっぴー!) ありがとうございます。今が楽しくて楽しくて仕方がないゆっぴこと山口夕輝です。よろしくお願いします」

西村愛華「み~んなに愛の華を届けたい。愛華パワーで レッツゴー! ありがとうございます。京都府出身 高校1年生 16歳 あいかこと西村愛華です」

「今日でやっと51回目の公演になるんですよ。1年かかりました。もうみんな100回とかいってるけどやっと半分いきました。なので51回なんで100回目指して頑張りたいと思います」

近藤里奈「高校2年生、17歳、りぃちゃんこと近藤里奈です」

「今日は公演前に欲しいものを買えたので満足してます」

林萌々香「今日は何たのモーカ? コーヒーのモーカ? みーんなの注文は? (モカ!) ありがとうございます。京都府出身 中学3年生 15歳のモカこと林萌々香です」

「今日はですね、公演前にお菓子をいっぱい食べちゃったんですよ。だからね、今日の公演で全部お菓子とお弁当食べた分を消費したいと思います。では、今日も気合を入れて、いきます、モカバンチ!」
メンバーたち「ワー」
林萌々香「ありがとうございます」

市川美織「皆さん、埼玉県からコロコロ転がってきました、大阪では、せーの、フレッシュレモンになりたいねん♪ みおりんこと市川美織です。よろしくお願いします」

「私、キャッチフレーズ定まってないんで、今度固めときます。いつもね、モカパンチにやられてるので、今日はレモン汁いっぱい飛ばしてレモンの酸っぱさでパンチを効かせた公演にしたいと思います」


【3列目 下手側から】
上西恵「みなさんは何系が好きですか? あっさり系? こってり系? N700系? それとも上西恵? (上西恵!) ありがとうございます。滋賀県から来ました、18歳、けいっちこと上西恵です」

「ちょっと昨日夜寝る前にきつめの腹筋をしたので、服脱ぐやつが出てくるかどうか知りませんが、お腹楽しみにしといてください」

渡辺美優紀「ミルクと美優紀を混ぜるだけ。あっという間に? (みるきー!) ありがとうございます。奈良県出身のみるきーこと渡辺美優紀です」

「私はけいっちとは逆で、今日公演前にりぃちゃんとオムライスをめっちゃいっぱい食べちゃったんで、もしかしたら見ないでください」

吉田朱里「あかりをつけましょ みんなのハートに (イェイ! イェイ!) みんなのハートの あ・か・り を灯したい、高校2年生、17歳のアカリンこと吉田朱里です」

「最近お仕事が終わって家に帰ったらすぐにお風呂に入って、10時とか10時半には寝るっていう小学生みたいな生活をしてるんですけど、健康的なんで今日も頑張りたいと思います」

古賀成美「どうなるなるなる こうなるなるなる なるなるなるなる きになる? (なる!) ありがとうございます。大阪府出身 高校1年生 15歳のなること古賀成美です。よろしくお願いします」

「私、昨日小さい子に紛れてドラ○もんを見に行ったんですよ」
岸野里香「映画?」
古賀成美「そうです、1人で。いっぱい泣いて。でも今日は頑張って笑顔で張り切りたいと思います」
岸野里香「感動して泣いたってことね」

岸野里香「得意科目は体育音楽数学社会 でもやっぱり? (里香!) ありがとうございます。兵庫県出身、19歳の岸野里香です」

「今日ですね、自分で朝から1人でサラダを作ろうと思って、サラダ作ってアボカド切ってたらアボカドって柔らかいじゃないですか。種がチャンって取ろうとしたら包丁がここ(手首)にね、きちゃって、で、止まってたんですけど、今踊ってたら流血してきて、生きてるって感じっていう、ちょっと思ったので、今日ね、弾けていきたいと思いますので皆さん一緒に盛り上がっていきましょう」

吉田朱里「生きてるって感じがウザ過ぎてウザ過ぎて」
岸野里香「爪とか伸びてたら思うでしょ? 生きてるって感じ」
吉田朱里「でも偉いな、料理すんねんな」
岸野里香「自分でちょっとね、サラダを作って」
吉田朱里「料理できる?」
岸野里香「サラダなんか簡単やで。けいっち料理できるやん」
上西恵「でも、そんな難しい料理はまったくしないですけどね、簡単なっていうか最近ね、携帯とかですぐ出てくるじゃないですか、レシピが。それ見たら誰でも作れるよな、でも」
岸野里香「サラダは全然簡単やから、白菜ちぎって、一番今美味しいサラダがね、私のサラダがあって、白菜ちぎって・・・これどうでもいい話ですか?」客、軽くw
メンバーたち「聞きたい」
岸野里香「朱里とか「何が?」みたいな顔して」
吉田朱里「何がやけど聞いたるわ」
岸野里香「これほんまに聞いて、美味しいから。白菜ちぎって入れるやろ。コチュジャン入れんねん。普通のコチュジャンあんねんけど、それ入れてオリーブオイル入れて、混ぜて、あとトマトとアボカド入れんねんか」
渡辺美優紀「まぁいいや、もう」客w
岸野里香「美味しいから。あげるわ」
渡辺美優紀「でも里香ちゃんってほんまに家庭的で」
岸野里香「そんなことないんですよ」
渡辺美優紀「里香ちゃんにキムチ鍋作ってもらったことあるし」
岸野里香「作った。美味しかった?あれ」
渡辺美優紀「美味しかった」
岸野里香「水で薄めてチャって」客、軽くw
上西恵「一番上手いと思う」
渡辺美優紀「ゆっぴも上手」
吉田朱里「そろそろ料理もできるようにならんとあかんねって思うけどな」
岸野里香「女子力高めていきましょう」
渡辺美優紀「というわけで料理の話になってしまったんですけど、今日は初めてのお昼公演というわけで、待ちに待ったチームNオリジナル公演。この今のチームNでできる「ここにだって天使はいる」公演はあと数えるほどですかね。何回かわからないんですけどあと少しになっているので、皆さん今日は最後までお楽しみください。それでは続いてはユニットコーナーです、せ~の」
みんなで「どうぞ」


◆M05.夢のdead body(山本彩)
◆M06.何度も狙え!(小谷里歩木下春奈小笠原茉由門脇佳奈子林萌々香)
◆M07.おNEWの上履き(白間美瑠=ピンク・市川美織=黄色・近藤里奈=青)
◆M08.この世界が雪の中に埋もれる前に(山口夕輝西村愛華岸野里香古賀成美)
◆M09.ジッパー(吉田朱里渡辺美優紀上西恵)


■MC
岸野里香林萌々香西村愛華古賀成美山口夕輝

西村愛華「ちょっといいですか? 1人脱いでる」古賀が靴を脱いだ状態
岸野里香「どうしたん?」
山口夕輝「今日履かへんの?って言ったら「今日は気分で履かないです」みたいな」
岸野里香「衣装さんが用意してるから気分とかないから」
古賀成美「でもね、里香さんが「今日履かなくていいから」言った」
岸野里香「それは作戦やんか」
林萌々香「ネタバラシや」
山口夕輝「みんな見といてね、なるの足を」
岸野里香「ちなみに何でそれは気分なん。どうしたん?」
古賀成美「私、気分なんですよ」
岸野里香「OK、気分でした」

林萌々香小さい頃に勘違いしていた話。やっぱ小さい頃って勘違いしたことが多いと思うんですよ」

古賀成美「幼稚園の頃ずっと自分男の子やと思ってて、ずっと自分のこと「ボク」って言ってたんですよ」
メンバーたち「へー」
山口夕輝「それは女の子を好きになってたりしてた?」
古賀成美「そんなんじゃなくて、男兄弟なんで、自分は男やなと思って」
山口夕輝「飼い犬が自分を人間と勘違いしてしまう感じ?」
古賀成美「それです。だから、自分は男やから「ボクな、ボクな」って言ってたんですよ」
岸野里香「それはいつ気づくの」
古賀成美「なんか、お母さんに「あなた女やで」って言われて。切り替えた時点は小2か小1ぐらい」
山口夕輝「お母さんもっと早い段階で言って欲しかったけど」
古賀成美「クセでボクが執着しちゃってて」
林萌々香「これからはね、ちゃんと私って言ってくださいね」
古賀成美「はい。言ってるから大丈夫」

岸野里香「里香はね、テレビに出てる芸能人の方とかいるじゃないですか。昔テレビがドラム缶やったじゃないですか」客「ブラウン管」
山口夕輝「テレビ、ドラム缶の時代無いよ」
岸野里香「ブラウン管の時代だったじゃないですか。その時に中に出演されてると思ったんですよ、そのブラウンの中に、前でスタジオでイェーみたいな。だから例えば私、モーニング娘。さんが大好きやったけど、でもこれ夢を追いかけるとしてもこの中に入るとなるといろいろ小さくならなあかんのかとか、いろいろ思ってた。だから凄い覗いてたもん、間とか、溝の」
山口夕輝「ガチでおると思ってたんや」
林萌々香「いつ頃気づいたんですか?」
岸野里香「それはいつ頃気づいたんですかね。それはでも聞いてたんじゃない? この中でやってんねやろって言ったら「違うで」っていう風に親が言ってたんでしょうね。その時点ですぐ言われたと思いますけれども。可愛いエピソードでしょ?」

山口夕輝「私は火の用心ってあるじゃないですか」
林萌々香「よく町でやってるやつですか?」
山口夕輝「そうですね、町でやってる。夜とかけっこう。火の用心カンカンみたいになったら私ずっと昔いた藤原道長っているじゃないですか。あの人のお神輿みたいなのに乗って、散歩みたいなのしてると思って、ずーっと。だから夜に家でおって、火の用心って言われたら「偉い人通ってる」と思ってて、めっちゃ緊張しとってん」
林萌々香「見たことはなかったんですか?」
山口夕輝「見たことなくって」
林萌々香「気になって外に出てみようと思って、その人たちを見るっていうのは」
岸野里香「怖かってんや」
山口夕輝「夜やし怖かったし、ふんで昨日たまたま火の用心の町内会のおじさんたちにあって、うわー絶対違うかったなと思った」
林萌々香「昨日にやっとっていうね」
山口夕輝「標識がめっちゃ思ったよりでかかったっていう、それだけです」
林萌々香「カンカンカンカンもお札みたいなやつですね」
山口夕輝「お札じゃないけど。ちょっとバカがバレちゃってるよ」

西村愛華「私は小さい子今見てないですかね? 私、ヒーローショーとかあるじゃないですか、遊園地で。あれずっとテレビの出てる人がやってると思ってたんですけど」
林萌々香「なるほどね」
西村愛華「そうなんです、本物やと思って、ワーってなっててんけど、ある時、遊園地とか行った時、見ちゃって、着替えてるところ」客w
岸野里香「それはそっち側のミスやわ」
山口夕輝「プロ意識が足りてない」
西村愛華「後で大人になって、ほんまにちゃんと調べてみたら違うとこでも同時にやってるから、何人おんねんと思って」
林萌々香「今ちっちゃい子見てないか・・・」
岸野里香「お母さん後ろからピーってやってください」客、軽くw

林萌々香「ということで、小さい頃の勘違いしていた話を聞いていただきましたが、次からは後半戦、皆さん楽しモーカしましょう」


◆M10.初めての星(白間美瑠上西恵小笠原茉由山本彩渡辺美優紀吉田朱里市川美織)
◆M11.100年先でも(M10&小谷里歩近藤里奈木下春奈門脇佳奈子)
◆M12.リボンなんて似合わない


渡辺美優紀「楽しい時間はあっという間ということで、次が最後の曲になってしまいます」


◆M13.ドガとバレリーナ


■アンコール
1630
# 金子支配人登場(手にウクレレ、頭に天使の輪っか)

金子支配人「こんにちは! どうも。劇場支配人の金子でございます、ご来場ありがとうございます」客、拍手

「皆さん盛り上がってますか?(イェー!) まぶしいですかね?(まぶしい)すみません、お先にね、毛抜けさせてもらってますけどもね」

「今日はね、2回公演ということで、日曜日ということでね、今日初めてですかね。今日劇場初めて来られたって方? 若干いらっしゃいますね。今日日曜日なんでね、地方からいらっしゃったっていう方いらっしゃいますかね? けっこういらっしゃいますね。楽しんでいただければと思いますけども」

「ちょっとね、気になったニュースとかね、お喋りしたいなと思うんですけどね。ちょっとね、残念なのが、大きい声で言ったらいいんかな。STAP細胞ですか? 夢と希望を抱いてたんですけどね、非常に残念でございますね、あれはね」客、ざわw

「残念ですね。また将来頑張ってね、うまいこと見つけていただければね、幸いでございますけどね。引き続きね、私はサムライエッジで剃っていきたいなと」客w

「いう感じでございましてね。あとパナソニックの髭剃りでこのままいくっていうパターンもありますけどね」客、軽くw

「そんなこと言いますけどね、電車乗ってた時にね、いろいろ電車広告とかで歯医者とか語呂合わせの電話番号「いい歯」とかね、「ふさふさいいな」とかね、電話番号ね、ありますけどね、この前「ツルツルいいな」っていう番号がありましてですね、凄い気になってよく見たらね、エステのね、広告でしたわ。ツルツルで喜ぶっていうね、「ツルツルいいね」気になったんですけど、これは被害妄想ですかね、こういうのはね」客w

「今日温かいですね、春やからね、皆さん。ちょっと温かくなってきて、ニュースで桜の開花がちょっと遅れるってね、言ってましたけど、ワイフとですね、ニュースちょうど見てましてですね、桜開花が遅れるということで、去年ちょうどね、行けなかったんですよね。だから今年ね、散る前に一緒に行こうかって言ってたんですよね。そしたらね、うちのワイフがね、「桜が散るよりね、あなたのほうの髪の毛先に散りそうね」って言われちゃいましてね、コノヤロウ!って感じでね、怒っちゃいましたけど、こんな言ってるのね、また見られるとね、家帰ってボコボコにされちゃうんでね」客、軽くw

「もちろんね、ケガは無いんですけどね。ちょっとすみません、1曲歌います。(ウクレレ弾きながら)キャメロン キャメロン みんなを照らすよキャメロ~ン」客、拍手

「衣装を回収したいんですよ。正直に出してください。2回公演なんでね、2回目ができなくなります。係員にお渡しください」

# スタッフが衣装を回収

金子支配人「この間にですね、2曲目に皆さんから頂いたメッセージで、Radio nameのほうで1つメッセージ読みましたけど、読まれなかったやつを紹介していきましょう」

「ニックネーム、DD屋さん。Nの魅力埋もれる前にみなの心のジッパーを上げ下げしておニューのチームでもNの皆さんの夢を何度も狙え!ということで、いろんな曲全部ぶっこみましたね。うまいこと言っていただいてありがとうございます。よく見ると意味がちょっとわかり難い」客w

「チャチャチャーリーさん。前回の公演を拝見してキャメロンのウクレレが上達してることに感動しました。ほんまかいな、これ。元祖ここ天公演あと何回かわかりませんけれども伝説となるよう最後まで突っ走っていきましょう。公演全然当たりません。なんとかしてください、支配人と書いてますね。なんとかしてあげたいけどボクはなんともね、できないんですけど、祈っていただければ。ボクの頭でね、祈ってください」

「りっちゃんさん。残りわずかとなったこのメンバーでのここ天公演を見ることができて、今世紀の運を全部使い果たしました。みなの思いを博多まで持って帰りまーちゅんって書いてますね。りっちゃんさん今日当たってるってことですね。りっちゃんさん? いない? 夜公演のほうですかね、この人。とりあえず当たったということですね、この人」

「ISAさん。天使公演初の2回公演。おい、りぽぽ! 夜公演に体力温存とか考えるなよ(笑)」客w

「ぶっ倒れるぐらい全パワー出し切れよって書いて応援してくれてますね。2回公演なんでね、メンバーもなかなかね、経験してない、体力がね、その辺夜公演もね、注目してね、見たいんですけどね。DMMの方は見といてくださいね。というわけで全パワーメンバーね、頑張ってますんでこの公演で皆様に元気がお届けできればと思いますんで引き続きよろしくお願いします。ありがとうございました」客、拍手 → 捌ける


◆EN01.情熱ハイウェイ


■MC
◆前半:岸野里香西村愛華上西恵渡辺美優紀小笠原茉由近藤里奈林萌々香山口夕輝

岸野里香「もうすぐ春なので、春らしいトークをしていただきたいなと思います」

小笠原茉由「私は春と言えば自分のお誕生日っていう」
メンバーたち「おー」
岸野里香「もうすぐや」
小笠原茉由「そう、4月11日なんで、プレゼントを待ってます」客w

「やっと二十歳になるんですよ」
岸野里香「同じ世代の中やったらまーちゅんが一番かな」
渡辺美優紀「二十歳って変やな。全然そんな感じしーひん」
岸野里香「そうやな、若く見えるから。私と同い年ですからね」
小笠原茉由「そうそう」
岸野里香「でもまーちゅんが一番先で、2番目が里香で」
小笠原茉由「けいっちはまだ19になってない」
上西恵「そうです。私、明後日ですから」
岸野里香「プレゼント募集中ですね。こんだけ違うもんね」
上西恵「1年違うもんね、約」
岸野里香「もうすぐ誕生日ということで楽しみですね」
小笠原茉由「ありがとう」

近藤里奈「私は中学校卒業したんですけど」
小笠原茉由「今高1じゃない?」
渡辺美優紀「高2やろ?今」
近藤里奈「2年前に中学校卒業したんです」
岸野里香「春エピソードやからね」
近藤里奈「それで、中学校卒業した後にみんなけっこう喋ってるんですよ。みんな「バイバイ」みたいな。「ほんまにバイバイ」みたいな。けど私は「今度会えるしな」みたいな感じでもう終わってからすぐ5分ぐらいでバーって帰ってんか。ほんじゃー1回も行くことなくて、中学校に。バイバイ言えへんかってん、みんなに」
岸野里香「全部自分が悪いやつや」客w

「誰も悪くないもん」
小笠原茉由「同窓会があったら謝っとき」
近藤里奈「っていう話」
岸野里香「なるほど。冷めたエピソードということで」

上西恵「私は春に怒ってる」
岸野里香「出た。唇震えるやつや」
上西恵「今日は震えてへんけど。あの、私、寒いのほんまに嫌いなんですよ」
岸野里香「わかるわかる」
上西恵「どうしても苦手で、せやのに春、もう3月終わりそうやのに全然来ないじゃないですか。だから早く来て欲しいです」
西村愛華「でも今日温かいですよ」
上西恵「私には寒い」
西村愛華「15度ぐらい」
近藤里奈「今日17度って言ってた」
岸野里香「マジで? 温かいですね。皆さん来る時あったかかったですか?」
上西恵「17度って寒いねんけど、恵の中で」
岸野里香「何度がいいの?」
上西恵20度ぐらいいってくれな
岸野里香「沖縄に住もう、それは。沖縄が一番いいぞ、それは」

林萌々香「私はですね、やっぱり中学校とかってクラス替えあるじゃないですか。なんで、春になったら「あークラス替えや。友達と一緒になりたいな」ってワクワクしてたっていうエピソードがあるんですけど、卒業しちゃったんですよね、私」
岸野里香「ちょっと待って。中学を卒業したってことね」
林萌々香「そうなんです。だからこういうワクワク感今年無いからね、寂しいなと思って」
岸野里香「高校になったらみんな離れちゃうからね」
林萌々香「はいw」
岸野里香「めっちゃ愛想笑いに見えたけど大丈夫?」客w

「心からちゃんと笑ってくれてる?」
林萌々香「はい、笑ってます」
岸野里香「高校生活も頑張ってくださいね」

渡辺美優紀「私は今までずっと花粉症だったんですけど、今年から花粉症がまったくで。理由はわからないんですけど」
岸野里香「杉の種類とかかな」
上西恵「まだ来てないからちゃう?春が」
西村愛華「でも私花粉症で、もうヤバイですよ、今」
山口夕輝「誰かさ、全部の種類の人おらんかったっけ?」
渡辺美優紀「けいっちがブタクサやねんな」
岸野里香「けいっちブタクサっていう花粉症のアレルギーなんですよ」
山口夕輝「凄い名前の植物あんねんな」
上西恵「秋ね、秋。ひどいんですよね」

岸野里香「頑張って乗り越えましょう」

# メンバーチェンジ

◆後半:吉田朱里古賀成美小谷里歩市川美織山本彩白間美瑠門脇佳奈子木下春奈

お題提供:シャランラさん
木下春奈「卒業シーズンということで、新年度に向けて卒業したいこと

「私はちなみに卒業しまった、中学校を」客、拍手
山本彩「まだ中学生やってんもんな」
吉田朱里「じゃーチームN中学生おらんくなったんやな。モカも卒業したし」
木下春奈「私が中学校卒業したって言ったら皆さんちょっと笑ってらしたんですけど、どういう笑みなんやろ、みたいなね」

小谷里歩「私はですね、ビクつきやすい心をどうにかしたいなと思います。電車とか乗る時もちょっとヤンキーっぽい人いたら車両変えるのがめんどくさいから、もうちょっとどっか行って欲しいな、ヤンキーの人、車両」
山本彩「別に何もしてこないでしょ」
小谷里歩「そうやねんけど、別にされたことは無いけど、気になるねん」
木下春奈「お化け屋敷でも凄いビクつきようでしたもんね。あれ奇跡の映像」
小谷里歩「たぶん長くかかるから、お化け屋敷行ったら。全然今年行ってない」
山本彩「そういうとこからちょっとな」
小谷里歩「サイ」
メンバーたち「サイ」
木下春奈「もうビクついてるやん」

古賀成美「私はずっとモニャモニャしてるんですよ。フニャフニャ」
吉田朱里「ビシっとしてないってことやんな」
古賀成美「そうなんです、じっとできへんし、踊り方もよくフニャフニャって言われるから、それ卒業したいです、めっちゃ」
木下春奈「どうする?解決方法」
小谷里歩「筋トレやろ」
山本彩「インナーマッスルや」
門脇佳奈子「もっと太り」
木下春奈「ズレてる1人。あとじっとしよう」
古賀成美「じっとできないんです」
吉田朱里「じゃーなるがじっとしてなかったらみんなで背中バーンって叩いていったらいいんじゃないの?」
古賀成美「頑張りまーす」
木下春奈「今日ヤバイ」
吉田朱里「みんなお昼公演やから寝てる?大丈夫?」
木下春奈「起きてるよ、みんな」

白間美瑠「撮影の時とかね、可愛い水着さん着るじゃないですか」
木下春奈「水着さんね」
白間美瑠「着ますよね。で、やっぱね、女の人ってスーってね、ならないとダメじゃないですか」
木下春奈「腰さんのくびれさんをね」
門脇佳奈子「ややこしいねんけど」
白間美瑠「くびれさんがね。で、私ってストーンってしてて、だからさや姉みたいにちょっと色っぽいね、なりたいなって。卒業したいな。あれっ?どういうこと?」客w
メンバーたち → w
門脇佳奈子「こっちが聞きたいねんけど」
木下春奈「わかったわかった。今のは凄いな、おもしろいな。腰のズンってしたのを卒業して、シュッてしたいよねってことやろ?」
白間美瑠「そう、ピンポン」
木下春奈「くびれをね、頑張って作ってください」
白間美瑠「頑張ります」

吉田朱里「朱里も美瑠と似てるんですけど、まな板さんを卒業したいなと思って」
門脇佳奈子「でもな、あれやんな。新学期に間に合わえんもん、だって」
吉田朱里「うるさいな」
山本彩「そこに関しては長い目で見よう」
吉田朱里「皆さん期待しといてください」
木下春奈「大丈夫大丈夫、みんな。まだ10代やから。これからこれから」
吉田朱里「でも3年後もまた同じ話してんねやろうなって思いますよ、私は」
山本彩「平和でいいじゃないですか」

木下春奈「今日はこんな感じでグダグダとしたMCをお届けしてしまったんですけど、ちょっとこの雰囲気を一変させるような盛り上がりを皆さんこれからできますか?」客「イェー!」


◆EN02.少し苦い人生相談
◆EN03.不毛の土地を満開に…


# 門脇佳奈子 煽り&9thシングル曲振り


◆EN04.高嶺の林檎


# 門脇佳奈子 曲振り 「北川」客「謙二!」


◆EN05.NMB48メドレー
(1)北川謙二
(2)青春のラップタイム


■公演終わりに
小笠原茉由「それでは皆さんにここでお知らせが1つあります。この度、私たちNMB48から2人あるコマーシャルのタレントに抜擢されました」客、拍手

「気になると思うので早速そのCMが完成しているようなので、ここで皆さんに見ていただきたいなと思います」

山本彩「本日はNMB48チームN「ここにだって天使はいる」公演にお越しくださったみなさん、本当にありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手


■CM上映 (パナソニック株式会社 エコソリューションズ社) 山本彩渡辺美優紀


木下春奈「ヤバイ。こんなんテレビで流れてる、このCM」
小笠原茉由「この度なんと山本彩ちゃんと渡辺美優紀ちゃんがですね、パナソニック株式会社 エコソリューションズ社のコマーシャルに抜擢されたということで」
メンバーたち「凄すぎ」客、拍手
小笠原茉由「なんかすごい芸能人みたい」
木下春奈「全員変えよう、家。アラウーノに」
渡辺美優紀「パナソニックベリティスも」
木下春奈「床も全部変えよう」
山本彩「っていうのもですね、私たち今年二十歳になったんですけど、リフォームっていうのが20年でだいたいするものと、したらいいよっていうことで今回私たちが二十歳だったのでやらせていただいたんですけど」
メンバーたち「凄い」客、拍手
渡辺美優紀「2人とも今初めて見たんですよ。なんか、あの、凄い」客w

「なんも無いです」客、軽くw
メンバーたち「無いんかい」
門脇佳奈子「でもさ、みるきーの下の服の、どうやってやってんの? ペラってめくれるやつ」
渡辺美優紀「あれはそういう大人の事情で」
岸野里香「とりあえず2回撮ったってことやんな」
渡辺美優紀「まぁ、何回か撮ったということで」客w
山本彩「今見ていただいたのは各1パターンずつだったんですけど、他にもあるので。それが3月21日から、もうすぐなんですけど」
岸野里香「もう見た瞬間メールするわ、はい、キタって」
山本彩「そしてですね、3月31日からは大阪駅のグランフロントの改札側にですね、大きい柱とかにも大きな広告が」客、拍手
メンバーたち「凄い」
木下春奈「芸能人やん」
小笠原茉由「いつから芸能人になったん」
山本彩「3年半ぐらい前から一応」
岸野里香「それ見た瞬間隣で写メ撮って送るわ」客w
山本彩「一応直筆のメッセージなんかもあるんで是非見ていただいたらなと」
小笠原茉由「おめでとう、この度は」客、拍手&おめでとう
山本彩渡辺美優紀「ありがとうございます」

山本彩「またこうして今回2人でやらせていただいたんですけども、またね、NMB48からもイメージキャラクターだったりとかそういうイメージもね、どんどんどんどんつけていきたいと思いますし、グループとしてもそういった活動ができるようになっていきたいと思いますので、皆さんそちらも是非温かく応援してくださると嬉しいです、よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

山本彩「本日はNMB48チームN「ここにだって天使はいる」公演に足をお運びいただきありがとうございました・・・ (ハイタッチ案内)」

# 一抹礼(手繋ぎ挨拶) 「せ~の(バック)、せ~の(前進)イェー! ありがとうございました(お辞儀)」

# 「ありがとうございました」メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:ここにだって天使はいる)

渡辺美優紀「パナソニックさん、ありがとうございます」

# 公演終了


NMB48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】3月16日(日) 14:00~ チームN公演

公演後の感想 → 吉田朱里山口夕輝小笠原茉由

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND