FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月23日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット

中川紘美 卒業公演 (2014/03/13、NMB48研究生)

NMB48劇場 NMB48研究生「青春ガールズ」公演

■出演メンバー
石田優美鵜野みずき大段舞依川上千尋渋谷凪咲嶋崎百萌香高山梨子照井穂乃佳中川紘美中野麗来西澤瑠莉奈松岡知穂松村芽久未三浦亜莉沙森田彩花山尾梨奈

※チームN:古賀成美林萌々香はセットリスト終了後に出演

■開演
◆M00.overture (NMB48 ver.)
◆M01.青春ガールズ
◆M02.ビーチサンダル
◆M03.君が星になるまで


■MC (自己紹介)
渋谷凪咲「みなさんこんばんは」
みんなで「NMB48研究生です」客、拍手

# 森田彩花 序盤3曲紹介

森田彩花「それでは早速自己紹介をさせていただきたいと思います。それでは凪咲、かましたれ」
渋谷凪咲「Yeah!」客w

【1列目 下手側から】
渋谷凪咲「東京の渋谷と言えばハチ公前。ほんじゃー、大阪の渋谷といえば? (凪沙前!) これからはずーっと凪沙前で待ち合わせやで (ひゅ~) ありがとうございます。大阪府出身 高校2年生 17歳 なぎさこと渋谷凪咲です。よろしくお願いします」

中野麗来「み~んなの心の 中の中まで れいなが 来るー! ありがとうございます。奈良県出身 中学2年生 14歳のれいなこと中野麗来です。よろしくお願いします」

森田彩花「みなさーん、盛り上がってますか? (イェー!) あやてぃんは今日も元気モリモリ! こんなあやてぃん推しになってくれるかな? (いいとも!) ありがとうございます。兵庫県出身 高校3年生 18歳、浪速の低音ヤンキー、あやてぃんこと森田彩花です」

「今日ね、紘美さんが卒業公演ということで、私、森田彩花はブンブンを受け継ぎます!」客、拍手

「だから1回言ってみてもいいですかね? (おー) 今日もパラリラで飛ばしてくぜ! (ブンブン!) よろしくお願いします」

高山梨子「高い山でもテンションたかだか! でもとってもおりこうな? (たかりこ!) ありがとうございます。大阪府出身 中学2年生 14歳のたかりここと高山梨子です。知っている方はぜひ一緒にお願いします。せ~の! ドドン波! くるくるくる パワーアップ! ありがとうございます。よろしくお願いします」

中川紘美「みーんなのパワーを笑顔に変えて、へーんしん! 笑顔ライダー! ありがとうございます。大阪府出身 19歳のひろりんこと中川紘美です」

「あやてぃんがね、ブンブン受け継いでくれるんですけど、今日までは本家がね、やらせてもらおうかなと」客「ひゅ~」

「じゃーいきますよ。緊張する。ラストの公演最後まで笑顔で飛ばしてくぜ!(ブンブン!)よろしくお願いします」客、声援&拍手

# 捌け際
森田彩花「紘美さん、ちょっと来てください」
中川紘美「何?何? 怖い怖い」
# 渋谷凪咲森田彩花中川紘美をナギイチのように真横に抱えながら退場
メンバーたち「ナギイチ? ヒロイチですね」


【2列目 下手側から】
照井穂乃佳「みんなー、教えて。今日はどんな気分? 楽しい気分? 嬉しい気分? 超ハッピー! みんなの気分を教え てるみー! ありがとうございます。大阪府出身 中学3年生 15歳、てるみーこと照井穂乃佳です。よろしくお願いします」

川上千尋「川の上でも氷の上でもちっひー ジャンプ! &ちっひー ターン! イェイ! ありがとうございます。大阪府出身 中学3年生 15歳、ちっひーこと川上千尋です。よろしくお願いします」

山尾梨奈「持ち運べるアイドル 携帯式! み~んなのカバンにやまりなをあなたの必需品にしてください (喜んで!) ありがとうございます。京都府出身、今月一杯は高校3年生でいさせてください、18歳のやまりなこと山尾梨奈です。よろしくお願いします」

松村芽久未「みなさん、目ぐっと見開いて めぐ見んと怒んで。食べるの大好き! でもトマトは ダメみん。ありがとうございます。大阪府出身、今月まで高校3年生(w)、18歳のめぐみんこと松村芽久未です」

「皆さん今日もアクセル全開で飛ばしていきましょう」

三浦亜莉沙「ありりんレシーブ! ありりんトス! みーんなのハートにありりん (アターック!) ありがとうございます。兵庫県出身 高校2年生 17歳のありりんこと三浦亜莉沙です。よろしくお願いします」

大段舞依「ちょっと待ち。私はまいち。待ってくれへんかったらまいち まいっちゃう。兵庫県出身 19歳、可愛さ2014倍のまいちこと大段舞依です」

「今日はですね、可愛さももちろんなんですけども、紘美さんが持っているみんなを引き連れてる感を、まとめてる役を今日は私が引き継ぎたいと思います (おー) 可愛くて可愛いボスになります。よろしくお願いします」


【3列目 下手側から】
西澤瑠莉奈「キラキラリーン。ウルトラマリン。み~んなを瑠莉色に るりり~ん! ありがとうございます。大阪府出身 中学2年生、今月まで14歳のるりりんこと西澤瑠莉奈です」

「みなさん! ワッショイひろりんなうですか? (ワッショイ!) ワッショ~イ。今出ているものは涙ではなく汗です。中川紘美が大好きだ! よろしくお願いします(号泣)」
石田優美「ウソ!? 待って! ウソやろ?」客「早い早い」

嶋崎百萌香「リンリンリン ももりんから電話だよ。もものパワーをみんなに発信! (着信) ありがとうございます。大阪府出身 中学1年生 13歳のももりんこと嶋崎百萌香です」

「今日れなぴょんさんからもらったボディークリームをたっぷり塗ってきたので今日はれなぴょんさんパワーでツルツルピカーンしたいと思います。よろしくお願いします」

松岡知穂「みんなはどこ地方の人? 関東地方? 近畿地方? それとも松岡地方? (松岡知穂!) ありがとうございます。みなさんも松岡地方にいらっしゃい。大阪府出身、中学3年生、15歳のちほこと松岡知穂です。よろしくお願いします」

鵜野みずき「いきなり~ イキイキ! ハートは~ ドキドキ! いっきに~ ウキウキ~! やっぱり~ みぃーき~♪ ありがとうございます。奈良県出身、高校2年生 17歳のみぃきこと鵜野みずきです。よろしくお願いします」

石田優美「ゆうよ~ ゆっちゃうよ~ (ゆっちゃって~) 優美はみ~んなのことが大好き♪ (オレもー!) 兵庫県出身 中学3年生 15歳のゆうみんこと石田優美です。今日も1日! えいえいおー!よろしくお願いします」

西澤瑠莉奈「NMB48研究生公演「青春ガールズ」次はこのユニットから、せ~の」
みんなで「どうぞ!」


◆M04.Blue rose (高山梨子中川紘美森田彩花中野麗来)
◆M05.禁じられた2人 (白=渋谷凪咲/ピンク=松村芽久未)
◆M06.雨の動物園 (ゾウ=三浦亜莉沙/キリン=山尾梨奈/ライオン=大段舞依/パンダ=石田優美/チンパンジー=嶋崎百萌香/シマウマ=照井穂乃佳/ペンギン=川上千尋/ラクダ=鵜野みずき)

■MC
川上千尋(ペンギン)・石田優美 (パンダ)・照井穂乃佳(シマウマ)・嶋崎百萌香(チンパンジー)

照井穂乃佳私たちの変えたいこと、新しくしたいこと

「私はね、ちょっとね、自己紹介を変えたいなと思って」
メンバーたち「何でなん?」
照井穂乃佳「ちょっとね、気分がいっぱいきたので、いっぱい増えてきたので、ちょっと英語にしてみたいなと」
石田優美「いいやん。おらへんで、誰も。やってみてや」
照井穂乃佳「気分の英語って何て言うんでしたっけ?」
石田優美「何でやねん」客w
照井穂乃佳「わかりますか?」
石田優美「わからへん」客、軽くw
嶋崎百萌香「まぁまぁ、ケンカはよしこ。。」
川上千尋「空気」
嶋崎百萌香「ケンカしてたから」
石田優美「ありがとう」
照井穂乃佳「ありがとう」

川上千尋「千尋はね、自分のトーク力をもっとキレキレにしたいですね」
石田優美「トークをキレキレにするの?どうやってするの?」
川上千尋「何か今ね、なんか、お母さんからも握手会に来てくださる皆さんからも「ちっひーってふわふわしてて天然だよね?」って言われるんでね」
照井穂乃佳「その通りやけど」
川上千尋「キレキレにしていきたいなと思って」
照井穂乃佳「でも皆さん絶対望んでへんで」客「そのままでいい」
石田優美「ほら、そのままのほうがいいって」
川上千尋「じゃーそのままでいきたいと思います」客w

照井穂乃佳「じゃー優美さん」
嶋崎百萌香「ゆうみんさんはすべて治したほうがいいと思います」客、軽くw
照井穂乃佳「いきなり入ってきたけど」
石田優美「ちょっと待って。すべてってどこ? ハイ、言って」
嶋崎百萌香「まぁ口とおっぱいとヒップ」
石田優美「ちょっと待って。ももりんに言われたくない。っていうか口もおっぱいもヒップもももりんに言われたくない」
嶋崎百萌香「だってちっちゃいじゃないですか」
石田優美「ハァ!?」客w

「ちょっと待って。最近さ、ケンカ売ってない?」嶋崎に詰め寄る
嶋崎百萌香「聞いてください、聞いてください。あのね、今日ね、正直なところね、この4人ってパイメンじゃないですか?」
川上千尋「待ってください。1人違う人がいる(嶋崎)」
嶋崎百萌香「一番パイメンやからな」
石田優美「なんなん? なんで口なん?」
嶋崎百萌香「だって滑舌悪いし、なんかちょっと口なんかね、いろいろ」
石田優美「なんなん?ムカつく。ちょっとどういうこと? 滑舌悪いのはさ、しょうがなくない?うちも治したいと思ってんねん」
嶋崎百萌香「また今度言いますね。ケンカはよしこ」
照井穂乃佳「それで済ませようとしてるな、さっきから。じゃー優美さん本当のこと言ってください」
石田優美「私? まぁ、確かに滑舌は治したいよ」客、軽くw

「治したいねんけど、やっぱり、私のファンの皆さん・・・」
嶋崎百萌香「やっぱり結局すべてなんじゃないですか?」
石田優美「何がやねん!」客w
照井穂乃佳「怒らないで怒らないで。ちっひーがちょっとね、凄い顔してたから」
石田優美「確かにね、滑舌は治したいけど、まぁいいやと思って」
照井穂乃佳「でもそれが良さかもしれへんやん」
川上千尋「可愛いですよね」
石田優美「ほら、可愛いって」
嶋崎百萌香「みんなお世辞上手ですね」
照井穂乃佳「ゆうみんさんはたぶんそのままでいいと思うんですけど」
石田優美「ほんまに? じゃー治さない」
嶋崎百萌香「どうぞ、好きなように」客w
石田優美「ムカつく。ちょっとももりん、ほんまに」

照井穂乃佳「じゃー最後にももりんだけ言って終わろう」
嶋崎百萌香「私は完璧なんで治すところなんて無いですよ」
石田優美「黙れ!」
照井穂乃佳「あの、声裏返ってるんですけどやめてもらってもいいですか? こんな新しくしたいことを聞いたんですけど、まぁね、ちゃんとなるように頑張ってください、皆さん」

「この後はちょっぴり大人な南国ムードいっぱいのこの曲を、せ~の」
みんなで「どうぞ!」客、拍手


◆M07.ふしだらな夏 (中川紘美鵜野みずき高山梨子三浦亜莉沙大段舞依渋谷凪咲中野麗来松村芽久未山尾梨奈)
◆M08.Don't disturb!
◆M09.Virgin love
◆M10.日付変更線


■MC
◆前半:西澤瑠莉奈松岡知穂石田優美三浦亜莉沙中野麗来大段舞依嶋崎百萌香森田彩花

中野麗来「タイトルコールいきます。バイクにゅ、、バイクの後ろに乗りたいメンバーそういん選挙!
大段舞依「もう1回言って」
中野麗来「バイクの後ろに乗りたいメンバーそういん選挙。あれですね、紘美さんはバイク乗ってるから、それにちなんで、やっぱり乗ってみたいという願望が私あるんですよ。やからこのメンバーの中で1人ずつ乗りたいメンバーを言っていって、一番投票が多かった人にはなんと、自己PRがありますってことで、早速集計に参りたいと思います」

森田彩花「私はね、麗来」客「ひゅ~」
中野麗来「えっ? いいんですか?」
森田彩花「いいよ。なんかおもしろそうやから」
中野麗来「免許取りに行くわ」

嶋崎百萌香「れなぴょんさん」
西澤瑠莉奈「ここにいるメンバーにしよう」
嶋崎百萌香「でも強いて言えばゆうみんさん」
石田優美「なんでやねん。前もやんな」
嶋崎百萌香「でも、いろいろゆうみんさんに言っちゃったから、後で怒られんのも怖いし、ゆうみんさん選んどこうかなって」客w
中野麗来「余計怒られるわ」
嶋崎百萌香「悲しいももりん」客「ひゅ~」
石田優美「1票入ったからいいや」

大段舞依「私は、あやてぃん!」
森田彩花「乗れや」
大段舞依「やったー」
森田彩花大段舞依「チリンチリンチリン」客、軽くw
中野麗来「今バイクな」
大段舞依「それ合わせとったんかいってつっこみところ」
中野麗来「合わせとったんかーい」

三浦亜莉沙「亜莉沙は、舞依!」
大段舞依「あー!やったー。。えー?うそ?」客w
森田彩花「舞依ちゃんだけやから、嬉しいのは」
大段舞依「皆さん喜んでくださいよ」
西澤瑠莉奈「なんかちょっと危なそうやもん」
大段舞依「舞依めっちゃ運転しますよ」
中野麗来「なんで乗りたいの?」
大段舞依「パインパインピ~ンみたいな。。笑ってくださいよ」客、軽くw
森田彩花「舞依ちゃん、おもろないねんって」
大段舞依「さっきの自転車よりマシ」

石田優美「私は、んーじゃーあやてぃん」
森田彩花「やったー、2票」

西澤瑠莉奈「麗来ちゃんは?」
中野麗来「私はもちろん優美さん」

松岡知穂「私はあやてぃん!」

西澤瑠莉奈「優美ちゃん」
石田優美「やったー!」
西澤瑠莉奈「ゆうみんは細いけど運転うまそうな気がするから」

中野麗来「ここで集計なんですけど、3票入ってる人?」
森田彩花「(挙手) やったー」
中野麗来「自己PRタイムを差し上げます」
石田優美「ちょっと待って。私も3票入ってる。だってももりん、麗来ちゃん、(西澤を指差す)」客「おー」
中野麗来「じゃんけん」

# 石田優美(チョキ)&森田彩花(グー) → 森田の勝利

中野麗来「どうぞ」
森田彩花「まいち、乗れよ」
大段舞依「やったー」
森田彩花大段舞依「チリンチリンチリン」客w → ひゅ~&拍手

中野麗来「今なんか飛んでいきましたが、皆さんいかがだったでしょうか?」客、拍手

# 「イェー!」後半チーム入場(浴衣姿) / メンバーチェンジ

◆後半:高山梨子山尾梨奈松村芽久未中川紘美渋谷凪咲川上千尋照井穂乃佳鵜野みずき

山尾梨奈「今日ですね、私事なんですけど、おじいちゃんの誕生日なんですよ」客、拍手
メンバーたち「おめでとう」
山尾梨奈「ありがとうございます。伝えておきます」
松村芽久未「何歳になったの?」
山尾梨奈「何歳やろ。知らんな。ちょっと確認しときますね。ということで、みんなのおじいちゃん教えて欲しいんですよ、どんな人かっていうのを。興味ありますよね?」客「ある」

「良かった」

照井穂乃佳「私のおじいちゃんはね、4期生のみんななら知ってると思うんですけど、電話して、今どこ?って訊いて「家」って言ったら「じゃー今から迎えに来て」って言ったら迎えに来てくれるんですよ」
山尾梨奈「せやな、いっつも電話してるよな、おじいちゃんに」
照井穂乃佳「それと家、おばあちゃん家に行って「イチゴ食べたいな」って言ったらサーって買いに行って持ってきてくれるんですよ」
山尾梨奈「優しい。それはてるみーがイチゴ食べたいから買って来てって言ったわけじゃなくて」
照井穂乃佳「さりげに横で」
メンバーたち「さりげ」
山尾梨奈「ちょっと若者言葉やな。さりげなくってこと?」
照井穂乃佳「食べたいなって言ったら買ってきてくれる」
山尾梨奈「ごめんな、ここ30代の方いはるから」客、軽くw
中川紘美「どこかなー?」
高山梨子「35歳ですもんね」
照井穂乃佳「でもな、たぶん今見てると思うねん」
渋谷凪咲「じゃーさ、凪咲がてるみーのおじいちゃんにさ、「イチゴ食べたい」って言ったら買ってきてくれるかな?」
山尾梨奈「それはちゃう。やっぱ孫やから、てるみーは孫やからな。一応でも見てるかもしれんから言っとく?」
渋谷凪咲「イチゴ食べたいなー」
山尾梨奈「さーこれは後日ね、報告してください」

松村芽久未「私のおじいちゃんね、ちょっと惜しいんですよ。私、昔、今もワンちゃん飼ってるんですけど、その前にポメラニアンを飼ってて、名前がガンバって言うんですよ。おじいちゃんね、バンバって言うんですよ」客、軽くw
山尾梨奈「惜しいな」
松村芽久未「ガなんですけど、おじいちゃんに「ガンバやで」って言うけど、電話で聞くと「バンバ」って言うんですよね」
山尾梨奈「電話やからかな」
松村芽久未「でも実際でも「バ」って言ってます」
山尾梨奈「実際に会ってもバンバって言うんや」
松村芽久未「そう。だから惜しいですね」
中川紘美「書いて見せてあげたら?ガンバって」
山尾梨奈「確かに。もしかしたら覚え間違えをしてるかもしれんから」
松村芽久未「おじいちゃんそんなアホじゃないんで大丈夫」客w
山尾梨奈「ちなみにおじいちゃん幾つなん?」
松村芽久未「70ちょい? そんぐらいやと思います」
山尾梨奈「なるほど。でもあるあるですよね」

渋谷凪咲「私のおじいちゃんの口癖なんですけど、口癖が「ドアホ」なんですよ」
松村芽久未「口悪いんじゃない?」
山尾梨奈「怖いで、なんか」
渋谷凪咲「愛情の裏返しっていうか」
山尾梨奈「それは凪咲がなんかアカンことしたからドアホって言うんじゃなくて?」
渋谷凪咲「いや、ちゃう、凪咲が普通に「おじいちゃん」って言ったら「ドアホが」って」客w
山尾梨奈「なんで?なんで? それ愛情なん?」
松村芽久未「ちょっと待って。絶対ウソ。盛ったやろ、話」
渋谷凪咲「ちょっと」客w
山尾梨奈「最近盛りグセがひどいから」
渋谷凪咲「でもほんまに口癖はドアホなんです」
山尾梨奈「でも口癖って移ったりするから気をつけて、凪咲」
渋谷凪咲「OK」
山尾梨奈「そのうち言い出すかもしれへんけど。ということでみんなのおじいちゃんについて聞いていただいたんですけど、誕生日の日にね、その人のことを凄く想ったりすると思うんですけど、そういう特別な日だけでなく、皆さんには毎日私たちのことを想っていただけるような、そんな存在になりたいです」

高山梨子「それでは次が最後の曲になります。私たちも大好きな曲なので一緒に歌っていただけたら嬉しいです」


◆M11.僕の打ち上げ花火


# 曲終了後、メンバーたち「ありがとうございました」うちわを振りながら捌ける


■アンコール
有志の方「皆さん、本日はNMB48研究生、ひろりんこと中川紘美さんの最後の公演です」客「イェー!」

「中川さんは2期生としてオーディションに合格しましたが初日公演には選ばれず、その後もチーム昇格や選抜とは縁遠いものでした。それでもレッスンや自主練を朝から晩まで繰り返し、常に努力を続けてくれました。毎日自宅から通う時間がもったいないからレッスン場に住みたいと当時話した言葉はまさにその努力の末を表したと思います。そんな努力も次第に身を結びはじめ、また、バイク乗りアイドルとしても脚光を浴びるようになり、八戸ノ里ドライビングスクールのキャンペーンキャラクター就任とソロCM、バイク雑誌のインタビュー記事掲載、バイク番組のソロ企画出演、更には待望の白組選抜と少しずつ活動の幅が広がり、また研究生のボスとして、チームのアンダーとしてNMB48には欠かせない存在となっていました」

「中川さんが大事にしてきた公演は本日までで282回を数えました」客、拍手

「この数字は簡単に達成できるものではなく、誇らしい数字に思います。そして、その1回1回が素敵で楽しい公演でした。公演で笑顔を振りまいてくれる彼女は本当に輝いていました。オーディションの時に全然踊れなかったと泣いていた女の子は、他を押しのけてまで前に出たくないと遠慮ばかりしていた女の子は、今はもういません。明日からはNMB48の活動を糧に活動を持って次の道を歩いてくれることでしょう。ただ1つだけ心残りがあるとすれば残された研究生の皆さんのことです。昇格や卒業で人数も少なくなり、今後の公演のことは不安ばかりだと思います。しかし、ボスの背中を見てきた彼女たちですから、不安な時はより以上に努力してくれることでしょう。諦めずに前へ向かって進んでくれると信じております。ボスが安心して卒業できるよう、みんなで成長してくれると信じております」

「中川さんは笑顔ライダーとしてたくさんの笑顔をくれました。そして、私たちをたくさんの笑顔にしてくれました。今は心の底から感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとう」客「ありがとう!」

「それでは中川さんの新しい夢が叶い、最高の笑顔ライダーになる日が来るように願いを込めてアンコールいきたいと思います」客「イェー!」

「最後まで飛ばしてくぜー!」客「ブンブン!」


「ひろりん」コール


◆EN01.約束よ
◆EN02.転がる石になれ


渋谷凪咲「アンコールありがとうございます」
みんなで「ありがとうございます」

渋谷凪咲「それでは次の曲聴いてください」


◆EN03.君と出会って僕は変わった


# 三浦亜莉沙「皆さんまだまだ飛ばしていけますか!?」客「イェー!」

「もっとアクセル全開でいけますか?」客「イェー!」

# 「ナギイチ」イントロ
高山梨子「もっと笑顔ライダーになってくれますか?」客「イェー!」

「飛ばしてくぜ!」客「ブンブン!」
みんなで「よっしゃ行くぞー!」


◆EN04.メドレー
(1)ナギイチ
(2)サングラスと打ち明け話
(3)青春のラップタイム



■MC
◆前半:高山梨子照井穂乃佳嶋崎百萌香中野麗来森田彩花石田優美松岡知穂西澤瑠莉奈大段舞依鵜野みずき

西澤瑠莉奈「皆さん、ワッショイひろりんなうですか!?」客「ワッショイ!」

大段舞依「今日はね、ちょっと1日早いんですけども、ちょっとあることをしたいと思います。タイトルコールいきますよ。1日早いホワイトデー、あなたにあげまいち」客、拍手
メンバーたち「頑張った」
大段舞依「19歳頑張りました。1日早いんですけども、私たちから皆さんに逆チョコレートということでね、ホワイトデー、キュンキュンするようなひと言を端から言ってもらおうと思います」

高山梨子「はい、これホワイトデー。お返しは来年でいいよって、それを梨子が再来年に返すから」客、拍手
メンバーたち「可愛い」「なんか来た」
大段舞依「なんかちょっと来た」
高山梨子「ありがとう」

照井穂乃佳「ブラックチョコレートじゃなくて、ブラックてるみーをどうぞ。まぁ、ブラックやからヤバイけどな」
大段舞依「いいね、ブラックてるみー」
高山梨子「今はホワイトね」

嶋崎百萌香「チョコをちょこっとあげる」客、拍手
メンバーたち「おやじももりん出た」「さすが中1」

中野麗来「チョコレートをあ・・・溶けてる、、」
メンバーたち「終わり?」
高山梨子「しかもホワイトデーやのにチョコレート?」

森田彩花「しゃーなし、あげる」
中野麗来「欲しい!」
大段舞依「舞依はもらいに行く。絶対行く」

石田優美「あやてぃん」
大段舞依「あやてぃん使うんですね。どうぞ」
森田彩花「これあげる」
石田優美「ありがとう」
森田彩花「えっ?何か無いん?」
石田優美「じゃー好きって言う言葉が欲しいな」
森田彩花「好き」客「ひゅ~」
大段舞依「今のはあやてぃんやろ?」
石田優美「言葉が欲しいねん。わかる?」
高山梨子「それ優美さんが言って欲しいことでしょ?」
大段舞依「それは逆じゃないね」
中野麗来「何度でも言います」
西澤瑠莉奈「麗来ちゃん、何回も言い過ぎて安いよな」
大段舞依「ちょっと本気やもんな」

松岡知穂「納豆お裾分け」
石田優美「なんで納豆なん?」
メンバーたち「ヤバイヤバイ」

西澤瑠莉奈「お返しは好き以外いりません」
大段舞依「なるほどね。じゃー私いきますね」

「皆さん、一緒にまいっちゃうになろうにゃん♪にゃん♪にゃん♪」
西澤瑠莉奈「可愛い、めっちゃ可愛い」
森田彩花「待って。裏でそんなんやってないし」客「可愛い」

鵜野みずき「結果が知りたくないからバレンタインもホワイトデーもみぃきからあげる」客「ひゅ~」
中野麗来「ぶち込んでくるね」
西澤瑠莉奈「一生一方的にあげなあかんやん」客、軽くw
大段舞依「でもこの中で一番ひゅ~ってなったん舞依やと思う。だから皆さん一緒ににゃんにゃんしてくださいね」

# 「イェー」後半チーム入場 / メンバーチェンジ

◆後半:中川紘美山尾梨奈三浦亜莉沙松村芽久未渋谷凪咲川上千尋

松村芽久未「ここではひろりんさんのことを語っちゃおうぜ!」客「イェー!」

「バイク紘美バイク、ベーケーバイ、ぴぃ~やみたいな」
メンバーたち「いやいやいや」
山尾梨奈「BHBやし、ちょっと鼻声ちゃう?さっきより」
松村芽久未「置いておきですね、ひろりんさんとの思い出だったり、エピソードだったりをね、ちょっと訊いていこうかなと思ってるんですけど」

三浦亜莉沙「亜莉沙はとりあえずひろちゃんを愛しているんですよ」
中川紘美「どのぐらい?」
三浦亜莉沙「でもね、最近ひろちゃん、何やったっけ?」
中川紘美「倦怠期?」
松村芽久未「待って、倦怠期とかあるんですか?そこ」
渋谷凪咲「付き合ってるんですか? どういう関係?」
中川紘美「付き合ってるテイらしいんですよ、私たち」
三浦亜莉沙「テイじゃないやろ」
山尾梨奈「一方通行な感じなんですね」
三浦亜莉沙「違う違う」
中川紘美「だから最近倦怠期を理由にちょっと距離を置いてます」
山尾梨奈「今置いてていいんですか?」
三浦亜莉沙「あかんねんけどな、置きたがんねん、ひろちゃん」
中川紘美「だってさ、別れが恋しくなるやん、そんな」客「ひゅ~」
三浦亜莉沙「可愛い」
山尾梨奈「何これ?」
松村芽久未「愛がいっぱいなんですね」
渋谷凪咲「でもさ、これだけ言うけどありちゃんって重い女やな」客w

「私は紘美さんってめっちゃ小柄でちっちゃいじゃないですか。けど、ほんとはめっちゃ大きいっていうか、頼りがいがある」
松村芽久未「なんたってね、研究生のボスですから」
渋谷凪咲「ほんとになんか、凄い頼りがいがあって、ほんとに素晴らしい人だと思います」
松村芽久未「もう1回同じこと言ったね」客、軽くw

「そう、ひろりんさんの背中って凄い大きいんですよ。知ってましたか?皆さん」
山尾梨奈「だいぶ華奢ですけどね」
松村芽久未「違うんです、ひろりんさんの公演姿とかってもう凄いんですよ。ダイヤモンド富士ですよ、これ」
中川紘美「例えわかり辛くない?」
松村芽久未「あれっ? ここウケるところやったのに」
山尾梨奈「いや、ウケてたよ」

川上千尋「千尋はバイクだけに?」客「ブンブン!」
中川紘美「打ち合わせしてた?」
川上千尋「紘美さんは凄く優しくてね、私にとってのお手本をいろいろ教えてくださいました」
中川紘美「そんなことないよ」
山尾梨奈「なんかブンブンが気になって入ってこんへんこと」
川上千尋「あれですよ。例えば足つるとか」
中川紘美「それ、いいお手本やった?」
渋谷凪咲「年中無休で足つってましたからね」
山尾梨奈「しかも真似ることじゃないですからね」
松村芽久未「まぁ、足つらないようにね、頑張っていきましょう、ちっひー」
山尾梨奈「でもさ、2ヶ月前ぐらいまでめっちゃ足つってましたけど最近つらないですよね」
中川紘美「そうなんです、トレーナーさんに訊いて、食生活の改善をね」客、軽くw

「そうなんですよ。水とかちゃんと飲むようにしなさいって言われてちゃんと飲むようにしたら」
山尾梨奈「それでちゃんと治るもんなんですか?」
中川紘美「そうですね。なんか足りてなかったみたいです、栄養が。だから歳のせいにしちゃいけませんよ、皆さん」
山尾梨奈「ちっひー、こういうとこ学んでこうな」
川上千尋「はい」
松村芽久未「誰も歳のせいとかにしてないやんな」客w
中川紘美「毎回つる度に「歳ですからね、気をつけてください」って言ってきてたよね」
松村芽久未「誰ですか?それ。ちょっと言っときますね、裏で」
山尾梨奈「特にあの人ですよね」
松村芽久未「そこもうちょっとワーってなるところ」客、軽くw
山尾梨奈「まとめ過ぎや」
松村芽久未「そんな感じでひろりんさんとのエピソードを聞いていただいたんですけど、私たちはもちろん、今日来ていただいた皆さんだったり、ひろりんさんのこと応援してくださる方も凄くね、ひろりんさんのこと大好きだと思います。ひろりんさんのこれからの一歩を私たち全員で応援したいなと思います」

川上千尋「それでは次が本当に本当に最後の曲になります」


◆EN05.シンデレラは騙されない


中川紘美「本日はNMB48研究生「青春ガールズ」公演に足をお運びいただき本当にありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

# メンバーたち「ありがとうございました」手を振りながら捌ける


■VTR 中川紘美 NMB48 History

# レッスン風景

2011.7.13
2期生初挨拶

2011.7.13
ブログ初投稿

2011.8.13
2期生「PARTYが始まるよ」
初日公演

# 握手会

2011.8.23
中川紘美 初日公演

2011.10.9
NMB48 1st Annivesary Live

2011.11.19
生誕祭(17)

ちゃぷちゃぷツアー

2012.11.19
生誕祭(18)

2012.12.8
八戸ノ里ドライビングスクール
キャンペーンキャラクター就任

2013.1.1
お正月特別公演

2013.2.1
研究生
「青春ガールズ」公演初日

NMB48 西日本ツアー

2013.4.18
NMB48 リクエストアワー2013

2013.6.29
AKB48じゃんけん大会
NMB48予備選

NMB48 東日本ツアー

8th single 白組
「どしゃぶりの青春の中で」MV撮影

2013.10.12
NMB48 3rd Annivesary Live

2013.11.29
生誕祭(19)

2014.1.1
お正月特別公演

2014.3.3
卒業発表

新たな道へ進む
中川紘美
暖かく見送りましょう!


◆EN06.ライダー (中川紘美古賀成美三浦亜莉沙西澤瑠莉奈林萌々香)


中川紘美 卒業セレモニー
中川紘美「ライダーを聴いていただきました。ありがとうございます」
5人で「ありがとうございます」

# 全員登場

メンバーたち「ライダー」
中川紘美「笑顔ライダー」
高山梨子「凄い懐かしいメンバーですね」
中川紘美「そうなんですよ」
高山梨子「モカさんもなるさんも来てくださって」
林萌々香 → 号泣
中川紘美「モカちゃん」

松村芽久未「今日はここまで・・・(号泣) 研究生として私たちのことを引っ張っててくれたひろりんさんの卒業セレモニーを行いたいと思います」客、拍手

高山梨子「ファンの方々から紘美さんに花束が届いております」
中川紘美「ありがとうございます、可愛い」花束を受け取る(客、拍手)

川上千尋「私はファンの皆さんからトロフィーと卒業証書を頂きました。このトロフィーにはね、公演回数が、今まで出た公演回数が書いてあるんですよ
# トロフィー贈呈
川上千尋「持てますか?」
中川紘美「持てますよ。「青春ガールズ」公演70回だって」
メンバーたち「おー」客、拍手
中川紘美「(合計)71回だね、私休んだの1回だから、今まで」

石田優美「メンバーからプレゼントです。アルバムです」
中川紘美「アルバム?」
高山梨子「ちょっとね、いろいろヤバイ写真とかもね」
誰か「見せれないような写真がたくさん詰まっております」
中川紘美「卒業するまでにあげちゃおうかな」
メンバーたち「えー」

三浦亜莉沙「亜莉沙は手紙を書いてきたので読みたいと思います」客、拍手
中川紘美 → 涙

BGM:ライダー

西澤瑠莉奈「あーまたライダー流れてる(涙)」客、軽くw

三浦亜莉沙「ひろちゃんへ

この手紙を亜莉沙が書けると聞いた時は嬉しいって気持ちと、ほんまに卒業しちゃうんやなって改めて思わされました。

ひろちゃんに手紙を書くのは初めてやからちょっと緊張してるけど、頑張って書きます。

今改めて思うけど、ひろちゃんとここまで仲良くなれるとはほんまに思ってなかったよ。ひろちゃんは2期生で先輩やし、歳も2つ3つ離れてて、初めてひろちゃんと深くかかわったのは亜莉沙がチームMさんの「アイドルの夜明け」公演に出ることが決まった時かな?
亜莉沙が出るところはもともとひろちゃんがいつもやっていたポジションで、忙しいのにずっと亜莉沙につきっきりで振りとかポジションとか教えてくれたことが凄く印象に残っています。

そっからいろいろ話すようになって、ひろちゃんから「タメ口で全然いいし、ひろちゃんって呼んで」って言われた時はほんまに嬉しかった。

そっからどこに行くのも何をするのもずーっとひろちゃんと一緒で、ホテルの部屋も同じになることが増えて、今思うとほんまに気持ち悪いぐらいずっと一緒にいたね。

亜莉沙はひろちゃんと一緒にいる時間が大好きやし、落ち着くし、素の自分でいれました。ひろちゃんにしか話せへんこともたくさん話したし、悩みもいっぱい聞いてくれたし、亜莉沙が全部が嫌になって大泣きしてる時に隣にいてくれたのもひろちゃんでした。
人に引っついたり甘えたりするひろちゃんもめっちゃ可愛いけど、研究生公演の時はリハーサルから円陣までいろいろまとめてくれて、ボスとしてのひろちゃんもめっちゃ好きやし尊敬してます。

ひろちゃんがいてくれたから今の研究生があります。いつも研究生みんなのことを考えてくれるひろちゃんがみんなは大好きです。
でも、ひろちゃんがいなくなってからどうしようって不安もあります。亜莉沙はまとめたりするのがあんまり得意じゃないけど、これからみんなの支えになれるように頑張ろうと思います。

ひろちゃんがいなくなってから、寂し過ぎてどうにかなっちゃいそうなので、こまめにメールします。お泊りも行きます。遊びにもいっぱい誘います。やからこれからもずっと亜莉沙の相手をしてください。今までありがとう。お疲れ様でした。ひろちゃん大好き!

P.S. いらなくなった服早くもらいいに行きたいです。

亜莉沙より」
中川紘美「ありがとう」2人抱擁(客、拍手)

松村芽久未「実はですね、ここで出演していないメンバーから実はビデオメッセージが届いているので (おー) 是非皆さん一緒にご覧になってください」

誰か「瑠莉奈さん化粧落ちてる。黒目出てる」客w
高山梨子「黒い涙が」


■VTR
メンバーからのメッセージ

谷川愛梨「ひろりん・・・(小太鼓を叩く) 愛してるよ」

與儀ケイラ「ひろりん、ワッショイワッショイワッショイ大好きやで。コマネチ、バカヤロー」

東由樹「ひろりん! ひろりんが一番信頼できるメンバーです。大好き」

川上礼奈「バイク~ブンブン!ドカーン!(w) 事故らないでね」

林萌々香「頑張れ! 気合入れてモカパンチ! パンチパンチパンチ」

山岸奈津美「ひろりんが言ってくれたようになつも2期生で一番仲良しです」

沖田彩華「ボス! ひろりん! お疲れ様でした。またいっぱい遊ぼうね! ひろりん、お疲れ!」

古賀成美「いつもありがとう。これからもよろしくね。ラブ注入」

三田麻央「ほんまにひろりん好きです。チュッ!チュッ!チュッ!」
村瀬紗英「これより好きだよ、ひろりん」
三田麻央「ほんまに好き」
村瀬紗英「ありがとう、ひらりー」

島田玲奈「紘美、卒業してもほんまに大好きやけ、いっぱい遊ぼうね。紘美はどこ行っても大丈夫だよ。大好き、ラブ」

高野祐衣「早く二十歳になって高3トリオと夜のお付き合いしてください」客「ひゅ~」

村上文香「ひろり~ん。ひろりんは私のことを3年間もずっと変わらず推してくれて、凄く凄く嬉しかったです。でもたまに浮気してたのも知ってます。早く温泉に行きたいので車の助手席に乗らせてください。一番に乗るのは私です。バイバイ」

# 上映終了(客、拍手)
中川紘美 → 涙
松村芽久未「どうですか?」
中川紘美「ほんまに嬉しい」
松村芽久未「メンバー限られてるんですけど時間、ひと言でもね、見てもらいたいと思って撮ってもらいました」

「では、ひろりんさんからひと言ファンの皆さんにお願いします」

中川紘美「今日は雨も降ってて足元も悪い中来てくださった皆さん、モニター観覧でご覧になってる皆さん、DMM配信を見てくださってる皆さん、本当にありがとうございます」客、拍手

「私は15日でNMB48を卒業して、新しい夢に向かって一歩を踏み出します。そのことを発表した時に、すごい寂しいって言ってくれるメンバー・ファンの皆さんがいて、あーNMB48で自分がやってきたことは本当に間違いじゃなかったんだなって思ったし、目に見える形で昇格だったり出張公演だったりには行けなくて、皆さんが応援してくださったのに本当にそれは申し訳ないなっていう気持ちでいっぱいで、それでも私が「新しい道に進みたい」ってことを言うと、皆さんが「ひろりんなら大丈夫」って背中を押してくださったから、今日は最後の大好きな公演、パフォーマンスでは絶対に泣かないって決めて、ちょっとうるっろきちゃう部分もあったんですけど、ずっと笑顔でやり切れて、本当に良かったなって思ってます。

そして、大好きなメンバーも正直あんまりいい先輩じゃなかったと思うんですよ、わがままだし、本当はめっちゃ甘えたいし、自分勝手なとこもあるし。けどしっかりしなきゃと思って、しっかり、なんやろう、こうやってみんなが「ボス」って呼んでくれるぐらいまで、自分が変われたのも今ここに立ってるメンバーたちのおかげです。私が卒業してからは私がやってきたことをこれから自分たちがやりますって言ってくれるメンバーがいたり本当に心強くて、私もこれから後ろを向かずにきちんと自分の夢に向かって進むことができます。本当に本当にありがとう。

これから一番の研究生のファンでありたいし、一番研究生のことを応援していきたいです。いつか違う形ではありますが、私の夢は舞台の裏方になることなので、いつか表には見えないかもしれないですけど、NMB48のメンバーとかかわれるように立派な立派な1人の人として成長して、また帰ってきたいと思います。

その時は皆さんの目に触れるかはわかりませんが、もしそこでお会いした時は明るく「ひろりん久しぶり」って言ってください。

本当に本当に今までありがとうございました」客、拍手&ありがとう


「ひろりん」コール


中川紘美「ありがとうございます」客、拍手

松村芽久未「ひろりんさんが私たち研究生に残してくれたものや伝えてくれたものはたくさんあります。正直不安で、ひろりんさんが抜けてから。けど、ひろりんさんがいてくれたから、4期生もここまで頑張れたし、研究生も1つになれました。絶対にひろりんさんがここまで築き上げてくれたもの、私たちは絶対に受け継いでいきたいと思います。そしてひろりんさんにはNMB48にいた証としてこの金のプレートを劇場のロビーに飾らせていただきたいと思います」
中川紘美「(松村より金のプレートを受け取る) ありがとう」客、拍手

松村芽久未「別々の道にはなってしまうんですけど、絶対に一緒にお仕事が来る日を私たちは信じています。これからもね、ひろりんさんのこと、そして私たちNMB48研究生のことを温かく応援してください。よろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

松村芽久未「改めまして、本日はNMB48研究生「青春ガールズ」公演に足をお運びいただき本当にありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

松村芽久未「私たちNMB48研究生は日々成長し、皆様に最高のステージをお届けできるよう、これからもメンバー全員で力を合わせて頑張っていきますので、NMB48研究生の応援をよろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

# 山尾梨奈 ハイタッチ案内

# 一抹礼(掛け声:中川紘美) / メンバー手繋ぎ「せ~の(バック)、せ~の(前進) イェー! ありがとうございました(お辞儀)」客、桜(?)を振る&ありがとう、大好き

中川紘美「ありがとうございます(涙) 卒業式みたい、ほんとに」

# 「ありがとうございました」メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:青春ガールズ)

大段舞依石田優美「いっせーので」 → 2人で中川の両サイドから中川のほっぺにチュー(客、ひゅ~)

中川紘美「皆さん、私は皆さんのことが大好きです! ありがとうございました」
西澤瑠莉奈「私もひろりん大好き(涙)」

中川紘美「ありがとうございました」

# 公演終了


NMB48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】3月13日(木) 研究生公演

公演後の感想 → 古賀成美林萌々香中川紘美西澤瑠莉奈三浦亜莉沙石田優美

西澤瑠莉奈「卒業公演でなんでライダーをやろうと思ったのか聞いてなかったので、その理由を伺いたいと思います」
中川紘美「私自身やっぱり笑顔ライダーって言ってて、ライダーって曲がほんとに大好きで、一番やりたかったっていうのがこのメンバーでできるっていうのが凄い嬉しくて。モカちゃんも成美も一緒に、昇格したけどずっと一緒に頑張ってきた仲間やしどうしても最後ね、このメンバーで大好きな曲でやりたかったっていうのがあって。あとファンの方からも「ライダーもう1回見たい」っていう声が多かったのでこの曲にしました」

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND