FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月23日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif

10年後の自分たち (2014/03/02、13時開演、チームE)

SKE48劇場 チームE 3rd「僕の太陽」公演 36回目

■出演メンバー
チームE → 東李苑井口栞里市野成美岩永亞美梅本まどか金子栞鬼頭桃菜木下有希子木本花音酒井萌衣古畑奈和松井玲奈水埜帆乃香宮前杏実山田澪花
研究生 → 山田樹奈

■開演
◆M00.overture (SKE48 ver.)
◆M01.Dreamin’ girls
◆M02.RUN RUN RUN
◆M03.未来の果実
◆M04.ビバ!ハリケーン


■MC (自己紹介)
松井玲奈「みなさん、こんにちは」
メンバーたち「SKE48チームEです」客、拍手

# 松井玲奈 序盤4曲紹介

本日のお題:最近あったちょっとおもしろい話

【1列目 上手側から】
山田澪花「君100点! 君100点! ひとつ飛ばして君100点。たくさんの100点満点が欲しいです。岐阜県出身の山田澪花です」

「あのですね、先生から贈られた言葉なんですけど。スティーブジョブスさんが言ってた言葉らしいんですけど、「バカになれ」って言葉を最後先生にもらった言葉なんですけど、バカになれっていうのは勉強ができないバカじゃなくて、いろいろ捉え方があるんだなっていう、言葉というのはおもしろいなっていう話です。おもしろい話っていうのはハハハって笑うようなおもしろい話だけじゃなくて、深みがある、おもしろいねっていう意味もあると思うので、今日はおもしろい公演にしていきたいと思います」

市野成美「みーんななるが好きに~? (なる!) ありがとうございます。中学2年生、14歳、市野成美です」

「私さっきなんですけど、宮前杏実ちゃんが最近はこういうストレートな髪の毛で公演に出てたんですけど、今日は何を思ったのか急に巻き髪で公演に出ようと思ったらしくて、私、杏実ちゃんに用事があったから」
メンバーたち「(宮前に)前出なくていい」
市野成美「ねぇねぇ杏実ちゃんって呼んで、振り返った顔が疲れきったおばあちゃんの顔してて、それが私的に凄いツボだった」

松井玲奈「12時まで魔法は解けない、ガラスの靴は脱ぎません。SKEのかすみ草、松井玲奈です」

「私の最近あったちょっとおもしろい話、李苑と話をしてて。「李苑、将来どういう風になりたいの?」って訊いたら「李苑は大泉洋さんみたいになりたい」って言われて」客w

「ビックリしたんですけど、話を聞くと前起きがあるんですよ。北海道で大泉洋さんが有名だから、そういう人になりたいってことだよね。たぶんそのうち李苑は旅番組とか始めると思います」客w

岩永亞美「SKEのちびっ子 元気っ子。つぅちゃんこと岩永亞美です」

「私のおもしろかった話はお父さんがいつも送り迎えしてくれてるんですけど、お父さんつぅが車に乗り込んだ瞬間に、「逆上がり」公演のCDをかけはじめるんですよ。たぶんつぅが歌ってるから気を遣ってかけてくれるんですけど、つぅが「逆上がり」を歌ってるよっていう前はパジャマドライブが流れてたんですよ。「この声つぅだよね」とか言って、嬉しさとお父さんの一生懸命さが凄くおもしろくて。でもお父さん大好きなんですけど、今日の公演では岐阜にいる大好きなお父さんに声が届くぐらい大きい声で歌っていきたいと思います」

古畑奈和「私と素敵な笑顔の交換をしませんか? (する!) ありがとうございます。チームEの古畑奈和です」

「私はこの前中西さんがご飯食べてたんですけど、中西さんが急にむせ出して、ご飯食べたら。そしたら由麻奈さんが「大丈夫ですか?」って言って背中さすってたのがちょっとおもしろかったです。今日はいたわる方が1人いるので」
誰か「2人いるよ」
松井玲奈「私は確定? さっきビバ!ハリケーンでこれやってたら背中からものすごい音がしてどうしようかと思った。いたわって」


【2列目 上手側から】
梅本まどか「Go! Go! Let's go! Let's go! まどか!Go! Fight! Win! ナンバーワン! SKEのチアリーダー、梅本まどかです」

「私はですね、今日見た夢の話なんですけど。私、毎日けっこう夢見るんですね。今日はなんと二弾戦でして、その1コの夢にコンサートをしている夢だったんですよ。で、なんとそのステージ上に私とチームKIIの高柳明音さんと古川愛李さんと3人という珍しいメンバーだったんですけど、その時に高柳明音さんが忍者の格好をして、しかも角が生えていて、シュシュシュシュシュ、トーみたいなことしてて、愛李さんが「あ~」みたいな感じで見ていて、現実味のある夢だなって思いました。でも凄く大きな会場だったので、そういう大きな会場でできるぐらい成長できるように今日もパフォーマンス全力でいきたいと思います」

山田樹奈「ちっちゃい樹奈はどーこだ? (見っけた) ありがとうございます。6期研究生のじゅなっここと山田樹奈です」

「私、ちょっとおもしろい話が無くて、本番前に探していたら、ちょうどマネージャーさんがドアに髪の毛を挟んで抜けてしまって、「禿げてるのにー」って言ってたので、それがちょっとおもしろいなと思いました」

井口栞里「身長174センチ、SKEのテレビ塔! いぐっちこと18歳の井口栞里です」

「私はですね、この前東京でお仕事した時にホテルに泊まってたんですよ、みんな。次の日はお休みだったので、チェックアウトの時間まで自由に早く帰ってもいいし、それまで寝ててもいいみたいな感じだったんですよ。で、なんかこう疲れが溜まってたのか、起きたらチェックアウトの30分過ぎてたぐらいで、フロントからの電話で起きたんですよ。「あの、起きてますかね?」みたいな感じで言われて、「延滞料金がかかっちゃうからどうされますか?」みたいな言われて、いや、私が払うわけじゃないし」客、ざわw

「私が払うことになったら嫌だから早く出なきゃと思ってこの部屋を。で、違うメンバーの部屋に移動しようと思って、早く用意をしてたら、荷物を入れるのに必死で、自分のパジャマ姿でメンバーの部屋に行ったんですよ。そしたら、マスクして、アイマスクしてたやつがマスクの上にきて、メガネして、なんかわかんないけどこっち(右サイド)だけツインテールにして、メンバーの部屋に行ったらすっごい爆笑されて、けど私は起きたばっかだから、お風呂入ってないし、延滞料金かかってたらどうしようっていう頭を抱えながら悩んだんですけど、私は払わずに帰ってきました。その後どうなったかわからないんですけど、それがちょっとおもしろかった話です。今日はいぐっちパワーを発信 (受信) ありがとうございます。よろしくお願いします」

酒井萌衣「私の笑顔がみなさんの心に めーい中! 16歳の酒井萌衣です」

「私はさっきあったんですけど、花音が私にリップを塗ってくれるということで。こうやって塗ってくれてたんですよ。ちっちゃいじゃないですか、花音のほうが。なので私がこうやって下をパって見たらアゴだけが異常に出てらっしゃって」客w
木本花音「やめろ、いつもじゃ!」
酒井萌衣「どんな部分よりもちょっと出てらっしゃった」

鬼頭桃菜「ピーチの国のお姫様、二十歳の鬼頭桃菜です」

「私はこの公演の始まる前に最初の1曲目がDreamin’ girlsで、半分のメンバーだけ出てるんですよ、最初こう開く時に。なんで、私と金子がそこにスタンバイしてるんですけど、そこで、いっつも最近やってることがoverture流れるじゃないですか。その時にギリギリまで・・・(実践) みんなに見られるか見られないかっていう」
金子栞「これね、全然おもしろくないよ」客w
鬼頭桃菜「ごめん。でもそういうスリル感を味わってるんですよ。で、私は勝手に対決してるつもりでどっちが最後までこうやってられるかって思って、今日は勝ったので。全然おもしろくないですね。ちょっとおもしろい話なので、次回皆さん来る時があったら、足が出てないかちょっとだけ確認しといてください」

金子栞「せーの、はぴはっぴぃ。というわけで、月火水木金ちゃんです。埼玉生まれの18歳、金子栞です」

「私が最近ちょっとおもしろいなって思うのは、井口栞里まる先生の自己紹介のトークなんですけど。最近ちょっとだけおもしろいんですよ。別にそんなにおもしろくないんですけど」客、軽くw

「でもちょっとだけおもしろいのがいいなって、だんだん上達してきたなって思いました」客w

「後輩だけど、これからも笑ってください、皆さん」


【3列目 上手側から】
宮前杏実「みなさ~んのハートをひとあみ ふたあみ つなげていきたいな。16歳の宮前杏実です」

「私は昨日の話なんですけど。○ピーラムネって知ってますか? それをお母さんに買ってもらって食べてたんですけど、それをお父さんが見たかったんですよ。えー?みたいなこと言い出して、えっ?何?と思ったら「いや、これオレも大好きなんだよ」みたいな感じで、このトーンで言われてどうした?どうした?みたいになったんですけど、そしたら「これには夢が詰まっとる。オレはそう思う」みたいな感じで○ピーラムネについて熱意を語りだして。たぶん皆さん○ピーラムネについて頭に浮かんでないと思うんですけどっていうどうでもいいつまらない話でした」客、軽くw

「お父さんの熱意が凄い可愛いなって、おもしろいなって思った」

木下有希子「Say Yeah! (Yeah!) Say Yeah! (Yeah!) Say ゆっこ (ゆっこ!) Say ゆっこ (ゆっこ!) 今日もみなさんにテンション高いゆっこをお届けします。二十歳のゆっここと木下有希子です」

「私も自己紹介を今日ちょっとメイクしてる時に考えたんですけども、ちょっとおもしろい話あるかなと思って。いぐっちにずーっと訊いてたんですね。そしたら、金子栞ちゃんもどうしようみたいなことを金ちゃんも言ってて。「だって私、おもしろい話しかないもんな」ってすっごい自信満々に言ってて。私的にはそれが凄いおもしろくて。人生ハッピーハッピーみたいなことを言ってたんですよ」
宮前杏実「違います、おもしろ過ぎる話しかないって言ってたんです」
木下有希子「おもしろ過ぎる話しかないみたいなこと言ってて、私的にはそれがおもしろかったです」

木本花音「み~んなのハートで包んでちょうだい♪ 16歳の木本花音です」

「あのですね、この間久しぶりに小学生からの友達と遊んだんですけど、みんなやっぱ女の子だとプリクラとか取るじゃないですか。昔のプリクラの話になって、やっぱプリクラって可愛いポーズしたり、可愛い言葉、仲良しとか書くじゃないですか。ニコイチとか定番で書くじゃないですか、で、昔の漁ってたらなぜかわかんないんですけど、小学生低学年だったからかな、「生きてる」って書いてあったんですよ」客w

「そりゃー生きてるからプリクラ撮ってるんだよねってなるじゃないですか。小学生の考えてほんと未知だなと思って、プリクラに生きてるって書く人います?ほんと。ほんとにビックリして。まだ生きてるので、私も。今日は人間らしく頑張っていきたいと思います」

東李苑「ニックネームは? (アズマリオン!) フルネームも? (あずまりおん) 手のひらは薄いけど心は熱い。道産子パワーなまら全開。アズマリオンこと東李苑です」

「最近おもしろかった話は宮前さんなんですけど。李苑先日北海道に帰ってチームEにお土産を買ってきてたんです。それが今日の公演でみんなに渡す予定で、その前日に宮前さんに「明日はこれがあるよ、楽しみにしてね」って」
宮前杏実「違う。もっとなんか「明日はこれがあるよ!」みたいな感じの言い方だったよ」
東李苑「で」客w

「そしたら宮前さんが「あっ、あっ、ワン!」とか言い出したんですよ。ついに昨日宮前さんが李苑のペットになりました」

水埜帆乃香「ほんわか (ほのぼの) のんびり (ほのぼの) ありがとうございます。18歳の水埜帆乃香です」

「私の学校に週に2回動物の体の仕組みみたいな授業があるんですけど。いつもそれ受けてるんですけど、なぜかその授業の時だけ学校の先生が自分の愛犬を連れてくるんですよ。いつも愛犬の話して、半分終わるみたいな授業が感じで、私の学校ほんとに変わってるんですけど、今日は犬みたいに大型犬としてはしゃいでいきたいと思います」

木本花音「チームE「僕の太陽」公演 本日は以上のメンバーでお送りさせていただきます。それでは「僕の太陽」公演のはじまり、はじまり」


◆M05.アイドルなんて呼ばないで (山田澪花岩永亞美古畑奈和市野成美)
(ポンポン隊:梅本まどか金子栞鬼頭桃菜山田樹奈酒井萌衣井口栞里)
◆M06.僕とジュリエットとジェットコースター (水埜帆乃香木本花音宮前杏実)
◆M07.ヒグラシノコイ (東李苑松井玲奈)
◆M08.愛しさのdefense (岩永亞美木下有希子鬼頭桃菜)
◆M09.向日葵 (酒井萌衣梅本まどか金子栞井口栞里)


■MC
酒井萌衣梅本まどか金子栞井口栞里

# 梅本まどか ユニット曲5曲紹介

金子栞「なんか梅ちゃん可愛い子ぶってた、言い方」客w

梅本まどか「明日はなんと3月3日ひな祭りということで、ひな祭りと言えば女の子の成長を祝う日じゃないですか。なので、みんなはここ1年ぐらいで女の子として成長したなと思うことは何かありますか?」

井口栞里「女の子としてじゃないんですけど、チームEの活動がはじまりまして、ややこしいメンバーを上手く扱えるようになったかな」客、軽くw
酒井萌衣「ほんとにそうだと思う」
金子栞「共感だよね」
酒井萌衣「共感得てる人おかしくない?」
井口栞里「萌衣ちゃん元々チームEだったじゃないですか。だから、凄い苦労してきたと思うんですよ」客、軽くw

「けど私はKIIだったので、実絵子さんとかどっちかと言うとついてくタイプだったんですね。で、やっとここにきて、こんなにホっとする暇もないのかなっていうね」客、軽くw
金子栞「思う、ほんとに」
酒井萌衣「違う違う、待って。うーんとかじゃないんだって」
金子栞「なんかチームEで今までやってきて、ほんとに私も辛い時あったけど」客、軽くw

「今こうやって一緒にやっててもやっぱり辛いなって時がある」
酒井萌衣「こっちからしたら毎回辛いよ、ここは」
金子栞「ほんとにそうだよね? 梅ちゃんみたいなちょっとややこしい・・・」
井口栞里「受け入れていくしかないですよね」

酒井萌衣「私は現実に、もうほんとに申し訳ないけど(金子に)落ち着いて、お願い。1回落ち着いて」
井口栞里「もうその話は終わったからじっとしてて」
金子栞「わかった」
酒井萌衣「私は現実味の話をしますと・・・」
金子栞 → 微動だにせず
酒井萌衣「逆にやり難いわ」客w

「待って」
金子栞「ごめんね、こういうちょっとお笑い気質なところがあるからさ」
酒井萌衣「自分で言わないの。私はトリートメントをするようになりました、髪の毛」
井口栞里「女子力ありますね」
酒井萌衣「女性の方でしてるよって方?」
梅本まどか「でもいます、います」
酒井萌衣「じゃー男性の方で逆にオレしてるぜ、みたいな」
メンバーたち「おー」
金子栞「女子力高くない?」客、軽くw
酒井萌衣「あの、男子です」
梅本まどか「美意識高いんですね」

「私は最近可愛くなったと思うんですよ、喋り方が」
金子栞「えっ?」
梅本まどか「ここ1年ぐらい」
酒井萌衣「それこそイラっとボールだよね」客w
金子栞「イラっとボールだよ。だって梅ちゃん今年23とかでしょ?」
梅本まどか「違うよ、まだ21だから」
金子栞「今年21?」
梅本まどか「今年22です」
金子栞「でしょ? だからヤバイよね。この歳で(真似て)「可愛くなったと思うまー」とか言っててもさ」客w
酒井萌衣「香織さんの道まっしぐらだね」
梅本まどか「違うよ」

井口栞里「金丸先生言わなくていい?」
金子栞「うん、大丈夫、私は。いろいろつっこみ入れたから」客w

井口栞里「今日はですね、女の子として成長したことについて話したんですが、これからも女の子としてもSKE48としても成長していけたらいいなと思います」


◆M10.竹内先輩
◆M11.そんなこんなわけで
◆M12.デジャビュ


■MC
松井玲奈市野成美鬼頭桃菜古畑奈和木本花音岩永亞美金子栞木下有希子

松井玲奈人に言われて9番目に嫌なこと。一番って言うとちょっと会場の空気微妙になるじゃん。一番嬉しいことってけっこう収まりいい感じになるかなと思ったので、9番目に嫌なこと」

木下有希子「私は個人的にも言われてちょっと「あっ」ってなるんですけど「あれっ? ニキビできてない?」って言われるとちょっと」
金子栞「女の子はね、そういうところ敏感だから」
木下有希子「どっから目線なの?」
金子栞「共感してあげたのにさ、そんな冷たい目線で見られた」
木下有希子「違う違う、そうだよね。嫌じゃない?やっぱニキビできてるって言われたら」
岩永亞美「わかってるよってなりますよね」
松井玲奈「気になる方いますか? ニキビできてると。そんなにいない」
木下有希子「やっぱ女性の方が多いんでしょうね」
松井玲奈「気にならないんですか?」
金子栞「メンバーのビキニとか、、」
メンバーたち「言えてない」
木下有希子「あのね、メンバーのビキニは気になるよ」客w
金子栞「メンバーのニキビとか気づく方いますか?」
誰か「あっ、気づかないんだ」
松井玲奈「頑張って隠す必要とかないね」
木下有希子「別にニキビで広げなくていいよ」

金子栞「私は2つあるんですけど、1つはお店の人に「あっ、これ私も持ってるんですけど」って言って勧められると買おうか迷う」
木下有希子「なんかあれだよね。「今これ人気なんですよね」とか言われると違うものを選ぼうかなとは思うよね」
金子栞「みんな持ってるのかなって思って、ちょっと嫌になるのと、あともう1つは「最近松村香織に似てきたよね」って言われるのが」客w
松井玲奈「金ちゃんそれ9番目なの?」
木下有希子「だいぶ嫌なんじゃないの?」
金子栞「それほんとはけっこう上位だけど、9番目あたりにしとかないとちょっとかわいそうかなと思って」
木下有希子「どんな優しさよ」

岩永亞美「私、んー、つぅも前は香織さんに似てるねって言われたのは9番目くらいに嫌だったんですけど、今は「あと5分だよ」っていう言葉とかが」
メンバーたち「あー」
金子栞「急かされるやつね」
岩永亞美「そう。あと5分だよって捉え方によっては「あとちょっとだ」って思う人もいるかもしれないんですけど、つぅの場合は「まだ時計5回もまわるんだ」みたいな」
金子栞「私もそっち派。あと5分もあるなら言わなくていいよって思う」

木本花音「私は「花音勉強頑張ってる?」って言われるのがちょっとショック」
金子栞「9番目だよね、でも」
木本花音「そう、頑張ってるんだけどさ、頑張ってるよ。頑張ってるの。とりあえず勉強頑張ってます。それはちょっとショック。バカだと思われてるんだなって、こいつ勉強してないんだろうなって思われて」
岩永亞美「でも勉強してるの見てますよ、みんなは。大丈夫」
木本花音「ありがとうございます」

古畑奈和「私はね、悩みなさそうでいいよねって。ネットで検索してたらけっこう上位だったよ」客、軽くw
メンバーたち「どういうこと?」
古畑奈和「ごめん、検索しました」

鬼頭桃菜「私は顔色悪いねって言われて、昨日すっぴんだったんですよ」
金子栞「言われてた」
鬼頭桃菜「そしたら、私「顔色悪くない?」って言われたんだけど、ただすっぴんなだけなんだけどなって思ったら切なくなりました」
木下有希子「けっこう女子あるあるが多いんだね、これ。ごめんなさいね、ほんとね」

市野成美「私は「目開いてる?」って言われるのが嫌なんですけど」
誰か「なる、しじみだもんね」
市野成美「目ちっちゃいほうなんで、普通に開けててもよく「なるちゃん目開いてる?」って心配されるので」
金子栞「かわいそうだね」
市野成美「かわいそう? なんでちょっと9番目ぐらいにちょっと嫌なことですね」

松井玲奈「私はね、「衣装ちゃんと着て」って」
メンバーたち「なんで?」
古畑奈和「今日も私怒っちゃった、玲奈さんに。靴今日も間違えたんですよ」
木下有希子「ちょっと待って。今も間違えてない?」
メンバーたち「あー!?」
松井玲奈 → 土下座
メンバーたち「間違えてる」「リーダー」
木下有希子「これはアウトです」
松井玲奈「ごめんなさい」
金子栞「今日一番さ、劇場がざわついたよね」客w
松井玲奈「オープニングのジャケットとかも「よし、着れた。なんか今日ブカブカだな」と思うと、クロスでボタン付けるようになってるんですけど、そのクロスじゃないほうの真正面にくるほうに付けてるからここめっちゃもたついてるみたいな、なるから」
金子栞「ほんとにそのへんは気をつけてください」客w
木下有希子「金ちゃんに言われたらヤバイよ」
松井玲奈「心に刺さりましたが気をつけていきたいと思います」

# 次の曲のイントロが流れ始める
松井玲奈「楽しい時間って本当にあっという間ですよね。そろそろ最後の曲の時間になってしまったようです・・・」


◆M13.夕陽を見ているか?


■アンコール


◆M14.Lay down


■MC
◆前半:金子栞水埜帆乃香鬼頭桃菜木本花音山田澪花岩永亞美木下有希子山田樹奈

山田澪花「昨日3月1日に高校を卒業したんですよ」
メンバーたち「おめでとう」客、拍手
山田澪花「おめでとうを狙ってこのお題にしました。なので、このトークのメンバーには樹奈ちゃんが中学校卒業で」客、拍手

「ほのちゃんと金ちゃんも高校卒業なんで、卒業するメンバーが多いんですけど、今日は卒業したいことをトークにしたいと思います、お題の」

木下有希子「私はやっぱり衝動買いをね、もう卒業したいですね。だいぶ少なくなったほうなんですけれども、でもやっぱり、欲しいものがあったらすぐ「買いたい」って思って我慢ができない人なんですよ」
岩永亞美「一緒です」
木下有希子「でも最近はちゃんと見て、ひと周り見てから、どうしてもそれがまだ欲しかったら買うけど、でもその時に見てすぐ買うってことは少なくしようと思って。お金の無駄遣いはよくないよね」
山田澪花「頑張っていただいて」
メンバーたち → w
山田澪花「難しいね、仕切りって」

水埜帆乃香「私は「ほんわかほのぼの」ってキャッチフレーズを卒業したい」客、反応
メンバーたち「卒業したほうがいい」
金子栞「マジロックンロールだぜ、みたいな感じにしたほうが帆乃香っぽいかなと思うよ」
水埜帆乃香「それをちょっともう卒業しようかなって」
金子栞「なんか候補あるの?これから」
木下有希子「ほんとはYo!Yo!系だよね」
木本花音「裏番長的な感じじゃない?」
メンバーたち「あー」「確かに」
金子栞「SKEの裏番長とかいいんじゃない?」客、軽くw
木下有希子「それちょっとダサくない?」
木本花音「ちょっと聞いたことある」
水埜帆乃香「考えようと思います」

岩永亞美「無いなと思ったんですよ。めっちゃありましたよ、これ。まず自分のことを「つぅは」って言う時点でもう頭がおかしいなと」客w
木下有希子「でもね、女の子は言う子多いよ」
山田澪花「訊いてみれば? 「つぅ」か「私」どっちがいいか」
岩永亞美「どう思いますか?皆さん」客「つぅ!」
メンバーたち「ほら」
岩永亞美「じゃーこれは卒業しないわ」
木本花音「つぅは言っても許される人間だから大丈夫だと思う」
岩永亞美「でもこれは絶対卒業しなきゃいけないなって、ねんね。ねんね知ってますか?皆さん.5歳ぐらいから使っているブランケットがあるんですけど、めっちゃボロボロで、穴めっちゃ開いてるんですよ」
木下有希子「なんで変えないの?」
岩永亞美「あれが無いと寝れなくて。みんなにボロ雑巾言われるくらいなんですよ」
木下有希子「そんなに?」
金子栞「それはもう卒業しよう、ほんとに」
岩永亞美「でも不眠症になっちゃう。どうすればいいかな」
金子栞「新しいの買おう、じゃー」
山田澪花「買ってあげよう、誕生日プレゼントとかに、ねぇ」
岩永亞美「じゃー5月に卒業しますね、ねんねも」

金子栞「噛み症というか、噛んでしまうっていうか、サ行が言えないんですよ、私。「さしすせそ」がけっこう言えなくて、外国の人みたいになるのね、なんか。カタコトになっちゃうから、それはやっぱ日本人だからちょっとずつ卒業していこうかなって思ってます」
岩永亞美「あれっ?金子さん宇宙人じゃないんですか?」
金子栞「誰が宇宙人や」客、軽くw
木下有希子「今のつっこみ何?」
金子栞「最近つっこみ頑張ってるから」

山田樹奈「私は切実なんですけど、部屋が汚いので、その汚い部屋から卒業したいなって」
木下有希子「っていうことは掃除しなきゃいけないってことだね」
山田樹奈「そういうことです」
岩永亞美「掃除楽しいよ。毎朝してるよ」
木下有希子「毎朝? 朝するんだね」
岩永亞美「たぶん朝キレイにすると気持ちにキレイになるから、1日楽しい気持ち、ハッピーになれるから頑張って」客、拍手

「ありがとうございます」

鬼頭桃菜「卒業したいことか・・・」
金子栞「考えてなかったよね?」
鬼頭桃菜「これと言ってあんまり。あっ、わがままなところかな」
木下有希子「ほんとそうだよ。ビックリするエピソードあるんですよ。ももにゃってけっこう人に凄い甘えたりとかして「ついてきてよ」みたいな、どこどこちょっと買い物行きたいから、例えば「コンビニついてきてよ」とか甘えてきて、みんな優しいからついて行くんですよ。特にいぐっちとか。で、いぐっちとこの間同じ部屋だった時にいぐっちが「桃菜ついてきてよ」みたいな、「えーヤダ。だって桃菜ヒールだもん」とか言って」
メンバーたち「最低」
木下有希子「ヒールで足疲れたし、みたいな」
鬼頭桃菜「そこまで言ってない」
木下有希子「いや、言ってたよ」
金子栞「よく言ってるよ、そういうとこ」
鬼頭桃菜「確かにあの時は本当にほんと自分わがままなやつ、クソだなと思ったから、ちょっと今それを思い出して、改善していこうと思って」
木下有希子「お姫様だから」
鬼頭桃菜「そういうキャラなのでしょうがないかな」
木下有希子「だまれい!」

山田澪花「ということでみんな卒業したいもの発表していったんですけど、今日は1つ1つ自分のいけないところを卒業して、どんどん成長していく私たちを皆さんに見ていただけたら嬉しいなと思います」

# 「イェー」後半チーム入場 / メンバーチェンジ

◆後半:井口栞里市野成美古畑奈和宮前杏実酒井萌衣松井玲奈東李苑梅本まどか

松井玲奈10年後の自分たちの話をしようかなと思うんですけど。相手のね、10年後がどうなってるのかっていうのを考えたいなと思いまして。いぐっちから順番に、左に、それぞれの未来を語っていってもらいたいなと思います」

井口栞里「私はなるちゃんの10年後を予想するんですけど、なるちゃんって今運動神経が良くて、スポーツとか凄い得意なイメージなんですよ、私は。だから、10年後とかは大人になって、サーフィンしてそうだなって」
メンバーたち「あー」
井口栞里「サーフィンして、今ね、ちょっと黒いじゃないですか、お肌が。もっと日焼けして、かっこいい大人になってそうだなって」
梅本まどか「今顔がピカーって光ったよ。嬉しそうな顔してる」
井口栞里「なんか凄いサーフィン似合いません? そうでもない?」
松井玲奈「いぐっちが黒くなるって言ったら昨日会ったからだけど松崎しげるさんしか出てこなかった」客、軽くw

「なるちゃんがああなるのかって」
井口栞里「なるちゃん10年後何歳?」
市野成美「24です」
井口栞里「今の誰ぐらい?」
誰か「玲奈さん」
松井玲奈「今22ですけど」

市野成美「私、奈和ちゃんなんですけど、今ただでさえ顔が丸いって言ってコロコロでやってるのに、10年後はもっと丸くなって、コロコロに追われる日々になってそうだなって」
古畑奈和「私、小顔ローラーやってないよ。誰の丸い人と勘違いしてる?」
市野成美「じゃーわかった。10年後は小顔ローラーに追われる日々になってそうだなって」
古畑奈和「そんなに丸いかね。こっち(宮前)のほうが丸いんだけどな」
宮前杏実「やめてよ。まだ定着してないんだから」
梅本まどか「奈和いっつも鏡見て「今日シュッとしてるかなー」っていつもやってるじゃん。よく言うよ」
古畑奈和「みんな7日後期待してて、痩せるから」
酒井萌衣「そんなにすぐ痩せれるもんなんですね」

古畑奈和「あんみは疲れきった主婦」客「あー」
メンバーたち「わかる」
古畑奈和「あーじゃないから」
松井玲奈「団地妻?」客、軽くw
井口栞里「今日朝早かったんですよ。で、レッスン場でみんな準備して出ようみたいな時に、ちょうど宮前がきて、で、なんか誰かな?と思って。ボサボサの髪の毛にメガネして、毛布巻いて「おはようございます」それが年相応に見えなかった」
宮前杏実「良かった良かった」
松井玲奈「今の年相応に見えないっていうのは実年齢より老けて見えてる」
宮前杏実「あっ、そういうこと?」
酒井萌衣「はい、バカが出た」客、軽くw
宮前杏実「でもあれですよ。この中にいるかもしれないんですけど、大人になっても顔変わらないって言うらしいじゃないですか。あっ、頷いてくれた、ありがとう。そう、だから将来ざまー宮前って言えるようにほんと頑張るんで」客w

「私、萌衣さんなんですけれども。あの、結婚してるテイで。今何歳でしたっけ?」
酒井萌衣「10年後26かな」
宮前杏実「同い年ですよね」客w
メンバーたち「じゃー聞くなよ」
酒井萌衣「頼むぜ」
宮前杏実「結婚してるテイで。今はヘイ!みたいな感じですけど「お帰りなさい♪」みたいなキャラに変更してそう」
メンバーたち「あー」
松井玲奈「いい奥さんになってるってこと?」
宮前杏実「そう、いい奥さんになってそうってことです。お帰りなさい、みたいな」
松井玲奈「団地妻とIT企業の主婦みたいな」
酒井萌衣「すんげー共感得た、ありがとう」客、拍手
宮前杏実「なんか拍手が起きてる」
梅本まどか「でも宮前団地妻だからね」
宮前杏実「いやいや、ほんといいです」

酒井萌衣「私は玲奈さんですけど。玲奈さんはさきほども衣装間違えるというおとぼけさんが出たので、10年後はもっとおとぼけさんになって、まずみんなと衣装が違うとか」
松井玲奈「それはさすがにないよ」
酒井萌衣「でもさっき、ここイヤリングとブレスレット付けてるんですけど、衣装さんが「玲奈ちゃん、これ忘れてるよ」とか言って、また忘れて出て。ねぇ、玲奈さん」
松井玲奈「しなくてもいいかなってw」
梅本まどか「いやいやいや、ダメですよダメですよ」
酒井萌衣「そうですよね、玲奈さんなら輝けるかな、みたいな」
松井玲奈「そんなこと無い」客、おー&拍手

「ごめんなさい、忘れないようにします」

「私、李苑。李苑は大泉洋さんみたいになりたいって言ってたんですけど、書道家になってそうだなって。東李苑って漢字で書くとかっこいいじゃないですか。あれをすっごい大きい筆を持ってバッサバッサバッサみたいな」
東李苑「それめっちゃ二次元じゃないですか」
松井玲奈「二次元じゃない」
梅本まどか「実絵子さんみたいになるってことだよ、じゃー」
松井玲奈「かっこいいじゃん、書道家、東李苑みたいな。そんなイメージ。やっぱ東李苑さんになって。頑張って」客w
東李苑「頑張ります」

「まどかさんなんですけど。まどかさん今何歳でしたっけ?」
梅本まどか「21歳です」
東李苑「31歳、なんか・・・」
酒井萌衣「言わないであげて」
誰か「今わざとだよ」
東李苑「まどかさんは10年も経たないうちにチアの先生やってそう、ほんとにリアルに。今でもできそうだけどw」
梅本まどか「教えようか」
東李苑「遠慮しとく」

梅本まどか「私はですね、いぐさんなんですけども。大きい犬を飼って、こうやってフリスビー飛ばして公演で遊んでそうっていうイメージ。充実してそう」
井口栞里「栞里が大きいからでしょ?」
梅本まどか「なんか、ほんとにこれぐらいの犬連れて、一緒に遊んでるのが私の頭の中ではそうなってます」
井口栞里「じゃーいつか10年後公園で振っとくね、フリスビー」

松井玲奈「みんなのね、それぞれの未来は様々なんですけれども、どうなってるか10年後もよろしくお願いします」客、拍手

# 木本花音 SKE48 13thシングル「賛成カワイイ!」曲振り


◆M15.賛成カワイイ!


梅本まどか「残りあと2曲になってしまいました」客「えー」


◆M16.BINGO!
◆M17.僕の太陽


松井玲奈「みなさん、今日はSKE48チームE「僕の太陽」公演に来てくださって本当にありがとうございます・・・(ハイタッチ案内)」

# 手繋ぎ挨拶「ありがとうございました」

メンバーたち手を振りながら捌ける (BGM:僕の太陽)

# 公演終了


SKE48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】3月2日(日) 13:00~ チームE 「僕の太陽」公演

[ 配信中の公演一覧 ]

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND